(navigation image)
Home American Libraries | Canadian Libraries | Universal Library | Community Texts | Project Gutenberg | Children's Library | Biodiversity Heritage Library | Additional Collections
Search: Advanced Search
Anonymous User (login or join us)
Upload
See other formats

Full text of "Tanpen shōsetsu Meiji bunko"

:GON RULE CO. 



U.S.A. 



3 



4 









■ 、ノ 






■ 













E 

GL^ 



s 



2 



PL 
700 
.M41 

i^o. 10-12 



簿貌說 "^一 雕 

暴, 匕 へ辨 

1AI 敏 厥 氣实 E 



^^^^ 

現, ^人 

j? 率 貪 

;? 升 十へ せ ラ翻奄 

^葉 3 人 S8 

S ^ ダき 



mm- 







明治 文庫 第 十 



⑩鈾 稱辦 



居 士 



とんたん く ら ぶ 

〇 第 一 回 魂 膽俱樂 部 一 

ふ をいた ベ;:, み こし まつ .S つけん ま 々ち たけ ど びら のべ-たん ろじ づ た- で ふ げんく わん で ふ ざしき Ac" 

船板 鍵に 見越の 极、 一 間々 口の 竹 扉、 るた の延 段の 路次傳 へ、 三 疊の玄 關八疊 の 座敷な^、 書た る は、 

せ 少 つゆ ゆ 了 か卞 こん はち け お まお あ ひ ど- &ゃ 5 く ひろ 

世間 1 體か ズ, ッ 力 サ變ゥ たる 今日、 ジ y 十陋矮 待合 は 東京 十五 區廣 

いへ ま めった み あた たま/, \ りう かう おくれ のこ ゐ どころ S- っぱ き, 0, く & くわ 5s,t あひ^ ftt^-o 

しざ雖 *J も先づ 滅多 は 見當ら す、 偶偶 琉行 後に 存 つて 居た 所が 立派な か 客 は 御 光 臨に 相 成らす、 0^ 

^ いは だう く ぎ せ 5 しん.. :> あ, L ぶみ .S た され 

^て 况ん や、 堂々 たる 僞稱 紳士が ナゾデ 足 踏 を 致さん や。 去 



むかし まお あ ひち や, 

グッさ 昔の 待合 茶屋。 ドウして 



しんし 



の 紳士で すら 車を枉 な S さ 云 ふ 上 か ら 



こんにち おきやく 



くじつ だん y-b 



た 5 せい まち あ ひ i 



むかし- 



ば 今日の 愛顧 tt 復 昨日の 貴賓に あらす 當 世の 待合 S かんど 舊 時の 待合に て 可な らん やさ I お S さね, おま^ 

み&ぉ $J ろ おやう をく しん ぼ りよ しゅく K た &ゃれ 5S- ちゃ ゝ たか &の だ ん おく i&A j-SkJ きま. O .2 9 :it-^h-^ 

も 皆 驚くべき 長足の進歩 o およ を 旅 宿 逆旅 料理 茶屋み な 高殿の が 建 It をの ¥ でも TiisIIf は Mm 射 

t ^くまお あ ひ こどば 6 い くらぶ い み ,^,ん くわ >ゥ だい 5 ち ^ にんし & ざしょ 5 

抑々 待合 さ 申す 詞は 即ち 英語で 云 ふ俱藥 部の 意味、 何でも 宏大の 家で 無くて は 紳士が たの 御 li 所、 に,%ら 

ふんん どり か、 もの み &ど こしら へ $j こ さんだん きょねん & つど C くい 1 り 

ぬ、 サァ 普請に K 掛れ、 物の 見事に 建設よ さ、 何 所 を ドウ 算段した か、 去年の 夏から 大工お 入れて ャット g 

/iJ ろ 1 で *^:^ みせびらき こ まお あ ひ たいか ぎ 、 くもの 5 へ そ. ひ ら 5. か ゆる i PC んど fi- ^-? - まり 

日 落成. 開業した る 一 個の 待合、 大廈魏 々さして 雲表に 聳え 廓 下 锾く繞 ゥ て llgi し, J でも P られさ 



餛稱 紳士 



二. 



どの づ く もの み お ほだいめ う . お la それ をく 5 はさ きい ていこく 55= じ ,ゃ--ゥ こお Z ざ > たづね 

うな 殿 造 A -、 田 舍漢に 見せたなら 火 華族の 御 住宅 か 夫で 無ば 噂 k 聞た 帝國 議事堂 ど は是で 御座る かさ a 

ねま かま これ &は こ びきて 5 こんたんて. & を たか や が 5 や 50 を よつ せ けん こ, ^ぶんく ら 

る^の 4^ 搆へ 是ど 即ち 木 挽 町の 魂膽亭 £ て 名 JJ^ 高く、 家號を くらぶ 厘 さも 唱 ふる 依て 世間で は 魂 膽惧樂 

ぶ をつ たうせ つり 5 か 5 い かさま しんし あさ ゆ $ ゆき ゝ いでい リ たま あくどく じっか 5 ば ひ みつ さう だ,^ しょ 

部ク. J も 名 を ffi けて 當節 流行の 贋造 紳士が 朝な 夕 は 往来 出入し 玉 へ る 惡德の 實行塲 秘密の 相談 tH- なゥ 

こや かみ さの たてまつ かけ まか かた じけ i& このは を ひく や ひめ おん を ゑ のた ま ねん. 

此の 家の 女將 軍^たぬ 殿 £申 し 奉る は、 懸卷も 忝 くも 此花引 邪 緩の 神 孫な ウ^ は宣へ t」 も、 三千 年來 

t ご ひ くさ" か じつ いづ しゅっせ 5 それ さだか いま さ ねん まへ おんどし ズが にがし 

をの 住國 草深く しで 實は 何れの 出生 やら 失さへ 確なら す、 今を距 ると 一 一十 年 前御歲 十三に して 誰某 殿 £ 

く r. ん. a 乞 かこ ひもの を むろ つぼみ むざん さ お ほから わげ ぃ5 せんな しらへ しんく しんばし 

申し、 官 員の 外 妾 さ成ゥ 室の 荅を無 慰に^ かせられ、 十五に して 大唐 雷の 友禪 装束^ん き 辛苦の 新橋に 

たしゃく しゅつげん 、り はき かせ * &び や をぎ ばし 5 つ つま i あるひ ひきこ ^. ^ひ *u . 

雛妓 さなって 出現し、 十八に して 水性の 風 は 靡くて ふ 柳 橋 移 6 て德を 取て ょゥ 或は 引 込み は顯は 

よして 5 しんめい ^ したや 5 し&め Si ほんばし ど 5 き や 、ゥ ち 5 のこ どころ おこ 1& ま は 1^ まづ & せ 5 しんし やまし 》 ;^」 り丄 や- i^. や £^ 

れ、 芳町 三度 神明 二度、 下 谷 牛 込 日本 橋 かよ を 東京 中殘る 所な く 行 ひ 廻 6 て f 公驗子 紳士 山師 © 取 社長 

し はいはん あるひ じゅんれ. S ふるて かひせ き ケろ いた て あたし だい ひきどら は をげ かケ こ また いせち つ,^., ほね 、 

支配人 或は 巡禮 古手 買 節季 候に 至る まて 手當 6 次第に 引 捕へ 鼻毛 を 數人小 跨 をす くひ 生血 竭れは 骨まで 

つく だ. S がう じょや しゃ t& ほよ る も こ ひ ふた ゝ しんばし ほどり かへ き t 

もシャ ブリ盡 したる 大剛の 女 夜叉な AO が。 さすが猶舊巢ゃ戀しか.<^:^ん再び新橋の畔に歸<^來て, ィ 

さら わがしん べん ふ し ぎ つうりき もつ この こんたんく らぶ ひらよ を か よ 5 ちょ ま かん ひき 上せ おも ケん ぶん て じ を^ 

ず去ば我祌變不思議の通カを^-て此魂膽俱樂部を開き世の中の妖女魔漢を引 寄て 思ふ存 分 手 品 i^l^ ら 

た を あ ひて ほひ-」 K や. S く やっかへ つ こっち せ 5 ど, T きゃく ひみつ も & しんぱい $ 

ん、 同 t 相手に する 程なら ば 寞ても 燒ても 食へ ない 奴が 却て 此方の 上等 客、 秘密お 滅らす 御 心配 は些 S 

な ざ、 じ げ 5 さ 5 だんい らい かけひき か fU ゑんり よ あそ ちょつ どお は& ひ W く!:^ 

も 御座 ゥ ません、 事業の 相談 依 賴の掛 引なんでも 彼で も 御 遠慮な し k 遊ばし ませ、 一 寸花牌 を 一 組なら 

おて た S- あ ひて きゝめ わいろ てづる を 5」 をた わたくし * & いく つか ひ 

御手が 足卞 ばか 相手し ませう、 利目へ賄賂の手蔓が無ぃなら誰君へなゥさ妾が內々.^-使ぃたしまゼぅ 

お 5 ら. S げいしゃ だんばん もど たてせ 5 ばい めかけ & し 5 ぜん しらう ど ち 上ち 5 J.rJ よ. S ま 力 

應 賴藝妓 の三圓 談判 乙れ は 固よ 6 立 商 買、 をの ほか 妾の 御 周旋、 素人な 6^ も 女中な ゥさ 御意に 住する 



^ てろ はふ いよ ぶ いいん その 50 き K を ちつ らぶ さくらこの わたくし ま あはせ た 4 ざ >j ぎ /、」 ふ じ い $ 

€, 鬮. 法、 愈々 無 < め 其 將は花 己, V 傲 (娥 li* <|0 ^ fts,^,7\.^^n*.^. 



べんり き は てくばり はた はんせ. - 

せぬ さ、 便利 極まる 手配に 果して 繁昌 驚く ばか.; 



I しゃく いり こん くろぬり て々 る もん をい たね 

;も酌 子 も 入, 込で 黑 塗の 手車 はつねに 門 内に 絶た る 



事な し 



さしひ さ くプ 



つきお かきり づか きくか は けつ 

〇 第二 回 月 岡 桐嫁爾 川の. 三 傑 



げんくわん つけ 



しゃふ む 々つ ^ へりよ ぉミ こ で いら あいさつ 

雙曳の 車 を 玄關に 付 させ 車夫に 護謨 靴 を 取らせながら 亭婢が 其 所 k 出て 『オヤ 入ッ しゃい まし』 ^挨拶 

むか な か み を たづ ど たんて うば ど; 6 だ を わじぎ おかみ 

する は 向 ひて 『女 將軍ハ 居る か』 さ 質ぬ る 途端 帳場よう 飛 出して ハ ッさ 居うて 辭宜 をな したる C 女將軍 

これ み おかみ こ &っ どき き S. づか きゐ ど おかみ 

な. 00 是を 見て 『ャァ 女將. ^うした ィ (s^ 小 聲、 >:£ 成て) 時 桐 塚 は來て 居る かチ』 ^問へ to 女將 のか 



こも ひ., y さつ い & ざ それ や 5 ふく き ひげ はい 

たぬ も聲を 潜めて 『ハ ィ先 きから 入ら ッしツ て 御座います 夫に 洋服 を 着て 髯の 生た 四十 位な 立派な か 

ひ 50 、に いっしょ & ざ ,とれ き やつ き きか き. <• が は ひっぱつ き み 

人が 御 1 所て 掏 座 S ます ョ 『ム 、をう か、 夫お ゃァ 彼奴 Jlf 利して 菊 川お 引 張て 來た^ 見えるな、 y コ 

さけ したくで き ゐ げいしゃ しゅ どう ま. Q を り あ >^ 

H か 酒の ハ d ス度も aw 來て 居ます し藝者 衆も疾 から 参って 居ます けれ <$J、 貴 



で モウ 酒が 出て 居る か 『 



よつ 



君の か 出が 無 S に 由て …… 『ヨシ 



どころ たかみ き やつ ら まへ あんま をれ ふ ざ は こど い ふ だいで 5 ぶ 

- 所で 女將、 彼奴 等が 前で は餘. 余が 戯譃る 事 を 言 まひせ 『大丈夫 

まじめ ふり をの こど ひ をて シャ? 'ポ .3. わいた 5 たかみ わた つれ いら 

です ョ、 す タ€ 着實な 振で 『其 事サ: ー:』 さ 言 捨て 帽子 V- 外套 を 女將に 渡し 『か 連 さまが 入ッ しゃい ま 



あん をい VJ も はしな の £s つき を かぶ ざ 5 い たう じ ひ で か 5iJ げんか どし ころ 

した』 さ 金切聲 の案內 S 共に 階 子お 昇った る は 月 岡 武藏さ 云へ る當 時日の 出の 琉行 事業家 » の 頃 は 三十 

たんく わ 5 かぶ 

炭鑛 株 

た ほ ま, ゥけ しめ たちまち しん, I かま く は しんせ. 5 よ さら き 5 せ 5 しん てうせ 5 この. &き ほひ f 

で 大利を 占て よ. 忽に 紳士の 列に 加 は. て 紳商 <kJ 呼ばれ、 ffi に 1 級 昇進して 寵商 さな. 此 勢 に乘 卜て 



ざ か W つき を か き まつ これ このせつよ らいめい ど、 ろ ねん まへ 

五六 歲の 働き 盛な. 0?- の 月 岡が 來 たる を俟 たる ハ 是も此 節 ffi に 雷名 4,; 轟かし、 乙の 三 四 年 前 



讎 稱 紳士 



111 



In ^稱 紳士 JIB!!!!!! a 

せい チ:-っ きょくく わん i いふ その を. S せう ほいつ み ある を. S ic し aji.- く .s; Lix^ 

je^s^ の極官 k 成う w 云 * たゝ かもの、 其 內證 k 入て 見 おら 有 やら 無 やら 知ね < ^も 『資 の 工夫なら 心^ 

£ ざ ぼく ひき S け か 5 あん たてみ い へ たいてい さ, r. だん ま If;- つく が 、ゥ けつ きり-つか ズ チり 

ハ撫 坐らぬ 僕が 引 g て 者 案 を 立て 見 ませう』 ^云 t 大抵な 相談 も 纒が附 は < ^の 豪傑 はして 桐 嫁 iHS 太^^ 

いへ ねんば い かんべん ざ か ほんし 上く fj S 'つぎん かう i&K がし かぶしきぐ わい しゃ ビ syfjjay やく をに :;=,し パん し.. り、,, し,? .f- 

云る 年輩 c 四十 三 四の 勘辨 盛ゥ、 本職が私^^き行の頭艰で何某株式會社の^締?《何其ス£資會社が!1£| 

g じ かん . さ-つ だんやく Si! よ を せ, r げふ こらげ ふ こど て だし かけ もお を だいやく しゃ SSVJS- きく パ き K 

の 理事 彼の 相談役 さ 凡 十一 一三 も 商業 工業の 事 手お 出た る 憑 持の 名代 役者。 いま 一 人 ハ 翁 笆 て If^ 

し 上く ねん まへ ねん >k あけ べつ これ い さだま Li くげ ふ を $ さて べん こ 5 5 ま てさし よ ij いじ ォ. S 

職 は 二 年 前に 年が 明て 別 k 是さ 云ふ定 つたる 職業 s: 無 けれき も、 何が 扨 辯 口 n 甘し 調子 ハ 好し、 政治 經 

ざ いぶんが くし か くお もど L つ & で き る ひ わい & き 5 げいこ ダンス や 5 しょく こんだて やうく ゎ1 ひ 

濟文學 詩歌なんでも 口元 だけ ハ 知て 居る し、 半可通の 英語に 急 稽古の 舞踏 洋食の 獻立 洋館の が ふ 

およ, だん ズク たい- あ ひて ど 5 ち ども ゝ 5 かれ けう だ 5上 ろ, し L t 

及ばす、 相 公に 對 すれ、 C へ、 ホ綦 のか 相手 潔 治の か 供、 モ タツ さ 進んで 狹斜の 嚮導 弄 牌の 指南 をな し、 

おくさま むか しばい おへう ばんげい ん 5 はさば 4 & こゝ み クゎ いたく たんていつ まみ々 ひ おんみつ あ ひつ ヒ 5 で まへ 9 

令 関に 對へバ 演劇の 評^ 藝 人の 噂 話し 此どビ 見れ t 外 宅の 探偵 摘 食の 隱密を も相勸 むる 伎倆な れパ、 何 

まかりで ど ほ s- よく てら はふ たもし ろ もて ほや ふるだぬき いふ い ひみつ かけひき あや iJj もど 

れへ罷 出ても 通が 好て ャレ 調法 だタ レ 面白い^ 持 離さる、 老狸、 言 言 はれぬ 秘密の 憑 引、 ノ ッ窆 操る 有 

こ けい ちん ゆ だん じんぶつ をのく おさき ^ この にん 5 か みつだん A t くわい まつ L 

髴 牙 婆、 油斷 のなら ぬ 人物 さ ハ 其 口先に 顯 はれた 4 (此 三人が 何なる 密談 をな す 手, v$: 次回 を 待て 知, り 

たま 

玉へ) 

く fi- ち.. T- でんき てつだ 5 , 

〇 第三 回 S 中 電氣鐵 道 

つき^" ^ はり.^.^ をめ きくが ほこ どぶき ふた 《- むか た ほ た また だいしつ けい & ざ じつ き y づ かくん 

月 岡 武藏は 桐 壞甞太 郞菊川 壽の兩 人に 向; S て 『大きに 御 待せ 申して 大 失敬で 御座, CS ました、 實は桐 塚 君 

&ど こん ち, ij ゝ t ぶん ま. S この や まゐ をん ら. S まち ケん ち」 くろま の 

に 御 約束 S たした 如く 今日 午後 三時に は 十分 前に 此 家へ < 達, 御 尊 來を待 ませう さ 存じて 已に車 乘 らう 

^ ビ ころ G ケんち あまくち ひしょくわん だいじん ば しゃ せったく の S- つ さて こんにち ざ せう か く/ \ いき ほひ 

eg し. に、 御存知の 甘朽 秘書官が 大臣の 馬車で 拙宅へ 乘附 けて 『iB 今日の 議 $1 は 期々 の 勢 なれば 



ズク -V レ のケ き。 も syK く _ ^ん こう びか どて ゑん かつ き. やつら ろら らく わけ まゐ よつ し き t ん 

此 場に 臨んで は 切 盛 伯 も 尊公の 1 臂 を假. ら ねば 迚も 圓 滑に 彼黨を 籠絡す る譯に らぬジ ャ k 由て 至急 面 

^.^ b たい > くらう このば しゃ のつ を々 £ くわ 5 りん ねが たてまつ い 、-, らい t いてい さき 

談 いたし 度 ゆ ゑ 御 苦 勞» から 此 馬車に 乘て 直に 御 光 臨 を 願; 3 奉る』 さ 云 ふ 依 &サ、 大抵な 先なら ば も 

せ^. W ^ば> ねんけ ゆやめ ゐ > それ i 、 - めいわく & ざ こど わ どころ べっこん き:? も yK く だい じん い を つら 

政治 商 賣は此 三年 來 止て 居る から 夫: ぶる 迷 威で 御座る さ 齲る 所 だが 別懇な 切 盛 伯が 大臣の 椅子に 列 

せいきょく あんき くわん い ば あ ひ まんざらば うくわん し f よん^ ころ くわん てい > ^ク みつだ わ-ご . き 

な CV て 政 周の 安危に 關 する^ 云ふ塲 合おば 滿更傍 觀も仕 惡ぃゅ ゑ 據 なく 官邸に 往て 密談に 涉 つて 东た 

ち わん S は ゆるしん せう こくげん 4^>っ た それい くお で まか べん き y. つか さ. 0.5 あ J 

ので 遲延 いたし 所謂 紳商 刻限に 成て 恐 入った』 さ 口から 出 住せに 辯 すれば、 桐 塚 は 『ハ 、 ァ左檨 で 有 ま 

. , > V ^ をい かく しょだい じん ひみつ かやく どき だしぬけ たのま ひまつ、 ぶ fj へい 

した 力 ィャ御 同 椽に內 閻ゃ諸 大臣から 秘密の 加役 を 時た ま 突然に 依 賴れて 暇 隙 を させられ るに は閉 

こ 5 つ.^ まつ こん li ち さい は きくが はくん めづ からだ わ やく. そく を こヒ Z fj-l し 

口 仕 .0 ます テ y コ デ 今日は 幸 ひ 翁 川 君が 稀ら し く身體 約束が 無い^の 事 ゆ ゑ 御 同^いた した 次 

ばい ^ § » きくが は こどば し り つい S ら$ だ. S がた しんじ げふ & さ- ゥビん 、ゥケ たま 上フ 

第 …… さ 云 ひ畢ら ぬに, 菊 川 は 詞の尻 を繽で 『何 か老臺 方に 新 事業の 御 相談が わるさ 承. はつ. 由て、 

ff, • せき まつ け 力 ある さんよ か ケん おど も し た い つき &. A くんた さ. しつ J:-/ & ん: y よ 

然 らば 席 末 を 撥して 1^ひ n 參與. S たさう 歟^ 存 卜て 御供 は 仕た が、 但し 月 岡 君 御 差支^ あらば 御 遠慮^ 

_u . , い-^ つ おも たつ t げふ じゅんじょ を こ か 5 あん め は をつ い せひ そんくん ぴ はい 

く …… U さう してく 內實は 居 ひ 立た る 事業の 順序に 少し 者 案の 目鼻が 附 たら 是非^も 尊君の 一 臂を 

しゃく たい きりつ かくん あは こど &ざ こん ち そん りん ねが ズゅ しあ はせ ,ご たパひ まビ あ、 さつ" J 

借し 度き 桐壞君 さも 申合せた 事 も 掏 座れば 今日の 尊 臨 は 願 ふて 無い 仕 合 ::: さ 御 SGli^ill のよ ぃ挨援 1» は 

さ を しんし せんみ • -. 

追がk紳士然さ見ぇたゥけ<^ 

や- フゃ か けう いつ み ひそく たの て 5 し だか つ たが たさ ど ちら ケん ざ、, -ごど 

談話 は 漸く 佳境 J ^入た 6 さ 見えて 潜 々聲は 自づ から 調子 高に 成て 互 ひに 素性 を顯 はした るが!; …:: 

T ^r,^ $^ I み .^1 い つま を これ ^じ & さ 5 や 5 ありあま かね ^1 こま 

『コ ゥく桐 *y V 十 k 仲間 內で盧 飾お 言つ て も ら無 いせ、 是が 何も 御 同 檨に有 餘ゥて 金の ni^ に 困 

5, し/た.:;, ズゅ よろ /J ざ それく らい こど よろ ズゅ ん どき よろこ き ふ 

る ざ 云 ふ 身代 ぢゃァ 無し 『宜しう!! 坐る 夫 位の 事で 宜し S なら 何時でも 喜んで 寄附いた しませう 1 €^ 

^稱 紳士 M 



讎 稱钟士 六 mis 

たば きめ だ C せんぎ ねんきん じつ 一 だん つ い くら い ひ, ヒ り くつる かね を この 

束を極て出す慈善義捐金でさへ實は1圓^^^付き佝程ざェふ酷ぃ利を喰て居る金じゃァ無ぃか、 y コ デ此 

さく じっさいた *J*55 たこ を く きんけつ まる かいむ わ は をし s% み>,^. のた 

策が 實際行 はれても 行な はれ 無ても 金穴が 丸ッ きし 皆無で は 話題に 成らぬ が 『ォ ット 皆まで 宣ま ふな、 

A- も vy このは し はじ い を fV れが. し ォヒで おやう w や、 ゥ こ fi' めい はかり/じ 50 ゐ ぼ V- うち め々 が < 'き し ほんか ば か ひどり いけ:^ つ 

抑も此 話が 初 まる さ 否や 某 已は 張良孔 明の 謀 を 帷幕の 中, に 廻らして 强氣な 資本家の 馬鹿 を 一 人生 捕 

たい そのむ く ビリ み S へ だい :;;,- く. 'わい どき ひ ろ 5 ま さしむ き ほんだい われく おも たち 

て 置た …… ィャく 其 椋鳥の 身の上 tt 第 一 1 讀會の 時 k 披露す る さして、 先 づ差向 は 本題た る 我々 思; 5^=1 

く 5 ちう でんき てつだ 5 しんあん きょか ズ% る か い せんけつ もんだい きくが はくん *.」 いぶん 

の 空中 電氣鐡 道の 新秦が 許可 i ^成お らう 歟さ云 ふの が先决 問題 だが、 菊 川 君^う だら う 『されば サ、 隨分 

むづ もんだい きょか や *r- L むく きょか ^ 5 け あ ひ どころ そのく 5 ちう でんき 

さも 六 かしい 問題 だけれ^ 許可され る樣 にさへ 仕向れば ナゾ ノ 許可 k 成る のは受 合サ、 所で 其 S 中電氣 

てつだ い .& く ふ 5 しんあん 

鐵道 W 云 ふの は^う 云 ふ 工夫の 新案です かな 

ミん: 一 5 ぶんげ ふ さ- ゥだん . 

〇 第 四 回 運動 分業の 相談 

べつ ぼく がくり せ 5 はつめい い S- くつ を si^ づ まこう がく はかせ ィギ 1 ス し しんはつめい 

『ナ 11 モ 別に 僕が 學理 上から 發 明した £云 ふ 理窟で も 無い が、 稻 妻ェ學 博士が 英國 クゾチ f 氏の 新發明 

せっちう く は かんが だ く ふ.. TV S まが ひわ K か は お パン を か も づ ど。 だ きくが はきり づか み 

は 折衷 を 加 へて 考へ 出した 工夫で (vi 云; 5 つ 、隱 鰐皮の 靴 a の 中よ. 繪圖を ffi 出し て 菊 川 桐 嫁に 見せて) 

この ど ほ く 5 ち 5 はし い てつだら ズ ザる めう でんしん せん 5 へ はし ゐ を; i 

此通ゥ 空中 を 走る € 云 ふ 鐡道サ 『 ム 、成 は^ コリャ 妙 だ、 ハ 、 、ァ 電信 線の 上 を 走って 居る か、 …… 佝 

でんしん せん うへ べつ :. 火 i- き でんせん かけわた その、 ゥへ はし い く ふう これ 5 ま - ゆ おもしろ じフ 

さ ま 電信 線の 上に 別に 强氣 電線 を 架 渡し 其 上 を 走らせる さ 云 ふ 工夫:^ ナ、 是, が 甘く 行けば 面白い が、 實 

さい その けんき-:.' むづ けんき 5 へちま いる $ われく でんき はかせ てつだう がく 

際 うだ k: ぅチ、 ^:^(研究が六かしからぅせ『ナゾ ノ 研究 も 胡瓜 も 入 もの か 子 、何も 我 i が電氣 博士 鐡道攀 

し いふ i& いく はんき,, _v L はお J * & i つ い を. つま を 50 こ でき いつ でき 

士^ 云 ぢゃァ 無し、 幾ら 研究しても 識 れる箬 が 無 S に 由て 稻妻 ぐら ゐな漢 で 出来る さ 云たら 出來る さし 

その さき かんが はたら かね まう け それ だい もくてき な もつ も • く だいし ゆ:.? -ん はんよ t 

て 其 先の 者へ を慟 かせて 金 儲 さへ すゥ ゃァ 夫が 第 一 の 目的お らうせ 『ゅ尤 フゥ大 主眼が 判然 さ. して 



ゐ おまき 《- ん: 5.1 ら ay あ ひ おもしろ 上し/ \ゐ さい わか しか きんけつ は 5 き! y づ かくん 5 け もち じ げ ふ つき 

居れば 大に 運動に 張 合あって 面白し ョ ::: 宜. 5 委細 分った、 然 らば 金穴の * は 桐 塚 君の 持受で 事業 は 月 

を かくん せんにん きょか だん ほく たんた 5 ぶんげ ふ はふ や な 5 け ベ ちん ちん 

岡 君の 專 ft 、ノレ カラ 許可の 一 段 は 僕が 擔當^ 分業 法で 遣って 利益 は 甲 等に 三 一 三十の 一 三 進の 一 進 だせ 

もちろん こど しか さ 4 げふひ んヒぅ ひ じ げふひ ち 上さい ま、 ゥ を めざ 30 ころ かぶ さ 5 

『勿論の 事サ、 併し 創業費 や 運動費 それから 事業 費で も 如才なく 儲けねば 成らぬ が、 目指す 所 は 株の 相 

塲 『ム、 一 株で 十圓宛 利が 附ば百 株で 千 圓五百 株で 五千圓 『千 株の 一 萬圓 一 萬 株の 十萬圓 『三人が 銘 j 

so つ ひっこ また/' S それ さき しリ くら くわん のん じ あど の やま ■ を こち かま 

に 十 萬圓づ 、取て 引 込 ひの は 瞬く 中 ョ 、 夫から 先 は尻噙 へ 觀昔寺 跡 は 野^ なれ 山^ 成れ 此方 ゃ搆 やせん 

かたぬ け 々んぱ ふ ねく て た 5 せい y うか 5 はいきんし 《• だ. S ひ みつ こ 50 せう き ^is ンプ そ を つけ あつ 

で肩拔 する のが 軍法の 奥の手 當世琉 行 拜金宗 の 一大 秘密 『をの 事サ、 いくら 蒸 as 筒が 備 へ^て 有ても 

わ ビ くわ じ ば や L ゐ しか さう- ほっき ん. - きめ せぃ>5^€^ん*1ょ だ てつ 5- き 

江 は 火事 早い から チ、 ぐつ く 仕て は 居 A れねク :… . 一 『然 らば 早 j 襟 起 人 を 極て 請願書 を 出す 手續に 

し いづ ぎく わい ま は おが を そのせぃ.;^&んしょ 5 ま こしら た S だれ か、 あら 

仕 やうが 何れ 議會 に遞 るに 逢; S 無 S から 其 W 願書 は 甘く 裕へ度 もの だ于、 誰に 書せ たもので 有う、 ナヅ 

きくか ほくん て した, ら ,で き あん りくつ. あ やじ うま ぎ ろん で めんだ う 

ポ菊川 君の 手で 下铕 へが K ッ 力 リ 出来ても 餘まゥ 理屈に 合 はぬ^ 彌次 馬の 議論の 出る のが 面倒 だから… 

よし/, \fj よめん ほく はう か、 あつら へむ き じんぶつ よ;:' その を どこ い さづま ころ むけ ゃゾ てっ:^Jぅ でん. せん うへ 

… 『好 i 書面 は 僕の 方で 書せ るに a 向の 人物が あるに 由て 其漢 を稻 妻の 所へ 向て 遣て 鐡 道が 電線の 上 

つ がふ はし や $ 々 あ ひ か、 だいたい は 5 ずし まビ よつ これ めい ひっし 、りん:;」 、り 

を 都 A 口よ く 走る 檨な 工合に 書せ やう …… 『をれ で 大體の 話^ は 纏ま た k 由て 是 から は銘 i 必至の 運動 

かんじん この くれ しのぎ つい どし こ f& C おきざり しゅつ ぼん その チ,- ど 々ち わか め 

が 肝心 だせ、 此暮の 凌が 附て 年が 越せる か 女房 子 を ft 去 はして 出奔せ ねば 成らぬ か其瀨 口の 分れ iin は 

これ ひど しか きくが はくん それ つけ い づ ひげて きら さけ の げ いしゃ だ をの 、りへ 5 ま しる 

是 一 ッ にあ. だせ、 併し 菊 川 君 夫 は 附ては 何れ 篝的等 irl 酒も飮 ませ 藝者も 抱かせて 其. 旨い汁 も 吸 は 

5 &る さいばんしょ よ しら . やう こど で き こま だいで うぶ にっけい ^< 

せに ゃァ 成まい が 裁判所 呼ばれて 調べら る ゝ檨な 事が 出來 ちゃ ァ困 るせ 『大丈夫 サ、 失敬ながら 僕が 

あやど ひ ま - ぬけ こど L きみ うで まへ れい くわう ざん くわん りん てん せ けん おつ 

綠を 取る 日に ゃァ をん な間拔 じみた 事 は 仕な S ョ 『ジ リャ 君の 伎倆なら 剌の鑛 山ゃ官 林の 傳で 世間へ 些 

爲稱 紳士 七 



I ® 稱 紳士 un 八 n!! 

.r. い つま はこび み &ど つく あんしん L ゐ きんらい f ねい 

ゥヒも 知れす に. 何時の間にやら チ ヤシ さ 運が 美事に 附だ らうから 安心 は 仕て 居る けれ^、 近來 は議會 だの 

せいた 5 い む やみ < ち きい 5 る ゆだんで き i,- ん がってん ひゃく せ fi- ち ひき ,0- く 

政黨 だの さ 云 ふ ものが 無暗に 口 を 利て 煩 さ S から 油斷 は出來 ない ョ 『ム 、を 乙 は 千 も 合 點百も 承知 だ郵 

せん のつ おも あんしん ゐ どころ その ひきゃく せん せ. どつ あんせ 5 りりあ ヂ JSi まォ 

艄は乘 た. 思って 安心して 居た まへ 『所が 其 郵 « でも < ^うかす る 、も 衝突した ゥ暗满 に 乗 上て 大怪^ を 

こど さいきく を 5 せう せつ さ あん たま やつ がれ 5 で. まビ これ のち て 

する 事が わるから ね 『ハ、 、 ァ採菊 翁の 小說 ぢゃァ 無が 『左な 案じ 玉; s,v 僕が 伎倆の 程 は:;^ よ .o^ 後の 手 

ぎ はみ. I い をれ さう だん もん ちょつ ど しゃく つかまつ い お 上 

際 を 見て 知ゥ ねかし』 ^云 ふやつ よ ::: 『夫で は 相談が 濟 だら 1 寸 1 酌 亡 仕 らう か 『云 ふに や 及ぶ、 

ほく じつ まお かね ゐ せ sfj ふ へいたい お ほ きゐ いひて 5^?1^>ら 上ん 

僕も實 はもれ を 待 兼て 居た ョ、 召集の 兵隊 も大 かた モウ 东て 居る だら う』 さ 云つ 、手お 打 鳴して 呼 だ 6 

け. 一 

さ め 5 さん. £5 ん しゅぎ 

〇 第五 回 奇妙なる 三猿 主義 

.^1 れ v-s- くわ々 わつ 、じ ち. r- もん しゅき. やく あは はん まへ ゎづ わん やき さしみ みし を けだ た M 'せつ がら せいひ せつげん じ つか-, n 

掛 料理 n 花 月へ 御 注文、 主客 せて 三人 前、 僅か,, -椀燒 刺身の 三 品 さは 蓋し 當節抦 ビて政 費 節 减の實 行 

まさ この しんし かま は きふ お ほ fc^ こ: ii んぶ s- いれ ひた しもの この わ た ふたし を こ たうけ こんたん くら 

正しく:s士社會にも波及したるw覺ぇた<=^但し小井に容たる醮lpさ海鼠觴のニ品ハ是れ當樓の魂膽鞍 

ぶ おかみ どくべ つ たて ひき だし VJ ほし し よくく かんで S どき めいく あ ひだ おい おの づ ぎ 上く さけ 

部の 女將か 特別なる 達 引よ. 出た る獻品 wtt 知れ たれ^も 細々 勘定す る 時 n 冥々 の 間 k 於て @ から 玉 酒 

さか & さへ ふ まい それ ばい ほ りんじ わりまし か、 きゃく さる をの へん ; b.^ く がってん く 

肴の 上に パ ラリさ 振 蒔て 夫 k 倍す る 程の 臨時 割 增ハ掛 つた.. 9、 容も去 もの 其邊 ハ 百 も合點 なれば 食 はぬ 

そん い f ゑん S- よ はし くだ 、 まね さんせ う げいしゃ たさ じ しんばし せ 5 はふ ^i^f- さが 

か 損 ださ 云 ふ 風に て 遠慮なく 箸お $^下 したる。 招かれて * 上の 藝妓 ハ當時 新橋に て 商法 筋で ハニさ 下ら 

t け ふた S- めいく は クが ふにん こん はち あ s- か は/: J ゑ 

ぬみ け 次な ま 助の 兩 人に 小お るか きゃんの 一 一名 を 加 へ て 都合 四 人 へ ィ 今日 ハ 有が たう さ擺聲 して ズ ラ リ 

もの ざ まかりいで を こ 5 る かんたん このよった S- ね ひきあ はせ ま いつ ど.. J のころ f や 

^» 座に 罷 出た. <.,o 少し 煩 さく^も 簡 短に 此四妓 を 招 介いた さんが 先づ みけ 次^ 云ば t 方紀ハ S く 三十 



- . ' , お 〈ぎ: S をで :SS あが は しん まさ あら その わり さら あいぬ ォ み 、51 き r . 

二三 生 際 已に脫 .Ho て 齒の心 正に 顯 はれ たれ < ^も 其 割に ハ 更に 股した. も 見えす、 矧ゃ姿 色 も 

) - に"! 」 rljr^r が > , ひ, ど み"」 ころ み だ もの つき を か この 1- る をで どっき あま リ よび ど ほ 

事 も 十人並よ ゥ三四 枚 かた 下って 何 所に 一 ッ 見所の 無い 凡 物なる に、 月 岡が 此 春から 旣に 十月 餘も呼 

ゐ 3.^ ころ み . めじり さが め した くろ た にん し せう くれ., - つぎ 

して 居る 所 を 見れ は、 眦 の低ゥ たる^ 眼の 下の 黒す みたる のが 他人の 知ら^る 賞 飯 ゆ ゑなる べし。 次に 

o'^ £ ^^^^^a ^ ま さいか、 へこ くせ たつ た ほ あね H き この^ ひだ つるせん くわい の 5】 よい かた a 

なま 助 n 名 詮自稱 の 生 利で 未だ 十六 歳の 抱 ツ子の 癖 k 乙に 大姊 を氣 取、 此間も 鶴 仙の 會で 咽、 が 好 さ.^ 

々ち * む J^s ある しんぶん たせ. し み きふ げ いじ まん さ もどき れぅ じ まん どころ た A is. 

口 か 旨 s さか 威 新聞 の 贊詞を て か ら急 に藝 自慢 さな <> 左 なきだに 素よ. <: 'の 姿 色 自慢の 所 を 高 サがニ 

三羅 くで f 1 一お H^i に iK?f 俨 f かし て ii に ま らぬ f い ■、 乙れ S はち i の靈 

t - _ つぎ 9 , かみ fj まだ きもの も わぎ ぢ おや あかい ビ はハ &<^.^^o t 

さ 知られた う。 次に 小 だるが 十八で 髮ハデ コく島 田に 着物 n 萌黃 地に 茶 さ 赤 糸の 入った る 木 SS 鉼 のぎ 

めしう は お 5 がた t お ほてん 4J んまげ ぎん つい まへ かん ざ.」 ろ 

召の 上着に 下着 n 中形. きゃんが 十七で ダャ熊 を 入た る大夭 神鬍は 銀の ヒラヒ ラの附 たる t 力 I で m お 

P しろ ぶ い ル!! じ ► る づ、 が, t り した £ v D はんな ろ み し. S れ い 2- せん この ふた a こんにち きゃく きくが. a 

地 k 白^ 紅 さ 入 交み の 井筒 鉼に下 ハ 午後 五 時半 頃^ 見 ゆる 仕 入の 犮禪 此兩人 n 今日のお あたる 菊 g へ 

L むけ き5^づか き てん さ. L づ 

の 仕向 も の ^は 桐 潔が 氣轉 の 差圖 な. CS 

ふしき ス だん ひど さ は りで は 5 く をナ ざ しき で たク き TV フ-' ま レ 

不思議 やな、 平生 C 人よ. 先き に ダャく 張 出て 齒が浮 やうなる なま 助が 座敷に 出る さ 乙に 觚 g が M を 

はづ わき ゆ . あや そ ぶ り きり づか さけ ま は したが いよ ■/(,.-. ま, ヒ/ \ ふ へ C" C- ろつ ゝ ,2 もて あら : 

外して 側に も往 かぬ 怪しの 素 振、 桐 «$: 酒が 廻る 從 つて 愈よ 益 i 不^の 色 S め^ 面 顯 はれた ゥ。 が 

力み 力く み L さい. S かに たづ じ つ さくや あせ; A は 上 あ. し j§> つ き, つ、 く ひ :^ん ヂっ M」 二、 、ピ 

將 のかたぬ n 期^ 見て 仔細 如何^ 尋 ぬれば 實 n 昨夜 汗 川で 夜 明に 成た お客^ 云 ふの は 先月の. } ^から 御 

最負に 成て 居る 猿 子 橋の 閣下で シカ モ あの 菊 川樣、 がか 側 去らす の取卷 ゅゑモ シ モ桐 潔さん の 事が 船 M の 

リぉ > !^^^^ん , L - くれむ しん はる やくそくた ちまち へんが へ を ね 1て a くせ 5 たかみ 5 ち 

口から 閻 下へ 知れる さ暮の 無心に 春の 約束 忽 に 變替に 成る のが 恐る しいさの 白狀。 が將へ ラ くさ 1^ 

館稱 紳士 . , 九 



わら s- こうお ** へ こ SjSJ もん ., ん ばい げいしゃ し ねん まへ こど このせつ もれ 

笑って 『いくら 利 巧で も 卿 n まだ 子供, たチ、 其^^^心配を藷妓が仕たのハニ十年前の事,たョ、 此 節から 夫 

くら ゐ こど き もむ や C あんしん わたし つい だいで ちぶ ねかみ お ほ 5 け あ ひ a f, 

位の 事で 氣を 揉妓 がわる もの かチ、 安心^^しょ私が附てるから大丈夫だょ』 さ女將 ハ大受 合で U モ ^-菊 

が はさん ら、. T.^ よびだ じ つ これ < ふきこめ あん & ど きくが は み を のた ま わ 上 せつ け 5 カレ 

川樣チ ョィ』 さ 廊下 呼出して 實ハ 『是 i さ 吹 込ば 案の 如く 菊川ハ 『皆まで 宣 ふな、 凡 も 拙の 境界で 

みざる きかざるい はざる わん., 3 ゆぎ i ゐ . このせ かいお よ い-, k せ よ , ) > , 

n 不見不 聞 不言 の 三猿 生義を 守つ て 居ねば 此 世界 ハ游 いで 往 かれぬ、 十 ゾノ拙 か 餘 針な 事お 饒舌 のかよ 

や こ ,u ^^y>^ つく くる た ん 5 で いつば , よろ いつ .t^*^ 、 „ 、た /- ふ fic 

少しも 御 遠慮な しに ジャレ 附^ も 狂 ふさ も當 人の 伎倆 一 杯 はする が. W しい^ 云て くれ 玉 へ 』 さ 答 へて 再 

ざしき かへ おかみ きくが は やう ふく ,ヒ を どら - かんじ;^ f . - ひびぶ A 

び 座敷に 復 らん, ヒする を。 女房 ハ菊 川が 洋服の 雜を 捕へ て 『ァ レサ まだ 肝心な 用 か あ 4 ます ョ』 さ 呼 止 

た ほてん じん で こく. L まだ 

第 六 回 大 天神に 濃厚 島 田 

! i^p"l^s4i み がら 『si さん、 そ 一ふ一 人の i. で *i ッち にか 極な さ いま すチ、 れ氣に 人た 方 を 使て 

r & 35 かへ い きくが は もこ つたい つけ ,ij つち f:^ elf ド I つ だ 

だら ぎい が を ii^ ますから』 ^云へば 菊川ハ 少し 勿 體を附 て 『何方お つて 同 卜 樣な鈍 粟, たから 餘.^ 下さ 

, を ま な ふん AAr-."^ C- さ こ VJ わ いづ ! iJん<:- り あ >5> た き . s>。 

ら無 ぃチ、 先づ 御免 を 蒙る さ 致し やせう』 ^斷 ゥたゥ 『; N リャァ 何れ 鈍 粟で 貴郞 のか 氣はハ 入ますまい 

たま いわし てんぷ ら たべ & らん ほ D!J み しろもの *5> じつ • - 

が 偶に ハ 織の 夭 麩羅も 喰て 御覺 なさい なチ 『十 11 をら 程 見くびった 代物で も 無い が實ハ ニ圓で i ニ圓で 

r. む だ どころ つきお か きり づか ふたり • せ ひ ^fl^- た .^^^>0 したい, ふぐ 

も 言 ハ> 無益 だから チ 『所が 月 岡さん € 桐 塚さん さ 4- 二人が 是非 さも 貴公に 御馳走お 仕度から、 モシ 二 

y こよい い さし かへ な らん いれ くれ をい < わたく. J たのみ , . )^ 

人 <w も 御意に 入らす ハ差換 て 御覽に 入て 吳. c« 内々 私 へのお 賴 でゎゥ ますから …… ナ ゾナラ かこ 娘 

いっぺん もら ひ み こんにち ど はで こ い しか は や しき い つ い ^ • - お f 

を モウ 1 遍貫 j:^ やって 見 ませう か 今日は 遠出で 小石 川のお 邸へ 往た^ 云し ますから 未だ 歸 るまい もハ居 



き こど あり あいつ い ま みさ fiJ や おく いい "、5AIJ あやし ぎ 乞 かう ど ぅビ:? 

ひます けれ.^ 『十 ゾノぉ 乙 限った 事 ハ 有 やせん、 彼奴 今.^ ろハ維 iS の 奥 二階で 大方 怪異 銀行 頭取の 

ひつばつ くれ さんだん つけ ゐ じぶん もら ひ やっきし t « _e5 

鼻 も を 引 張て 暮の 算段で も附て 居る 時分 だら うから 貰 i=l 遣ても 來ゃァ 仕ない ョ …… i^ n デ 御馳走 わるな 

ゑん りよ ぶさた ひ VJ きれて うだい み よろ, U ざ それ :}j つち f> 

ら 遠慮 は 不沙汰で 一 铸 頂戴して 見やう か 『タ レ ザ 宜しう 御座 S ます ョ、 夫で 何方に か 仕.^ さいます 『サ 

. め , か *ノ〈 て, ^じん げ _ こ f < つ み しか あり ね 5,;J や へんしんき 上く ちゃ f このせつ しんね. J. ゥか のつ 

ァ 珍ら しく 若返 ッて 夭 神 髴の小 僭お 喰て 見る かチ、 併し 彼 や ァ 女御 屋で變 心 長が 此節具 猫 浮れ で乘 て 

ゐる ? o ► ぉビろ か あいらし. S かほ あの さつ ま いも ね ほ もの - そ. El 

居せ 『、ノウです か 驚きました チ、 わんな 可 愛 顔 をして 彼薩摩 竿の 大物お チ、 ホ 、ゝ、 ホ …… 夫お ゃァ 

L まだ は 5 L 1 どころ あの. しま だ こ をビ、 ひ ばん わし ざ しか けん ほリ は ザ や 5 お き «5 

島 田の 方に か 仕なさい 十 『所が 彼 島 田の 小 だる ハ 一 昨日の 晚余も 一 座で 爾も 三十 間 堀の ^崖の 內で氣 取 

I ザいた か. お ほ I * &ん かま こど あ y せいたか さつ ま いも よそよ そ こっち こっち どころ 

擬 員の 脊高 か大 熱お せ 『何の 搆ふ 事ハ 有ません ヮ、 脊; 咼 でも 薩摩芋で も、 他家 ハ 他家 此屋 ハ此屋 で、 所 

きゃく か は よ 《- おろん これ や.' よらう ある さし つく ざ は ど 

替^ は客替 るおから 宜 いで H せう 『勿論 サ、 何の 是が 娼妓 ぢゃァ 有まい し、 指お 突の 一 座 1/ し を 取らぬ だ 

) い,, 、p ほ-' きそく げ.^ しゃ *^.^J^ レ > しか せんぎ ど ほ てんじん まげ みつめ こ ケ. ゥ たいち きめ 

の^ 云 ふ 野暮な 親 則 ハ藪妓 社 會には 無 S から チ …… 然らバ 前 議の通 天神 髢の三 娘 小僧 を 退治る, ヒ極ゃ 

*> t ^L^f.f ^hp まか まお がつ この くれ ねよ じばら せ 5 くこた あんじ 

うか、 併し 御馳走 は 俊たら ぅチ、 罷. < ^間 逢て 此暮に 及んで 自腹 ハ少 i& へる せ 『お 案 示な さ いますな、 

つき を か きり づか い やまし それく らゐ こど たくさん このた か 

ァ ゾ 十月 岡さん, たの 桐 球さん だの 云 ふ 胃 險 家に ゃァ夫 位な 事 を させても 澤 山で ュ す ョ』 ::: 此 * 將^ ち 

r ^L^> , は んき た 5 へん だんばん 15>ん い ぉ&ん もど * & つどく これ かんで う は 5 

らか 腹心 だか 都て 臨機 應變の 談刿は 難 » く かき やん を 一 言の 下 k 納得 させ 『ョ ? h く 是で 勘定の 方で c 

. , た 5 にん たつ ばら ま これば か s- 5- んじ まう か 5 みやまし 

五圓 ^つて 當 人に ハニ圓 で追拂 へば 先づ是 W でも 三圓の 臨時が 貰かった ぞ、 ィャ斯 して 見れば 胃險 家: 

> - £M ザ, かんで う ど ほね を あたの まへ きゃく このれん^^5 f せう しんし は 5 わ り 

つても、 ノウ 惡くハ 言へ ない 勘定 を ffi るのに 骨ハ 折れぬ が 普通のお 客よ ゥハ此 連中の 僞稱 紳士の 方が 割ハ 

^ > / -. L;^ お 5 ど さき わ s<& ど かんが さ, y か くらぶ おかみ 

好 力し らん も 中 て 取らぬ 先から 割 事を考 へたる 石に 鞍部の 女 將をゥ * 



® 稱 紳士 國 一二 

しき たかみ ふきこみた ちまち をのし るし あら け み 一 C- Z 、り 尸. S く き ー づ- ^ r 一- 1 腸-一- --^ -i-^HBH-i-i 

座敷に て C 女 將の吹 込 忽 に 其効顯 いれて、 なま 助 速が に 氣を ■ ^しきまが 腐の 鰣に観 て誕 k ジャ 

つ シかレ タト を ひつけ のま くひ かけ あまだい きリ づ.^ 1 き ri 1 rf, :ft ?? 

レ附き 紙 la? 吸附て 呑せ た. o 喰掛の 甘鯛 を;. ャプッ た. Hio ので、 桐?^ の 1 街 ハ;? i か.; JliJI^O 

C け ふ めづ つき を か や 5 ふく かくし さつ み にわか よく. しん 2 こ ; • E > , 

次 n 今日 稀ら しく 月 岡の 洋服の 衣袋に 札の わる を 見て 俄に 欲心 をぎ し 『きうで ェ せう!. っ^の、 

れ.' てう て 5 あたま ふたくみ そのうへ せめ "んビ 5;- - > . 

落に 廿丁 か卅 了で 頭 だけ 一 一組 や ゥ ませう か』 さ其上で責て五圓か十圓か分《せんものをさ§^,觀めた^ 

た * & こ、 ろ たかみ さんせい や s- れい H づ ひ *,J、 

は 同 卜 Y 心の 女將も 賛成して 『サァ 遣 ませう ョ、 いつもの 阅を 外す さ 火に 崇. ますから サ …… n さ I めた 

つき > でか きくが は ばい この どころ ばんじ げ ふか I じめ ふ f み や $ い した &、 ろ 3 ... ひ > 

AVO 月 岡ハ菊 川に 對 して 此所 一 番 事業家の 着 實風を 見せ 檨 W 云 ふ 心底 なれば 眼お パ チく させて $T 射が 

惡ぃど差止めたれ§ぁゃ其甲|5.^^く1|くも戰1に^^けられ 『^.SSESS サァ まか ハぅ、 

い *i-KJ ふ を 力 い r^-v いし かんで 、り よろし ,ct^J し - • > 

ざ H ふの n 頗る 可 笑せ …… マ ァ座. たまへ …… 石の 勘定 ハ宜 いか、 ド レ親彫 を 仕て おやう …… ャァ; g ぎ 

が 親. た、 卷た, CS く』 さ實 行され 『然 らば 御 相手いた しませう』 さ, i めしが、 ま 15 に t せ r 爆に きを 三 I- 

ど-取れた. 

げんきん まって - 

〇 第 七 回 現金 待 手な し 

パきを 力き リっ 力き く 力- K けつ こんたん くらぶ さう だん く $ち5 でんき VJ つ -ts 3?^A. ,i く ^ L 、,ジ > 

月 岡 桐 《 菊 川の 三 傑が 魂膽 鞍部に て. 相談した る 空中 電氣鐡 道,^^ 明した る,^ ふは^も^ Laiim の 

ぎ せ. つ しん. し かま かほ だ ぃズ てつ まき さく を のつ くせ アメリカ なん ド イタ ^~^f,h^ ^ 2 L >k.: -, 

僞稱 紳士の 仲間に 顔出した る稻妻 奇策 ざ名乘 たる 曲 もの 『米國 に 五年獨 四ぎ あ S に 三!! の^ gg,:J 

て電 氣の學 問に 於て は 其 奥 儀 を 極め n レ此 通. - 十五 通の 免 いたし^る 歡 g だ 解の 斟はィ ザ 

知ら卞電氣の事に於て1/此廣ぃ性1^^にて±ハ^ど4ぉふぉ|^戧の¥.4^を^らる、«.ぉなれば1らく||^ 



はつめい ひ なん い もの ^-.n やう おろ せいや AT- あ い お ほいら ふきた て でんき さ ゥ もつ 

の 發明、 に 批難 を容る 、 者 は 東洋 は 愚 か 西洋に も 有るまい』 さ 云 ふ夭螺 お, 立 てナゾ デモ 電氣の 作用お 以 

く, r ち じ ゅ5 じ ざい はせ ま は こど で き . てつだ 5 く ふ. ゥ ,i^ を は この ど ほ がく y か-,? しゃく こ. りじ ゑ づ せっち ナぃ 

て 141 中 を 自由自在に 馳 廻る 事の 出 來る鐡 道の ェ失は 即ち 此通 6 さ、 舉理 の講釋 から 工事の 搶圖 設置の is 

さん こど t めいさい A- を はし どつ く ばかり せんだ て し きゃく まつ かの つきお か これ かひ こ. e 

算 まで 盡 く 明細に 備は 々箸お 取て 食 ふ W のか 膳 立 を 仕て お 客 を 待た るに、 彼 月 岡が はじめに 之 を 買 込 

き y づか さう だん きくが は はか い よ その をち もちだ ばんた ほ まう し い まで はこ これ へ f 

で 桐 塚に 相談. } ^し 菊川は 謀. 愈々 其 筋に 持 出して 一 番. K 儲け を 仕 やう クヒ云 ふ^は 運び たれば 是 から は 瓢 

たん こま だ はいふき じ や だ ばあい をつ はふ で、 り か 5 せ, r だんばん こんたん くらぶ ろうせう ひら い ダ 5? ま 

S から 駒 を 出し 唾壺 から 蛇 を 出す 場合^ 成て 今日は 一 場の 交涉 談判 をば 魂膽 鞍部の 樓 上に 開きた, 稻妻 

だん >^ だんばん ♦^.-KNi いた よろ i ろ f- よくん ほく しんはつめい く、 ゥち うでん き てつだら か せつ り わき う 

は 段 談判の 末に 至ゥて …… 『宜し S 宜し S 諸君 は 僕が 新體 明の S 中 電氣鐡 道 を 架設して 利益お 得る 

もくてき く これ i だいもく てき あへ きんせん り f のケみ せいこ 5 のち い たつ じゅん わき ち 

のが 目的、 僕 は 是で榮 譽を賴 のが 夭 目的 だから 敢て 金錢の 利欲 a 望で 無い、 成功の 後に 至て 純益の 中 か 

ほ. つし- ゥ どつ こうろ、. T, かぶ もら しょくん & つ がふし だい まか し どころ こまつ こど それ さしむ ほく ゐ 

ら 報酬お 取ても 功 勞株を 貰っても 諸君の 御 都合 次第 J ^住せる 亡 仕た 所で、 困た 事 は 夫で a 差 向き 僕が 維 

じ さしつ か よつ ど s> ちへ このし 上る. S て、 ゥ いん ひき かへ を y ほ 2b に ふきん くだ を いか しょくん は 5 

持に 差 支 ゆるに 依て ffi 敢す此 書類に 調印 引替で 何程 か 入金して 下さらい では 成らぬ…… 何にも 諸君の 方 

あら はく は,, ' また べつだん どくべ つ く. ふ 5 ら わんら い やくそく さ -.r ゐ 

でも さう で 有う が 僕の 方 は 1^ 別段 だから 特別の 工夫 をして 貸 tt ねば 原來の 約束に 相 逢いた すデ …… 』 さ 

でんき めっき ほんたい たちまち はげ わ. S よ かね かんじん もど タ がね あら 

電氣 鍍金の 本體は 忽 は剝て榮譽は^ぅでも金が肝心^原の地金を顯はした<^ 

このまへ ばんいり ひど K こきん せん い シか レット つ かへ パイブ さ. し ほふ 3- ふか め. つ しゅんぶ、 ゥ を の 

此 前よ. 五十 本 入 一 箱 金 十五 錢も云 ふ紙茛 を續ぎ 替く烟 管に 指て 烟を 吹せ たる n 栴津 春風 S 名乗った 

たう じ 5 リだ ぶんがく か い をづま だんぱん ど ぎれ み これ おれ じゅんばん い ふう 

る 當時寶 出しの 文 學家。 稻 妻の 談判が 途切 たる を 見て、 是 からが 我の 順番, た € 云 ふ 風 M て ォホゾ さ 1 ッ 

せき ばら さてつき を かき M- づか れ、 ゥ くん じつ きくが はせんせ. S よん: fj こ £ い ら. S よつ いか-つ f!S くん どころ あし はこ 、.-」 

暖拂 ひして re 月 岡 桐 塚の 兩君、 實は菊 川 先生から 據 ^cなき御依賴に由て稻妻君の所へ足を運んで御 

せつめい うけた 3 せんな くわい た ほ い た を は かん くわう いん つ ひや した、 この. L 上 めん せい.: 一:r わんし 上し ゆ 

說明を 承 はった ると 前後 七 回の 多き に 至. 即ち 十六 日間の 光陰 を 費して 認めた るが 此 書面で 請願書 趣 




す ,ノ1 は ほ 部!; S の S く?? から 裏く は f がふ #mfiig する, $ で" 御 

ぬ 5 ゆる t 御ぎ かう If つきつる :.:. 』 あ Fr 釩 にて i^fei も,' . rffi 



た: か、 r:ゥ漸u調停がsr?rlflfてiぎl^^ 

あ ひ _ 話しつ の あ 後つ &? t 打 建れ て"^ 口.^ 出て 7JI ffi 7if0 

?堵 物に ss^ ^L^.uf ? 『ナゾ 人波 rskf もの か.、 

P ゃだノ てつ 夫 位 II て 居 I らうが fs にぎき f f f 『su ゥ, 十、 p 針から Iss 

ド屋 に往て I 酌し y iff ら i 酎 if 飾の;! つ 大 はかた がて F- たらう から I? 

試み やう かな 

〇 第 八 回 捕虜の 大功ん 

7 ッ 恐 入た、 ^i&$&hf.0. fig のきく へ 二 f ズ ,7 リ€ 



ほほの^ 井 具^, fcrili&r て義 W め,^ あ ri^scm き i 

論 金が 物 云 ふ 今日の 世界で 金 さへ あれば 百事 し s、 pa の II きろが おに^なかった に、 アノ^ 



ゐゎ つか ゐ ほく ,i ^る ひ めじつ SJi- こり さ をが つき を かくん き つか 

井 和 三郞を 捕まへ て 居た 僕の 鋭い 目で も 實に屆 かなかった せ 『ム 、是 ゃァ 追の 月 岡 君で もお 氣が附 

上つ ば: ilJ5 ぶ むく:: Sjc? 、ゥ ぶ しん て , たま ひ, やく 

なかった らう テ、 ナゾ ト餘程 純粹な 椋鳥 だら うが チ 『純粹 ^乙ろ か、 具の 手 入ら 卞大か ぼ こ、 ァレが 百 

まん ゑん. S せ 5 L んだ. & もつ ゐ た 51 ゆ じっき わ し か い てくだ むく:; く "一き たど 

萬圓 以上の 身代 を 持て 居る 當主 だから 實は氣 が惡る S ョ、 併し^う 云 ふ 手管で ァノ か ぼ 乙 椋鳥 ロ說落 

て いれた ま ' 3 べつ ふし 5w を きみ C い i- せん だま はつもの 

して 手に 入 玉 ふた か 『ナ ヅノ 別に 不思議 ハ 無し サ、 君が あらよ さ S の 友 禪を欺 くら かして 一 初物 をせ し 

たズゅ は 5S-W< さ、 r だ い け T しみく がき て い さ-つた 3 た f 

める^ 同 方略 ョ 『コ レサ 戯談 S つち や 往な S せ、 僕が か 酌の 餓鬼 を 手に入れる はハ、 ジレ 相應に 多少 

だいれ f は b ゐ たろ せつむ だいか しろもの い つ SJM' け 5 く 々ん ひろ いへ ひがし れ.^ & くに ほんばし きた 

をの 代 料を拂 つて 居る ョ、 當節 無代 價の 代物 £ 云て ハ 東京 十五 區八 郡廣 しさ 雖^ も 東 ハ兩國 日本 橋牝 n 

あさく さ 上し はらまお し S-L,:;.- めあか さか み K ザみ しんばし しんめ いまへ はし .f いた た 5> ひど リ あ sy し たてつけ 

接 草 吉原町 西 ハ 牛,! :S/ 赤拔 わた 6 南 C 新橋 神明 前 もの 端端に 至る まで 唯の 一 人 も 有 ハ 仕 i&S せ 『、ノウ:^ か 付 

べん たま おそ きみ & めんさ 5 む だいか だれね も ^5, ゆく は,^,ゐ こケ 5 て 

て 辯 卜 玉 はす £ も 恐らく 君の 御面相で 無代 價 さは 誰も 思 ハ 無い ョ、 …… ;^ n デ 僕が あの 花并 小僧 を 手に 

い 3 - 、 つ 乂- こ々 > い し ゆだん じつせ う は を つき を か ひざ 5 つ チハ ふくき は 

入た の ハ實の 所が かう 云 ふ nt. 段で …… 』 さ 實情を 話した 6 ければ。 月岡ハ ハ タさ膝 を 打て 『ム ッ 敬服 & 

まった 御同樣 權官貴 顯の止 さ 無き 連中の 爲にハ 自分で 牙 もす るし 1 ぎ もす るの が J| どき tmi ゼー i 

せ 5 つどめ こ、 ろ, P ゐ げんざい $J<, はい, >ゥ せき しんし しか わか ざう ため ijCN ま ボ ォ らん f 乞, e 

商の 務£ 心得て 居る けれ さ 現在 同輩 同席の 紳士で 然も 若 僭の, 爲に i& て 1^ 酸 や fej., する S cm に 

せ {J ん 5^ ほ たよ どころ いか むく J^JS- こび たも 3 ら たつ ^a. ^.1 さ- f & ら ^..> :J 

世 A の 遠く 及ば さる 所お …… 何にも 椋鳥に 媚るさ 思へば 腹 も. S が 1 に て 御 44^1 ふ,.. m へォ田 I へ 

^ ^^/n ^ しんし & くいお なれい つ もお ろん た 、り li ん め 5 じ はをゐ r ^^f ,u りら > こ 

は 何でも ii いさ ハ 紳士の 極意 恐 入た …… 勿論 當 人の 苗字が 花 井 さ 云 ふから ハ おを^え させて お g デ 

しんみつ ふ 力 いづ K を 5 へ わざ まけ どくい & A ん じんか をめ そ 

に 成らね ハ 親密 ハ 深く らぬ ョ ……何れ 花の 上で n 故 さ 負て 得意に 成らせる が 肝心要 サ …… 『夫ぢ や ァ 

こんや ぼく さき くらぶ ひど り いつ あみ はつ ゐ きみ こ ざ 5 ひつ Vic . き にろ 

今夜 僕 か 先.^ 鞍部;^ 獨で往 て 網 を 張て 居る から 君ハ あの 小 憎 を 引^て 來 たまへ …… 『宜しい、 ^事 i に 

鰣種 紳士 ! 1 ! 7^ 



® 稱钟士 一六 

たさ ゐ きみ ぢ 上さい て し あは たま み を のた ま はく *i 、こ 5 で ほ わ を どこ 

藏 めて 居る から 君 も 如才なく 調子 を 合せ 玉へ ョ 『皆まで 宣 ふな、 僕た つて 少し n 腕に 覺の ある 漢 だから 

あん た 上 それ み、 くち ち さ、 や をん これ この くれ しの 

案じる に は 及バ i& い ョ 『夫で ハ 力 ウダから …… 』 耳に 口よ せて 打 囁き 『佝 でも 是で 此暮の 凌ぎ をバ 『コ 

せい た 1 クひ くち て みて かほみ あは おも しんし 

レ』 ゥヒ 制して 互に 口に 手 を 當て顏 見合せ たる ハ、 テ モ 恐^cしき紳士な.<=^ 

こ $ せいお そ 

〇 第 九 回 後生 恐るべし 

こ、 い つも こんたん くらぶ たく ざ しき さくりゃく か つき を かぶ ざ ひざ たかみ むか こ ゑ さて はかし 

此 n 刺の 魂膽 鞍部の 奥座敷、 かの 策略 家の 月 岡 武藏ハ 膝お 進めて 女 將に向 ひ.^ 聲 になって 『扨 かう 話題 

こみいつ き ズゲに か ぶち お まへ さ だん た ひ* へ た い ねづみ r% 5 ちまく あか を どこ 

が 込 入て 來 たら モウ 何も彼も 打 まけて 卿に 相談す るが、 卿 だッて 唯の 鼠 ぢゃァ 無し、 內慕を 明され て 男 

たの ひ ひど はだぬ. & ほね をつ あら もつ ど S ま い は わし たまへ ほね ぬ を い ズ ゆん 

k 賴 まれた 日に ゃァ 一 肌 股で 骨 を 折て くれる で 有う が、 尤も S く 往ば余 だッて 卿の 骨 ハ盜ま 無から 何で 

せ ゆ もら を い おかみ そのこ 50 がら きか さき い ち はや しめ さに 

も 成就 させて 貰 はねば 成らぬ ョ、 € 云へば 女將の 4^ たぬ $: 其 要餵を 聞ぬ 先から 逸早く も 『n イジ 締た錢 

まう け K をし さ 50 しきり ゑ が ほ つく ねこ をで, I- ゑ ほか さま & ねんら いな ひいき ズずっ ゐ 

儲の 話題』 ださ 覺,^ て頻に 笑顔 を 作み 猫撫懿 をして 『ジ リャ ァ外樣 でも 無し、 年 來御最 負に 成て 居ます 

あ k びた な 上う aU ざ の や ^T- ほね を y その/. J 上 5 たつ たづ 

る 貴君の 御用で 御 坐- >ま す もの 何樣 にも 骨お 折ます が、 ^ テ其 御用,.. -仰 しゃ. y ますの n』s 尋ねた- 4- チ 

そのよう い ほか & じつ か 5 この あ ひだ こ、 の £ 'ち き: y づか きくが は たび /(、よりあつ さ、. T だん を こん", -む いら 

ァ其用 さ 云 ふの n 外で も 無い、 實ハ斯 だ、 此間ッ から 此 家で 桐 « や 菊 川^ 度 i 集會て 相談の 末が 此度余 

たち もく IC ん ゐ お ほが ねま 5 け さんだん つけ ものうん il5 ひ だ きんしゅ い その きんしゅ し い 

等が 設計で 居る 大金 儲の 算段 を附る は 其 運動費 を 出す 金 まが 入る の ョ、 y コ デ其 金主に 仕 やう S 云 ふ 

を ど. * ひのばん わし きり づか まつ ゐ ざ 5J き ひつばつ き をな ヅ ちろ つら を どこ あの こもんたり ケろひ 5 へ 

のが 一 昨晚 余が 桐 球 や 极井さ 一 座の 時に 驟 引て 來 たァノ 生白 S 面の 漢ョ …… タウく 彼 小紋 織 S の 上に 

くろ いちらく K わり き ゐ わか ケぅ あいつ は ダびゐ わ い かねもち ヒ ころ あいつ $s ひき- * ど 3- こむ 

黑の 一 樂の 羽織 を 着て 居た 若惽が もれで、 彼奴が 花 井 和 三郞^ 云 ふ 金 持お ァな、 所で 彼奴 を 旨く 5? 摺込 

>J かく き いつ やつ いつび き だ おい だ らく よつ この あ ひだ き。 づか さう だん くわげ つ 

は ハ 兎 角 も氣に 入た 奴 40 1 疋 抱かせて 置て 墮落を させねば 成らぬ に 由て、 此問も 桐 嫁 さ 相談して 花 月 



かい わよ にん よん その を か こ しゃけき ち ぶり こ を こぶ へ ん ,ゥで 上.. J ゐ しき もちかけ どこ 1っ 

の 一 一階で 凡そ 七 八 人 も 呼で 其 中には 小 あ ぢ維吉 かたら 鯽子 なき 頗る 評判の 腕 好が 居て 頻りに 持掛た 所 

き やつ S ゆん しりな み し の を それ よく ふっこん だんん、 さぐ み •> か をけ つ 〇 

が、 彼奴 何お か 後退お 仕て 乘らぬ 樣子ョ :.:• 夫から か 慾に 吹 込で 段 i ど 探らせて 見る^ 鹿 介の 內の 小し 

き i あ あれ し いこ ど この ま. S ぎ ばん ,5, つ あのち. S こ 

やまに 氣か 有って 彼 を ジケ 仕た S さ 云 ふ 事 さ 『ムッ 此ニ枚 着から ャット 1 本 成 4^ 彼 小さい 妓をチ 『; S 

それ あの こ ね ゆ f そ こ わ ほ 上し もつ ど あのし か をけ $( 

ゥ ョ 夫で 彼妓 C 十四で 根ッ から あ.^ け 無い 樣 だが 其 所 ハ^ うだらう 『于ゾ ノ大 好サ、 尤も 彼 鹿 介が 中 i 

上く ばり かけあ からだ よな み. つちげ #4^ み い から ビ よ,.: J 

の 慾 張です から 憑 含 ッ. K らマ ダ月經 も 来れす 破瓜 も濟 ません から € 云; S ませう ョ 『月經 はま だ來れ まい 

みづ あげ をん お ほ をみ こど わたし きい しつ ばかり あせが は ふたり にん たし 

が 破瓜 ハ モウ 清 だら うが 『大濟 の 事で H すョ、 私が 聞て 知て るの! & でも 汗 川で 二人み さ やで 三人 $: 健 

上し/、 つま どころ ばん.. (- これ くら. S. ゆび ほんだ けだ ゑん い こど だ 

k わ 6 ます もの 『宜 j、 詰る 所が 萬-^ で 是位も (ト指 を 五本 出した る $: 蓋し 五圓^ 云 ふ 事なる べし) 出 

お ほせう どうな せん おん じ はつ もつ つも り は i& ゐ く せ 5 くわん rj どころ あのが き 

したら, K 上等 御前 御の字 だら うが、 けれ さ 初物の 積で 花 井に 噴 はせ て賞翫 させる^ 仕た 所で、 彼 小妓の 

ぐ あ ひ * ゆや こどで き I だん を あ な たい やき ま は 

腕 ヒゃァ 工合よ く緣 なす 事が 出來 ぬのに 困ゥ たな ァ 『ハ 、ゝ、 、ァ 旦那-貴君 も大 をう 燒が廻 As ました 

ね ほやが -i^s- あか た. ひ あの こ *x で き おそれい そ、 ウベつ せつ いう せん やが を V こ 

ねュ、 大矢鉼に赤ぃ帶でも彼奴の腕さ來ちゃァ恐入ったものです^-、 惣別 乙の 節の 友? S ゃ矢鉼 にや ァ小 

もんちり めん みん へ. &こ 5 5 5 お あの こ また べつだん わ ほ 5 で で せんげつ おきやく つれ むか ふ.. しま 

紋 縮緬が 皆な 閉口して 居る 中に も 彼 小し やま は 叉 別段の 大腕 まへ、 . ^に 先月 も ある 御 客に 連ら れて 向島 

いつ その きゃく ふざけ る せん ゆびわ いは わ ど もれ こちら かへ き 

k 往て 其. JH 各 さ 遊戯て 居る 中に 十錢 ばか. *y の ァ ル 一-一 の 指輪お わ^さ 池に 落させて 失から 此 家へ 歸っ て來 

その きやく を は e- て 5 てんぜう だ 5 しんじゅ はい ゐ たか ぼ sy きん ^-びゎ 

てから 其お 容 くるめて とうく 尾 張 町の 夭 賞 堂で £sf の 入って 居る 高 彫の ゴ I ,^ (金) の 指 輸を廿 三 

ゑん かつ. もら て ぎ は も/ J f .s 、、ウ で じつ ころせ いお そ 

ffl で S て 貰った 手際なん^ ァ 凄い 樣で したせ 『へ f ュ もんな 好 腕 かチ、 實に 後生 恐るべし:?; I なァ、 ジャ 

ちま はみ ゐ むく ^Js- たらこ どで き あん わたし 5 しろ つけ ^ £ 

ァ旨く 花 井の 椋鳥 を蕩 かす 事 ハ 出來 るお らう 子 『か 案 卜な さいます な、 私が 後 を附て 居さ S す. ゃァ御 

® 稱紳. H 1 七 - 



ほ稱 紳士 I- 】t< 

ち. 25> ん!; fj ほ にんげ 5 まほ み だん を ざよく.. J,T ぎ ゑん まか 

注文 通ゥに 人形 を 廻して 見せます ョ、 ダが 旦那、 玉 祝儀 は五圓 すけの 外で ュすョ 

*1ラ< めっき ほげ か. - 

〇 第 十回 電 镀 の 剝懋ゥ 

か f つき を かきり づか はをゐ い . わかもの おも. J ろお かし もてはや げいしゃ あてが もん . 》i -ん ね は を 、こ 

期 樣に月 岡 桐 稼 C 花 井 ざ W へる 若漢を 面白 可 笑く 持 離して 蘑妓を 宛 行 ひ三圓 まへ 五圓 まへの 骨牌で 少し 

きみ ど あそ たはむ こんたん くらぶ かんて 5 し 2>ぎ たて かへ い る ん 

づ、勝を取らせ4^^_^して遊び戯れさせたれパ混膽鞍部の勘定ばか,0でも御贶儀の立替を入れバ一 一 百圓に 

ちか しめだか i&s- ねかみ たづ ひ だ たか. やま ん しんだい い は を 

近 S グ高 『コ リャ、 さう 成ます る』 さ 女 將か尋 ぬれ バ 『十 シ ノ飛驊 の 高山で 一 一 百 萬圓の 身代 さ 云 はる、 花 

ろ ふ ん あん かんで 5 たう にん だ いま し ほん ま は く わし み & はら 

井の 富 眼 だもの、 案じな さんな、 そんな 勘定 は當 人に 出させす さも 今に 資本、 が 廻って 來れパ 余が 皆拂ゥ 

やり ふた リ た ほろ けち ひ ?て く、. T. ち 5 でんき てつだろ で、 ゥ だん/、 こ つい た-,, -き よく はら きくが は -Is せん 

て 遣ます』 さ兩 人の 大受 合、 © かの 空中 電氣鏺 道の 一 條の 段- -に 運びが 附て、 當 局の 方 は 翁 川の 周旋で 

しょめん で $ きょか を い やく; y く ほ i, まビ またぎ ゐん は 5 まつ: g ま をづる じんりょく ら のぎ 1$ ん 

書面 さへ 出れ、 r 直に 許可に 成る さ 云 ふ 約束が 粗- ^纏ま. o、 X 擬院 の方ハ 秘井眞 鶴の 盡 力で 其 擬案ハ ズテ 

ど ほ こど ひ みつ 、りち あは でき かゝ むね ど めんく つき を かき づか きくが はまつ ゐ い をづま く は つ 

リ,. J 通る 事に 秘密の 打合せ も 出 來掛ゥ たれ バ、 宗徒の 面々 は ハ 月 岡 桐 塚 菊 川裰并 をれ に 稻妻を 加 へ て 都 

J^. 'K^ J れん.^ . ふよく は ^5>ゐ , しょち こ さいせ 5 しょ ^,パ:ん かりい 、ゥ ん; う ひ さ ss- つ ひ ま は さ 5 めいしゃ つの 

合 五 人の 連 印で 愈 i 花 井 か 所持の 公債 疲書十 萬 圓を借 入れ をれ を 運動費 ゃ釗立 費に 廻して 同盟 者 を 募る 

い 1* 、 1 だユ t-J; k - よつ をのけ いやく やに つい はふ y つか ゐ f らい ため ふつが ふ この 

^云 ふ 一 段に 進みた, 00 依て 其 契約 や 何 か;^ 附て 法律家 か 居なくて ハ將來 の爲に 不都合な 6 さあ CN て此 

• J ^^-) - * に,^ > ^か ほ 1 にせ 5 しんし を かま さくら だたん さく むか か は -ゐ i tf 

日 n 右の 五 人の 外に 兼て 僞稱 紳士 仲 黨の櫻 田 丹 作 を も迎へ て 彼の 花 井, が來 るを俟 受けた.. CS 

f*52r i,」 、ゥ じつ じ ぶん こんい こうげ ふか や is? みそ ろく い がくし !> ごう ど、,' きた やくそく を は 

花 井 n 當日 7M 、自分 か 懇意の 工業 家 柳 三十 六 € 云 へる 學士を 同道して 求るべし さの 約束な. CS けれ パ即ら 

U^H . ヽ k たん" ら、; L 、ゆ ゆ みぎ にん めんく わい しか KI さくら だ み f i 

打合せの-お 限に 魂膽 鞍部へ 來, o て 右の 五 人に 面會 した, oo 然るに 花 井 ハ櫻田 を 見る よ. 思 は卞ハ ッ芑驚 

,や- 2V い K ザつ ま • や 1. ザ? TJ あつ これ む. L こ ?づ こ、 ろ おさ 

きたる 檨子、 また 稻妻も 柳.^ 逢て 『是 n』 さ 胸に ぎッ く. 仕た る 體 な. しか^も 何れも 心 k ツカ^ 収 



たが ひ いろ あら じ こ あいさつ のち や JJbil.J せき はら < ソチチ くち ly f でんせつく 

めて 互 k 色に も顯は さす 時候の 挨援 も濟で 後に。 柳 ハ ュ へ ゾ さ咳拂 ひなし 汗 巾に て 口の 周 を 拭 ひ 演說ロ 

てう ざ t 力 さて く : "い あ, い き て S ほういう は S くん こんど く 》T ち、 つ でんき てつ-たう でめ fth くん も,.. J め 

調に て 一 座に 向; S 『扨 僕の 敬爱 すべき 貴重なる 朋友 花 井 君 は 今度い よく. S 中 電氣鐡 道の^に 諸君の 需 

f ま さしむ ん しほん £ よ. ゥ だて こど たよ よ やく .し その てつだ 5 でんき さ よう く. ゥ 

は應 卜て 先づ差 向き 十 萬圓の 資本お 御用達 申す 事に 凡 を 豫約を 仕た が、 其鐵 道が きッ. さ 電氣の 作用で S 

f じ ざい ひ け 5 あら いか、 い かんてい f し くれ i い らい ^$ くん こ ビぅ はん この.;,! せき 

中 を 自在に 飛行す るで 有う か 如何 をの 鑑定 を 僕に 仕て 吳 S さの 御 依颜で 即ち 花 井 君で.; 御 同伴して 此銜席 

? ごる さんつ かまつ し だい & ざ しゅい の を は それ せつめい きい 5 へ き 1 いま 

へ推參 仕 つたる 次第で 御 坐る』 クヒ 趣意 を 述べ 畢ゥて 夫よ ゥ說明 を 聞た る 上に て 『ハ 、 ァ 貴君が 今で ハ 

い をづ まき さく. し たつ た かた しか 5 か ビ ま この ゑ づ めん でん. しんぶ しら 5 へ ひど を. -ゥ た- sas- パ,. Tf 

稻妻 奇策 氏.^ 仰し やる 御 方です か、 然 らば 伺; S 卞さ うが、 先づ 此鎗圖 面で ハ 電信柱の 上に 一條の 大箫 • 

わた か り 、-.」 ざ これ くるま ま は , i& る ほビき せつ 、..」 ど このし よめん つめ、,' し あり 

を 渡した W で 御 坐る が、 是で ti うして 車が 嫋ゥ ます 于 成程 食說の 如く 此 書面に TPIK 明が 仕て 有 

ゆく • ほく いか is く でんき こど せんもん ザ ばら き せつ したが でんお そ,.: J じ i.- ぶん 

す, 僕 も 一 讀 いたしました …… 何にも 僕 ハ電氣 の 事ハ專 門で 無 S から 暫く 貴說 i:- 從 つて 電池 も 失で 充分 

これ だい くるま ま は ノ その, y べんめい t ろ $ど L i ぶつり 

な, で J しても, 是ぢゃ 第 一 に 車 ハ廻ゥ ます ま いが …… 否々 其 御 辯明ハ 素人なら S さ 知らす、 少しく 物理 

ま を き かい だ 5 リ し もの せう ふく で き たど ひ でんき くるま さち, S- ん など ま は XI ころ その でんき せ $ 

を學び 器械の 道理 を 知った 者 ハ 承服が 出來な S チ …… 縱 令電氣 で車ハ 注文の 如く 廻った 所で 其 電氣ハ 蒸 

き" だいよ 5 L その <る ま たもみ かる V? で き これ だ くる Ja たもみ ひど を.; り 

家の 代用 ハ 仕ても 其 車の 重量 を輕 くす る 用 ハ出來 ません ぜ …; サァ きうして 是丈 けの 車の 袁量を 一 線の 

うへ のせ こど で き それ s- ほた これ け でんき いか さ もつ i 

上 に乘る 事が 出来ます か、 夫 を 承 ま はらう …… ハ 、 、 ァ是ハ 怪しから ぬ、 電氣が 如何なる 作用 を 以て 水 

もかス /じど く 5 き かる ズ ザつ くるま つ この; Vj くわん で き このま、 もれ で き この や > ^お」 み V に ろく 

素 瓦斯の 如く 空氣ょ ゥ輕く 成て 車 を 釣る と が 此機關 で出來 す于 …… 此 儘で 夫が 出 求るなら 此柳 三十 六 

パび . ^け をの だ、 つ y 5 けた たゝ みか たづ 

か 首 を 賭ても 其 道理 を 承 ま はらう』 さ蠱 掛けて 質ね た, 

50 ん ど. J ろ ふ さい だんばん 

〇 第 十 一 回 頓だ 所で 負債の 談判 

^ 稱 紳士 1 九 



® 稱 紳士 二 o 

でんき だい r-. ん せい い を. つま め たま しろ くろ べん い か や K かざみ そ ろく てき f ん も 

電氣大 先生の 稻 妻が S くら 目の玉.^ 白く 黑 くして 辩卜 たれば, ヒて爭 でか 柳 三十 六に 敵し 得べき、 專 門の 

でんき がく もどよ q もこぶ あや うへ き かいがく き ... 5 いっか 5 ふ つ- f いや, T- りうが くなる ねん めんぺき ねん し. げ 5 C, つ まつ fj 

電氣學 が 原 來颇る 怪し S 上に 器械 學^ 來て tt 1 向 不通 もれに 西洋 留學滿 十 年 面壁 九 年の^ ー仃^ 云た ハ全 

i ゎづ ねん まへ や k ャぎ をに は: Sj か.^ ざ: れう どつ fw. かん f> ゆつ せき し がく か 5 そりい. つ しゃく て ,,T もん 

く 嘘で 僅か 三年 前まで n 柳が 何程 かの 講座 料 を 取て 一 週間に 一 一度 ダ、 出席した る私學 校で 其講釋 を聽聞 

ゐ を 50 こ たお ま K- ん つめ &ん を へい f さ をが わん ま き はだ ズゅ, J など 

して 居た 漢だ もの, 忽ちに。 ヒ シ./ \クヒ 論 卜 詰られて i 言 も 無く 閉口な し恰ら 閻魔が 黄 柏 を甞 たる 如き ® 

いろ し や つき を かその た ひど-; =\- むか さてし よくん £ ほっき く i,: おちで, C き てつだう ,,_b る けつ こ 5 ち 3 

色 を 仕た. け ゥ。 抑: SIT 岡 其 他の 人- 向 ひて 『扨 諸君が 御發 起の S 中 電氣鐡 道 は 成 ほ^ 結搆 では 荷 ま 

そのこ 5 じ $ へ た t いま きゝ ど ほ らくい で き か "J く^か G- よつ さや 5 じ ム 

せう か、 其 工事の 上が 只今 も; -聽の 通ゥ落 意の 出 來ぬ廉 .-計 であ, まする に て左樣 なる 事 * に 巨 萬の 

. ^、ゆつ いた こど をに ぶんやせ い 一. おい は,^.ゐ くん ミ わ は まる や せい せったい てき まんて ハ たど £ ヒ, ゥ にん ご 

支出 を 致す 事 は 何分 野生に 於て ハ花井 君に 働む る 譯に參 うません 野生 は絕對 的の 反^で 假 ひ御當 人が が 

ほうい. りせ 5 しんぎ がくもん せら どくざ もつ これ いさめ よ れう 于ん -ひ J a きね き 

さう さ 申されても 朋友 上の 信義 さ學問 上の 德義を £^ て 是を諫 て 止させる 了 f で ます』 ,ヒ^に 衣 着せて 

のべ まんざ しら どき た ゆ 5!_>ん ビこ £ど ありさま 

述たゥ ければ、 滿座 白けて 時なら ぬ 修禪の 床の 如き 景况 な. 

{^-r ら-た 吹 1 リか み は^ゐ むか «| その, y いかい どき く 5 ち; C んき 

&田ハ もはや 堪 兼ねた, さ 見えて 花 井に 向 ひ 『ャ "花 井さん 其後ハ 如何で >1 すな、 時に S 中 電氣錢 道 は 

t". ハ s,"".?" » ,、 f る ュ ビ乂ろ 、 もくて ほ たこ ー& ち ひ をつ きみ ん こ, うさい く 3, だ 

工事 上に 議論 かあるなら 有さ 仕た 所て, モ シ 目的 通う に 行 はる,、^ 相 成たら 君 は 十 萬圓の 公債 を 繰 出す 

に 逢 あ, リま すまい チ』 .^f ど 押せば C 花 井 n 胸に ぎッ く. oft たれ ^人の, がる I 齢の 壤船さ 度 ^ を撤て 『ソ 

リャ 俊で」 極ったら 何 g でも 出します 積 <,サ で、 ァ: ii^i です か。 i に glk^ それ が^く n な 

ら 先月 中 僕が 依 賴を受 た 負債の 口へ 其 金 お向けて 君ァ ノ 廣務. ^結 r.^ して iifcs たい チ、 十 萬 ■ のが に 51 

み ゎづか その はん-, V- みた ふ さ 5, を い ら、, ? 1 や ま5 じ -.. i, . 、 , 

ベて 見れば 僅に 其 半額に 滿^ る 僅 债でハ g| いか、 俊赖 者の かで tt 示き で まかす は^く 船 i してぎ; まの 



かりさした さへ し くれ ほく しげ./ く あか しゝ お ちさい .SW きみ また をく や、 ゥ マの よつ こん こち 

假差押 を 仕て 吳 僕に 繁 i 追って 來る けれき、 赤螺 氏が 沖 裁に 入て 君 も 亦泣樣 にして 賴ひは 由て 今日 

つ を ゆる たい ; a ちづ 5 みち ある きく うよ つか たも がけ どころ さくら.. こ ま >J- りっか 

まで は 綱 AJ 寬 めて 置た が、 融通の 道が 有. 聞から は摺 豫は仕 つらぬ、 さ 思; S 掛 ない 所で 櫻 田が 法律家た 

わ いげ ふ ひ にくき は かけあ ひだんばん はをゐ わくんい ひ だ たかや ま だいく. じん しんし, つ ,1^5 みつ 

る 養 業の 皮肉 究 まる S 合 談判 『ャ ァ花井 和 三. 郎君, ヒ云 ふの C 飛驊の 高山の 大-- 盡で信 州に も 銀行が 有て 

ゑんい せ 5 f: ん だい き G- づ かくん い ま いま な, iQ て., な 5, 一 ころ その だい,/ \ じん ざいさん A さくら だく i ちフ 

百萬圓 £5 上の 身代お ざ 桐 塚 君が 今の 今まで 吹聽 したで 無い か 所が 其 大-^ 盡の大 財産家が 櫻 田 君に 逢て あ 

だん W にん 、り をん いひ わけ L る どころ み ゑん こ-つ さ、,, だ い う 七 あつ 

の 談ぁを 受け 何だか グ ズ 分疏を 仕て 居る 所 を 見れば 『十 萬圓の S 債 を 出さう^ 云った は 噓で有 の 

ぼく たしか を どこ ざいさん あつ L ゐ ひつ こん やつ く は もの せ、 r-. しんこ 

か 『サァ 僕 は 俊に わの 漠の 財產が 有た のお 知 CV て 居る から !^;ばゥ 込 だが 『矢ば ウ^せ 物の 僞稱 紳士で あ 

いま 5 ま めぬ ビ れんお 5 きつね つま AiJ ど あ り さま 

つたの か于』 ^今 馬の 眼を拔 かう^ 云 ふ 連中 も 狐に 撮まれた る 如き 戕 勢な. 

卞 i けの か は あら お * & み かた 

〇 窮 十二 回 化 皮が 顯 はれて B 卜 味方 

ズ ずいじ や 、つ きい み .V- れ もつ ど そ も • く は ゐ わ い i. つか い ビほ ひ だ たかや ま ヒんケ ビ いく たま 

內情 を聽て 見る さ 夫 も 尤も、 この 花弁 和 三郞ざ 云へ るハ桐 « が 云 ふ 通う 飛驊の 高山で 先 組 代..^ のん 

. ^ねも ち るん い f しんだい いま られ ちが ひ を おや だい か をし かいく わぶんめ い はやり かせ か,, レ *i ろ その しん.. こい 

金持百萬圓£:^上の身;^で今でも夫.^違ハ無ぃが、 親の代で 悲 S かな 開化 支 明の 琉行 風に 威 in して 其 身代. 

えし, つ いまわ *5>っ ls£ さてに ほん ふ, つ is. き S^T ひ らちく ち tS> せ. ゥ 55:i5- をづ 

に 虫か附 き、 今の 和 三郞に 成てから ハ 何が. W 日本風の 商 內ハ博 口が 無 S 商賣さ < る けらる、 もの ハァゾ 十 

^^s- ,に- あ がく か.,, 'り 5 た ほ t;; さ、 まべ、 ゥ はふ け が もど くわ >r ざんせい ざう をん や わきし を せ .ゥ ばい こど ど J- こ 

物で ハ 有ません^ 學校 S の大牛 利 生兵法が 怪我の 因で 鑛山 製造 南洋 貿易 支那 商寶, ヒ する 事み な 滯ほゥ な 

だいしつ ばい . は 1 は、 ゥか、 つ か くる まぎ ど、,' け- ラし ゆって う ふる か は みづな わ たどへ & ど いま もつ こ .5 

く 夭 失敗、 コリ ャ堪ら ぬ^ 方向 を變へ 苦し さ 粉れ の 東京 出張、 ^かし 古川に 水絕 すの « の 如く 今 て 公 

ジぃ 4 むけん ち ん:^ A いま た, ん を まへ ん みい々 わい いづ *§s かきいれて いたら ゑら ひみげ み 

債 株券 地所 山林 未だ 當 人の 名前で ある ものが 百 萬 圓內外 なれ^も、 何れも 餘 さす 書 入 抵當、 洗 -1 て 見た 

り さしひき のこ む いおぶ つ み JTj せ. ゥ しんし い むし れ、, ら>^ > んし い は 5 てきた 5 た 5» こんにち 

日に njlik 引殘 6 無 一物 ダ _K 見れば 僞稱 紳士 さ 云 はんよ. 寧 K\ 零落 紳士 さ 云 ふ 方が 適當 ならん、 但し 今日 

餛稱 紳士 二 1 

蠻" S 

ぐ:,",: れノ , -ゝ? I 



® 稱輙士 ニニ ■ 

れき, '; -ん L その.. T. ち! W く かけ み は, ^5 ゐ ろゐ た f7 

の歷. ^紳士 も 其 内幕 を 明て 見たら 花 井の 類が 多數 なるべし 

はえけ & か 5 やけ い t ん si ざ ぶ どん s へ あ <>ら き &づか ぶ." £ ら 5 

花 井 も モケ斯 なったら 燒だざ K ふ 風で 遠慮なく 座 蒲團の 上に 踞 座お かいて 『マ ァ桐 潔さん 考, へ て も御覽 

ま^ かね だれ 5 い こど だ やつ ある きみ い 、どし それく らゐ め まし き、 

じろ «辆 にある 金なら 誰が n ゾナ 浮た 事に 出す 奴が 有 もの かチ、 君お ッても 好 年 をして 夫 位の 目 * ハ利 

こみ- if パる ろ ん ま くお さが ゐ どころ きみ もちこん き く 5 ち. r てつだら ^つ 

さうな も s- さチ、 此方 も 苦し S 所から 何 ど 旨い ロハ さ搜 して 居る 所に 君が 持 込で 來た S 中鐡 道、 かう 成 

うや み こみお が くたびれ ま 5 は ほね を y ケん けつ ちいべ さけ だ ,.」 v» と 5 

てハ御 同檨に 見込 逢; 3 で 草 臥 儲の 骨折 損サ、 决 して 愚痴 を 云 ふ 可から すョ、 マ ァ» でも 出して 御邕 し 

^ 、 だ 一ち からだ , び. や 5 き み ?f ズ%ん はか たま, れ から たま かみ 

玉へ、 クョく する^ 大事な 身體か 病氣 になる せ』 さ クブ^ 見せた る 椋鳥 ハ何ど 量らん 九措祜 しの JWT 

] こいつ わら べんてん こ f どん を もの ひっか ゝ くい およ このぶ し ぎ 

もの 『ィャ 此奴 ハ 酷い 辨 1K 小僧お 飛で も 無い 者に 一 ^憑った』 さ悔て 及ばぬ 此 場の 仕宜 . 

ま 力 *^ 卞 あや 、り はし わた しらは 1^.か f せいち かせ かい およ ゐ じんぶつ さいさん だま 

核 井 ハ 流石に 危 S 橋 を 渡って 白 の 中の 欉 なる 政治家 世界 を游 S で 居る 人物 だけ わって 最前から 默 つて 

がんお , • , >f こで 5 つ n- め 5 いまこ、 は ズ% ゐ くん や をぎ くん れ 5 し わ この じ ; h ふ いよ /(\ もの Jib つ き 

傍觀 した.^ け かる 橫手を 打て 『ィャ 妙 だく 今 鼓に 花 井 君 さ 柳 君の 兩氏 お得て 此 事業が 愈 2 物に 成て 來 

わざ は ひ てん さい は ひ い こゝ は を& くん や 5 を こ ふ さ 1 しり わ 、ク 

たせ、 禍を轉 じて 福で J する £ 云 ふの n 即ち 此だ、 ^vれを花井君の樣.^何も負廣の尻を割られた<w云て;^ 

& 力-ごて?^ .f る る または をる くん かひ かぶ いつ き y づか くん つき を かくん £ど き S ぶら ズ% ふ だん 

ゥ 俄に 捨鉢に 成 こさ も 有まい、 叉 花 井 君 を i 貝 冠った さ 云て 桐 « 君 や 月 岡 君の 如く 急 腹に 成る の も 年生の 

や . ,r^, 、 1 ハ" はか > ぼく かんが きり. つか くん は ゐ <ん いせう し くら ゐ せ チん : を 

智者に 化合 はぬ 淺 慮。 ジ n で 僕が 考へ るに n 桐 塚 君で さへ 花 井 君の 內證を 知らぬ 位 だから 世間で n 恐ら 

上つ さくら だくん さんわん y つ たくび だ ベ たかや ま だいし まん か な&ゐ さ こ 

く 未た 誰も 知るまい に 由て 櫻 田 君 も 三猿 琉で暖 にも 出す 可から す ド コ まで も 高山の 火資: ^家のお 井で 船 

: : > A^/^^^ 2^ ひ > た!^ かんばん さいせう たど あが たてま また や ズ% ぎくん り くつ いつ ぶちこ わし き 

て 置て 他の 金 方お 弓 寄る 大 看板の 最丄园 に 崇め 奉 つるさ、 叉 柳 君 も 理屈 を 言て 打 毀 をせ すに モ y ッさ器 

^ny(r^^^ . s^l , だ^ はつめい お s! たいこ 5 お $ ひ まも < せ けん しんよ 5 

械の 工夫 を附て コリャ だ大發 明: ^^大太鼓 を 打 鳴らす サ、 サァ さう 成た 日^ ハ si 世間が 信用して 



たちまち ほんど. つ >i か し ほんか ちら K < つま どこ ろ /- る ま ま は せんろ まが こっち ま 5 け こ 5 

忽 に 本統の 馬鹿 資本家が 顯 れて來 るタ。 詰る 所が 車が 廻る ま S か 線路が 曲ら うが 此方の 儲 ハジ ゾナェ 



じ かゝ *■ ち ビ りあげ あど たかみ けんぶつ? ^.r て-, 5 しょくん £ ざ い み 

事に 掛らぬ 中に 取 上て 後 は 高見で 見物 傍聽、 十ゾ ト 諸君 クウで n 御 坐らぬ か』 さ 云 はれて 見れば 御尤^ 

た J- ち いちみ さ 5 だん ど、 の しゅくはい れんお. f くち 

直に 一 咏の 相談が 整って 『タレ ぢゃァ 祝 否く、 サァ S つもの 連中に 口 を掛て やれ …… ム、 さう か、 モ 

したき ゐ はや でく 上い 

ゥ 下に 求て 居た のか 早く 出て 求れば 宜 のに …… 

ふ 50 くぎ しんし ほんせ- .7 

〇 第 十三 回 不德義 は 即ち 紳士の 本性 

か おおが ひ #,> せ 5 し きひ み わ もど むだ さた そろ しの だ きつねば け あら 

サ ァ 期う 撫 互に 素性が 知れて 來た 日に や ァ厳飾 は 素よう 無駄な 沙汰 S づれも 揃った 信 田の 狐化顯 はして 

5 ちまく ば ^5, は をし を いつば. & い つばい あ ひ て お 上つ 50 ふたくみ し なく ほっこう たかみ き かい かし 

內慕咄 し 『咄 が濟ん だら ド レ 一 杯 『をの 一 杯の 合の手に 一 寸 一 ー祖 『至極 結構 『ォ ィ 女將、 器械 を 貸て く 



てつだ 5 き かい あ g ,ゲの は 5 きかい い つ どこ わき ちぶく ろ を か ,, —: .— , — 

れんか 『鐵 道の 器械 は 有ません が 其方の 器械なら 何時でも (ト床 脇の 地袋の 中から ffi 出した る は 一 ッの 

おや =vi,J さしぶ た i.. ら ばんこ のせ ころ はこ ォザ か かみがた ふだ くろちゃ ふたいろ & いし かへ々 わん のこ リ しるし しっか. S そろ 

茶箱、 指 蓋の 裏が 番 子の 乘 所で 箱の 中には 上方 牌が 黑 茶の 二色、 棋石 やら 替環 わさ 殘の 印まで 悉晋 揃つ 

ひど ふ f づく し を 1せ おかみ ひらし や しろが <<b きん 5 ら つけ S を わた いけ しゃく & 、ん kiSt ふ どん どり 

て 一 ッも 不足の 品 は 無し。 女 將は緋 羅紗に 白金 巾の 裏 を ffi て 薄く 綿 を 入た る 方 二 尺五寸 W.O の 蒲圑を 取 

だ ひろ ふだ あらた ゐ き 3- づか むか その ふだ い け あた もつ き 

出して 廣げ ながら 牌 を 改めて 居た る 桐 a に對 ひて 『モ ;^其脾が可なけ.c^ゃァ新らsしのを持て來ませぅ 

もろ <5^>5- 



はう ぃゝ しか おかみ たい き かい そろ 

か 『ム 、成なら 新札の 方が 宜チ、 併し 女將、 大 をう 器械が よく 揃 CN てる チ 『サァ S 中 電氣鐡 道の 器械 は 

ち *^ た は. ゥ このは 5 き かい この 50 ほ しんし £ しふく わ. S で 5 みせ こんたん くらぶ & ざ 

尊公が たの 方で も 此方の 器械なら. S つても 此 通り を rJ は 紳士が た 御 集 會の定 店魂膽 鞍部で 御座います も 

おかみ はや それ ねんち 5 さんき ほくだ《^くゎ.sしゃ い かんち S をん ざ せいた 5 はい. J わる 

の 『ヨウ 女將 早い く、 夫 ぢゃァ 年中 山氣博 道會社 S 云 ふのお 『寒中 難儀 政 黨廢止 は < ^うだらう 『惡 

こ C つけ む s- ち々 ち きんき ふかんき 5 る ふだ この ビ _a わ みん を 

敌事附 の 無理 地口 だチ 『ジゾ 十 緊急 疳氣 …… 『コ レサ 匿 さい ョ、 サァ 牌は此 通り 割れた、 諸君が ズ ラサ 



櫥稱 紳士 



二三 



ほ稱 紳士 lllull ニ^ ml 

き て ろめん ざ つき にん まき ゝり ほく つき を かくん つぎ £ めん まつ ゐ くんか はつ たま 

さ 帷帳 面に 座に 着た まへ 『ハ 、ァ六 人で 卷 切だナ 『僕 は 月 岡 君の 次 は 御免 だ、 井 君 代て くれ 玉へ 『ナ 

、 つき を かくん れい さ ぼ り 5 み てん f でかけ つぎ 》,ヒ わ へい こ 5 

せ 『十 ゼ だって 月 岡 若 は 例の 投機 琉 でい ゥ でも 不見點 で 出掛る から 次に 座つ ちゃ ァ 閉口す る も の 

fty み わ ひ たにん い を こぶ ふ どくぎ き は しんし もの ほんせ う 

『ちゃ ァ君 tt 禍を 他人に 稼す る^ 云 ふの, たチ、 ハ、、 、 ァ颇る 不徳義 極まる せ、 紳士た る 者の 本性 ktt 

あや 5 しょげ ス い は を しんし ふ どくぎ まんせ う これ ろ ts- はふ フ 

有 得べ から^る 所業^ 云ね は 成らぬ 『才 ッ ト 紳士 だから 不德義 をす るの が 本性で 是を 論理 法で 言へば 『不 

u^s スナハ シン シ ホ リセ ゥ ,いわけ み まつ ゐ くん いま せつ ろんり あ よつ 

德義 ハ 即チ 紳士 ノ 本性 デ ァ :^』^ 云ふ譯 になる I- 、 シ テ 見れば 极井 君の 今の 說は 論理に 合 はぬ に 由て 『… 

r^£J ふ どくざ き は それ まる しんし L 上げ ふ い & かいせい また さくら だくん ろん 

頗る 不德義 極まる せ 夫で は 丸で 紳士の 所業^ 云 はねば 成らぬ』 ゥヒ 改正すべし だ 『; ;、 * 、x 櫻 田 君の 論 

y はふ 、じ 力, "しゃく はじ a く ろん s- はふ かう しゃく きくが はくん ふだ うへ けん ざ-ふろん lib が ,し t 

理法の 御講釋 が-初 まった せ 『デ モ 僕の 論理 法の 講釋 よ. 0, や ァ菊川 君の 膊の 上の 憲法 論の 長い;^ は 恐れる 

む だ くち き きり づ かくん おや ゐ じかん たく 、 

よ 『サァ 無駄口お 利かす さも 桐 稼 君が 三十 六で 親, た グズく して 居て は 時間が 後れる タイム ィズモ 11 1 

ビき か? 3 まい 

だ (時 は 金で ある) サァ 蒔た く 

乂 wr",f け^ A . , は *^ がっせん むしろ つら たれ < おぼしめ た 5 じ 50 うき やら どぶ どり おど に SW か 5 

此 車座 K 並んで 花 合戰の 座に 列な つたる は 誰 i な. か 思 召す 當時 乙の 東京で 飛鳥 も 落す と 云 ふ 流行 

し 、 そのじつ ぎ せ 5 まづ まっさき き づか *55 め せう はふ か つ つき を かぶ ざ. ゥ t げ ふか まつ 

の 紳士で (た.^ ひ其實 は僞稱 であらう が) 先眞 先に 桐 塚 甞太郞 (商法 家) 次に は 月 岡武藏 (事業家) 极 

ゐ ま*^>づる せいち 力 さくら だたん さく はふり つか きくが はこ どぶき か さいか は 5^5 ゐ わ ざいさんか にん くろら しゃ フ n タク コ I ト 

井 腐 鶴 (政治家) 櫻 田 丹 作 (法律家) 菊 川 壽 (交際家) 花 井 和三郞 (財産家) の 六 人。 黑 羅紗の 洋 服 

くろち リ めん K .^u. & せんせ、 ゥ ど う しんし せん み かけ このうへ つみ げ らう ほんせ う. たちまち あら 

ゃ黑 縮緬のお 羽織で 御前 上等の 紳士 然^ は 見せ 掛て も、 ィザ此 上に 成て 見る さ 下郎の 本性 忽 顯 はれ 

いづ た ほ ぁビら そこ ていがく れい 50 ほ ファイフ 上 ファイフ はん ki ん スモ, -ル や-ざ ス u-l.^ は 5 

て 何れも 大 胡座 『コ ゥ 其で 定額 は 『例の 通り 5 で宜 からう 『5 の 判 任 かチ、 小額 過る せ 『ィャ 小額の 方 

い、 ファイフ ぼん、 い、 つ フィ フチ— け が かる を ボックス み ばん 

か宜ょ a y ゥョ 5 なら,, HI 本 ft て も だから 怪我が 輕く ッて濟 ひから 予 『ジ コデ番 子に は 勝から 1 本ダ 



、上る さ 仕 やう か 『夫に も 及ぶまい せ』 S 異議が 出 si りたれば. > ぉ&は g てゝ 『1 く 二お づ、 は 

て ,ません I ァ, ますよ ••:: 、 十 J つ てき!! ず 1 flmsfff 1 ?、 

あ た、 ち わた W- £ し 5 ぎ ミ めく さ も s- このま. 5 A ォ あ. f ま ュゝ > _^.L..> r 

が 諸君の 方の 賞 與ゃ御 祝儀の 填铺に 成ます もの 『ィャ此かは掛ちゃァ^^>4、は^さ敏な 『、ノリ ャ ぴ 

ねんら. S し こ ゐ 

年來 仕込まれ て 居ます も の 

) f ' I か: t ゆ f まが だ かへ がん せい 

〇 第 十四 回 冠 か 曲- >出 した は替 環の 敌 

つき を か どけいだ み C ぶん ゆく 上う こ.^^ 、i C- 卜 じ たく 

月 岡 は 時鏝を 出して 見て 『ャ ァ もう 十 1 時 一 1 十分:? r 僕 は 用が あるから 是で ^暇お』 さ 逃 支度 をす る は 

^.^ , • , S どつ のうち 5, あた よつ さど £、 ろ つ. & ゆ 1*5 し 46 ん でう ビヮさ 5 ゆる 

續 けて 三ヅ 勝お 取て 囊 中が 暖^ まった るに 依て 里心が 附 たる 故^?! も 知られ たれ 何條 乙の 脱走 を 許さ 

まつる つき を か て おさ これ もお にげ まもく しんし しょ &ふ C ま A へ &ん 上 5 

んゃ极 井 は、 月 岡 か 手 を 押へ て 『是サ 勝 逃 をして は 益-^ 紳士の 所業になる せ、 今ッ から 歸ウて も 何の 用 

が 出 求る もの か予、 十二時まで 今 一 組 K 乂際 たまへ』 さ 留るは 是ど替 環 を 二度 續け だまに ぎって 二十が Is 

上 づゝ買 はせられ たる 大手 負. r 、をう だく 今 1 組 引たら I も 1 所に 鼠る から マァ たまへ、 をれ 

- „ *n > くが は これ. ね を て ぉひ5^-かま ひど S- »3 わら ひどく み 

たゥく 』 さ觀 むる 翁 川 は是も 同ド手 負 連中の 一 人な, Cf をれ ぢゃァ 泣ても 笑っても 一 組ぎ. ON だせ、 

そ 2 、 © く sssi プ 力へ ねん たよ 5C- しょ ヅ£ を あ: P き s- た そ-;" いつ まく MJJ 

夫で 僕 は 勝を縝 つても 歸 るせ 『 もぬ にや 及.^ べき、 ャァ 最初 鼻から 雨 桐 は 恐 入た、 の 所 は 二十 五 だが 

十 丹の 大惡 手、 實 k 微 (ト M がニッ ッを播 13 して 鰣を鲈 てぎ だ 太い 4^ の で) ずり利^^ぉに 

み , は を は め 50 つき ■ きび h; る こ ど 5 を くれ "ご 

も 見放され か脾 冥利 は盡 たの か…… 『n レサく もんな 氣 味の 惡 S 聲 AJ 出して 绅 つて まふ 46、 牌が 

びえ て些 さも 起き ゃァ 仕ない ョ、 をれ 見た まへ 君のお 蔭で ぉ臂を 仕た. ゃァ無 いか 



ど 力く ち つき を か は ズ% ゐ き 5 ん たお ま か は せう り は, &gS く の-.? ゥ ?L>.Hii If -i;-t"; Ef 画 画 " ミ,: S I 

兎角す る 中 月 岡 も 花弁 も氣蓮 忽ち, i ^交りて 勝利が 敗牝 さな ゥ囊 がの I な ■ いくらかのず; 5 ど^たれば T 

くみぎ リ いど 2 よ やく おのれ へん?' へ り たちつ •> r : 

a 限で A 暇の 豫約は 我方から 變替 して 尻 を 落 付け 『女 や モウ 十二時に まるが li ゃァ 1: し t が ド慰 

こっち た ほで き を a くもら It ま L 2^, , 

S 『此方 も 大出来お、 何 か 喰 はせ て 貰 はに ゃァ堪 らんせ 『ナン 11 仕 ませう チ、 gs^ も も モウ^が 

ますまい. ョ』 ナゾノ 其な 料理よ ,0 も 例の 通., 蘅麥 が!^ よ 『ム 、|£, なら II は ii< ん铲酽 だ 『^ら ァ • 献 i が I- 

よ 『大 さう 驕 込せ、 宜ク S でも りて 言て 遣ね- 『それ ナ から^ m 船 の^は W て!! ッし抛 ir か麟も 

-减て 居 やうせ 『ィャ 中 氣が附 やす チ、 歷が來 て 居る さ gii^ は あれお 『、ノゥサ!^っ^^^の-1^|なら- 

さィた 力 ゆうてん きめ くせ さくら! 51^ ちィ で.^ ^5r-'^ JLI^ 一 ^ * . 

小高の 祐 天 を 極る 解に 『櫻 田さん 小高の 祐天 さは 何の 事です チ .1 『ハ テサが 駅に もぎ:^。 は!! いよ、 g に 

も 噴 はせ すに 斷 食堂で gji から ョ 『ハ 、 、ァ 夫で も 此不蘄 さま は M 铒さ へ^る さ Irl でもお きい い 魔 を 

呑せ たがる せ 『ェ 、喧しい なァ 落て 居る 手 合 は 少し 靜に i して くれお まへ 『ォット!^^れた、 M^^^ 

やうせ、 ii が の纩八 P して 1% んの pir^ こ? r 冠 てるから 磨, が i いせ 『ャァ 

S いく ii の iis で; s£f r てるせ (ト Fi いてぎ) . 、;: き i で,, な 

『成程 胴 二が S 素で 親が 四 光; 『フ 、、ケ 衞で おが の^を i んで るんだ ナ 『酽はし 孤で 

は あ 度 ぢゃァ lis V Isf の 野の ぎ! 一 S ,ぞ ゃァ 5 あた ひ 日に は P て か g の 『ずして く, 

の 起しなん さァ 特に 成らぬ が、 齡し^ ッ も あ 6^ たね;; も あ.:, だ 『コ ゥ く始铲 な^が^ itti: つて 

, ^ 1 V 6 こ、 たにん やじ, Hi* くちだ で き どころ jsi れ I 

てく^い 『ヨシく 默 つて 居る ョ此は 他人の 彌次 馬が 口出しの 出来ない 所お 『余なら ァ 、する けれ^ 『g 



づカ その は を わざ 5 びき もみち は を へ t © さう ねき み 

球に ゃァ 其:^ れ業は 打てまい ョ 『ャァ 末が 紅葉に;^ れた、 下手な もの だな 『アツ 野が 上で 起お 『をれ 見 

こど っン; *± い くら : ざんねん まつ これ びき まん!^ うに ほん で たや まん ビ; y 

た 事 か 四 這 を 喰ったら う、 殘念 だな ァ 『待て くれ S 是で 末が 十二 本 胴 二が 三本の 出で 親が 十五 本の 取。 

たいへん、 . 'おれ > み む&" いし ね ほ ぎみ ちゃ つ き これ どんま ひか ま 

サァ 大變だ 余から 見..^ ゃァ向 ふの 石 か 多くな つて 勝が 怪しく 成て 來た、 是 だから 頓 間に HF れ ちゃ ァ, か 

めいわく どん 5 & どんま ビんま い この や らら このはげ あた 3 

か 迷惑 する ョ 『ナ 11 か 願 間だィ 『頓間 だから 頓間さ 云った が < ^うした 『ナ II 此野郞 め 『十 11 此秀 頭め 

ほんく わ を をり から つぎ ま #,ヒ で さき けんく わ はじ をん * & ゑ 

さ喧曄 k 成らう^ する 機會 k 次の間で にお 先 k 喧嘩、 がー 邳 まって 女の 泣聲 

力 か れ うめ 5 たち ま は 

〇 第 十五 回 借せ 借さぬ から 兩 猫の 鬪爭 

こ&た つぎ ま きゃく きゃく げ いしゃ げいしゃ みけ じ つき を か あ ひかた を は きり づか こ まつ ゐ 

此方の 次の間に は、 客が 客なら 藝 者も藝 者で、 三毛 次 (月 岡の 敵妓) なま 助 (桐 塚) 小 だる (秘 井) お 

はね さくら だ きくが は 乙 は j5 -ゐ ろく はん つくねん は を をら ゐ たつ や 

跳 (櫻 田) .^-きゃん (菊 川) 小し やま (花 井) の 六 人 o『n ゥ 悄然 さして 鼻 を 並べて 居る の も 乙夜 卜み て 

^^CN , に ュぺ. ち ち ひ ひ > _ みけ じ はつげん いつ ざ せん くわいい つち た ほさん せい おかみ 

面白く 無い か 此方 も 小さく li^ かう で 無 S か』^ 三毛 次が 發言 すれば、 何れも 一 座 * 會 一 致の. K 贊成、 女將 

き.^, いだ あげ I いく y ばんこ ふた あげ &ら 

は 『もれち ゃァ 器械 は 出して 上る が 極 4 は 幾ら だへ、 十 1 ニー かい、 二なら ば 番子は 二 ッづ、 上て 貰 はう 

だ,^ f ピ ほ 5 かけ ぬけめ を き 5 fw おしや 5 い で めいく やねや 

せ』 芑大 でも 小で も 取る 方に 掛 ては拔 目の 無 所の 押檨。 『サァ お出』 さ銘 -V かパ チ く さ 屋根屋 

て ま |> さいしょ さち を こ げ,^ ぎ よ よこ ざ くづ たてひざ をつ L せ S ひ こど 

の^間取蚊の呪。 最初の 中 は 少し は 儀 も 好かった が、 橫座ゥ が 額れ て 立 膝に 成て 終 は あらう 事 か 六 

はん にん, ま をし あは ? K ま. SSS をな まく あやし *S> が じゅばん お ほ あ々 ら で にげ 

人 か 六 人な から 申合せし 樣にニ 枚 着の 裰を グ,^ リさ 捲って 怪げ なる 長 鐳紳の 夭 胡 坐。 出た の、 逃た の、 

た ひこ M おほら.^々 ん - いろけ こみけ さむ ばか ふたくみ み くみよ くみ をつ はん た ほて おひ でき ,y の&か 

霜、 ST たの さ 夭亂軍 色氣も 戀氣も 画る w.<^o 二 紐が 三 紐 四祖さ 成て 二三 人の 大手 fi が出來 4^. 其 中で …… 

るん が 5 い このつ SS かんで 5 ちょつ どまへ みお. & あし 

『をん なに 院號を 云 はす さも 此 次に 勘定す るから 一 寸前 だけ 見て 置て .f^ くれよ 『フ ゥ足 にす るの かュ 『十 



@ ^ ^ ± . 二八 

y/^ *fj んっ 1- け かへ がん あんま .W んぎ ある それ ft- つ =H ろかし ,l^JTrT^r 

11 足に する の ぢゃァ 無い が 二番 續の替 環で 餘ゥ綠 起が 惡ィ から サ 『夫お や 矢^ 貸に す るんだ 于、 がつ 

て漸さ I 私て ffi た滕 だから 有》ら 出して か吳ょ 『マ ァ此. ^まで; - 待ョ、 本統 鹏か雜 た ョ、 『ハ ァ貌 ダ 

が 取 もの を 取らう S 云 ふの が吝 なら、 有て 出さ 無 S^H ふの tt® 吝の吝 のね 1^ だら うせ 『ナ - ^都お^ 

f いった 于 『ァ 、云った、 言たが^ うした、 此吝藝 者め 『ナ 1 一^ 吝 め、 断 P えて も^か 二 i や 三 K 

の 事で 人に 義理 を 欠 やうな 藝者 ぢゃァ 無い ョ、 人 を 見損なつ ちゃ ァ 往ない ョ 『がさうな S を f れな さんな、 

明治座 儉の 割前 を 出す せュ グダ- > 云て 二度 も 三度 も 箱屋に 足 を 運ばせお t せに 『4^ ひ.. J^tlla だ、 お 

見た 樣に往 來賃の 催促に 自分で 出掛て 往きゃ ア^ない ョ 『イツ な に!^ たィ 『11. なく ッて サ、 

だ ? _f^>w<>.^Ji JJ^ させ や $ お ひつば りこん をの よくあさ ど s- いつ を わた 

此間 も&の a の歸, -に田 舍餘を 佐 瀨屋の 內に引 張 込で 其 翌朝 取 往た ぢゃァ 無い か、 靴し ゃァチ ヤシ £ 

奧で 見て 居 S 『、ノ レぢゃ ア^ は S きの 鲈 g 酽で iWw ふ il な t ま f ぎ K?1t^ たの は つた 

子、 ュ 、此圓 助め 『き謔 た!! をお I ーぞ lis ョ、 S まで ilWw はう が 紙て きで Ml を iig が麟 への l^rrli は 

仕ない せ、 生 利な 口 を 叩き やが るな』 さ 言 さまに 箏を揚 て の lu- ポ 力-さ 観れば、 S がも^うての 

^1 『ナ 一】 f まきぉゃがり たナ、 r き r 阿き めが』 &铲& て fe が 難 r 、ソ .ぁ てば、 

サ ァ Bipf お i むの ii、 1 si. く 下 だる &の 1 i お f i らか? べき、 ffA^m 

人で 四 八 三十 二 町の 喧嘩 『ァ レサお 止よ 『掴み合ち や 往ない ョ 『ナ 1】^ す:^ 齡 ておくれ 『ド. M ァ ^ なり 

ちゃ ァ思 ふさ ま此 畜生う を こらしめて ずし ら k ゃァ酽 がきね ないから』 ,415 。ま の^ i は. の 儲 雛ぎ" の 順 



あら 5 へ 5 まの s- また わ-さ つく くみし れ, r あ L あ めん 

を 現 はして か きゃんの. H に 馬乘に 跨がって 押へ 付れば、 おきやん は 組敷かれながら 雨足 を 揚げ 綿フ ラチ 

こしまき 3 く み 《_!- の ねかへ あらそ さ し fltf ゐ こっけい たお f* は し 

ルの 腰卷の 捲れて 見 ゆる を 物 さもせ す 跳 返さん さ爭 ふた 壯士 芝居の 滑稽. 一 丑 廻, CS ならばい さ 知ら 卞、 

これ いろ i.- げいしゃ おは ズゅ 5 へ あらそ ひ 505 き や 《. はじ はつもの 

是が色 i 賈る藝 者が 花 牌の 上の 爭 さは 東京 始ま CN ての, 初物なる べし 

はつどう ち ATN さい もら ひ 

〇 第 十六 回 法度で 仲裁の 貰 

ねこ かみあ ひげい しゃ けんく わ け 5 いろけ ビも さ をの かげ い ま まさ おこ にんし は げんく わ つぎ ま 

猫の 喷合藝 者の 喧嘩に 興 も 色 氣も俱 に 醒め 4^ が 其お 蔭で 今や 將に 起らん したる 紳士の 花 喧嘩 ハ 次の間の 

ねこ れん おさき や その ajw さ、 ため いづ きわ しま お まへ がた もの をん を 5 で 

猫 連に 先鞭.^ 著ら れ其取 支への 爲 k 何れへ か 消て 畢; 3 『コ レサ 卿 方も^ うした 者 だね、 女が てら 腕づく 

みヅ 5 &い t ぶん こ 50 た を 5 へ あげ ど g しづめ おこ t-SJ や 5 や ねこ あらそ おんく わ およ 

など さは 見さ も 無せ …… 』s 自分た ち さの 事 ハ 棚の 上 揚て 撫鎭の 小言 。渐く k 猫の 爭 ひも 鎭 火に 及んだ 

ブ ころ のけん くわ た 5 にん KJ はね f ざ しょい 5 ねし さくら だきく が は れ 5 にん かへ つ をは ^ 、ほっき 

所で其喧嘩の當人たる.^.跳ぉきゃんょゥも當座所有主たる櫻田菊川の兩人が却て何ゃら濟まぬ顏付0 b 

このはん くわ おう さ. S 5 ちわ あげや 5 わる たちまち きくが はさ くらだ ふた S- あ ひだ どび ひ おの/ \ あ ひかた 

ョ ッ ト此喧 曄 の 仲 裁に 團 扇の 揚樣 でも 惡 からう ものなら 忽に菊 川 櫻 田の 兩 人の 問 k 飛火が して 各! 敵妓 

ため ふくし ミ ほった 5 およ いき ほひ たかみ み 50 つ つき を か さ、 や がってん つき を か ざ 

の爲 k 復仇の 决鬪 にで も 及び さうな 形勢。 ;^ レさ女將ハ見て取て月岡.^囁けは、 合點ぢ やさ 月岡ハ 一座 

むか ど かく こ ほねれ. S で 5 れい ふ じん あらそ ひ われ あっせい さし どめ このま ゝ し おい * &ん たが ひ たくば 

は 向って 鬼 も 角 も 小 跳 令孃 おきやん < ^夫人の 举を我 i が 履 制の 差 止で 此 儘に 仕て e て は 何だか 互 奧齒 

もの はさ f よ を さくら だくん を だ きくが はくん こ はね せつどく 5 らみ ど f & 

k 物が 挾まった 檨で宜 く 無い、 y コ デ櫻田 君 はおき やん を 慰め 菊 川 君 跳を說 得して 怨を 解く 樣 k 御 

じんりょく ねが たい い やく .S れ おが か を ほ s- こ 5 めいく せ 5 だく S へ ふせ 5 ゆく 

盡カを 媚ひ度 …… 否-^ サケ入 逢った 方が 解 をの 功ぁゥ よ、 もれで 銘人か 承諾の 上で ハ 不肖な から 僕 か 

ち f さい ん を 1^ か l4> ま 3- しき おこ そのぎ はた た、 い か 5 そ 5 きり づ かまつ ゐ はをゐ はん たちあ ひ 

仲裁人.^ 成って 和睦の 式 を 行^; S ませう。 其 儀 果して 直ち k 効 を 奏し おれば 桐 « 松 井 花 井の 三人 ハ a 曾 

にん を むか をね ひがし ほ $ きくが は こ はね つれ い できた にし ほ 5 さくら だ つれ いでき た 

人に 成 CN て 向 ふに 坐り、 東の方からは菊川が小跳を連て出來.c^西の方からn櫻田がぉきゃんを連て出來 

稱 紳, 士 二 九 



さ i- は 5 ャがひ にらん もくれい まん た、 み で 5 へだて じ ちゃくざ つきせ か f めん どころ さ 5 は 3 あ ひだ , 

<>雙 方 互に Vs ッ芑 睨で 默艚 なし 中央 k 疊 一 疊を 隔て 同時に 着座 すれば、 月 岡 は 正面の 所に て 雙ガの 間に 

を わ たちあ ひ にん むか あは を との どき たかみ さか づき だ S さか づき の ぶたく みもち; y r,i *< んぅへ ちょ 

坐うて. i^, 會人さ 向; 5 合せに 成る 此將 女將ハ 盃 臺は S を 乗せた る を 二 紐 持 出せば (但し^ ^ の 上に 猪 

こ のせ だいよう $^^ru ふた 《- めいく て 5 し もつ さしむ かひ ひか その.? しろ じ こ ふたり 

口 を 置た るに て 代用) 生 助 だるの 兩 人が 銘 跳 子 を 持て 對 座に 控へ其 後に みけ 次 小し やまの 两: 人が 

.^.はへ やく た このて fi-fl く は ども もちろん かんせく S- だい 上 5 ざ さ だ つき を か を C まヽ を、 せき らひ 

加の 役 (但し 此跳子 加へ も倶: 勿論 燭德利 を 代用した ゥ) 座 定まって 月 岡 n 少し 前に 進み H へ ゾ^ 咳 I 拂 

ん せっく て $ しょしんし L よれいで 5 た t-ss これ れ,T^れぃで5 あらそ ひ もど じで き ね i 上ク 

して 口調 k て 『諸紳士認<^孃ょ、 過刻是 なる 兩令孃 の爭は 固よ ゥ 一 時の 出來 事で 根 もき も, »s に 依 

かれこれ このつ きを か ひら.. J ま .S つ & ら、 3 . かた- あお か^^-,(> あ A ひ ゎォ &ゥぉ 

て 彼是 無しに 此月 岡が 貰つ て 仕舞 まひす、 ナ I- ト 云て 御覧 卜 h: 1 方が 青に j 方が 赤 ざ K ふ譯で 何方に i 

ど まけ ど あ ひ を 5- 上つ げ 5 じ S おは を, はつ ど. 5 をつ はつ ど 5 5 上つ 

を 取らせて Tpft を 取らせても 相 成 tN せん は 由て 行司の 團扇は 即ち 法度に 成て ある、 法度 C 打てぬ k 依て 

びき もら ひ い けんば ふ さだめ このつ きを か こ、 を わつ そのび き そうは. 5 もら あた 3 まへ 

尾の 貰 も 云 ふが 憲法の 定ま 4^、 此月岡が此J^坐て其尾ぉから雙方ょ<^貰;5ますの ハ當然 であ ませう 

はくしゅ もつ ど けん もら をれ まう これ もら い だけ i ま さ 

(拍手) 尤も 一 件なら 貰 ひます る^ * だけ 儲か. 9 ますが 是ハ貰 つた さ 云 ふ で 何も 儲に C 成ません が眞逆 

5^ 乂こ き 力 わけ ゆき 上つ ま 5 おひ こ どき やく ふだ まい & i み 

番 子に 聞せ る驛 にも 往 ません ii£ 由て 儲からいでも 蹈込 まれた 時に 役 牌が j 枚 も 無かった S 思って 見れば 

い ざん れん あ 3- さて &七 5 はミ か や 5 いさく さ ゆく くだ みづ ^ 

敢て殘 念で も 有ません (ヒャ く) 扨御雙方が個樣.^^葛藤を僕に下すゥて何事も水に梳してがまするど 

はく い ま けんく わ じつ そ は 5 ふだん を か よ せう こ ケん よろこ そのし さい ザん ^ts 15 

僕ハ 今の 喧 iK 實に 双方が 日 仲の 好い 證據 ^存じて 悅 びます、 其 仔細 S 申す は 現に 我., .u^s^sii へ、 ^ 

ゾヅ トル 、りへ どき 》i\siu ろん おこ つ ひ わんりょく $ つた こど あへ めづら あ 3> せで た t-s ま まさ おこ 

博 遊の 上で 時 i 議論 を 起して 遂に n 腕力に 訴 へる 事 も敢て 稀し からすで 有ます、 に 唯今 も將 に!! らん 

いた 、 ^ t* ち 5 さい よし &ん も々 やん ふた 4- パ タト 4 を か を ま s- 

さ 致しました (ヒャ く) 然れ. ^も 仲裁が あって 止た まへ^ 1 言いへば 直に 止で 再び 戰爭の 中 症で 中^ 

, パリ は あ ひ をり » こ ひつけ <- あ ひたが ひ かくい , を ゆ ゑ れいで 5 がた ^5 や 5 つい 

の i& 爭さ相 成 ませう.^ 是れ 畢竟 相互に 隔意が 無い 敌 でお 4 ます、 令孃方 さても 同檨 であ. C> ませう 就て 



& そ 5 は 5 さか づき めしあが お かへ もつ を か- ほり をみ を か を は 《- パットル よろ &ざ 《.ク£ た t> 

は 御雙方 乙の 御盃 を招丄 つて 御 取 交に 成て 仲 直が 濟ま したら 仲 直に 戰爭が 宜しう 御 坐り ませう、 尤も 唯 

いま e 4 あるひ & そ $W5 かい ケへ ん た .ss< か は & きう そく ぁひ& さしつ かへ あ U- 

今 一 時 を 打ました れは或 ハ御雙 方の 介 添 人が 御入替 6 て 御 休息に 相 成. CS ましても 差 有ません (ヒャ 

, i , . はく はじ たちあ ひにん お せ S ばん つかまつ わい よ にを はくしゅ 

く) さう 成せ < すれば 僕 AJ- 初め .i^ 會人も 御 相伴 を 仕る の榮 譽を擔 ひます (拍手) 

. r たき やく しんし をつ けち く せ 5 

〇 第 十七 回 御 客が 紳士に 成て 客の 苦情 

^^H.S-*-HP. * *^、 if ん > しんみち ど 5 れんぐ わ ぃリ くお まいだ ち せ わ がふし のきさき しんぶつ こんか 5 もんちら し かんばんて 5 

話題 一 轉て、 此は 何^か 新道の 三等 煉化、 入口 は 二 枚 立の 世話 格子で 軒先 はは 祌佛 混淆の 紋 散の 看板 提 

^ん, ぐ r * か.;:" J - > た ほ-こ * こ ら かい げいしゃ、 このお ほ い ねん まへ ぎんざ 

灯お ふら 下け 喧し ゃ大 しか, しゃ まち やん 子 さ 並べ て 書た る藝 者屋、 此大 しか さ 云へ る は 廿年前 銀座の 

じ ト,、 は *^ビ 乂 ゆれ,.? くわ, で f-, どき さいもん げっ こ しか のつ あら い めい ザ ねん さいきん しか あら 

火事で 燒跡 k 此煉 化か 出来た 時 歲何 ヶ月で 小 鹿^ 名 乘て現 はれ 出で 明治 十三 年に 再勤して 4^ 鹿さ改 

- お を ねん^め さいきん いま を おほし か をつ で こんねん まさ .&5 よ ら 5 ば fjs: ぶん 

ため 同 卜き 廿 三年 三度 目の 再勸で 今の 名の 大鹿さ 成て 出た る »れ ば 今年 正しく 五十 有餘の 老婆、 新聞 は 

^-^^s J , て めが^ i を ぬひめ わか は いれば きん ゑん か、 々ち こ ほ 

^力 一 寸場卷 の 續を當 るに も 眼鏡 か 無くて は 縫目が 分らす、 齒は義 齒で金 S で 十三 圓掛 CN たさ 愚痴 を飜 

- ♦ ん だぶ こ, ビ おし 、く こどで き こしいた あへ レ. I マチス f$ ひへ 

せ^も 新漬の 大根 は 鈴虫に せね は 食 ふ 事 は出來 す、 腰の 痛 ひ は敢て 僂廳窒 のせい にあら す、 尻の 冷る は 

^ > r , , U ゐ、 U はい . , 5 &.^ ^けん . からだ ど ほ あが いまな ろ ねんぶつ さんまい ほどけ 

迚も フラ于 か 位で は 暖まらす、 並の 人間なら ば 月經も 遠に 上って 今頃 は 念佛 三昧の 佛 S ぢ 4 でもすべき 

ば を . このお ほし か& かく お ほいろ け わか げいしゃ ま はで づく 5 ね む を こ わか $- ん.? く ひき .f!-5y こん 50 き 

箬 なれさ 此大鹿 中 i の, K 色 氣で若 S 藝 に 負けぬ 手 造.^、 己が 息子 ぐら ゐの若 S 純 役 AjHF 摺 込で 時 

,;v.:^5.^ れん い お ほ 5 はき くせ あく よくふか げんこ £>J ゎづ かね や もら しゃく 

-is-l^ する さ 云 ふ 大水 性、 をの 癖 鉋まで も 慾 深く 現 は 小し やまの 如き 僅かの 金で 養女に 貰 ひ 十三で.; -酌 

. I 、 あげ, , ,、 • ばんこ どし お ほ それ おほし か ふ まん ケく つら かせ もつ き 

十四で 水搦 十五で 1 本 今年 十六の 大 かせぎ 4K でも 大鹿 はまお 不滿 足な 面 をしても をつ さ 稼いで 持て 來さ 

ビき ぐい や く せ 5 こ こどし こ つぶ どて らいねん V- ん むづ その-, つへ さ 

うな もの ださ 時よ 嫌な 苦情たら/^、 ちゃん 子 は 今年 十四で 小粒 ゆ ゑ a も來年 一 本に は六ケ しく 其 上 三 

® 稱 紳士 ; 三 1 



士 - jiii i 三 二 I III 

み せん かけ てうし ちつ あ ,り?^ らち ろん", -. つま £ ゑ さ ^ が たう にん ま げいしゃ をれ , L ゐ 

味 線に 掛ては 調子が 些 さも 合 はす 唄 は 勿論 胴 M 聲 なれば 流石に 當人も 未だ 藝 者に は 成ない £ 知 CN て 居る 

その か は かた /1\ ザい げいしゃ はだしせ うぎ た >y れい ほ: sj ねら もの た., 5 じん まげ かたみげ ぃ-ゥ せん ざよく はんぶん い 

が、 其 代. 1 方の 纏 は 藝者も 跣 S 妓も恐 入る 程の 雄 物、 ナシノ 唐人 髢に肩 撝の幽 棘で も 玉が 竿 分 ど 云 ふ 

だけ & しふ ざ けん かね よそ げいしゃ しゅ たん もつ かへ ね H S ひぶん い 

で 御 祝儀で も 1 件のお 金で も 外の 藝者 衆より 多^ 持て 歸 るから 姊 さん、 おって 言 分 C あるまい よ ふ 

か £- まん ひく は を さが 

高慢が 低い 鼻に ぶら 下った う 

こ い ま せんた 5 かへ き け 5 だい まへ を わ まゆ ほけ しき つら たゝ ゆ 5. や よも しゃ < おし 

小し やま ハ今 しも 錢 湯から 歸 つて 求て 鏡臺の 前に 座 6 眉 刷で 頻. に 面お 叩き (襟 P 湯屋で 外の か 酌の 白 

ろ ひ もら つけき ち たいくろ で どころ めん しろ ぬ S- たてさい ち 5 おはし か めが かけ て 5 めん つけかけ 

粉お K つて 附て來 たるな. CS) 地體黑 出の 所 を 1 面の 白。 へ ゾキに 塗 立 最中 夭 鹿 は 目 錢を掛 て 帳面 を附掛 

ちゃん ゆん ベ ぎ 上く ど ちよつ び s-a を さきた ゝ させ ,0- ^1ん 

て 『オイ まや ま 娘 昨夜の 玉 は^うな CN た于 S 問へば。 短小 鼻の 先 を 叩きながら 『ァノ チ佐瀨 厘が 三本、 4- 

ベ 5 ぶ や ま は ほん る ど こんたん てい よみ かし しつ こん ん VJ い まわ 

れ から IBS 風屋に 廻って 二 本で、 後が 魂 膽亭で 夜 明お CV たよ 『^v<^ゃァ知てるが、 魂膽亭 にや ァ 何時に 蟈 

いつ じ ばんつ い、 い、 Sv* ぺ. 

ッて往 4^ い 『をう さチ、 十 1 時だった らう ョ 『ム 、をれ ぢゃ ァ 十本 附て も宜チ 『宜 < ^も./. \ -、 昨夜な 

, . た^:^ 5| なを - よ あちら こつお む いつおつ ひどね を 

ん さわ ァ 大層 骨 を 折らせ やか ゥ て夜ッ 。ひて 彼方 ひけ だの 此方 向け だの さ 云て 些 W も 人. 寐 かさ 無く ッ 

それ た S- ほへ k し.^ ぎ ぎょく おも たん つけ わ 3- あは を この 

て、 夫で 當然の 御 tt 儀お もの、 玉で も 思 ふさ ま 多 S 附 なく ッ ちゃ ァ 割に 合 無い ョ 『水ゾ 11 さう * たョ、 此 

せつ きゃく いや f わる つ けち か 5 かつ しかた L これ おも わし わか じ ぶ t き, 0.< みん を 

節のお 客 は 嫌に a が惡く 成て 吝で 狩猾で 仕方が わ. <y ゃァ 仕ない ョ、 是を思 ふさ 私が 若い 時分のお 客 は 皆 

i お ほや £^ が i ちょつ ど れき つ ひ た ほさつ まい まい 

坐で 大樣で is な もんだ ッ たせ、 一 寸 しても 歷に 成た 日 ゃァ大 札の 一 枚 や 一 一枚に は 成った もの だが、 

その き や しんし を まへ がへ い まる れ 5 けん か は t 3 やる せ 4& f 

其 4- 客が 紳士 さ 名前 替 して か.. 云 ふ もの は 丸で 了簡まで が替 CN て 仕舞 ウ^から 遣 瀨が無 いね、 テ見 

し if- かいけ ちょ L ど さ *x ねまへ は,? a f は を 

る V> 紳士 W 書て 吝 £ 讀む のか 知らん。 時 しゃ ま 娘、 卿 あの 花 井さん の 方の 咄 しは^うな CN たよ 「マ ァ 



あや f s お: p こ,^ たんてい , 5 け あつ ゐ ね ヱ 5 け あつ る あ ひて このせつ 

怪し S 樣だ于 『デモ 卿 魂 膽亭の 43^ たぬ さんが 受 合て 居る ぢゃァ 無 か 『いくら 受 合て 居ても 相手が 此 節の 

f- んし あて こっち て ぎ s ち み ぶ は をゐ くち はづ 

紳士 だもの 當 になる もの かね、 此方の 手に 握らない 中 は 危な S ク 『さう さね ュ、 花 井さん の 口、 が 外れる 

おめへ こ 3 はづ い、 く ふ 5 しおい ほ を か、 5J ころ をど 二 ざ 

さ 卿 困らう せ 『十 11 、外れても 宜 やうな 工夫 を 仕て S たョ …… ^咄し S る 所に、 外から 小し やまさん お 座 

しき . や あ S- た/ • .Si5i,..s- よろ 

敷です 『オヤ わなき 屋 さんです か、 有が たう、 只今 具 さま、 堂し く 

5 ちまく み しんせ 5 

〇 第 十八 回 內情を 見せぬ が 心性 

くわ,^ いん や z£ ゆん, をん おも 5 ち くれ おしつま こどし かケ び あ ひ ta>y わ. S そがし 5 

光陰 ハ 矢の 如し ャ ッ ト 盆か濟 ,たかさ 思 ふ 中に モ ケ暮が 押 詰 ゥ て 、 當年も ハ ャ數 へ 日に 相 成まして 御忙敷 

& ? おた が あいさつ やう をつ き まし い は らいげつ きつ ど かた つけ しばら や S- ひだ 

御 坐 ふませう さ 御 互 ひに 挨 接する 樣に 成て 來 た。 翎 て 况ん ゃ來月 ハ 屹度 方法 を附 ませう か ら 暫く の 間 さ 

いつのば くち みつきいで 5 じつ まる ふたつき $ いか 、い £ ざ せめく なう ざ くち 、 

云て 延 したる 口 やら、 三月^ 云ふ條 もの 實は滿 一 一月で 直に 如何で 御 坐る く ざ-貴て 來る當 座の 口 やらが 

し はう はつば 5 さ. S そくどくせ き ■ もど だいげん ki ん. S ま べん & し て わた fj はら ひめ. S れい ふ どころ へん, ごふし 

四方八方よ A- の 催促 督責。 元の 代言人 今の 辯 護士の 手に 渡った る も あ .0、 5^ 拂 命令 を 懷 ^^^して返^次 

だい $ しったつ リ たの い よ 5.S たいてき らいし 5 ほ, jb ゐ ば 5 せん はう りゃく ひゃくけ. S まさ つき この 5 へ 

第でハ直に執達吏を赖まひで」云ふ客易なら^1;る4<歜の來襲は0 花 井 ハ防戰 の 方略 も 百 w 正に 盡て、 此ょ 

あ わ たけ つ. S で か/; J しまめ ざし ひっかへ た i- この どころ L さんかぎ 5- 2 'ち じに は し f 4{5-.b く J.^ 

n 阿 愛 の 岳お 突て 出て 鹿兒島 目指 て 引返さう か、 但し ハ 此處で 資產限 の 討死 AJ 花- * しく 仕樣 かさ 投 首し 

さう だ I さくら だ うちわら きみ に,? & これく らゐ こん >5> ん た S せっせ じ 上ら きら かざ どころ Li 

での 相談に。 櫻 田 n 打 笑って 『君 はも 似合 はぬ ぢゃ無 いか、 是 位の 困難 n 當節 世上の 綺羅 を 飾る 所の 紳 

L まさ ある せ S け 5 ビ ころ ズォ いま ばい ばい これ $ へこ ijb んせ $ おちい ぼうせん ち 6,9- 

士にハ 正に 有べき の狀况 でげ す、 てれ 所で ハ 無い 今 一 一倍 も 三倍 も是は 上越す 難 狀に陷 つて 防 戰に晝 夜 を 

わ 力 い れんち 5 あまな L やく わい 、 きみ、 だ $>iv せいふ ぎ るん さ てい あ t^*^ まり ,e りく S- 

分た す さ 云 ふ 連中 ハ 許 多社會 にあ 6 さま, 君 見お まへ、 堂 J たる 政府 だッて 議院の 査定 案 通に ハ 遣 繰が 

つか いつ L ちん あま る ま ぎ ゐん かん ていく わい くつ てっき S> もくさん ちが あつ チ ビ る 

附 云て 思案に 餘ッて 居る し 叉た 議院 だッて 十日 間の 停會を 食て 的 切 目算が 逢つ て 壓氣に 取ら^て 居 



@ 稱 紳士 i ml nn 三 四 In 

& をれ きみ しんし こん をん けいざい げきへん こんにち た. せん をん ふしぎ めづ こど あ 3- 

るお や 無い か、 夫, たもの 君、 紳士の 困難 ハ經濟 激變の 今日 ハ、 當然で 何の 不思議 も 稀ら し S 事 ハ有ま 

もちろん „ (- >y のこ、 ろ あて あ くら ゐ をに ぎ ろん へち 3 ^ ひつけう こ、 ろ あて ズザ よつ きみ ど は、 ウ くれ 

せん、 …… 勿論 其 心當が 有る 位なら 何も 議論 も 糸瓜 も 無い サ、 畢意 心當、 が 無 s.^ 由て 君 も 途方に 暮 

る しか よ かんが み か り やくそく!:;.」 ほ かへ や 5 あ は、, つ たふけん し 

て 居る のおら う、 併し 能く 考べ て 見た まへ、 借た もの を 約束 通 4 返す 檨. 阿呆 C 他府縣 なら ィザ 知らす 

この ど 5 け 5 しんし はいか ぁリ よろ きみ れい い らい けん てきみ かた おも をし 

此 東京の 紳士に は憚ゥ ながら 有ません せ …… 宜しい く 君 ハ 例の 依 賴 一 件で 敵咏 方の 思 ひ を 成た が、 

いま く 5 でんけ. S くわく ビ 5 し 5 いちみ を かま はく ひきうけ あんしん たま み こど i- ち はらつ み 

今で ハ S 電計晝 で 同舟 一 咏の 仲間、 おもの、 僕が 引受た …… 安心し 玉へ 見事に 打拂て 見せる …… 、 ナシだ 

か し ぶんさん ばか い たま き きか さいしゅ け ふび を ぽく だ 5り じ せ 5 どい 

家資 分镦 ださ …… 馬鹿 を 云 ひ 玉 ふな、 y ゾ 十氣の 利な S 債主 も 頃日 n 無 S ョ、 僕が 道理 £ 事情 さ を說て 

i やつ み 5 ち る は 5 よ れい ど ほ こんたん くらぶ い つ れき は& さき さ 

旨く 遣て 見せる ョ ::: ヨシ ョ ダ 家に 居ない 方が 宜ぃ、 K の 通り 魂膽 鞍部に 往て歴 でも (ト 鼻の 端 を 指し 

やつ る ほく らいし 5 てき しり ケ を々 いく い は をゐ をれ 1^!; ^どケ ズォ にぶん 

て) 遣て 居た まへ、 僎も來 襲の 敵 を 返け たら 直に 往 から …… 』 芑云 ひたれば。 花 井 n 夫で ハ 何卒、 何分、 

しか いくへ ひた をら い たのみ こど .ii つく たの おい に々 S ど 5 ち い で 

然るべ く、 幾重に も、 只管、 さ 云 ふ依托 の詞盡 して 齦み fi て 逃る が 如くに 家 を 出た. 

か やう 5 ちまく せつば く たもてむ き しんし だいぶん-けん ね めしち S- めん ま. S がさね くろち sy めん わだいれば た り もの., つへ で 5 

斯樣 に內情 切迫したれ. $J も 表面 ハ 紳士 大分 限、 御 召 縮緬の 三枚 襲、 黑 縮緬の 綿 入 羽織、 其 上に ハ八 丈の 

し 上せい そのうへ スゴヅ チビん び い こしら へ て々 る ま こんたん くらぶ のり か、 ふ" 

書生、 また 其 上に 蘇 格 «衣£ 云ふ隆 どした 體 裁で 手車の ガ ラ. (く 魂膽 鞍部の かたぬ も乘掛 つた 舟、 

おひ せん * & かんで 5 so ふた ひど かね あ ひ わ せんせ うはい よつ わか 

コレか 盗賊に 追錢に 成る か、 ズ ラリ^ 勘定が 艰れ るか、 ニッ J^i ッの兼 合、 即ち 和戰 勝敗の 由て 分る ゝ 

さか ひ だいじ ^ あ ひ もつ ど ど どころ こっち どつ ちつち や ど りつぎ だけど や 

境で 大事の 塲舍、 尤も 取れた 所が 此方から 取て 彼方に 遣る 取次 をす る 丈の 乙^、 十 11 取れな け 4 ゃァ遣 

ぶん この くれ あてみ く かく、: J しんさん さ だ ちょち..:.' が 5 けつ だいね. S 、う てうし 

ちぬ 分, た、 < ^うで 此暮ハ 當身を 喰 はせ る覺悟 だから …… さ 心算 を: めた る 女中の 豪 き、大 英雄な れば 調子 

は をる れい おく ざ しき ど ほ 

よく 花 井お 例の 奥座敷に 通し た. 



はをゐ むか いは さき こっち ビき おかみ こ、 かんで 、り よつ ぱ: たま この ろ はら ひ 

花并 n 向 ふから 云れ ぬ 先 k 此方から さ 『時に 女將 此の 勘定 も餘 程潘ッ たらう チ、 此 頃に 拂を する から ズ 

しらべ TV ぐ わか や 5 L おい l5> る ほ. ん しん い ひわけ し や 5 上ろ し £ ざ 

ッカ. OS 調て 直さ 分る 樣に 仕て 置て くんな』 さハ 成程 感心な 言譯の 仕樣 『ハ ィ宜ぅ 御 坐. S ます、 チヤ ヅビ 

でき ,こた あつ ばれ で き これ じつ きせい た、 か きょじつ あらそ どころ 

出 來 て を. ますよ』 さ 答へ たる も 夭 晴の 出來、 是 實に奇 正を鬪 はせ 盧實 を爭 ふの 所な, CV 

5 わさ かげ fU わ 5.^ ふ 

〇 第 十九 回 噂 を すれば 影の 御影 向 

D だん を, あ をた , いで をつ せひし くれ け さ あの こ わざ t はこや よ, J $ し や y 

『旦那貴君か.^-出に成たら是非知らせて吳z:£今朝も彼娘が態-^箱屋を越しましたから直に知らせて遣 

こ たかみ こ たの む しん よ 5 むき は ゐ むね そ こ しんし 

ませう さは 是れ 女將が 小し やま k 賴 まれた る 無心の 用 向。 花井は胸にぎクく.c^したるが、 其 所 は 紳士、 

^ だ n« こ.' たび f- くだ じつ き やつ かれこれ これ そのじつ あつ ひ だん 

顔に も 出さ 卞 『小し やま も 度- rtr 下さらね ュ ョ、 實は モク 彼奴 も 彼是 だせ、 さは 是 も其實 逢た B はは 旦 

をい か、 い さ. s:y く た そ ゆ ゑ t ほ ちょち 5 ざ しき きた おかみさん 

那 如何^ 催促 さる、 が 恐 ろ しい 敌さは 知られた. CNO 程 もな く 下婢 はパ タ 座敷に 來. て 『女將 わの 

こ たつ. &ま やでば か い でんわ あの こ よびだ きい Z あいさつ 

ふしゃ まさん は 唯お 今 あなぎ 厘 へ 出た w..^ ださ 云; 3 ますから 電話 へ 彼 娘お 呼出して 聞たら 直に 御 挨拶に 

いき せひ だん を また おい て$ だい かけ しらせ ざしき で て $ & X 

往ま すから 是非 旦那 を 待せ て 置て 頂戴な さ掛 てよ 乙し ました ヨ^の 報告 『^' ッ 座敷に 出て 丁度 好か CN た 

おも こ あいさつ & じゅら い おそれ. S これ 5 つ げ .S...&- せじ. S を ど、 ひこの 

^SCN たに 御挨 扱に 御入來 e は 恐 入る 于、 是 だから 浮か. 藝者 にや ァ.; ^世辭 も 言へ な S ョ、 一 昨日 も此 

どぶ かみ.^ れ をん を てがみ だ おかみ み よし いつ 上 こ をの S る たいへん せ はん は ズゅ 

通う (^紙 爽ょゥ 女の手 紙お 出して 女將に 見せ) 芳 町の、 が 言て 越して 其 煩 さ 、が大 變サ、 世間 ぢゃァ 花 

: 、 ^^',^> f: くれ、 き L やく 《t, ん とひ せめ しんぱい く きらく がいい をん を き 

井 なぞ は 盆 か 求ても 暮が來 て も 借金 乞 k 實ら る. J$ 配が 無て 氣鹳 ださ j 槪に言 ふけれ^も、 女の 來 てく 

, やく きんこ ひ 上 ヅばさ んぎ いく かね あら らく にんげんせ 5 ば: S L ゐ 5 ち せけん ぎ S- くれ 

れくは 借金 S よ. 餘程 難儀 だせ、 幾ら 金が 有う が欒 だら うが 人 簡 商賣を 仕て 居る 中 は 世間の 義理で 暮 

• I そ さ 5 お 5 上 5 それ し あっち こつお や さいそく きんせん を 

に 成. や ァ 夫れ 相 應は用 も あるね サ、 其 を 知らす 彼方から も 此方から も 矢の 催促、 n レガ金 錢で躋 む 



稱 
神 
士 



なら 都合が 宜が此 面 を 持て 往て 見せな け ゥゃァ お 知し I いの だからぎ II が II い ョ、 ド し.^ まだって さう 

だチ、 よく 胸へ f 措て ぎ 面ら. fe,f て ii して f £ サ、 n くで IP の sks て 1 に眷 

きせ ま SI ふ,, ゃァ ぉ& くつ あ ir、ip ,! 一 うの: feif ? てる: si 

こだつ 于にパ 聞 r せ g.^ きゥ のが 霞で き ,術-で f あ f ば。 P は i のず 還の &、 

ッ鼻て やらん l:s うでぎ f ? ョ、 0fm^^ffffs^,^ 

f です ョ …: 時に 旦那 一 昨晩! 乙 哭らッ しゃい まし ま、 §¥ から r の i で IV& バでき & 

君 は 街 出で 無い? ぼ 來 ましたよ あ 1 もき い 4£1。 へば。 ,§き は r す ォホゾ .fef し 

て 『:ァ 左う? たらう 柳 橋の が てぎ i て F から、 ナ 一一 i は 1 を r 日の き は., f 

きズ つてた,^ sif Tif i あで i の^ぎお て も?, やつ ITS^ て, S 

て吳 S 柚 S つて ャ イノく. fe たけ §、 £s ら顧 は? どぎ g き 爵&か 三十き か,.^ 

で 11 ゾ." 成て 。夫から 製糸き やの p£ もへ ぎ f f か-お if i つてぎ? が Lisg 

の眞 最中で か 酌の s ぼれ きの f J ふきぎ、 ^,.靴ぃぉ;^^なるの&1^|ゥて.41对 

が 無い から ilK ?、 あの 懇が f 、 オヤ if ん あれ. f であき です よさ だ-目 も P 

す 夭 恨の? ぐで 胸づ くし あ 1 看 &r、 f f r て p、 £Lif 

が 待 伏 をして 居 や s て、 ^xmm^ff^f^ r y htf<,^f pm^ 



でか 世詞を 言て 機嫌 を ® ッ たの:! うした です か浮氣 もお に て か鹪 なさい ョ i、^>w;.:i- ら ないで 

サ、 ざ S 聲 出して 夭 腹立ち …… ざ阖 に^て 観 lia て る^^。 を ガラ 《 ^ざ^て 『オヤい り!^ i 黻 i を 

だ f そ ばち たいがい い つ おき さ をり たて そ こ を わ こ 

出しました 子噓ッ 鉢 も大槪 言 てお 釐 なさい 十、 ^怒鳴 立 て 其 所 座った る は 小し やま て あ. け. 

• , いお &ん を f3 んこっ しんせ 5 

〇 第廿回 一 言 も 無 S 盆 骨 進上 

年 乙 を 僅か 十六で あれ 貌乙を 未だ 小粒で あれ 衣服 乙 を 矢 拼緋博 多で あれ、 何處 やら さぎの: W さ nflH か 

ら たち もしき i て 1 れて& る f やまな S 二?^ かの riyi きもまい つたる. &f て g 

タ $ せ 5 ち は5^;ゐ つか さん >i,,> いひ まく. まら さ c-s!!--^ »" ら --^--lli つら r r 

條 承知すべき、 花 井 を 捕まへ て戬! に 宫捲, 『 …… 躜も 大^にして 貫 ひませ ぅョ、 Mi が 1 うぎ ぎ いま 

f 1:2- * ^^^^h^y ^^r 、 . ^ん にん ての ど ち- げいしゃ しゅ 5 e い 5 し や 5 わたし ,5, ん おも をれ 4,」、,. た A 

す 事よ 貴君 か錢づ くで 何人で も此 土地で 藝者衆 を 自由に 仕樣が 私が 何 さ 思 ひます もの か、 夫 J^m 敲の 

か 竿さん が 貴君に 恨 を 云って 居た の を « が 怒った さ、 戯談 いっち ゃァ n ません ョ、 11 しゃ ァ き^ゥ た ■ も 

j5>P たまへ さん また あたま さ を し し くさ おまき 5、、 か ,」 まへ さ i.- さし 

無. ゃァ 貴君 も 亦 i 菊つ からか 竿さん を 知. も 仕ない 癖.^、 …… 大に惲 .0 です よ、 夫よ. ゃァ % 君.^ 私に 

やく をく こど くれ - け ふ し は を く „. つ V だ 

約束した 事も^ うして 4^ 吳 なさ S ます 今日 ハ モ ケ 極月の 廿 四日です、 サ ァ吳る もの 、^に 下さい まし 

まへ さ乂 t& ん しんし しんぶん か ほさ きゃく あり 

な …… 貴君 だって 何 さか 紳士 さ 新聞.^ 書かれる 程のお 容ヒゃ 有ません か……、 ^色氣 なしにせ がし g 

> は*^?ゐ ほ は ろ けん せきめん 5 へ の 5 お、 ゥは i55 は ふって. どころ こ ひ せ 、りし ゆだん もち どて き ォ ^9 

ao 花 井 ハ螺か 露顯で 赤面の 上 i ^嚢中 甚だ 拂 底の 所 なれば 是ハ 非常手段 を 用 ね^れば 迚も 切, がおかし 

S さ覺 りて 大に 立腹の 體を 成して 『n レネし やま、 ^槪に 誤 Ew^ てお H:、 &る.^^らぬi,^i.sさm 

ひ h-* わ 3 ゐ _ い ゝき 1^5 をのい ひ, さ i& ん あん is ふざけ ^ ^ 9< こ 5& 

つて 人 か 笑って居れ ハ宜氣 に 成 やが CN て 其 言 草 ハ 何お、 餘 ゥ戯謔 るない、 ^怒鳴-り 附 る。 ト しゃ まハぞ 



井が f 見て 吹 出して 『: : r0K モ ;^だ•、 r 井の S ぎん、 V あ rf しても 蘭" 一 

f ぎゃァ 有ま せん ョ、 ,ッ ばら f if i て, 船 g に か 十五 ぐらね の 濕"; ^るの, 

當然 さ、 此方から 扉? ッてぁ SliSIng ぎりて 魔り て f ら?す せ、 i に の i つ f 

たの倒んだの,.,$句を附て今日が日まで^^て;^43さなぃのぃ|;にも觀がぁるョ呷4%-がら^^の:^; 

はやまで; ョ、 赤 f j ^l^^f f n きが f るか r な sv おきん f g なた き 

木に ゃァ 金で も 貰はなくて^ が 片時お りて 自 がに 彪 てまる ものかぬ、 …… サァ Ir ゃァ いから し 

て さ S- に $ なさい ナ、 艮 さて Irr でも, l-nT ッ&き たよ 好!? の 理 にだ 

iaK 趟 Kl£ つて てお I う V ?腊 i の f p?pn 酽 

求ません.、 馬鹿— しい でれ 助 2gi:5』、 さく 口 V おせて ぎり,?。 0h^^0^^ へ 

ば、 小、し やま S 臺言六 言の 8m に、 モ i.. きてきよ のき! が i ぎ 1て S 上 r 阿ぎ 一 

. € 云 ひさ ま;^ 小し やまが を f ッ m 家た が f?, でが ほ る 一 

たもて かた £ む ^ゥ たビ § 

表の 方よ. -護護 履の 音 をキゥ くささせて 『小し やまさん^ にぎ .0 ます か、!! いき 叫お,. ん服ぁ 4 ます』 

まき SIS あし 上て、 る あ i て rp,- ノ i よく, ます』 さ 15 ながらき f ォ鲈し 

上 りたる n ,; よ、 テケ レ.』 ,4- へる ききの ぼ r 人ん、 かく./ 見る よ. fe4ri る 井が ま f 

5^ 1 ほ «5 I つ はんこった いさん しんず j 

® て宙は ® して 堂ビ 投付け i 骨 澤山進 si のが、 力く 縱., で、 しゃ まがき で を^て 『^ぎ、 n い^て 



を 、ゥら み しつど こ そのて * セが このお きゃく . い こどき けむり いつ たかみ どめ くれ 

居ゥ ます』 さ 恨の 嫉妬。 小し やま ハ其 手に 鎚 つて 『此御 客が 言 ふ 事 を 開ゥヒ 無理 を 云て 女將 さんが 止て 與 

せう ち たつ わたい ひ" 1 h .^ いく JiJ あ をな ビ ころ 

て も 承知し な S で 腹.^ 立て 私 酷 S 目 は 逢 はせ まして •::• 』 さ オイく^ 泣て 口説き 『貴君が よい 所に 

咔, くだ 5 れなざ こビ くちで まか べん たち ま き げん を ほ 

來て 下さいまして 嬉しう 御 坐い ました 事よ』 ク ヒロから 出 住せに 辯 すれば 『テケ レツ』 忽ちに 機嫌 も直ゥ 

Ji^ けが , わたくしい つし よ やかへ よろ かくし us ん さつ まいだ を かみ 

て 『貴 娘 怪我 あ. 9 ません か、 私 j 所 k あなき 屋歸る 宜し s』 ^衣 囊ょウ 五圓札 一 枚 出して 『女將 さん rJ 

ぁズダ だ し せ 5 し、 h ぎ I だ こ ,て ひいいで たん ゐ ふた ねこ を た ほい さみ ほ * &ゐ あっけ 

れ貴婦 進上』 さ祝邋 お出し、 小し やまが 手 を 引て 出た るハ 恩威 1 1 ッ ながら 行った る. K 俠客。 花 井 ハ壓氣 

ど • - ふた ぶころ , 3 これ .5^ゎぃこくじん ばっこ へき わき で 5 やくれい か .フ ひ ざっき 上せつ &る 

^^^取られて痛ぃ所をさす<>ながら 『是 だから 外國 人の 膝 還に ハ 辟易す る、 條約厲 行 も 非難 g 說も成 ほ^ 

もつ ど 言 * 

尤もの 樣だ 、 、 

だきこむ よ つが ふ &ん てき 

〇 第廿 一回 籠絡に 好 S 都合の 權的 

しゅ J L ぎ め * ゥ やく た はつめい く を そのき ゝめ じつ ぉ!^」ろ く AT ち 5 でんき てつ ど 5 もの じつ 

一種 不思議の 妙藥ハ 誰が 體 明の 藥ゃら 其 利 目 ハ實に 驚く ぺき もの 十ゾノ 空中 電氣鐡 道、 ジン 十 物が 實 

さ" おこ でんき り よう ちの 5 へ かけ てつだ 5 このせつお 5 ベい •* しっし こど i& つ K つばん 

際に 行へ る もの か、 電氣を 利用して 地上 を 驅る鐡 道で さへ ャット 此節歐 米で も實 施す る 事に 成て 日本で 

A* のさう だん で きか、 を くら ゐ まし くうでん い せいや Ax's- 1^. くしゃ く> つ ろん を. <!/ ゎこ& 

も 其 相談が 出 來掛. さう に 成ゥた 位 だもの、 蚓て空電な^、云ふハ西洋理學者の^}1論、 ^^レを直i:£行ハ 

い けいはくき は やまし さた 5 へ しな ひへ、 ゥ ほ 5d ん しが か ほ^!」 さて 

うさ 云 ふ n 輕簿 極まる B 險の 沙汰 …… さ 上で も 下で も 批評して 幾^ 齒牙 け^る 程で あ ゥ たが。 か 

> ^..^^:> きい く したが < きん がい おこ を ベ ひんせき 

の姊藥か段.?^さ利て來るは從ゥて、 ィャく S 電だッ てサゥ 一 槪に行 ふ 可から 卞さ 擯斥す る もので 無い 

1.^-^, つ ^ミ fc^w, で ゐ f これ につばん おこ を じつ こく か だい ひ わき を ひつで 5 

磨る 精密なる ft 械の 道, S から 出で 居る 樣、 お、 是が 日本 k 行 はるれば 實は國 家の H<lw 益に 成る は 必定、 お、 

ま どく りい う そん 50 ころ きい み よ ズ% る ほ; ij これ きょか つ 上ろ あゆみ を、 き れ e- 

先つ 篤 さ 理由の 存 する 所 を聽て 見る が梵 い、 成程 是 tt 許可 i£ 成ても 堂し からう、 さ步を 進めて 來 たハ靈 



偽稱 紳士 glo 

^1 か . し ざ じ け. つぐわん こ. ゥ のう いへ た そ これ たよ むべ このく を た !• SH^i き < 

妙 不可思議、 溢强 丸の 功 能 €雖 きも 恐らく 是に n 取ば^る べし。 宜 ilb ゥ 此藥ハ 啻に » 藥に 利ば か. では 

を 上 かいく わぶんめ い を つれ まも/, \.SH ん ベ. つ よろ い こ、 つの 5 あら これ を ひ 5- , 、 ちら こ ま,」 ひ、、 

無く 世が 開化 文明に 成る k 連て 益-^ 萬 病に 宜し さ 云 ふ 功 能を顯 $: し 是を名 づけて 日 i に 新に して 义 日、に 

あらた わ、 ゥ *!J んた 5 ま を 

新なる 黄金 湯 £ や 申すべき 

つき を かきり づ かまつ ゐ さくら だ は ゐ きくが は しんし ゅ《^^ん めづ つま や をぎ がくし まかむ ねビ こ P く 5 でん チ C. 

月 岡 桐 塚" 松 井櫻 田 花 井 菊 川の 六 紳士 その 遊軍に n 栴津稻 妻 柳の 三 學士、 をの^ 宗徒の 面 in 此 S 電の^ 

くわく か、 つ ;.! もてむ き あ S あま f み 、ゥん 。ヒ 5 ひ そのじつ れんせいき くわん ていあつ そしょく を まめ i-^IJf ( f 

書に 掛 てよ ゥ、 表面に ハ有 餘る檨 Jbl 見せた る 運動費 も 其 實は聯 成 機 關低壓 組織よ <:s も^ 面倒なる 工夫に 

^y<y 5 ん てん つ a> かさ ひ おく したが 、りんてん なさ SJJ- からく s> まさ やお 

て 槍 粟した る遲轉 な. CS けれ は、 月 を 重ね 日お: ^るに 隨ゥて 運轉ハ 正に 停まらん さし 機關は 方に 敗れん さ 

こど どし くれ おひく せっぱく あんせ 5 せ..., どつ お ほ r ザみ i& か ちん つ e ケ f l^r 

し、 殊に 歲の暮 nsajk 切迫す るし、 ァクャ 暗满に 衝突す るか 洪濤の 中に 沈 する か、 望み 少なき 運 i 

たち- Q この 5 へ たのく み かく & きめ し せ、 ゥ ば あ ひ しか みぎ くもり き、 め あら や 5 だ ひ > を ま 

に 陷ゥ、 此上 $: 亡 各-^ 身の 覺悟を 極た る 九死 一 生の壤合0然るに右の藥の利目が顯はれて容體を見^^した 

その ふパ ぶんた ま 上の &か しれわた に さ きの ふ たいど あ ふ たのれ つ がふ わる てうら 5 

れは、 其 風聞 忽ち 世上に 傳播 つたう。 何が 探て 昨日まで $: 泰斗 さ 仰いでも 自己の 都が に惡 ければ 長老の 

ざ ビっ の を どつ ひ かざした お を にく ゐ じぶん かって か J?pii ん ら. たこな ク X 

座から S て 退け 一 昨日まで ハ 風下に も 量け 無い さ 惜んで 居ても 自分の 勝手で に I 分に 崇め * るが 世 

をら ひ まし これ かね さう だん ま 5 け々 ち もんだい f か に ふ わ.? し ひどく ちリ や^ 5」 まふ ; く i- 

の 習ぢゃ もの、 况てゃ 是ハ金 さの 相談 儲口の 問題、 ィャ僕 も 加入 S たさう 余 も 一 ロ乘 らう f-^-i:, のき 

sst^l; ゥ、 ^ -3„^^^: た, の/. をし みけ ゆ ' >- : • ち 5 でんき てつだう が- 1 し々 わい しゃそう つし よ このみ ひだ さびしき 

縢 連中 n レ 紳士の 餌食な. さ 各.^ 申込 を 成し たれば、. S 中 電氣鐵 道 An 資會社 釗立所 $: 此 問までの 寂藝 

ひき-^ へ Y こん お ほほん せ 5 ひるま くろぬ 5- て々 る まに ひき ばしゃ し 上 ん わ 5 ふく は-か 1 ^ まっき zi'i..,J しじ 

に 引替て 昨今 ハ大 繁餐、 畫間ハ 黑逾の 手車 1 一頭 疋の 馬車で 諸人の 往復 劇しく 夜に 入れば g 超 i^lt に i 事 

ゐ 、ん さう だんやくり じ 上り あ ひ くろみ さ 5 だん こんたん くらぶ お ざ しき かしき y ありさ fs ね A み を、, "くき もん 

委員 相談役 理事た ちの 集會設 針の 相談で 魂膽 鞍部 n 御座 敷 貸 切の %狀、 女將 の.; - おぬが 內 i 氣 4- 揉 だる 

げ つい らい & かんで 5 K ちまへ かいざい をつ む しん こづか ひき -へ ち 5 もん. S, ,y ど t ま 

三 ヶ月 £5 來の御 勘定 も廿 五日 前に ズラ リ S 皆濟に 成て 無心の 小 遣 着^の 注文 云 ふが 如くに ^はった ^ズ 



ねこ めのたま か は した おか お ほつ ひせ 5 げ にんげん わい々 わ この こビ ね も 

猫の 眼瞳グ か リ^ 變,^ 下 はも 置ぬ 大追 從、 實に 人間の 榮華 € は此 事なる か^ 思 はれた 

け ふ れい よ SM め ひ 50 き けん ばんく よろ あか はんも わ もの おもてむき さが < 5* か ま づ,, 

今日 も 例の 集會、 …… 『時に 一 件ハ萬 宜しい、 モウ 赤い 印の 据った 書付が 表面 下 ッて來 る W ゥサ 『先- 

け 5 わつ せんばん ,/ か これで ま & せん ほね をれ ほね じゅめ $ ねん ねん ち !• くら ゐ も 

恐悅千 萬、 併し 是 迄にす る はや ァ御 同前に 骨が 折た せ 『骨.^ 乙 か壽 命が 五 年 も 十 年 も 縮まった 位よ 『若 

これ いけ あかつき f く 5 でん を ちくでん かく & きみ を Z f^f 

し是が 行なかった 曉ハ僕 ハ空 電で ハ 無く ッて 逐電の 覺 悟だった せ 『ジ リャ 君ば かう 卜 ゃァ無 S 御 同樣サ 

50 き ひど かんじん きんきう^ £< ぎ い れい ひ y くきよ くち や 5 &の しょくん しつ ど ほ き やつ ひ にく ,\1 ん せら 

『時に 一 ッ 肝腎な 緊急動議が ある さ 云 ふの n、 例の 皮肉 曲 長 殿チ、 諸君 も 知ての 通, 彼奴 皮肉の 尊稱を 

vi つ だけ を こぶ ひ はく そのうへ このせつ くわん きしんし ゆく かせ おそ K はか くんし やら て おへ 

取た る 丈 あ ッ て 頗る 皮肉で 其 上に 此 節の 官紀 振肅の 風に 恐れて 俄に 君子お 行かして 手 ッち k 終な い の 

もちろんて 5 くわん かく か .2 いだん きょか げんめい くだ きょくお や $ さん い ぎ こど s,t ん かつ .is- こ& 

サ、 勿論 脹管閻 下が 英斷で 許可すべし V- 嚴命を 下した ので 曲 長 一 言の 異議な S がチ、 ジレ 事を圓 滑に 行 

せ, ss- やく こゝ たかび しゃ あっせい その はん & -J う けん ふん ふ く., >5 あら どき こ こん ろん く a どうざ < !. ど 

ふ 政略 n 此 だて、 高飛車で 壓 制する^ 其 反 勵ハ大 糞 復仇 も 現 c る ゝが時 さ 古今 を 論せ す國の 東西 を 問 は 

ていふ ビ 5 けつく わ い きくが はくん たい さへ おき むづ かが ぎ で 5 .S ん せつ を 

す 一 定不勸 の 結果 さ 云 ふ もの 『オイ 菊 川君大 をう 前提が 六 かしく ッて長 S チ、 議場の 演說卜 や 無い から 

ふ f たいしゃく , かんたん ねが たい こ、 ろ わ みぎ たいしゃく ちが みぎ き 上くて 5 くる 

不動で も帝釋 でも^う か簡 短に 願 S 度ョ 『心得た、 y n デ 右の 帝釋を …… オット 逢った、 右の 曲 長お 籠 

める て だて かう き やつ • , さ く ま て 5 かと ゐ £ん てき S & ビ 5 や 5 て 5 はふ から を も こ くろ このはる ひつ 

絡 手段 n 欺 だ、 彼奴 か 佐 久間町 圍ゥ て 居る 櫂 的 笆云ふ の ハ 御 同檨の 調法に な つ た 鳥 森の 小 黑で此 寿 落 

乙ん ころ ちいつ あのき よくて 5 は く を てう だい こた み このせつ ズ -E-c,. (- しか じゃく C- C- や んゃく 

籍 だの ョ、 所で 彼奴お ッて彼 曲 長の 齒 糞ば ッか. CN 頂戴 n 徹 へる €見ぇ て 此節內 i 鹿 若さ 云 ふ 嫌な 純 役 を 

くつ ゐ たしか たんてい. このて き s- こん あのく ろて き み かた つ をれ もお こま かぎ f 

食て 居る さ燈な 探偵、 此 手から 切 込で 彼黑 的を咏 方に 附け 夫から 持, 込せ るに 限る さ 思 ふが、 < ^うだらう 

もつ ど め 5 さ. Sl£ あの こ くろ じつ い もど f たしゃく f C が き さき つか むま 

チ、 尤も 妙お …… ム 、幸; 3 く 彼 小 黑の實 の 妹が 即ち 憒 まれ 雛 妓の泣 子お、 あの 餓鬼 を 4- 先に 遣 ッて甘 

け 5 げん かく f. 

く 言 を 書^ 仕 やう 

儼稱 紳士 四 1 



_ — ■■■■ 漏 國—顯|羅— 1 1 ■ 1=1 1 画 ■ 醞醒 一一 11= I 

よわた 5- て だて ^つ しん しんはつめい 

〇 第廿 二回 處 世の 手段 ハ日 進の 新發明 

あしつき i そこ ふか ひ わし した こ ばん 1^5 ら まい &ひ つか - ,51 かし んる 3,. ォし こ く, 乞. CP 

足附の 折の 底お 深く して 千 菓子の 下 k 小判 を 並へ て胳に 遣りた さ 云 ふ は グッ^ 昔の 古い 話。 Ig^li 

よ i{> か か 5 さい どくぎ たつ ど しゃく わ S せいさい おも い きんく わんばん かけ かた. f む A こ £ し 

の 世の中で 交際の 德義 を尙び 社會の 制裁 を 重ん する さ 云 ふ 金看板 を 憑た る 方 對 つ-て ジゾ 十 事で も 仕 

や *0 I けんつく つき かへ はち か、 $ へ しんぶん たんば 5 _v のれんち よく- 5 5 せ C 5 ム いてう >ひ ,J ち. 《 

樣 ものなら 直に 劍 突で 附 返され 散 i 耻を搔 された 上で 新聞の 探訪 其 廉直 か 正 i 買ら れて か聽に 遇^!^ 

が わつ じ みだし けんてん つき ざつば 5 かきたて お ち いま もつ でんしんばしら たゝ へん .ひ L 

ち さ 一 號 活字の 標題 圈點 附の雜 裁に 書 立ら る、、 が 結果 ^8>れパ 、今以て 電信柱の 立^る 邊鄙ハ い? 知らす、 

てつだう か、 い 5 せん かよ どころ ま ぬけ こど かつ ,4- い はん どくわい めいし おい 

鐡道 か架ッ た 6 郵船が 通 ふ 所に ハ さる 間 拔な事 ハ 曾て 無し 况ゃ都 會の名 市に 於て を や 

, ねん アメリカ ぺ. ki5 ンフ しゅつばん あ ひ を W. イタ しゃく わ. S がく だい はかせ らら 

千 八 百 七十 五 年 米國の 伯林 府 にて 出版に 相成ゥ たる 獨 逸の 社 會學大 博士 ウィク トル ュ . 'ゴ f の著ハ され 

s<5 か 5 しんし 上 わたり しんば ふ へ 5 だい L んち上 じゅつ およ しんし をつ たくみ よわたり まつ ,y ん ぎ 

たる 流行 紳士 處世 新法 も 標題した る 新 著述に 『凡 を 紳士と 成て 巧に 世 渡な さん^ 欲する もの ハ 五分の 議 

^ -^L^)^^p, け, f か いる けん.^ たい & あ ひて あるひ つ 2, し ゐ,, - を 

論 さ 五分の ^以て 權 家に 取 入べ し 權 家に 對 して へ ポ 碁の 相手 S 务, 或ハ拙 S 詩の 和 韻お がすべし、 

f g よ ゥきた 震 きれ。 まやの mMi の &f i んで gd_r 十 射に P よ;, べし。 

時に C 奥 先 k 働&て 骨折 を ri すべし oi ません さ 鎖す る^ $:^づ« が酽^ を i て歡 に^ 鹂 のお 靜,^ ^す 

べし。 婿 賄を爲 さん, ヒ 欲せば 先づ 彼に 請て 些少の 品物 を ^ひ^^ 禮 どし て^^の を斷 るべ し。 m きの 

地面 叉 t 高 慎の 株券 等 を 割合の 好い 拂; さ tK ふ气 i き P に て^く 歡に iii: る ベ し usi^ の ill "ii し 

て も 彼 n 好 これ を 知る もの? oo 金 を 贈る 時には 彼に 貸た る して^ しく^ 甲へ し (I が » 

,c ^疲 M を 出し S けよ) 是れ彼 をして 萬 一 の 嫌疑 を 避し ひる !!^^ク』 ど^え た. oo M 船 Ma 一十 f まよ 



ねん いし ねん まへ さか おこ を はっしん 上 を か をで ちんぷ ケく あ £ ふん を 

年 乃至 八 九 年 前まで ハ 盛ん i^fi はれし が、 日 進の 世の中 S ま ハ旣に 陳腐に 屬 して 頤裸さ 成れ 4 

ィ タ リャ こく ふ よわたりて つがく ド タトル せんせい しんせつ .& は て. f.. せ 5 & 上、 ゥせ i 'はん い めいせ 5 あっせい 

伊太利 國 シカゴ 府の處 世 哲學大 博士 ギ ュ I テ 先生の 新說に 曰く 『寵商 (御用商人) ^云 へ る 名 稱は壓 制 

C だい のこりもの りっけん せいち ぎ ゐん せいち おい これ せいせ. ゥ $ しんし f じゅん せんしん. し ぺん をが 

時代の 遺物な-^ S 憲政 治 議院 政治に 於て ハ 是を 政商 さ 名く るな み。 紳士の 稱ハ 純然 紳士よ ゥ 一 變 して 長 

をで しんし さいへん S-5 か 5 しんし また へん やまし しんし おせかし、 んし じ せう しんし こんにち 

釉 紳士 £ な 6 再變 して 流行 紳士 さ务 6 叉變 して 胃險 紳士^な, 虚喝 紳士^な タ自稱 紳士 さな. て 今日 

• たい もつ ど おこ を 53 せ 5 しんし しか ぎ せ 5fJ んし せいせ 5 みっせつ くわん け. S い 5 あるひ さ 5 てい ゐ めい こど 

於て 最も 行 はる、 ハ僞稱 紳士な ゥ、 而 して 僞稱 紳士 ^政商と ハ 密接の 關係を 有して IS n 同體 異名た る 事 

このせ いせ 5 ぎ せ,? L んし けんか む を こど はか こ はもの ぶお べっか ぶ わ 5£ ん ぶ もつ せいおう 

此 政商 僞稱 紳士が 權 家に 結んで 事 を 謀らん はハ 脅迫 三分 蹈詞 三分 黄金 四 分 を 以てすべし。 正當の 

つきみ ひ けつ しんみつ を か だお あた その を か だお を を ほ あくじ かぎ ゆ ゑ まじめ は をし かれ さそ ひだ 

交際 ハ决 して 親密の 媒介た る ij 能 はす 其 媒介 C 即ち 惡 事に 限るな.. o、 敌に眞目な談話ょ.*=^$:彼を透引し 

ども まお あ ひ あ を げいしゃ あ ひかた また £ せ fi. ぎ ども はも ひい せう ぶ かけ ^ ギ! 》| ス こ 

て俱 k 待合 遊び 藝妓を 相 方 さなすべし X 碁 將義ょ ゥハ俱 に 花 牌 を 弄て 勝負の 賭を爲 すべし、 希 臘の古 

てつ くわい ちゃば &し くわい しゅせき てき くわい しゅせき くわい をん を あ をび てき くわい を をん を あそび 

哲-> せ は f が 『十回の 茶話 は 一 回の 酒席に 敵せ す、 十回の 酒席 ハ 一 回の 女 遊に 敵せ す、 十回の 女 遊 

くわい はもて き い か is しんみつ はか かくげん ひ 50 たび は を ども だち 「* & ども さ 5 ば * & 

ハ 一 回の 花 弄に 敵せ す』 ざ K ひたる ハ 乂 際の, 親密 を 針る 格言. 一 回 花 牌 朋友;^ 成れば 俱は相 镇を爲 

も はふ S- つ ふ おそれ ども さ ぎ f みつ、 ミ ども さろ ぼ 5 f いた しん しんみつ 

すべし、 苦し 法律に 觸る、 の 恐な くば 與に^ 僞を與 にし 密通 を與 にし 盗賊 を與 にす るに 至れば 眞の 親密 

5 この こゝ ろ. S もつ けんか さう ふく もくてき たつ た、 "かれ よそむ き まい をい た わ 

たる を 得る ものな, 00 此心得を以て櫂家^同腹i^な,c^てnII的を達すべし、 但し 彼 を容視 して 蹯 賄に 終ら 

おも ふか よろ がふし け ふの よく を かま い 1« わきこれ わか もん 65 か くみあ ひ を 

んさ思 ふ ハ不? な, o、 宜しく 合資 協力の 仲 間 ±£ 入れ 利 S ハ之を 分ち 損 毛 ハ 掛け 1^ るの 組合で」 成すべし』 

らんらん 

云云 

かの つき から この ひ けつ. W み ひにくき 上くて 5 めかけ こくろ しば ゐ けんぷつ さ を だ ん やく fj かじゃく ぺ 5 ぶ 5 ち 

彼月蹈等ハ此秘訣を得た..^s見ぇて皮肉曲長の妾小黑を演劇見物に誘;ssして鋪役の鹿若^ssaのsの 



® ザ 紳士 四 四 

かくれ ほ 5 を たち ま こ くろ しんみつ を なて たも &ど ひにくき よくて 5 だき ot 

隱ゾ 坊を爲 さしめ たれば、 忽ちに 小 黑£ 親密に 成ゥて 此の 手よ 6 思 ふが 如くに 皮肉 曲 長お 雜 絡た. 

ざ ろん ら せいぼ おくりもの 

〇 第廿 三回 議論で 取す る 歳暮の 贈賄 

せいりゃく はた -VJ のづ あた さ ひにくき. H! くて 5 Z て 5 あ ひ &ん 3. &. J くろ かた ど 5- をし ごけ ,2s ヒ 5,5 

政略 果して 其 圖に當 れク、 左し もの 皮肉 曲 長 も 御 寵愛の 櫂 妻 小黑の 方が 執 成に サラリ さ 解て 4^ 承知、 ノウ 

み 、.J ち らう おく S- もの わる こ、 ろ もち 1^- か や 5 よろし これ しかじか しょめん 

成て 見る. 御馳走に 贈賄 まん^ら 惡 S 心 持で も 無く、 ジリ ャ個樣 いたした が宜 敷から ぅ是は 云云, の 書面 

でい さしだ 5 かが は 5 はやで ま は ふた こどみ こど こゝろ づけ だん., i- ふか i& ク ゎづ 5 ち く 5 でん .5, かま 

を 一 應差 出して 伺 ふ 方が 早 手 廻し であらう さ 1 1 言 三 言の 注意から 段-^^ 深く 成て 纔 かの 中 電 仲間の 

こ もんさん はう み ど ほせ いたつ 

顧問,^ 謀^ 認めら る、 程に 至た 4 

け ふ れい £ ど さ く ま べってい せ ふたく ゆ ふが た L f つき を かしんし ひ はく ^Jo- こ く, i かた 

今日 も M の 如く 佐久間 町の 別邸 (即ち 妾宅) へ 夕方よ ふ 候した る は 月 岡 紳士 かの 皮肉 殿 さ 小 黑の方 

, v* き W をが ひ ^ まへ i&Si は を 》> ゐ どころ まか S- いで これ な き 5 をく ね CI つかまつ 

さか 桐の 長火鉢 を 前にして 何やら 話し を 仕て 居た る 所に 罷 出て 『ィャ 是は御 休息の 御 邪魔 を 仕りました 

Jiw 、 ^.^^ け: TJ;- ゆく , ^ざ て 5 し おせじ をら e こ 5 あ ひさつ を は を ここ ひざ も、 43 つ との 

檨で甚 お 恐縮で 御座 ク ます …… さ 調子よ く 諂詞を 並べ 時候の 拶挨 < ^も畢 ふ て 少し 小膝 を 進めて 『實 は此 

ひだおう お >< い!^ は いた たき れい てっかぶ けん &ざ あのよく じつ Ti. ぐ めいれい くだ そこ りら かさ 

間中 一 寸摘 話し.^ 致し S ました 例の 鐡株 一 件で 御 坐. ますが 彼 翌日 直に 命令 を 下して 底 を^って 1 せた 

ふしぎ ひ ゆ ふば たち ま もち を ほ iJ5 あが この いらい け ハき せんだ ハみ もん 

所 か, ドウ モ 不思議、 もの 日の 夕 場から 忽ち.^ 持直して 棒;^ 上って 此四 五日 來の 景氣は 前代 未 K …… 

しんぷん さ 5 ば へら まいにち £ らん を けし わたく. J おも げっ ; J.I ? ビ .r 1 t ら 

ナ 11 新聞の 相塲表 を每日 御覽^ 成, ません さ …… コ サャ怪 からぬ 私 共 は 一 ヶ月 三十 錢^ 云 ふ 代價を * 

しんぶん もど だい さう ば へ 5 かんわ 5 Z ざ あ を,.. J ち む 

つて 新聞 を 求めます るの は 第二 乙の 相場 表が 肝要 だからで 御坐ゥ ます …… ソ コで 閣下の 口へ 向けた のが 

• • かぶ, • たいてい こ、 ら たかね て 5 せ、. n あま ,よくばつ い つ 5- き か 5SV5 く、,, あ s- た それ ケ L 

五 百 株、 モウ 大抵 此邊が 高直の 頂上で あらう 餘 慾 張て マ ダくざ K て 力 身 ひ^ 亢龍有 侮の 恐^ 存じて 

こんて 5 こど t り 々ひ つかま を を は その, y かんで 5 この 50 ほ ひ 50 かぶ つ. & 4J ゆん わき ゑん せん &ん あ ひ を 

今朝 盡 く 利 喰 を 仕つ て 則ち 其 御 勘定が 此通ゥ 一 株に 付て 純益が 四圓廿 錢づゝ 一 一千 百 圓に相 成.^ ますれ 



た s けど ねが **<^*v ひ し き S- がき そ かんで うがきつ け ども ゑん さつ お .,け どり くビ 

は 御 受取 を 願; S ます』 さ 仲買の 仕切 書に 添へ たる 勘定書 付 € 共に 一 一千 百圓の 紙幣 をい fi; 御 受取 下されよ 

ま へ さしだ 

さ 前に 差 出した ゥ …… 

つき を か あたま さ い 5 5 ち ふ 1{>K ほ: Jj/JJ こんめい か 5 む *& か せ 5 ばいせ う こど さ や 5 ま & それ 

月 岡 は 頭 を 左右に 打 振って 『ィャ く 何程 御 懇命 を 蒙る 中で も 商 買 上の 事 は 左樣に は參ゥ tH せん、 夫 を 

そんりょ £ど つかまつ ひ このつ きを か たお ま ど くぎ せ 5 ざい はん をつ を こぶ れ 5 しん そむ しだい どき あ, i, 

尊慮の 如く 仕った 日に は 此月岡 は 忽ち; 德義 上の 罪人 さ 成て 頗る 良心に 背きます る 次第 …… ァ ノ^に 閻 

た てっかぶ い かビ ,111 ざ こ、 きく わ. S ひど おて だ 4^b3 あ をた よ たつ 

下鏺 株ば 如何で 御 坐る 此が機 會ゅゑ 一 ッ御 手出し を 成りません かさ 申したら 閻 下が 宜 からう^ 仰し ゃッ 

よつ しか かぶ は み あげ. た. S この さう ば か や $ どく まゐ よつ よ もし 

たに 依て 然 らば 五 百 株 張って 見 ませう さ 申 上て 置た :… 此 相場が 個檨は 得が 參ゥ たは 由て 良い もの ゝ若 

そ を このつ きを か ゑんり よ その そんきん & せ. S き、 ゥ あ々 こ 、ろね み この s- .s:^ き もど た 5 せん あ *f> で き 

も 損に 成れ バ此月 岡 は 御 遠慮なく 其 損金 も 御請^ 申 上る 心得、 シ テ 見れば 此 利益 は E よ 6 當然閻 下に 歸 

• , る だ 5S- Z ざ もちろんせ. S こ きん わたくし た たて かへ この ど ほ ^ゐ ぶんた か S- そく ,i ^で さしひ. S 

せお は 成らぬ 道理で 御 坐 6 ます …… 勿論 證據金 は 私が 御立替 申た ゆ ゑ は 此通ウ 隨分高 S 利息で 旣に差 引 

» いた ビ 、 かんで 5 がき しめ また i& か ビ ひこ 5 せんその ほか 505 こど..^ さしひき さへ まった じゅん わき どん こど 

で 頂きました (ト 勘定書 を 示して) 叉 仲買 口 錢其外 等 も 盡く差 引し ました 土の 全くの 純 S …… 頓だ事 を 

^ , わたくし じぶん S- ねき 4 & 50 わけ をれ so つ ひ せ 5 はん どくぎ 1^ 

仰せら るゝ、 私が 自分の 利益で も 無 いも の を 取る 譯は あ. ません、 夫 を 取た 日に tt 商人の 徳義 を 失 ひま 

しか この あげ この ど ほ S- わき つ あ * &た & 2,. ん さかん ゆ ゑ わたくし をのな せ 5 ばん かぶし かけ こんて 5 

t 併し 此昂 で此 通: 利益が あつたの も 實は閻 下の 御 運が 盛なる 敌で私 も 其 御 相伴で 一 一千 株 仕掛て 今朝 

- > b. f ざ . . * &んぉ ほ わたくし あ をた お L& あ をた おさ 

の 四 倍 を 得 まし て 御 坐. CS ます ハ 、 、 ァ ::: ィャ^ \. 何 さ 仰せられても 私 は 閣下の 御 品を閻 下へ 納 むれ 

そ" わた v^t^ ^ P ゆ これ さき この かね あ をた ふ けつ お il しめ ひんみん きう C よ 

は 夫で 私の 義務 は相濟 むさ 申す もの、 是 から 先は此 金を閻 下が 不潔お^ 思 召して 貧民 は 救助な さる^も 

レ,、 ま, if い *f た かって L だいわた く L ふかんわん ぺん せつ まか た、 かけ だいぎ ろん きょくて, 3 

< それで 忘年 會を 成さら う € も 御 勝手次第 我 不關焉 です …:. .』 さ 辯 舌に 住せ 疊み掛 ての 大 議論 曲 長 は 

^ま かい きみ や $ せいろん fl ゆて 5 たうく べんつ け g5 く ふせ こどば へい こ 5 それ いづ 

頭 を搔て 『君の 樣 ジケ 正論 を ま 張して 堂 >.> さ 辯 卜 付ら れては 僕 も 防ぐ k 辭 なしで 閉口す るな 夫で は 何 

© 稱 紳士 , li^ 



uml^lHB- HSBUI^^^^.' ュ リづ > た ぁづか い こどば i あ ズタた もの あ をた .. 

れ^ srii をす る^^て づ M は預" て 置かうよ 『ナゾ ノ預る ざ? -語は 有ません 閣下の 物 を閻下 1 

, : t ぺク つき を か ざ ろん & めん めいわく . 

が; めな さるので^ ますに 自^の 別が …… 『コ レサ 月 岡 モウ 議論 は 御免お …… さ迷 1^ さう に 右の 二 

かね か ^ん を か いれ . ; 

金を提 S の 中に 人た 6 け..^ C 一 

…… は 艇^の よく^;^ て iS3 ひなして is^i3 で 車の...^ にて 後 を 振 返-^ 舌 をべ . 出して 『、ノ 一 

レ ill く ぞ のき^て 長ゥ酽 M じ.^ の ひ 皮 S めが 鲈" 趴は黎 を i ひや、 がジ たから は、 モ ゥ 彼奴 はこ 此方の 奴隸だ 二 

ぺ しれ ねぶ か は. おこ を ひ 一 

〇 第 廿四回 表面で は 知ぬ 极府 川の 品行 一 

や ; S & けん きょ.^ $ $ ほっき かぶ 5 つ. J まつ 

『■ こ 附 it の^^の でも i は^りて 居る が、 M の 一 件が 許可に 成たら 眞に發 起 株 を賣て 仕舞て 一 

> J ' ct, ,y り"? 1 く ピく せ 5 ち それ さしつ かへ や 5 じゅんび fl ゐ ,に ま や ペル 

歡 ど t 砂け るが Si で わらう、 其 事 は も疾は 承知で * は 差 5- ぃ檨に 準備 を 仕て 居る か 困 ッた奴 一 

agy,,、mf ^^がだ&£1の|^£で i&ifmff ff tsr^lil 

^おやの ビて mi する はは^ m だて、 1^ に^く^ おられて 膨院の t 一間に でも 掛られ て 見 玉へ、 脹管; 

. ^ J ^ ' , ぶ »« z^r お A! れ 上つ L 上 くん はや ね ぶ か は ら. 5 らく しゅだん 一 

さ ザ <^J もす ベ から? I, る 場合に 陷 るの 恐 ぁゥ、 だに 由て 諸君 早く あの 极府川 を 籠絡す る 手段 を. 

>, r> ひにくき 上くて 5 ち 5 こく る ほ $J きんき ふもん だい & ざ , その 5^5 りゃく ru かやく. 》」 

^ら さんお や |s んせ …… も は 皮肉 曲 長の 忠告。 成程 コ リャ 緊急 問題で 御 坐る かシテ 其方 略 は …… 『否 i 一 

- ? t^st.t-: tsvhjo- i r れんけつ じ まん 全ん かんで 5 げんみつ ゐ をん を か JS, 一 

艇^ 鹂は 一 0i ft ils^^is^ は^したし、 廉潔 自慢で 一 錢の 勘定で も嚴密 にして 居る し、 女に 掛ー 

ては観ぎ鉛? 一 i だし、 の 謹て § に m なつ ? f f 1^ 

ず ぎす るし、 あ if ッて滅 f 、.ii』f i が f て S るせ』 、さ n 



十 


う 


だ 


で、 


や 


郞ま 


チ 


叙? 




ら 

ソ 


い 

rn ソ 


r 


タ 




か 
//ノ 


て 




で, 


甘 そ 


酌 S 


典^ 

z、 fXt 




) 


、 


も 


巽え 


升^ 


子 こ 


干 

錢? 


\ 


ま 


足? 


面 ま 


の や 


ち 

ソ 


トせ 
お 


奴つ 


だ 


Ml 

1— • 、 


羽 は 


や 


で 




m や 


は 


子 こ 


ん 


少 S 


の 


さ 


の 


知し 




U 


さ 


上え 


か 


ill 


れ 




ァ 


IP 


に 


お 


將 含 


無 を 

み" 


白 じ 




の 


m 




71 ん 


い 


分^ 

ノ" J tx» 


さ 




猾' い 


は 


の 


チ 


で、 




仕し 


と 


如し 


ふ 1 




昔ち 


所ず 

,ノ 暴 C> 


て 




る 


引 2 

, さ 


併 力し' 


て 


かろ 


ふ、 


仕し 




姑 ね 

3=H へ 


L 




昨!? 


居さ て 


い 


さ 


歷き 




夜べ 


な 






ん 


は 


來き 

ぺ、 




さ 


1{ 


だ 


だ' 

/ レ 




な 


7i, ん ザ, 




目め 


の 


す 


がい 


ま 


が 


り 




鼻 ま 

ン 暴 




足チ 


す 


放 1 


て 


相 r な 
手て 


. も 


ft 


駄だ 


が 


せ 


現! T 


t 


位ミ 


屋ゃ 




ま 


It 


に 


指 S 


の& 


It 


御お 


せ 


も w 




しさ 


大き 

ノ< ほ 


出で 


朋? ん 


て 


て 


の 


て 




よ 




暴 


、 ^-- メ 

诤 


'ゾ 


居る 

/口 


同? 




i ど' 


時し' 


で、 




士し 


お 


さ 


t 

7 






に 


相 § 

车 


歸 


お ゝ 




极ね 

府ぷ 


や 


子 


ま 


仕し 










で 


诤 




川 S 

/,1 ほ 


大£ 運え 


r 

し 


遊? 


い 


〜 


君え 


を 


太た 


て 


X 


て 




が 




姊 S 


BS ど * 


ふ 1 




ェ 






さ 


V , 


で 


S==jj 




符ろ 


き 


ん 


目め 


な 


所^ 


入 R 








に 


さ 


がろ 


たつ 


や 


の 


私き 

共 § 






极ね 

府 r 




ん 


を 


ま 


ま 




It 


成 を 


の も 


し 


す 


君え 


n 


強う 


さ 


相 ひ 


た 


よ 


力、 


W だ 


る 


手て 


も 




は 


ら 


ら 


さ 


ち、 




y 


れ 


表? 


れ 




や 




ひ 


が、 


面》 


て 


で 


ァ 




ャ 


大ぃ 


m 








も 


嘘!: 


好き 




二れ 
—ど 



實? 

に 

彼の 

根ね 
府ぶ 

'が 
お 

轉象 
を 

買?; 

て 

居& 

る 
か 
の 
ク 

嘘 I 

お、 
ら 

せ 

,, 

噓!: 
% 

ふ, 

田お 

Ail 、も 

な 
ら 

Iff! て 

ん 

子 こ 
ち 
や 
ん 

閬き 
御 こ' 

•^Ci ん 

な 
さ 
い 
な 



ら 
ゐ 
ま 
で 
は 



度 ま 喰ミ る 
目め てチ 

ぐ 此© 疋" 3 

節 S や 

わ ァ 

の m 
妓こ だ 

に ==0 

破 § 殺き ^ 
瓜つ さ 、 

で れ 堅き 
通 て 藏 f 
す 居ゐ お、 
のる ど 
が の 、 
藝 K k - 堅?; 

m 御 こ 藏 f 



や 存: 
鏘? 知 
m な 
に い 
や の 



然き 
でへ 
す 

=0 



7 



ん 
力》 

豆? 

,、 で、 

テ ェ 
^ す 

轉 i サ 
は 
破 g 
瓜つ 、 

b &© 
や 人? 
如 ま ァ が 
是を 有き 足? 

I め m だ 
は 
さ、 



が で 
お 

轉, ^ 
ち 

や 
ん 

ど- の 



で 十 

も V 

宜 J ノ 
^ 三 

し 度 ^ 
て 目め 破 f ま 

、 か 瓜っ 

mi 四よ k 



ノ の 

色レぶ は 
の 裉ね 
^ろ 府 
い m 
目め の 
の 堅 
•f^ii- まう 
ん 話き' 
ft 。し 
m 運え 
の 太た 
"fei か 

い 甚 え 
委る 九く 
員え の 
さ 三 I 
ん 線 X 
で を 
せ 引き 
う な 

e= が 
t ら 
尋 § ^ 
ぬ モ 
れ ^ 

ば m 
『 井& 
ム 君え 

を を 

う の 

n 根ね 

、 府ぶ 

卿? m 
^へ さ 

う ん 
し ど 

て 仰 5 
彼 I し 
堅さ や 
藏 f る 
を の 
知し は 
、 
て ァ 



m 長? 



そ 
れ 



も 

宜ょ 



< 

X U 
b 根ね 
― 府 

t 一 



事 i 



相 5 貝ん 
成き に 
て は 
各 S 僻? 
)( m 
所き し 
狎み た 
の る 

藝!; : 實 S 

m 驗ぇ 

が h 

出 

現さ' て 
しん の 
た 

る . さ 
魂え は 
膽 2 知 
鞍 I ら 
部ぶ れ 

の 1Z 
摟き h 
上ず 

を 
の 

話 g 
題し 
の 

中!: 
It 

% 

So 
かづ 

ら 

出で 
る 



® 稱 紳士 



四 八 



5 んャ てんこ ふたり ものがたり ねぶか は ^ろ たちまち あら - , k つき を か て, T ゥ „ • 

すョ』 さ 運 太 典 子が 兩 奴の 物語に て根府 川が 敗 綻は忽 に 露 はれた 4 ければ、 月 岡 は 手 を 打て』 输た …… 

これ ュ か は このぎ せ 5 しんし ため お だ,? つか く 5 でん て ふちん もち をつ く * ^めせ. *g 

是ょウ 根 奢 川 も亦憐 むべ し 此僞稱 紳士の 爲に機 關に使 はれ て 空電 の 提灯 持 S は 成た 6 け.. OC 期 て 此惯稱 

しんし れんち 5 し &- くわ, S む-?' ハか こど を をの けいりゃく い 上 < いで いよ くき い 上く;^ M fc^ 、あ 3 

紳士 連中が 社會に 向って 何なる 事,^ 爲 すか、 其 W 略 は 愈 i 出て 愈 i 奇は L て 愈-^ 妙 ia>.<y€ 雖 おも 餘. は 

. ^き IJC てんき もら ね^VJれ をし ふで こゝ ビぃ /:-**,|\ 

ia^ て は 夭 機を拽 すみ 恐 われば 惜 からぬ 筆 を 此に止 ひ (完結) 




® 帰 【入 娘 



山 



人 



〇 第一 回 素性 

? 三 ii ゥ四航 る、 14^ 酽な i が is から 確 尻の 來る愛 慮 も あるまい 



ノ: s 



たしか. Js- く 5i 



を こ だいこく や い 

其處 れ大黑 ¥ 云 ふ 



ど 5 ぶつ や 



さか f 



唐物 屋ゎ 6 け. CNO 

? お がか 緩.. やひて n だ i 五十の 1 はぎえ たるが、 さ 『K ふ 者 <iR^T 人づゝ わ. 

て、 辩が紐^の^^ぉに《1ニり^らぬ闺ー110 さてぉ5^ぉぉ€て、 Sj! ど 評判の 一 人 娘。 一 初危は 三 四 年 前に 



ものだん^^上ひど5' 



を はや もり ちの み ふた s- 90 し てんねん そ を び けい みかけ f や , 

過ぎて、 速い 者なら 乳 呑兒の 二人 も わる 年齢 なれせ、 夭然備 はる美 形 なれば、 外見 は 漸く 十六 七、 二 九 

のま i きもの かたあげ ど あか S ん. あかお おび ばんじ わ かづく ど した みせ i 

さは^ら ぬ^^る J^、 まだ 着服の 一 屑揚も 取らす、 赤い 半襟 赤地の 帶、 萬 事ャぉ 作 4 に 取 仕立て ゝ、 店頭 

お だ 5 つくし ゆき、 の ひど あし をく よだれ ちほば か - 

Ji^ 押し出し たる 美麗 さ、 往來人 も 足 を 練 縮めて、 垂诞に 地 を 堀る 斗. <. ^な. 

このむ め い はれ たづ これ S- や 5 しん もの れっき む を こ を y ゆ ゑ L& *f 

さても 此 娘の 由 來を霉 ぬる JJ^O 11 此が兩 親なる 者、 歷 然もした 息子の ゎゥ ながら、 何故か 頻ゥ に女兒 

3 い か ひどり f しう しん あま かみ だの きょみ づ くわん せおん ふ 4. ふ か は 

を 欲しが 6、 如何にもして 1 人 設けた し^、 執心の 餘-> の 神賴み をれ よ.. 淸 水の 觀世 音に、 夫婦 代る 

にっさん で き、 め を こん SJ つ ひ さんろ- 5 ふんばつ によ 5 ば 5 ろ < か ひ ぐ 

く 日參. W 出かけし が。 かくても さらに 効驗無 きに、 今度 ハ 遂に 參籠。 .J 奮 籠し、 女房 か祿 甲斐 i しく も、 

はち あ ひだ 、いんじき s つ しん ふ らん きせ. S こ- くわん せ ねん ふ びん お iJL め そのまん々 わん よあけ £ ろ 

三七日の 藺 斷 食して、 一 心 不亂に 祈誓 を 籠め し J^o 觀世昔 も 不憫 さや 思 召し けん、 其滿 願の 黎明 頃、 か 

さ だ ゆめまくら た おんこ ゑ ほ がら せんざい せんざ. & ざ あん かわ だいふくもち $ 

定ま 6 の 夢枕 は 立ちて、 御聲 S さも 朗 かに、 善哉、 善哉、 雜 煮に 飽 rj>c、 さてお 替ゥ は大覼 餅、 甘 いは 

おや つね こ ゆ ゑ やみ よる ひる におし よく た われ きせ. S こ あつば 、 、 、 、 

親の 常ながら、 兒敌の 闇に 夜も晝 も、 三七日 食を顚 ちて、 吾に 祈誓 を 凝らす さは、 1K 晴れ さも かっぽれ 

ま をし や 5 こ、 ろね i つ われ かんぷく をん お ひ 50S- およし さづ £, - きざ はし お たま 

さも、 * 樣なき 心根な $o 依て 吾 も 感服の あま 4r 汝に 一 人の 女兒 お授けん ト、 云; S つ、 階段 を 下ゥ玉 

て ちし ゆ さくら を は. S よけ だま さかさ .S く まへ お これ 

ひて、 手づ から 地主の 櫻 を 折 6、 をれ にビ IKtl の 蠅除玉 を、 逆樣に CNA- てお 職が 前 置き、 ま づ之を 

の ろく この £ ろ だんじき ほら へ を S- .S まさら ゑんり よ ひも じ どき 

呑 ひ. ぺ し^あ. ける. 4- 祿も此 比の 斷 食に、 腹の 减ゥ たる 折 なれば、 何 を 今更 遠慮す ベ. き、 饑 い 時 

まづ を その さくら わ だ かたはし < お ぼ たち ま を く.^ 

の不咏 S もの 無し €、 其 櫻の 枝 を 片端よ-^、 A Ji- ャ.^ 喰 ふよ さ覺 えしが。 忽ち ドは く は 成. て、 觀 

ん せたん をが た み われ きざ はし もど づくま る いま ゆめ ありがた" 力た じけ i5> 

世 音の 姿 は 見えす、 吾の み 階段の 下に 隨踞ゥ 居る は。 さて は 今の は 夢で ぁゥ たか、 わら 有難 や 辱 やさ 

tS, ま ぶ CN せん ひた ひ ,ビ このな れい を ま 3- .505 ろ 5 は w こ ぉづし *5>ん おこの しだい しん 

^^も佛^^に額を擦ゥゥけ、 此御鱧 K は、 鈴の 燈籠貼 子の 御圖 司、 何でも 御 好み 次第に 進せ ます。 何 はさ 



も あれ を、 iijrti^ も i う i かせて、 i すお てま 4- ましよ ト、 鹦 よく 立ち 丄. -し が、 夢に 喰った 

る 爾らの i は S の^し t もな ら^れば、 i は おぎ カ觀の んで 尻餅 春く を、 辛..^£て三年拔まで 

) だ 5 わ や かへ ものい だい! ころ こる こ 

,^ar を..ょA,:<;^に:bちぎ.^て、 三條の 香が 家へ^ 歸 4 しが。 物お も 云 はす 臺 所へ 轉げ 込みて、 

t&^su C" ち ど < ほら こしら f や われ 5" かへ のお 力 やうし 力 t 

4^ ぎ,^ の ¥ から ザ タク ザタ、 三七廿 rr^ か.^、 一度 喰って 腹お: へ、 漸く 吾に 返 6 て 後、 さて 斯様 云々 

- .:、 5 ^ S さいべ ゑ 5 れ i こ を ほ き 上み づ かた 5 おむか » . • 

で」、 ipis あ i を、 S はずぎ かす s、 |衞嬉 し悅 びて、 尙も i§ を 打 向 ひ、 三 

ぎい 九 1^ なした りけ る。 か、.? にか- i の麟 は、 あ ひ 日よ.. i クく € 膨脹れ 出して、 果は 飴細工の 狸の 

> 、りい こし マチ ませ タ きみ ^び だ たま 

f き」 の) llsfew して、 いよ ..(-懷& さ 見えけ るま^。 やがて 月 満ちて 飛 出した る は、 玉の 

やうな あ PT, 。-ぎ ipjkg? し i の、 ^ffn SMaa 

し、 蠅 I, 玉の 奇特な らん^、 名 さへ 其 饞か玉 さ 呼びぬ 

か、 る き"^ が ある みば、 a や 十三 四..^ 成け る 頃に は、 其 美し さあで やか さ、 K き 傳ふ揚 家の 女 

も、 ょも|^4^はぁらさるべく。 酽でぞ (41^^ 航 でさへ、 ^さ ¥ へて tt わ やか も 同然。 昔時よ ,。 美 

MBffi. Sli^-AF. はんば々 六十 sfss 呼吸お 次 かま 稱 へても、 ま 

だく あ" f さうな, mso ir の K の is は、 risfis ト、 f - ぬ, I 形なる に 

ど。 M^kkBKPf. 環に S の 0ffffo て もさても たま 

げた ^ぉト 、 ども:^ るが 磁ぎ Isi- も、 i^si よ, -まづ i ピ、 M^kf^o 



り や 5 しん . 

〇 第二 回 兩 親 

fif をん &ざ 5 お たま うつく >、 .,: *?: や S: 、 

(財 兵衞) n リャ 女房! (か 祿) 何で 厶 います? (財) 自家の.;^ 玉 tt 美し S もん ぢゃな 0(4^ 祿) 左様で 

&ざ べっぴん さ や- 5 ざ よ をん を * &ん べんい お を こど、 

ムぃ 1? す o( 財) 別品 ぢゃ 》® (お 祿) 左 樣でム います o( 財) 好 S 女お やな o( か祿) 何遍 云っても 同む: 事で 

*5> んべ tc- お を こ 50 4 &ん べんみ 5 つく しか こん 5 つく む をめ で き わたした お 

§ 何遍 云 ふても 同 卜事ぢ やが、 • 何遍 見て TP 美し. S もん ぢゃ 然し 斯檨な 美しい 娘が 中 2 來 る.^」 は 私達 

ふたり くわ は ,25. の * , ぁダ ゆた 1^ ん い きょみ づ さま さづか む をめ い くわん おんさ ま まもし/ y 

二人 は 果载者 おやな o(.f- 祿) をれ は 貴 郞! 何 さ 云っても 淸水樣 から 授りた あの 娘、 云 は > 觀昔樣 の申兒 

ざ - くわん おんさ A* ありがた ふだん しんじん ゐ &ざ > 

でム す もの o( 財) 觀昔樣 は 難 有い もの おやな 0(.;- 祿) だから le. 常 信心して 居る ぢゃム いません か 

その ど ほ このき や 5 まち ひろ い へ $J ほビ がじん また > , 

(財) をれ は 其 通. „>ぢ やが、 此京 の町廣 し.^ 雖も、 を も あれ 程の 美人が 叉 さあら うか ou" 祿) まづ …… 

&ざ £ き をい お 5 & ざ はつ ^»ん ち 5 

御座.^ ますまい o( 财) 五 畿內中 はは? (お 祿) まづ ••:: . 御座 <y ます ま S (財) 日本中 は? (か 祿) さ 

& し につばん. S ち きび だん £ f む をめ *y ざ 

ァ …… まづ SIS かも 知れません o( 財) さ ば 日本 一 ぢ やな o( か祿) ほん さ k 黍 園 子の 樣あ 娘で ム います。 

もった. SiSS> こど い しか ろく あの こ だん-, JY-VJ し &ろ i& つく いつ ひどり 

(財) コ レ勿體 i ブ事を 云 ふな! 然し か祿 や! 彼 娘 も 段々 年頃 成て 求る. が、 …… 何時までも 一 人で は 

お «50 をん い .* の さんがい いへ i5> い い つし や, 5 > つ おい つ いち _ てい 

ffi け 1HS な o( か祿) 元よ. 女 云 ふ 物 tt 、三界に 家 8rc か 云って、 一 生の 中 何驗か 一度 は、 灘 でも 亭 

しゅ も さんがい うお を ^ かい や だいじ ^ みつ 50 も を ^ 5 ち 

主 を 持たねば なゥ ませぬ o( 財) 三階の 家、 が 無ければ 二階屋で も 大事 無い、 ^うか あまう 身共 無く lis 家 

や た あ をた いは L こど だほ き おやき もつ 5 ま * &ん *^ をた 1^ みお レ 

へ 遣 6 度い の o(.J^ 祿) をれ ft 貴 節, 云す^ 知れお 事 おれ 丈の 容色お 持て 生れた ものお、 何で 貴都尋 11 

てい や だい、 P さ づけ くだ くわん おんさ ま を ) ま SJ 

樣の 家に 遣られ * す も ②か。 第 r.J^ 授け 下す つた 觀音 樣. ^養み ませぬ o(s-) なるほ^。 をん なら 先づ储 

こ よ わたし たも どころ みや かた くわ ケく がた 一 

處が: 可から うな? (お 祿) 妾の 思ふ處 では、 ま づ宮方 か …… さなく ば * 族 方へ でも …… (財) ォホ -11 



I に 入 娘 31 一 

is ニニ- „ ? 、ん { み t か ,ヒち や 5kJ ん どうぶつ ど せい fl よどく せい 

stt^^^^t. お gr し S 鎖のお si おやな 。が、 ま ァぎカ へても 見い! 多寡が 素 m 人の 唐物 渡世、 所得 a 一 

の S "五 める M ほ、 $0fff 五十 爾の 1 零つ さ 出した 位の 奪、 宫; 

V^S«L mrLl ノ Fcf あさはか そん , , こんじ やう t 

観 や^ S- 於が、 ^で^ず る もの か OU 祿) トさ、 思 ふの は 男の 淺墓。 女 は其樣 なけち な 根性 は 持ち.: 

ませぬ。 きうして? i は f は、 ぉぞ? il の Mi の i で、 をへば 非人 ハ乙 丐?? p、 £11 

し J ^^ 、ま ご ま : し & きんざん づく LK ^ 

がよ 好くて 龢 がわれ は、 i:4i が iST のか^に ^りて、 — ゲ では 瑤の輿 は 無い けれ さ 金銀 作のお HSV 一 

て、 ッゾ S 鉗まして i れる のが、 鄞し ももく おがる もの >齓 で。 三界 は 家の 無 S 代ゥ はは、 五 階 一 

ク^レ ^> > z>^(xy き き きよみつ さ 

絡の^ S 蛴^ でもぎ む 4^ が is 妒 るので す 妾お ッ て^. - ながら、 生母が ち ゥさ氣 を 利かして、 淸水樣 一 

あ f をけ おやお どこ かたづ き 一 

へで も 鶴 1^ けて、 おの に il んで くれた あら、 貴 郞の樣 な デコ助 老爺の 處へ、 嫁いて 來 やし 一 

ません 。をれ を m へば ikis、 4^ 献は^ ジ iiSS ぢ やど ュ of) > -ィ氣 味の 惡 いかかん か ィ! (や 

祿) ほんに おは iis^i は をれ た。 — i ろで 1 しの ふ 1 ふわれ 丈の g 色 在る もの を、 ゥ まらぬ 奴に 遣り; 

た V ありて は、 Siii へ雜ぬ に^て、 おは g の f ハの 4-^ ひが^る まで …… (財) 其お 迎ひは 何時 來る复 

やらう? U 祿) ^^ぎ も i せわしな so i てば 露 の 日和 ぁゥ、 急いて: s?tt 損 t る、 細工 は 流々 仕 一 

f^. SIL う f が よう f 5 財) 製が 拭?、 韻な S が 齲し に f う。 I 

&ma,m^MKMt お" 分 1^;;^ も ある おやから、 s?^ ぅ鲈; ^どに まめ 度 S ざ 思 ふて、 實は 其方に 相 一 

D ^1 き 5 さ き s-fejf あお こち のケみ 一 

ギ かがぎ いのお や o( か祿) 戴なら ES きますまい。 をれ tt われ^の 容色お や もの、 彼 地此地 かち 所望 一 



て f> こど げんざい わたし きこ だけ たしか はん こ ひわ づらひ lO 1<!>ん 

者の あるの は 知れた 事。 現在 妾の 閬き 込ん た 丈で も、 確に 七 人は戀 病 をして 居 ますげ な o( 財) 何お や 

こ ひわ ブらひ e だい もの は や び や 5 き わ L ら ち 5 ねん i> ぶん は もた a 

戀 病 ? さても 時代な 物が 琉 行るな。 をん な 病 氣は私 等が 中年の 特分 は、 早ゃ廢 つて 居た もの ぢ やが 

それさ t たれ てお かい むか か f の や 

::: シテ其 は 何處の 誰お や? (か 祿) まづ 手近から 云 はうなら、 向 ふの 金物屋の 銅 八^ん o( 財) ゥゾゎ 

S んど 5 つぎ か はら まお こ. &し S .J やさ ま だ. & ばん 5 ら ちゃ 5 げしゅくや 

の 番頭 か OU 祿) 次が 川原 町の 小石さん o( 財) あのお 謦者檨 …… (か 祿) 第 三番が 裏の 町の 下宿屋に 居 

も た S, しょせ. & だい ばん この あ ひだ 3 でさかる ざ で a ふ あんじ やくしゃ 

る 杉 田^ 云 ふ 書生 o( 財) ダテ 第四番 は? (お 祿) 此間 迄拔井 座に 出て 居た 不安 次 o( 財) ケゾ わの 俳優 ま 

そのつ ぎ ふち や 5 みや か は これ くわん ゐん *5,4 だい ばん せ L きあん いんねん 

で o(.:^ 祿) さて 其 次が 府廳 の宮 川さん o( 財) 此は官 員さん やな o( お祿) 第 六 翁 か是色 庵の ,ぬさん。 

をけ ベ «4 ひか をに を か 

(財) ゥゾ あの 肋兵衞 坊主 o( ぉ祿) さて *J ん 尻に 扣 へし は …… ホ ゝ、、 (財) コレ何 か 可笑し S? (お 

よこち や 5 しち. いんきょ いんきょ かs^c^5 * & ほ^ 

祿) 橫 町の 質屋の 隱 居さん o( 財) H あの 隱居も 講中 か。 成る 程 乙れ はゥ ハ ゝ、、 

きゃく らい 

〇 第三 回 客 來 

し A ろく そ をた .S まい ふ 5 お かほら まちこい 》1 ふお や 5 みや か は この ふたり せ 5 みや ゾ 

(財) 然しお 祿ゃ! 其方の 今 云た 中で、 河原 町の 小石さん は、 府 廳の宮 川さん、 此兩人 tt 如何 か 脈が わ 

こ c し だ. & を 30 こぶ よ だい しんせつ だい おや だい 

.0 さ うぢ やせ。 まづ 小石さん は、 第 1 男 振ゥは 好し、 第 一 1 は 信 切で も あう、 第三に 親ハ 無く、 第 四 は 

い しゃ ゝた を をから ゐ さいど 5 ビ て か を まで た ひく はんじゃ S や 5 も 

謦者も 下手で は 無い から、 半 井さん ゃ齋藤 さまに は 迚も 敵 はぬ 迄 も、 まづ 纏々 繁昌の 樣子ぢ や。 をれ に 

このき やう まち い L ゃこビ ほか、 ゝゝ どころ どころ かたづ を まづ ゆく を ゑ、 あんしん いふ 

此 京の 町 は、 饕 者が 殊の外 もてる 處ぢ やから あ、 云 ふ處へ 嫁いて 居れ は、 先行 末が 安心 さ 云 ふ ものち 

みや かほ if 5 へ は 5 げっ きふ ゑん ど を や 5 も た i- どし 

や。 をれ^ また 宫 川さん は、 府廳 でも ズッさ 上の 方で、 月紛も 五六 十圓 は- R 取ゥ 成る 檨 子。 只 年 かち 

ふ を Si め. & どころ きを その か は かね あつ いへ ど ほ W- つば 

さ 更け 過ぎて るの^、 二度目 さ 云 ふ處、 が瑕ぢ やけ^も。 其 代う 4^ 金 が^ん さ 在て、 家 も あの 通 6 立、 派な 



か nu ま 
の 
愁き 
に 



湿& 50 K がの n 〃も i ふて る 霞ゲぢ やから、 »ii は ッゾ, ヒ濟 まして、 始終 長火鉢の 側に 坐りて 居られ 

る。 ^ ぎな は あるまい おやな S か o( か 祿は皆 まて M か卞) X しても く、 貴 ffitt 目の 

. > .: . 7> しゃ. ばい その VJ ほ お ほそん ► , 

つて、 4^ きな P の i はわる の をお 見なさら ぬから …… 商 寳も其 通ゥ、 大きな 損 もせぬ 代 6、 さ 

, £ ご.,;' . ir^ そん , t , 考, れ うけん ズ ザん やく た \ - 3 一 

んさ If に i かった g しも あ 6 ません 男が 其樣 なしみ たれた 了簡で、 何の 譯は 立ちます ど —— 乙れ 

が tll-s の歡 I- ら、 «酽が^.4^ず^-^、 iri さんな. 4ぃ& さんな, -、 をれ はくよ S 婿さん、 直ぐに 

チこ 、 さ む め わたしら ふたり ここ い く, *<ん お/ 

^お を g して いけ < ^も、 t を 云 ふ にも 自家の 娘 は、 妾 i 一人の 子 して 子に わらす、 云 は》 I 曰 

^A. ら g かりた^ ぞ もお 組。 をれ を气 ザく さ^ HI! い、 町 警- おや kfij は、 誰が 遣られます も 

r V ふた こビめ •< わん おん i で わし 

のか、 し pttMs^m^^. ^さも かま § ひなされ ませ ぬか oi) 二言目に は 觀昔檨 が 出る ので、 おは 

- まら 2 こま む をめ .2 ん だん そ をた さい ま k ほさ よ 

1$^ も 1 いけれ さ まァ さう Is を 立て 、は 困る ② をれ では 娘の 綠談 は、 其方 は 1 切委 かさう 程に、 好 さ 

を を ほ で わたし もに い た こど *L 3 

をぅな處へ賣-^^ゥけてくれ! (お 祿) さう 素直に さへ 出る なれば、 妾ぢゃ S て 何も 云 ひ 度い 事 も 無い 

ごし ひき 5 わる や ,コ いた にぶんた の がってん &ざ 

をん なら i^, が 引受けて、 惡 S^J^ は 致しますまい ®i) 何分 颜む OU 祿) 合點で ムんす . 

,ト Jet Is こ くるま だい ^5-^5 お き ビし ころ せん & おゆ 

i し へ、 、カラく €引 き 込みし 車 1 臺 さも 廳揚に 降. -て來 たは、 年の 頃 四十 前後,..^ 覺 しき 

. J rti ヒ& じ マチ わた?. れ あたら か へいお はかま てついろ は$ しょ みつもん は たり > ひだりて f や や?. * だか 

i5 かさ i§ はれる 不 if な 綿 入に、 まだ 凝し ぃ嘉平 治の 德、 鎖 色 奉書の 三紋の 羽織。 左手 k 茶の 山 高 

: - i ^/ V- 5 を ま ひ、 こ ん ; 5i つど k% みせさき を、 き だ. S こく や さい 

&げ、 ^の^に 簿く 齊げ掛 つた 小 鬚 を 一 す 撫でながら、 ズッだ 店頭へ 進んで 求て、 (男) 大黑屋 財 

V- 5{ *^ こちら ハ みせばん でっち きこ ゑ てまへ 5iJ も £ ざ > 、一 > 

^ヽ ゥ ヒー 1?- の は 此方 か ト云ふ は、 店番の 丁稚 黄^ 聲 して (丁) へ. ィ手前 共で ム います o( 男) さう 力 …… 



お 上つ so£ しゅじん めか、 た い めいし わた でつ お 5 けど いそ おく きた 

1 寸御ま 人に か 目に 掛. 度 so ト云; 5 つ、 名刺 を 渡せば 丁稚 ハ をれ を 受取って、 急いで 奥へ 东. o、 (丁) 

だん を さ 3 た t-s まみせ このかた h だん を ちょつ どみ た S 

へ ィ旦 邵樣! 只今 店へ 此方が 入らつ しゃい 1H して、 旦那に 1 寸逢; S 度い さかつ しゃ いますが。 ト云; SCN 

い せん めいし わた さいべ 5 けどつ ち 上つ どみ はくしゃ くも ゝ たにけ か ふ や を ケ のしげ た !• さいべ ゑ くち 、りお よ 

ゝ 以前の 名刺 を 渡す 財兵衞 SIS? て 一 寸見れ ば、 伯爵 桃 谷 家々 扶柳 園茂忠 さあ 60 財兵衞 tt 口の 中で 讀 

こ くび かたぶ し かた 

んで 小首 を 傾け (財) はてな、 知らな S 方 だか …… 

はよう ば 5 § のケ こん たみ あ こビ * & かた あつ こど き 

女房 は 側から 觏き 込で U 祿) ドレ 御 見せな さ S! 貴 郞逢ゥ た 事の 無 S 方です かズ 財) 逢た 事 も 聞いた 

こど -i? やう まつ &ん かた やつば につばん じん £ ざ しき こど. S 

事 もない。 コレ長 极何樣 ^方お? (丁) 矢 張, り 日本人、 らしう ム S.S すズ 財) コラ. S れ 切った 事 を 云 ふな 

$J 5 い ふ 5 ひど き い ふ 5 もんだい じんぶつ ろん くわん けい 

!何樣 云 ふ 風の 人 か をれ を閬 くんだ ® (丁) ^う 云 ふ 風 さお ゥ しゃいます さ、 問題が 人錄. 論に 齲 係し ます 

こどよ ひき わた のち しゃ 5 おこ ヒ き らん へ H- くつ き 

から、 事に 依る さ 誹 譏に でも 渡ゥ て、 後;^ 訴訟で も 起った 時に …… (財) コ レく、 其樣な 屁理屈 は 聞 

た しつもん しつもん せ. いふ &ゝん ほね を ぎく わ. S ひっき き 

き 度くない タ o( 丁) でも 質問が 質問です から、 政府 委員 も 骨が折れます o( 財) 11 ィ議會 の 筆記 を 聞 いて 

を ど ほ ま を こおら £ ざ ぼか やっこん どころ き. SJ- 

ハ せん。 何んでも よいから お通し 申せ! (丁) 此方へ でム S ます か 。(財) 馬鹿な 奴が! 此 樣な處 へ^ 客 

、ど ほ みせに かい 50 ほ まほ あ を こ をせ 

が 通される か 店の 二階へ お通し * せ! (丁) でも 彼處 tt まだ S けません o( 財) 何故 ぢゃ? (丁) また 

わたくし ふ どん た ゝ このぶ しゃ、 ゥ もの はや さ 5 ち を > 

私 の 蒲 圈を疊 みません でした o( 財) 此 無精 者め、 が、 早く 掃除 を 仕 居らん かィ o( 丁) <f ィ /\ (財) ほ 

し f 4 & ちくしゃ、 ゥ 

ん ざに 仕樣の 無 S 畜生 だ. - 

みせ きゃく ま 

店で は 客が 待ち かねて、 (客) H へ ヅ-/ \.o • 一 

f せつ 

〇 第 四 回 應 接 



I 1 人 娘 

して r 稚 mi^、 萄ー^ を さつ..^ 除な し、 へ 1 ゥて、 (丁) 俯が 1?- へ! さ へば、 f 

も ii に K ツビお 6、 に is りた まゝ、 箱階子をギ^^く云はせて、 二階の 一 間へ 通れば、 此處 

b.5.0. pfy^^ Irw かた けんで が5 し ませ く 5 き S そこ ► * &っ さ.^ あ, つ > . k "J ぼ 

は^い 六 imv、 Ik の?^ は 二 間 出 % 子の 窓 あれち 空氣の 人る は 其處 のみに て、 夏は嚇 暴かるべく、 右 

のお は 九 ビ 1^ おに JiiJ て、 窓の方に寄-^^たるを床の間になし、 家名に 因み たる もの はや、 筆者 は 誰 

- p-i こく いち t. く し さい さが そのした あや からかね くわ びん お ► かん? w< 

€Kf$. の の 一 軸、 仔細ら しくぶ ら下ゥ て、 其 下に 怪しげなる 唐 銅の 花瓶 を 置き、 寒菊 

ひ fcN かみ Is け われ.^ も、 葉 も 花 も 大方 茶 売の 樣 はな 6 て、 火 を かさ ゝば 直ち 燃えなん なう 其 隣 

11 & -,4 く sij-w しゅ つら f し はこらん ぶ かさ みせ 55- しろもの 5 づ たか け かさ ► ギ: • 

は li ひ贓は «ii の^くに は al 家へ たれせ、 帽子の 箱 洋燈の 笠な^、 店 貰の 代物 堆 く 積み重ねて、 雅 

ら、 こも ^ がまんで き ものむ か おしいれ ふ をん * ぶ ひら 

|{ さ 云 ふ もの 少しも 無く。 まだ をれ 針 ゥ》 らば 我慢 も 出來れ *-、 其 向 ひなる 押入の 襖 一寸 五分 ほさ 開き 

fi &が 急ぎて: it 付けた る名殘 にや、 寢衣帶 さも 覺 しき 怪しげなる 紐の、 五寸 ばか 尾 を 出した 

ふ ていさい かぎ > 

るな せ、 不體 裁の 限ゥ なゥ て 

IT は P 、が f だ 出した る、 il^mf ¥ 蒲 ib^kw^i へて、 Kf$t0^f P 

を IT の; S に • め、 ^^ぉ^をす、-^&がら、 ョ P く ぎ はし る i ろへ 、 g^si. を 登- 4 れ 

L ゆ じんさいべ ゑ おや if 

る は、 主人 財兵衛 老爺な 

一 i た IKLi へば はや、 ^£ 酽黼 もま だ^の ら ぬ^に 1^15 へ、 黻 M を めに 帶に插 みて、 靜は 客の 前へ 

t 4*e ぎょい ? .c>^< し たうけ あるじ だ 5 こく や さ. &べ ゑめ &ざ 、い & 

i み k で (財) 乙れ はく 初めまして 翻意 得ます 私 が當 家の 主人 大黑屋 財兵衞 奴に ム.? ^す 以後お 



; L ^ い . き f g やうて つ かしら ぶ さ さやう せソ しゃ ^ く f 、く. ^、^^チ 

見知 ゥ 置かれ を! S 云へ は 客 も 兩手を 突いて 頭 を 七 分 は^ 下げ (容) tt ッ左檨 で。 : 拙者 は^ 爵桃ハ お 

かふ いた や をぎ ケ のしげ たビ f も の じ こん;! J べっこん を f ケん む さ どころ よ 

の 家扶 を 致す、 柳 園 茂 忠^ 申す 者 自今 御 別懇に o( 財) 何 御用 か は 存じ ませぬ が、 不污 ぃ處へ 善う こも 

& じゅら. S くだ どころ さいせん 3 ま を し つれ. S ばか こ S た 上う ? J こ,? 

御入來 下されました 處、 最前よ. 'か 待たせ. S. しまして 失 鱧 斗. .90( 容) ィャ 此方 乙 を 御 多用の 處を o( 財) 

いた こん ひ^ ひ い はじ ひ ばお ^ こ、 ろ あ 5 はし 

<$j う 致しまして^ う も 昨今 は 酷く 冷えます ::: ト云; S かけ.. て-初めて^ 鉢の 無き に 心 づき 周 f 早て ゝ階 子の 

おくちの だ ちゃ 5 まつ ひ はや でっち した 

下. 口へ 伸び 出して、 (財) 長 核 やか 火 を 早く o( 丁稚 下よ ゥ) ^ 11 ィ!. 

f や ひ ばち, で ちゃ で こ、 ざ かた ころ. きゃく こどば あらた Z て <=, し * つし- 0. こ I 

漸くに して 火鉢が 出る、 茶が 出る、 此處は 坐 も 堅 まった 頃、 客 は 言葉 を 改め (客) さて S 亭主に 拙者 今 

K ちをゐ さんいた よぎ &ざ おねが ひ お きく. SSi ^ ま, ij 

日推參 致した は、 余の 議 でも 厶ら ぬ、 ち さ 御 願の 筋が あるのお やが、 何さ閎 いて 下さる か o( 財) 成る^、 

わたく L ふせい おから およ こど およ き いた よ およ き で,, - 

私 屈 情 力で 及びます 事なら ば、 及ばすな がら 聽 きも 致し まし やうが o( 容) 及. も 及ばぬ も、 貴殿な 

き こどで き し だい をのし さい ^ . 503 き くだ しばる 

らで は閬く 事の 出來ぬ 次第 おやて o( 財) へ 、 ィ、 して 其 仔細 は o( 客) まづ 一 ト 5^ うお 聞き 下され ト 芝居 

*、 .^t た:^ ^7 ♦ ^こる ネ! >、 , 、こ、 Ift や こ ほいろ し せっしゃ しゅ んも 、だに あ 3. さね こ 5 

なら 相方替 る處、 容は 少し 居直って、 (客). もも (此處 成 田 屋の聲 色 さ 知るべし) 拙者 i 人祧谷 有實公 S 

< ^を でう ん ^ ど;. \i , さい k さんぬ わつ は を ころ ど. りき やう しば こ 5 わふくわん たい く わんれ き なんい はい あそ 

申す は、 當年御 年 六十 一 才、 去る 四月 花の 頃、 柬凉ハ 芝 紅葉 舘は 於て、 還 曆の掬 祝 遊ばされ しょ A:s、 

おもて. * £ いんきょ あそ.' _ > £ か 50 く やう みつ さ. -a こ 5 お ゅづ しか このみつ ざね こ、, 5 おんどし さい わた 

表向き 御隱居 遊ばされ- 御 家督 は 御 總頜、 光實 公に 御 讓<=>ぁ る、 然る id 此 * 實公、 御 年 廿五才 に 渡らせ 

f^! / ;> - > . ぉパ ザた * 1" けど ケく 5 ち どし £ ろ ひめき みあ また あ if おんま,? L こみあ 

玉へ^、 未お 定まれる 奥方 無く、 尤も 御 同族の 中 て も、 年頃の 姬君數 多 在れば、 諸方よ As 御 申、! 有る 

いへ せ みつ ねこ, 5 きたいび 15>ん かせん をの ざ i?. & きみ &ん ひか げんじ よ まで r て t 

£雖 も、 光 實&は 稀代の 美男。 六 歌仙の 其 一 なる、 在 五の is^ も 何の をの、 I る 源氏 74S ぬ i^〕、 

? I i^^ J^t^ たい て ^ ふ た,^ つる あ sS, る ら &ど おんつ g あ ひよ ろ £ た 5y ん ぎょい 

品の 男 振 <=NO 尋常 一 樣の 婦人に て は、 鶴に 家鴨 を 列べ し 如く、 御 鈎 合 宜しから 卜 €、 御 當人も 御意 われ 



ば、 か おし: In げて、 ,ある f 、 f,00t uls. 

t Jti こ たま どの あ w ざね こう お ほい こ、 ろいた よつ このたびな じ しんお. f た た 

ちぎて S ふべき はわら す 殊に は大 殿有實 公、 大に心 を 痛めら る、 依て、 此度 御自身 s;s 立ち 玉 ひ、 

ォ ぎ ■ の りて、 こ 此の sr 御げ Ti ?、 MM^^i IA んの P あ & よべば。 ぎぎ 

しき il も わらん かち ^^; b つての な- されば 灘者御 i? 行 致し、 去る 九月の 末ゥ 方よ. -、 當 地麩屋 

は の、 ffs0f i のっき i くしき も、 力き S ひくて、 tmffsi 

の、 おお もめぐ. 4 口 は卞。 il は I はぎれ 思^み た あ ふ ■ から、 S トが のま.. まの 事な 4、 今 は 美人 

一, i ぎょい せっしゃ かしこま おんど も いた K やく わ 5 じ 

の? にも^き たれば、 て r$fr ら さんさ、 御意 ある k 拙者 畏 i 御隨行 致して 若 王子よ 

は、 …… T- レ ぎて n ^お、 娥ぢ やさ ま 1^ す? (財) l^^iiはぎ£をiしませぬ敌、 一 向存卜 ませぬ o( 容) ハ テ 

& ま w^-e & りこ A ザ ^ か、 さ. S ベ ゑ^の きでん む を; £^ £^ 

rf P …… を^ 6 掛 AO は、 財兵衞 殿、 貴殿の 4- 娘 御で ムる どよ。 

も 5 ざ 5 

〇 第五 回 妄 想 

Mm が &は、 0f.?^^fff¥ T だ 1 灯 1 の S に i へて、 i がお f is がら 心 

5 お ひど 

の 中で 獨語. - 

『r¥F ああ V もき こ 此の ま 1 け 家の 力 家ふ扶 S の 茂し-お:: を铲& きな^ …… ほんに f き は 



あこ や こどせ め どき でく い ろ し ろ は 5 やく はん その やく 5i ん また ズ% ん わた..! 5 ち きた 

す、 R 古屋の 琴 資の時 k 出て 來る、 あ-の 色の 白い 方のお 投入。 其 か 役人が FK 何 だって、 妾の 家へ 來ん 

をに L ら こど をん こど ばか L げた、 V むかし 

だら う? 何も 調べられる やうな 事 もない は * 、 、何の 事 、おらう 馬鹿々々 しい! あの 重忠は 昔時 

ひ SO いまどき こ 、く は を を おん を L み 5 ち しんる ゐ 

の 人おから、 今時 此處へ 來る箬 も あるまい をれ にしても 名が 同 一 4^ の は、 やつば ゥ 骨肉 か 親類 か、 

みち, L げた !• い を わる ひビ ^ ちが • どころ をん ため 5 ち き R* 、た kji 

何の 道 茂 忠^ 云 ふ 名なら、 惡ぃ 人で は 無い に 違 ひない よ。 處で 何の 爲に 自家へ 求たら う? 桃谷樣 

おで. SS- やしき を やぎ その き こど を わか よ f> かね 

…… 御 出入のお 邸で も 無く 柳 園 …… 聞いた 事 も 無い 人 …… ゥゾ 解った、 讀めた 、 ^^^o さて は 兼 

のケ さほ この も、 た £1 さま どの さま 5 ち たまみ そ そこ ビ や しき あ どの 

ての 望み 通ゥ、 此桃 谷樣の 澱樣、 が、 自家の か 玉 を 見, 初めたん だな。 其 處で何 うぢ や 邸へ 上け ぬか、 殿 

たつ £ .し よま 5 い L たくき ん まんり や 5 ふた 5- 16^ まん S- や *2y のた こ 5 さい まんり や 5 

が 達ての 御所 望ぢ や、 ゥゾさ 云へば 支度金 は壹 萬兩。 兩 親へ 祝儀 さして 躉萬兩 ci.^ 他 を!^ 債 五萬兩 。乙 

そお いへ せ. ざいさん あ 9 が ど £ ざ た つき. /(-,■ こづかい い くら だ 

れは 其方の 家の 襲 財産に せよ! " ィ難 有う ム います 。ま だ をれ で 足 ふす ば、 月 ゝの小 遣 は 幾何で も 出 

あき ズタぃ もどで こちら だ あき を. S や ゐん き よ さ が 

してやる 。商賣 の 資本 も 此方から 出さう 。ナ 11 商 賣は廢 めて 隱居 する? をれ もよ からう。 をん なら 嵯蛾 

べつ さ 5 た や ありがた £ ざ せがれ や 5 かう L た や, T. かう 

へ 別莊を 立て ゝ 遣らう。 ィ雛 有う ム S ます 。惮 は 洋行が 仕度 S か、 よ L く 洋行 もさせて やらう。 I 

ありがた £ ざ おやち わ まき ほ かや ぁ& がた &ざ 

ィ難 有う ム います。 親爺 tt ラッ n の 襟卷、 が 欲しい か、 よしをれ も 買って 遣らう へ ィ顴 有う ムぃ 1H す。 

おふくろ はし を まも かや あ g がた &ざ *& ん こっち のケ し 

生母 は 八ツ 橋の 生が 好き か、 よし それ も K つて 遣らう へ ィ難 有う ム S ます ト、 何でも 此方の 望み 次 

だい その 5 へむ ヒめ たま こし きんぎん づ w ば しゃ をの どの i あ ひの や 5 ふく どき ひど わ 

第。 其.. H 娘 は瑤の 輿、 オット 金銀 作 6 の 馬車;^、 其 蹈 様 さ 相乘, で、 洋服の 時 も われば、 十二 一 重の 

どき しろ わ y もんつき こど こ. & きこ もんちり めん fl 上せい ば を s- おも お ほが た 

fpi 白襟紋 付の 事 も あれば、 また ズジさ 小意氣 は、 小紋 縮緬の 書生 羽織。 さう か € 思 ふさ, 大形の 

ゆかた くろじ ゆ も たん おび およつ どひき か む を あづまげ た 

浴衣に、 黑繮子 か 八 反 か 询 かの 帶を、 一寸 掛け k 結んで、 東 下駄で カラ コ 口く。 オッ^ rJ れぢゃ 

1 人頫 1 



--- に に ■IT i-_ i -- - つむり ,v< はつ い さ がみ > まるまげ 

ァ に 1 てし まふ ホ、、 、o をれ から 頭髮 も、 束髮に 結った. CSO 下げ 髮 はした. 00 丸鬆 する かさ 

?、 1^1^ こもして P た .-。 お 齢の, も あれば、 さりば. 9 ざ 銀杏 返し。 唐 神髴も 一 サ 可愛 

^.^r^ i L やぐ ま あたま かる らく わかしゅ まげ い Jii い. よ , 

らし いし、 か 1 草^も あ^けなくて 好 so 赤 熊 は 頭が 輕 くて 樂だ、 …… 若衆 髭 も 威勢 か 好く ッて …… 

さ、 船でも||;3|^ぃ1ぉ&ゥて、 I きおき 1 しみ はする 事 だら うが、 また あの 娘が、 何 k しても 似合 ふか 

&t £ で またお iV> 慰 も rSi の, から、 ff^u.0^f i が 爵£ 漬物で 

.i 2^ . ス ,0.51 r こ あさ た i ほん じゅく およつ どビ うき や ミ みほ . ^る ' ^ur ^) > ^ 

一が ま^ ふ ml^n^ も あるまい。 まづ 朝、 が 玉子の 半熟 ビ 一 寸東 * ^風に 昧赠汁 か畫か 鯛の か燒 

き g は、 气吸ひ i が i は T お i ぎ、 i は Msm ぎも^る i だが、 あのぎ はおが 嫩 ひだから、 別に 五六 十 

嫩の i 船 きヒ^ て、 さァ な « からか I 良べ! i な 物なら か殘 しさ、 殿樣、 が 側に 付て 居て、 か 鈴 事 も 

i て さる …… ホ、 、 、! K ぎな S も ある ま S け^も。 處が 華族 樣 なんて ュ もの は、 何も 御用の 無 いも 

一: 5,*-^ S つく. e5 けんぶつ いせ まゐ s- あつ かぃ^-七&ょく ゆ. さむ k , 

ん だから、 ジレ^ ir た、 ^^レsli^ぉ、 日光 見物 伊勢 * 宮、 暴い から 海水浴に 行かう 寒い から 湯治 接 

|> f が f¥S ん でぎ はりて、 slli^i 鲈 にも も、.^ うぢ や 一 所 がんか さおりし やる、 へ 

ィく う^います 1:^ へで もお £i します。 貴樣 達の 行き 度 S 處へ 連れて行て やる ど。 へ ィ難 

1^ う:^ S ます olrnTls!^ お へ。 t よしつ 連れて て is る 避 座が 一遍 見 度う ム います。 

ゥゾょしぎれて$;:かぅ0ゎ|^^,雞へ孝-リたぅムぃます。 ィャ 其^ 俘 は W らく 待て くれ。 ホ、、 -。, V 

I 5^.4 どつ やつば さ じき は 5 い 

れぢ ゃァか i へ m て て^. ましょう。 ハァょ や 翁 を ® て か.^ て くれ 。矢 張 ゥ棧數 の 方が 好い ど。 ホ 



VJ の i&e や $ だん 

、 、 、、 殿樣御 串戯ば つか. c>o』 

われ ビ われ とた はて み ぶりまで しき 1 ゐ ビ ころ き *-< おく だ さいべ • タ - t 

さ 吾に 問 ひ 吾 さ 答へ、 果はを かしな 身 振 迄して、 頻.C^J^浮かれて居る所へo 容を 送. 出し 4^ 財兵衞 が、 

みせ かこ かんろ かんろ 

店から 驅け 込みながら (財) せ 露! 甘露! 

き や 5 わつ k 

〇 第 六 回 恐 悅 

ろく かんろ A んろ ま かんろ かんろ かんろ お ほかんろ でつ お 

(財) か祿! 甘露 だく ズ 祿) ナ 11 甘露です S ュ? (財) 待てば 甘露 だ。 甘露! 甘露! 夭 甘露! (丁稚 

-5 しろ かんろ かんろ 5そ やか あちら ゆ 、• , 

は 後で) 甘露 甘露^も 6 ゃ噓 おんべ (財) コ リャ喧 ましい、 彼方べ 行けく! (丁) へ ィく 

さいべ ゑ でっち むか みせ は 5 お ひ ばち を^ ちんお 5- どき ばつ , ^をば I 

財 兵衞は 丁稚 を 叱.^ つけて、 店の 方へ 追 ひや. o、 やがて 火鉢の 側へ 陣取て (財) 時 は.:^ fk! 實 貴君の 

C, ? J5 かんろ ひ よ り *^ まあ ふ |)\ C, ふ をのめ. S し も、 たに さ 3 & かふ や もケ の. Js た s- 

云 ふ 通, 9、 まてば 甘露の 日和 ぢゃ 今 逢た か 客 さ 云の は、 其 名刺 はもお る 桃 谷 檨の搁 家扶で、 糊 園. K 忠 

さま かた こん & わか どのみ つ 5 ち みつ ひ -、、 Z 3 

檬さ か つし やる 方ぢ やが 、 今度 若殿 光 氏 …… では 無 い 光秀 …… でもな い y レ く 光實 a さ か しゃる 方 

のか 伴で、 此の 京へ 奥方 を 探し はか 33 でに 成た の ゃゥゃ o( 祿) オタ さ 皆まで- {^ つし やるな、 其 後お 妾、 が 云 

み しつ. &み をの わか ビの 5 お たま みそ よ- * せ,, 

て 見 ませ やう o( 財) 知て るなら 云 ふて 見 S! (祿) 其 若殿が 自家の か 玉 を か 見-初め 遊 はしお k 依て 是 

ひ や. La- あげ h ほ を L &ざ その vig たちぎ、 ゐ I 

非 邸ぺ 上い さ 云 ふ、 4^ 話で ムん しゃう がな o( 財) ケゾ其 通ゥ。 其方 は * 閻 して 居た な (满) なんの 

き くら. こど しれ ゐ こど をの わか どの $J ん . ^た、.; 1^ 

まァ! H かいでも をれ 位の 事 は 知て 居ます o( 財) ゑら さうな 事 を…… をん なら 其 若殿 は . ^佝な 方 力 知 

る さ ビし 令 5 や まし わ 5 ばく & きり や 5 ふじ ど かく ゝゎ 

て 居る か o( 祿) 左檨さ …… お 年 は 徽く廿 四 五、 星 は 五黄 か 六 白で、 御 器量 はち さ 不の字 だか、 鬼に 角 華 

ケく さま こど まつ べんし お 5 し せこ. おが > 、- をの 一り や 5 おは 

族 檨の事 だから o( 財) オット…… 待た. o、 辯士 中止 ぢゃ o( 祿) 何處ど 違;: St- した か o( 財) 其 御 器量 か大 



1 入 旗 六 二 

ちが わる みつち や あざ でき ゐ おは 

逢; 30( 祿) もつ さ 惡; 5 のです か o( 財) S ゝゃ o( 祿) 菊石 か癜 でも 出來て 居ます か o( 財) きうして く. K 

ちメ £ きり X ら き 5- や 5 わる を わる を ^ / - \ 

違; so 翻 agil はすん^ 好 S のぢゃ o( 祿) をん なら 御 器量 も惡く は 無うて o( 財) 惡くは 無うて? 其 様な ち 

\ > くさ こど ひか げんじ i&s- ひら き 5- や 5 よ かねもち をん を ほ をの どき み 、ゥけ 

ょス臭 S 事 かィ。 光る 源氏 か 業 平 か、 器量が 好うて 金 持で、 をれ で 女が 褒れ るなら、 其 時 や 身 S ををゥ 

はや 5 あんた さき 5 

れたゾ のゾも o( 祿) コリャ く o( 財) コレ 離すな S! 浮かれる ゎナ o( 祿) 貴郞 から 先へ 浮かれ だして 

まちめ さんぬ L t つき ゑ かた じ こ 5 おや 55J し 々れ $J き き きみち * &カ 

(財) ィャ もう 眞 面目 おや —— さても 去る 十 一 月の 末つ方、 時候 も 丁度 時雨 時、 樹々 の, 針 葉 を 眺めん さ 

そ どめ づ あらや ま を ま じゃく わ 5 じ i& ん せんじ けんぶつ その を w I - .i' 

外 珍ら しき 嵐 山、 では 無かった、 待てよ、 ソレく 若 王子から 南禪 寺.^、 見犊 なせし 其 折から o( 祿) 貴 

te を? „i い その わか どの を ほ^ わか どの もみち み い つ > 、 

郞 がか? o( 財) 何 を 云 ふて る。 其 若殿が おや o( 祿) 成る 程、 若殿が 紅葉 見に か 出で k 成た のですな o(i 

さ やら その ど *- か <v„b た こ かげ ど ほ はん をん を ろパ たれ お^しめ わ flL 

左檨ぢ や。 其 時 彼方の 木蔭 をば 通. かゝ. し 二人の 女 i コ レ 4^ 祿、 をれ を 誰お やさ ® 召す? (祿) 妾 

もんこ ど L しゃつ たわけ もこ ど ほか、 を を た たま 

は 其 樣な事 は 知. <y ません o( 財) 知らん 奴が あ. るか ィ 白痴め! 其處を 通. <>掛 つたの は 其方 さわの. 玉ぢゃ 

さ 5 たわけ め ぶんこ ど わ も やつ > , そん お ほ, - 

ゎィ o( 祿) ハ ァ左樣 でした か o( 財) 白痴 奴 自分の 事 を 忘れる 奴が あるか ィ o( 祿) でも 其 檨な覺 え はわ 

を や つ を f> おか L おき 

う ません もの o( 財) 無い 奴が ある もの か 無うても あるに 仕て « んかィ o( 祿) そんなら わる 仕て 置 ま 

を こ れい わか どの たま み そ あそば たてまつ ま を ^ ほせ 、 しか 

しゃう o( 財) 其處で 例の 若殿が、 か 玉 をお 見 一 初め 遊され 奉ゥ 申し^の ぢゃ o( 祿) 成る 程く o( 財) 然し 

,v の を り わか どの たま. S こど &ケん を ゆ ゑ その ま、 $ かへ を なけら. S 

其 折 は、 tl;. 殿 もま だか 玉^ 云 ふ 事 を、 御存 卜が 無かった 敌、 其 儘お 宿へ ぉ歸 o;^ 成ウ、 あの 御家來 にか 

むか あそ どき .L げた J- け 丄 をん せんじ み をん を もこぶ ぴ 53 よい &さ わたくし この どお 

向; S 遊ばされて、 特 茨忠、 今日 南穉 寺で 見 4^ 女 は、 頗る 荑な ものお やな 铷意はム<.^ます、 私 も此通 

ひざ t だれ あど £ ざ どこ t の わか たづ L こど £ ざ 

膝に 诞の痕 、がム います 11 あれ は 何處 の者ぢ やか 解る ま いか。 尋ねましたなら 知れぬ 事 もムゥ ます 



こか さつら くさが お れ む をめ ほ かた t はか ざよ い あ も f fit 

ま. so 然 らば 早速 探して くれ、 乃公 はわの 娘が 欲しい さト 辱 くも 御意 遊ばした^ 思へ o( 祿) 思; S ます 

L- けた t-so のかし i も さましよ は 5 たづ ビ ころ ,T. くわつ たづ かた み この & 

(財) する さ 茂忠殿 畏 つて、 直ぐ 樣 諸方 を 尋ねた 處、 が、 まァ, 迂濶な 尋ね 方 をした もの ざ 見えて、 此名 

だか f お む*> め い こ 5J け ふ ひ まで. I* れ ば か は *S7> を そこけ ふ をつ やつ 5 

高 S 自家の 娘^ 云 ふ 事が、 今日、 が 日 吃」 知なん おも は。 馬鹿 » 話 では 無い か。 其處で 今日に 成て、 漸^ 自 

お む をめ い こどし ゆ ゑ を さま ど £ ざ わたし お ほかた さ 5 おも いま 

家の 娘 さ 云 ふ 事が 知れた 敌、 直ぐ 樣 飛んで 御座った の^や o( 祿) ィャ妾 も 大方 左樣 だら うさ 思って、 今 

ひど s- よろ,, J ゐ どこ &ざ あんた if, ん へんじ L おき ねが 

も 一 人 喜んで 居た 處 で厶ん すが。 テ貴郞は佝€返事を仕て:5^*なさぃました? (財) をれ は 願った 4 

ねが ^ あ をた か を か を そ をた おが か を ねが 

願り た. <rso (祿) 何 を 貴 郞!、 叶った. 叶った, CS でし やう o( 財) 其方 乙 を 逢 ふて る。 叶ゥ た. 願った 々ぢ 

ちが ねが か を i ゆ ゑ へんじ しょ うお いた £ ざ t^^^ 

や。 t1 、まだ 逢 ふ 願った. 叶 ゥ た. o、 でム います 敌ニッ 返辭で 承知 は 致した ぅム います けれ. $J、 何分 

5 ち む をめ わ こ わ こ ばん そ をた こ ゑいろ きょみ づ さま ぁづか £ &ざ 

自家の 娘 は、 吾が 子に して 吾が 子 はわら 卞 一 I ト 一 番 其方の 聲色 をつ かうて、 淸水樣 の 預ゥ兒 でムゥ ま 

ゆ ゑ おうお や もど ど あは 5 おか、 やか £ ざ ま を > .L か, お 

す敌、 一 應 親許へ も 問 ひ 合せません では、 自家の 饞が喧 ましう ム います さ 申し あげたら 然らは 1 應相 

だ うへ へんじ ねが た しか わか どの だいぶ せ 乙 へんじ ほや > ) 

談の 上、 お 返事 を 願; S 度; so 然し 若殿 も 大分お 急き込みの 檨子ぢ やから、 片時 も 早く^ かっしゃ るから。 

そのぎ おきづか あそ いづ へんじ &、 くな ゃ& で 3 を あげ 5 け あ . ^か 

其 儀 は 御氣逢 ひ 遊ばします な、 何れお 返事 は 後刻、 御宿まで 出まして 申し 上ます さ、 キッさ 謅合 ふて 分 

はや いつ しゃ 5 ち. &た :&こ し 一 

れ たの おや ズ祿) をん なら 早く 行て お出でな さ SI. (財) 承知 致しました さ 云 ふて 东ゃ うか o( 祿) 知れ 

こど わたし さ 5 だん そ,5< た 5 け あ ひ い H や 

た 事お …… 妾に 相談す ると もぁゥ ません o( 財) でも 其方が 請 合た^ 云 ふから o( 祿) ぐつ くせす ビ 早く 

い い まゆ せん いそ はや , 

か 出で なさい! (財) 今 行く がな o( 祿) タレ 善 は g げ 。早う く。 

さいべ ろくせ た あはて くさつ い ゆ いおが たもて かへ きた む もめ たま— 

財兵衞 はか 祿に 急き立てられて。 周章 腐て 出で 行けば 入れ 逢 ゥて月 外よ. o、 歸ゥ來 りし 娘のお 玉。 お 



一 人 娘 六 四 - I 

み て あは ij5 む き 上み づく わんせ おんさ ま さま 《« 

祿は 見る よ ゥ手を 合せて o( 祿) 南無 淸水觀 世 音檨、 樣々々 々々o 

せつ どく 

〇 第 七 回 説得 

む をめ み をで くお あ おつか .& やさ 5 -ぃ ろく 

娘 は 見る よ. CS 釉をロ は 當てゝ 、(玉) * 、 、、 まァ阿 母さん 縑だ と! 如何し たんです ね 11 ト 云へば。 ぉ祿 

しきて ま;^ せ 5 か た. S へんめ でた は をし 

は 頻ゥに 手招きして o( 祿) 如何したも期ぅし^^もぁゥゃしなぃ。 大纖ぉ 目出度い 話が あるん、 およ o( 玉) 

ま ウた しあ を こ かせ かへ つ く む を 5 お おどつ ひど い そ あし 

今 も 妾 彼處の 角まで 歸て來 る <w、 向 ふから 自家の 阿 父さんが、 何だか 獨. <=Nii n くしながら、 急ぎ足で 

あるい く おどつ 50 こい き たま をん S はや 5 お 

步 行て 來 るから、 阿 父さん 何處へ 入ら CN しゃる の? さ閬 いたら、 ォ f か 玉 か、 何でも 好い から 早く 自家 

A めでた はふし い をん く れ うち $ めでた. & 

へ歸 へん か 目出度い 話が ある ト云 ふから。 何です チ まだ 歳暮の 中 だのに、 何が か 目出度の です、 ト 

きか ね も 5 ち はんち 上 5 さき いつ もの ふ 5 こどい ■ 

聞う さ 思 ふ 中に、 半 ro は^ 先へ ドゾ 行て しま ゥ て、 其 風の を かし 事^ 云ゥ たら o( 祿) さう かィ。 

r はやこ、 e た. stfi- け ふ お はや かへ 

をれ はま ァ好 いさして。 早く 此處へ 4^ 坐 はうよ。 大曆 今日は 遲 かった おやな S か 。(玉) 早く 歸 たか ゥ 

け ふ けいこ じ まひ あや!^ くこ あ はふ L ほくみ あが 

たけ^も、 今日はお 稽古 仕舞お もんだ から、 生惽 混み合って チ o( 祿) をれ でもう 今日で 鹽汲は 上った か 

L 3 ひ らいねん あふひの うへ し、 や 5 

ィ o( 玉) やつ さか 仕舞に して もらった の。 をして 來 年から 葵 上 Jt£ しゃう つてお 師匠さん か …… (祿) 

がう き- . おつか ひケめ *• つゆ つめい 

をれ はま ァ豪 氣だチ o( 玉) をれ から 阿 母さん! 4% 彈きー 初に 持て 行 くんだ から、 をれ までに 爪の 好い の を 

か ちゃう だい つめ い かつ を にし たく まんり やう 

買って 頂戴な (祿) 爪の 好 S の? はァ はァ 買て あげる さも 何し お. W 度が薆 萬兩 だもの o( 玉) ホ 、 、 

つめ かふ まんり f つめ こど をが もち たん を きもの おび 

爪 を 買 もの Ji^ 壹萬兩 入. やしな S ク o( 祿) だから さ。 爪から 琴から、 長 持から 第 筍から、 衣服から 帶か 

かたかけ げた ただ じゅばん くし かう がい き やう だい は s< ば こ たばこ ほん くわし ゆん ひ 

ら、 肩 掛から 下駄から、 足袋から 襦 件から、 櫛から 笄 から、 鏡臺 から 針箱から、. 煙草盆から 茶菓子 盆^ 



? * ち てっぴん やくかん びん ちゃわん さら て をけ かま ち リ ど け 5 き を a $ のこら. あ W 

鉢から 鐡瓶、 藥鐯 から 土頒、 茶碗から. 皿、 手桶から お釜、 塵 取..' から 箒 木、 何から 何まで 不殘舍 せて、 

まん r? や 5 し たく た まん リゃぅ おつか ! it 5 ちゃわん 

1 萬兩 のお 支度 さ。 をれ で 足らす ばタ レ もう 1 萬兩 ズ 玉) * 、 、阿 母さん 如何 かしてる よ。 まァか 茶碗 

ひかへ .S めでた は をし まへ し わたし 

が 引つ く 6 覆る ぢゃ あ. ません か o( 祿) ト云 ふか 目出度い 話 を、 お前 はまお 知らないの おらう o( 玉) 妾 

$ t .S つたい 1& に All ど はじ j5> に .£ど かに &ど ゑ び ざこ 

は 何も 知ゥ やしません ク0 j 體 何事が 初 まりたん です?、 (祿) 何事に も 蟹 辜に も 海老 はも、 沙魚 はも。 

ま もん くだ こど は あ かんじん こど き くだ いまい SJ ころ 

(玉) 叉た 其樣^ 下らな S 事 を :.:• 早く 肝 K の 事を閬 かして 下さいな! (祿) だから 今 云 ふ處だ ァチ。 

まへ ほ どの さま わたし わたし おつか ちが 

——か前に惚れた殿樣がぁるん^^ょ0(玉) 妾に? (祿) 妾 はさ o( 玉) ァラ阿 母さんに? (祿) ィュ違 ふ 

よか 前にお よ o( 玉) まァ …… それが 如何した の? (祿) もれが お前 を? れるさ 云 ふんだ よ o( 玉) まァ… 

SJ 5 .& まお どつ へんじ S どころ 

…をれ から 如何した の? (祿) を, れ から 今 阿 父さんが、 返事に 行り た處 だァチ o( 玉) まァ …… をれ で 

をの どの さま ビこ か も、 たに さま い りっぱ くわ ケ くさ ま わか 50 のさ ま せんげつ わた f- まへ い つし よ 

其殿樣 tt 何處の 方な の? (祿) 桃谷樣 S 云って、 立派な 華族 樣の 若驪檨 なん^、 先月 妾が お前 さ 一 所に 

をん せんじ い どき み ,y あそ せ ^;げ つ こど. S わたし 1& ん せんじ 

南禪 寺へ 行た 時 i^、 ぉ晃 染め 遊 はしたん、 おで」 さズ 玉) 先月.. ァラ あんな 事 云って.、 妾 は 南 S 寺な ど 

いつ こど わたし い つ -Kiss f をん さ き さま をん せんじ 

へ 行た 事 は あ 4 やしません ク o( 祿) さ、 妾 も 行お 覺は な S さ 思った け.^ -も、 何でも 先方 樣では 南禪 寺で 

み そ こつお るの つも S- ゐ そ どつ い 

見ー初めた^ かゥしゃるヅだから、 此方 も 其 心算に して 居^ S さいけ な S ッて。 阿ハ乂 さんが さう 云 ふから 

わたし そのつ も 3- ゐ まへ をのつ も S- い S> おゆね み を 

妾 も 其 心算 はして 居 るんだ。 4^ 前 も 其 心算で お出でよ o( 玉) だり て 行 ゥた覺 もな S もの を、 見初められ 

は <ビ *& を こ を 5 つ つもり お し つ がふ わる 

る箬は 無い tNO (祿) だから さ、 其處 はわっても 無く ッて も、 行た 心算に して 置かな s«、 話の 都 An が惡 

せっかく さ き さ^^* みそ こつお み そ お ね &ざ いつ 

-S んだ よ。 折角 先方 樣が 見-初めた つし やる の は、 此方で 見-初められね 覺は厶 S1H せん^ 云て しま ゥ 

laseEB BBaaaBasaaassJalaaBrTSI i ,5-, 6-11 瞿 = 11 画 瞾酾 匪ー 画 - li s 



1 人 娘 六 六 

■8— — — — a—Bsa—aBsa^n—fsBB g-g-g 誦瞧ニ 國|=國 一 一二 i - -. 『一, SBasaBTa- 一 i,m 扁 一 II 一-一画 _ 一一 一一 :■ am—BH I ■■ 

み ふた * & は をし まへ あきん $J むヤ V め くせ かけひき い こ >J L 

ちゃ ァ、 身 も 蓋 も 無い 話ぢ やない か。 前 も 商人の 娘の 癖 JbT 掛引さ 云 ふ 事 を 知らないから いけない。 

そん む s- い をん せんじ いつ お ほ わ いつ つも s- ゐ をん 、 

(玉) 其檨な 無理 を 云 ウたゥ て、 南禪 寺なん ど 行た 覺 はな いのに、 行た 心算に して 居 おは、 何だかお 

, , , しかた しかた を 

かし S ぢ やありません か o( 祿) を かしく ッても 仕方がな いぢ やな S か o( 玉) 仕方が無く ッても を かしい 

もつ ど たかを ぃフ お 11 ね たかを お 

ぢゃ あ. ません か、 尤も 高 尾へ なら 行た 覺は あるけれ^ o( 祿) をん なら 高 尾に してお 置きな! (玉) 

その どき おつか いっしょ わたし は 5 &ぅ い . *^ ん > 

でも 其 時 は 御母さん € 1 所お や あ. CS ません よ o( 祿) 妾の 方 は何樣 でも 好い よ o( 玉) 何だかち CN さも 解ら 

は をし わかつ まへ みそ こ ひわ づらひ あ を , 

な S 話です ねュ o( 祿) ちゃ ァん S 解て る; 2H ^いか、 お前 を 見, 初め 戀 痫 をして、 明日 k も 六 かし いさ 

い どころ & けらい しんぱい せっぴむ をめ たくが た わざ, i>- け さ つか ひ い > 

云ふ處 から、 御 家來が 心配して、 是非 娘 を 奥方に あげ K? 笆、 態々 今朝 か 使に 入らし つたんだ ちゃん € 

わか まへ よろこ こど もの わか 50 のさ ま い , い 

解って るぢ やない か。 をれ に まだお 前 を 喜ばせる 事が わるんだ よ 其 若殿 樣さ云 ふの か、 をれ はく 好い 

を どこ i&w こま や い & きり やう わた.. i をり こま や きら まっし まや 

男で、 成駒屋 をつ く 6^ 云 ふ 御 器量なん だ^さ o( 玉) 妾 は 成 駒屋は 嫌; S です よ o( 祿) をん なら 极島 屋… 

& こま こ 

…をれ でも 無 S …… まァ困 CN た 子, たね 110 

た. & めん 

〇 第 八 回 對 面 

か はら や おく かい れい も、 たにけ わか どのみ つ さね か ふ やぎ ケの さ むか 3 チヤ プ だい ま! <J を か .f^ い , e 

E 屋の奧 二階に は、 例の 桃 谷 家の 若殿 光 實£、 家扶の 柳 園が 差し 何 ひ0 卓子 臺を眞 中に 置て、 チ ピく 

こ さか も 5- 

S 小 酒 盛 . 

みつ さね を ほ^び * &んし いろ めつ ば ふしろ ほね. みきやし や でき ん ふみた ふ く や み くわ ケく .c.^ どの 

光實は 成る 程 美男子、 色 は 滅法 白く、 骨祖花 車に 出來 て。 何 樣な踏 倒しの 暦屋は 見せても、 華族の 若殿 

ふだいれ あへ ち 5 ちょ じん, ひん を せ き やうぎ よろ しか こどば づか そまつ かげき 

^札 を 入る に、 敢て 躊躇せ ぬ 人品ながら、 何故か 行儀 は 宜しから 卞、 而も 言葉 遣ひ麁 末に、 陰で 聞けば 



しょせい f 

書生の 樣な 60 

か やぎ ケの い を どこ さいせん もったい に おの しゅじん たい ぶ れ.ぃせん^^ん お 5 

また 彼の 柳 園 さ 云へ る 男 も、 先刻の 勿體 らしき はは 似す、 自己の 主人に 對 して、 さ. は 無驩千 萬、 大 

あ々 ら チ ャブ だい うへ S< や 5 ひざ つ はし さき こ ざら どつ つく み £,3 たやち 

胡座をかいて 卓子 臺の 上に 兩肘を 突き、 箸の 先で 小皿に ® た 作 6 身 をせ ゝ.? がら、 (柳) 今に あの 老翁 

きつ :••」 りきみ こん やつ く ちが & か あ ひ . しか きみ い つたい をん い 

め、 屹度 力. K 込で 遣て 來 るに 違; sils せ o( 光) ハ 、 、可愛 さう …… 然し 君 は 一 體何 ^云つ たんだ o( 柳) 

そこ かね て は ほ ひ &ろ ど くい べんせ つ L まだ さぶ らう つの だ しんぺい きざ こみ ゐ のかく たかて つ ころも 

其處 $: 兼ての 手箬 通. 00 日頃から 得意の 辯 舌 11 まづ島 田三郞 k 角 田 眞甲を 刻み 込、 井 角^ 高 哲の衣 

それ だんしう あぶら あ S べんせ つ もつ たうく べん どころ さいべ ゑ たやち わつ き 

を かけて、 夫 を 圑洲の 油で 揚げた さ 云 ふ 辯 舌で 以て、 滔々 さ辨 t かけた 處が、 財兵衞 老爺め 悅 喜し やが 

きせる か. < くび く ちゃわん い どケこ 、 、ゝ、 たあい を 15>ん 

つて、 煙管の 厂首を 咬 はへ た. <y、 茶碗の 糸底 をし やぶった. して、 からもう 多 愛 は 無かった ッけ 、が。 何 

あ うち か、 ァ てんか み どかく .S ちお.. はよう ほう さ 5 だん 5 へ. S を ほ!^^き でん ケん まゐ 

でも 彼の 家 は嬙夭 下さ 見えて、 兎も角も 一 應 女房 ざ 相談の 上^ 云 ふから、 成る 程 貴殿の 一 存 でも 參るま 

い ちばんき さ つかへ き- か、 ァざゑ 

1 番氣 取て 歸 つて 來 たの サ あれから 嬉左衞 

ふた へんじ L やうち く 

1 一 ッ 返事で 承知^ 來る をん な 



しか どく £ けぶ ぎ 5 へ. S ろ へんじ まク ゐる 

s、 然 らば 篤 さ 御 協議の 上、 色よ S 返事 を 待て 居 どや 

もん さ、 り だん 30 こ か、 ァざゑ もん もビ よく か は せん sre いば き ゐ 

門 さ 相談した 處で、 饞左衞 門 も 元よ. 愁の 皮の 千 枚 張 も來て 居る か, XV 

はや へんじ そこ おやち やつく き ぉビ 

ら 早くお 返事 を さ、 其處で 老爺め 遣て 來 る。 來た らまた 喝 しっける ト、 期う 軍略が 定まって 居る 以上 は 



い cf 



このた、. かひ こっち Lf «. まへ. S は ばい ちょく さ みつ さねう けどつ いつも も& 5 で 

此 戰 は 此方の 勝利 だ。 まづ前 祝; S は 一 杯 やる ベ L ト 猪口 を 差す 光實 受取て o( 光) 倒 » がら 凄 S 腕お 

い £ き でん & うで この あ ひだ かお ざ じ けん を かくせつ 

(柳) さ 云 ふ 御 貴殿お ジて、 あんまう 凄から ぬ 腕で も ある ま いせ。 此 間の 角 座の 事件なん ど は、 中々 拙 



: だい きみ めん い か を 3? り まいめ 、ま, に S| ね^ ゆ 

などの 及ぷ處 にあら す 第 一 君 は 面、 が 好い から 敵 は^いよ 僕なん ど は 例 も 二枚目へ 廻 はって、 骨 計 6 

を うま しる みん きみ を こど i& つ ありがた わけ をの si<?$J う ひ 

折. CS ながら、 甘 S 汁 は 皆 君 k 吸 はれる 事 成て るんだ から、 難 有 S 譯の もん さ o( 光) だから 其 運動費 さ. 



1 人 娘 



六 七 



,廖瞻 



に^^リ;^.,^^ーき1.11 



1 人 頜 六 八 

やま わ け ハ^ f»< L in: かリ /、」>J き つ 亡つ ど か 4 おやう 

して、 ちゃん 《 山 配け の 契約が ある ぢ やな S か o( 柳) ォッ, "叱ッ く.: 謀 tt 機密 を 貴ぶ o( 光) 灌觴は 

はちみつ たつ ど そ ん こどい $. し > , ,し i ^d^tf , ゆいし —や 5 

蜂蜜 を 貴ぶ かチ o( 柳) 其 欉な事 云 ふさ. sir か 知れる ぞ o( 光) オット 叱ッく 內證! 内證! 

どころ らう. & £5 ん しゃう じ あ ゃビ げ ちょ S> やうて つ た ビぃ ま だいこく や い かた 

.^f へ 廓下ハ タく。 緣の障 紙 を 明けながら ヽ 宿の 下女が 兩手を 突いて 。(女) 只今お の大黑 屋^ か 云 ふ 方 

ちょ 95013. ぎケ りさ ま -ti & . &、 た ま を き や! SfO ケの わざ おおつ S らっ さ 5 しば 

が、 1¥^鰣1|1;^ぎ1«に^.4^ぃ€中して:::ト、 s くよ. -柳園 は態ぞ 落お き拂て 0( 柳) ァ 、左 樣か暫 

らく ま げ ちょ ひき へ あど みつ さね こ &ゑ i& つ さ 5 こま 

時 待た してお け o( 女) へ ィ、 下女 は 引返す 後 k 光實は 小聲 k 成て o( 光) オイ 如何し やう、 困ゥ たな。 

S はや き こま こど ばんじ わがはい まか 、 こ ゝどほ 

(柳) 惡く 早く 來ゃ、 がった が、 十 11 困る 事が ある もの か 。萬 事 は 吾輩に 住すべし o( 光) シテ 此處へ 通す 

のち きみ ひきあ . そのつ も w ようじん ゐ を のま ぼく した あ 

のか o( 柳) 後に 君 を 紹介せ るか もし れんから、 其 心算で 用心 をして 居た まへ。 其 sik 僕ハ 下で 老爺に 會 

く よろ こ、 ろね ちょつ ビ お^か ゆ い , たお. 

りて 來 るから o( 光) 宜しい、 心得た o( 柳) をん なら 一寸 暍 LJ^ 行かう かト、 出 でん させし かまた 立 llg ウ, 

お 上つ ど. & せう フ い を み は、 ゥ ぬ も はかま どつ て ば や は 

(柳) 一 寸 衣裳 を 着けな けれ ゃト、 云; S ながら 隅の 方に 胶ぎ棄 てた る、 祷を 取て 手早く 绪き、 - へ 

ひど せき ば らひ かた め 5 ゆさぶ い ,ヮく た ざ しき お ゆ > 

1 ジ咳拂 をして、 肩 を 妙 k 搖振ゥ ながら、 悠々 で」 下 坐 敷に 降 6 て 行く。 

その ま みつ さね げ よよ そこら かたづ か ばん * &か .^i クき P お, W ひきいだ ゆび め f ほ 

其 間に 光實 は、 下女 を 呼んで 其 處等を 片付けさせ、 萆 袋の 中から 紋 付の 羽織 を § 出し, 帶 を^め 直して 

そのうへ ひ ばち そば ざ ぶ 50 ん しい そのうへ ちん いつ >^ い 1 か,' 

其 上に はか. cs、 火鉢の 側に 座 蒲 園 を 敷て、 其 上;^ 陣を かまへ、 何時でも 來 云 はぬ;! S ウ。 

しぶらく はし & だん の ゆ く あ. L たどき こ しゅうじ あ さき はい いせん やぎ は乂 げた * ハ し ^ 

暫膀 して 階 子 段 を 登 ウて來 る 足音 聞え、 や、 がて 障 紙 を 明けて 先へ 這 入 ゥ たは 以前の 柳 圜茂忠 仔細ら 

り や, ゥて & せん ま を あ た 、いい まだい こく や さいべ もしゅう S05.S た &ざ をに ビケ はい 

しく 兩手 をつ かへ て、 (柳) 御前 申し上げ.^ す 只今 大黑屋 財兵衞 出頭 致し t おして ムぅ ます か、 何^^拜 

S つ is- ま つ い みつ さね ff さや 5 , くる 1, に .i^ か 一 

謁 t せ られ ますよう …… ト 云へば、 光實 さも 鷹揚に o( 光) ァ、 左檨か 苦しう 無 S 近う く o( 柳) 



ざいべ ゑ SSJ の & せん お ゆるし こちら K h ,^-んリょ かへ つ な ぶ れい さ ざ さい しき 

ゴ レ 財兵衞 殿、 御前が 御 許可お や。 すつ さ 此方へ お 這 入うな され! 遠慮 は 却て 御 無 鱧で ムるど o( 財 は 敷 

ゐ をど へいふく 

居の 外 平 K して) ハ、 ァ 

みつ だん < 

〇 第 九 回 密 談 

みつ ざ. a ひだ 3- りて ふ どころ し ま みぎ て ひ ばち ふち か もこ そみ をつ さいべ 

光實は 左手 を懷中 k 仕舞; 3、 右の 手 を 火鉢の 綠に 掛け、 少し 反. 身 は 成て、 (光) ォ、 財兵衞 さやら、 よ 

き く しか. 七 こ は *5>し でき ほい ありがた &ざ これ 

く 來て吳 れた。 然し 其處 では 話が 出 來ん、 まづ ズック. 這 入れ、 (財) へ 、難 有 ラム-.. ます ィャ もう 是で 

しか & せんな めいわく あそ /ijs- 上く わん こど & ぶれ. S い た かた を はや こちら は 

:… . 、(柳) 然し をれ では 御前が 御迷减 遊ばす。 御旅館の 事お やから 御 無 鱧 も 致し方 無 so 早く 此方へ 這 

いつ, つ J こし S さいべ ゑ や 5 や ざ f. き を か い うしろ しゃう じ し へいふく 

入て 其處 をお \ めな され S 云 はれて、 財兵衞 漸く 座敷の 中へ k ぢ. 5<6、 後の 障子 を^め てまた 甲 《 し 

はじ はい わつ わ わたくし だ. S こく や さいべ S5 め, y ざ よ はじ あ 

§ 乙れ:? 初めまして 拜謁を 得, ^す 私 は 大黑屋 蘇兵衞 奴に 厶-^ ます 0( 光) ォ、 余 も! 初めて 逢 ふ ど。 

で & べっこん たの おそ い £ ざ このたび よ おこ 4 ゆ そ &ざ 

後 は 別懇に 賴ひ o( 財) へ 、恐れ入. して ム. ます。 * 度 はまた 好う NM 、御 a し 遊ば れ まして 厶.^ 

よ こ 50 f たつ た ほかた ゃをケ の き , めん 

ます o( 光) ィャ余 もな、 ひ よんな 事から 思; S 立て •::. 大方 柳 園から も KS たで あらう か …… ィャ もう 面 

ゆく を L だい つかまつ た 5- い ま やぎ ケの さま ま をし あ お /U ざ わたくし" せ. S む-けめ 

目 無 S 次第 ぢゃ o( 財) う 仕. まして 只今 も 柳園驩 まで 申 上げ 置きまして ム 6 ます か、 私 風情 S '娘に, 

ありがた た ぼしめ し もったい を ばち あた た s-s ま たく か をい 3 を f L だい 

難 有. S 御 思 召、 勿體 無うて 罰で も當. はせ ぬか €、 4 、、只今 も 宅で 家内 さ. & して 居, まし 4^ 樣な 次第 

でへ、、、、。 

やぎ ケ のこの どき をゝ J& *U せん ま を あ た 5- いま さいべ ゑ ま を か む をめ ぎ マ 

柳 園此時 進み出で、 (柳) 御前 申し上げます。 只今 財兵衞 申します る i£tr 彼の 娘の 儀に 就きましては、 

*S5 かく もつ ふしゃう お せころ &ざ もど ふつ、 かもの &ざ おめかけ 

中 々以て 不承知 處 では ム, 9 ませぬ さう で 元よ. 不束者に はム. ますれ < ^、御 目 掛られ まし やうならば、 

1 人 旗 六 九 



柳 $ 

fcasi の 


< 


園^ 


1- あ 


然カ 

> "、? J》 


い 


It 


柳 


は 

此^) 


窮? 


時? 




% 


時? 難き 


^JL* り 








で、 


何^ 


屈 


は 


、 


m 


; &?; 


は 


上?; 


向! 

I'v V》 


f* わ 


ば 




の 


か 


方ず 


で 


其 を 


r 




丘べ 


い 


✓VJ い 


o 


o 




ih ヒ' 


な 


愛', 


畏ト 


が 


な 


方お 




光 


衞" - 


お 


丘べ 








め 


い 


想と 


/) -ま 


勝 $ 


ら 


は 


兵く 

衞 や- 


も 


覼? 


衞ぇ〜 


行 ゆ 




し 


ま 


か 




ま 


手て 


n 




ヽ 


し 




き, 


芬 i' 

ノ ん 




い 





ぎ 


し 


で 


o 


下げ 


ィ 


! 


船 

上 




下 も 


掛 S 

W なす 




ム 1 




財 


m 


い 




ムき 


サ 


他せ 


ャ 




は 


ず 


ま 


る 






^^-^ 







b 




話 わ 


な 


< 


辭じ 


レ K り 


で 


時 旨 


辭 し- 




有き 
難 g 


財 


財 


ま 


も 




に 


承ぶ 

リ、 や 


儀き' 


に 


く 




儀き' 


t 


て 


、 メ 




す 


を 


申? 


財?、 


知 立 




$1 

1 お 


A 


見み 

ノ U 




敌靈 

•*〜 な 


れ 




さ、 


お、 




光 





t 

舅 ウレ 


丘べ 


致! P 






出 だ 


れ 


な 




は 


ムき 


J つ 


ノ つ 




衞ぉ 




X 


居 を 


し 


ば 


L 


何 1 






仕^ 


仕 カノ 




近? 


で ど 


1 


て 


fa 


A 

ノ 




葬, 




本? 






b つ 


1) つ 


き 




は 


la: を 


< 


る 




や 


鐯サ 


や / 


• 、 

好よ 


卞 


t 


ま 




ら 




無 を 


方ち 


れ 


o 


7 


が 


に ま 


が、 


し 


拜ほ 


力ぶ 




し 


ば 


て 


い 


力 > 


9 *-* 




る 


て 


て 


な 


フ 




て 


て 


其 を 




か 


承^ 







o 

え 

ノ" 


511 


辦ゅ 


隨ぶ 

1 "^や 




>>| 


、 





方ち 







知 1 


が 

'J、 




返え' 


氣げ 


子き 

* し 


御た 


得 わ 


k{ 


手て 


左 さ 


の 


上 あ 




致 5? 








し 


が 




戰 




用き 
事し- 


前ミ 


樣 f 


勝 5 


げ 


び 


し 


IfTJ ん 




然 t 


光き 


ポ 




ド 1 V、 




はい 

つ 


な 


车て 




云い 


た 


足 T 




ら 

ソ 


實 g 


力 


け 

' ノ 


ひら 


て 


が 


事^ 


ft 





へ 




1' こ 




ば 


さ 




て 


を 




厶參 


向 力ら' 


は 


致 5? 


財 


ば 




思? 




承 あ 


'&^ 


\ 


外き 

へ 


願 1^ 


難き 


い 


顿ぶ 


御 こ 


t 


ゝ Z 


親 章 




ふ 




知 1 





ひた 


有 g 




調 う 


舰む 


が 


〜 


も 


娘? 


お、 






合 1 き 




1 こ 






L 


法 5 


用き 




ィ 


同き 


はめ 






ft 


せ 




ち、 

ノ 


ゥっ 


幸 4 


て 


で 


に 


い 




然ま 


乃!; 















t 


福? 





ム參 


遊き 


が 


( 


ち は 


柳 




申 1 






出い 


t 


で 


光 




ば 







せ を 


令よ 


財 § 










て 


o 


厶參 




ま 


さ 


色 


難き 


樣 f 


が 




の 


大 1 










成 を 


す 




れ 




ず 4 




奥? 


兵べ 




力、 


& 




其 そ 


五 


t 


る 

歳く 


ま 


ち、 


過 を 


畏ま' 





衞る 







It 




虚こ 


分え 


す 


も 


せ 




ぎ 


^ビ 


令よ 


殿 g 




柳 


御 こ' 




で、 


Pi 









光 


柳き 


サ 


b 


は 






御 f 
意い 


前 ま 




ま 


b 


委ゐ 


暮:' L 


是れ 


園 2 


し 


居お 


乃! 


御 こ 










mi 
ビ 


細^ 


ぢ 


で 






て 




は 


前 2 




苦く 






はャ 


や 


御い 


然カ H 


財 5 


痛;? 


て 


ち 


も 




は 


勞き 




射 


疊ミ 


只? 
今 ま 


か 


暇 g 


し 


兵べ 


み 


は 


其 を 


御^ 




ム S 


で 




は 


にみ 


ら 


t 


折 S 


儲 も 


入い 




方ち 


喜 さ 






ム! 






o 


柳? 


多た 




角力く' 






花き、 


力 > 


悅 ひ- 




ま 


b 




甲;: 


け、 


圜 S 


忙?^ 


來き 


― ら 


ま 


婿? 


花 ま 


で 




す 


ま 








檨§ 

迄 i 


ぢ 




て 


獻ぇ 


す 


な 


婿? 


ム! 







し 




し 


ま 


や 


ま 


< 


遣 や 





る 




る 






1Z 




や 




もな 
中 を 


な 


お、 


れ 


れ 


手て 


令よ 


さ 


Pi 




此ぁ 







ま 


柳き 


し 





好よ 


た 





ま 


も 


る 





セ 



そ ち たいぎ きみ じつ て い つ た £» せっちう 

(光) ォ、 其方 も 太 儀で あ CV たな o( 柳) ケップ 。君 は實に 手に入 CN たもんだ よ。 あの 應接中 Jii、 一 度 も 

どころ かくしろう どげ い どき へんじ $1 5 てっさつ きんさつ だい 

クズリ さやらない 處^ んど は、 中々 素人 藝ぢ やね (光) 時に 返事 は 如何 だィ、 鐡札か 金 札 か o( 柳) 第 

い ちばん だいきち .& ふだ そ. L さい た 5- い ま、 を のぶ *y ざ 

1 翁 大吉^ 云 ふか 札お o( 光) シテ 其の ff 細 は? (柳) 只今 申し 陳 るで ム らう o( 光) チリ… リヅく (柳) 

しば ゐ ,0 3-. や, T- けん た を ど かく き 5 くつぶ くろ どつ せわ き や 5 げん ゆ 

オイ まだ 芝居 をして 居る 了簡 だから 恐ろし S 觅も角 も 窮屈 袋 を 取て、 ズッ S 世話 狂言で 行かう 0( 光) を 

こっち はね ぬ 

ん なら 此方 も 羽織 を 胶ぐか 

そのうお やぎ ケの はかま ^ ^ ひばち をば ざ を ここ J- ゑ 1& つ きた まあいつ い ち 

其 中 柳 園 は祷を 脱ぎ捨て、 火鉢の 側へ ドッ かさ 坐し、 少し.^^に成て、(柳) ま ァ閬き 玉へ、 彼奴が 一 も 

は fi やうち きこ どき を こ かけひき い こっち はやの みこ おもしろ 

二 も 無く 承知 S 來た 事は來 たが、 其處が掛引ざ!^ふもんだから、 此方 もムゾ をう か^ 早 呑 E みぢゃ 面白 

さ き よはみ つ こん を こ もったい そ こ ばんか で 

くね-、 先方の 弱 * へ 付け込で、 少し は勿體 をつ けなく ッ ちゃい けね H から、. 其處で 一 番 斯う 出て やり 

い つら だ .& つ さう こ ゑ ひく をに しき さゝゃ みつ ざね しき 

たんだ —— ト云; 3 ながら また 面 を さし 街し、 j 層聲を 低く して、 何やら 頻<=>^£ 囁 語けば、 光 實も頻 う 

5 をづ あげく はて さき きみ まく ぬ ば 

に點頷 いて、 揚句の 果が、 (柳) をれ から 先 tt 君の 慕 さ o( 光) すつ さ 濡れ場に な るんだ ね 

かけ たち 

〇 第 十回 . 驅 落 

しゃ わつ ふっか かるた くわい おもてざしき だん ぢょ にんう まじ ■ ひど. S C て かさ こ ひ ふだ 

正 月 二日の 歌留多 會、 表座敷.^ は 男女 二三 十 人 打ち 混って、 人 云 ふ 字に 手 を 重ね、 戀の札 をむ しり 

あつ わら .6 のの ゝ fj もの しゅら じょ 5 &ど か、 さはぎ 上 そ あした どし の ら 5 か づた ど 

合て、 笑 ふ 者 罵る 者、 さながら 修羅場の 如くな. 期る 騒動 を餘 所. にして、 足音 忍ぶ 廓 下傳; 5、 只 わる 

こざ. L き まへ たお ど て も ゆん^ s- しら か ひや 5 ばん たま き もの は で ぃ50 お り 

小 座敷の 前に 立 止ま. し は、 手 k 持つ 雪洞に をれ € 知る ゝ、 彼の 評判のお 玉な. 90 衣服 は 派手なる 糸 織 

もの あかち いう せん くろじ ゆ を はら あは おび じ f かみ かっか 5 しま だ ゆ びんけ み:^ 

物、 赤地 友 染さ黑 糯子艺 を、 腹 A 口せ J^L たる 帶をャ の 字に 結び、 髮 tt 恰好よ く 島 田に 結へ.^、 鬢 の毛亂 



た これ いま ゝ でうた しょうぶ あらそ & 

れて 垂れた る は、 是も 今迄 歌が るた は、 勝負お 爭 ひし 名殘 はや わらん。 

たま あた y き く ゆ の ゆが まへ がみ ゆびさき を ほ わ もん およつ どつ くろ {J や 5 じ こ ゑ 

か 玉 は 四 邊に氣 を 配ば.^ 搖曲 みし 前髮を 指頭で 直して、 衣紋 を 一 寸繕 ひ、 障 紙の 外から 小 て、 (玉) 

みつ よ 5 ち を どこ こ ゑ こ、 ま を い うち 

光さん ト 呼べば 中よ. CS は 男の 聲 にて、 (光) オイ 此處: ^よ o( 玉) 待^して 濟 みません。 云; S ながら 中へ 

い ちか s- を ど i かた をみ . ま 5 &か どこ ま かべ き は ぼん ゆ W- お や おど こ とば よ 

入 6 しが、 燈 光の 外に 独れ ぬ やう、 片隅なる 竿 間の 床の間の、 壁の 際に 雪涧を 押し遣り、 男の 側へ 寄 

そ あ をた どこ ゆ 6 くだ ひど ぼか e ぶんこ ゝ 

添; S て、 (玉) 貴郞 よく 何 處へも 行かす に 居て 下さ S ました チズ 光). 人 を 馬鹿にし てら ァ 自分で 此處に 

待て k: さ 云 CN て S きながら、 よく 何 處へも 行かないで 居て 下さ いま した? i ッ、 其樣 なら 何處 かへ 

ゆ &ざ さ 5 . & わけ わたし ふ じつ /1- ざ 

行き ゃァ よう ムんし チ o( 玉) アブ 左樣云 ふ譯ぢ やな S んで すけ §J も o( 光) ^うせ 私は不 實でム います 

» 5 こま あ をた そん を おこ S こど. S 

から、 ハイ、 (玉) ァラ 如何し やう? 困る ねュ 。貴郞 が 其樣は 怒りて しまりち や、 云 ふ 事 も 云へ やしな. so 

$ おこ さっき まへ * &ん わたし い こど い いったい ズ ゆん こ ビ 

(光) 何も 怒り やしないが、 先刻から か 前 は、 何だか 私に 云 ふ 事が ある さか 云; S ,たが、 一 體 何の 事お S 

をん こど わたし か を いき J^ss- か& わか $ い つた. & 

? (玉) 何の 事ッ て、 妾 はほん W は 悲しい タ 。(光) 突然に 悲しい クぢゃ 解ら な S おやない か 。何が 一 體 

か を わたし よ そ 上め ゆか めでた &ざ 

悲し いんだ? (玉) 妾 は餘處 へ-;^ 嫁に 行なければ ならな いんです よ o( 光) をれ はか 目出度う ム います。 

^^く e やう だん まじめき その さ き くわ ケく 

(玉) 憎らしい、 串 戯ぢゃ あ 6 ません よ o( 光) だから 具 面目で 聞いて らァね o( 玉) をれ で 其 先方 は 華族 

さま *^3ほさら めでた .S や こ くわ ケく さま い 

檨 46>ん です ささ o( 光) をれ は尙 更か 目出度 S ね o( 玉) 嫌な 事 CN た ク 華族 樣 なんど o( 光) 好 いぢ やない か。 

まへ £ しゅっせ こ 50 まへ おくがた たま かた こど い こし もど お ほせいつ 

お前の 御 出世 はなる 事おから …… さう なれば お前 は 奥方、 か 玉の 方ッ てな 辜 を 云って、 4^ 腰元が 大勢 着 

い い . リ." ほせ は をし わか わたし これ くわ 

いて、 ィザ 入らせられ まし やう^ 云乂 輝になる ん, たチ。 なる, 程 もれで 話 も解タ た、 妾 はもう 是 から は 華 



ケく おくがた まへ や 5 へいみん あ ひて け ぶ かぎ わんき あかた にん かって し 

族の 奥方 だから、 4^ 前の 樣^ 平民 《相 手に しな いから、 今日 限. CS 緣を 切る、 赤の他人 ぢゃ 勝手に 仕 ゃト、 

わたし い つもり さっき わたし ま た こど 

をれ を 私に 云 ふ 心算で、 先刻から 私 を 待た して ft いたんだ ね o( 玉) ァテ そんな 事 …… (光) ぃゝ えさう 

P ^ そん こど ゆめ し かみ み を さけ また こづか ひせん くだ こど ひど -ゥれ 

^^^逢ひ無ぃ。 其檨な 事で」 a 夢にも 知らす、 神なら ぬ 身の 情な や、 又 小遣錢 でも 下さる 事か^、 獨り 嬉しく 

上ろ こ まっくら どこ まつ . ゐ わたし ばかげ か げん も &りゃ 5 たま! JJ の もつ ども 

悅ん で、 眞 暗な 所に ック チヅ S 、待て 居る 私の 馬鹿 氣さ 加减、 推量 われ やか 玉 殿! (玉) ォ 、道理お や 

わた. し わる かんにん ばか e- ていこが を たま みつじ ら 5 き ど 

/\0 それ は 私が 惡 かった、 堪忍し や にで、 流涕 焦れ 泣き 玉 ふ o( 光) や、 あ 4 て 光次 郞、 氣を取 

を ほ たま むか さいせん い ど ほ しょ ij ん このよ そ いつ ふた 5- もろ ども し みらい 

ゥ 直して. 玉に 向 ひ、 最前から も 云 ふ 通ゥ、 所, 設此 世で 添 はれぬなら 寧 を 二人が 諸共に、 死んで 未來は 

いお れんた く. し. や 5 5 れ AJS- こどば ころ .S ど こ みつじ ら>ゥ 

一蓮托生 o( 玉) ォ、 嬉し や 、其お 言葉が ほん さなら、 何卒 殺して …… ト云 ふ處、 たが、 モシ 光次郎さん、. 

1^5ん し いのち if? さ 5 かんじん いのち 

(光) 何 だ ィ? (玉) 死んで しまへば 命が 無 S どへ o( 光) 成る ほき をれ も左檨 だな ァ o( 玉) 肝腎の 命が 

*& をつ か あい まへ かほみ のど ほ いちれんた くしゃう い . どころ あぶ を はも 

無く 成て は、 可愛 S か 前の 顏も 見えな so (光) はんさ 其通ウ ぢゃ 一蓮托生 も 云った 處で、 危險ぃ 蓮 

は を うへ を を は る ぶか いっか 5 きょく を は * &し を こ ちわ はげ 

の 花の 上に、 チゾ^ 濟まし て 坐って 居る 丈 4 では 1 向 曲 も 無 S 話で、 少し 痴話が 劇しく. i& るビ、 すぐに 

いけ ベ ね このかんち 5 さむ おも ひ よつ みつじ ら 5 わたし ふん 

池へ 滑. 落ちて、 此 寒中 k 寒い 烕 もせに やなる ま so (玉) サ 、をれ おやに 依て 光次郎さん、 妾 はよ い 分 

べつ ふんべつ つ に くだ つ K を 

別が ある どュ o( 光) シテょ S 分別 さは? (玉) 連れて 逊げて 下さん せいな ァ、 (光) 連れて 迸げ て? 成る 

ほさつ に、 こど しばる みお ゆきみ やう て 4f 々ひ を ぢづゝ むつ その しんぱい い こど 

程 連れて 逃げぬ 事 もない、 が、 芝居の 道行 見る 檬に、 手拭 一筋 宛で は 六 かしい せ、 (玉) 其 心配 も 入らぬ 事、 

わたし この ど ほ いひ ふ どころ ふくさ づゝみ だ みつじ らう あ み これ ゑん 

妾 tt ちゃん^ 此通. 0』、 ト 云ながら 懷 中よ, 服 紗包を 出す 光次郎 は 開けて 見て、 (光) ィャ此 は 二百 圓0 

^ こん たいきん み J^v ゥ ち ぉビク わたし よめいり したくよ, V か き かね 

何う して 此樣 4^ 大金が o( 玉) をれ は 皆 自家の 阿 父さんが、 妾の 嫁入の 支度に、 餘 所から 借 ゥて來 た. 金 



HI 1 入 娘 七 四 

^^¥(r^fr^ w^. や みつじ ら、 つ たま 

(光) 乙れ さへ あ.? や 大^成就 c( 玉) ちっ^も 早う o( 光) ォ、 さ うぢ や o( 玉) * 次郞 さん! (光) 玉 

かじゃ! 

くだ まき 

〇 第 十 一 回管卷 

ろく む, ご.^ ャ "^fy* ク is" さ 、つ * ゥた i i お 5 

(財 兵衞) か祿 や、 -跣は 大層 遲 S では 無い か o(fs 左樣 です 予、 歌が るた S 云 ふ^まるで 夢中です から, 

よ ふナ , し しか おそ かへ りみ ち ぶつ さ- ゥ み 

夜の 更 るの も佝 にも 知らないんで しゃう o( 財) 然し あんま 6 晚 くなる さ、 歸途 が物騷 だ。 をれ も 尋常の 

む, でめ ど かく $ きり,? ゥ わたし まこ ど しんば い こど うれくち つ しろ t の はくらんく,^ い 

娘なら 兎に角、 何し K? あの 器量 だから、 私 は誡 Ji^ 心配で ならない、 殊 Ji^ もう 賣 口の 付いた 代物, M 覽售 

i^f,/!c. く. や-つ *0 み い ふ: y さが も ひよ つどけ が はや む.^ 

なら }ss 約定 ふ 札が、 ブラ 下 ク てる ゾ だから、 若し 万 一 怪我で もあって a ならない、 早く 迎ひ 

と こ V 上さい を さっき ちゃ 5 まつ や f* か おや 5 まつ や らう おか &ろ 

やつ 4^ がよ かるう o( 祿) 其處 はもう 如才無く、 先刻 長 を 遣ゥ ました、 (財) 然し 長 松の 野郞 も、 §a 

T,? いろ ナ つ まこく., 2 まね L しゅじん む をめ な こ 

惡く色 ir が 付きよ つ たから、 5 下らな s« 似で も 仕な け. c> やよいが o( 祿) まさか 主人の 娘に、 (だ) 其處 

し あん ほか 4& こ いつ 5 け あ - き 5- や 5 X む >A ^め も L ^ば々 

、が 思案の 外 だから、 何ん さも 此奴 請 合 はれない て …… 器量の 好い 娘 を 持り さ、 ァ、 心配な ものち やな 

ァ。 

この >J きおもて ど かへ きみ くび $ まつ & どころ む ヒめ せがれ 

此時 表の 、がが ラ く 0( 財) ォ、 歸 CN て來 たさ 見えるな。 ト頸を 長く して 待て 居る 處へ、 娘で は 無い 悴 

じん ざ ぶら 5 たどつ た, いい ま をん せ:? 1 れ き i かへ き よ かへ こ 

の 甚三郞 、(甚 ) 阿 父さん 只今 o( 財) 何だ悴 か、 貴樣 なんど 歸 ゥて來 いで も 可い o( 甚) ュ 歸ゥて 来いでも 

そん ど をん こ..〕 をかゐ げ S こ f§J ど い 

よい? 其樣 なら 泊ま クて くれば よか ゥ た。 何の 事ッ ちゃつ まらな. so 乾 居 ゃ藝妓 が頻ゥ k 泊まれ さ 云 ゥ 

5 ち 50 し 上 おやち おふくろ ゐ ゆ k はや かへ わる い ひど 

たけれ^、 自家に は 年寄った 親爺 や 生母が 居る 故、 早う 歸 らん t 惡 S さ 云って ゥ.' ィ! 引き止められる 



そで ふ きつ だ. S ま. S せん はく" J.r- ふん はつ くるま :>J かへ き せがれ さま おこ,' ろ ひ. i-qs- がた おも 

釉を振 6 切て、 大枚 五 錢の白 銅お 奮發 して、 車 を; 飛ばして 歸ゥて 求た、 か悴樣 の御キ 5* 難 有い さも 思 ひ 

くさ ズ -b ん き さま かへ よ ^JJ こ た そ ん ね C なう この/.」 ろ た. や. つ をまい き 

腐ら 卞、 何ぢゃ 貴樣 なら 歸ら S でも 可い?、 、處 押せば 其檨 ォザ 音が 出る。 總 卜て 此 頃の 親爺 は 生 意氣で 

い かん。 悴.^^ちぃ^優しくすれば、 直ぐに 付け 上 6 腐って、 ゥ.' ィ! 何 ど *W 云 ふと.. K きな 而 おしよ る。 

チ こ いま わし おやち かんだ 5 けん ざ あん し 5 ぎ ゐん ていしゅつ こ や ね fej 

» しからん 事ッ ちゃ、 今に 私が 親爺 を 勘 道す る 建議案 を、 衆議院に 提出して、 ち.^ 懲らして 遺る から * 

6 こどうち たやお ね ふくろ む.. ビめ ばか か あい くさ この よ ど S- じん ざぶ らう さま ^*4んた-っ 

えて 居 K:o ゥ. -ィ! 殊;! 自家の 親爺 も 生母 も、 娘 ifr り 可愛が 腐って、, 此か世 嗣の甚 三郞樣 を、 番頭 か 

み: もの ち、 う あっか だい ゝち. L やく さ こんや た ほかた たま 、 ビ こ あそ ゆ 

店の 者の 檨に 扱;: S よる。 これからして 第一 瘤に 障 tt るヮ。 今夜 も 大方 か 玉め が、 何 所 どへ 遊ぴは 行きよ 

£ かへ ぎ ひで くた び ゐ こま む をめ かへ ま せがれ 

つて、 未だ らて來 よらん のお、 待ち 草臥れて 居る. のぢ やな。 其 1^ へ 待つ 娘は歸 らいで、 待たぬ 悴が 

かへ き よつ かま ふく ゐ を ほビむ *i 、め き:? やう よ こん ビ らゝ たに さま 

歸 って东 たに 依て、 つまらん 顔して 膨れて 居る のぢ やな。 ゥ- 'ィ! 成る S 娘 は 容量 も 好 L ノ今度 祧谷樣 

たく:." 二, J を たいせつ む をめ き をん も 5 X :v ゆ た はん 

でに やらの 奧. R に 成る のぢ やから、 をれ は 大切な 娘で わらう がな よく 聞け、 女は餘 所へ 行けば 他人 ぢゃ 

た 、; ^ん vSb ん おから を こ いつ を どこ こ せがれ さま S たつ .L5 しんお や Al, よ ゐ しにみ づ 

ど! & 人が 何の 力 k なる? 其處へ 行て tt 男の子、 悴檨に 至て は、 ゥ I ィ! 終身 親の 側に 居て、 死 水 ま 

どつ あ S- こんにち を まつ てんだ ぼち あた こゝ 

で S て やる、 宵が たァ いものお や。 もれ を 今日 麁 末にして は、 夭道樣 のか 罰が 當 るク。 ク t ィ! 此處な 

U し ケん もの ひど しゃべ へんじし くさ ゆ の の!;;」、 か は 

不所存者め が、 ケ F ィ! 人にば ゥかゥ 饒舌ら して、 返事 も 仕 腐らん ャィ 湯で も 呑ませ! 咽喉が 乾く ッ 

$J こ の ねま じゅくしくさ くち つば ど ひ&ろ うっぷん ま した く > だ 

ト何處 で 《 んだ. か. 4<<- V レケ、 熟柿臭い 口から 唾 を 飛ばして、 日頃の 鬱憤 ゎゥ たけを、 廻 はらぬ 舌に 管 

卷 き.. ける 

?ゃ まか は をし よ ねん , にん ざぶ らう は あ ひぬ こ ん たやば か あ ひて 

され.^ も 親 は, e 手 はせ 申、 きの 話, 餘念. <か ければ、 甚三郞 も 張 4 合拔 け、 (甚) 此樣な 親馬鹿 相手に して 



1 八 娘 七 六 

L やう ひ;, い たちあが た ほ あくび よ ろ つ マ, ま 

も 仕樣、 がな so < ^ゥゃ 一 寢入. しゃう かィ。 ト立上 6 ながら 大 欠伸 ドスく ざ鎗跟 けながら、 次の間 

ゆ こ でつ &か 上 こ な ん, - のま、 たかいびきら い こど 

は 行きて E 缝の 中へ、 ゴ ti リ^ 橫に 成る さ 其 儘、 はや 高鼾 雷の 如し。 

ij がれ こま くら ゐ こづら にく こ ビ い ひやう し 

(M) 尸、 悴に も困ゥ たものお や o( 祿) ほんに あの 位少 面の 惜 S 兒もゎ 4 ません 。何う 云 ふ 拍子で また 

やつ わたし はら ゃピ し よつ kt&AJi^s? た はら た どき でき こ 

わんな 奴が、 妾の 腹 k 宿 6 ました か 知らん o( 財) 餘程 其方の 腹の a つ ^時に 出 來た兒 おやらう o( 祿) ィ 

あ ズチに かん.. J やく たこ どき し こん たね &ざ 、 はたせ わる ね だいこん, で さ 

ャ貴郎 が 疳癢を 起した 時に、 仕込, た 種で 厶ん しゃう o( 財) ィャ 畠が 惡 S から 曲お けた 大根が 出來 るん ぢ 

1.J ね わる ゆが き う S- & はだけ どが たね つみ 

や o( 祿) ィュ 種が 惡ぃ から、 屈ん, た 生 瓜が 實 るんで す o( 財) S 、や 畠の 科ぢゃ o( 祿) 種の 罪です (財) 

その わる はだけ ビ たま や-,.,' もの で き み- こ な は 

ィ、 ュ i 田, の …; (祿) をん なら 其惡い 畠に、 何う してお 玉の 樣な 物が 出來 ま した? (財) ジ、 其 處が乃 

B たね よ どころ さ, フ い あ をた たね きょみ づ さま たね 

ち 種の 好い 處ぢゃ o( 祿) 左樣は 云 はさぬ あれ は * 郞の 種で は あ. ません、 淸水樣 のか 種です ど >10( 財) 

また ま じ たまによ らい . 口ん き いご い おなん たま,.^ よ 

ォジト 叉 一 初 まった か 玉 如 來の綠 起 か o( 祿) 何う です 一言 もお, ますまい がな o( 財) をれ はさう か 玉 如 

らい か ゝ い ズびサ 5 ろくび こ はな〕 いか み あ々 は- らど けい を G- 

來は、 まだお 歸-^ にならん かい »ァ ::: さ-云 ひかけ て 生欠伸 は、 小鼻 怒らして 見 上る 柱^ 針。 折から チ 

ゾ /\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/) 

〇 第 十二 回 注進 - 

を g たもて い き せ きっか く おや、 つまつ さいべ る:: ^ ^ y やうて 、.に おうしん 

か、 る 折から 表よ. CS 、呼吸 急き 切て 驅け來 る 長极財 兵衞が 前へ 兩手 をつ かへ 、(長) 御 注進く! (財) 

あ sloi- ^^.u£x_ をに、 じ どビ ころ たいへん /、 たいへん たいへん だいせ. ゥ はしら こ 上み どじ こよみ こど,.) 

iii 忙し S 何事 ぢゃ? (長) 何事 處か火 變々々 ! (財).. K 變 さは? (長) 大變の 大小 柱曆ゃ 総曆 今年 tt 

^ :^」し 々わん じつ い fS だん を お ビし おや う^いぬ ズザに おな ちゃ、. T. だ.:、 こ い つ い こど を こ わか はや たい 

nj 年で 元 日が 戌、 旦那の 御 年 も 丁度 戌 何か驕 つて 頂戴な! (財) 此奴の 云 ふ 事 は 少しも 解らん、 早う 大 



へん わけ はな む をめ み ,」J 5 のむ をめ ちゃ 5 さ; a 

變の譯 を 話さん かィ! (祿) 娘が 見えぬ は 如何した もの ぢゃ? (長) サ、 其 娘 …… ではな S か 娘樣。 か 

たま さ S* み 5 へ たいへん こど でき あが む をめ み たいへん たま さ み , ク、 

玉樣 のか 身の上に、 大變な 事が 出來. H.O ました o( 財) ナ 11 娘の 身に 大變, .Jtt? (長) か 玉 檨のゃ 身の上 

いお だいじ たまみ うへ いちだいじ その たまみ 5 へ ようい こど 

に 一 大事が 0( 祿) ナ 11 か 玉の 身の上に 一 大事 さは? (長) サ、 其お 玉の 身の上に、 容易なら ぬ 事が o( 財) 

H ザん:; い おん を こど はや わけ い せ いお, v こど 

H ィ 何度 云 ふ^も 仝し 事 ぢゃ。 早う 譯を云 はんか ィ! (長) さう. 急き なされます^、 云 はう V- 思 ふ 事 

い こ、 ろ おちつ はや い さ や- フ ま を だん を さまた かみ 

も 云へ ませぬ o( 祿) をん なら 心 を 落 付けて …… サ 、早う 云 や! (長) 左檨 らば 申します。 旦節 樣內儀 

き か &ざ さっき た かみ ちゃ 5 さま むか む ベ やま さま いつ 

さん! か 聞きな r&S まし、 斯うで ム S ます 11 先刻 內 儀さん が、 か娘檨 の. 迎; 3 に、 武邊 山樣へ 行て 

こ お. S ひつけ かしこ このち やう まつ し S ひつ せった f どん .& つさん ば.. i む ベ ,!> まさ ま 

來 S さの 御 吩附。 畏まって 此 長秘、 尻 引 からげ て 雪駄 チヤ テく、 宙を 飛で j 算走. OJ^、 武邊 山樣へ V 

こゝ ろざ かって $ だいお s: あ この や 5 お もの まな か ま を それがし かた じけ i ひ かしこ た それお ま 

志 し、 勝手口よ ゥ 大昔 揚け、 ャァく 此 家の 中に 物申さん、 斯く 申す 某 は、 辱く も 畏くも、 恐 多く も 

もったい をく ふくじん をゐ. S お きこ だ. & こくてん き や >ゥ だいぶん だいこく や さいべ ゑ にふだう やくわん みせ さる もり し 

勿體無 も、 七福神の 隨 1€簡 えたる、 大黑 天の 兄弟分、 大黑屋 財兵衞 入道 藥鐯が 店に、 * 者 あ 知ら 

i でっち ゝゃ 5 まつみ Jv ザ もど しらくも こんや こ ひや かるた くわい さいせん し;^ つじん しゅくん そくちよ たま ひめ ざみ た 

れ たる、 丁稚 長极 源 の 白雲 今夜 此 家の 歌留多 會に、 先 前よ. 出陣 あ. し、 主君の 息女 玉姬 君の、 » 

^ ( へ. -め まゐ > われ おも ひど /\ をみ や い たま ひめぎみ われ わた か-つさん い & い 上, ゥ 

迎 ひの 爲に塞 ウた. 00 吾 さ 思 はん 人々 は、 速 か 出で、 玉姬君 を、 吾に 渡して 降參 せよ。 否 さ 云 は 用 

しゃ だい ビ ころ ふん、 じん ざ しきち や ま きら ; JM^ わう む • じんか ま 上 5 い & ち さ 5 か. N- つ v~fj 

捨は なし、 臺 所よ, 蹈 込で、 座敷 茶の間の 縑; 3 なく、 縱橫無 盡に驅 け 廻 はって、 用意の 御馳走 片 a から、 

. だま 50 つくつ く いか いか 上ば か、 どころ おく ま あら い を A をむ し, 5> そ 

手玉に 取て 喰ひ盡 さん。 如何に や 如何に ト呼は ゥ た. 00 期る 處へ 奥の間よ. 現 はれ 出で たる 女 武者。 抑 

その ひ いでたちみ , て たのら めん ぬの こ • しか たけみち か .& つお .e- く はも 

も 其 日の出 立 見て おれ は、 手織 木綿の ド y ック布 子 而も き 丈 短き を、 ッゾ ツル テヅに 一 着な し。 纏の 

?! ねぬ み など ほそ L はよ あや おび む ー& だか まつ ひまる はたさ い- ゥ は 

骨拔き ak: る.^ く 細く 皺 寄 <rs たる 怪しの 帶を、 胸高に ダル./ \ ^卷き 付け、 日の丸の 旗 左右よ ゥ、 貼ゥっ 

1 人 娘 七 七 



娘 



七 八 



けたらん か, ヒ stt るゝ額 を、 P 遠慮に 膨らせ つ、 餅 胝 に.^ ク ミ 切った る、 手足 を 一 1 ヨキ).,, \- 現 はしつ 



だ、": iJ こせ; ち る てんま き じん はら 力、 , 

つ、 臺 騙し^ 步 行く を かし さ、 いかなる 夭 魔 鬼神な.. ^さも、 S かで か 腹 を 抱へ さらん o( 財) コ 



せい 美 S き 



その どが もつ ども せんばん わ きみ しば 

Jfi ^s ハ A 咎め a 道理 千万。 さ 6 ながら 吾が 君に は、 



き i て-つし のつ 

貴榛は 調子に 乘て. 

> こ 、ろ I. つ わ い こど き たま さ ほに」 でっち ゝゃ らまつ この をん をむ しゃみ あつば V 

らく 御 心 鎮められ、 吾が 云 ふ 事 を M き 玉へ 去る 程に 丁稚 長极、 此女 武者 見る よ,. > も、 夭 晴れ 好 敵 

こざ ひく ようぶ を、 よ いか かれ お ほて ふ たび わきが K ほひ > ^く 

御座ん なれ、 引つ 組んで 勝 ft せん さ、 進み 寄 しが コ ハ 如何に、 彼が.. K 手お 振る 度に、 脇 臭の 臭氣 翁々 

はズチ め が つ く か を おやら まつ ひど あし さが は を つま そん を い 

さ、 鼻 を 目掛けて 衝き來 る は、 コハ敵 は 卜さ さしもの 長秘、 一 足下って 鼻 を 摘む o( 祿) n レま 《樣 入 



こど はや かんじん む TV め は をし これ 

.£:3£^::,:へ早^£1軒署め,娘め話;^! (長) サ, テ . Eg よ 4 いよ 



ちゃ 、りさ ま み 5 へ およ くだりみ やうばん 

、 の 4- 身め 丄は 及びます る,、 明晩 



せんい-つ 、二」 およつ ど ぶく つかまつ こいつ こ fj ゆ じん ばか を,' ももめ だ 山 じ 

の 前講さ 致しまして、 一 寸 1 服 仕 A^ますo(財) - ィ 此奴め! 何處 まで 主人 を 馬鹿にし 居る 娘の 大事 



3 へ ひか 



かう しゃ ノ 



を 膨れ;^ へながら、 ,i おや^^の 眞 似なん ど …… 貧樣の 「お ふ #閟 いても 解らん、 吾が 自分で 行て 來る。 

S ^ ィ其 



わか 



ぶん いつ 



たちあ;;,' さいべ 14- たも ど ちゃ、 ゥま つし つか どら わ きみ しば ま くた 

トゃ 1 る 財兵衞 の、 缺を長 极確手 ざ 捕へ、 (長) アイ ャ吾 が;?;! r 暫 らく; -待ち 下さ. CS ませ. 



こ K を は を かみ をり をつ こ , は を 力 ,つち き せ "r. いつ 

處:^ せ! (長).^ ウー こい 放さぬ 雷が 鳴ても 此 處は戯 さぬ H ィ期 ふす る 中 も氣が 急く: tr か 行て 

呼んで 來る o( 長) 呼んで 來る さかし やっても、 何處に 居る か 御存ト あるまい o( 財) 知らぬ もの かィ、 武 

ベ やま さま そ む ベ やま さま ゐ くら ゐ ちゃう まつ ひど リ かへ > ,t; , - , 

邊山樣 は、 (長) 其の 武邊 山樣に 居らつ しゃる 位なら、 長极は 一 人で 歸 6 はし ませぬ o( 祿) 十 11 をれ で 

ち を こ な ど ゆきが た. し せ , -7 い わけ 

は 彼處に 居らぬ のか、 (長) もはや 疾ッ くに 行 知れ 卞 o( 財) を 4 やまた 何故に? (^) 如何 云 ふ M で? 



かけねち 



その 



(長) ハ テ 知れた 事 尸 可爱 男つ ヒ 連れ立って、 二人 手に 手き 雞が 鳴く、 吾妻の 空へ (W: 驅落^ (長) 其 



通. o (兩 人) ュ、、 、 、 

ねく せがれ c んざ ぶら 5 あくび み こど 

奧.^ は 悴の甚 三郞、 欠伸 をしながら、 (甚) をれ 見た 事 かィ! 

〇 第 十三 回 嚴談 

ど 乙ろ れい だいこく や おもてにかい かみて もゝ だはけ か ふ やぎ ケの. しげた s- は ひ ii- め い か げんせん かま 

處は 例の 大黑屋 の 表二階。 上手^ 桃 谷 家の 家扶 柳 園 茂忠、 張 < ^肘 眼 を 怒らし、 嚴 然もして 搆 ふれば、 

さが さいべ ゑ ふ 5 ふ あた ま たゝみ こ ャヒ おそ. S つ ひか 

ズ タト 下って 財兵衞 夫婦、 頭を疊 にめ AT, 込む まで 摺. つけ 恐れ 人て ど扣 へけ る 

さいべ ゑ $ をん い たいい まう けた ま たま: fj の いっさく ふっか ばん 

(柳) コ レサ 財兵衞 殿、 何 さ 云 はる、? 只今 承 はれば、 -;^ 玉 澱 k は •:•: 何に ::•• 1 昨 二日の 晚ょ. <y し 

ゆく し. S さ や 5 わけ これ け こど /」 ざ 

て、 行衞 知れす さ 云 はる、 の t やな 0( 財) へ ィくま づ左樣 な譯で …… (椀) 是は 怪しからん 事で 厶る 

おそ い £ ざ た AJ い を いたい £ ざ 

な o( 財) 恐れ入 A> まして 厶. ます (柳) 恐れ入る では 濟ま されまい o( 祿) 痛み入 6 まして 厶., ^ます o( 柳) 

い た い を かゆ S だま さいせん 5 か 5- S き でん 

痛み入る では 濟ま され ま so (財) 痒み 出で まして …… (柳) 4^ 默. ^ なさ S! 先 前よ, 観; S 居る に、 贵 S 

がた ふた 《- こど!^ は を は もつ こ、 ろね ま を さつ どころ きでんが た さき しゃ 5 だく むね まもした このな 

方 か 二人の 葉 tto 甚だ 以て 心得 申さぬ。 察する 處貴 殿方 は、 先 は 承, 諾の旨 申 置きな, がら、 此期は 

およ む, V め かく いへ で い こしら せつ.. >. や はじ しゅじん だま fj 上ケん &ざ これ 

及んで 娘を隱 し、 出奔な せし^ 云ひ榕 へ、 拙者, 初め 生 人まで、 か 欺し なさる 所存で ム らう、 (財) 是 はし 

^ .S た をの や 5 こど い かね た. ゥ か しゅ 

たみめ ゥを うな! (祿) 何う 致しまして 其樣. Jsi- が、 (柳) ィ、 ャさ うは 云 はさぬ、, 兼て 當 五日に は、 主 

じんどうけ うお もて & き、 や 5 あ を; Si さる ゝ るの せつど かく £ ;^」ぅだ5 おつ 505 き やう やかた おい わ もてむ t こんれい あそばさる 

人 is^ 京表へ 御歸京 敏 遊に つき、 其節觅も角も御同道ぁ.<^、 て 東京 4^ 舘 於て、 表向き 御 婚驢锁 遊べ 

て は を をで をの 5a- き でん こしよ 5 ち は を &ざ をん みや ち /.」 しゅつ はつ 

き手箬 にて、 已に其 儀 は 貴殿に も、 御 承知の 箬では 厶ら ぬか。 さるに 何 どや、 明日 はいよ く 御 出體^ 

い をの ま ぎ は こんにち およ む め を たま い へで いた を こぶ もつ きく わ. S せんぶん 

云 ふ、 其 具 際なる 今日は 及んで、 娘 は 居らぬ 4^ 玉 は 出奔 を 致しました.^ は、 頗る 以て 奇怪 千万 o( 財) サ 

i 入鎮 . 七 九 



1 入 娘 八 ◦ ■ 

七 のた f もつ ども わたくし; ij も さ ふっか ばん こ、 ろ あた てわけ い た みせ こど 

、、 其 御 怒 6 は 御 道理、 されば もて 私 共で も、 去る 二日の 晚ょゥ して、 心 當ゥへ 手 分 を 致し 店の 事 

とつち の よめ ろくく ねぶ いっしゃ. ゥ けんめい さが - > いま もつ み i あた , 

は 其方 退け、 (祿) 夜の 目 も碌々 眠. ませす o( 財) 一 生縣 命に 探しました なれ <^o( 祿) 今以て 屍當. ませ 

あ を い- ども い やくそく いた かん じん たま 54 やぎ ケの まなし わ W を 

す o( 財) 明日は御伴さ云ふか約束を致し^^>がら、(祿) 肝腎のお 玉 を 失 ふて は、 (財) 柳 M 樣に ゆ 譯が 無い、 

あ いま ど はう く を どころ ぁ&た さまお いで 

(祿) こ 4 やきう した もので 有らう さ、 (財) 今 も 途方に 暮れて 居.?? i9 處へ、 (祿) 貴君 樣の 御入來 にて 

これで. S へん か、 さ、 ゥ さ. S ベ ゑ さの こま こど t; ぅス もの めん ゆく 

(財) ィャ是 大變ぢ ゃ鷂ァ 如何せ う? (祿) 財 兵衞殿 困った 事 k な.?? -J た 十^、 (財) 夫婦の 者 は 面目 

^ あ vfv;^ ら かこ これ むかし さむら ひ はら か き まなし わけ をん ぶ 

無く、 (祿) 穴藏 へで も驅け 込みた S ほ^、 (財) 是、 が 昔の 武士なら、 腹搔き 切って 申譯^ 、九寸五分 でも 

も だ どころ あやにく こ お さいべ も わか をり だい よはむ し このし K ゝら きう を 

持ち出す 處 なれ^、 (祿) 生愴 此方の 財兵衞 は、 若 S 折から 大の 弱虫、 (財) 此皺 腹に 灸据 ゑる でさへ、 (祿) 

み & が くる :}J . ゥ はものち い のちば か たも ?>v をむ, あみ 

身 を悶搔 S て 苦しがる 、(財) 如何して 刃物が 當 てられ まし やう。 命 W6 は.;^ 助けく (祿) 南無 阿彌 

だ ぶつ ふう ふ はん を をつ て あ やぎ ケの かた ほ わ ほ::! L7V ちゃ, ん き でん を かく 

陀佛 くト、 夫婦 は 半 泣きに 成て 手 を 合 はす 柳 園 は片頰 笑み、 (柳) なる 程 素 町人の 貴 澱に は、 中々 に 

はら き もちろん このはう おい き でん fj は、 らき 、ズ ザん ほ やう ひ を をの は W あたまぶ 

^は 切れ ま いて …… 勿論 此方に 於ても、 貴殿の 皺 腹切ら した C て、 何の 保養に も 相 成らねば、 其 禿 頭 打 

きつ どうき や みやげ & このぎ こつお & めん かほむ その か は さいべ ゑ $ をん ま を-し 化け 

ち 切ても、 東京への 土產 にも 成らす。 此儀は 此方から 御免. 蒙る が 其代ゥ 財兵衞 殿、 何 どよ い 申譯の 

L f まか を か を ゆ ゑ さいせん ま をし み ど ほ い まいつ. かんな いうよ くだされ 

仕樣が、 他に 無うて は 叶; 3 ますまい o( 財) サ 、、 乙 れ敌先 前 も 申 上げます 通ゥ、 今 一 週間 御 猶豫被 下、 

もの 5 ち み い そのぎ あい ズザ ほさ これ を 々ら しきし きく. S おもんじ たんた. ウ 

其 中に 娘 を 見出だして …… (柳) アイ ャ其儀 は 相 成らぬ 。成る 程 是が小 倉の 色紙 さか、 菊 一 文字の 短刀 

さう い しろもの ざ ふんしつ み いだ さし あ ^ こわ さ 

さか、 左 樣云ふ 代物で ム るなら、 粉 失な せし を 出して、 差 上げな ば をれ でも 濟ま うが C 此 ばか..^ は 左 

5 まゐ にんげん を まみ もの む をめ ま を こわ もの &ざ いったん しゅつばん. S た うへ い 力 もの 

樣は 參らぬ どよ 人間 は 生身の 物、 娘 さ 申せば 破れ物で 厶 る。 されば 一 端 出奔 致した 上 は、 如何なる 者 



て か、 か きを 5 <s ん; こど か る た せき , く 一 し 

の 手 k 掛 ゥ て、 如何なる 疵を 受けぬ とも 申され ま. so 殊に 歜留 多の 席よ々 して、 行衞 知れす^ わるから 

さヮ どころ かね まな か を どこ かるた くわい こんざつ まぎ かけ t ち さ 5/1 

ほ, 察する 處 兼て より、 申し 交 はせ し 男 あ, CS て。 歌留多 會 の混雜 >に 紛れ、 驅落 なせし に 相 逢な し。 さる 

どき たま: の りつば きを もの &ざ きを もの このは 5 ねい .. ち, V 、ゥだ ひ ,- よ また 

時 は 43j 玉 殿 は、 立派な 疵物で は厶ら ぬか 疵物ならば此方^^^«ても、 もはや 頂; » にがび 申さぬ o( 財) へ 

ィ、 (柳) なん^ 左樣 では 厶ら ぬか o( 祿) へ ィ o( 柳) さる k 依て 此上 は、 別 k よい 申 譯の仕 1 を、 

を か べつ Is を ふんべつ を まも 

無うて は 叶; S ませぬ ど o( 財) 別に^ 申して …… (祿) よ S 分別 は ::: (柳) 無 S さ 申さる、 か o( 雨 人) 

I 、 , しか このはう まなし こ さいべ ゑ $i の けっこん ゐ やく ばっきん んま をし、 ゥ た /?- ざ 

へ ィ o( 柳) 然らは 此方から. &, 込まう。 11 財兵衞 殿、 結婚 違約の 罰金^して、 躉千圓 申 受け 度 ふ厶る (兩 

人:、、、 

〇 第 十四 回 爪彈 

どころ どうき やう きた はて よろ はら ど ほ 上 *^>ほさび みの わ まち わび づまゐ 5 ふびき 

處は 東京 も牝 の果, 萬づ よし 原 はも 遠から ね <^、 夜 は. 尙, 淋しき 舆 輪の 町に、 S ゝ やかなる 詫 住居。 爪彈 

> あ ひ I マ^ h しろ こ、 ほ i こ、 みづぃ さ むか ため をが こ ほんな のま、 き やうが い いま 

の 合の手 面白く、 小鍋ジ ハく さも 甘 さう に、 此處水 入らす の 差し 向 ひ、 爲 永の 小 本 其 儘の 境界 は、 今 

た みつじ らう み うへ きんじょ もの うらや 

どか玉光次郞が身の上さな.<=^てo 近所の 者を義 ませけ る。 

よつ ど て や, "JiT ほん たま もの t ま よ しんち = ^ん 

(光) 一 寸ぉ手 休め Jii 1 杯獻じ ませう か于 (玉) 大き; b£! (光) もう 其 大きに は廢 さね ュか、 新地 かお 

どち やう , この ど ち き - つへ かい もら をん IC" 

斗 w ならよ からう が、 此 土地へ 來た 上に は、 なん^か 改良して 貰; S た S もんだ チ o( 玉) をん なら 何^ 云 

、 . あ 、 か こど 555::^ - 、 、 、 は- ゥ 

ふので す? (光) 有 AN ィ! W (玉) ホ 、 、可笑しな 事 o( 光) 何が を かしい もんか。 をれ よ. 大きにの 方 

• よつ ばビ だい をん こど わけ わか あ をた S はいか W や. S 

か 餘程を かし so 第 1 何の 事:^ か 意味が 解ら な so (玉) をれ は 郎君、 大きに 憚-.. はん を 速く 云 ふので す 



ふ, 




5^ つ 


人 ほ 
十 か 
ガた 


ぁヽ 

カゝ 


ttdb ビ 
時き 


+1 さ 
やしつ 


ば 




t|5 わ 

け 


覚ほ. 


, ~ ヽ 


丄が 


ん 


7 


玉 s 




て 


り 




f. 






ち 


ち 
尺 


% 


A 
V 


宽こ 
爭ど 




✓ — ^ 

光 


お f?^ 


や 

J し 


スぉ く 
ホ 


iB < 


ネ 
丁 


や g か 

ん 









喊 'ず 


'わ 


し 


お 


め 


6 


ft y 





お さ 
T しつ 


さ 


吾 Ft 


光き 




?ち 


/fcr を 
1 口 J 

故せ 




ム 


' 


二 さ 






A ヽ 




る 
で 




た' 


次し- 






> 

ふ 






» み 




が 


V 

\ 


^ — " 


は 


IE. 





郞き 


k 


據 5 


9 




A 
9 


ノ 


線艾 


て 


71 ゝ 


J 


"^さ 

な 


1 八 


ひ 




さ 


云い 


<1 レ 


^ — ^ 




ネ 

A. 


ぺ 


ir 




ら 


又 




14 

U 


1 し 


何 g 


ん 


u 


f 

し 


こ 












:dc き 


る 
に 


-ft 


ぉリろ 







合 5 


V , 


ゝ ノ 


るぶ 


rL 










-A 


9 


"f 八 


し 




mi 






f 女ん 


せ そ 


か 


\ 


る 


一 S 


で 
r 


士 


/] ゝ 




て 


何い ず 


力 1 





摩 ま 


こ 

礎 


o 
光 


の 




度 ど' 


せ- ぁ 
34 ん 


9* ヽ 
Ti ゝ 





で 


ほ く 




東? 


し 




右 あ 
お 


i い 






彈ひ 


》1> ん 


ら、 




f 


お 


、、かま 

ii£ で 


おや 
へゥ 







A 
V 


や 






光き い 


し 






ヵゝ 


め 


ち 


押き 






し 


何 X 




次 じ' 


て 


、 


1 口 J ん 


3? た 


o 




此し 


行 S X 




あ 


く 


で 


ィ 




K ゐ 
活 




H- し 


% 

ゝ _ ノ 


力、 


■1^ ん 
檨 









聞! 


解 力 わ, 


ぐ 


は 


ね 




73 ゝ 


1PJ に 


r> 

ら 




ら 

醫 






L 

rL 


ち 


ら 




「お 


ェ 




なお 


ち 




rii こ 

困-ま 




ひ 








な 


が 


にら 




» 八 
い 


も ffl り 






る 


/|»| ね 

似 




K 




ゃトは 



玉 




間き 


»p お 


玉 




? そ 
\ 




贺ま 




- — -. 




に 


二 




A 
9 


#1 い 


れ 









せ 

ぬ、 


? 
\ 


di 


し 








— ノ 


V - 


が 






郞 1: 



— V 

玉 


に 


S 

け 


ぼう. 

つ 


て 


る 










a あ 

宋き 




君 7- 




尊 


/2 


活ゐ 








^ — ' 




ノ 


る 


れ 


何き 


% 


^ — ' 


や 
に 


力) 


O 


ife た 

W 


か 


けむ 




itP こ 


に 


も 


ら 


や 


唄る 


K 




は 


出で 


A. 


7J-* 


云い 


る 




七ず 

つ 


ち 


ん 


ァ 


m ひ 


ひ 


L 

rL 


廿そ 
=^ の 

》 ひん 




おき 


お Ds> 
右 


r 


ひ 


其き 




h ひ 
A ど 


し 


か 





ま 


な 


A 
') 




號ね 


で 


中 。き 




を 





鳴' ふ 


す 


ら 


JB コぱ 
B じい 

は 


Sl 


や 


はな 




し 








く 


有、 


" — " 


b 


か 








J で 

前へ 


が 


た 


ふ 




fi^ か 




い 


yCn ゆ 

mm 


出た 





^ し 


御 


A 
/L 







カダ 


玉! 




レ 
i'、 


X 


A 、 


さ 


光 


安え 


田 上 

Jri 5 


げ 






何 f 
分ズ 




は 




し 


ま 




の 


ん 




》 し 、ん 


ci 


さ、 


も 


ま 


不ふ 




お 
ャ 


せ 


は 




さ 






) 


ち 


\ 


か 


け 


n 


圖ど 






ん 


有 * さ 


の 


す 


は 




( 






謦ぃ 
^や 


ふ 




思ォ も' 




7ヽ 




難?^ 


有、 


る 


な 






iW* こ 

を 


中 力 を' 
々く 


曰む: 


め 


ひ 










い 


m 


< 




^ — ^ 


今お 

7 ま 


问た 


t 


の 


な 


出た 






t 


の 


4 、 


へろ 






It 


m 




仕し 


事き 


い 


し 






る 




た' 







お 
R れ 


て 


m て 




の 


た 






で 


でく 





表 f 


さ 


下 も 


の 


來き 


の 


居ゐ 


力 > 


で 


檨 f 




按ぇ 


讓 




て 







ら 


友? 


た 


親き 


た 


ら 


す 


に 




寒 T よ 


有、 








ね 


だ 
ち 


か 


則? 
は 


の 




力 > 






の 


の 


い 


ち 


誰 ft 




が 


金?; 




內! t 




光 




呼よ 


樣す 


ィ 、 





窆 




世 i 




も、 


上む 
'ヽっ 


力 > 


務ち 


— " 




び 


で 






も 




m 


金 か 




力》 


ら 


省? 








斷こ 


す 


期 か 


も 


知し 




き ■f ば 


ね 


も 


し 




で 


さ 


れ 




k 






解お 


ら 




き t 


t 




い 


ril- の 


鑑化 


れ 


は 











ら 



めいち たんお らうた の S K ひく > 

卞、 (男) ィョ 明治の 丹 次郞、 .; ^樂 しみでげ すな ト云ひ ゥゝ這 入 4 求る もの あ ゥ。 

どし &ろ さん, た うざん こしら へ SJyi. 'ちほうし ひだり て せいか!^ ん きもの 

年頃 は 四十 前後、 唐棧づ くめの 扮 装に、 スコ ツチの 鳥 打 帽子、 左の 手に ズック 製の 革袋 を さげ、 衣服の 

つま たか から も、 ひき ふか あら みぎ て かふ もりが さ もつ & あんばい い また び かへ もの 

襻を 高く 褰げ て、 メリャ t< の 股引 を 深く 現 はし、 右の 手は洋 傘 お持て 居る 鹽栴、 今 旅行よ 6 歸. し 者 

か 

みつじ らう み い まかへ ひる をぎ つ ち 50 はら こしら た ,\- 

光次 郞は 見る ょゥ、 (光) ィ ョ今歸 つた か o( 男) 午後に 着い たげ.^ も、 一 寸 腹お 搏へ てた もん, たから 晚く 

をつ を t^vc- け ふ あ を うち つ おげ へ & おも どこ をん い はや あが 

成て 濟 まね 光) でも 今日明日の 中に ゃァ 着く に 相 逢 無 H ^思って た處ぉ まァ 何でも 好 S 早く 丄 

を ぉクぃ やつ ,,v のうお を どこ ざ しき ど ほ ひ ばち そば をゝ 

んね (男) 邪魔に 成み やしね V- か o( 光) こ ゥ云ふ 奴 さ。 —— 其 中 男 は 座敷へ 通ゥ、 火鉢の 側まで 進ん 

♦s^ みつじ らう ,リ およ こ だ いまい さんば い い き つ や あり 力て 

で 坐る。 光次 郞は 直ぐ は 猪 口を出し、 (光) 今 入.^ 三 杯お。 まァ 呼吸 次ぎに 遣ん ね-。 (男) 難 有 VKO 

どき しゅび じ やう ぶ そいつ がう き こっち し; つもの らん ど ほ 

(光) 時 k 首尾 は o( 男) まづ 上の 部 だ o( 光) 其奴 は 豪氣だ o( 男) ^^テ此方の代物は? (光) 御 覽の通 4 

& らん ど ほ い かげん はや さば よ. まへ かへ:;? 

さ o( 男) 御 覽の通 ゥ も 好い 加减 にして、 早く 捌いたら 好 さもうな もんだ o( 光) だからよ。 .^^前の歸京を 

ま ゐ .S ち ち > ^が を 5^ た しづか 

待って 居た のさ o( 男) な^ ゝ 一 日 も 永く 側へ 置いて o( 光) オットお 靜に! 

* &ん こど ,E 、, わか たま ふた y は をし き ゐ を £?./<\ き み わるめ つき こ i& た 

何の 事 やら 少しも 解らぬ ながら、 .1^ 玉 は 二人の 話 を 聞き 居し が。 折々 氣咏の 惡ぃ目 付 をして、 此方 を ザ 

み を どこ かほ らんぶ ひかり ふ どみ :?」 み. こど f $ ひどみ こ 

ti く-見る 男の 顔、 洋燈の 光に 不圖 見れば、 何う や. ら見た 事の わる 樣 なる Jii、 尙も つく ^ 瞳 を 凝らせ 

い か このな どこ かね ! わ や みせさき ;; J み もゝ た:^ け か ふ やぎ ケの をに が. し ns- ゐ を 

ば、 乙 は 如何に 此男 は、 兼て 吾が 家の 店頭に て 一 二度 見かけし 桃 谷 家の 家扶、 柳 園 某 は 相違 無 か. 53。 

をの f ゐぎた 5" ひき か は か は いま a が てん 

さる はても 其 時の、 威儀 正しき に 引かへ て、 變れ ば變る < マの 有 檨 —— はて 合點の ゆかぬ …… 

J . 人媒 . 八 三 



〇 第五 十回 喧 嘩 

し .JL!V> もど む をめ ゆく;;^ L かね もくさん は-つ せっかく たのしみ *々 だ 

かく も 知らぬ 親許に て は、 娘の 行衞 知れぬ よ 6 兼ての 目算:^ ラリ 外れて、 折角の 類!^ も 書 餅 <W な 4 し 

けっこんる f ?^レっきん きんぜん ん わた か や ざ ケの きび だん こ さら こし 

のみなら す 結婚 違約の 罰金^ あ.^ て、 金千圓 渡すべし ゥヒ、 家扶の 柳 園に 嚴 しく 談じ込まれ、 更に 腰 を 

め, ほ: ii たビ ろき へい I ん てい, t- フ いっしゃ. ゥ けんめい わ いつ やう や か かん ゆうよ れ. その. つへ?. i つ a ん はん. かく ね ざ y 

拔 かす 程の 驚愕、 年 身 低頭、 I 生 憑 命に 詫び入て、 漸く 三日間の 猶豫を 願; 5 「其 上 罰金 も 半額に 値切し 

もビ た しんだい J ^へん たいきん i うい わ で はづ し やう こど さいべ つ?; たや レ, 

が、 元よ. さまで 豐 か.^ らぬ 身代、 五 百圓の 大金 容易に 沸いて 出 やう 箬 なく、 仕樣 事な しに 财兵衞 老爺、 

ち. し にこ ク-- しょはう かま ちで や. つ かう!? かね から か あつ しぶく やぎ ケの わた 

脚お 摺子 木に して 諸方 を ffi け 廻 はり、 血の 93 る樣な 高利の 金 を、 辛う 卜て 借り集め、 ffi 々柳 園に 渡して、 

や、 「や こ > 一 .ぞ を ふうふ はら うち も、 た: i け わん だん, やぶ ^.v こど あき 

漸く 事濟 みに はな 4 しか.^、 濟 まぬ は 夬婦が 腹の 中、 桃 谷 家の 綠談 破れし は、 過ぎた る 事 ゆ ゑ 諦らめ も 

かんじん たま -?, この、 つへ そ ど かへ たはつ かふ い か たま さが だ ビ 

すれ, お、 肝腎のお 玉 を 失 ひて は、 此上 損の 取ゥ 返し も覺束 無き に、 如何にもして- R 玉 を 探し出し、 二度 

はな さ サ! b ほ こ、; つ あた て くば くさ わ せん; b さら その ありか し た i 'そのいろ 

の 花 を K かせん もの さ、 尙も心 當ゥに 手 を 配.^、 艸を 分けて 詮議 すれ.^、 fSt に 其 所在 は 知れ 卞、 只 其 情 

* な どこ い もの せんれん ビ うき やう ズ V か こ たにみ つじ らう S い し. や し 上 ifJ い きょねん て:' き わけあ ひどめ 

人^ 云 ふ 者 は、 先年 東京よ 流れ込みし、 谷 光次郎.^ 云ふ醫 者の 凄 生.^、 去年の 秋から 譯在 6 て * 人目 

を 忍ぶ 淫奔 は、 はや 近所で も 評判な 6 きざ-、 是 のみ 漸く 今に ナ%.0 て 知れ、 さ. は 五 Et ながら, 迂濶 千万 ど、 

夫婦 は切齒 をな し た. CS け る。 

この >*、ら を をり ゥ み-つ さま た ね\ ま を じ やう ふんべつ K く また ケ ろくわん 

されき も此龍 打ち 棄 てべき にあらねば、 か \ る 折 乙を淸 水樣 へ、 銜願ひ 申す が. H 分別 亡、 か祿は 叉候觀 

せ たん まいにち さん はい /じ く らう ひゃく: Jj ふ rf くじ ひ 5 か、 い た ばん き. や-つ 

世 昔へ、 每 日く sli して、 御苦勞 にも か 百度 を 踏み、 自お 引いて 伺 ひ を 立てし が、 四十 九 翁の 凶 さ 

で .し ズヮく ら. つ ね い ありが 5:1 た つげ がっか リ のち 5 ち ひきこん かんし. やく ねこ 

出て, 終: g 苦勞の 堪えぬ € 云 ふ、 難 有い 御告に 落 膽し、 後に は 自家に 引 a で、 疳瘤 のみ ど 起しけ る o( 財) 



ろく そみ た せんたい をん ためめ ゐ ものみ ため め £ ざ ,*■ の もの み ,!」 め め 

^祿! 其方 は全體 何の 爲 目 をつ けて 居る! (祿) 物 を 見る 爲の 目で ムんす o( 財) 其 物 を 見る 爲の目 

も む をめ ど ふし だら し る * &んぃ こど も ん f た め 

持ちながら、 娘が 疾ぅ からの 不行跡 を、 知ら 卞に る さは 何 云 ふ事ぢ や、 其樣な 役に立たぬ 目なら、 

ひきぬ , - .C ち * &た をん ため め がね か >.」 ざ わたし め だま 

引拔 いて はかして しまへ! (祿) ホ、、 、ゑら さう に * 郎乙を 何の 爲に 目餛を 掛けて 御座る? 妾の 目玉 

ふたつ よつ ゝ ひど をみ にばいよ はいめ も いま & る 

は i 一個 だが、 貴 郎のは 四 個 ある 人並よ ゥは 一 一倍 も餘 w な 目 を 持ちながら、 今まで 氣 がつ-かすに 居る^ 

* のき かへ ま ぬけた ゃぢ き ま ぬげ あ * &た i め はう 、 、ゝ、 

は、 呆れ返 ゥ た間拔 老爺、 お o( 財) 貴樣 こも 間 拔ぢゃ o( 祿) 潰郞 乙ん 阿呆お や o( 財) うぬ 乙 をへ ゲ タレお 

て めへ たう へん ぼく あん" ぼんたん ばか たわけ をに 

や o( 祿) 手前 そ 唐 變木ぢ や o( 財) われ 乙 を 安本 丹ぢゃ o( 祿) 馬鹿 ぢゃ o( 財) 白痴 ぢゃ o( 祿) 何ぬ かす 

くそくら ぶ ぶ い 

! S 糞喷へ o( 祿) 打った な? § 打た いで! (祿) ァ痛 たく! ■ 

たが ひ s-ud もつ あ ふゥふ げんく わ く い ど あ どころ さ でっち 

互 ひの 腹が ム ^^ャク シャ が、 鍵れ 合 ひての 失婦 喧嘩、 a んづほ ぐれつ 挑み 合 ふ へ、 來 か、.? し 丁稚の 

ちゃ 5 まつ あるじ きゝ ふ:,. J て うつ おもしろ わ もしろ こいつ めう か、 

i. 生 人の 危急 を 止め もせす、 手 拍て 面白 か. OS 、(長) ャ. '面白い、 此奴 は 妙お、 鴆 しっか 6 せい! 

たゅ^^ク ま のこ はっけいよ や ふ た ふ. ゥふ ものく つ ひっか 

親爺 負けるな! ジ レ^ 殘ゥ た-/ \. 八卦 好い や.. •:: : さ. - 煽ゥ 立てれば 夫婦の 者、 喰;: S::E! き 引搔き なぐ 

あ む f $ たゝか あ り さま どば & しゝ ぬ だ くる ま は t ど さら はて. レ 

.<^合 ひ、 夢中に 成て W ふ 有樣、 鳥 羽 緒の 獅子の 胶け 出して、 狂 ひ 廻る が 如くに て、 更に 結局 も わら^り 

け. 00 

か、 る處へ 表よ. o、 歸 6 來. し 悴の甚 三、 かく^ 見る ょゥ 靴て 人 Arvo (甚) コ レサく 如何した もの だ。 

たどつ たつ か あた .A 小 はげ は き くせ どし より ふ、 つ ふ げんく わ いぬ から, ヒ く 

阿 父さん も 阿 母さん も、 頭お 禿ら かした う、 齒も >c くく 利かぬ 癖に、 老人の 夫婦. gir 大も烏 も險; 3 

たどつ おつか き いも ど » く; 尸" し たま 

はせ ぬ をれ よ. は 阿 父さん? 阿姆 さん も. 聞きなさい! 妹の 朽衞が 知れました ど 0( 財) なんお やか 玉 



1 人 娘 八 六 

の f 仏ぎ が、 (祿) れ たさえ? (甚) いかにも 私か閱 いて 來た が、 まづ 氣を錢 めて お聞きなさい! (財) 

取う i かせ! (祿) 疾く云 ふて! (甚) オット 只で は咄 されぬ o( 財) ユイ 愁 張った 奴め が! (甚) まづ 

ぎ 上く i ?、, 一;: ん みのしろきん lix あは もん いものき ちん わたし ソだ > > 、- ゆ. T ^.0 

玉代が 一 圓、 に 身代 金が 三百 圓、 合せて 三百 1 圓さ云 ふ 物、 閬 かせ 賃は 私に 下さる か o( 財) な 勘定 

し y ゆよ つや を お だいき そのて くま 

した もの ぢゃ。 をれ は 品に 寄って 遣らぬ もので も 無い が o( 甚) な^ ゝ 煽動て、 云 はす 氣は。 其 手 a 藥名 

>, まよ、 VT, ク\1 かで,、. -も し, いみ せ た めいぶつ さ 、い & つゆ やき ばん 53 だれ かい 

の燒. ^^^長) 礎の 1 は di: 思 ひ 0( 甚) 蜆は瀨 田の 名物で 。(長) 螺は 壺燒が 一 番甘 so (財) n レサ 誰か 貝 

ャぁ 、 や ャな ゆく. き く これせ 力れ U なに 

の をせ い^ tk ふた?^ うお 玉の 行衞 をば o( 祿) 闘 かせて 吳れゃ 是悴! (甚) をん なら 云 ふか …… 决 L 

I つぶ 

て膽を 潰しな さん. Ja>! 

ざ やう てん 

第 十六 回 仰 夭 

i つぶ き た. J か い ね どつ たま ど-りき やう 上し はら た 

(財) 膽は さぬ、 (祿) 氣は 確手ぢ や、 (甚) をん なら 云う が、 阿 父さん! か 玉 は 東京の 吉 原で、 太夫に 

^つ ,. わ:; ij ろ ^.f^lj これ お, -_」 ろ 

成て 居ゥ ます ど o( 祿) ュ、 ェ、 ェ、 (甚) リレ くさう 驚かぬ 箸で tt わ. ません か o( 祿) だ CN て此が 驚かれ 

どころ た: ろ たま た いふ やつ ぁゝた ほ わか どの か ふ fy ケの 

すに …… (甚) 處で ま. た 驚く とがわ. OS ます か 玉 を 太夫に した 奴 は、 わの 桃 谷 家の 若殿 £、 家扶の:^ 園 

a を あま し わざ をん わ 5- どの か ふ 1^5 を あは モの わか どの かふ やつ じつ まっか に f の 

が 申し Am せての 仕業。 何お や 若殿 さ 家扶が 申し 合せて o( 甚) サ、 其 若殿 も 家扶の 奴 も、 實は奥 赤な 偽物 

くわ ケ くさな * & ^ころ おほさぎ し 、 . しか 

で 。(財) をれ では ほん まの 華旗樣 では o( 甚) 無い 處か 大きな 詐欺師 0( 兩人) ュ、 H、 ュ —— (甚) 而も 

わ.^ ビ り をつ つ たま い ろ みつじ らう かほ み 〔いし さ いは はズ がっくり をつ や 力た くわ ケく 

若殿 は 成た 奴が、 か 玉の W 人の 光次郎、 顏を 見知られぬ を 幸 ひに、 花 作 人^ 成て 館へ ではなく、 華族に 

, .S つばい く く もの きも つぶ ろく さいべ 

化けて ムザく さ、 一 杯 喰 はせ た 喰 はせ 物、 なん さ膽が 潰れ まし やうが の? (財) .4- 祿ゃ! (祿) 財 兵 



ゑ かほみ あは やう にん あき くお あい ま、 みっか み ばん ふさ 

衞 *j の o( 顔 見合せ て兩 人) て もま ァ …… 』 口 水れ た 口 a 開た 饞 三日三晩 閉 がらす。 

* * * * * * * * 

さて こど t だい たづね 々わんら. S か たま じ やう じん たにみ つじ らう い <. わかもの い せんど き や 5 さいせ. S がくしゃ ゐ 

偖 も 事の 次第 を尋 るに、 元來 彼の. 玉が 情人、 谷 光次郎と 云る 靑年 は、 以前 東京の 濟 生學舍 さやら に 居 

い がく おさ もの もつ うま を 50 こぶ 3- ssj く をつ く を y をつ がくもん は 5 そっち の い しょ 

て、 醫 學を條 めし 者なる が、 持て 產れた 男 振が、 毒 成た か藥に 成た か、 學 問の 方 は 其方 退け、 醫書を 

ひも ど か は さ. & けん ん しゃう はうた うか たや し おく がくし きん その ま 、いうたら 、りん: ij- つ ひ あ くわり 5 ちまた 

繙 く代ゥ k は、 細見を暗誦する:^^蕩家、 親が 仕 S る學 資金 は、 其 儘 遊蕩の 運動費 k 當 てゝ、 花柳の 巷へ 

まち もど ゆたか み おもやう てのば よ こどた も たのれ 

撒き散らせ しが。 元よ 6 さまで 豐 ならぬ 身の、 思ふ樣 k は 手 か 伸せぬ は、 良から ぬ 事 を 思; 5 ゥき, 自己 

めん もどで のち 》> ろう どみ でか £ け /、」 ざ 上 む めけ つか 5 こ も y をん を 

が B の ノッ。 へ リ した を 資本に て、 後 は 素人 荒らし ざ 出掛け、 後家 は 後 座れ. R さん も 可し 娘 結搆 子守 女 

お を はて ひ^ に 上らば う 上う しゃ を き こん あた さ ひ は く ふ あげく はて く き 力ね き 

も 恐れす、 果は 人の 女房 はまで、 用捨 無く 切- y 込で、 當るを 幸; S 組んで 伏せ、 上句の 果が 手切れの 金 

あ ひて し だ. & むさ ほ L やう はふ f はて この こど ひやう ばん ほ を り つき い みや 5 VJ 

相手次第 は 貪って、 もれ を 商法の 樣 k なせし、 が、 果は此 事 評判 さな A' て、 羽織 ゴ" 付 ざ 異名まで 取ゥ、 

ビ こ いつ つま はち どうき や 5 どお も か つ ひ きょねん はる はじ ► こ き や > ^化 をが, こ > > 

何處へ 行ても 爪弾きされ るに、 東京の 土地に 住み 兼ねて、 遂に 去年の 春の 一 初め、 此の 京都へ さ 流れ込み 

もど ょぃどり み どつ くら .L たこ ゝろ 5 はべ ねこ £ど こゝろ ビら た, y たほ^-み 

しも、 元よ. 好 鳥 夢見たならば、 取て 喰 はん 下心、 外部 は 猫の 如くな れ^、 内心 は 虎よ ゥ 恐 KVJ き 狼 

野郎 さ 知られけ る。 

その、 ち にち く ゑ もの さが 5 ち ふ びん くだ お ほかみ めど れいた ま た ほさ か か :5J ざ し ゐ 

かくて 其 後 は、 日々 獲物 を 探す 中、 不憫 や 件ん の ® の、 目に留ま. *^ し は 例の 4^ 玉 大 坂の 角 座の 芝居で 

はじ ち どき わ れき つう お たま ^^.i けいこ た むべ やま. S ひど 

一 初めて 逢 ひし 時よ して、 はやく も 越歷を 通. r て 置き、 4^ 玉が 生花の 稽古の 爲め、 武邊山 さ 云へ る 人の 

いへ を0 く か 上 て が 4- たのれ そこ はい こ ねんらい きた お ぼ 5 で 、、か しゅれん 

家に、 折々 通 ふ を手褂 6 は、 自己 も 其 處へ這 人. 込み、 年來 鍛えし 覺 えの 腕に、 よ.? ど 掛けた る 手練の 



はやわざ もど みづ し. やう たま み £ どてのう ち 3 る こ のち いっさいむ ちう ひのみ や々 ら くび たけ の ゆ 

早業、 元よ 水性の 玉 なれば、 見事 掌中に 九め 込まれ、 をれ から 後 は 一 切 夢中、 火見樓 の首ッ 丈、 昇 

さき ひ て こJ^bた いよく あ ふ た こづか ひせに を こ ど たのし 

4 つめたる 先方の 火の手に、 此方 は彌々 爆ゥ立 て、 小遣錢 な^ 少し CN ゝ、 せびり 取て は樂 みし, が、 かく 

f かね うる ゐ し ケく あが i^>ら^v もの やぎ だしげ る い もの はら あは ひ 

て はま だるし さや 思 ひけん 《■ 兼て よ 仝 類なる、 士族 上りの 無頼漢、 柳 田 茂 V/ 云 ふ 者^ 腹 を 合 せて 1 ト 

き や、 ゥ げん か み た ほ もた i くば $ ふうふ もの こきみ よ ゎ,^5 こ ひ やみ み こん 

ft 言、 書いて 見た のが 大當 ゥ、 慾張み切た失婦の者が小氣咏の好ぃほさ腺にはま.c^、戀の暗は踏み込だ、 

む < でめ た !》 おも つ i!i よ を ゆ い や ゆ 一た つ に もんきりがた がってん はやの みこ て て 

娘の 4^ 玉が 思 ふ 评、 餘 所へ 嫁く のが 嫌お や 故、 連れて 逃げての 紋切形 才 、合 點 C 早 呑 込み、 手に 手 を 

どつ うき. や、 ゥ たか 50 び その ゝち ひど あ j5> やぎた ひきう む, 4- め :0 よ K み つい び 

取て 束 京へ、 高 飛 すれば 其 後 は、 一 ッ 穴の 柳 田、 が 引受け、 娘の 居 f^s 弱咏 に^け 入. <>、 のッ き せぬ 

て づめ だんばん ばっきん ひゃく ゑん こっち ま あげ た たま さん 

手 詰の 談判、 罸 金^して 五 百圓、 まんま^此方へ卷き上し,が、 ま 、たもれば か Ay で 飽き 足らす. 玉 を 傲 

>、,.-ぶ^,.^ん ♦A.J;- い やた うい しんよ しはら せんし, やく ゑん 5 ふたり やまわけ あどし らしみ 

々慰んだ 末、 否應云 はさ 卞新吉 原へ、 前借 三百 圓で賣 ゥ乙 かし、 をれ をば 二人が 山 配 はして、 跡 白波^ 

うせ , こ , ち は どビ さ. S ベ ゑ ふ 5 ふ む をめ たま き y やう じ まん 上く ふか そのみ むく い ん々 わて き 

失た るが、 此處に 憐れ を 止めし は、 財兵衞 夫婦 k 娘の か 玉。 i 器量 自慢^ 愁 深が、 其 身 戟ふ 因粱覿 

めん かれ たから む をめ うし K„b これ そ の, 5, み けげ これ たれ つみ 

面。 彼 は 財^ 娘 を 失; 3、 是は其 名 ^身お 汚す 11 :oliJ はた 誰の 罪ぢ ややら? 

こり こどた. ^な つね じ まん ひ SOS- む ヒめ こ づら にく たも ひど,, たれ き W-J く もの ^ き t 

此事 忽ち パ しが、 常から 自慢の 一人娘、 小面 惽し^ 思 ふ 人々、 誰もて 氣の 毒が る 者 も 無く。 淸 

み-つ さ 3 3 & い き & くらく い つ き やう わらべ うは さど ひやう ばん 

水樣の 申し子な, や rJ そ、 生ながら 極 築へ 行 たげ なト、 京童子の噂取<^(-、 評判 やく。 . (完) 




⑩母^^ . 嗟 峨のゃ 主人 

〇 第一 回き ぬた . 

ケく^ ふん f よた、 ひど どき 5 きょ こど わ を ケ 5 くわ ふ どころ ねむ ひつ わ ふ ひど ゝ せよ ゆ ゑ 

俗事 粉々 の 世に立て は、 人 は 時 あ 4 て 浮世の 事 を 忘れて、 造化の 懷は 眼る の も 必要な. 00 1 年余 は 故 あ 

さ. し 5 こし, y ゑ I さ ど しづ, や つゆ や;. ヒ もみ へむ そち さか こせ しらが ら 5 ちょ 

.0て相州腰越の里なる賤か家,^^露の宿か..0て住し事ぁゥき0家には六十路の拔ニッ三ッ越し白髮の老女、 

その ま £ t& ゝっ ぉさ4^>/1; ゐ あはれ こ ケ あきた、 いひ ど S- を どこの こ さき ";. まか ひ 

S 其 孫なる 七 歲の稚 兒£ の 居る のみ。 哀 なる 老女 は 去 歳の 秋 唯 一 人の 男兒は 先お ゝれ て、 今 は 甲斐な き 

> のちヽ は -」. - はめて- やし を しう ど わが こ やし を た ど 、ゥき やう 

命.*^^から孫^ニ人、 嫁の 手 1 ッ て 養 はる、 な ウ^タ 稚兒の 母 は 姑 さ 我 子 S を 養 はんが 爲め、 東京に 

^ら いか ヒ を はづ か s- 

ゆきて 働き 居る. J?cs さど 如何なる 事 を 働き 居る^ や^ 問; 5 ぬれ.^」 も、 其 はか ffi かしき 事 なれば ビ許、 

f た , に, . I もつ ど をな たち あさ つど お 上る おも いね しづ て 

語らされ は强 ひても 問 はさ. き 。老女 は最 かなる 質 はて、 朝 も K に 起き、 夜 も 遲く寢 て、 賤の手 

わざ SSJ-oi? ま あるひ きぬ ゝ を う や, V こど はたら ま £ こ かれん 上ぅ^*ぅ また 

業の 糸車、 或は 衣 縫; S 或は 苧を績 み、 休む 事な く 働け う。 孫の 兒は 最も 可憐なる 容貌に て、 叉 最も 健 や 

お を ど. し&ろ おさ 上く あそ ろ 5 ちょ つか しふ じ ついへ まわ W ま ひ 

か るか、 同 t 年頃の 稚兒さ 能 遊び、 X 老女の 使 ひな <$J して、 終日 家の 周圍を かけ 廻 はれ. CVO 余 も 又 日 

めい.; ゥ;^ I i さ f み うら かま くら みね-; \ たにく つ ゝ うら/、 あるひ こ せんち. や. つ ふ 

每に 名所 舊 跡の 埋る、 を 探, なから、 三 滞 織 倉の 峯々 谷々、 津々! E 々を かけ 廻 は 6 て、 或は 古戰 塲の賦 

5 た むかし て ふ いま よろこ やま かたち ♦ ^がた Lf ケぅ くわ だ. S ぶんしゃ 5 あ フは 

を 歌; 5、 或は 古 を 吊し 今 を 喜び、 或は 山の 容 水の 姿 を 賞して 造化の 大 文章 を 味 ひつ、 終日 家に は 居ら さ 

け ふ あさ かたせ .SJ しま ほど S- は. S くわい • よ い かへ きた f あき つき はんてん 

今日 も 今日 さて 朝よ ゥ片瀨 江の 島の 邊を 徘徊し、 夜 は 入. て歸 れば、 折し も 秋の 月 半 夭に さ 

わた ちゃうて. S きゃく ほ $ めい かた うる は ひだり こ 5 ざん つら f かたお ^ みぎ さがみ を だ みづ ベう 

へ 渡. て 長 汀 曲 滞の 眺言 はん 方な く 美し 左に は 江山 連な. て 波濤の 形を爲 し、 右 は 相摸灘 の水渺 



>v てん てら きしべ 上 * &み おど み、 あか あら 5 ら かせ ふ まつ こ! た さつ 

々さして 夭 を 照せ. 岸邊に 寄す る 波の音 は、 ^うく S して 耳の 8§ を 洗; 5、 浦風に 吹く 极の聲 は、 媒 

/\ L .vn かわ y わ しま や! 5j や .■ くく ビ も. L び ほし £ ど つきかげ あ 、 

々ざして 夭の 時雨 を さ をへ. CSO 顧みれば 江の 島 k は 宿屋々々 の燈 火、 星の 如く 月影に か ffK- な. <yo 嗚呼 

こうざん こ ゐ をが め てんか び に かこれ し ケ 5 くわ ふ どころ お ほひ ものがた き を か ねぶ 

江山 江 水の 眺、 天下の美何もの歟之:^若かん、 余《造化の懷^^1<なる造化の物語を聞きながら、 半ば 眠 

たの f_ づ かへ きた こ いそ ほ 5 で 55 おや を 

ゥ 半ば 樂 しみつ ゝ徐々 さして 歸ゥ來 4 ぬ。 ト ゆるぎの 磯 を 乙 ゆる^て、 牝條 氏康の 

いそ をみ , ゆう々 れ みち . 

きの ふ 立ちけ ふ 乙 ゆるぎの 機の 波. S をき で ゆかん 夕 蟇の 道 

うた f だ はま あら x-b み よ かへ どき せっさん くだ どか み 

さいふ 歌 も 思; 3 出され、 七 里 ゲ濱に 荒波の 寄せて は 叉 返す 時、 雪山の碎け飛,^歟^も思はる、を見ては 

,v- で うち たま くだ ど ほ *f> み 

袖の:.^ にた まらぬ 玉の 碎け CN 、よ 6 て も 遠く かへ る 波 かな 

さお. S へき や 5 5 た しの おもしろ かく わがげ しゅくち か 50 き さび やま ざ ど あき よ きぬた おど 

の定家 卿の 歌 も 忍ばれて 面白し、 欺て 我 下宿 近くな 4 ける 時、 た V さべ 寂しき 山里の 秋の 夜に、 砧の音 

てん ひ 、い きこ さて またろう ちょ れい ころも お ほ あ , あはれ 

の 夭に 響きて いさ も 寂しげ に 聞え たれば、 S は X 老女, が 例の 衣う ゥさ覺 ゆ、 鳴 呼 S ウ闘 ても哀 なる は砧 

て 5 あん いっぺん のっき ばんこ ゝろ. 》を5 つ こ ゑ しう ふうふき てっき ^i- をべ てこれ きょくく わんの じ やう たうし を こ じ じ やう こど 

の 昔、 長 安 一 片月、 万古 禱衣 聲、 秋風 吹 不盡、 總 是玉關 情、^ いふ 唐詩、 其處さ 乙 ゝ^ は 事情 も 異な 

このお ど みやこ しゅみ をん こゝろ 

れさ、 此音は 都に ては閬 かれす、 此趣^ は 都に て は.^ はれす、 あ、 何^なく 心 もす みて 哀ま さる、 さ 思 

かん た がた しゅ つくろ 

へば 威に 堪へ 難く 一 首の 詩 を 作る、 、 , 

こがらし のき おど む ぐら 

夕され ば 木 枯軒を 音づれ て、 月影 まよ ふ 律の l^o 

しらゆき かみ 5 ば ひひ s- 

白雪 を髮 にけ づ 6 て姥 一 人、 月見が てらに 衣う CNO 

きぬた かげ まき いた! 

老の 手の あがれば ラウる 砧の 影、 極の 板 を ゆきか; 3 て。 



お こ は むらさめ よは L 々れ 

. ft らく ^落つ る 木の 菜の 村雨 は、 月す ひ 夜半の 時雨 かも。 

なゝ おひ y ォみだ ぶか おも ひ _ 

ふ 6 注ぐ 老の 波の S さ 深く、 老の 想の, い^さ はく。 

こしかた ゆく へ し 

越 方 もまた 行末 も 忍ばれて、 かわかぬ 袖に 月 や. ^る。 - 

あは f らみ さ よな ろ R- た 

わ、 哀れ 秋の 恨の 小夜 衣、 誰が 爲 S て歟 うつな らん。 

あ、 哀れ 砧の 昔の 夭 高く、 老の 想お のせて ゆく らん。 

しか きな >j >J まや AS ひこ こ. だま はるか てん き £J い など ろうお よ おも ひ こ.^ くわ え 力 し 

然<> 千 聲万聲 の is の 昔の、 遠山 彥に 木精して、 遙の 夭に 消 入る 如く、 老女 か 想 も 之に 和して、 遠き 昔 

くり かへ よ ねん に. んし 5 わら ひ は を 1^>みだ あめ あ、 きど あ ひらく あ ひ を よく さ かげ ま 上 くも え ゆみ 

繰 返す、 六十 餘 年の 春秋 や、 笑の 花、 涙の 雨、 鳴 呼 喜 怒 哀鍵愛 惡愁! 覺 むれば 月の 影、 迷へば 雲の 波、 

て くも こゝ ろか さ ねぶ ,づきよ か こい いのち いろかれ びん t も .5 ま はた 

照う、 曇る、 をれ が を も 人の 心歟? 覺め、 眠る、 をれ、 が を も 浮世 歟? 戀、 命、 色枯て 鬚の 霜! 今將 

たし ゆめ をて がた おん あ ひ か あ この こ > 

何 を歟惜 む? 思へば く 夢 一 時、 され さ 思へ^ 捨 難き は. 恩愛、 此兒 可愛 ゆし、 此兒 可愛 ゆし、 ^砧に 

う をで みだ 

老の ひでを 打つ、 袖 や 涙に しぐ るらん。 

きぬた たど き ろ 5 およ こ、 ろ も みづか おも ひ そうてん うった > 力へ 

余 は 砧の音 を 聞きて 老女の 心 を 想像し、 自ら 老女の 心 k な. て、 想 を *s< の 月 訴へ、 ゆく さもな く歸 

き かり ゅ& しづ ふせや L おり 5,- あけ 

る さもな く、 月 はう かれて.^ ら ぶら う €歸.0 东て、 假の 1% なる 賤の^ 屋の枝 折 Isi てす ジ《 入ゥ、 

『か 婆さん 今 房ッた o』 • - 

い ろ 5 およ きぬ を て や わら ひ つく これ かへ たいもう おそ 5 

言へば 老女 は 砧の手 を 止めて 笑 を 作ゥ、 『.; ^や、 是 はか 歸 6 なさ いまし。 大層. か邐 いから 如何な すッた 

かた も ゐ お ふ £SJ ちら あ を ちんが ね たや L らを $ こ かたせ わ f5* あそ 

歟さ 思ッて 居ました、 今日は 何邊へ お遊びで。』 『今日は 陣鐘、 親 不知 山 を 越へ て、 片 瀨 江の 島に 遊んで 



母 心 九 二 ^^^^^ 

くれ あま 5 みべ け しき い、 > お ほ 

居た が、 日が 募てから 餘. 海邊の 景色が 好から、 ついう かく S ぶらく 來 たので。 大きに かもくな, OS 

ちい ね 、 この こ ひるま 上る 

ました 少 さいの はもう 眠たの o』 『はい、 もラ 眠ました 此兒 はもう 晝 間ゎッ ばす ッぽ します から、 夜 は 

しん やう 50 ほ かほ に こ ^o- ほ、 ね はズ ゆし 

まるで 死お 檨で、 あの 通, CS たはい も,^ さ いませぬ。』 さいふ 老女の 貌を 見れば 莞爾々 々^微笑め 60 話 

ま-..」 こビ うれ い つきかげ てら .i. がた _.y の 

も 孫の 事 は 嬉し さ 見 ゆ、 余 はの びわが ゥて、 さし 入る 月影に 照 させて、 .f^ さな 兒の姿 を 見れば、 其貌, の 

か あ ひ ま, ゝ にく こ ふた ゑ あ £ かぶき 3- かみ け ひたいぎ は ち みだ まつ み V-JS- む しん 

可愛らし さ、 類の 肉の 肥へ て 二重 腮のぽ ちゃく、 株 切の 髮の 毛の 額際に 散 6 亂る、 の綠、 無心す や 

ねむ かほ ども だち あそ ゆめみ か わら あら 一;," くぼ あ ひけ ふ 1^>み 

く^ 眠る 貌、 ……朋友 さ 遊びの 夢で も 見し 歟、 にこく さ 笑へば 現 tt るゝ頰 の轡、 其に は 愛敬の 波 を 

た、 へて ほ プっ くさ S る、 月の 举、 掬 は.^ 手 も 掬 ばるべし。 鳴 呼 何^い ふ 可愛き 兒ど、 他人の 吾 さへ 

かば か S- か あ ひ にくしん 1ビ ば はづ あはれ ね ほ たも ど こ ま ま は 

期 斗 可愛き もの、 肉 身の 祖母 k は 其 el?- 思; S や ケては 哀に覺 えぬ。 袂をか S さぐ て獨 樂亡ゴ ム鞠ど を 

ど だ かっき あ を おき くだ わたし この こ 

取. 出し。 『か 婆さん、 是 は 江の 島で 買て 來 たの だが、 明日 起たら やって 下さ. so 私 は此兒 のに 乙 乙 

笑 ふの を 見る のが 實に偸 快お o』 

ろ うぢ 上 これ み £, た 上ろ こ あ & がた さケ こん^ よい 

老女 は 之 を 見て 甚く 喜び、 『かや、 まあ 難 有う/^ さいます 是は まあ、 嘸 喜,^ で さ S ませう 此樣好 

か土產を戴てチホ、 、何も知らす^^^眠て居る乙さ0』 

い たの そのね が ほ をが みやげ まくら もど t あ をめ ざ どき はやく それ よろこ 

言 ひて さも 樂し さう に、 其 寢貌を 眺め、 土產を 枕元に 並べて 、明日 目覺 めし 時 咄嗟 其お 見せて 喜ばす る 

用心、 何事 も かさな 兒の心 を 心^す る 心、 是も老 ひたる かさな 兒な, CSO 

あ ひだ たつ じ ざい やくわん やきび けむ W を、 い ども こ らく ゝゎ いちりん やきつけ 

余 は 其 間に 立て 自在 Ji£ か ゝれる 藥錙、 燒 火の 煙 はて 煤 だらけに^ 6 し藥鐯 よ. o、 糸底に 落花 一 輪の 燒附 



あ 3> ちゃのみお やわん づ おや の レ5 力 

て わる、 有 ふれた 茶吞 茶碗の しび だらけな るに 注ぎて 茶お 呑 ひ、 こ、 か田舍 のしん しゃうな. <yo 『あ、 

い、 づき ね おやう いつ までみ ゐ た を こど ) ) ばァ さん ぃゝか げ,^ 

好 月 だ、 寢 るの は 惜し S 樣だ が、 何時 迄 見て 居ても 同じ 事 、た。 ^ら寢 やう。 か 婆 樣も宜 加 减に寢 なさら 

わたし しま CN ふ だん >& £ わんり よ さき それ や も 

ぬか?』 『はい、 私 も 仕舞て 伏せ 4 ますが、 旦那 tt 御 遠慮なく か 先へ o』 『さう かい、 其で は 4- 休み。』 

r を ふし ビ ちた かたづ や-つ ? ねつ しばよ たど 

言ひ捨て余は^^^へ入-^ぬ。 老女 は 四 下片附 くる 樣な 6 しが、 ,g ^にして 寢に 就きた るか、 暫くして 音 も 

きこ のち こ: A らし おど さつ/、 しん き しんぶ き-つ 力よ あ 、 S を 力 

聞え すな ぬ 後 は 木枯の 音の 颯々 さして、 神す み、 氣 きょく、 心 無窮 k 通 ふ •:•: 鳴 呼 田舍、 田舎! 田 

舍 は我爲 めの 安息の 地な ゥ。 

〇 第二 回 

あき かせ まつ さけ こ お が は みづ いし ふ おど みゝ ひ、 い ゆめ や > なくら >0 げ * のさ ひ 

秋風の 核に 叫ぶ 聲、 小川の 水の 石に 觸る、 音、 耳 響きて 余の 夢ハ破 ふれぬ。 枕 を^て 見れ は 旭日 三竿 

た A のうか してい の. ころ あらた t ク -, ん L 

に 高く 農家の 子弟 久しく 野に 在る の 頃な ゥ け. <yo 衣 を 改めて 室 を 出づれ ば、 老女 は 椽は在 ゥて糸 を 細み 

はや あ ひか かせき , しかた » あ >J ^た > „ 

居た ゥ。 『か 早う、 相變 はらす お 稼 だね。』 『はい、 もう 仕方なし.^ ね 郞君ァ ハ ((o^ 

いど くわい かつ 5 ちわら しう の ふば ふる ゐ く てふづ だら い そゝ かほ あら 

老女 は 最も 快活に 打 笑 ひける。 余 は 收納塲 へ 出て 古 井の 水 を 汲み あげ、 其 を 手水 盥に 注ぎて 貌を洗 ひけ 

たもて ども だち わが か あ ひ こ わが もがた ど き やま を 力 さま. • H 

る C 此時 外面に あ 4 て 朋.^ 。>J 遊び 居た る 我 可愛き 兒、 ニ郞は 我 姿 を 見て 飛んで *k ける。 『山中 樣 今 

さ あ 9 がた たれたい へん うれ •」 やう > 

朝 有難うよ。 予大餐 は 嬉しく ッて 仕樣がない のお 0』 . 

いき ^^.s- VJ つ かほ あほ、 5 れ ほゝゎ 1=^ 3 あ、,: ふ, S - r 

言; S ながら 咄嗟 余に 飛び 附 きて、 下よ 4 余の 貌を ふ. 仰ぎて、 さも 嬉し さラ k 微笑け る。 嗚呼,:? 一; 風の 可 

いつ お ほ か、 あげ ほ、 キッス - あた こま. も る 

愛らし さウヒ 言て は、 余 tt 畳え す 抱へ 舉て 類に 接吻 をな した 6、 見れば 手に は 余の 與 へし 獨 i 木 を 持ち 居け 

母 心 九 三 



毋 、ひ sli—aBBaB!! 九 四 

る 『獨樂 が 廻 はるかへ?』 『あ、 廻 はるよ、 廻 はして 見せ やう 歟?』 . 

に, こ わら ひも L んほ 5 f まきつけれ は S せ. S ぃゝ さん - * > , 

ニ郞 ±ss 爾々々 笑 ひ ながら、 紐 を 具 棒よ 胴に 卷附 終ゥ て、 威勢よ く、 『宜 かへ 山中 樣、 見て,. - 居で。』 

ひき ま こま ま .し んは 5 きつけ それ ちょつ どひい ぼか リ 

さ H? で!! はしぬ 。獨樂 のく るく 迥は るの 見て、 『^うだ、 紐を眞 棒へ 卷附 て、 其お 一寸 引た; &で、 

この こ ま し せん -s- うま ふ し ざ たれ かふ じゅつ ■ かほ 

此獨藥 が 自然に 期 廻 はる £ は 不思議 だら う、 予 ttr みい ふ 術 を 知て 居る の だ、』 €言 ひさうな 貌で、 さも 

う れ どく C- てい ま、 W いみ ひい い . か なれ をん を ま ぶヅ つけ 

婧 しさう に 得意の 體な, 00 余 は 微笑 4^ がら、 引て 廻 はすので は 不可ん、 其 は 女麵 はしお。 打 ffi で 廻 はさ 

なくて は o』 『打 附? 打附 うする の?』 『打 附.^ ヒは斯 さ o』 . 

それ ^て もつ 

余 はして 見せけ る、 其に て: S 一郎に は 廻 はら^. け <>o 余が 二三 度 手 を 持てして 見せ. p:i れき、 尙ま はら 

さ. CS けゥ 

人た、; i . ど てのひら ま た: iJ ろ てのひら 

余が 再度 廻 はして 其お 手に 取れば、 獨樂は 掌で 廻 はう 居る にニ郞 驚きて、 『や あ、 掌への ッ かるの、 や あ 

きみやう たもし ろ だ まへ てのひら のせ 

奇妙 だな あ、 やわ 面白い な あ!』 『手 をお 出し、 か 前の 掌へ 乘て わげ るから o』 

さしだ の お 1- ろ ひき こまち おち き *& せ 

差 出した ニ郞の 掌へ 乘 せて やれば、 驚きて 手 を 引 たれば、 獨藥は 地 k 落て 消へ けり。 『何故 手 を 引く の』 

『だッ てく すぐ ッた いもの o』 『今度 は 手お ひくので はない よ o』 

ふた、 かれ かく & か ひか てのひら 

再び 手に 取て 彼の 手 はう ゥし て やれば、 今度 は覺 悟せ し歟、 手 を 引 さ なき。 獨樂は 掌で くるくる 鏈は 

こ の やう -i- み たもし ろ さけ ひも かた かけ .& へ は. S さ 

ける。 二 郞此樣 子お 見て、 面白い 面白い さ 科び ける。 余 は 紐 を 彼の 肩へ 掛て、 家へ 這 入. 去れば、 ニ郞 

も 余の 後 を 追 ひて 家へ 入 來ゥ、 祖 ぎに 向 ひて 如何に 打 突で 獨藥を 廻 はす 事の むづ かしき 歟、 如何に 余 



てのひら たくみ か いちだいち けん はっけん こど 

が 掌で 廻 はす 事の 巧なる 歟、 如何に 掌への する さくす ぐジ たき 歟を、 さも 一 大 知見で も發 見した 歟の如 

ど き あ 、 これら ふ つう こど み を こ あたら かれら わい びん め を, へ これ 

く說 ける。 嗚呼 是等 普通の 事が、 皆 かさな 兒の爲 め は 新しき 事 はて、 彼等 は 鋭敏なる 眼 もて、 總て是 

ら f い かく ち しき し あ ひだ はったつ あ ひ まこ ど £ 

等の 事に 注意し つ、、 期して 其 知識 を 知らす- (-の 間に 發達 さするな ゥ、 爱 らしき は滅 はか さな 兒 なら 

かく あさげ せん を は を かれ またよ かた ほら は>& ま s- もつ ► ' ' a 

す や。 期て 余が 朝餐の 膳へ 坐. 居れば、 彼は又余の傍へ來て離れ^1;4き0』 『@ は 持て 居る かへ?』 『あ 

あ 持て 居る よ。』 

ふ SO ころ おれ つけ つけ い、 

言 ひて ふく やかに 見えし 懐よ 6 鞠 を 取 出して 見せながら、 『、おが 予には 突な S や o』 『突な くジて も宜、 

それ た i& げ * &げ か をれ ねれで き *0 ど 

其 は 突く 爲 めので はない、 投ッ 乙す る爲 めの だから o』 『む ゝ投ッ で歟、 其なら 予にも 出来ら あ、 後で や 

な せんた ベ し ま 

らう、 ね、 山中さん 御 膳 喫て 仕舞 ッたら o』 『ひ、 やらう o』 

かたわき お さら あたら ま S- をげ あそび まちめ ほ , しょく おは 

余が 言へば ニ郎 はもう 獨 樂は片 脇へ 置きて、 更. は 新しき 鞠 投遊を ゃッて 見ん さ、 待 遠 さう 余 か 食の 終 

ま かゝ どころ ゆうびん 

るお 待 CNO 斯る 所へ 『郵便!』 

はいたつ ふ をげ こ これ どうき や 5 い う ん もど あ いだ ふ 5 しょ 

配達 夫 郵便 を投 込み ゆく。 是東 京なる 友人の 元よ 6 余に 當て 出した る 封書な ゥ。 

にわか ゆ それ よら あ ひ あつま きゝ よく か. S れ 5 くわ. S せつ a つ • いよ./. \ め 5 

余 は 俄に 東京へ 往 か^るべ からす。 其 は 余 等の 友人 十七 八 人相 集. 9 て 戯曲 改良 會を 設立せ しが、 愈 明 

にち もづ はっかい さお ほ 5 きた よ ばァ わたし いつ こ 

日 を £3 て ^開 の 日で」 定め たれば £载 卜來ゥ しに 因る 。『お婆さん、 私 は 一 ニニ 日 東京へ 往て來 なくて は』 『か 

か をれ これ S $ もつ ど あさって かへ つく 

や、 さやう で ft; います 歟、 其 はまお 。是 から 直で, ^さいます 歟?』 『あ 、直お、 尤も 明後日 は 歸て來 

るが 0』 『わ、 左樣 でな さ S ます 歟 o』 







は 


1 I 




TtT か 


樣 


余 




m 


、リ 


一 






汽き 


見み 之 Si は 郞 


? J* 


a& あ 






曰て 


o ヽ 




/<|) 


> 八 




4"- や 


る に m m 


い 


ゆ 


で 




は 


Till c 


ち 


iFP こ 
J^ti の 


山 5 
中; 




の 前 X 乘? に 然^ 




L 


は 


i 




z 


o 






伏 わ 
チ い 
か 


i4> をぐ l こ ゲ ん 










て 


扣^ 




を 






の if 単る し 


ポ' 


< 


す 


來 






簡き 


老き 
右み 







恢ぅ r \ 






歸 


力 > 


る 








H-* 







9 タろ R さもし ゾ IS や "V こ 






ク 


し 




離 力 




非 か 

5li 、を 


錢ぁ 






斜ぶ 間 力ん, ひ を 


AT* 


し 






ml 


C* 




f 

し 


A 
V 


リ 






を 




お 


老? fz 


Va 

V 








き 




らし 定け 


fjf 
07 




出さ 婆 ^ 





A 
9 






A、 
刀ュ 






/t て) M 




0=, 


«|) 

せ: に 

Tt: つ 

爾こ 
附 




に 




/J. 




z よ 


( 


凹 

iH> こ 
i*t の 




巳れ て 

士 宙 < ^か 

3 卑 '安 

る は 倉 1 は 




暇き 
t 

せげ 




A 

9 






貌 f ゴ 

, よ 
A 


士ぃ 
口 


女ん 




Pjf こ ゆりん 




し 








甘 を 
兵ん 






> 

ム 


)4 を 
は 




ゝろ乂 "ス; 

る If チ Z 












檨を 

宽こ 
爭ど 




=B 


ゝ 
7J ゝ 


た 




數言 ぎ 車 si 受ま 

m 出で 場ン 






早 


m 






ill 

HI 


4 き 






Z. 


< 


惚? 




2_ 






ポ 






(T\ vn 八 A 

VJ yol へ 9 




固み 
兄 


歸 


仕し 




曰 




cA 


力 






^^ん ゆ て 




IS く 


て 度? 

來〈 t 




て 




L 

rL 


力 > 






香ビ' / 、 

虽 5 畔 \ 












宙 
艰 








ば Mq "^さ 
"^や t こ 1^ た [こ 




ホ 


る 


し 




ズぃ 
小け 

BT を 












H- 





て 






、 


A レ 






t し 乂^ 




他 か 


サ 


も 




V/ ' 






ほみ 






ミ g お >r *! よ 




2: 


r 


へて 






ill 

U4 




S 


•Ili ま 






ふ繊し t 




吸し 


r 


出い 






(j\ 

vj 


、 






t a Ay 'ぶ- 




し 


ベ 


づ 




甲 












tl 化さ ; 、7 ^き : ぽ^ 

ひ m^^ "^や し 






タレ 


れ 




さ 
ん 




"7" い 

小け 


ち k つ 








ふ 


t 


ば 








BT を 
卩 J 


宙し 

S ま 

、ヶ, ^ 
3^ で 






れほ 






土み 






御 




V* 






く ぬ 發 5^ 
r o 車 も あ 






產さ 






m 




fr 












11 










<p 


rm 






\ 首? 前? ば 






買 力ぶ 


後き 




rjj で 
ill 






~U 
I 






鳴 あ ヒ五 1 




さ 


て 


t 




:* き 




ク士ぃ 
任 


irr 






呼、 回》 分え ^ 




し 


來き 


追お 




7c. 




フ 


分え 






m ら 前ミ 




が、 


て 






の 




ち 


わ 






快な せ な 






や 






K 




や 


る 






、 ば b 




突 5 


ら 


出 




お、 




不 r ナ 


力 > 






偸 左 さ 




然^ 




で 




ら 




可 を 


ら 






快 右す 直き 






來 




o 

ね 






0=, 






! ^ 皆 ま IV 




t 


















電ミ %\t m 




顧?; 












厭 S 


し 






飛 ひ' 落 f 符ぶ 




み a 








代 § 






ま 






風 f \ r 




て 














ク 






走? 遙^ 買き 








中 




明 あ 




往ぃ 



しか し かた まちち ひしつ お ) , 

た。 然し 仕方がない、 待合室で 待て 居らう o』 

1 こしな へ ザ し く かヽ いう じん. S しか K よこ はま しょ ゝ 5 おも われら い かこし 

余 as 越の 下宿へ 歸 るの はて、 友人 石 川 は 橫濱へ 所用め て 赴 ひくな $、 我等 は 待合室へ 入ゥ て、 長 腰 

2- け こし おど この きい ま ひど 5- きゃく はっしゃ を こぶ あ ひだ いは び 

^に 腰 を 落した るが、 此時 未だ 一 人の 客 も わらさ.??、 發 車まで は 頗る 間 あれば な. 00 石 川 曰く、 『美 

じん お ひんぴょうく わい ひら お^ろ ひ I 

人で も 居れば 品評 會 でも 開く に、 一 人 も 居らん € は 驚た ね。』 

,-リ ごき む をめ そのり や 5 しん せんな ふうふ ひ W そ い きた 5 はさ かげ 

十六 七の 少女、 其兩 親なる べし、 四十 前後の 4K 婦 らしき 人 は 添 ふて 入,? ^る。 『噂 を すれば 影お、 

き をる ま $i き&ゃ 5 おに ばんちゃ で ば を 

求た o』 『成程 器量 はさの みで もな いが、 鬼 も 十六、 山 茶 も 出花お、 あはく-/. \ -』 

^L^i ら ひらく を どこ ぶ ゑんE^ょ たか わら しばら ま ひど むれ ひど ぃ《> きた いじ や 5 

石 瓜 は 磊落の 男兒 な.^、 無遠慮に 高く 笑 ひけ <>o 暫くす る 間に" どや/ \ さ 一 群の 人入來 りぬ。 三十 以上 

くろ あたら ど けい きん々 さり き や $ かん か S- や しんし さま 

の 男、 黑の フ a クク n .1 トの 新しき は、 -時針 の 金鎖 を ちら- (-. 胸間に 輝かせし a 紳士なる べし, いか 樣 

I,- メ J な Js- 3 フ B ヅパ お la. ね ほ かれ どり まき を & 9 おし よ., T. を ふ じん 

亞米秫 加 歟歐羅 巴へ でも 行く もの クヒ覺 しく、 多くの 人 ほ 彼 を ® 捲て 名 殘を 惜む樣 子な 00 廿 五六の 婦人、 

-a? ぎ わ まゆ に ま ねづ ちりめん あはせ t ゆ ちん じ や 5 ど 5 おび たいこ む を さい む. ^め- 

鉱,, の sk- をろ ひて、 眉の 匂 やかなる, が、 鼠 縮緬の 袷.^ 纗鎭の 上等 帶ぉ 太鼓に 結びた るが、 七八歲 の女兒 

て ひ f,?- し かたはら ひき を その さいくん おつ so か は あ ひさつ お けだ ねつど よこ はま 

の 手 を牽 きて 紳士の 傍に 引 添 ふ は. - 其.! 君なる べし、 夫に 代, て 人に 挨拶 をして 届. ク し。 盖し 夫お 橫濱 

おく か じ かん のち かれら また たも ビ わか vy のこ、 ろお も か、 50 ころ 

に 送るなら ん歟、 一 時間の 後 は、 彼等 千里 缺を分 の 人な -oZ 其 心 思 ひやるべし 欺る 所へ 又 1 人 

び じ t きぬき いか いき ふる 3 ひ しゃれ をビこ っゝみ もた い りきた 

の 美人 * 衣裳の 着こなし 如 河に も意氣 に、 睾止 如何にも 洒落たる か、 男に S を 持せ て 入來ゥ し, 男 は S 

お かへ さ をの どきく だん をん を ねへ さん よろしく こど こど づけ しばく へきかん ど け. & のケ 

を箭 きて 歸 6 去, たるが、 其 時 件の 女 姊樣に 宜數. ^ いふ 1 言を言吿せ..=^、 1 壁 問の 時 W を 望みて、 

まち ま f はっし,? じ かん いづこ s!y まゆ に. ほ は をつ きか あ ひ くち もど あいけ ふ 

恃$| し氣に S 車の 時簡を 待つ は、 n: 處へ 急ぐ もの 、にや、 盾 匂 やかに, 鼻附 可愛らしく、 口元に 愛敬 わ 6 



母 、む 九 八 

め 。 はつみ くび, ヒじ たちの ゆび お ほ Si がた びじん 上た も 

て、 目に 利發 見え、 首筋 立 延びて、 指な の はも/^ S したる は、 多く 得難き の 美人な 6 さ 余 は 思 ひぬ、 

その あど だん よで はいつ .S づれ きら 上 そ かざ しやう がつ み や 5 くわび 

其 後よ- > も 多くの 男女 出た ゥ 這 入た. なした るが、 孰 も 綺羅 やか k 装 ひ 飾. て、 正月 見る 樣 Jisl 華美なる 

よ ズ% かく おな s- 

は、 世 は 中々 は 驕奢に な As た ゥ。 

もで はっしゃ じ かん よ .S しか は あ ひ たづ さ か ど.? J つ い まち あ ひだけ じ. や. r.5J5 しつ い さ 

旣 にして 發 車の 時間 もな ゥぬ、 余 は 石 川 さ相镌 へて 下等 室へ 入ゥ た. <>、 待合 丈 は 上等 室;^ 居 たれ .*-0 前 

み ひどた ち ひど S- の 《< あ K き しゃ しゅんかん い で よ こはま つ 

きに 見し 人達 さは 一 人も乘合せ^!;ゥけ.^、 汽車 は 瞬間に して ゆるぎ 出ぬ 瞵 間にして 潢濱へ 着きぬ 石 

たき さ さ ね かま くら じょほ げしゅく むかつ かへ 

川 は 余 を 置 去. にして、 然 らば^て 降 AN ぬ 15.< 瞬間に して 鎌 倉へ 着きぬ 余 は徐步 して 下宿へ 向て 歸. 

さ ゆ わが ば ばか どき ろく. /0- ^りゃぅ くるま うしろ きた 

去. たり。 往 きて 我 下宿 五十 ゥ にな ゥ ける 時、 轆々 さして 一輛の 車の 我 後よ ゥ來る を 見た ゥ。 車が 

わが かたはら はせ を. よ L やじ やう ひどめ み お^ろ これ さ ステ I- ション まち あ ひしつ L ばく へきかん VJ けい 

我 傍 を 走 過る 特、 余 は 車上の 人お 一 目 見て 驚け. <y、 是前 きに 停車場の 待合室に、 屨壁 間の 時 m を 見て、 

ゆくて い を ふ 5 び じん よめ もつ これ み おく み おく ふた、 びお ビろ くるま わがげ しゅく まへ 

往 手お 急ぐ 風 わ. <=> し 美人な. き 余 は 目 を て 之 を 見送 ゥた A>o 見送りて 再度 驚け ゥ、 車は恭 下宿の 前 

501- しつば ちかづ この どきい へ 5 ち ろ 5 こ ゑ あげ ど い だ あし ビ 5 

にて 止ま たれば。 余 は疾步 して 近附 きた 00 此時 家の. S よ, 二 郞は聲 を擧て 飛び出せ 6、 足よ. は 胴 

まへ あたま で ち 5 しん ミし j5> ち た ほ ぼかり & やうて さしいだ かれ 

が 前に、 胴よ ゥ は 頭が 前に 出て、 今にも 中心 を 失 ひて 地 倒れぬ! 53 に、 兩手を 前へ 差 出して、 此時 彼の 

かぶき 《- かみ け かせ みだ ふう .S か あ. S か まんめん よろこ わら ひ 1^ み かれ がた 

株 切の 髮の 毛の 風に 亂る、 風の 如何に 愛らし かゥ し歟、 滿 面に 喜び さ 笑の 波 をた、 へて、 …… 彼 余の 姿 

み どび いだ か い を かれ まった よこ、 し いま くるま た ふじんの ケ ど 

を 見て 飛 出せし 歟、 否、 彼 は 全く 余の 此 にある を 知ら さ き 彼 は 今 車よ. o.;^.o 立てる 婦人 を 望んで 飛び 

きた かの おん ix_b つ、 み を y くるま 5 へ だ ま、 い そ あし むか しゅん 

來. し 彼女 は ニ郞を 見る や、 包 も 何も 車の 上へ はかし 出した 儘、 急ぎ足に て 二 郞を迎 へぬ 二 郞は瞬 

かん ど きた • はゝ さま さけ ど びつ か、 ひきよ 

間に 飛び 來. y て、 母檨、 母樣! さ 呼びて 彼女に 飛 着きた ゥ、 彼女 は ニ郞を 抱へ て、 しっか 6 さ 引 寄せけ 



う 


一 


h 


母 1 ま 


宜 t 隨^ 
か 分;? 


ST ご 


ヅ 


い 


其 


争よ 


せ を 

ン々 の 


丄 


る 


に 


郞 

ハレ 


ば 


m 


母 ほ 


て 


の 


時 


は 


x=^ お 


b 





母 




れ 


は 


mi 


惡すこ 
戯 "2 


は 




で 


母? 室ミ 


老 f 


恩 g 


親 




て 


んれ ^^ん 


It 


心え 


る、 


親ォ 4 


へ 


X 


女? 愛》 


の 


L 




t 


の 






配 ほ 


さ、 


は 


人い 




は 


の 


貌 § 


て 


か 


m お 




や 


で 


v> 


雕'- 




\X 


草 t 


mf 


を 


頭 t 


婆き' 


て 


使?' 


る 


力 > 


) 


ま 


•fit (ま 






履り 


はた 


眺 S 


をら 


檨ぇ 


ス 


^ひ 


樣 ず 


It 


\ 


t 


の . 


机? 


か 


さ 


は 


む 


ふ 


は 


ば こ 


t 


子 を 


目め 


な 




前 


に, ふ . 


や 


下げ 


ん 


る 




か 


し 


る 


さ 


k 






It 


魔よ 〇 


ま 


駄た 


) 





な 


世せ 


さ 


力 > 




も 




も 


ま 


b 第 


わ 




\ 


恰き 


が 


話 わ 


5 




然 力し' 


て 


甘 






て 四 






さ 


も か 


ら 




に 




し 




ぬ 


lit こ 


突 S 


坐 ざ 回 


ぐ 


ソ 


し 


U j 




や 






家 1 


郞 f 


け 


兒れ 


て 


せ 




ん 


て 


如 ど' 

ス" 


母? 


力、 






へ 




れ 


が 




b 親え ま 




ば 




何う 
1 ド J 


親き 


せ 


良 lU, 






見み 




此ぇ 


c=,i 

U 




IP 


It 




L 


の 


さ 


の 




る 


な 


も 


檨を 


も 


實 S 心ミ ふ 


^ さ 


の 


て 


膝き 




頭 S 






が 




わ 




は ろ 


1^ た 




頭プ, 


予ぉ 

■J れ 


It 


It 






餘ぇ 


ち 


: 


や 


疾? 

ひ、 1 




拽 * 


、 


はま 


の 


ffif ね 










(!=» 


< 


力 > 


ら 

即 5 


れ. 


あ 
w ノ 




m ま 
樣套 


附っ 





で、 




世せ 






で 


ら 

J 


並 t 


K! 


へ 


ほ' 


き 




や 




話 わ 


否で 




る、 


• ち 


び 






れ 


は 

,*^ 












、へ 




さ 


寸き 


に 


け 


) 


力、 




ヅ 








や 


お 






Ml 


其き 


る 


\ 




家 4 


附 




u 




力 > 


BI ほ 




ま 


ら 

リ 


母'、 ま 





H4 い 

M-i 1 


h 


It 


さ 




さ 




せ 






す 

7 




親? 




來?' 

z) 、化 


L 


居ね 


て 










此き 




力 > 








I) 





る 






ij ゝ 






頃 1 




ら 


ら 

ソ 


び 




け 

» ノ 


令よ 


時^ 


不き 




い 




の 


で 








其き 




る 


は 


に 


行? 








が 


は 




如 ど' 




IT 






—ふ 

_ _ た 

人 g 


は 


儀ぎ 




身、 




威え' 


飛 ど 




何ん 


田 ね 


母 は 






彼え 


に 




mi 




心え ん 




樣を 


ク 






女 


の 


樣を 


兩? 




ふ, 




n 


お 




は 


て 


意い 






、涼る 


It 










X 


か 




か 


E ゐ 
活 


を 




余 


慟? 


汚? 


^し 




な 










mi 


て 


注 7 ミ 




の 


す 


な 


投& 
き だ 




し 




何? 
本ケ 


な 




樣 i 




げ 




此ミ 


る 


力》 




< 




し 




が 


其! [ 


る 




に 


m 


、ソ 






お 




賞 g 


< 




考、 

か 


で 


祭 






k 


ft 


な 




な 




て 


な 




骨 g 


出で 




る 


聞き 


の 


が 








や 


ヅ 




が 


拔 S 






を 






ら 




力 > 




ク 






折 15 


る 






認^ 


た 












て 


X 




や 


事 






め 




今 さ 








お 








が 






さ 





で 


ら 




何 S 




< 


外き 




か 


出で 






6 


家 


は 
此ぇ 


し 




n 




れ 


で 






求き 








の 


さ 




歟か 




は 




思 










内き 



母 ゆ 1 〇 1.1 

& s- つば ど 5 き や 5 どころ ゆき だれ か-り y つば _ たも , 

樣に 立派に なッ たの だら う、 東京 £ いふ 所へ 往 さへ すれば、 誰でも 斯 立派に なれる のか しら』 さ 思 ふか 

&ど め. つ また i ろ こ をが そ ほた の その ふ 5 f さやが どし ょ& だけ 

の.^ く 珍ら しさう は、 X 喜ばし さう は眺 むる。 祖母 tt 樂 しさう k 其 風 を 眺めな から も 、流石に 年寄. に 

ら 5 か あさま SOS- つ き もの たん ど 

『乙れ、 ニ郞 や、 さう 母樣に K 附き なさん なよ、 衣服が 汚れる わな、 澤山 もない のか o』 

どが め また ひざ ぉリ ひさ はゝ あ- こ、 ろ むば や 5 

され.^ 母 樣は咎 もせ さ.? J、 二 郞も叉 膝から 降ん^も せ卞、 久しぶ.^ にて 母に 遇 ひし 》れ ば、 心 は^" H 

5 れ て ひっぱつ ひざ 5 しろ ひつ f をで わけ 

に 嬉し S のなる べし、 手 を 引 張て 膝から 後へ引く ゥ かへ る樣 なッ たゥ、 釉 取ゥ かま ッて、 譯も なく 

む やみ ひつばつ み また S て やわらか .§ ろ めどい ゐ _ も, 

無闇に 引 張て 見た ゥ、 又 ふさ 衣の 手 さわ ゥの柔 きに 驚きて、 しげく^ 目を止めて 見た 4 して 居る 齟 

ほ しゐ どが め よめ むか それ - ま ビ ありがた おぐ - ? 3 D^^ ^ 

母 も强て は咎ん さもせ す、 嫁 k 向 ひて、 『其に ね、 毎度 有難うぶ、 送る もの を 送ッ ておくれで 0』 『. ^何 

いた まこ 50 f & 5 おも まい ど 5 ケ かんにん 

致して 誡に 少な いので、 もッ笆 如何 かしたい さ 思 ひます けれ.^、 如何 もさう 参.^ ません ので, 何卒 勘忍 

くだ い ま もこ つ が 5 よく , ^11 5 か いた I まへ > - ■ 

して 下さい まし、 今にもう 少し 都合が 宜な ます^、 もッさ 如何 歟 致します から o』 『なんの.;^ 前 あれで 

たくさん わたし て だ. け おも このせつ いっし. セん めいか ^ぃ る k 3 n Ru > - 

澤山 だよ、 私 もね、 少しで もお 前の 手 助 をし やう さ思ッ て、 此節 では 一生 S 命 稼 で 居る から o』 『かや 

^ 5 かもみ 亇 からだ くだ いく & で ふぶ や 5 ^ 

左樣でf^Jさぃます歟、 濟 ません ねへ。 何卒 體を ^ひさ; 3 なす ッて 下さい ましよ、 幾ら 御 丈夫の 樣 でも 御 

どし これせ わ だけ じ 5 ぶん ひど リ まへ ほねお S- > ,い D ん" 5 

年が 御 年です から、 是の 世話 をす る 丈で も 充分 一 人前の 骨折で な^います のに 0』 S 言 ひける 世間 普 

つ 5 よめし 550 め よ さは い ぬ さる ^5 い これ しか よめ し 5 ど おも まこ 5^ 

通の 嫁 姑 は、 寄る S 觸る^ 犬^ 猿の 樣 ださ 言へ < ^も、 之 は然ら す、 嫁 は 舅 を 思 ひ 舅 は 嫁 を S たはる 誠 

あ g がた こ、 ろ そん を こど わか は、 き « わり れらて ひっぱり ^むき - 

に 有難き 心ば へな され 二 郞には 其 檨事は 分ら 卜、 母の 衣の 襟へ 兩手を かけて 引 張な から、 何 向て 

か あさ かわつ き 

『母 樣、 歸て來 たの、 え、 母 樣?』 • 



る 






樣ぇ 


檨 言い 樣言 


杳て 
早 




n 


ま 二 


い 母、 


い 


A 

9 


は れ 
言い ば 


が 


な ひ k 


て 


II) 


X 


m 郞 


9 &8 お 

• 税ゃ 


す、' 




m 調ず け 言い 


ぬお 


1+ 




は も 


は 

みこ 

えれ 


h 


せよ、 


ふ ふ 1 


が 患 


子 L る 64 




み こ 

んれ 


-i 暫 莞さ 


し 


(j\ 
vj 


能 1 腹き, 


へう 


に 、 け 


ぎよ 


ど 


V ど 


く ら m% 


ど 




士乙 

Ea ど 


は が、 


往 


て 其き る 
、 ^1 ' 






Jo' 


W ベ 


闻 




整ば 
菊 こ 

ぬろ 


す 空へ 




レ 


\ 


泊 さ 
IP ま 


S 


クこ 


、 る、 


働 g 


『はさ 




Si? 

c. 


A 

V 


X > 


\e 


れ 

4 レ 


)> 

If に 


Mi か 


ら 


不!; 如 ^ れ 
可' ふ 何 か さ 






I 人 




維に 




撒て 
1B 又つ 




が 
『こ 


制 か 
つ'' J 


难き 
が 


Jr あ 


ひか 
1 に 


1^ み 


し 


の 腹!: か 


く に 二 




k に 


力 


A V 

7 » 


照 か 
跟し 


サ 


て 


m が 


金ず; 




At 

マ ん 


?), 


レン 


f 値さ 
し 腊れ 


; ら 


•R トは 




Mi S 




て哀 あは 


7;^ や 
仪 


弗 か 

效を 


が 
ん 


し 




レノ 


こ 

んれ 


を れ 


取 ど 


も は ぁ 


は 


し 


六、 


、 In 


ftr? 


A こ 
む > 


? i 
t> 


は ば 


ら 


如 ど' れ い 


か 


さ 


C 

b 


'J ヽど' 


(j\ 

VJ 


H- ろ 
1^ 


百め 


ら 、 


な 


何 5 k € 


泊! 


5 


« も 


5H か 
犹ほ 


ヌ U 


K 




け 


Tallin 

TP お 




It 




ど 、 




ねか 


は 


{ f 


れ 








/ゆい 

偽;^ 




It 


あ 


t す 


ば 


方き う は 


す 


泣 を 




V は 
る 






、だ 


二 れ 




が な 卞 


る 




1±ゥ 


は 


菜 さ 


祖そ 


令 

唇 g 

ろ 


郞 ば 




な b 力? 


力 > 


さ 


や 






母 ほ 


の 、 


前 


いしなら 


ら 




ぼ あ 
胁ビ 


る 




は 


へ ら 


も 


、 、 げ 


宜で な 


<、 
に 


し 


ゲ 


得 わ 


し 

r 


か 


か 此き に 


n 


貌 S 




さ 




堪た 


犬 & 

山 だ 




^ 


前ミ 一 g m 


ら 


It 




田 お 
<ili> も 


; Si 12 
フ じつ 


へ 




檨ん 


も 言 § 向? 




な 


キ ^ 

あ、 


(A 


攝こ 

m\ 


す 


し 


し ら 


も 


も はて 


V 




前ミ 


け 


微ら 


3d 


て 


て ゝ 


御 e 


う 悲 e 歎 ま 


% 


け 




ん 


ぬひ 

天 


出た 


キ 


、 お 


顫え 






る 






, よ 


し 


ク 


其^ 乞 こ 


を 


歲 つのの 


今え 





\1> 

C. 


T* せ 

又^ 




け 




儘ミ 食 1' た 
貌 § 、 ベ 


かゆ 


夜 や 


#? 




»r 


ら 


る 


斗 


か をろ は - 


は 


や 


し 


古い 


O 


A よ 


n 


V か 


る 


ら 碎/ ど 


お 


は 


< 






も 

此! 
ず 

の 

It 
て 

貰! 
a 

泣 f 

せ 
b 




z 


反 g 乞 こ 


事 


、 { 『 


泊 裏 


レ'、 


お 


け 


ム 


^± む 
T'U を 


く 食 g が 


よべ 不!? 




ft 


留る 


る 




び 


る 1 之 


出で 


う し 可る、 


を 




主 を 






て 


: 


來き 


く 、 い 


す 


{ 


居る 




歸 え' 






§^ 


聞? 母な 


る 


し 


し 








% ^ 




分 J? 親 あ 


か 


げ 


て 


が 


來き 


1^ 


%、 




て は ! 


ら 




居お 


母 ま 




o 

な 


さ 

な 


御& 

飯き 


お 堪ミ ^ 
く 難^ 





之 

t 


る 
の 


樣ん 
は a 


の 

o 


さ 


< 


t 


れげ^ 




見み 


た 


XI 


t れ 


を 


も 




よ It 低 こ 


慰き 


て 


X 






堪 i 七 


ベ 


° mi 聲 ざ 


むさ 






11== 


< 




へ 


歲 'ま 


な 


#1 す で 


る 


pn あ 




の 


力、 



て 


御 こ' 




爾こ 


如 ど 


言い n 




i まさ 


1 つ, -i-ior;^ 

癘^ 




す 


古い 




銜 1 き 

は- 

< ら 


居ゐ 


覽ぇ 


げ 


々く 


何 5 




ト vi 


が、 


郞 


ク 


ひ 


郞ラ 


ら 


に 




お、 


な 


< 


か 


な 


は 


力 > 


て 




r 

し 


ク 


な 


、 


さ 




が 


か 


土み 


さ 




h 




や 

頭 つ- 


て 




ク 




面? 

白 >〕 


予!! 


斗 

續 


な 


產 $ 




叫 


頭?: 


母:? 


や 


て 


や 


は 






ム 




vr' れ 


をら 


く 


や 


る 


居ゐ 




さ 




ml 








て 


居る 


を 


な 


は 


の 


ら 


、 


5 


ら 


の 






に 




た 


で 


る 




n 


ヅ. 


奇き 






假め 


h 


樣ミ 


ml 






や 


ベ 



G==> 


し 


い 


笑 }^ 




面ん 




、 


出た 


た 


か 




し 


か 




や 


n 


へ 


た 




な 


んれ 


し 




mi 


し 




さ 




る 


な 




よ 




る 


は 

鐘 4 
馗 1 


て 


< 


—き 


が 


母 


へ 






h 







b 




之 ft 








親 


て 














も 


を 


き 


立 S 


ふ 


は 






ふ 


ズん 


郞 


t 


鳥 





の 






て 






<==0 




も 


子し 


は 


X 


帽? 




假め 


ふ 


な 




氣き 




分お 




の 


檨? 


frt おる . 


ら 


子し 


は 


面ん 


れ 


包? 彼》 


の 


惜? 

取 




だ 


n 


い 


をレ、 


良 わ 


tj、 


ば 


を み 


包? 着つ 






よ 


な 


面 A 


人 


戴? 


帽? 


へ 




せ も 
if ち 






に 


力 > 








を 


は 


てい 








來^ 


m 


し 





へ 






皇 まく) 


か 


な 




お、 






る 


て 


樣 f 


=^ 






后き 




ク 


目め 


ね 


■=1] 


は 




求き 




分お 

ノ 4 W 






母'、 a 樣! 


ぐ 




t 




h 




母? 


て 




ヅ 






如 お 

衡 


やま 




見み 


は 


鳥 




ちま 


親 * 


か 




P 






が 


何: S す 


す 




帽 


mx 


に 




< 


h 


? 






直 S 


歟か 


て 


れ 




子 


m 




at 


れ 




好で 






し 






ば 




は 


檨 i 











子 こ 






て 








を 




の 


\ 


敷き 




母 t 






や 


t 


驥鰹 


母? 結き 


ら 


お 








さ 








b 


見み 


も 


び 


い 


假め 


な 


解?、 




は 


禾 iT 






け 


て 




祖そ 




人き 


面ん 








か 


口 t 






る 


居ゐ 




母 は 




が 




て 






mi 


キ も 
*6 の 









ら 


げ 


も 


ふる 


被 5 鐽 










だ、 








h 






る 


m 




馗 1 












if 




0= 


見み 





ら 


の 


檨 


%'^ 


の 




土み 








は 

小 こ 


=i] 


て 


f3、 


せ 


お、 


は 




假ラ 




產 S 








見 








ね 


母 あ 


面ん 




を 












偸? 


のか 


JL1Z 
人 ほ 


い 


檨ぇ 




持^ 








で 


居 


快さミ 悲 t 




子お 


の 


立? 




て 










ら 


さ 


をみ 


に 


は 


お、 




^ ね 




來き 








'=11 




ふ 


lir わ 
*ii 、を 




X 


よ 


ら 


帽? 












御 こ' 


で 


It 


れ 


てい 


ら 






子し 

繪 も 
雙? 




の 








覽ぇ 


は 




て 






れ 


此ぇ 












に 


な 


び 




母!: 

様え 


人? 


前ミ 


樣を 




ヅ 








な 


IP 


m 




な 


も 


に 




け 








ヅ 




t 


ン じ 


の 


さ 




紙し 











母 



sa, ごお ま こも い、 い、 これ この, C ほん それ ゑ ほんたい. き 

X 丸き な聲 で、 『宜 » わ! 好んだ なわ! 之 は 何? 此御本 は?』 『其 は繪本 太閤 記。』 『搶本 太閤 記? 

た. S こうひで よし こ. so やり つ たもし ろ さけ そのみ やげ 

4< 閤秀吉 のおね、 やわ 此奴 は 槍で 突かれて、 面白い な .©、 面白い なわ o』 ^叫びし か、 やがて * 土産 を 

ひど かゝひ よ しつ い きた やま かさま か あさ A もら 

一抱に して 余の 室へ 入. <^來ゥ、 『山 巾樣、 こら、 毋樣に 貰ッた o』 

-.1 まこ げ >ャ こ く *A ま よ お. は h らひ それ よ やま を かさん まへ みやげ かつ き 

言 ひて is- に 莞爾々 々貌 な.^、 余 も 覺ぇ卞 微笑て。 『其 は 好か ジた ね、 山中 樣もか 前に 土產を 買て 來た 

やくそく それ むま 

i をら 約束の サァ f ペル、 其から もう 一 ジは 馬。』 

らう これ み お^ SM めが これ ありがた S ゝ これ もき はふ たいへん い 、もの もら ひ 

二 郞之を 見て 躍 上. o、 『や ぁ是は 有難う。 宜? Q、 之 は 好の だな. 0、 今日は 大變に 好物 を 貰 ふ 日 だな あ 

ゃま*^>かさんこの ぬけ 

山中 檨此サ I アベ^ は拔 るの?』 

ハ .SJ いみ き これ くび をん き ありがた 

言; 3 ながら 拔て 見て、 『や ぁ拔た 斬れる かへ 之 は?』 『靳れ る もも 首で も 何でも 斬れる。』 『さう 有難う 

よ、 子 は 之で 戰 i:^ 往 くのお。』 , 

い こしね ts. ゥし ■ いた 、ぃ めんか むま ひい か をた へや かあさん ば 

言 ひて サァ f ぺ , ^を 腰に さし、 鳥 鲳子を 戴き、 假面, H 被 ぷゥ、 馬 を牽て 彼方の 室へ ゆき。 『母 樣、 か祖 

あ さん やま を かさん もら このむ ま , これく む をん き I 

母樣、 乙ら、 山中 樣は 賀ッ た、 此 馬さサ f ァ ベ か を、 之 はね、 首で も 何でも 斬れる ささ』 

い ぬい ^5 み こ、 い た しゃう せいか を. S み ぁゝ をく わら こ ゆ わ これ おや ろ 

言 ひながら 拔て ふ, 廻 はして 見す る、 此に 至. CS て笑聲 家内に 滿 CNO 嗚 IPTS も 笑 ふ も 子 故な. CS 、是, が 親心、 

これ おや £ゝ ろ 

是が 親心。 

〇 第五 回 

よ い つきむ.^ ら まビ い かせ はやし こ a しへ さび ひど ら 5 も』 ぼ はゝ 

夜に 入. て は 月锋の 窓に さし 入 6、 風 林の 棺を ゆす. て、 寂し さ 1 しほ まさるめ .cv。 ニ郞の 媚 母^ 母 さ 

母、 か , 1 三 



母 J& Im Hi!! nm 一 。四 i! 

ち p こ ば こ 5 への さ、 ランプ まへ あ. S たいざ くらし ほズ ゆし はじ 

は、 塵ば みし 小箱の 上に 乘 せし 小 やかなる 洋燈の 前 相對 坐して、 生活の 話な.^ 始 むる なるべし。 ニ郞 

は、 み. やげ > ;," 5 ん ど5^- た かみさん これ せ 5 どころ こ、 ろ どき き ふたり はもし さまた 

は 母が 土 產の繪 本 を 取 出して、 母 樣是は 如何した 所 も 心なく も繪釋 お聞きて、 二人の 話を妨 ぐるなる ベ 

はゝ よぎ は をし ち 5 し をの ゑ 50 き きか かく また ゑ どき i?- は 

LO 母 は餘議 なく 談話 を 中止して、 其繪釋 をして 聞かす るなる ベ LO 斯て叉 縫 釋も終 ぬれば、 ニ郞は 

^>ゥ き やう こど き、 はじ は、 こ 5JJ もこ ゝろ おも. I ろ こど だけ > つ は * &し 

東京の 事な さ聞始 むる なるべし 母 は 小兒の 心に 面白さうな 事 it^ か S 摘みて 話 をして やる なるべし 

しか を り は をし こ も み、 あたら その さ 5 ケぅ お SJ. ろ かん 4J 、や 5 やし そのお しき ひろ ちゑ ま 

然して 其 話 は-小 兒の 心に は 耳新しければ、 其 想像 を 驚かして 感情 を 養 ひ、 其 智識 を擴 めて 智 鬵を增 すな 

A- のうち らう 5 はめ しため を か いねぶ 3- つい はゝ ひざ まくら ね い 

るべ し。 其 中に ニ郞の 上目 € 下目 は 中よ くな ふて 睡を 飴め、 終に は 母の 膝 を 枕に す や./ \^寐 入るな る 

はゝ しづか し ざ ひい ら 5- た、 み 5 ベ お ビこ しき ひさ わ 力て 

べし。 母 は 靜に膝 を 引て ニ郞 を疊の 上に ft き、 床 を 敷て 其 上 乙ろ がすなる べし。 久しぶ o;^ て、 我 手 

この こ ね こど うれ あ $ またお きざり こど か たも おやこ 、ぶ か を 

k かけて、 此 兒を寐 かす 事 は 嬉し, けれ^も、 明日 ttxs 去に して ゆく 事歟^ 思へば、 親心 は 悲しく も あ 

X ベ これら あ 4J つ けんじゃ 

るなる べし 余は總て是等の有樣の實見^1^な..0き0 

A の をん を らう ね のちよ へや, S き だ ろうじょ & せわ むね かんたん の また S- ん 

彼女 tt 二 郞を寐 かして 後、 余の 室へ 入. りて、 老女^. R さな 兒が 世話になる 茸 を 簡單に 述べて、 叉 隣 

. しつ さ s- この どきよ かの おん を はふ あ. i&K かせ を みや おうい せ 

室へ 去に き 此時余 は 彼女 は 東京 k 在ゥて 何お 稼ぎ 居る にや、 見破ぶ. て やらん 《 注意し たれ^も、 如 

5 はんてい かた 上 ひるま ステ— シ ヨン JS ち あ ひしつ tQ し やう を よ ひつ わ ふ 

何も刿定J^^難か<^きo 彼女 も 叉 余が 晝間 停車 « の 待合室 は 居た る は 知らぬ 樣 子な し。 余 も 必要な けれ 

こど この こど い た、 いかんたん ろ- ゥじょ せわ む 3 の もれ かの ねん & しう ど ども ど か 

ば 一言 も此事 は 言 はす、 唯 簡單に 老女の 世話;^ る u ほ を 述べた るの み。 其よ 6 彼女 は 姑 W 共に 佝 事お 歟 

しめ やかに 物語 6 始めき 

よま ねむ • どこ £,& 、ビょ S- ひ せ, り ね は 5 ^ ねむ し f たいさんく づ 

余 は 間もなく 睡 くな. たれば 床へ 入た るが、 元来 非常の 寐坊 なれば、 一 度 眠れば 死ん ぉ檬 な.^、 大山 崩 



上 うい . し よくじつめ さめ どき れい よ.: きょく e つさん かん ころ ら 5 は、 たや い へ お 

れか、 るも容 als^i^ は 知ら ト、 翌日目覺し時は例;^因^^て旭日三竿の頃な.?^。 ニ郞も 母親 も 家に 居ら さ 

いづこ . き けさ はや おき ね しま べんてん まゐ W- 

れば、 何處へ §r きし S 聞けば、 今朝 早く 起て 江の 島の 辨 夭 へ參 籠し さいふ。 

ひる &ろ くるま おどろく く おもて ひ 、い わがげ しゅく まへ 505- おも |» T- お^ はか/ • , 

晝頃. なゥて 車の 音轆々 さ 表 k 響きて、 我 下宿の 前にて 止ま. y しさ 居へ る 時 『祖母 樣歸ッ たよ, 祖母 

さん らう ま ど かへ さい は ひ み にこ Si こが ほ これ お ろ さん- みやげ . ► さか I 

樣!』 ^二 郞先づ 飛んで 歸 A 二」、 幸の 滿 てる 莞爾莞 爾貌 はて、 『之 はね a 母檨 に- 土產 お 肴お の 何 

^ い ろく あ おいら せヅ さ: y たべ かあさん を こ たべ み をば あさん もつ いつ 

歟.' 種々 か S し S ものが 有る よ、 子 は澤山 喫た、 母檨は 少しも 喫な. S の だよ、 皆 „s 齟母樣 持て 往てぁ 

げる ッ て』 

t i をみ^^- うか よろこ らう も e か は. や - 50 ころ らう はゝ かへ 

ig ぎ a 涙 を 浮べながら ころく さ 喜び、 『..:^、 二 郞戻ッ 歟、 よく 早く。』 さいふ 所へ 二 郎の母 も歸. 

i これ わの しま は * &し は C ま 

* る、 之よ. 江 島の 話な^ 始 るなる べし 

Z .. らう ま、 たや い つ までお を £5- つき く うち SO うけ ふ かへ ** い さい 

午後に な 6 て ニ郞の 母親 は、 何時 迄 居る も名殘 tt 盡 じ、 日の 暮れぬ 中.^ 東京へ 歸ら ねば さて、 爱を 割て 

c, で ぁゝ その ど さ. S か ら >ゥ これ こ した か を か また か ► K ゝ ► そ .a その. 

出 ゆきけ る。 嗚 一時 如何 は ニ郞は 之を戀 ひ、 之 を 慕 ひて 悲しみし 歟、 1?< 彼の 母 も、 « 母 も、 如何に 其 

わかれ か を か あはれ は、 おや また そのうち く , らう/. - V ひ \ 

別 を 惜しみし 歟、 哀 なる 母親 は、 『叉 其 中に-;^ さま. -ン. ^來 るから』 で」 ニ郞 をす 力して 返. く 

いで あ、 みおく ひどみ かへ ひど いづ など あいべつり く き 上くて い たう うた 、乂 JfO "^めお 

出 ゆきた. 00 嗚呼 見返る 人、 見返る- <、 孰れ 劣らぬ 哀別 離苦、 さ 曲亭の 翁なら 歌 ふ 所な ゥ。 彼女の 出 ゆ 

のち ろうじょ こ ども さ やくめ おの づか i かた > ; ' X ^( ふた n- Jro "s" 

きし 後 は、 老女 さ 小 兒ざを 慰む る 役目、 自ら 余の 肩 はふ A> か、 ゥ ぬれ は 余 は 種々 さ 二人 を あめぬ C 老 

をみ だ い まこ ど ていじょ わた く 》 > たいへん , わた:;:. L は J> .^f^ i 

女 は 涙ながら 言へ. <y、 『あれ は誡 k 貞女です、 私 を大變 はやさし くして くれます 私 は 嫁 さは 思て は 

ゐ ほんど む もめ あ を た ほんど . 

居ません、 具 個の 娘 さ、 郞君具 個の 娘 さ、 …… 』 



接: as 聲 にて 分ら f-.o し、 余 は 種 々に老 4vi め たれ ゆ」、 服に s、 ヒて舻 M のぎ Ir&Irgt-^ れば、 

力え. どうけ ふ かせ お jV つ ニ£ #^^っャ 二 £ 

彼女が 東京で 何 を 稼ぎ 居る にや、 其 事 は 全く 問 は^. き、 ニ郞 はか さなお の なれば、 がの m がに 慰め 

られて 母の 事 は 忘れし 如く、 否? <: 忘れん さ r る 如く えしが、 其 中 g 凝の 駅^^た る や、 鲈 g ぞを 

被ぶ ふ、 サ アベ ルをふ .0 舞 はして 飛 出した, >。 ^も Ik 铲 る^の giS からねば、 -si を II て ■ 鷇 の^へ 

遊びに ゆきた 60 

親 不知 山の 龢ビ ぎしぎ、 gii 寸の辦 i しへ^ ぬれば、 ik1r、 0^. iif して酽ま新^:た.00 Sri. ま 

i^$fff. Mm0^0m0f i.r きで カ歟 露の 力 f から 

ん、 鳴 呼茫々 たる 宇宙の 間、 我 は 父母 も务 く、 兄弟 もな く、 ま f もな く、 爿 たる &i の な .cs、"(li 

さして i のきに f £ し、 ii4<rf 、 羅 欲し、 ま 1 欲し、 き矿ぉ g は is の? £.0、 

人間の 異 成なる 生活 は 唯 家庭の 中 i^6,o て存 す、 吾 之 を s< ふ、 之き if きな .0、 之^ 5 なきな .0、 之 n 

ひ^.^ > ,.-^".1 ) .^UA^A, 'た, . :;^. つか 9f ざん の ゆ だんがん せつべき 5 へ き 、よ さう や. 5 むかつ, そぶ 

路の 人な ゥ さ 坐 K\ ^胸中の 悲愁 を訴へ て、 靜に靈 山 k 登る。 麵岸絕壁の上^^:^箕居して、 相洋に 向て 嘯 

は ビ 5 V い は ほ 5 つ たま ひ いた 

けば、 波濤 千里、 撬を 打て 太に 至る。 

^ * % けく さん > れいく さ ぎ w- めん ふき この $J 、うは くら 5 いづれ 50 ころ きた むか ヮ さ 

吠へ 白沬 飛散、 冷々 たる 狭霧 を 面に 吹かく る。 此 怒濤 白 は 何の 虞よ .TV 东. て 何の 所に 向て 去る ど 




t づ. e £ き ま づ丄 I A-te たは y た 、いべ 5/\ こ ほ 5 く たれ か そのき よく し > 

や、 § の i に ま-.^、 I: の 時に 至ゥて 終る どや、 千里 唯 渺々、 萬 古 唯 lja々、 誰 歟其極 を 知るべき。 

¥s お、 ^rsir^l^" &fmff 何等の ii も季、 何の なく、 何の 1^^ 

あ rs5 あ ひ. &か さん は たてがみ くしけ づ あ ひ、 き いづれ どころ か むかつ さ その だ^ タ、 ほ 2: せ M け; 2 は 一^ , 

もな く、 g 打ち、 て、 山坡の S を梳 o、 相 率 ひて 何の 處へ歟 向て 去る、 其大 なる 怒 號絕叫 は果し 

59te $ ゥ か s- た、 ぃビ & 5 こ たいせつけ 5 われ をん じ む げん * • 

て: W を i へんさ i する ぎ、 千里ぎ 怒號、 萬 古 唯 絶叫、 我汝が 無限の 怒 號絕叫 を 愛す。 

.9 » C > ^ \ ^ L c^t,ru JJC *=-.^.ん せ < ^か vr> こ じん. S は こ 5 こ ど ほ ゐ その *!* み おも 

|i がお て、 1 何 ど iiH< の 威な からん。 古人 曰く、 江湖の 遠き に 居て は 其 君 を 想 ひ 

き はぎ は 還 あ ふ、 f0f^0-\ff$$^^. S し 子の 志 

ろ 《 ど しか た S 'べんき やう こくんし ふ 5 した 5 ら さいしき I ひば ► 

碌々 の 徒の み、 然れ^ も 唯 勉强古 君子の 風 を 慕 ふ、 恨む らく は 才識の 人 《すくる もの 



な. o、 ^吾 素 _ : 

なく、 sf i して ivM の r 气難 V 歌 V あ 鳴 に Mi うの, 4f ぬ、 讓は m ぎの 議 

しん われ じつ てん じ あい しん しか また きんせん おから し 

を 信す、 我 ie^JK の 慈愛 を 信す、 然れ^ も 叉金錢 の-力 を も 知る 

あ 鳴 ま w:^、 "I じ は て C 仏 に Ir べし、 百 萬の^ しあが 體齦. &て liM せ 西い おする? Si は、 何 ど 波濤 

の tlrf る やまお i おして ip か歟 ま、 if カ歟 i ぶの i は、 をき ぎ i のき E は 似 

たる や。 isM:$:f、 お C は て" 44 &て B^OT ふに^る、 s<はi獻たるじr^"^^4し民をかけて、千こ古唯iiリ 

MElls^i^、 ^1: 千; t の fes ^さおに をな す。 創 駅、 ^if^:^^^ の g€ 共に 汝が 千古の 絕 



叫 を g すへ 



爵¥ の ひ悲カ f & て、 0&pf iri の 謂 i あけば、 iwis の きちて、 



S< や 5 ざん くだ 



はま をみ 5 おぎ わ 



き き や 5 & くらく C やま かげ fc. 



母 



、5 



• 10 七 



母 



心 



ほ ^^んどほ カレ; V、 Ae た き ,乙 を ;y々 かハ 

暮煙 遠く 海面 を a み來 る、 即ぢ踵 を 廻らして 歸 ぬ。 

X $ はんつき あまり この しづ やど まゐ このへん ふ うし 上く や、 あき ろ 5 ば ら 5 わか ゥ ふ 2 ゝ 

余 は尙ほ 半月 餘此 賤ケ家 k 泊 6 居た るが、 此邊の 風 色に も稍飽 ねれば、 老婆^ ニ^ £ に を 告げて、 再 



八; 



ど 5 け ふ かへ きた じ らい ねんよ せい 3ぅ ふ らう か こど s(x き い-く のま きこ 

び 東京へ 歸ゥ 來,^ ぬ。 爾东 一 一年 餘の 星霜 は經 れ^ も、 1 1 郞 一 家の 事 a 折々 余の 記熄レ i 登., 61 る。 (完) 




嚳親襯 



松 華 庵主 人 



せき や.. 2 さ じうれ ふ か 5 き せつ きた まん ほ 5 くわう .$5 ふや まや 5 や そ せい: いんた か せいく 5 

夕陽の さす かに 寒む し 小 六月。 銃 獵の好 季節 は 來れ. o、 滿眸の 黄葉 山 a く躁 ならん さし、 征雁 高く 晴空 

つら てう こ おか ん y ん ゆた まこ ど t5 れふを かま 55 い まつ きん あ, fj き せつ 

k 連なう、 鳥 語 近く 園 林に 優 かな, c>、 眞 個に 銃獵 仲間 をして、 遊 意 勃々 禁する 能 は^らし ひるの 季節 さ 

よ また じつ この を かま にん か 5 れ ふか もつ ど iJ つれつ れふし い め. S し, 0.5 ども 

はなれ, け. o, 余 も 亦 實に此 仲間の 1 人に して、 好獵家ダ^^ては、 尤も 拙劣なる 獵師, ヒ 云へ る名稱 ^ 共 

つど この *<b かま うお L もの かん じつ よ どつ 

に、 に此 仲間の 中 は 知られた る 者に て、 九月 十五. 日よ ゥ 四月 十五 日までの 七 ヶ月 間 は、 實. は 余に 取て 

さ S じ や 5 & くらく き せつ さい わう む は 5 き を れ ふじ 5 かた 々わい ひ くら こりし 

の 扱 上 極獎の 季節、 一 切の 要務 放棄しても、 猶ほ 獵统を 肩に して、 郊外に 日 を 消さん さまで、 此 嗜好 

およ ひど その... - か 5 どころ r ふけ い か. こど か を じ やうた つ は を しか 

耽け ゥ しな 6、 凡 を 人 其 嗜好す る 所に 耽らん はは、 如何なる 事 も必 ら卞丄 達すべき 箬な. o、 然れ $J も 



ふ かう てんしつ ねんく さい- (- このき せつ おい このし かう もつ i ", 

余 は i^g" の K. 幸 iS> る 夭 質な 4 しに や、 年々 歲々 此 季節に 於て、 此 嗜好 を專ら にせし にも 拘は ら卞、 年々 



さいくつ;;: -J5,A ま れ<=. せう た a せつれつ れ ふし いへ めいしゃ 5 VJS- の こど あた さ よ こうめ" ゥ 

歲み我^^:間の冷笑の種さな-^て、 拙劣なる 獵師さ 云る 名稱 を、 1^ 除く る 事 能 は^ふし、 左れ^ 余 は 巧妙 

たんし い もて ま ,0. た ど せつれつ れ ふし い を このし かう ねん- \ さい/ \ どこし を 

なる ii 師 9」 云 はれて 贊 されん よ 6 も、 假令; S 拙劣なる 獵師さ K はれても、 尙ほ此 嗜好お 年々 歲々 長 

もゥ SH ? を か- (- ねが こど おも そのぎ りゃう か-つ じ や、 ゥたっ 力、 

へ k 專ぃ k する を is んこ を、 中々;^ 願 はしき 事 なれさ 思 ひければ、 其 技倆の 一向 k 上達せ さる も拘 a- 

つ ひ ね i この 古の はい こど あた ぁゝ この &ろ か 5 き せつ いづく ど もん ち や 5 たいおん かん い >ゥ ち, C 

ら卞、 遂に 一 年お も此樂 しみ を駛 する 事 能 はさ 6 き、 噫此 頃の 好 季節、 寧ん ど 都 門 十 丈堆 塵の 間、 幽暗 

へいきょ SJJ くしゃ さんま. S ひせう よじつ ひ れ ふじう かた ゆ; 5-3. わい U か 5 ば 

なる 蜜裡は 閉居して、 讀書 三昧 k 日 を 消すべき、 余 は實は 日^して 獵统を 肩 し, 郊: 嗜好 を 專らに 

こど ) 

せ^る 事 は あらさ 6 し 

あるひ t --ぃ 上つ み め- =■ たき S ね め ふへいい ろ あら しゃふ い な * &ん か-, 3 むかつく る 3 

1 日、 余 は侧に 依て 未明よ. 起、 出で、 眠ぶ たげ なる 眼 は 不平の &を現 はす 車 失 を 急がし、 南郊に 向て 車 

^ ひ < まい まの ら よる を せ かい ね ほ か 5 ろ げきせ き たゝま み いもが 

を驅 れゥ、 曰 は 未だ 出です、 ^喑き 夜の 名 殘は尙 ほ 世界 を掩 ひ、 行路 閬寂、 唯 稀れ k 見る もの は、 忙 は 

まん t,o ぎう に; はいふ しんぶんはいたつ か& ビ まも いぬ さ これら つ , 3 & ^^^^ ^ \^ 

しげ ki; 走す る 牛 § ^配 失さ、 新聞配達 さ、 門の tsA- 守る 犬。 ヒ のみ、 左れ き是 等の 静かに S しき 曉の 景色 

よ A へつ こよ たの かんさう たね けだ じうれ ふ もつ ど はや あした けしき もつ ど てきた, つ 

は、 余 は 却て 此上 き藥 しき 感想の 種 さはな れゥ、 蓥し銃 獵には 尤も 早き 朝の 風光 こも、 尤も 適當き 

じ こく くるま ま あざぶ は 、 ひろ を さどつ よこ ゝ し や ふ か ひどりつ ゆ ひや、 

る 時刻 なれば なゥ、 車 は 間もなく 麻布の 果て、 廣 尾の 里 は 着け ゥ、 余は兹ょ<^車4K.^歸へし、 獨露冷 か 

あきくさ みち ぶ つくし を か しろ かね くわ やくせい ざ 5 しょ かたへ さかみち くだ をゐ fj よく かせ さぶ め 々ろたん は あせ 

なる、 秋草の 路を蹈 み、. 土筆 ヶ岡よ 6 白銀の^ 藥 製造所の 傍の 阪道を 下う、 水色 風 寒き 目黑 田圃の 畔 

1 へ しんく ゆ 5 てんじ もり よ この あした お もくてき れ ふぢ や 5 ゆうてん じ もりいた さ 50 うて,^ 

道を經 て、 森々 たる 祐 JK 寺の 森、 余が 此朝 、は^ける 目的の 獵塲 なる、 fg 夭 寺の 森に 至れ..^、 左れ さ 東 夭 

をら あか き よこ々 も ゎづか あんせん 5 ち をいた よ まった P ^ は,^,., メっ 

の S は 紅く 黄ばみた る橫 雲の、 僅に 閽然 たる 趣に 染め出せる のみ て 夜 は 未だ 全く 明け^れさ. し。」 

よ まさ じ こく たが じ、 ゥれふ じこく を t かん あま あ ひだ さ よ * この へき 

余 は 正しく 時刻お 違へ た 6 き、 统雠の 時刻 ktt 尙ほ 一 時間 餘, の 間 ある^. o、 左れ き 余 か 好みに 僻す る 

銃獵 】 九 



* & ほその じ こく はや <* 上ろ こ おもろ じ ゐん けいだい へ こく あんく かたへ しんりん 5 ら く 、い い 二 

や、 尙其膀 刻の 早き に 過ぐ る を 喜びつ、、 徐 寺院の 境 內を經 て、 黑閽々 たる 傍の 森林の 襄に 潜. 5< 

ひる くら しゃう はく はやし まし よ あき その くら こどい かた ゎづか て らく j 

る i±、 晝 さへ 暗き 松柏の 林、 况て夜 はま だ 明け 切らねば、 其 ゆ? き 事 云 はん 方な く、 僅に 手 探 4 はして 落 

わ ふ ね ど さくく ね々 ら SJW- ゆめお «J ろ かる あゆ ひく ふ やう や もり みん たん け ふ れふ おや 5 

葉の 音の 索々 たるに、 塒の 鳥の 夢 驚かさ 卜^、 輕く步 み、 低く 蹈み、 漸く して 森の 南端、 今日の 獵塲 

さ だ はたち むか どころ い よまき きりかぶ こし 5 おか よ あ まま 

さ 定めた る、 畑地 は 向へ る 所に 出で たゥ、 余 は先づ 木の 切株に 腰 打 掛け、 夜の 明くる 間 を 待たん さする 

f たまち いまき も y おく あや しゅ ひ、 いきさつ せん あど せき せん おど 

折し も、 忽ち 今來し 森の奥に、 怪しき 一 種の 響 颯然、 跡 は 寂然 さして 音な し。 

X じつ きつき や 5 あや いぶか そ こ Is かんら ひ、 いき *& んら おど うたが いぶか おも ま& かの いき 1!^,^ 

余は實に吃驚せ,c^、 怪し、 不審し、 开 も是れ 何等の 響、 何等の 音 ど さ、 疑 ひ 訝ゥ 思; 3 惑 ひて、 彼異 響の 

はつ かた ち 5 し あんく ぶつ ま こ はい よ いよくう たが い よく ま SJ 

發 せし 方 を 注視す る ものから、 閽 々さして 1 物の 眼に 映す る ものな し、 余 は 愈々 疑 ひ、 愈々 惑 ひて, ッ 

たちあが あ. L おどしの を をた むかつ ほ 5 つ また しゅ ひ きさつ せん あ ビ せき せん おど 

ト立. H6、 足音 忍ばし、 其方 向て 步を 移す に、 1^ もや 一種の 響 颯然、 跡 は 寂然 さして 昔な し、 

をの ひ き たき S は ほ げき i をみ きし か に さ このかたへ たき こど お ほ i かいへん はるか 

其 響 tt 鶸の 巖に戀 する が 如く、 波の 岸 を喷む 似た み 左れ^ 此傍は 瀧 もる 事を覺 ぇ卞、 素よ々 海 邊は遙 

ど ほ か その ひ 、いき ゎづか しゅん ま あ、 こたき ズ ザみ はた * ^にもの よ おも しょ 5 せん 

遠し、 且つ 其 響 は 僅 1 瞬の 間な ゥ、 噫是れ 瀧に あら 卞、 波. にあら す、 果して 何者、 余 は 思 はす 悚然 

しか ふた ゝ ゆ 5 き こ かた れ ふじう どり を ほ その ひ、 いき は つ かた むか ソ ほ うつ を S- 

させ 6、 然 6 しか <$J、 再び 勇氣を 皺し 肩に せし 統獵 ffi 直して、 其 響の 發 せし 方に 向て 步を 移せ- y、 折し 

また さっせん しゃせん しか その ひ ビ き よ ほ 5 つ ども を だん ケく や 5 や きふ ひ S 'きゃら や たか 

も 亦 もや 颯然 洒然、 而 して 其 響 は 余が 步を 移す に 俘 ふて、 颧續、 漸く S に、 饗、 漸く 高し。 

よ もど このせ かい おい くわ. & ぶつ わう ま そんざい こど しん もの も fy てん めい 

余 は 素よ 6 此 世界に 2g て、 怪物 妖魔の 存在す る 事お 信せ さる 者な. o、 若し あ.. さすれば、 腦裡 一 點の迷 

しん わき. S げん わい しん もの しか ひど めい さう し はい も ビ その しん 

心よ ゥ 湧出 づる、 一 の 幻影に 過ぎ? I; る ものた る を 信す る 者な ゥ、 然ゥ、 一 たび 迷 想の 支配の 下に、 其 神 

けい くる い づ くわいぶ の • ぺ いづ わ 5 ま ベ みちばた いし ほビけ くわいぶ つ ベ 

經を おはし めん はは、 孰れか怪物なら^.0る可き、 何れ か 妖魔な &^ る 可き、 路畔の 石佛も 怪物なる 可く, 



i^^^s - ほし ひば だま み しか くわ f ふ 5 せいげつ ひど このめい さ 5 ほか た おい ばんぶつ あやし ぺ 

空 飛ぶ 星 も 魂魄 もや 見えん、 然れ. ^も 光風 霽月、 一 たび 此迷 想の 外に 立つ は? S て は、 萬 物 一 も 怪しむ 可 

V, k げん i か だんしん にん たど .5, まこく あんく 5 み い しゅい f ひ 5 'き よ こ まく 

きものな し、 現に 余 は 斯く斷 信す る 一 人 なれば、 縱令; 3 今 黑閽々 の 裡 よ 6、 異種 異檨の 響の、 余が 敲嘵 

' K ^ ' . , が,、.; タ さろ ベ わけ は を はづ よ この どき おい いか しゅい 

を 襲へ は^て, 毫も 驚く? E. き譯 あら ih; る箬 なれ < ^も、 恥 かしゃ 余は此 時に 於て、 如 しけん、 一種 異 

力ん さ. T おこ ^06^ みづ そ、 ざ か - &ど しゃ 5 せん せ sis' つ さ よど かく この こど 

樣の威 想起, り、 襟元よ. 水 ^灑攛 けられし が 如く、 悚然 さして 戰慄 せ. cs、 左れ 余 は觅は ft 此 異なる 

. み^ど おも 、 ゎづか ゆ 5 き た、 たど かる fcl ふ いま その 

響の 發 する 游 を 探らん さ 思 ひければ、 僅に 勇氣を 皸 いて、 音 たてさせ 卜さ 輕く 落葉 を 踏みし め、 今 其 

^-v- ) . til- ろ めあて 1 k しの よ しか おいき かげ そ をた 5 か、 V うじ よ ぎわく たち まし やくせん 

音の 發 する 所お 目的 さして、 忍び J 付 A く 而 して 老木の 影よ. 其方 を 窺 ふさ 同時に、 余が 疑戡は 忽ち 釋然 

ほ W ん めん ゑみ t みづか わがみ きも まめ £ ど あざげ 

思 は卞 半面に 笑 を 漏ら して、 自ら 我 身の 膽 豆の 如き を 嘲 ゥたふ 

こ 1* し .£25, げ ー ^ い 5 れい じつ われく じんる ゐ 5^>かま にん あんたん aw 5 お もど 

是れ變 化 k あらす、 幽靈は あらす、 實に 我々 人類の 仲間の 1 人に て あ 6 し、 暗 淡た る 森の 中、 素よ 6 

* &ら み * , _ , がれい まま さ はだか このは やし ふる ゐ みづ くみあ くみあ か みづ& 

明 力.^ 見え X- やう » けれ^、 彼 は 今や 正しく 棘 S な.. て、 此 林の 古 井の 水 を、 汲 上げ 汲 上げ、 彼の 水 添 

P ,ノ: ゾぎゃ 5 もの しん ぎせい a I わん もの £ど か さっせん ひ 5. き か しゅ 

離^ か 云へ る 苦行に、 其. 1 身お 犧牲 €し. て、 何事 か を 祈願す る 者なる が 如し、 彼の 颯然 たる 響、 彼の 洒 

おど..^ ひど しんたん さぶ わう ま まった か そのみ あら ひ き 

然 4^ る 昔、 余 をして ,一 たび 心膽を 寒から しめたる 妖魔 は、 全く 彼れ が 其 身 を a ふ 水の 響 k てぁゥ けるな 

、 ^^hu*; - , *z いき ,5 > さ, つ 、い おこ だい /ぎもん さ か もんら こど き 

6 今 は 余 か 恐れ は 一 切 消え失せ たう、 左 れ^ 續 S て 起る 第二の 疑問、 去る k て も 彼れ は 何等の 事お 祈 

^© k だんし はふ じん い つ おも ひきり ふるま ひ こ け 5 じ や 5 めい 

願す る 者なる にや、 男子 か、 將た 婦人. 1^ るべき か、 孰れ はもせ よ 思 切た る擧 動、 是れ 必らす 宗敎 土の 迷 

しん おこ さ 5to げん 》15 け 5 じ や 5 めいしん ひど おそ けつ r> ん おこ しん 

信よ ゥ 起れ る k 相 逢な し、 現.!:^宗敎.Hの迷信ほ*J人をして©^Cしき决心4„^起さしむるものはなしさ、 心 

力 5 ひ,^ ^^.^w. さら を 1 ゆた 5 か i- こ だち ひま あは ひ へ よ $r あ は を その さ 

中 私 かに 嘆息し つ、、 更に 其方 を 窺 ふ ものから、 木 S 間な く 間お 隔て、 夜 さへ < ^ひ 1^ け S れ ねば、 



se-iuE j i 一一 靈變ー =1 llll 一 ,353 II I 一一 = Ms 二 「 I 11= s nr-Tn 「- r-,B:-.nTrlnn.l.Tnip5.-! 

またし A み わ さ かたへ おかよ ぉビろ こゝろ わさ よ を わ 一 ひき * げ し w、 

女 確に 見え 分かす、 去 6 さて 傍に 近寄 ゥて、 驚かさん も 心なき 所爲な さ、 余 は尙ほ 老木の 薩: ^忍びて、 

か きょ さ 5 5 か を 

彼れ、 が 舉動を 窺 ひ 居 6 ぬ。 . 

こつわん みづ ひ 、いき た しゅくせん かれ た ふ ふ いま かれ まさ をの せんしん ねっけつ そゝ その 

忽焉 € して 水の 響は絕 えた <>、 倐然 亡して 彼 tt 倒れ 厌 せゥ、 今や 彼 は 正しく、 其 全身の 熱血 を洒 ぎ, 其 

さんしん 4,1,, しん こ かみ かんね 5 あ ひ < ^わん もの ぁゝ たろ まよ . S か けつ 

全身の 精神 を 凝らし、 神の 感應を 哀願す る 者 や.^ らん、 鳴 呼 愚かしき かな、 迷へ るかな 如何に 神 血 

ら 5 あ ぺか かみ かんお 5 い か しるし L ん おうそ 5- をの こゝ ろざ r あ,^ ま ほれ、 V. 

を勞 すれば もて、 有る 可ら^る 神の 感應、 如何で か 効 あるべき さ、 心中 坐ろ k 其 の 誤れる を稱み . 



^める 獵の事 すら 忘れて、 其方の み 注視し 居る 中、 夜 はぎ^し かに 明け * れて、 森の 烏 も栖を 出で、 朝 

かヒ ふ こ、 ちょ あさひ かげ き き こぎな あか そ う を々 も S- うち い つ あき 

1 風 サット 落葉 を 吹 いて、 心地好き 魈日の 影、 木々 の 木棺を 紅う 染め、 暗 淡ら き 森の 裡も、 何時し 力 明ら 

< かれ か ふる ゐ かたへ うお ふ i, ォをね あが i こど よ あや いぶ 

かにな 6 ける ものから、 彼 は 彼の 古 井の 傍に、 打 臥せる ま、 尙起 きも 11 らす、 餘 4 の 事に 余 は 怪しみ 訝 

れ ふじう かたて たお あが き ,v あは ひ ぬ-め み,, -^. 



か. 5、 獵銃 片手 Ji£ ット立 上ゥ、 水々 の 闘 を 縫-ひ 廻ぐ うて、 見れば 11 殘、 .^i だ 十四 五の 小 女、 濡 れを ぼた 

こしまき ひど は^. S を ひや、 あした か^ さ ら 5 ち ふ い きた を 

れ し腰卷 一 ッ、 雪の 肌 惜しげ も. なう、 冷 かなる 朝の 風.^ 暴露し、 打 臥せし ま、 息絕ぇ 居れ ゥ。 

よ ふた、 きつき やう いま ものい いどま さい あ ひ れ ふじう ^ ► . ゅ,ケ- へ . 、 *ff 、>- は:! 

余 は 再び 吃驚せ 6、 今 は 物言 はん 暇 もな く、 最愛の 獵 銃す ら投ぐ るか 如く 傍に ffi き 忙て ふためき 走. セ 

よ *V ベ あし もど ふ いだお こ ム どみ あは いろ あ を は くひし \ はば. 《 r^yl ^ 

寄. て、 ヒる足 * 蹈 みしめ つ、 抱き起して 不圖 見れば、 憐れむべし 色 蒼 さめ 齒を切 は..^, 肌 は * の 如 

い A ひど む をめ ぬ を き 5- あか よ £ み ど. &へ ひど , 

し、 如何なる 人の 娘 ど、 股ぎ 捨てた る 衣の 垢 じみ 污れ たる を 見れば、 富める 家の. < に はわら さるべ L 

くぎ や 5 たや ャ A ま を どこ た か い や/ \ こむ もめ を どこ も いは 力 5 し.^ n 力 

:^^ の 苦行 ど、 親の 爲め 歟、 膨た情 失の 爲め 手、 否々 ま, た 十四 五の 小娘、 情夫 持ゥ 謂れ もな し、 孝心 深 

ね どめ をのお や やま ひへい ゆ S のた しか いへ ふか 5 つい を: it ど t わん f の,' - , 

き 乙女の、 其親の病一.:5^癒を祈る爲めか、 然 ら^れば 家の 不幸に 就て、 ^1: 事 か を 祈願す る 者 k や あらんす 



銃 



獵 



いづ らミ かぎ f ど a あ よ よ .a, わいた ふ も か からだ』 た ほ 

らん、 孰れに もせよ れ むべき 限ゥ な-^ さ 思 ひければ、 取敢 へす 余 は、 余が 外套お 以て 彼れ か 身 體を掩 

. ひご * かい 3, う まど そのし るし かま よみぎ かひ & よ こ "じん 

ひ め、 さま f^J^ 介撳 する, 其 効に やわ みけん、 彼れ は 間も^ う 余が 右の 跪 倚れる まま 忽焉 

いき ふき か まも こみ ひら い ぶか , X じゅく.^ 

さして 息吹 退へ し、 眼 見開きて 訝しげ は 余 を 熟視せ ゥ 

X じつ せチん あら. 上ろ こ さら だい 1 ろ こ しんおう かん^^く お KP *4< みつ 

余 は 實ス 世間 揮る 喜びよ 6 も、 更は大 なる 喜び を 心中に 感得し ゥ人, く 彼お 見詰めた ゥ。 

X この どき はじ こ、 ろづ かれ じつ せっせい び じん たか は f しな 一 4fc め; く はめ,?..' 

が はお^に 露て、 始^^て心着け.<T^、 彼は實 に絕 世の 美人に て あ. き、 隆き 鼻、 締れる 口、 眼 は黑眸 勝ち 

ォで 5- ま. ev こ さ ふ ど その かほ だお い ふ 5 し い かう しゃ. ゥ こど!^ いく.^ &ビ 

にして 涼しく、 H^tt 濃 けれ^も 左まで 太から す、 其 貌狀^ 云 ひ、 風姿 £云 ひ、 高尙 なる 事 梅花の 如く、 

こど 57 くわ y あ 、 このび し たいへ つ tJ み は & よ おも くわ、 つ せん > 

lif なる 事 梨花;^ 似た ゥ、 嗚呼 此美、 知ら 卞 誰が 家の 蕾の 花 ど、 余 は 思 はす 恍然 たゥ。 

> >」5 ぢ 二 し; X じ. e. くし A いぶか あた e- みま. いか たち 3 X て は ズ% あわた 、い 

ぎの がが は iS し 余 を^ 視し、 且つ 訝しげ に 四 邊を晃 廻 はせ しが、 如何にし けん 忽ち 余 か 手 を 離れ、 噪急 

た よ 々わい たん ぬ て はや か をた ぬ をね おの つ、 いれ き 5 きか,, 、 * ^」 お.^ 

しく 立ちて、 余が 外套 を脫 ぎ、 手早く 彼方に 脱ぎ捨て 4 きし、 自が襤 袍の衣 も 着換へ 細帶 くるく S 

i ^-, V , ^わ、,. た ふ よ わた ぱ さが れい っゝた か, くろめ が ,ち 1, ti 

|| び !-;ゥ て、 直ちに 外套 を 余に 渡し、 二三 步 逯<> て 1 鱧し、 突立ち し 1^、 彼の 黑目 勝なる 凉 しき 眼キッ 

み ひら ふた- よ みつ あ をた わたし お 5 $^ ^ こ ひど ぶ な _ ひ^、 „ 

トが 開き、 再び 余 め 『貴 郞は妾 を 如何した のです、 i 郞ハ 何處の 人で 云 ふ 名の 人です』 期く 

ど? せん W にら £ビ X じゅくし ふうさい び あい 5 ち おの づか りん, J を; ベ か 

突然 問;! 3 出して、 睨 ひが 如く 余お 熟視せ る 風 彩、 美 はして 爱 くるしき 中に も、 自ら 凍 手 もして 把す 可ら 

おもむき X か きょせ 5 をる^ そり こどば つよ ひた をら お 21J ろ かん いま . こ, た, あ」 た おは, 

^る 趣 あ. o、 余 は 彼れ が擧 動の 銳 きさ、 其 言葉の 强き £ は、 只管 驚き 感 卜て、 未た 答へ を與 ふるに 及 は 

かれ ふた ゝ S- ん せん こ ゑ もつ あ をた だれ ^こ ひビ はや い つ くだ あんま ^ : . 

ざる は、 彼 は 再び 驥然 たる 聲を 以て 『貴郞 は 誰です、 何處の 人です、 早く 云て 下さ. S 餘ゥ遲 くなる S 

^タ かさん しんぱい よ か L ばく さき いよく こた ちう ちょ や 5 や ま さ. P し 

阿 母が &配 します、』 余ハ 期く 屢々 先んじられて、 愈々 答へ は 躊躇せ しが、 漸くに して 先づ過 刻よ ゥの始 



銃獵 二 四 

まつ かんたん かた さら こゥ おれ きくが は ど し を ^ もの まへ た ぃ:^-- こ ひど この むら 

末 を簡 短に 語うて、 更に 語 を 次ぎ 『乃 an 菊 川 俊 雄 さ 云 ふギ だが、 シ テ お前 n 1 體何處 の 人お ュ 、 此: S 

もの さむ" てら むかつ き け ふ この なろ -じ こ 5 L よ あ あん を ま ね やさ 

の 者 かね、 寒 S に 向て 夾 V た 今日 此頃の 時候に、 然 かも 夜 も 明けぬ のに、 十 I" 彼 樣眞似 をす るのお H』 優 

しづ か はん &ん こ、 ろ せう ちょ よ この こどば もど も き、 な しば かしら さ ちんもく や 

しく 靜か 斯く 反問 を 試みた. cs、 小女ハ 余が 此言 菜の 本末 を閬了 は. o、 暫し頭 を 下げて 沈默 せし が、 稍 

や ふた、 か 、ゥる ま を こ みひら さ 5 おつ し まこ ど ^う ケ 

稍 あ. て 再び 彼の 美 はしき 瞒 キト 見開き、 『左檨 でした か、 些亡 も知ゥ ませんで じた、 誠に ドウ も、 何卒 

たヅ かさん この こど し くだ L び や、. no か い あんる ゐ てき よ 

阿母に此事が知れ.1^^ぃゃラにして下さぃ、 知れる € 病氣 が』 観く 云; SS して ホ n リ さ暗淚 1 滴、 余 『,7 

ぉヅ かさん ぴゃ うき わ をん まへ ぉヅ かさん び やうき 4^5 ほ い • し ん 

一 1 ァノ阿 母が 病氣さ H、 ハ、 ァ 分かった、 何 だね、 か 前 n 阿 母の 痫氣を s したい £ 云 ふ 一 心で、 夫れ で 

まね を. S こ、 ろが かんしん こビ さん を まね をが かみ i 

ァヅ ナ眞似 をす るの だね、 夫れ は 好 S 心掛け、 滅 心な 事 だけれ < ^も" 如 尙眞似 をして 拜ん おって、 神樣 

い やつ L. やうち く そ. ぉッ かさん ちんば い よ おい, L や たの 

さ 云 ふ 奴 は、 承知して 與れる もの ぢゃァ ない よ 夫れ ょゥ ャァ阿 母が 鹽 梅が いくないなら、 御譬 者で も賴 

み もら まへ をば し -ビゥ & くも w のま ち さ, さ よ かんび や 5 あ 

んで 診て 貰って、 y シ テ -i^ 前 ハ 傍に 始終つ S て 居て、 藥を飮 せて 上げた-.^ 摩 して、 . 好 く 看護して 丄 

はう くら い し 上 あ うち こん さ; 6 どころ き こん- ま ね 

げた 方が、 F ノ位ゐ 好い か 知れ n しな いよ、 夜 も 明けない 中に、 此樣な 富し S 所へ 求て、 如 此具似 をし 

ゐ けさ こど itj んを ひ さ. S をん あ し. け ふら こん 

て 居たら、 今朝の やうな 事^ rJK? でハ ない、 まだ 如何 酷い 炎 難に 逄ふ かも 知れない から、 モウ 今日 後 如 

«^ ま, ね まへ 、ゥち たい!; こ よか さ 5J あ ひだ かれ し S- う もくねん 

此具似 をす るの ぢゃァ な いよ、 だが マ ァか 前の 家 n 一 體何處 なのお ュ』 余が 期く 諭す 間、 彼ハ 始終 默然 

を 《- く か うる は ま を こ み ひ よ 、ゥち をが しき かん ふく &ど よ さい & げん 

さして、 折々 彼の 美しき 眼 を 見開ら きて、 余 を 打 見め、 頻<^^に威服せし如くな6しが、 余が 最後の 一 言 

たいまへ うち: ij こ い げん はつ は. -ぅじ かれ を. J ぶ こんきゃく おも、 ち お ザ かさん 

『 1 體 お前の 家 は 何處 なの だュ』 さ 云へ る 二 目 を發 する S 同時に、 彼 ハ 頗る 困却せ し 面色 はて、 阿 母に 

け さ こど し ま ん, 》 あん 5sd い わ し わたし 、つち をし あ わけ まゐ 

今朝の 事 か 知れる で」、 叉た 何 檨に鹽 梅が 惡 るくなる か 知れません から 妾の 家ハ敎 へて 上げる 譯に は參, 



ません、 117 がゲ ip の ^cii^ にして 1^ て さい』 さ、 麟 のき 猶 ,か なる K ?、 強き 語勢 S を 以て 言 ひ:^ 

つが I ゲ、 ^ ト たも! 1^ ゥ、 S めて 獻^ に^ ははって 戰" げ、 『マ ァ is て』 さ^^ふ酽もゎらせす、 一 散 は 彼方 

にきって%^^|^せ\ fi して^が ss;-' て ii ん さする 酽に、 彼が it ハ ハ ャ生繁 げる立 木の 影に 全く 沒了 

£, ま をの あど わ,.' - 

して、 今 ハ其跡 だに 分か 卞なゥ け. - 

鄘 かぬ S の あなる 村 はも、 ひち n ^るん; _1 鶴 il^ れぬ の 14 なる 村に も、 孝義に 厚く、 勇氣 

kis ひ- たる gin ^"がら & ちて^る.、^ れが i ,ゆ WW れ" ち ii^^ のぎ、 何ん ハ 高等 女 學梭の 卒業生、 

お 14s で、 I 慰に 铲け、 I 鍵に おみに、 y§ ふが うま S さ、 お^ ii ^は!^ ぶけ、 効能 丈け ハ寶 藥の廣 

よ k: しく さ fK はん なれ^も、 &1m-s れし S を S 紐に おひ、 の 所謂る 美人に 比せん 1.^ は、 玉 ざ w、 

つ n ^さ, ぎれ ど 威^に ぎの M 、の Ik く ^nlFM^ifK はんお なく、 お 田 I はす 恍 然.. ^して 其 立 去 A, し 跡 

くそう 

を 目 S せ. *=>o 

ii いなる の tl は、 ま I しげに 酽く航 の ¥ IT か.^ る衡 は、 >$ きく 飛ぶ 落 菜の 昔、 此 靜閣淸 冷なる 

1 しの ¥ は、 ^は In や める 歡 t Ilk 二 i,JJk て、 ぎれ が ;れる i ま を も 目 S し ゥ\ 恍然 さして 立ち 盡 

msK^hst 歡の の に^い ひし 酽は、 li の if をも^ がさ A, し 酽.^ 、 然れ^ も 余 

つ. > あ ひじ わ もの うちお ど 30 き むし はる 上ろ こ 

が 1、¥が、 1£ の ii^ を m て膨 ち^ちた 4 しなう、 m る 非常の 獲物 を 射 落せし 時よ. -も、 寧.^ 遙 か.^ 喜 



かんじゃ. ゥ も つ みみ,' 、 

ばし き 威 情 を 以て、 滿ち滿 ちた. しな. 00 

い せ、 つ や, よ 3 さ あ 50 ざんじ のち ねい よ こ みち^、 上ろ こ かんじゃ- ゥ い だ や、,.' や ふか 

彼の 少女が 走せ 去れる 跡 を 目送せ る 暫特の 後に $5 て、 余 n 此の 滿々 たる 喜びの 威 情 *ど 懷ぃ て、 漸く 深き 

しんりん うち S どかく けさ かりば さ だ ばしょ たい ぱっ こ、 ろ ちしお どし の か は^ 

森林の 中 を 出で、 兎も角も 今朝の ii 場ビ 定めた る 場所 k 放て、 ー體を 試むべし さ、 足音 忍 はして 彼の 畑 

ち むか はやし かたへ むかつ ほ 5 つ ひ ^i. で たか どり $ £ あ いづかた ど さ み- 

地に 向へ る 林の 傍に 向て 步を 移せ ゥ、 日 は旣は 高し、 鳥 ハ 旣に 餌に 飽きて、 何方へ か 飛 ひ 去.. > しさ 見え 

は み あた た J-Hsio ろ よ こ ど y を が は を いばら もど こも t^R, 

て、 一羽お も 見 當ら. チ、 唯貌白 さか 呼べる 小鳥の、 小川に 沿へ る荆 棘が 下に、 聲 かしましく 鳴 晴づる を 

き X さ をが こゝ ろお もしろ -ゥ つ せん ゆうてん じ も 3- みぎ $ あせみ ぉづた めな 力 かた ^ > 

閱く のみ、 余 ハ 流石に 心 面白から す、 鬱然 さして 祐 夭 寺の 森 を 右 k 眺め、 畔道 傳ひ 目黑の 方. 行かん 

f どめ ど はは^ 3^ はやし ち ひだ あた、 か あさひ むかつ ほんしん あら 力れ き わ だ 

^する 折し も、 不圆 目.^ 止まる 一 羽の 墙、 杉の 林の 間よ 6、 暖き姐 日に 向て、 半身 を 現 はす 枯木の 枝に、 

で? ち ねぶ むさ ま S '&ど ほ を よら ビ むね を^ あ. L たどぬ いき の 

餌に 飽き 睡, を 貪 6 ウ、 鞠の 如くに 羽 を ふくらし 居れ ゥ. • 余ハ坐^<:に朐躍らせて、 足 昔 盜 すみ、 息 を § 

を V た S かたかげ か しゅび よ あは ひわ づ きょ 3- しの よ かたひざ を ねら ひ さ だ . がう せん ばつ 

み、 f$ か を 森の 片 蔭に 隱 くして、 首尾 好く 間 僅かの 距離まで 忍び寄..^、 膝折ゥ て 的 を 定め R 然 一 體 

f( せう わん 5 ち ね きた かれき だ 《ど はが ひ ね ろ あは ど:、 さ- - , 

漂々 たる 確 烟の裡 に 落ち 来る もの ハ 枯木の 枝 比して、 鴻 n 翼 を 驚かしつ、 忙て ふためき 飛び去れ ゥ, t 

上 し; S び よ せつれつ れ ふし い めいし 上う う い た ,VJ リゃぅ れい i つ じっさい あら 

余ハ 首尾 好く 拙劣なる 獵師さ 云へ る名稱 を 得る に 至れる 拔倆 を、 例に 依て 實際 k 現 n せし なゥ 

たよ う で きま じうれ ふしゃ じられ ふ たの さいしょ だい ばつ ゆ,.! の お ' . 

凡 二、 技倆の 定ら ぬ统獵 者の 统獵 は^、 親み なきもの ハ あらす、 最! 初の 第一 發 にして 獲物 を驩ち 落さん は 

$f せつ か、 しう じつよ めいお 5 わう く あん々 わ. & だいれ" . 、 , そ^は , , Z 

ハ、 其 技の 拙なる にも 拘 はらす、 終日 好く 命中して、 往々 案外の 火獵 ある もの なれ.^ も、 其 第 一 發 にし 

うち はづ い か つ がふよ わ もの さう々 う 5 ち は こど た ほ わ 5 くし 5 じつ 力」/!. の ひ fi>, 

て擊 外さん i£ ハ、 如何に 都合 好く 獲物に 遭遇す る も、 擊外づ す 事の み 多く、 往々 終日 一 の 獲物 を も 得す 

む き ろ つ こど けだ よ !>*1- ゥ いつ じ 5 れ ふしゃ か を よ この こど まう 力ん" 

して、 S しく 歸路に 就く 事 わ 蓋し 余^ 同 一 技倆の 銃獵者 n、 必ら卞 余が 此 言の 妄 ならさる. vtf 卞る 



. さ い ま X この ひ このた. S せつ だい ばつ うち は た ひじ やう fj つば、 つ じつ こ この ひ 

ならん、 左れば 今や 余 n、 此 日の此 大切なる 第 一 發 を 打外づ せし 爲め、 非常に 失望せ ゥ、 實に是 れ此日 

れふ せんて 5 X ひ L つば 5 かん た 

の獵の 前兆 さして、 余 をして 非常 失望 を 威せ しひる は 足る もの あみければ な A^o 

はた よ この ひ fi やう,: U 、ろ り あ ひだ かり いく t<- つ は を さ つ ひ n は ど 、ゥ ちた JO 

果せる かな、 余ハ此 dn 正午 頃まで、 三 四 里の 間 を 獵し幾 a か を:^ てゥ、 然れ^ も 終に 一 羽の 鳩す ら颦落 

こど あた 

、す 事 能 は^, C> しな. CSO 

よ fj つばう まん/, \ I, た、 ゆうてんに -SVS- こ&た か きた 》< どみ みち かたへ た ほい み AJS- かさ た ほ 、 

余ハ 失望 滿々、 再び 祐 1K 寺の 森の 此方まで 歸 へ-., 來れ 6、 不圖 見れば 路の 傍に 大 なる 攀 のまお 掩ひ かさ 

ど ?( たか L あかまつ ね けん くさの や みせ 6 じ も W 

せる 如く、 喬々 € して 高く 繁げれ る 赤 核の 根.^、 一軒の 草屋 ゎゥ、 店に ハぁ やしげ なる 文字 を S て 酒 

よで ぶ ど L しゃう じ かんばん ものかげ いも こんにゃく くろ に さけ きりみ _ に^;:^ん., 

めしで」 筆太に 記る せる 障子 を赞板 さし、 其 蔭に ハ、 羊、 荡篛 な^の 黑す みたる 寞 しめ、 鍵の 切身、 00 

あか々 ろ K を さま か か 5 さんみ S くひん ふる さら も をら ベ みせ わき にぶ » ひ々 え 

の 赤黑く 養た るな C$J、 fiMS. 幾 品 か を 古びた る 皿.^ 盛ゥて 排列お. o、 店 傍の 庭に ハ、 » 五十 

ち ばか ちか てぬ々 ひ か かま SSJ むかつ ひふ を その さ *r*s か ふう リウ の; JJ 力 

路 許の 老媼 の、 垢. r みたる 手拭 を 被ぶ. o、 竈に 向て 火 を 吹き 居れ 6、 其狀 如何にも 風流に して 長閑な ゥ 

よ つね んか 5 かり をり め 々ろ か. L はや S たちい をり げんお や、 も たま > が はふた こ I 

余 n 常に 南郊 獵 する 折に n、 目 黑 の柏屋 か、 遠く. S 出で たる 折 ハ、 一二 軒 茶屋 若しく ハ 多摩川 二子の 

わたり かめ や もつ & さんきつ ば しょ さ だ ね .S まふれ ふ しゃ、 ゥ しつ %i5 た ちか 

渡 頭なる、 龜屋を 以て 午餐 を 吃す る 塲所さ 定め S きぬれ^ も、 今 ハ不獵 よ. 生す る 失望の 爲 めに、 近く 

め .2^ ろ おもむ ものう この ふ 53- う くさの や あか おう * & あ ひて めづら か 、うちん み 

目黑に 赴く すら 懶く、 此風, 流なる 草屋に、 掠 k みたる 老 S を對手 さして、 あやしく 珍 かなる 佳 着 珍咏に 

ほら こ なた やき やう ひど たも か. S ま *& ちい ふうさい め きざ わ を * ► 

腹 を 肥やす も 亦 野 興の 一 つなら まし さ 思 ひ、 且つ 今 も 尙ほ愛 くるしき 風 彩の、 眼に;, 刻みて 忘られぬ、 彼 

せう ちょ せう をく き f Z めん い こどば せんちん ま その や ゝ おく 

の 少女が 潸息 すら 聞か ^ はしう 思; S ければ、 『掬 免よ』 さ 云へ る 言 菜 を 先陣 さして、 先づ其 稍々 與まゥ た 

わん;! d を こしう 

る綠 端に 腰 打ち かけた ゥ。 



In 三 八 

む るゐ き ひん この や ど ふい. らいりん あ ぉビろ あほ , ,か、 * て ピ » 

無, の 貴賓 (此家 は. 顆ゥ て) の 不意の 突-臨に 逢 ふて、 驚き 忙て、 S をが はしげ は 被 ぶれる 手拭 取りて 



余が 腰掛け た る 傍 を 掃除よ ひ る 老媼に 向 ひて、 余 n 先づ 午餐 を 命 じ、 彼の 殄 かな る 佳肴 さ 鷄卵さ を 肴 W 

して、 飯 三婉を 喫し 了 は ゥたゥ . 

上 し 上く じ を は のちし ぶお や のん ビ しづ をう を- むか て 5 らいせ-つお よ か *^ た ゆ. ゥ て,^ じ f,^ かげ 

余ハ 食事 を 了れ る後識 t 令に > へ 喉. をうる ほしながら、 徐かに 老媼に 向 ひ、 朝來 少女 を 彼方 祐 1K 寺の 森 蔭に て 

♦v< し まつ s^^-^ かく. しか., i-i ね どめ この ひら をの ふ 5 さいた. つばら VJ たづ 

救 ひし 始末 ズ^# 語. o、 翻 期然々 の 少女の 此衬 にあ,? や^て、 ゆかしき ま 其 風 彩 態度 を 詳に說 きて 尋ね 

ど L かよこ どひ たい た そ f どき も か じいつ およ さ >^t£ * f , z 乂 w し, ^ 

問へ. o、 而 して 余が 此の 簡に對 し、 恐る く 老 媼* か說 明せ し 事 實ハ、 凡 を 左の 如くな き 若し 此事赏 

はた まこ ど か せう およ まこ 50 かう しん か はくめい ふ うん ひど 

はして 果して 眞な らまし かば、 彼の 少女 ハ眞 個に 孝心 深き ノ 一 の 薄命 不運の 人に て わ.^ しな. =.0 

こどぶ X か せ うぢよ もど くさ ふか このる を か ひど そのお、 を かの ド^に, に . % ^.^^^^-^^c 

^鱷 の 言葉に 依れば、 彼の少女《素ょ.^^151-深き此田舍の人にハぉら卞 其 父 n 岡 野 何某^て、 海軍 大佐 

しょく ほ 5 あ ぐんかん かんち や 5 つど ひ 50 ささ わる ひど、 せきん かいか." ろ, か 5 ^ 

の 職 を 奉じ、 或る 軍艦の 艦長 をも勉 めし 人な A/ しが、 幸惡 くして、 一 年 近海 統 行の 歸路 豫て 難所 £聞 

き し うおき ,v の、 りく 々ん かん たつまき い ft あ さ ま , ^^^^^ 

えし 紀州沖 はて、 其乘祖 める 軍艦の、 龍卷^ やらん 云 ふ 暴風 ほ 逢 ひ 避く るに 間もなく 艄ハ I 地 近く 

ふきよ さけ .SI こつ ねん あんせ-つ の i せんたいみ ちん くだ のりく „^ ゐん ちう- つゆ-つ ^?' - 

吹 寄せられ、 ァ ナヤ S 叫ぷ暇 もな く、 忽焉喑 碟は乘 上げ、 龥體 微塵に 碎け、 乘組員 中 僥倖に も 濱邊に 吹 



rs ろ ゎづ よったり よ を かの かんち や 5 はじ かん ゐん いづ ,.v- &て々 もパづ 

きつけられて、 侖を 拾; 3 しもの 僅かに 四 人、 餘!: 鬧野 艦長 始め、 艦 員 孰れ も 水底の 藻屑 £ な.^ て 遺骸 

み あた さ む. & ひつぎ 50、, き や 、つき? ま お:,. た ほ ドゎ いさ 5 しゃ おく めに: ひ んれマ.^ 、 ^^s^i 

すら も 見當ら す、 左れば 空しき 柩の 東京 靑出は $S て、 多くの 會葬 者に 送られ 傷し き 名 眷の碑 を 地 

けんせつ こど このさい を かの さいへ り t y ん. しんおう みつど さい <y Atr^f せつ ^ 

に 建設す る 事 さ n な. CS にき、 此際岡 野の 妻女 ハ赃 身中な. しが、 か 最期の 凶颚に 接する や 悲 泣の 餘 

もんせ つ こど いくたび やう や 5 から および をつ ビ した まじ ひど > . ^さはが r^^ ^ ^ ^ 

.CS 悶絶せ し 事 も 幾度 か.、 漸くに して 親族 及 良人が 親しう 交 は- => し 人々 の, 諫め 獎 ます 言の葉の 默し 力.^ 



む を ひつぎ あ を やま ちみね く を のち を りく しつ 5^^<ゥ らくたん あま わがみ 、ゥら 

くて、 S しき 柩を靑 山の 墓地に 見; 迗. しものから、 夫れ よ.. 後 も 折々 〔、失望 落 膽の餘 .0、 我 身 を 恨み、 

よ s か お *5> みち たも せ こど か このき 上う ぶん せつ よく/ \げ つ さんけ づ たま £ど 

世 を 果敢なみ、 同 t 道に さ 思 ひ 迫 まる 事 も ゎゥけ る、 -a- くて 此凶閲 に 接せし 翌々 月、 產氣 付きて 玉の 如 

ち 上し . 5 * ど こ を &は か せう ちょ さ ほ 51 ひ あ. S らくたん あな お ほ けんか、 ゥ そこ うへ 

き 女子 を 生み落せ り、 是れ 即ち 彼の 少女な 4、 去, ける 程に、 悲哀 落膽 の餘ゥ 、多く 健康お 害ね し. H に、 

いま、 らい ざん を C ざん さんな ひ だ おも うれ どこ しきた へ をみ だ たも どか は ま 

今 叉た 一 初產の 難產な うしよ ゥ、 產後の 肥立ち 思 はしから す、 憂 ひの 床に 敷 妙の、 淚の袂 乾く 間もなく、 

ひ いくたび もんせ つ ゆめ 5 つ、 さか ひ S く ち おく 5 おど む をめ 、りめ こ をづ めいく いは ひ ひ 

日. は 幾度 か 悶絶して、 夢幻の 境 k 幾日 か を 送.? しが、 產み 落した る 女子 を 梅 子 W 命け たる 命名の 祝の 日 

ど かく もちこた その上く じつ に はか .M うたいむ つ も ゆ さ をが ほまれた か かい々 ん たい、 さ.J^ 

まで ハ、 PSJ や 角 持 S へし も、 其 翌日よう 俄に 容體六 かしくな. oH? て 行き、 流石に 譽;: き 海軍の 大醫も 匕 

を その く/ \ じつ ゆ 、う々 れ つ ひ をつ ど かたみ. sso.tiJ る が ほ み よし かう ii- ん いきた 

を 投げ、 其翌々 日の 夕暮は ハ、 終に 良人の 遺寶 愛子の 笑貌 すら 見る は 由な く、 溘 然^して 息 絶えた 40 

を 力の たいさ もど れんけつ いへ ゐ ざい ふ かう うから み せきひん あら らど ひど 

§i 野火 佐ハ 素より 廉 # の士 にして、 家に ハ 遺財の なか しのみ か、 不幸 k も 親族 皆な 赤貧 洗 ふが 如き 人 

ぴ ど S また. S さなよ び ふ じん t ,y ものみ をし & やし & めの ど お ちから もの に, ん ま 

々のみな. < 'しかば、 今, ズ 佐-及 夫人の. 後、 其 遺子 を 養 はんに も、 ^母 を 置く の 力 ある 者 1 人 もな く、 况 

たいさ いへやし きかざいだ、,?;; < たいさ せ. S. ぜん 一 ふをの^..> み い ついか さいく わ さう々、 つ よ き がた 

して, 大佐の 家 邸 家財 道具 ハ、 大佐が 生前に、 艄乘の身ハ佝時细何,|^^>る炎躺に遭遇するゃ預期し難きもの 

あら かじ ゆ ゐ£ん た い. のこ こど S したが み ばいきゃく こど t ふ さい べんしゃ 5 ら 

なれば、 預め 遺言し 置くべし さて、 云; sffi されし 言の 菜に 從; 5、 皆な 賣 却して 悉く 負債の 辨 償に 充て、 

* &ほ また おんし ぎ 上 きん 5 から ち、 ゥ はら あ ひ 50 かんけい め々 ょこ1- うたて こ ふ か 5 f 

尙叉 恩賜の 御金 は、 親族 中腹 惡 しき 人の 好 を 廻らして、 橫取. りした- y ければ、 薄情ゃ此の不幸4^^る少 

ちょ た その やういく に を ビ もの ひど 5- ほ ゎづ ばか きん を る を & どこ 

女の 爲め は、 其 養育 を擔 はん^ 云 ふ 者」 人 もな く、 果て は 僅か 許, りの 金子 を 添へ て、 捨 つるが 如く 此の 

め 々ろ むら や をぎ だ ひこべ ゑ S みづ のみ しゃう S レ やう^よ つか 

目黑衬 なる 柳 田 彥兵衞 ^云へ る 水 呑 百姓の 許 は、 養女 i ^さて 遣 はした 

この ふ はく ざんにん うから ひど. i\» こゝ ろね ひき か ひこべ ゑ ふ、 フふ まこ ど じひ ふか さパ \ 、つち あ あま 

此 浮薄 殘 忍なる 親族の 人々 の 心根に HF 變へ、 彥兵衞 4K 婦ハ誡 に態悲 深き 性-.: d て、 家に 在. < ^てハ 六十に 餘 



獵 



〇 



慕 k れ 
ひ 睦き 

m み 



ヌ ev 9i .A5 しん ふ^ そ ど い ひっし ふうふ ビも かせ かせ ほかよ ねん , みづ のみ 

る g ぐに おへて 孝心 深く、 は 出で ゝは 必死 て 夫婦共稼ぎ は 稼ぐ の外餘 やぬな ければ、 水吞 なから 

? ; ものつ きひ おく を この ころ ふたつ そのい どし, U 5L を い げ . か を f 

も^が 好く、 f おかに 其 月日 を 送り 居ゥし i^、 此 頃ニ才 になる 其 爱子を i.3 ひ、 甚 たく 嘆き悲しみし 折から 

35- & こ fc^r^*^. ひど わ もれが たみ 5 め こ もらう こど , , そのよろ こ い かた ► fi\ ► > こ 

W らす這 度が わる 人の 遺 子、 栴子を K ひ S くる 事 さな ゥ しなれば 其 喜び 云 はん 方な く、 生みの 子よ 

、^- 一 まし ,o-»J><b そだ ほ^ もど げ を たね うめこ た、 い その ふうし び きしゃう 

.0 も^ ^5 さて、 養 ひ 育ゥる 程に、 素よ ゥ 下賤の 種なら ぬ镩 子ハ、 只に 其 風姿の 美なる のみ 》ら す、 氣象 

さ、,, ,5 $ ころ むら ひやう ばん くら. ひこべ る ふうふ ♦J.s;,: たの も しき こど f 

の 1^、 才智の 優れたる、 五 ッ六ッ の 頃よ-.^、 衬 の 評!; さなる 位に て、 彥 兵衞, 夭 婦ハ、 末 赖母敷 事に 思 

つ-の さい はる むら せう がく か- ゥ Si ふがく そのが くさい ど た ひる ゐ けうし 

ひ、 せ^^才はなれる春ょゥ、 :S の小學 校に 入學 せしめし に、 其 學才は 富める、 他に 比類な く、 敎師 をし 

つね たんしゃう こ ゑた あた f ) 

て、 常 Ji^ 嘆賞の 聲を絕 つ 能 はさら しむる 許 4 な. CS し 《o 

> どしつき 4,- きも w うめこ さい ま をく び まもく かしこ ひこべ >«5 ふ 5 ふ た:、、 f やうお 5 たま &ど め 

!^^て年月に關守なく、 梅 子 もはや 十歲、 益 々美に 益々 賢く、 彥兵衞 夫婦 ハ唯 掌中の玉の 如く 愛で scN 

お. A らおよ SJS. き やう い だ じゅ 5 ぶんし ゆげ ふ よ ふじん. しゅ fl や 5 

くしみ、 力 及ばん にハ、 東京に 出して、 分 修業せ しめ、 アツ パ レ善さ 婦人 S なさん もの^、 殊勝に も 

1*5; X め ねぶ ,つめこ た かせ を ふ か 5 ひこべ も この ど..」 あき じ, ねき た 

なひ1 け、 夜の 目 も 眠らす は 梅 子の 爲め k 稼ぎ 居ゥ しが、 不幸なる かな 彥兵 衞ハ、 此 年の 秋 疲の爲 めに 

を A や 5 ち び や 5© つ 

犯されて、 ー夜の中に病沒せ,^^。 

V. -ク、 と り 5 ま ヒぃ 5 し を 5 ほ、 たう ざい を り び や 5® つ むじ や 5 S か c た ちゝ .S さほ 

i の! < は 其 生る \ 以前に $ ^て. C ひつ、 生みの 母 は 當歲の 折に 病沒 し、 無情なる 親族の 爲 めに、 父が 功 緩 

ま 5 し 5 る ケく のこ おんし ぎよ きん しっか. S か を ど は くさ ふか かた & みか を むがむ 

の 報酬 さして、 遺族に 遺せる 恩賜の 御金 は、 悉皆 掠め取られ、 果て は 草深き: it 田舍は 捨てられ、 無我 無 

し t .3. わん さ むかし いくた く しん へ このはる ゆ ゑ ひど わ をれ がた み り や 5. しん つ ^ 

>i の 頑 HIS! なき 昔よ.^、 幾多の 苦心 を經 て、 此春故 ある 人の 遺于さ 兩 親に 吿 げらる ゝま では、 慣 

トご をら 5 2 や も いま ズザ そのこ、 -ち その か 5 おん ふか かたどき S を がた 

て 口ぶ S 生みの親 さの み 思 ひ、 今 も 尙ほ其 心地 どす る、 其 高恩の いや 深き、 片時 も 離れ 難 さまでに 



IHJg— —e——SEBfes——BBg8a8 5 l lsaa— 35應 -國 匪 ■■■■■-,=_■--=— 53 g—s-8——n— ———583—3— ——_81—|8|3||5|.3目113> ョ Tplaj in ^umBmB 

ん な- $ ち こど いっか いのち S く バ たの てゝ おや いま、 こゝ 5 し うめこ 、 ふ 力. T はた い Jv/ k 

はる 兩 親の 中、 殊に 1 家の 命 さして、 行末 賴む 父親 を、 今 叉た 玆は c;:s つる、 檢 子が 不幸 果して 如何、 

さい せ 5 ちょ さかし き t. や 59 か i& . ふちせ しづ ほゝ おや もてあま 、 

まだ 十歲の 少女ながら に、 怜悧 だけ.^ 情理に かし 乙く 悲しみの 淵 瀨は沈 ひ 母親す らも、 持餘 すまでに 嘆 

か を ^ * さ 5 を 5 みぎ w ひ &ろ きち や 5 U ひど ま 、りち をき ふ ね • あ « 

き 悲しみ、 泣きく づ 折れ、 葬送の 砌な *i は、 日頃の 氣. W なる はも 似す、 一室の 裡に泣 K して 起き も 上ら 

上 そ み め あは • 

す、 外の 見る目 も 憐れな 6 しさ . , . 

ひこべ る.,; のち - あまり らう じん ちか は、 おや 5 め こ みた 3- 々ら . は、 たやい か かせぎて : 

逢兵衞 死して 後 は、 七十 餘の 老人 さ、 五十; K 近き 母親 も、 梅 子の 三人 募し な..^、 母親 如何 は 稼 人 なれ は 

このら 5 じん ^ぅ ち 上 あ ひて いか いま &ど おし ど こど か を つきへ ビ しか 

て、 此 老人 さ 少女^ を對 手で」 して 如何で か、 今までの 如く 推 通 ほす 事の 叶 ふべき、 月を經 年を換 ふる 

VI も を う みづ のみ むかし か -らし むき. & & ど さ ひこべ ゑ ざいせ を ® ど, T,frJ やう 

に 伴 ふて、 漸 やく 水 香の 昔に 復へ ゥ、 生 針 向 も 意の 如くなら す、 左れば 彥兵衞 在世の 折 は、 あはれ 東京 

t ちょが く As> に ふがく おも ひこ 5 め こ が < もんし ゆげ ふ げっしゃ いだ ちから た ら+ しゅん なつ ボ;^ 

の 好き 女學 校に 入學 せしめん € まで 思 込みし 梅 子が 學問 修業 も、 月謝 を 出す の 力なき 爲め、 來 春の 卒業 

い を のせん ねん ふゆ 5 らみ の せう がく か 5 たいがく こビ いへ ふ かう こ.' * 、にれ 

さ 云 ふ 其 前年の 冬、 憾を 呑んで 小學 校す ら返學 せし むる 事 £ な 6 た. o、 家の 不幸 tt 是れ のみなら 卞- 其 

13 ら, ゥじ t ち 5 ふ 5 き み ひだ S のて き い ま わらじ つく ちる ひど やど は » "は 

gr.o 老んは 4., の氣& はて、 左手の 働か 中な A>、 今まで は 草鞋 を 造. 5、 或は 人に 傭れ な^して、 幾許 

t め て ども AJ か をき あ からだ や 5 や * ゼゐ じゃく >っ ち ふ こど k( 

か 嫁の 手助け をな せし も、 夫れ すら 叶ば す、 氣 のみ 燥せ ゥて 身體は 漸く 衰弱し、 打 a す 事 も屢々 な 4 

f^x «- め こ こ、 わがみ か 《.ぉ ん むく I か しこ おも き ほ ち さ み めい お. S , 

まだ 十三の.^ 女ながら は、 梅 子 は 玆ど我 身の 高恩 を酬 ゆる 時 さ、 賢く も 思 ひ 極め、 朝 は 未明よ..^ 起きて 

i» ^-5 やど でん VS.N- や よ ね そ .svxs- わらじつ く a ^^>ぃしょく よ ねん « 、おや 力た へ * 

ぎ is ,ハは 人に 储 はれ、 田畑 を まし、 -夜《 遲く まで、 絲緣 草鞋 造の 內 職に 餘念 なき 母親の 傍に わ. -て、 

^4 かた も こし さ を かう や f つ そのこ、 ろが け ^.y ひに は. s> L P ? /VJ 

老爺の 肩お 揉み、 腰お 撫 4 て、 孝養 を盡 くす、 其心掛 のけ なげなる i^、 母なる 人も勵 まされ 母子 力た 

> W ^ i をク ト おく ゐ あは ひ ,じろ しんら 5 

.d- こ&死 さな. て 嫁ぐ よ. cs、 苦る しき {^ がら も 兎や角 i^、 其 日 を 送 ゥ 居た. しが、 憐れ や 日 の心勞 




銃 邋 二三 

ものみ けんかう を こ を か だち こ ビし をつ を ゑ おや ら 5 しゃ 5 い ふち i& ん. しゃ- ゥ か、 たち ゐ 

其 身の 健康お 害ね る 媒^な りて、 今年の 夏の 末よ 6、 母親 は 襟 症^ やらん 云 ふ 不治の 難症に 權ゥ、 起居 

たの ま 、 ようたい いま うめこ て ひど かたて ふ 4y S あ ひて くら. J こど く を5-ど3- 

も自、 が 自由 4^>ら ぬ容體 S な, o、 今は栴 子の 手 一 ッに、 片手 be 隨 意の 老爺 を對 手に、 生活の 事よ 6 藥取、 

をのた いっさい こど ひ f よ ま ろ ひま たちはたら ゎづ ま,? で ひど 

其 他 一 切の 事 を 引受けて、 夜 さへ る くく 眠む 間な く、 立 働く ものから、 僅かに 十三 か 十四の 纖腕ー ッ、 

い か ちから たよ .&上< まもく ひんく おち .S まめ あ ばかさ 5 め こ もこ くつ 

如何で 力に 及ぶべき、 愈々 益々 貧苦に 陷 い-^、 今 は 目 も當 てられぬ 許 6、 左れ^ 栴子は 少しも 屈せす し 

たち はた そのこ/' ろね fj ゆし や 5 き もの は この &ろ むら こ、 ろ . ひ 50<.\.5 ちょ 5 め こ 

て 立 働ら く、 其 心根の 殊勝なる k、 閬く者 鼻う ちかまぬ はなく、 此頃衬 の 心 ある 人々 打 寄. て、 梅 子が 

た む じんかう い おこ つき た せ- ゥ きん ゑん ぎ わん こど もくろ もの い た 

爲め 無盡講 さか 云へ る を 起して、 月々 多少の 金簡を 義捐 せん 事 を 企む 者 わるに 至れ. <>o 

いじ や、 ゥ たれし もの か 5 くむ をめ この むら じ まん ほ よど たい どくい. こた を が 

以上 は老媼 が、 誰 知ら S 者な き 孝行 女、 此衬の 自慢の 花な.. さて、 余が 問; S に對 して、 得意 k 答へ し 長 

ものがた 《- ^^Lf 

物語の 大要な. <y。 

よ だんわ き およ てうら い ぎ だん いっさいし やくせん ど をい かんる ゐ ビぃ こど あた さ 

余 は 談話 を 聞く は 及んで、 朝东 の疑圈 一 切釋然 さして 解け、 坐 K-k 感 淚を禁 むる 事 能 は? t; うき、 左れば 

だんわ を は のちよ を 3- みか か5ち.^5めこ い へど たも さ だ ま むかひ 

老媼か 談話 を 了れ る 後、 余 は 折 を 見て 彼の 孝女 梅 子が 家 を訪は ん もの も 思 ひ 定めければ、 先づ老 *k 向 

くわ かれ もみ か どころ ど さ だ はんれ う ほか おや だ. SAJ こばく あた を 55 & よろこ あいさつ うしろ き、 れふ 

て 詳しく 彼が 住家の ある 所 を 問 ひ 定め、 飯 料の 外に 茶代 若 千を與 へ、 老媪が 喜びの 挨拶 を 後に 閻 て、 獵 

じ 5 かた この ふ, ゥ5>ぅ くさの. や じ か をう を だんわ あま つま is ら あま * &が - た お ほ 

銃 を 肩に し、 此 風流なる 白 屋を辭 せ. o、 彼の 老媼が 談話の. 餘. ok 詳か にして、 餘 4.^^ 長 か. し爲 め、 多 

じかんつ ひ よ たち. & どき &、 じ はんば か ふゆ ひ あし みじか やま は ちか う よわ ひか 

くの 時間 を 費やし、 余が 立 出 づる時 は 午後 三時 半 許ゥ、 冬の 日足の 短くて、 ハ ャ 山の端 近く 簿き 弱き 光 

は を ゆ ふれ ふ かっか 5 じ こく 

6 を 放ち、 夕 獵には 恰好の 時刻 £は な $ け 

X あされ ふ ふ れふ ゆ、 ゥれふ ねい. ばんく わ. S おも ふた ゝ ゆうてん じ - As- むかつ あゆ 5 つ さ い か 

余 ハ朝獵 の 不獵を 夕獵に 於て 挽回 せん^ 思 ひければ、 再び 祐 1K 寺の 森に 向て 步 み-^,」 移せり、 左れ^ 如何 



ふ しゅび せい てう £ き は 50S- かげみ い か せつれつ れ ふし ひ 50 

なる 不首尾な 6 けん、 一 聲の鳥 語 を も閼 かす、 一 羽の 鳥の 影 だに 見、 T 、如何に 拙劣なる 獵, して、 人 

し あさま だき ゆ ふ々 れケら ほんそ 5 は & もの あざけ くち を 

k 知らる、 にもせ よ、 朝 未明よ 6 夕暮 S1H で 奔走して、 1 羽の 獲物 だはな しさ 嘲られん も 口惜しければ、 

けさ か せ 5 およ み づ£ S- ど ふる ゐ かたへ しば いこ SJ は ど 50 こ めさら &ど 

今朝 彼の 少女が 水 招 離 取れる 古 井の 傍に 暫し憩 ひて、 疾/、 鳩な- y.^. ^飛び 來 よかし^、 目 を 皿の 如く し 

て 待ち受け 居れ ふ 

か どき 5 つ こど じ かんば か ひ や 5 や やまのは た ひや ゝ んか かせ たおば ふ さびけ しき 

期くて 時 を 移す 事 一 賠間 許. o、 日 も 漸く 山 si^ 落ち、 冷 かなる 林 下の 風ハ 落葉 を 吹 いて、 溝し き 景色 を 

よ を ほ ゆう々 れ ちか ころ 15>. せい て 5 & き は y0 かげ み い-な さもが 

K ふ 夕暮 近き 頃 さな- y ける ものから、 尙ほ 一 罄の鳥 語 を も 聞かす、 一 羽の 鳥の 影 だに 見す、 今ハ琉 石に、 

む るゐ か 5 れ ふか もつ fl X I つか やう や おも ひ た あ. S じう かた はやし い きろめ ろが は 

無類の 好 獵家を 以て 知らる、 余 も、 倦み 勞れ て、 漸く <;fv. 斷ち、 愛 銃 を 肩 はして 林 を 岀 で、 歸路 目黑川 

まどり きた よ こゝ きた あ ひだ た^か せ 5 ちょ しん つい しゅ?;:: \- さう r:^ しんおう ゑが さい わ を 

の 傍まで 來れ. o、 余 $: 玆 まで 求る 間、 唯 彼の 少女の 1 身に 就て、 種々 の 想像 を 心中 描き、 1 切 を 忘れ、 

あゆ 5 つ こゝ きた およ よ つか こうふん あたか ゆめ さ £ど よ わい びん かん 

て 歩み を 移せし が、 玆は來 る 及んで、 <r か 勞れを 興奮して、 宛 も 夢の 覺 めしが 如く、 余.^ 銳敏 なる 感 

おく おこ こつわん よ ほ 52- げん きた 

覺を 起さし むる もの、 忽焉 さして 余が 眸 裏に 現 t 家れ, 00 

か は そ きしこ したわ だ まど い まど ほ ^a^.m, こ。 わん ぼ-つり 

他な し、 川に 沿へ る 岸の 站 木の 下 枝に、 將さ. K 魏 ばん さして 未だ 飛ば る 一 羽の 蕭 の、 忽焉 さして 眸裏 

げん きた 

に現卜來<.^しな60 

よて 上. s** めいれい くだ ま じつ ね い. ひん じつ しんそく れ ふじう かま しか よよ, こゝろ 

余が 手 n 余が 未だ 命令 を 下さ》 る 間 は、 實に 銳敏. は、 實は 神速に、 獵統を 構へ た-.^、 而 して 余 ハ<^ か 心 

いま めいれい ま ,v で み しの あしお ど ぬ あゆ うつ あ 、化 うれ. 5 ^ a 1> 、 

の 未だ 命令 せ^る 間に、 旣 k 身 を 忍ばし、 跫音 を 盜 すみて 步みを 移せ ふ £5 銃耀 ける 余 か 黝作ハ 

いま さい しふくわん せ. S か よ ほめよ きょ S- ねら ひ さ だ 

今や 一 切 一 の 習慣 性ゥ なれるな. o、 欺くて 余ハ 程好き 距離に て 的 を 定めぬ。 

銃 獵 1ニ三 



銃 



爐 



四 



BBBIBSBBBH^BIBBBSSBBHBBBHUlBS-ess - に さ .ゥ ち ふ 230 て, ゥ らい はじ わ もの よ おも 

, 0. 實 ぎ^. お、 P しく ず^へ あ... き、 正しく 打 落せ..^、 朝 ま 初めての 獲物、 余 n 思 は 

あし ど たち ま き -.; if - f ;、 めん 

す 足 を 躍ば せ, り、 忽ち M く 一 種の 悲鳴。 

K の の iV あ 1 せる 一は 羽の か稚 が ハぃ忙 を f il4、ls に 拾 ひ收 め?、 

f C またき しゅ ひ めい I 

同時に l^sl く 一 種の 悲鳴。 

,、 , y たも さう じ よ LN: ざう こ $】5 いおじ た 力 

r 右し 4^1 力って g 黻 を g めしに C あら I- る ia. ず、 期く 思 ふ.^ 同時 k 、余が <i の 就 ifl ハ荖 るし く 高く、 

i* >i .c 、 >づ こゝ ろ. L づ あたり み せき せん ぶつ ま.. ザ こ 

戲ゲ しく- i く、 ^ん ,む Sii きて 嫩 れんさせ しが、 かふ: 心 を 沈めて gl? 見る に、 寂然 £ して 一物の S 

fei . たちさ f ふた ゝ せい しゅ ひ 

を 1! ぎる も^なし、 チテ n ぺ i ろの i ひな 6 しか さ、, 思 ひ 返へ して 立 去ら まくす る 折し も、 B び 1 聲 1 種の 悲 

め-^ 5 £30 よ こ まく おそ きた - » 

鳴、 打つ が 如く 余が 鼓膜 を 襲 ひ 求れ ゥ。 1 .> た > クた 

!ァ rk リ よ 余 C まが; ^を獻 め-たる ひければ、 1^ は IrkM 走す る ものから、 絶えて i 女 だは 見當 

らす、 リ" ら. fe の if や あらん €、 ぎ^ の?^ は^ひ は、 S に 一 ッの^ 木 橋 あ. -、 余 ハ忙が はしく 

2 ト こ あや い. S-J^ ひ 一ん をら こ、 *ろ いた 

s-. 戲 A, て、 刃た il なく 擴 し^むれ さも、 ^えて A の ii だに なし、 這ハ 怪し しゥヒ て、 只管 心 を 慯めゥ 

つ、 m^sf ^ の M がまへ. og.o、 飛 を ii する iL も、 叉 もや i 1 種の 悲鳴。 

^,,^しく"4魔の¥ょ.-ぉ1れ6、 サテる を" 仏 ゲ かき. -し .^ir.- し ゥヒ、 ^CM 早 狼 狼く 心 を 沈めて、 

prr^rp^f . ^を « めて i. ビ鲈る は、 ^せる か. a> ひ r 人の だ、 • ひ 七十き Z クな るが、 右の 

fh0ift f . 0mff,fi ュ 布ろ 呂辦 たるま ま、 f 



でお され^れ 6、 たる ものに や、 酽た^^が鹮落せしものにゃ、 自ら 陷 6 しもの さすれば、 

gSTii くの ^ 栌ゥ、 ^よ. oii する の 1 ぎり 纩き ぁリ、 齢 刎 ハ あ-^ て、 川上に なし、 川 

P ょゥ ぎ ちし M の iBk^ らん^なければ、 5; 一 3ハ£ き しを^が, 落せし はや あらん. )| (但し 這 

ハ^が 一 S んの びし i きな A p^. SKMi ろかし ゥ、 『"气 何 L た、 ¥ 化して 落ち たの だ、』 余" 

ま ど り あ き は こ ゑ る& か 11^ さ.? こ J 

先づ 1^ 敢 へす、 極めて 聲を 鋭く して、 期く の 如く 叫べう。 ■ 

^の ¥ ひ を 嗽く さ S 鲈 k 、滅 ま, -、 S め vi めしげ なる" I はて 余 を 睨み、 一 種 異檨云 ふ 可ら^ 

るぎ ^を 15 て、 『ま けて .f^k んね H 、 麟 けて んね H 』、s!?i の ぎき g 三聲 叫びつ 、、余 を 注視せ. -、 

i^、 0. ^モ ^がお kcisk^^ の^^^ ひが l^iw て、 ^おして す怫& らしめ た..。 

『ii た、 # ん でもな ss-^ した、 がび がが 擊落 しお 化 相違 ハ ない、 如何したら 好から う, 如何して 助 

けたら よ 好, ちう、 iirllc か 欺く お 田 1 へ 6、 期く 信せ A へ 今や 余ハ 如何 K もして 彼れ を 助けん さ 思 ふ 1 心よ 

; い; *4 ら っゝみ たも \i から も を そ ひか 

i K を 訳し Ik を i まし、 齢れ i^^i^ 麟. <4l まん させう、 きれき も!^ 棘の 堤ハ 缺を擴 み、 雜を控 へ; 脑 

をぎ し、 ぎえ てよ 余が il をが S なら しめす、 酽 くて "鲈^ して 4^ 不幸なる 人を絕 死の 境よ," 救 ふ 可き 

ぎ 一、 ひ rii 篇 if ゆる もの からせきし、 ひき 蟹ぎ て、 £1 よ 好 むる のみ、 彼 は 再び 叫べ-、 『助 

けて か k んね 、航 けて んね H、』§ して 1 害 KK 可ら^る S 樣の跟 光 を 以て 余を貌 め. 9、 余 ハ唯彼 

が &f れて、 い <r の齡を まり しなく、 &の醖 Jzl: きせん か を i れしを m て、 if 7 ッカ y 

r_l^!^l!!ll— !|| 一 二 玉 



i 1 1 二 六 

> -ゾ ま^ ; あたか しくわん へいし むつ か が S れい ,ヒ ど おんこ. 3 もつ ^ iyj, 

し 今 § けて やる から If ッガ リし KJ さ 宛 も 士官が 兵士::: d 向て 號 令す るかの 如き 昔 調 を 以て、 , ゆ: く 酈ま 

,>乂ど^* ほ を k か を ほか は も ほん も 5 5 お たち ま み ど い ゥ てんく わく わ 5 つ こ なく t § ちか 

しの 言葉 を 放て. o、 而 して 尙 川に, 沿 ふて 奔走す る 中、 忽ち 認 むる 一 點の夾 光 一 ヌの茅 5^、 夜 は よ 

余 は 今 は 他の 力 15 るの 外な しど 思 ひければ、 £^なく1仮の^鲈ぁ1|れ^れるぃー\の^^.^^«って^^^せ 

4.、 實に m 光の. g く 神速;^ S を 跳べ.^ 而 して 彼の 茅屋に 達する や & や、 ^ 『オイお k ぎの^で ギか 齢れ 

か、 りて 居る から、 早く 來て手 を 借して 吳れ』 期く 叫, は、 g にあ,? jglj 維 k し 11、 びぎの 

の邊に ® て 返へ し、 生ひ繁 げる荆 棘の 土提 を、 梯を £s て ち i き、 mi き、 §かはぉま£すべき^|^^ 

開け, -、 た閻く 彼れ が絕叫 、『助けて んねュ 、 聯 けて 4- くんね ュ、 ii して は S いお i く酽 さに 

絶 死の 淵に 落ちん- W する が 如く なれ .9、 余 は 如何で べき、 献 ちに i れに 121」 おせ .0、 が 

このさい お S- き S> やう けつ ねま だて ゅづ S め i , ^づ - つ?.. :- 7; 

此際 k 於け る 力量 は.、 决 して 火 達 i:- 讓ら しな ゥ、 栴ケ谷 k 讓ら #tro しな .0、 實 に^なが.? の 

くわ.!. ボぃ fei !」 ろ ばか 

廣大なる:^^驚く許ゥ。 , 

間もなく 余が 注意に 俊て、 驚かされ たる 白屋の 主人 は、 十七 八の!;!^ ゥヒ 射に、 ii^ のま ゝ!? i れ. o、 

^:^4、,"f ゆ は. い み "rs ュ じん k , ly ら 5 ば い きた -t,^ は か くさの や せんか あ a きた 

1^^て其母^も見ゅる婦人さ、 六十餘の老婆もsで來れゥ、乃ち彼の白屋の全家を擧げて:s^^?l.>しなA^、 

^ } r^y^^ ^5 ね乂 ども あいさつ よ たしの ども ちから あは か つ き やう々 5 ねち P ら 5 じん f あ 

彼^ 主人" 少年 さ 共に 挨拶 もな く 余を锥 除け、 4.; 〈は 力 を 協せ て 彼の 死の I5i に^れる 老ん を^; 5;^ げ 

>- 、 ,け あ ビ 5 じ かれ ひどら ゝち £ ど , ^づ あさ 力 ふ ま 

た, 9 i 救 ひ 上ぐ る さ 同 特に 彼ハ ハヤ 人心地な きが 如く、 グッ タリ 亡して 僅かに 四邊を 見廻 はすの 



_33l— = ■— |—8,^—國隱—ー=醒=醒5=醒| ■ ■ = 一 I 漏ーー匪- 畺 —誦匪-漏國|||醫漏-國 腿 = 111 國ー 一画 -III 靈 =漏ー 一 -漏醫 誦= 誦|||瞧隱 III 隱ー瞧 國画國匪- | 匿—_1- I 一 一 匪國画誦 画 國— — -_ = ■ 1 1 = -_ 11 -. 

みり 、 

だ さつば S- わか か 5. (-む を め どこ ちい うめば ミ どこ さ _5 ► 

『誰れ だく、 ナ 一一 薩張 分らね ュ、 ィャ 孝行 娘の 處の爺 さま ぢゃ ァねュ か、 ゥム 梅 童女の 處の、 左樣た 

^ ミ いま じ ぶんこ C あた 《- ど ほ $J 5 お し で々 ちゃ 5 ぶ 

く 如何して 今時分 此邊ぉ 通った のおら う、 如何して 落ちた のおら う、 死.^ ゃァ しめ ュ か、 ナ 11 大丈夫 

の わら こっち かれら くち., か など L やべ よた ゐ こ ゝろづ その かたへ 

だ、 其 藁 此方よ こせ H 、』 彼等 は 口々 に 欺く の 如く 辯 ウ、、 余が 立ち居る にも 心:: S: か卞、 其 傍 ぁゥし 

わら たば いくたば 50 か らう じん その 5 へ ざ さら いくたば ど わらび れいきゃく ら ,つじん しんたい 

K の 束 を 幾 束 か 解きて、 彼の 老人 を 其 上に 坐せ しめ、 更に 幾 東 か を取ゥ て、 藁 火に 冷却せ る 老人の 身體 

あた ゝゎ しか ひど り ふじん ひ もちきた た そのいへ むかつ はさ — 

を 温め 得させん W し、 而 して 一 人の 婦人 ハ ひ.^ を持东 らん 爲め、 ハ ャ其 家に 向て 走せ 去らん させ, リ。 

よ さき らう じん 5 か、 いひみ まった i じう. わん きづ ゝ ま つた あや? * つ はし っ& らく 

余 は曩ょ 6 老人の さ ま を 窺 見る は、 全く 余が 銃丸に 慯 けたる もの あらす して、 全く 誤 て 橋よ. 墜落 

みづ き ねった た 5- よ ゐ もの み ど ゎづ こゝろ t かたへ をげ お 

したる ものが 水ぎ わの 木の 根傳 ふて 漂; 31^ たる 者た る を 認め たれば、 僅かに 心 を 安ん t、 傍に 投 捨て 量 

. あ い じ 5 かた ま いま は さ ふ じん 上 ひど をげ あた この どき はじ かれ 

きし 爱銃を 肩に しながら、 先づ今 走せ 去らん さする 婦人 を 呼 止めて、 マッチ を投與 へた. ^此時 始めて 彼 

ら 上 をが た こ * ろづ あは $j う ら 54J ん た よ むかつ かんい f5 ん s- つ しゃじ の しか 

等 n 余が 姿に 心 付き、 忙て ふためき、 一同に 老人の 爲め i ^余に 向て 簡易 具 率なる 謝 辭を陳 ベた- „>、 而し 

かれら 503- あ わら ひ じ つ かれら き はめ ねっしん き は せいじつ らう じう かいは 5 あ、 ゐをか び ど 

て 彼等 ハ取敢 へす 藁に 火 をう つせ ゥ實に 彼等 ハ 極て 熱心に、 極めて 誡實 は、 老人 を 介抱せ ゥ、 田舍漢 

じゅん, ヒゐ むざつ しんせつ ふか じつ かんきつ かう くわ. S こや こび 50 む さう あた どころ よ f たんぷく 

の 純 粹無雜 にして 心 切 深き、 實に奸 黯狡獪 なる 都人の 夢想し 能 は^る 所、 余 n 思 は 卞嘆 服せ り。 

ひ をで やまかげ ゆつ さ 5 せん ほしょく や, r や の ベ お ほ か 5 ていく つき やく あせみ ち たち ま み もこ たん あい 

日 n 旣に 山陰に 沒せ, o、 1 然 たる 暮色 tt 漸く 野 邊を掩 へ A>、 高低 屈曲せ る 畔道、 忽ち 見る 糗糊 たる 淡 靄 

ふ こ をた むかつ おかよ きた ひ 505- ひど かげ 

を蹈ん で、 此方に 向て 近寄 ゥ來る 一 個の 人影め..^ けゥ 

さつ tt きく ゆ ふかせ もね た わらび よ いま あきら か ひど かげ み どね つ こよ ほうり をの がた しる 

颯ど 吹來る 夕風に、 燃 立つ 藁 火、 余 は 今 は 明かに 彼の 人影お 認め 得た う、 實 に是れ 余が 眸襄に 其 姿 を 印 

錢獵 二 一 七 



一二 八 a 

■ISHB== 漏 一 ■■■=■ = ■■ ■■■ 画 ■ 書讓,11 ミミ I 3 - > t こ ビ£ まつ ま はや か くさの や ひど-^ 5 め こ 

せる、 ずの i^^i^ ま にて わ 6 し^. oji して 余が 言葉 を S せん さする 間に、 早く も 彼の 白屋の 人々 は栴子 

まヽ £ 二 ちい い こどば せんゆう さき > ュ.1 

を If め、 『ャァ ^^おやね ュ か、 か の 處の爺 さまが ナァ』 さ 言へ る 言葉 を 先鋒 € して、 過 刻よ 6 の始 

りぎ 41 さしながら、 ^ii 韈ん か^ね H さ、 りた か, んね H ョ』 € 、云; S り、 余 向 

て を § せん もせ ゥ、 s;!^ は の 言葉に 1 切 頓着せ 卞、 グッ タリ さして 弱ゥ 切た る、 彼の 老, ム 

• 广 A く》 - い こ、 ろつ Adi5 

の!^ にお, がしく ぎせ & 6、 『ぎ t 乂 さま ぎです、 ダッカ リ して 下さい』 W 云 ひながら、 心を盡 くして 介抱せ 

んも するな ゥ、 が 《 化 ぎまで^ くわらん よりも、 疾く其 家に 俘 ひ 行く に 如くな し^ 思 ひければ、 先づ彼 

くさの や あるじ むかつ おも ビ ころつ ♦ ^ D 

曰 匿の 主人に 向て、 思 ふ 所 を 告け閬 えた 6C . 

* 5 ^ i 2e4-i "Mc ま ^ 5 る ま * &こ をみ だ 5 力 

^^あの S おは.. ^めでぎ ど m 射 や. -、 i めて » ^る 如く あ. - しが、 て は 彼の 美 はしき 眼 は f§ ベ、 

^is なくて 鹂 せる は、 stsg みならす ぎ M 乂 まで、 も^が 手 H 救 はれた る を、 甚く 心中に 

獻 じての^ なるべし ち ^も^ ul¥lk に 齢れ を m はし、 鲈 はさま,^ に 言葉 を 添へ て、 ぎ 子が 爲 めに 

て、 ,あ &f i みお f 、 § しげ i-s る,、 

か - まるき ば., W> ちわた き ろ むかつ あゆ s^' . 、 . 

して、 彼の 丸木橋 打 渡ゥ、 歸路は 向て 步みを 移せ A>c 

s<ff. 01 f$ おた 田の i 議ひ 4、 か &みも f に ま 仔矿? のから、 f 

まの1に1^ひて、 m にさ ま f の iiESL、 ^て は fK ふに 云 はれぬ 不, i の 情 想 すら 現ト來 6、 K 

is- の It めに おれ を 忘れ、 何時 S はなしに 我家にた^ ゥ 着け.^。 



上 い へ さう おう ざいさん ふ か 5 ち、 は、 たう さい をり ミし いっく L み ふか を ^.td て け 

余が 家に は相應 の財產 あれ^も、 不幸 is: して ハ乂母 は 當才の 折 失; 3、 慈愛 深き 伯母の 手に、 二十 三の 今 

ふ. そだ あ をば こ、 ろ まこ ど ねの 5 こ. など よ こ、 ろ しんじつ は、 &ど かん 

日まで 育て上げられ たる なれば、 伯母の 心 も眞の 己が 生みの 子の 如く、 余が 心に も 具實の 母の 如く 感 

さら、 J じ やう あ ひきは ふか さ この ひ よ か あま おそ" た お ふか こゝろ 

せられて、 相互の 情愛 極^て 深し、 左れば 此日も 余が 歸へゥ の、 餘ゥ. ^退か. P し爲 め、 伯母 深く 心 を 

いた も ふしぎ へんじ . ね も た わざ., しゃ i ひろ を ほど リ は 

傷め、 若しゃ不測の變事ゎ6.しははゎら^1-るか£て、 思 ひ は堪へ かね、 態々 車夫 を廣 尾の 邊 まで 走せ し 

くら ゐ か いくたび はしため もんぐ わ. S い だ よかむ か きょ 

めら れ たる 位 はて、 且つ 幾度 か 下婢 をして、 門外 k 出して 余が 歸へ. を迎へ しめられた 4€閬 き、 余 は 

f> んちぅ ふか その じ あ ひ あつ しゃ け ふし まつお つげき こ ねば い 5 め こ ふ か、 ゥ あは さ 

心中 深く 其 慈愛の 厚き 謝し、 今日の 始末 落ちな く吿聞 ゆる k、 伯母 は甚 たく 梅 子が 不幸 を 憐れみ、 左 

X おどめ i&li や 5 わがや よ むか をし AJ だ かた たま 

まで 好き 少女な らん.^ は、 何樣^ かして 我家に 呼び 迎へ、 敎へ 育てた きものな.. <y な^ 語. 玉 ひき。 

5 んビ 5 くわ". - X おば ひ >JVJS 'たまき よ そのよ くちさ またれ ふ.. しう かた わが 

運動 も 過度なる は 好から す^て、 伯母なる 人の 止め 玉 ふ も H かす、 余 は 其 翌朝 も 亦 獵銃を 肩 して、 我 

や たお. S しか 上 この ひ じミ れふ c,... れふ むし た もくてき た よ あきら 

家を4ぶ出でた<^、 然れ. ^も 余が 此 日の 銃獵は 、 銃獵ょ,oも寧^c他に目的ゎ6し,が爲めな<^、 余 は 明か k 

-はく t や 5 _ .- 

白狀 すべ LO 

きの ふ み 5 るの は 1& じつ か せ, よ *J> ふ ま を こ あ. S くお さら かれ み まど つ、 いれ 

昨日 見た ふし 美 はしき 野の花、 實 k 彼の 少女が、 凉し き跟、 愛らしき ロは更 な. 9、 彼が 身に 纒 へる S 棲 

ころも かれ は を や ひ こどば よ ま を こ 5 る は を £50 み 上 み、 あい 

の 衣す らも、 彼が 話せし 野鄙なる 言葉す らも、 余が 眼 i^tt 美 はしき 花の 如く 見え、 余が 耳 ktt 愛らしき 

こ ど 3- i& くね £ど きこ ま , その じ, や 5 ど つば か. S<> んぶ くわん たね ま をのせ. つ ぎんみ 

小鳥の 鳴 昔の 如く 闘えし な. o、 况 して 其 素性 を 問へば 立派なる 海軍 武官の 種な. o、 况 して 其 性質 を吟咏 

た々 ひま か 5 ち 上 X こ、 ろ つよ ふか うめこ ヒ がた きざ つ またけ つ む り 

すれば、 類 稀れ なる 孝女な ゥ、 余が 心に 強く 潔く 梅 子が 姿 を 刻み付け しも、 亦决 して 無理 はは あらさる 

よ じつ さいしょ かれ ふ かう あは つい かれ き や S 々う あは つい かれ あい こ、 ろね こ . 

べし、 余. は實に 最初 彼が K. 幸 を 憐れみし な 6、 次で 彼が 境遇 を 憐れみし なゥ、 次で 彼 を 愛する の 心 起れ 

銃 獵 , 1 二 九 . 



00 wl>ffew1T>!!7Ir 



銃 . 二 110 

かれ こゝろ い や れんあい こゝろ もつ あい いひ た、 いせ. sfl ん てき かれ あ. S 

るな. o、 彼お 愛する の 心、 卑しき 戀 愛の 心 を 以て 愛する の 謂に はわら す、 唯 精神的に 彼 を 愛せし なゥ、 

C ゥ よ *5 ベ わがや か のち た. a ま かれ こど おも か ら、 ゥ じん こど おも かれ やめる は、 こど f 

實に余 は 昨夜 我家に 歸 へれる 後、 絕間 もな う 彼が 事 を 思 ひ、 彼の 老人の 事 を 思 ひ、 彼が 病 母の 事 を 思; S 

A ゆ 5 てん C iy か せいかん め 々ろ さど ふ 5 くわ 5 よ ひどよ わがお t ゑが、 さ 

ついけ て、 彼の 幽邃なる 祐夭 寺の 森、 彼の 靜 閑なる 目黑の 里の a 光 は、 夜 一 夜 我 思; 5 に 描れ しな. <>、 左 

か を ふた、 め .^^ろ さど おもむ か ふか 5 せ 5 ちょ いへ ど むら けっしん 

れ ば必ら す 再び 目黑の 里に 赴き、 彼の 不幸なる 少女の 家を訪 はんさ は决 心する に 至れるな 60 

し A X じ 5 れふ むし こ いつ もくてき むかつ め. 3^ ろ さど やゆ 5 つ な け ふま じ 5 れふ を 

然 6、 余 は銃獵 よ. も、 寧 >C 此の 一 の 目的に 向て、 目黑の 里に 步みを 移さん 爲め、 今日 亦た 銃 獵を名 £ 

わがや たちい > 

して、 我家 を 立 出で しな ゥき 

ゆ 5 てんじ も y 1^ おひし たけやぶ 5 へ ふた み ビ y のこ じゅくし , つい i こ*»«^|^か ど、 い 

祐夭 寺の 森の 此方、 生 茂げ る 竹 藪の 上よ..^、 ニッ三 ッ取殘 された る 熟柿の 紅の 如くなる を、 棺 高く 止め 

かきき こ きの ふ よ f& き お . せ 5 ちょ 5 め こ いへ めじるし み ,v のかき のき も 50 

たる 柿の 樹ゎ ゥ、 是れ なん 昨日、 余が 老 に 聞き置き たる、 小 女檢 子が 家の 目 11 、見れば 其 柿樹の 下に、 

< さ や a こけむ あらつ ち かべ そ こ かしこ やぶ かたむ はしら つた かづら の まつ やぶ ま& しゃ 5e ふ 

草の 屋根 苔 蒸して、 荒土の 壁 其 處彼處 破れ、 傾ける 柱に は、 蔦蔓 延び 纒は ゥ、 破れた る 窓の 障子 は、 吹 

かさ 」 さ よし <= 'つけ t あばら や あは こ を じ やう. S や かう ち 上 5 め こ おい お ほち や は、 

く 風 を 防ぐ に 由な き! 軒の 破屋お 4、 憐れ 是れが 素性 卑しから? 1/ る 孝女 栴 子が、 老 たる 通 父 《 病める 母 

た ま A.-5 で やし を つか - いへ & ね. W あき かせ み L わた そ、 い みだ 

さ を、 十四に 足らぬ 緩 腕に、 養 ひ 仕 ふる 家居 かさ 思へば、 S さ マ 秋風の 身に 染み渡,..' て、 坐 は?^ ぐ まる 

ばか a > 

る 許. <=.o 

X しづ ♦*、 おど Sj をた I いら. はく 5 め こ よ うちみ びつ く s- おも 

余 は徐 かに 進みて 音な ふ は、 『何人 樣 です』 ^答へ ながら 走せ 來る梅 子、 余お 打 見やうて 吃驚、 ャ がて 面 

4^ あ をた ゆうべ ねせ わさ ま てつば 5ゝ お よ こん きた どこ たづ き くだ 

げに、 『ォ 、貴郞 は 昨夜 御世 話檨 は^ 4 ました 统獵 者さん、 好く マ ァ此檨 な 不潔い 處へ、 尋ねて 來て下 

よ おち S ^ ? べつだん ゆ ふべ か は 5 め かげ ゆ ふべ べつだん 

さい まし タ、』 余 『祖父さん は 如何 だい 別段 昨夜 は變 6 もなか ゥ たか チ、』 梅 『ハ ィ お蔭 さまで 昨夜 tt 別段 



ぎ は 6 もぎぎ いませんで したが ゲ斬 i がた から 如何し たんです か、 些 さも 身體が きか なくなって しま; 3 

: を:, fwef- い を; i きの ふ をが み. り ひた ゐ - * なの は..' ほお: ii ' >- ) 

まし タ、』 余 『.SK リャァ 化し K: 心^だら う、 何 さま 昨日 長く 水に 涵 されて 居た 力ら 其 爲めは 弓 起しお グノ 

だら うか、 ジシ テア ノ お is 都に は^んせ た 力 H 、』i 『否、 見せた う 御 坐い ます け^も、 まだ 舅せ ません、 

さ ひかけ しが、 i_ し i を t くして、 ^は 射ろ きた き、 『ァノ 阿 母さん、 昨夜 要さん を 助けて 下さり 

た、 吗 g うちの まさ まが f て すった ョ、』 ^に はメ S さの^ 一. 4て ソ、 苦しげ. a> る 聲^£ て、 『オヤ 左樣か 

土 、 酽く W も く 魁; -へ か; I しおし な、 は鹂く % える から、 y シ テ ->ノ お出 迎ひ 申す のおけ クヒ も、 

2 & まへ よわび ま を あど ふた、 し はぶき こも S ちけ , きこ r , 

M% ^ま をして ig て 居る のおから、 か 前から 好く か 詫 を 申して、』 後 は 再び 暖 の聲に 打消されて 聞え す 

0J 『がれ ぢゃァ ilpll 酽ぅ さ S ますけ^ も T おおおんなす ゥて』 ^ 『ナ 一 1 此、 處で澤 山 だが、 阿 母 さ 

ん もお^ 隱 くな S やう だね、 サ ダ觀^ だら う、 矢 張 か謦者 は 見せない のか ュ 、』檢 『ハイア 

ノ P せて わげ たうな^ S ます け^も、 i が 死な ましてから 思 ふやう はな..^ ませんで、 今 は買藥 をして 

酽 ませた <.、 ^sl の檝、 is^i- でか^に かゝゥ た、 ^の やうに、 お 酽を さりて、 不動 さま k 御 騸をか 

けた, co て& ますけ せ も、 "Tilk かわ $ま せんから、』 さ 云 ひさして、 S り しか 潤みし 目元 を 破れた る 

つ、 い 匕 たも ど しひ わら 3 ん めん も は、 あの や 5 i ちよべ so 、 

00 て ふき、 強て 笑 ひ を 半面に 漏らし て、 『ドウ ゾ 母 も 彼樣に 申します 力ら 1 寸 でも .1^ 丄ん なす 

りて ずい まし』 ipi の? klpf て、 f^^MT fi^ 

、 w ._ し" iu ^ をん ら は."^ ま はつ おつ 力 

はれた ゥ、 余 『アイ あ. がた う、 ダ^ 足 も 此樣に れて 居る から、 何なら 裏の 方から 廻て、 阿^さん や 



ォ il< さん k£yz^^^、/i こ 子 『お"、 れぢゃ 1 れ〃 6 ますが、 鯽 ひましよう^、 ^ひ ウ、 

み』 からお に 1 且ち、 s^rfc--.0.7 ム|ふ曰の ぎ 4¥ 離の. s、 2: か it て 量いて 下さ 

»» 2 りこら さもが せ, r. ちょ 

いまし、 i く £愀 が; します から、 モウ i 度ァ ソ 十眞ぎ はしません から、』 利 n なやう でも 流石 は 少女 

ぎ は觀 じり、、 で S の 15 く 13 ぁ鄉を T. -、 擎の f 出で?。 

. 0afk^^^i i やお を あ 開けて、 『ir ん ら S らタ しゃりた ョ、』 ,# 

さ .1 どま まま よ あ をた & めん あ, y „ し卞 J きひ ビ , _ 3? > リ 

『オヤ か H、 マァ か^し^せば 好い のに、 貴郞 御免 遊ばし ませ』 さ 咳 一 ッ、 < ^力 止 むる をも^ 力 1 

r 曰!: ris が i け もれた &ヽ 苦る しき fskti<. 喜び. S ぶる 

ど&の 『古 i あの 靈」 si れ ぎた i ま、 i れ iS のむ 趴、 . yfft 义 た彼 の 老人 I 

こも 酽き ri、 ^sl のお 艱に MM の っ&^ 1 お I せし.. か儿 えて、 2.ir だ もせす、 tf 兩 個の 難 疡人を 引 

5 を どめ こゝろ はた S か > 

受けた る、 少女の 心 果して 如何に 

ぎ 編に S かけて、 a^fpmff. r 子お はし あ すしが、 間 も? 彼の 

fit. ずへ & へて P づる、 i 編の i しきに、 ぎ S あまで ま &s、 さ I 

まの it- し、 ^りの 鍬 の 職け にも €^ひ ければ、 力 a く 航ふも i かす、 mi,glt か を 少女に 渡し、 

が ぼ. 4e しげ,^ くるま ま、 ■ ひが k お おる まず &れ. ^ぎげ、 fat 



かり ゆ れ/ じろ わがや か 

邋し て 、 夕暮頃 我家に 歸 へ れ * 

か よ このな かれら ふ か 5 ふ 5 ん あは i いくたび み ま i いっか X をむ つ は 

斯くて 余 は、 此後も 彼等が 不幸 不運 を 憐れむ の 餘ゥ、 幾 回 か 見舞 ふ 中、 一 家 いつしか 余に 憤れ 睦,^ 余 

たど ま こ 50 S め こ いま をん ゑん oi あたか をの あに おも £ ど ,y ぶり たんば く V どば; 

が 音 訪ふを 待て 4、 殊に 檢子は 今 は 何の 遠慮 もな く、 恰も 其 兄 クヒも 思 ふが. S き 素 振に て、 淡泊なる 言葉 

R> わが fx ゝ い J& た あい こど S かた ふ けつ この あ;^ らゃ よ あたか てんわん &ど かん 

を 以て、 我 饞を云 ふに 至 ゥ、 爱 くるしき 事 云 はん 方な く、 不潔なる 此 破屋 も、 余 はは 宛 も 夭 苑の 如く 感 

をん か 5 かり &ど か かれら は もん 

せられて 南郊に 獵 する 每は、 必らす 彼键を 訪問した 6 き。 

この ど L を は おい h よぎ じ じうれ ふ はい ね ふ か 5 5 んめ. S おちい これ ビ もゾ d 

此 年の 終 於て、 余 ハ 餘儀 なく 一時 統獵を 廢 せ?!; る を 得? t; る 不幸なる 運命に 陷. た.. > き、 之に 伴 ふて 

X かかれん せ 5 およ S つか ど ふら たの しみ またみ を & ふ か 5 5 んめ. S おちい そ 化つ 

^n. 彼の 可憐なる 少女の 一 家 AJ 訪 ふの 藥を 亦晃 捨て^る を 得!. る 不幸なる 運命に 陷ゥた A> き、 幵は實 

この 50 し ふゆ §. おい た ほさ か を ち もビ たいび. やう でんば 5 VI つ せん わがい つか しんけい 5 

此 年の 冬、 十 一 一月の 終. OJ^ 於て、 大阪 なる 叔父の 許よ. o、 大病な. ^^の 電報、 突然 我 一 家の; t 經 をお 

きた た. よ ビ:? た 5- ひ soy を ち わがお、 5 たま のち だい ぉゝ たも ひ よろ 

ち 來. しが 爲め あ, 6 き、 余に }^ て ハ 只 1 .< の 叔父な ゥ、 我 父 C せ 玉 ひし 後 は、 第二の 父^も 思て、 萬づ 

ピ はか ひど よ S か ひなろ たし & じうれ ふ た ふ を わが どうき やち きんか 5 ち あ ひ は を しの 

問ひ商議-^し人4^^.0^、 余 如何 は &生嗜 める 銃 邋の爲 め J^、 蹈み 慣れし 我 東京 近郊の: S を、 相 離る、 に 忍 

よ. S か か かれん せ 5 ちょ た わ めな ろ さど ど ほ K を L の、、 

び さるに もせよ、 余 如何^ 彼の 可憐なる 少女の 爲 めに、 我が ゆかしき 目 黑の里 を、 遠く 離る るに 忍び さ 

よ い つ しん ど よ い つか 50 このた いせつ ひビ L や 5L そんば うは か がた たい ぴゃミ き 

る もせよ、 余が 一 身 k 取. o、 余が 一 家に K う、 此 大切なる 人の 生死 存 ^難き 大病 さ 聞く からに は、 

い か 上ら ほか み を&, ベ よ ^,てのょくぁさ わがい つく L み ふか を ぼ . しんばし はつ „ ^んき しゃ ど 

如何で 他 外に 見て 過 さる 可き、 余ハ其 翌朝、 我 窓 愛 深き 伯母に 暇 乞 ひして、 新橋 蓮の 一 番 汽車に 投じ 

た ほさ か むかつ じゅつば つ 

大阪に 向て 出體 せう 

よ じつ をち び&; き "-2 いじ よ ねつば う さ でんば 5 もつ は 5 こ くらる じつ 

余 ハ實に 叔父の 病氣 の、 大事 及ば^らん 乙 さ を 熱望せ 4、 左れ < ^電载 を 以て 载ヒ 越す 位;!: d てハ、 實に 



^ 獵 二 11 四 



よ."、, 上 5 だい 6 こた やま ひ た 5 ていし よみが ハ ベの ケ :、 * . - I 

容易なら ぬ容體 なら まし、 若し 此度 びの 病氣 にして 到底 死よ.. 生る 可き 望みな し^すれ は せめて ハ 

よ :3?> ,5 やく ,r- を りひ ゝ ハ -2 X ?, y のど こ じ しか そのこう じ き ュ t 

余が^^^は41^するまで、 余が 其 家.^ 到る まで、 余が 其 床 侍する まで、 而 して 其 後事 を 聞 くまで、 無事 

こ 50 い の し こど いの けぶ け くも きつ fj つ-そ $ き しゃ けつ おそ L 力 

ならん 事 を 祈れ 6、 死せ さらん 事 を 祈れ 6 烟を蹴 ゥ、 雲 を 切て 疾走す る 汽車、 决 して 遲き おらす、 然 

! このさい i じつ 5.L の &ど かん こ W せん やま. - こ $ せん か は こ W 

れ^も^ 際に^て は、 遲き でさ 實に牛 k 泰 るが 如く 威せられ しな ゥ、 忽然で」 して 山 忽然 さして 川、 忽 

クん う ふ しゃさ 5 のま き-ご 50 f ふ 5 くわ ミ き しか このさい おい S つ さいこく ^ さか ひ 

^さして 海、 車窓に ム 來る 途中の 風光、 奇 なら^る は あらす、 然れ. ^も此 際に 於て ハ, 一 切 黑閽の 境 

t. VK の か& どよ ff を お たいび や >ゥ つい わく 

を 過ぐ るが 如く、 一物 も 余が^ 裏に ハ 上ら さ. - しな 6、 斯 くの 如く 余が 腦 中ハ、 叔父の 大病に 就て、 戡 

ら, I .A 、か f をる ゆ 5 てん じ もり か せいかん め 々ろ さど か ひ かげ あた、 か あ らゃ 

亂 されつ、 わるに も拘 はらす、 彼の 幽邃なる 祐 夭 寺の 森、 彼の 靜鬧 なる 目黑の 里、 彼の 日光 暖き敗 家、 

^ い t ん トんか ^1 .C5 くわが ま を こ げんしゅつ L づをか ; 一? やく SO き よ こ、 ろづ は ひつ その ひ ビ 

^の^ 搬 なる m& の I ノ が"、 往々 あ 眼に 幻 出せし な, -、 靜岡は 着せし 時、 余ハ心 着け. -、 余" 實に其 人 

2 も-、. こ A、 あま L-e- つ; H9 た つ ひか か れん せ S ち 上 むかつ わがた ほさ かゆき は 5 こビ 

をが 5ai がし も拘 はらす、 餘 4 出 813$ を 急ぎし 爲め、 終に 彼の 可憐なる 少女 向て、 我.. K 阪 行を载 する 事 

V- 、りき やく こ、 ろづ しか いま おく せん を- I 

をな, 5 却せ しに 心 着け ゥ、 然れ. ^も 今 ハ遲れ た.. y、 詮無し。 

X こ き しゃ この ひ な、 じ もつ おほさ か おやく よ ? 5 めだ ステ —シ S ン げ しゃ さら 

^がぎ|^3める汽1^ぃ、 I 日の 午後 十二時 を て. K 阪に 着せ 6、 余ハ 直ちに 栴田 停車 塲ょ. 下車し、 更に 

JJ- J k を ,ラ をみ い いた しか よ あんちゃく よろこ むか よ じゅ, けいふ、 ゥ i *i 、て かぎ 

i4 を まて、 ¥ の 島なる 叔父の 住家 k 至れ ゥ、 然れ^ も 余が 安着 を 喜び 迎 へし 余が 從兄 夫婦 n、 限 

卜, し. * くも ク fe5 をみ i, し の よ び や 5 しゃう みちび あ、 よ を^ $ まった この 上 ひど 

6?nitf の 雲 を £ ^て m はれ、 涙 を 吞んで 余 を 病床に 導け 6、 嗚呼 余が 叔父 は、 全く 此 世の 人に て 

X じつ そのい ま は まあ 

あら ^04 しな. o、 余 ハ實に 其 臨終の 間 は 逢 はさ. しな. CSO 

^ C IKg にた 账し て^をの 呑んで ぎけ ゥ、 ぎに^つ て T のが!?.. すして。 



銃 



獵 



の 






ゲ 


IU. よ 


砂つ 


H げ 
r\ つ 


cl 


4)- 




す 


し 


)^、 


後 g 


斯 


玄-は 
难る 


口 め 

ti^ し 


ば 




V/-V 




)> 
ic 








ら 




叔を 




< 


It 




m か 


Qir も 

EJl で 


A 

9 


ほた 


1 J お 


甘 そ 


眠 S な 


ひ 

入 さ 


父ち 


從& て 


笑な 


パヌヽ 
の 


れ 

織! 

^it じ 


に 


【c 






统ゑ 
夭 


3 ヌ よ 


* 

9 




チヨし 
扱ぶ 


が 


口 う 


そ 

の 


へ 


柳き 




吞る 




古 


ひ 


□ じ 
P つ 


に 


ヾ 




死し 
後な 


土 い 
犬 ふ 


-、 虫 を 

iut が 

Ha ら 


る 






まも, や 
相 


z よ 






, よ 


f • 


"S* つ 


i 





もま 5 




+ こ 


ホ 


i, 、 
マ 


A 

9 


mh 




七く 




» 丄 

け 


し 


故 じ 


の 


1 こ 


y 1 


彼 か 


なケ 
平 


、ノ 
✓ 


;ほ ふ 
週 さ 




b 


q じ 
H つ 


o 


XU 


9 




敏ゃ 




依 y 




の 


a み 
兄 


•0 


»^ は 
田 し 


か 


/L 


な 


1 トビ 

JLL い、 


おか 




彼 




n 




"ir み 


m 


し 


餘か 
帥 ざ 
、0) 


•ft ヽ 


の 


经た 
构 


A 
V 


め 
り 


((に 




の 






■to さ 
相き 


□ か 






if? を 


ら 


な 


の 


se 




おこ 
Jtt の 




C3 め 


f6 を 
旧 


一 い 


£g ケ 
きく 


rr\ 
vj 


の 


f 1 


一い 
右お 

繊せ 


ォ 4 


Hi© 


I ん 


呔 




VA 




^ <* 

ろ 


4ft ば 




さ 


仏の 
伎ち 


柿 1 


—ふ 
一た 


C 


' '蟲べ 


Y 1 


^&む 


|p 






な 






れ 




の 


、、> 

y 


ォ 
ち 


vj 


お 


き 

し 


W 


港み 
追お 




る 


い 


【こ 


あ 




樹き 


二 み 


) > ん 


そ 


場け 


ら 

す 


く 


(7\ 
レノ 






ml 

子 こ 


て 


マ を 




多 s 


, 


、、ク 
ノ 


曰 め 


y 爲、、 、 
] [突ろ 


仏 L 
ヒき 




言き 






A 

9 


れ 




< 


ど 


ひヽ 


mis 
あ 


丄おぁ 
少る 


fci の 

ど 




ざ 
さ 


お 






か 




る 


今よ 


のく 


め 




《 


だ 


蹈か 
闲 


卩 J 


/し 




タ 




おい 
4 くへ 


甘 ゑ 

の 


Z 








£r あ 


ゲ 
Q 


ん 


t こ 


憐ん 




す J ち 


ゲ 




チ, 

r 


淑 よ 

3c. く 


い, も 

以っ 


渾を 


葬? 


b 


t 
\ 


•i な う 


【'こ 




な 


の 


池け 








a じ 
p つ 




ぺ 


者 k 




き 


■X 乙 
ナ 


は 




る 


ミ嗇こ 

退り 


し 






ズ 


(A . 






に 


暫 ife 






ら 


J hi ね 
少ど 


M を 
1^ し 


V. 


ほ& 




れ 


7C ほ 


争 上 






し 


る 


豕へ 


1- よ 
丄 




•A" め 


f 

し 




の 
レノ 




ん 


か 




等ら 




見み 


脊み 
貝 


に 


化 


T} ゝ 


ム 

^ど 
m 


C 


めよ 
ホ 


愁っ 
W か 










の 


見み 




ム 

ど 


お 

-1 ど 


さ 


Z よ 


お 


f , 


A レ 




田 お 

Ay 、も 


PPf> 


し 


m 




間 ま 


き? J み 


"s-fc を 
PM 


= ^き 
学 




は 


/A 


银む 
HiR ち- 


ち 




CA 


>> t 

I'C 


< 


議 2 


ら 


に 


め 




絲せ 
1卩 つ 


まほ あ 
别さ 


z 

ん 




あ 




け 


H ひ 


5^ 、& 


に 


れ 




し 


ん 


ク 


P ひ 
P 




取 


笔ゃ 
有く 


b 




れ 




みし 


關き 


サ 


が 




ハ 


rf\ 
vj 


め 


、 


ら 


1 

/L 




ば 


h 


を 


1> か 












© "^か 
影げ 


は 


古 
> 


し 


K 






A 


載の 


し 




も 

景け 


今 k« 


口 n 
ハ g 


A 


狭た 

あ、 、 

ぉゝ 


o 




さ 






令よ 


し 


せ 


k 


らぶ 


は 


敏を 
WB, 


【こ 




れ 


ま 乙 
B ど 


け 

7 






H) 




m れ 


色き 


甚ゎ 
'も P 

葉ば 




さ 


? 
\ 




%h じ 


: ^ば 


0^ 




此き 






て 




の 


み 








1^ 
t. 


t 






m 


flB あ 
明 


—ふ 


ふ 


b 


髮か 


の 


Z 




もお 5 




"M か 


ひ 1 も 


つ 




It 


a も 
o 


月? 


—た 
~ 'つ 


き 


は 


芽め 


aj» 、や 




ケ 




に 

\ 、 


て 


Y\ 








目め 


月? 


れ 




IT 




香 か 




し 




見み 




さ 


を 


は 


m 


し 


る 


る 




高 




て 


最も 


合 あ 




嬉; 


は 




玆ミ 




事き 


程 g 


b か 


く; 






早' 1 
銃? 


は 




れ 


引! 
續? 


ふ、 や 


は 


甘 そ 

の 


X 


さ 


に、 


獵 り 


警々 
i 薪 ひ 




百め 


す 




し 


に 5 


曰 ひ 


跡き 




て 




の 


の を 




黑 g 


獵 £ 


る 




さ 


< 


歸か 




目め 


知 L 




間 ま 


爲た 


鳴 t 




に 


の 






田お 
リぱ 、も 


不ふ 


へ 




n 


ら 




も 


め 


昔ね 




向!^ 


期き 


好よ 






幸 t 


れ 


せ 


m 


す 


陽 言 


な 


に 


t 




てつ 






峰 








曰 s 


少 f 
女! 


お 


< 


わ 


率 ひ 








け 




書 k 




左 さ 


力 > 


復ナ 


彼 か 


ら 


さ 




k 


ケ 


れ 






信え 


nffi> 


れ 


の 



銃 m ニニ 六 

— IIIITTI.T311Ta a= ll = IMII B I r 一 III = ■■ 漏 画麗画 I— = ー1 ー | = | 瞧 醞 ■— ■ == ■_ -= 匪 II 一 圍|| 1 1—5—83-385|—771——-—ー|—函3-___-§1-—ー圍 == |麗 |ー=| | = |ー 5 | = 麵ー|=|疆 ||1| =5 一 麗_— = ー | 1 1 =5= 一 ■ IIIII 誦 =-|| 層 ■■ 麗顯冒 |||_|||画國1ー 1— 1 1 丽 國ー 匪 ■ ■=■■ 

5 へ • い か も、 い れんかん おこ さら あゆみ を、 あや たし ふたつき まへ こ ゲ ふ S 

が上ハ 如何にな.^、 坐 k: に聯烕 お起して、 更に 步を進 ひる は、 怪しき かな 確か さ 一月 前 去年の 冬まで n 

や いっか おどめ ほそ て ひど さゝ あばら や いま どかた きへ う かげ み おは 

病める 一 家 を、 少女の 細き 手 一 つ に 支へ し 敗 家. Q.O しに、 今 ハ 跡形 もな う 消失せ て 影 だに なく、 見覺ぇ 

ズ ゆん てん わ だ ひょ^り こ ゑ たか . 

わる 南天の 枝に、 鵜の 聲 のみ 高し。 

上 M うせん じ L つ ち、 か かれん せ 5 ち か や ふし あはせ は、 か せんしん ふ を い ら 5 じん かれら つ ひ 

余ハ 茫然自失せ. <>、 t 尸 彼の 可憐なる 少女、 彼の 病める 不幸なる 母、 彼の 全身 不隨 意の 老人、 彼等 ハ 終に 

*^ ん もま かれら た .ゥ ろ しの か あばら や i6 に ゆめ ゆめ かかれん 

何 <kJ かしつる、 抑 亦た; gg: が爲 めに 雨露 を 凌げる 彼の 破屋 ハ何 £ かしつる、 夢 か 夢に あらす、 彼の 可憐 

せう^ 上、 か やさ ちい こど は , い ま ほこ、 ろ きざ かふ かう や は ゝかを こど は 

なる 少女が 語. <=> し 優しき 爱 らしき 言の葉 は、 今尙 心に 刻め. o、 彼の 不幸 4 &る 病める 毋の 悲しき 言の S ハ、 

ぃま^$,ほみゝ のこ げん げん か せう.^ 上 あた e ゆく し あお S ま j6 ほした .S か お ひど 

今尙 耳に 殘れ 5、 幻 か 幻に あら 卞、 彼の 少女が 與 へたる 熟柿の 咏ハ、 今尙 舌に 覺ぇ あ, OS 、彼の 老いた る 人 

たも こど いま を ほ わが 5 で おゆ あ、 ゆめ げん これら じ 、い つ わ t5 し ぁひども,^> わが 

を 助けし 事 は、 今尙我 腕に 覺ぇ ぁウ、 g:】 夢に あらや 幻に あらす、 是 等の 事實ハ 我れ k 終始 相 俘へ る、 我 

このさい あ. S れふ. * しう さい s- やう し 上う にん たし L か いへ か ひど つ ひ を:: i 

此 最愛の 獵銃 こも、 最良 4f9 る證人 ^して 確かむ る なれ、 知ら 中 彼の 家、 彼の 人々 ハ 終に 何で」 かしつる、 

よ か おも ぼ-. T- せん ゆめ &ど げん &ど さか ひ たちつ 

余ハ 期く 思; 5 ながら も、 惘然 さして 夢の 如く 幻の 如き 境 に 立盡 くせ 00 

L ばら のち > »^ やう や わ か いつ かこ、 たちつく た 5 ていこの ざ わく ひょうかい 

暫くの 後、 余 は 漸くに して 我れ に歸へ 4、 何時まで 期く 此 所に 立盡 さん も、 到底 此疑感 を 水 解すべく も 

L さ. S しょせ うちよ けいれき き か ゆ 5 てんじ もん せん ちゃ てん た、 ふた ゝ か を 515, か l-i-J つ 

わらす、 如かす 最初 少女が 經歷を M きたる、 彼の 祐夭 寺の 門前なる 茶店お 叩いて、 ffi び 彼の 老媼の 解説 

わ つら ► ゅづ > おも ひか しつ y5 た を、 あ. J ひ か ちゃ てん いな み 

を 煩 はさんに (さ、 ぎ かに 思 返へ して、 ャガテ 失望の 爲 めに 進まぬ 足を曳 き、 彼の 茶店に 至, CMB- るに、 

こゝ こ ケ み を り か さけ 55,、 ふで ふ ど L .J やう じ かんばん をう 1& ひど わんば た ひ むき 

玆は 去年兑 し 折に 變はら す、 めし 酒 S 斜めに 筆太く 記る したる 障子 を S 版 さし、 老 媼は獨 ゥ橡 端の 日光 

あた、 ど ころ ざ ぬひ もの よ ねん 

暖かなる 處に 坐して、 縫物に 餘や I なき さまな ウ。 



X い む^あ きょねん たいそうせ わ い : ての かたへ こしう かれ & がね 、にし 

余ハ ッ ト入.0'て、『老!|さん去年$:大層^\^5になゥたね』、<^云ひっゝ其傍に腰打ちかくれは、 彼 ハ服鏡 越 

X かま をが を やう や たも ひいだ まろ £v- :>」 を みま を 

は 余" か貌 つく J (-膨 め居ゥ しが、 漸く 思 出し けん、 轉ぶ 如く 飛び 下ゥ て、 『ォ 、、 ジィか 見 をれ ゆし まし 

5^ ん., か さま そいつ 1* ん この; b ら か、 つ /- む をめ うめ:^. ゥ こど く 

た、 旦那 樣はナ です ね、 ァノ 夫れ 何時 どや ァノ 何でした ァ ノ此: s: の 孝子 娘、 お 栴坊の 事を委 はし 

くつ だ んを さま い あれ あ こ ど ふし あはせ め あ 

くか尋ね.|^^すッた旦^樣で入らッしゃぃますね、 彼 もね ュ、 彼の 娘 も マ ァ 飛んだ 不幸な 目に 逢 ひまして 

い あは ちゃ く よ おし どい 上 じつ かう /\ む をめ こど つい ち き 

ねュ 、』 さ 云; 5 つ ゝ忙て ゝ茶を 汲まん^ する を、 余 は 推 止めて、 余 『實 はァ ノ 孝子 娘の 事に 就て、 些ざ M 

こど け ふ わざ., i\- き A3 ん いま >J ほ み あ を こ うち 50 りつぶ ゐ 

きた S 事が あって、. 今日は 態々 來 たの だが、 何 だね、 今 通って 見 ゥ や ァ彼處 の 家 も 破 壌し H なって る 

«J こ は ひさ、 ゥっ を、 フを X おし ど i< きこ かほ しぶちゃ. S つ 

やう だが、 十 11 力 ュ何處 かへ 俄かに 引移ゥ でもした のか ュ』 老媼は 余が 推 止めし も閻 えぬ 顔に、 ffi 茶 一 

! H いく だ をう を い へ ち kW=! ひっこ :5」 ころ &ざ じつ は まお y ォみだ たね 

が 汲んで 出し、 老媼 『否、 貴 郞移轉 す 所 ぢゃァ 御座 いません、 寶にか 話し ゆす も 涙の 種、 貴 かう なん 

かた いだ どころ よ 

で/ U さいます よ』 さ、 語-^ 出せし 所に 依れば 

^ ら. ゥ じん こケ くれ び や 5 ゆつ は、 ひど またいた かんき さ IS み に は ようたいお ゆ 、ゥめ こ ♦ 

彼の 老人 は 去年の 暮 は痫沒 し、 母なる 人 も 亦 甚く 寒 氣に障 6 し £ 見え、 俄か は容體 重 も, 行き 梅 子 か 

4j いしんせ い、 み こ かんび やう その か ひ つ ひ こどし はるか たびい つ ひど さ,, V ,ゥめ こ . 

誠心誠意、 身 を 粉に しての 看病 も 其 甲斐な く、 終に 今年の 春 返 へらぬ 旅路の 人 さなれ,..^, 左れ は 栴子か 

ひたんし、 ゥ しゃう じつ こどば つ がた ばか f や きんりん ひど- i\> た >t i のべの め; rf P • , 

悲嘆 愁傷 實に言 葉に も盡 くし 難き wo、 漸く k して 近隣の 人々 の 助けに 依 6 て、 埋葬た け n 濟 ませし も 

フづ せう ちょ み た 3:- ひビり たお.^ は, お」 むら おもた ひ 30,,::-- 上 

の、、 僅かに 十四 や 十五の 少女の 身 はて、 唯 一 人に て 立 行くべき 箬 もなければ、 衬の 重立ち 4^ るス々 寄 

あ こんい c.^ £ しぶへ ど かく しか ねんれい ひど 、りめ こ SG- ネこ むこ- • ん 

合; 3 たる 末、 まだ 婚姻す る 年 船で ハ なけれ^、 兎も角も 然るべき 年齡の 人を栴 子が 入 * もして、 彥兵衞 

ちビめ さ 5 ケく L さう だんい つけつ そのむ ね うめこ つ きこ うめこ ,;^ ら r!: い 5 

が 跡目 を相鑌 せし むる に 如かす さ、 商議 一 决 して、 其 旨. ^梅 子に 吿げ 開え しに、 栴子は 頭 を 左右 は拫り 

I ^獵 . 1111 七 . 

一 . 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^ 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 



I 统 r 三 八 

しょうち わたし ビ つ ひ^り ゐ も ひど;^ ゐ こど で き わたし この むら る 

て、 中々 は 承知せ す、 妾 n 何時までも 獨で 居ます、 若し 獨で 居る 事が S3 來 ません なら、 妾 は 此衬に は 居 

きフ. i りこ ど わ をん ビ さど しょうち いま むら ひど- <^ 6 あま ゐ を 《- 

ません さ、 斷然 謝絶 ゥて、 何 £ 云 ゥ て 諭しても 承知せ. ず、 今 はおの 人々 も ほ. W く 持て 餘 して S る 折 

ふ. ども この ひら & も り し ひこべ :*J じつ おどう ど あた f い ズ ゆら を もの たづ き 、つめ 

から、 不阖素 € 此衬に 居た 者で、 死んだ 逢 兵 衞の實 の 弟 儀る、 儀 八 € 云 ふ 破 落 摸が 尋ねて 來 て、 梅 は 

わたし め ひ たやち おふくろ ia> く を ぁビ この を ち ひきう せわ みち あに ひこべ も , し 

私の 姪です から、 爺 や 母 が. D つた 跡 は、 此 伯父が 引受けて 世話す るの か 道です、 笆 兄の 彥兵衞 か 死ん 

どき そのた やち L どき あ; ii 上め f> どき -ビ みま こ $ 15- か い ► けつ 

だ 時 も、 其 老父が 死んだ 時 も、 嫂が 死んだ 時に も、 ツイ 一度 も 見舞 ひ はも 來 なか CN た 奴 か 中. ^入う、 結 

きょく むら ひど-:: \» しんぜつ 5 ちけ ひこべ どき ゎづ もちこ だ か い へ 、ゥ Q はら いま ちょら、 ゥ 5 

局 村の 人々 の 心 切 を 打消して、 彥兵衞 の 時から 僅か は持堪 へた 彼の 家 も賣怫 ひ、 今に 女郞 でも 賣られ 

むら もの い こどぶ み、 ゆ こど こば うめこ ひ&.^^ この むら たおさ 

る だら うさ、 衬 の 者が 云 ふた 言葉 を 耳に して、 行く 事 を 拒みし 梅 子をム リャリ kH? 措ゥ て此衬 を.?^ i 去- ^ 

しゃ わつ を 一な い ま ひどつ きば か S- まへ こど 

し ハ、 正月の 末 旬、 今よ. 1 月 W 前の 事 て あ. しさ か。 

かかた を か を 5 を よ かほ 5 ちま も it- 5 おも をん も あ * &た こど 

期く語ゥ了は.<.^ て 彼の 老媼 は、 余、 が 貌ゥく /^熟視 6、 『左檨 思 へ ば 何だか 若し や 貴郞の 事ぢゃ ァ あ 6 ま 

r しば かしら かたぶ を ゃゝ ふた、 をん むら ひどた ち よりあ ひ 

せんか』 さ、 云; 3 り 、暫し 頭 を 傾け 居. < ^しが、 稍々 あ <y て s び 『ァノ 何です 、村の 人達が 寄 合 をつ けて、 

うめば 5 -..y むこ こど は * & ど 2 あの こ わたし あに しんせつ てつば 5 ゝち ゐ その ひど 

お 梅坊に 入婿の 事お 話し まし 4^ 時 も、 * 彼 子 は 妾に は 兄の やうな 心 切な 銑獵 者さん が 居ます から、 其 人に 

さう だん よ いつ いりむこ ん それまで せ ひ ひど w たく だ いは 

商議して 好 S さ 云たら、 入婿で も 何でもし ますが、 夫 迄 は 是非 獨で ft いて 下さい S 云 ひ 張. y ましたが、 

をち つ ゆ どき も か, つく f てつば f ゝち き わたし ゆくさき きつ ど し 

叔父に 伴れ られて 行く 時 はも、 若し 期々 の裝 した 銃獵 者さん が來 たなら、 妾が 行 先 を 屹度 敎 へて やつ 

くだ きつ ど { い くた び い のこ ゆ も をのて つば 5 ゝち い ぁ*^.^ こど 

て 下さい、 屹度々々 € 幾 回 も 云; 3 遺して 行きました が、 若し や 其銃獵 者さん さ 云 ふの $:、 貴郞の 事お や 

&ざ 上 ^^- く ものがた!:? いっさい *^ たが やくさん ど しか ^うじ ひ 

ァ物 座い ますまい か』、 余ハ老 媼が委 はしき 物語に、 一 切の 疑 ひ釋然 さして 解けた 6、 而 して 同時に 悲愁 



い むし ひじ や 5 く &ん かん ぁゝふ かち か こど もの 3 よ じつ かれ いっしん 

さ 云 はんよ ゥハ、 寧 一, C 非常に 苦悶お 威 卜た 6、 t5 不幸 彼れ、 が 如き 者 叉た 世.^ あるべき か、 實は 彼が 一 身 

いっさ. S さんび じ、,. つ もつ かたお-つく こど をのし うし よ わ, i- こど X もつ てんがいち かくた ビぃ つ 

c、 一 切 酸鼻の 事實を £S て 形造られ たる ものな. o、 殊に 其 終始 余 を 忘れ^る 事、 余 を て 天涯 地 角 只 一 

たの もの- み ど こど じつ もつ ど つよ X かんかく つきう £ X z.y をみ だ わざ あくむ 

の賴 ひべき 者^ 認 むる 事 * 實に 尤も 强く 余が 威覺を 衝動 かせり、 余 n 坐ろ.^ さしぐ む 涙 を 態 S 欠伸に ま 

よ も おれこ ど 1* ん わか ど かく じつ か あ. S さ 5 は をし そのつ 一 

ぎら して、 余 『夫. ゃァ吾 儕の 事 だか 何だか 分らな いが、 兎に角 實 に可哀 的な 話、 リ. ^ テ其 俘れ られて 

C- さきい いったい こ は f をう を をのち, - ちい やつい ほ y S ち 

行った 先 云 ふの は.、 一 體マ ァ何處 の 方 だ ュ、』 老媪 『ナゾ デモ 其 叔父 さ 云 ふ 奴の 云 ふの はは、 堀の rsr た 

^云 ひました け^も、 ド, -せ& 5 漠の云 ふ 乙 さです から、 當.^ はな..^ ますまい』 

X か せう や J よ くわん いっさい は をし き、 を の を S- を いへ t かぎ ふく わ い しつば 5 いん 

余 n 彼の 少女に 關 する 一 切の 話 を閬了 はりて 後ち、 老媼が 家 を辭 し、 限ゥ なき K. 快^ 失望 さ を 抱 いて 

この ひ た.:' わがや かへ 

此日 ハ 直ち k 我家 は歸れ 

よこ のち い くた び ひど 5 め こ ゆく へ ほり i わたり たづ ► しか-. た * - て;^、, 1> . ^ 

余 は是れ よ. 後、 幾度 か 人 をして 梅 子が 行方 を 堀の 內の邊 に 尋ねし めた. <y 然れ. ^も 絶えて 手 係た も 聞 

よ またい くた び ひ S れふ たく ほ y i わたり たづ もど しか つ ひ を P ゆく ( S y \ 

えす、 余 も 亦 幾度 か 銃獵に 託して 堀の 内の 邊を 尋ね 求めぬ、 然れ^ も 終に 其 行方 を 知る に 由な カウき 

X ね も こ まった を の を ち もの や しん その ゆく へ くらま さう ゐ いたま > \ 

余 は 思へ 6、 是れ 全く 其 叔父なる 者に 野心 あ. て、 其 行方 を 韜晦せ しに 相違な かるべし、 憚し き 力な ォ 

か. T か こど もの この 5 へ ま まがつ み つき まつ ち、 てんだ 5 せ ひ k ► ゆん > , ふ i \ ,び 化 -^, r 

幸 被れが 如き 者;^ して、 此上 k も 亦た 災禍の 纒着 はる はや、 嬉 天道 は 是か非か 何 すれ AJ 彼れ か 如き 孝 

ちょ わざ わ ひ は を は 2 よ か おも む K び ひ くら W.! ヒ じうれ ふき げん 3 ,レ、 

女 炎す るの 酷し き や、 余 は 期く 思ひゥ CNS しく 日 を 消す 程に、 四月 十五 日の 銃獵 期限 はいつ し 力 過ぎ 

さ わかば かくれ ほど、 ぎュ」 1^ くね も ころ 々わんら いよ つね じ 5 れ ふき げん お おこな y 

去ゥ て、 新綠陰 裏に 杜鵑、 鳴 音お 漏らす 頃 さはな 6 はき、 元 來余は 常に 銃獵 期限に 於け る 怠慢 を 五月 

いた げっかん べんれい おい くわい ふく こど しんち 5 き てい を もつ この どし ま このた^せ つ 

ょゥ 九月に 到る 五ケ 月間の 勉勵に 於て 回復す る 事に、 心中 規定し 居れる を 以て、 此年も 亦た 此 大切なる 

銑 幾 一 m 九 



*i 



一四 Q l-m 

デ つか," つ ,、一 せ、 ,い, きんく, -1 } おく たも さ 上 い ま み 力 く 力-, く. J- てし ♦a 7 

五ケ 月間 は、 務めて 精 勵勸勉 は 日 AJS らん もの S 思へ. o、 左れ. §J 余が 今の 身 は、 學 校の 科 程 は旣は 一 昨年 

はる もつ ら つげ ふ かけい じ や 5 こど いっさい を ぱ てた くた きらく みの 5 へ ^-^^UR.W^^. ,レ; 

の 春お 以て 卒業し、 家計 上の 事 は 一 切 伯母の 手に 託し 置く 氣樂 なる 身上に て あ 6 けれ は 精勵, 刻苦^ 云 

そのじつ ぜ けん ふ ?フ i- いれいく、 ひね も を この ふみ ひも" 1 ある た ほつ か みづか せ;.. せつ , つく \ あ 7j 

ふ も、 其實 世間 普通の 精勵 刻苦に わらす、 終日 好める 書 を繙 き、 Istt 覺 束な くも 自ら 小説 を 作 6 

じ に かん こど & も ひ -0! で 5 つ しんぶん ど S ある した ど がき おど ぎ ろん *! ビか くぺる I 

時事に 烕卞る 事 われば、 思想 を 筆に 寫 して 新 閱に投 卜、 或は 親しき 友人 を 昔 づれて 議論 を鬪 はす 位の 事 

よ そ > むし き らく き やうが い ベ た 5- じられ ふき げん は、 ついつ ひ い く ふん ? わ 力 や 

はて、 他よ. 見た らんに は、 寧ろ 氣樂 なる 境涯なる 可く、 唯銃獵 期限の 放逸なる に 比して、 幾分 力 我家 

ど "二 こど;!; ま A e 上 ei, か 、にど き やうが い おい こどし きセ . じつげつ パ 

k 閉 籠る 事 多し §KK は 過ぎす.、 余 《 乃ち 斯 くの 如き 境涯に 於て、 今年 も 九月の 來 るまで は 日月 を&ら 

たも さ よ らいしゅん もつ お. X' ベい がく ビ の ほ かね こ、 ろが ま 1 •% 乂 し 

ん もの.^ 思へ るな き、 左れ-^ 余 は 來春を 以て、 歐米留 學の途 に. H らん 豫 ての 心 構へ な.^ けれ は 此. 

べんれい き ヂん れい?? ん ひ む. し しん べんれい ちか かた た ほ わが ひ ま どち こも ; 5J く乂上 ざ,^ ま ひ 

の 勉勵の 期限 は、 阅 年に 比すれば 寧.. C 眞の勉 » に 近き 方に て、 多く は 我 一 室に 閉 籠りて 讒書 三昧に 日 

くら こどお ほ 

を 消す 事 多 か 6 し 

つきひ み-つ をが はや S- 上く いんふ か 50 ころ らう わ 5 こも き き 0. ふ & どかん P ' V ) - > ^ 

月日の 水の 琉る \ は疾 し、 綠陰 深き 處、 老鶯の 聲を閬 きし は、 昨日の 如く 威 せら 一る、 間に S つし 力お 

i んは 5 らん げ5 てん しも わた:: Js- こ >;,,: かな あき を は ふゆ はじ きた こ -ゎカ ど 4 き や 5 お, 

葉 峯巒曉 夭の 霜に、 渡 鳥の 聲喧 びす しき 秋の 終..^ 冬の 始めは 來れ 6、 『九月 十五 日』 是 れ我柬 於け る 

じ o れふき f ん at め ひ よ こ、 ろ きざ わ を ひ 上 この ひ ぶ さ 5 の はいく わい れ 5- is- いまこの ふゆ 

统激 期限の s^* の 日、 余が 心に 刻みて 忘れさる の 日、 余 は此 日よ 武 相の 野 を 徘徊し、 例に 依て 今此冬 

はじ わがや あこ ど ほど ま よ こビ し,.^ t め 々ろ むら きんば 5 はいく わい こど しば, i\ ほ y 

の 始めまで、 我家に 在る 事 は 殆ん^ 稀れ なう し、 余 は 殊に 愿々 目 黑衬の 近傍 を 徘徊せ ゥ、 殊に 展々 堀の 

5 ち I ば-り はいく わい かたはら か せら ゃクょ せ, つ そく さ ,た > 

內の 近傍 を 徘徊せ ゥ、 傍 彼の 少女の 消息お 閱 かんが 爲 めに。 

ヂじ, まく^6..r^じ,e'りん たけ さけ らく. £3 ふ,, i- ら くる あるひ ゆ. *.-.;>れ こど よ たまが はせ た わたり あさ 

十 一 月の 末 旬、 北風 樹林に 吼 6 叫びて、 落葉 S に S ふ 或 日の 夕暮の 事な ゥき、 余 は 玉 川 瀨田邊 まで 獵ゥ 



リ, i : 、 e- A ,ォ ち >JS SVK -p- ゆ かせ さほ K かばいろ li. や. L ;.. ! 

15 しまる さ、 ^i'.t て .ys み 迷 ひけん、 佇 け^も 行け.^ も 風の 叫び 幾げ しき 樺色の 林 はして、 絶え 

. ケ. 6 t 2 fe じんか どころ いた ま さぶ ひ ゆ ふ々 れ をら ► たい. &っ ひ 5^ 

てな ^li えの 1 に 出です、 亦た 絶えて 人家 ある 所に 至ら 卞、 况 して 寒き 日の 夕 暮の習 ひもて 唯一 の 人に 

き & いま ひた をら こ、 ろ あは みぎ ひだり あゆ か じん 力 力た い あせ I > け ぺ 

すら 〔仃 逢 はす、 今 は 只管 心忙 てつ、、 右に S に步 みを變 へて、 人家 わる 方に 出 でん £s る ものから 益 

メー if まよ をの か ひ か どかう ま vf る せ かい や 5 や につく わ, つ ね やみ 

知らぬ m に &み迷 ふの みに て、 其 甲斐な し、 期くて 兎角す る 間に、 夜の 世界 は 漸く 日光 を 追 ふて 喑 

.A お, ま, f I も ま. し お ほ ケら をな ひか 《- はふ さぶ さ ひど,, ほみ こ、 お 上 さ- 力 

を t*7、 y、4 化々 t き 荒れて、 は 大空に 凄き 光 を 《 ち、 寒氣 さへ 一 入 身にしみ わたる 心地、 余 は .澝 石に 

? ら > 9^ 4 r.^y^A-t あゆみ 5 つ をり たち ま よ み、 たっし しゅ こ いつ が-つぐ い 力 

さへ さへ f ,れ 果て、 唯 茫然 さして 步を 移す 折し も、 忽ち 余が 耳 を 襲 ふ 二種の 聲、 一 は囂々 € して 怒 

2^ ムビ ク. rt こも いつ げんせん を か ベ &ど ほセ をる 一- こ SJ 上 おも み、 をば だ : 

6^ るが 如き; k き 強き 聲、 一 は嚴 然^して 犯す 可から さるが.^ き 細き 鋭き 聲、 余 は 思 はす 耳聳立 ゥれは 

...x ろぐ. まさ を どこ こも &ど げんせん まさ せ うぢよ こ ゑ ' ^ ) 

蠶々 たる もの は 正しく 男の 聲な るが 如く、 嚴然 たる もの ハ 正しく 少女の 聲な るか 如し。 

さち ま よ ま. ゥ 5- のま きた い つてん W もしび このば 5 く のべ ね た 5- いってん ど. PL び いっき いちい S いっき やう. S つく わい よ 

^ち 余が^ 裏に 上 6 求る 一 點の燈 火、 此 iiJ 々たる 野邊は 於け る 只 一 點の燈 火、 一 喜 一 憂 一驚 一 怪余は 

思 はす 眸を 凝せ. 

さら こ もどし かれ かや あは ひ いま その どもし び ひか 5- きた - かた を >. $ k まさ いつがん くさの や 

更に 木の下に 繁げ れる枯 茅の 間よ.^、 今 其燈^ の 光の 來れる 方 を 透かし 眺む るに 正しく 一 萌の 白屋ゎ 

どもし び ひか S- そのいへ やれ まビ も きた ひか o i ゎづ こ、 ろ し. つ 力 り-ち は I 、 • 

6 て、 燈 火の 光ハ其 家の 破 窓よ ゥ、 漏れ 來る 光に て あ. ゥ け- y、 余 は 僅かに 心 を 沈めて S| 路 Afl. は > や 

ヒも みち かれくさ あほ ひ たし わ や 、つや その ま:;」 ちか を、— よ かい.^ r< 、卞, -へ Ir \ 

さ 思 ひければ、 道な き枯 草の 間 を 押 分け、 獺く にして 其 窓 近く 進み 寄る に 彼の 怒れる は 益々^ y し 

ま そ i. や 3 や 、ゥ ちけ きこ 上 このさい そつ. じ みち ど い か、 い f . レ,、 , , 1ビ _ ど 

く、 ^き聲 は 漸く 打消されて 閱 えす、 余 は此際 卒爾に 道 問 はんも 如何 さ 思 ひければ f^,:J ひや 力に 窓の 下 

.fj ち、 二 やれめ きま しづ -っ ち や. ri.- 5 力に 

に 立 寄ゥ、 破目の 隙間より 靜 かに 中の 樣子を 窺へ ゥ 

銃獵 1 四 1 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^ f< {#»• • 



銃 lull^ 一 3 一 i 

この どきよ . がんてい ね い つし つ けいく わう みたり ひど かげ ぃ5 あん どもし び を か あいたい いつ いか いつ ダ^- 

此時 余が 服 底に 落つ る 一 室の 景光、 三 個の 人影、 幽暗なる 燈火を 中 jbi 相對 しつ、、 1 は 怒ゥ、 一 は 泣き、 

い, つ あざ , - じど さら ま *^ こ こら くし いつ ねんれい をん^^, いろ あ をし ろ ま を こ,: てる ビ は>^^たか 

1 は 嘲け るが 如くな 6、 更に 眼 を 凝して 熟視す るに、 一 は 年齢 三十 四 五の 女、 色:?? 曰く、 眼 尖く、 鼻隆 

あぶらけ あら ひがみ かる つか もど む を ひた ひ さ ぃ5 そく か 5. し い い や 5 か、? やく K しま 

く、 油氣 なき 洗髮 は、 輕く 束ねて 領邊に 結び、 額の 左 右に は、 即効 紙 e か 云へ る 異樣の 膏藥を 貼ゥ、 締 

くち こ や f じ もて あそ を にく ノ 1、 ひや、 ^;^み 6 ひばお を か この ふ じん あ-ひ いざ 

れる 口に は 小 楊枝 を 弄び、. 折 々情々 しげに 冷 かなる 笑お 漏らせ 6、 火鉢 を 中に 此 婦人^ 相對 坐す る は、 

ねんれい を どこ いろ あ nK/ ろ まゆ ふ ど ま を こつぶら くちけ た も めんね ほじ 3 35」 てら き ふリ し ま.;」. しょ 

年齢 四十 四 五の 男、 色錢黑 く、 盾 太く、 眼圓 に、 口 方に、 木綿 大 縞の 寬袍 お着て、 屢々 烟を 吹き、 叉廣 

>-\ しんち, ゥ きせる ひ ばち わ 5,ュ か た、 そのい か さいきょ くてん たつ はる W を ま ccv ら みん 

々真鍮の 煙管に、 火鉢 破る ゝ K.<>J ^叩く は、 其 怒う の 最極點 に 達せし にゃあらん、 遙か 離れて 卿 暗き 行 

SSi う も ど • つづく ま ていき ふ &ど たもて み よし ,つし ろ をが た をに あ"」 チズ 了 

澄の 下 蹲 <:> て、 涕 泣し つゝ わるが 如くなる は、 面 を視る ird 由なけれ^ も、 後 姿 何 ざな く 無心 さより 

さつ たどめ あ.、 かれ し か vfj し & また かれ $ げき い か 

察すれば、 まだ 十四 五の 少女に やわらん、 踏 ^ 彼 は 何お 悲んで a きつ、 ある や、 X 彼 は 何に 激して 怒ゥ 

また かれ たい あざ さいし よし よ い ま き ろ ど 

つ、 わるに や、 又 彼 は 何に 劉 して 嘲け, ゥゝ ある や、 1 切 知る に 由な きものから、 余 は 今 は 歸路を 問 

こどぶ い たいこの ふ 》1 J2 わんげ き けっきょく み さむ しの やれ まさ もど たちつく 

はん 言葉 も 出です、 唯此 不思議なる iS 劇の 結 を 見ん もの さ、 寒さ 忍んで 破 窓の 下に 立盡せ 6C 

まへ ゆっくり しかた $ー ,つ このが 5 じ や. ゥ こ しゃう ち もつ ど 

『か 前さん の やう ナ 温和した 所爲ぢ ゃァ、 如何して 此强 情な 娘が、 ハ ィさ 承知 をす る もの か于、 尙 1 M 

^ 5 ひ" - め あ -;, も ほ き これ か にく/,.、 >J しま ひ.? ゝ 

如何 か 酷い 目に 逢 はせ なけ ゥゃァ て も 温順に 間 き はしまい よ』 是 彼の 滑々 L げ なる 年 增が、 冷 かな 

あざけ 5 ち はつ こど..^ このこど^^ か たく § こ はげ わい いか あた ひ い み 

る 嘲 ゥの裡 よ 體 したる 言葉に て わ き、 此言葉 は 彼の 逞ま しき 男お 勵ま す;:: iffi て、 如何に 値, のる 意.^ 

い-つ る この こどば いま まった を は 5 お かれ そのみ y て もて きせる はっし ひ ばち ふち たゝ 

を も 有し 居た ゥ けん、 此害葉の未だ全く了ら^!/る中は、 彼 は 其 右の 手 持る 煙管に 發矢 € 火鉢の 端 を 叩 

かの を どめ ら ひどき はたか こも, J ^る:: fj こ ほ^いつ きか て めへ わか お 上 f 

き、 彼 少女 をハ ッ タで み、 一 層 高き 聲銳 く、 『是れ 程 云て M しても、 まだ 手前に ゃァ 解ら ねュ か、 女郞 



ひどく お い さん を ひビ め ぁ丄 こど おもつ る t ねん ねん ぢ. ゥ ねかい こ .ゥ まい もの た 

€ 1 口に 言 ゃァ、 如何に 酷い 目に 逢 事 かさ 思て g るか 知らね ュが、 年が年中 紹布 ぐるみ、 滋味 は喷 ベた 

たも, I ろ こど み んを い fx い し てめ、 ちょら f 5 

いほうたい 面白 S 事 は 見たい ほう だい、 如何に 好. S 商賈 だか 知れ ゃァ しチ、 マ 15- テ汝を 女郎 賣 るの 

て. め, へ つね ひ £ ろ だい, • し たも f- やち おふくろ はか! vi た く やう た いりめ かヒ た 

は, 汝が常 平生 大事に 思 ふ、 んだ爺 や 母 の、 墓塲を立てるさ供養をする爲めの入費を稼ぐ爲め;;:^ゃ 

> • くノ い, か 、り /\ ばか ほんどう か 5/\ め なろ ゐ 

ァチ ユカ 孝行々々 さ 云った ジて、 生きて る さきの 孝行 許. が、 眞の 孝行 ぢゃァ ねュ、 目黑に 居た さき 

* う/, 、む をめ い 5 f この を ち い L やうが いまん 50 う .£.5ノ<、 む をめ 

孝行 娘^ 云 はれた 乙^が 嬉れ しいさ 思 ふなら、 * 叔父の 云 ふやう にして、 生涯 眞 誠の 孝行 娘と 云 はれる 

き, 、,い か どし ま かほみ ち は い つし ゆい f あざけ t さら また か 

氣 1* ^な-^ さうな ものお が』、 さ 云 ひかけ て 彼の 年 增£ 顔 見合せ、 一種 異樣の 嘲り を 示め して、 更に 叉 彼の 

わどめ むか いや f へんた ふ だまつ & わか むか ふ し 

少女に 向; 5、 『サ ァ 否と か應 さか 返答し H:、 默て 居ち ゃァ 分ら! SM 、モウ 先方に も 話が して わるのお, から、 

いま こど わ ぎ り いや ぬか をの まゝ お こ、 ろ さた へんじ 

今 女な つて 斷ら れたァ 義理 ぢゃァ ね ユ、 否 ざ K しゃ ァ其 餚 にや ァ 置かね A から、 心 を 定めて 返辭 をし 

> ? この^~ど,化= き * ふ を > たち ま 5 たが おも I このお どめ か ,r め こ この あくかん く ふ 

K? い』、 余 は此 言葉 を M くが 否や、 忽ちに して 疑 ひ 思へ .0、 若し ゃ此 少女 は 彼の 梅 子に して、 此惡漠 毒婦 

k t, - を >ぢ -ぃ や 力ら かも はた. L か よ おから ク か おどめ 

は、 彼の 叔父 さか 云 ふ 奴等に は あらさるべき 歟、 若し 菜して 然 らんに は、 余 は カを盡 くして 彼の 少女 を 

をレ , ベ か , k さ おどめ はた こた おも を いき ころ ま, ヒ しゃう じ 

救 は さる 可ら す、 去る にても 少女 は 果して 何 さか 答 ふるに やな <Jj ゝ思; S ながら、 尙ほ 息を殺して 窓 障子 

やぶ うか、 い 

の 破れよ, 窺; 5 た 60 

おどめ やう や たもて あ しか S- ん せん こ ゑ も いや 4^5ん い つ ち 上ら 5 

少女 は 漸くに して 面お 上げた う、 而 して 凍然 たる 聲を 以て、 『否です、 何 亡 云ても 女郎なん どに 1^ るの は 

わたし め 々ろ か 5 ち ゐ ちょら. ゥ S ^ ^ 

ィャ です、 妾 は 目 黑に歸 へ., OS ます、 モウ 乙ん な 家に は 居ません、 :^ ヅ ナは女郞が好ぃものなら、 叔母 さ 

5 じつ だいたん たつ が 5 まん じつ ぶ ゑん S- 上 か &ど げき & はつ しか 

ん でもお 賣ん なさい』、 實に 大膽 は、 實 に豪慢 は、 實に 無遠慮に、 期く の 如き 激語お 發 した. <>、 然れ きも 

^ 1 四】 11. 



銃 爐 】 四 四 

そのこ V;- さ をが 5 おふる しか この こどば おどめ くち はつ さつ ^ * 1* I プ; Li! は i. つま &ん ひ, 1 を U . あ, 

其聲は 流石に 打 震へ 6、 而 して 此 言葉の 少女の 口よ ゥ發 する さ 同時に、 彼の 年增は 忽ち 額に 靑き筋 を 現 

はがみ み ふる しか また か を どこ こ い 5 つぶら ま, &こ い 上く つぶら てん 

はし、 ギリく さ切齒 をしながら 身お 震 はせ 4、 而 して 叉 彼の 男 は、 固有の 圓 なる 眼 を 愈 圓 にし、 夭 

せい いか かた い よい い か ひどこ ど はつ をん によ: JJ5 じ たちあが をん 1v_b ズ -b が きせる も を 50 こかたへ 

性の 怒れる 肩 を 愈よ 怒らし、 1 言 をも發 せ卞、 男女 同時 は 立 上れ 6、 女 は 長き 煙管 を 持ちつ ゝ、 男 は 傍 

かし ^5 ど !^」 うじ たちあが い ま せ うぢ 上 き 、ふそんば 5 うんめい よ おも こぶし にぎ 

にわ 6 し 樫の 棒 を取ゥ ゥ、、 同時に 立 上れ, 、『今や 少女が 危急 存. U の 運命』 余 は 思 はす 箏を 握れ ゥ。 

しゅんかん あくかん, Jb く ふ ま を じ e- つんざ かの ねビめ を か 5 を、 この. ん かん おどめ あん 5>ゥ ひきた ふ たち ほ 

瞬間、 惡漢 毒婦が 眸を 裂きて、 彼 少女 を 中 打たん さ 進む 此 瞬間、 少女 はズ パ ャ ク行燈 を 引 倒せ-. N、 忽 

ひど/! ri 5 ち こく あん,, 。、 し せき べん i ま 上 かげ ま!^.- 、ゥっ こど ねな よ あは • み ひ 

ち 一 室の 禪は 黑閽々 さして^ 尺を辨 せす、 今 は 余が 影の 窓に 映らん 事 を 恐れ、 余は忙 てな から 身 を 退き 

かれ か, 0- み か い へん をビ い f み がま を か S ザが ま 

て、 枯 茅の 蔭に 身 を隱 くし、 万 1 異變 おらば 跳ゥ 出で、 救 はんもの^、 身 構べ しゥゝ 透し 眺め 6、 間 も 

か をで くち は い おどめ かげつ r い あくかん く ふ も はやち は ひち か おひせ ま i や 5 i い ま 

なく 彼 かの 入口よ. 走せ 出づる 少女の 影、 績 S て 出づる 悪漢 毒婦、 最早 間近く 追 迫れる 模樣、 余 は 今 は 

いどま て も れ ふじう そら む が 5 せんいつば つた > -」 し ため はっぱう はた かれら ち 5 ちょ よ 

摺豫の 暇 もな く、 手に 持つ 獵銃 空に 向け、 轟然 一 發 刼の爲 めに 發 砲せ. o、 果して彼等《躊躇せ.=^、 余 は 

じ つ J- ま い つば 9 だれ い を どこ こ ゑ ろば- ケ さけ をん を かれら ちう ちょ な ね どめ 

得た. >と續ぃ て 叉た 一 lur た』 さ 云へ る 男の 聲 、『盗賊』 さ 叫ぶ 女の 聲、 彼等が 躊躇の 間に、 ハ ャ 少女 

かげ ど ほみ よも はや わ 5 み い だ たより わ .sly あは ち かや 5 お み ど 5 

の 影 は 遠く 見えす なれ. <^、 余 は 最早 要な し、 見出されて は便惡 るし 急ぎ 忙て、 千萱. の a に 身を投 卜、 

そ たビ. S つさん みち みち はし を ベ か おどめ は さ かた むかつ 

夫れ ょゥ唯 一 镦に 道な き 道 を 走れ-^、 成る 可く 彼の 少女の 走せ 去ゥ たる 方に 向て。 

か は こど y ばか s- たち ま か は 50 ころ い いま さ をが いきせ ま あしつ か いつば うつ がた ► か は 

期くて 走し る 事 1 里 許、 忽ち 川 ある 所に 出で た. o、 今 は 流石 k 息 迫ゥ足 勞れて 一 も 移し 難き ょゥ、 川 

ベ は」 て ざ し 5^ い き や を を w こつわん かえげ た ほうじ やら あら くろ ひど かげ X 

邊の 堤に ドッカ さ 坐し、 暫し息 を 休む る 折し も、 忽焉^ して 彼方の 橋 上に 現 はる、 黑き 人影、 余 tt モ ^> 

おどめ おも み しの あしお ビ ぬ き » しづ あゆ f つ そ を 

ャ 少女に はわら さる かさ 思 ひければ、 ャ、 カテ身 を 忍ばし 足音 を盜 すみ、 極めて 靜か 步みを 移して、 其 



銃 



敏 



四 
玉 



て 


が 


< ^よ 


て 


ま 


る 


如き 


1> 


直? 


^か 


lie* \ 


い 


正き 

>1 1 ■, さ 


出い 


方た 




推!; 


は 


お 




を 


< 


や 


ち 


< 


く 





し 


や 




測? 


簡 t 




俊? 


得 わ 






1 こ 

れ 


て 




L 


< 


た 


向お 

,ド J 


哪の 

或が 
た 


に 


短 2 


し 


雄な 


た 


互え' 


す 


< ^上 


遠 t ま 


か 


》 お V 




てつ 









さ 


/) 


み 




が 


は 


< 




女め 




進ミ 

Aw 、 


A 
') 


は 


曩 i 




ま 


し 


1 こ 




袂? 


令よ 




审ふ 


の 




み 


S を 


卞 










面? 


然"^ 

3"、 




が 


近? 


け 


姿 J 


し 


行 ゆ 


b 








'令よ 


ヒ 


をて 




握 さ 


足, 


し 


渡き 


、た 


て 


け 




曩 i 


の 




e=j] 

栴!) 




囊 S 






の 







然 力し, 


余よ 


b 


1 人 


彼 か 






る 


甘 


て 


て 


蓮', a 








が 






末つ 




子 こ 







今よ 


引き 


ぶ 




風 S 


如い 


走! ま 






の 


を 




ち、 


1 フ づ 




が 


止 ど 


だ 

導 し 






何 か 


せ 


マ 


倫 か 


白ミ 


吿っ 

口 




や 


時し' 


诱を 




め 


け 




い 


で 


進 t 




1^ ノ 


屋 2 


げ 

V ノ 




な 




お ゝ 


振 t 


n 


ii 









む 


十 


亞兮 
> お く 

ん 


に 


た 

/ し 




い 




L 


向む 


h 


忒 S 




L 


豫ょ 

'々> 


が 


ィ 


驚 


A 

ノ 




お、 


女め 


眺^ 


け 




早ま 




か 


す 


"パ 


母 く 


て 








は 


め 


A 

ノ 


然 カし' 


< 




止 や 


ぺ 




/し 


婦ふ 


危き 


而ぉ 

InJ か 




彼お 


極 || 






れ 


走' き 




み 


さ 




や 
に 


a\ 

*^ ノ 


難!: 


L 




も 


め 


ノ 


ifo お 


さ、 


る 




た 




1^ れ 


し 


おひ 


に 






愕ゲ 


て 




L 


も 


程'、 t 






余よ 


は 




迟ま 


逢 あ 


きか 




然? 


ス 


星? 


て 




1 こ 






も 


俄ば 


ェ 






も 




令よ 


び こ 


の 


令よ 


は 






覺ぉ 


亦 ま 


力 > 


』 


や 


し 


亦 ま 




も 


忙数 


Mt ひ 
"^か 


は 


叉 ま 


漸言 




ぼ 






暗 あ 

JC», 、 


も 




/に 




亦ず こ 
愕ゲ 


て 


はり 


力 
わ 




い 




し 


更意 


逃 t: 


是こ 




の 


^ の 










直? 


(こ 




< 


It 


ぐ 


れ 


れ 
4 レ 


は 


身み 




然ん: 


る 


め 


知し 


ち 


L 






扉 


る 


橋? 


> 




の 




^ う 

子し 


て 


ら 


11 


て 




四 


が 


上 や 




J^u の 


危き 




暗ミ 


微を 


ん 


个ょ 


彼 か 




望 f 


を 


郎 i 


の 5 


爭ど 


> む^ 

ノ C 


難え 




是こ 


は 


なか 


t 


が 


の 




閬ぎ 


皲こ 




人 g 




女め 


t 




れ 


て 




欲' ■! 


Si 


少き 




寂 S 


し 


走 は 


影 力ぶ' 


iSS き 
12S は 




mt 
にだ 




餅 




L 


L 


れ 


女め 




て 


せ 




め 


i*^u の 




お 






る 


に 




唯^^ 




出 だ 


6 


て 


檢ぉ 
子 こ 


咽? 




に 


然 1: 

"、、 ん 


ハ" w 


彼ず L 

v々 れ 




mi 
付つ 




聞き 


m 


せ 




危? 


ぶ 




て 




れ 

n レ 


,ぺ 


を ど 




< 




b 


し 


し$ 


* 、 






あ 


銃 さ 

ば 


さ 




iky 






も 


< 




た 






の 






も 


ft 




た 




の 


m 


星? 


る 


田お 
4\1j> も 


h 


中 1 




し 


獵 i 


B 龍 ほ' 


令よ 


へ 


b 




は 




の 


直き 


CA 


b 


U 






のち 


げろ 






余よ 
は 
追 g 
付つ 




兩も 


て 


光力 ひ, 


葉 【*' 


け 


し 


纽か 
P 口た 






旦ミ 


な 


知 L 






個り 


走 は 


1 ひ 


れ 


な 


れ 




是こ 


那を 


が 


ら 


同 f 




が 


せ 


透 を 


余よ 


ば 


b 






れ 


さ 


ら 


ん 


時し' 






出 


力 > 


は 










實ミ 


ま 


其き 






< 

が 
否 g 
や 




せ 


し 


思? 


鬼 ど 


令よ 


果 g 




It 




面 ォ《 


欲 'ま 


き 




b 


見み 


は 


も 


は 


L 




m 


菊! 

m 


をて 


す 


は 




问か 




る 


卞 


角力く' 


斯か 


て 




子 こ 


ど 


る 


逃 K 




< 


夜よ 




跳 § 


も 


< 


令よ 






さ 


む 


が 


げ 






は 







銃 擬 I 一 四 六 I 

一 ■ 一 5 醒 ニ ー I 匪 一 画 ■ 二 _ = I 一一 ■■ I I i 

じんりきしゃ £ ころ いそ ぉビめ <s しるべ あゆ 5 つ か 力た 力 を、 

人力車 ある 所まで 急ぐべし さて、 少女 を 道案內 さして 步みを 移せ ゥ, 且 ク語ゥ 且つ 進みつ、。 

,» おく. A れ かた ビ ころ 上 うめこ この わんかん おい 5»* はじ く. J ん かん きめ 々ろ 

道々 彼が 語る 所に 依れば、 梅 子は此 一 年間に 於て、 生れて 始めての 苦 辛を感 せし な 6、 目黑 にわう ける 

i ひ V- くるかん ど かくた 5 さい ころ そだ いつくしみ ふか は、 おや か f^, はら 

折 は、 貧 乙 を 苦しく も烕 せし ならん が、 兎に角 《《? 歲の 頃よ ゥ育 てられた る 慈愛 深き 母親の 傍 にある 事 

て 5 せき t さ 15>« さ くさ くお も はゝ おやし のお てゝ おや ざ. S せ をり 

なれば、 朝夕 慰めつ 慰められつ、 苦 も 左までの 苦さ 思 は ゥし もの、、 母親 死して 後 は 父親 在世の 折 

ゎづ り f さあ をち もど t こ その しんく ひ, so ゆた . ^ 

僅か 兩 三度 逢; S しま 、なる 叔父の 許 引取らる、 事 さな ゥしょ 其 辛苦 は 一 方 $ら す 叔 V 乂さ: SK< 

^ 5 t 5 へま そのつ ま い な しゅくあた り しゅくば よら 5 * J 

名のみ k て、 血統 ある はも あ. & ぬが 上に、 况 して 其 妻 も 云へ る は、 五 宿 邊の宿 塲女郞 わか して 

この 5 へ ばくれん a もの ふ 5 ふ ざやく々 5 こくたい さ をが わい びんく わつ ばつ 5 ま ^ ^ 

此上 も》 き 莫連な A>、 似た者 夫婦、 さも/^ の 虐遇酷 待 i^、 流石 銳 敏活 凝なる 櫥子 も、 1^ の袂 乾く 間 

を ち、 w.、 した まる. f ii ヤ りむら め々 ろ お、 は、 ぼ しょわたり さ 3 よ い こ 化 

もな く、 C きハ乂 ザの 慕 はし さは、 ^々世 田ダ谷 f 6 目黑 なる、 父母の 墓所 邊 まで 彷徨 ひ 出で し 事 も 幾 

度 さ 知れぬ 許- y、 此際 彼が 心の 悲しみの 喑に 於け る 一 點の 光ゥ さも 云 ふべき は、 只 余に 廻ゥ逢 はん^ 云 

ふ T の^ Si のみに て あ- > しさな ク、 ^る^に 今年の 夏よ 6、 叔ハ乂 失 婦は往 々其 本色 を 現 はして、 檢 子に 

向て 聞く も 汚 はしき、 娼妓 出 稼を勸 ひる 事 あ. <. 人 疾 くよ. y 賢き 心根に、 斯 くわるべし さ 思 ひ 居た る 事な 

れば、 いつも 儼然 さして 謝絕 する のみ、 受付け ん氣 色お も 見せ^る ものから、 時には 威力 を 以て a 力す 

こ 50 さ だいたん こゝろ おも か. &た もつ ^^h^> ^^^f - 

事す らお 6、 左れ 大膽 なる 心に はビク さも 思 はす、 彼方よ. OV 威 を 以て 迫る 時 は 此方 も 亦 威 をお て應 

か を 2 あざむ も か どき こ をた またお だ や しゃせつ つ ひ ふう £1 だ メカ ふ 5 へ 、 こよれ バ: お 

へ、 彼方よ 4 欺き 藤さん € する 時 は、 此方 も 亦 温和 かに 謝絶す るよ 6、 終ぶ 夫婦 談合の. H 今宵 彼の 如 

ざん きょ もヮ I さ 5 め こ さき 上 はつば 5 はか 5>&50 上 y わ づ,, p'yu,^ . 

き殘 忍なる * ぎ を て 、- ^れ るに 1?^ れる 4 & 6、 左れば 梅 子は曩 は 余が 體 砲の 謀計に 依て 僅かに 危急 は 



のが - たよ かたみ ,&ら せつば., f> ひ たん おも $ か け S じ や, r> どう. しん を 《- はか 

逃れし もの、、 賴る 方な き 身の 習; 3 さて、 絕望 悲嘆 は 思 ひ 迫ゥ、 彼の 撟 上よ. 投身 せん. せ t 折、 IS ら 

よ, た み ど けっき やく. S まこ/' さいく わ. S ど いた ぁゝか &ど ふ か 5 はくめい おどめ また 

す 余が 爲め 認められ、 結局 今 玆は再 會を遂 ぐる k 至れるな. き、 穩 彼れ が 如き 不幸 薄命の 少女、 ざ 

よ あ. 《 か &ど かう ぎ あつ おどめ またよ よか は * &し S いっく こど 

世に あるべき か、 鳴 呼 彼れ が 如き 孝義 厚き 少女、 叉 さ 世に あるべ-きか、 余 は 彼れ が 話の 一 語 一 句 毎に、 

そ あんる & きお . きん あた か こ だんわ あ ひだ げんち ゃゝ たつ Z , 

坐ろ 赌溟の 龍 ほし 來る を禁 する 能 は^ 6 き、 欺くて 此の 談話の 間 jiTS つし か 三 軒 茶屋 達し たれ は、 

こ、 かね たの しゃふ やど つ ひ くるま お を じ よ ふ わがや かへ つ 

玆 k て豫て 賴みゥ けなる 車夫 を 雇; 3、 終に 車 を 同う して 夜更けで 我家に 歸. < ^着け ゥ . 

よくて 5 よ おどめ かふぎ はくめい あは あま をば ひど だんか ふ で. SS- の もの か せた や むら 

翌朝 余 は 少女が 孝義 で」 蒲 命 さ を 憐れ ひの 餘. <>、 伯母なる 人に 談合して、 出入 者.^ して 彼の 世 田 ケ谷衬 な 

をち い あくかん も ど きん きん もた つ ひ これ ど しゃう らい わ. S きうし んケく くわん け. & た 

る 叔父 §K へる 惡漢の 許.^、 金 五十 金 を 齎らし や. o、 終に 之を說 かしめ で、 將來 永久 親族の 關係を 絶た 

こ うめこ をば. て ぁづ あ ちょが く かう つ 、ゥ がく こど てんせい さいく わた々 ひま 

しめ、 是れ よ. 栴子は 伯母の 手に 預けて、 威る 女: ttf 校に 通學 せし むる 事 さなせ しが、 夭 性の 才華類 稀れ 

の... んぱ い ちじ 4 & んびビ した ま ぉ&ろ この ぶん をゝ ゆ おんみ やう さ. & 

ド<、 其 進歩の 著る しき、 何人も 舌 を 捲いて 驚く ばか, c>、 此 分に" て 進み 行かば、 アツ。 < レ和郞 の 良妻な 

うお ゑ をば ひど よ らりゃ 5 はん せきめん たま こど L ば /(- 

一 .o<id て、 打 笑みな から 伯母^る 人の、 余 等 雨 人 をして 赤面せ しめ 玉 ふ 事 も屬々 な 6 け. CVO 

» その上く どし よ よき i を ばお よび うめこ はじ しん ケくほ じ • べいこく ど か 5 しか ど か 5 & よ 

其 翌年、 余は豫 期の 如く、 伯母 及 栴子を 始め、 親族 朋友に 辭 して、 米 國.! ^渡航せ 0、 而 して 渡航 後 は 余 

へいせ. S たし じ 5 れふ ほい いつ み がくじ よ くがくわん つ ひ はふり つ はかせ がく ゐ 

は 平生 嗜 める 銃獵 すら 廢 して、 一 は 身を舉 事に 寄せた. ければ、 苦學 三年 して、 終に 法律 博士の 學位 

ういた かよ このが くゐ わ ころ ほん &く を ば もど らい しん ♦iHJ^ は 5 め こ だい 

を 得る k 至. た 6 き、 斯くて 余が * 學位を 得た る 頃、 本國^ る 伯母の 許よ.^ 來信 あ. o、 乃ち 梅 子が 第 1 

f せいせき もつ かう ど 5 ちょが く か 5 そつげ ふ はう ち しか うめ. J Lx^f $J う ふ 5 おう 

等の 成績 を 55 て、 高等なる 女 學梭を 卒業 L たる 報知に て あ 6 き、 而 して 梅 子よ 4 の 書 默も同 中に.^ 6 

をの ぶんしゃう じ やう あつ い i やか その もんじ ゆうれい てんが こ .J ばくた く きた 

しが、 其 文章の 情 厚く して 意 濃 なる、 其 文字の 雄麗 にして 典雅 » る、 是れ まで 屡々 送ゥ 來れる ものに 

— ^I^^n^lajll^— P8inn_i3a8aisl_3ga5l,i,s,ea 11 = 一 -1---=5=-_ ー|| 一 1= 1 lll i 一 画 國 隱 I gs-i- さ isl s i ggJagesg - illii sMBIaimlBaB— — 8BmH^—H— — — 

銃 旗 1 四 七 

n n ^め 黼 



銃 



獵 



1 四 八 



しゅい ベ か 



はん 



すれば、 T 尉の ピ M て 6、 |i! に 余 して 再議の 後、 思 はす ふ ら^る i* がの ils を、 ^ 

めん もら かち ) 

面に 漏 さしひる の 價値ゎ 6 しな. OC 

, J - r;r MfuT-t. き は, X- よ につ. J つ ひ さい はる わが さいけい を ば わが さ. S あい おどめ 

Sli, れょ. が は、 ^齓ぁ の i 歷に 一 年餘の 日子 を 費やし、 二十 八 歳の 春、 我最 敬の 伯母、 我 最愛の 少女、 

しお いの^の, i に、 ys, き歸 きせ. -、 四 針い 船の ひ.^?, し^は は、 め 目に^^に 酽く者 一 も 珍ら しか 

^, こどよ き やうが く を .^ , ひど いた しお たま かひ を 

らさるは4^^きが¥にも、 殊に 余 をして ii 愕 せしめし もの は、 m 母なる 人の 甚く 年老い 玉; S しさ、 彼の^ 

<• つ たんれ. S わ s- しゃう いつ せつび ふ じん こど I 

びた る!! がの、 ぎ i& しか 端麗 高尙 なる 一 の 絡 美の 婦人 や-な 6L 事に どぁゥ ける C 

^くて^お の • よ 6、 が はでた i 艇舯酽 の W ざ..? > ぬ、 i して て 故^の S に屬々 例の 拙劣なる 技 

ン * 二り 一し よ む- ゥ ^ ひ れ ふふく ちゃく れ ふじ.. TN わた しか 

irrg ろむ る if はなう ぬ、 i れ^ も.! 年よ. -、 余に 向て 甲斐々々 しく 獵服を 着せし め、 獵统を 渡し、 而 

レ, -、 』 で C ゥ くし, d, 'ふか を =^ じつよ さいあい つま その & 5 め こ 

して 船 A こ. 5?!^ が U 贮 i る もの は、 鶴爱 潔き 伯^に は あらやして、 實に 余が 最愛の 妻、 其 名. は 梅 子。 




續 



.7.1 



松 居 十八 公子 翻案 

紅,: 葉,.:. 山—, 1. 人—— M, 



(其 1 ) 



S わ、 が £11 の 船 は i づきぬ。 わが 齦^ はこ の^せさら ぼひた る Si さ S は、 恐. C しき 『死』 の 手に 攫 ま 

おも つ fun じつ いで 

れ ひも、 想 ふに 1 週日 を 出 るべ し。 

3 は lisi の P き、 ii は f S さむ §、 S か. cfers- ベ、、 くこ 魟 世に 在るべき。 

ん じう おか , 

巳み なむ- (-、 わが 臨終 は 近づきぬ。 

ゎ,:^-^が土の^柱は蹶けたる時辰儀は恰も十時を措せゥ、 雪に やなら むさい ひし 下婢が 今朝の 言 S しから 

で、 |^^!!親^ぅな6ける船ょ.0、 1^ の 窓 さらく S 落葉なん^ に 掃 はる-^ 音して、 今 も猶庭 面の 核 

し 2? きた か f i( かも ものお ね どき こ まんち S は は, J, ro 

の}^^^^:^1&のゎたる折々、 微 けき 物の 落 ク る 音響の 閬 ゆれば、 満 地の 雪 は早寸 はも 餘ん ぬらむ" 

われ は iriK まれる、 鎖の1 く、 Si のきき、 sif P の霸、 £ の羅に i 

. ま ま みまも が ほ .& ち ご& かんど 5 ど も 

化て、 『死』 を待ゥ k も あら 卞、 待たぬ はも あらで、 耿々 さして われ を 瞻視貌 なる 一 穂の 寒 燈を俘 侶^し 

このよ さ ひど が ど じゃく まく ひど、 き あま y おく 

て、 此世を 去. りたら ひ 人の 如く、 寂寞 さして 1 時餘を ぬ 

? S の T 瞻に ^たる^ぎ はは、 數 ggi ぎ は 投げ, J みたる 石炭の 幾 塊 盡 く焚爐 して、 力なく 立ち 騰る白 

i の 5^ の M き がの II 卿 は、 /^CN?^s^i れ たる 石炭の 一 ^き さも は、 消え去 4 し 後 は、 室內 一入 寂寥 

ね ひ 乙み お ま のん $J ふさが こ き 5 くる 

な6まさA^たらむゃぅにまふにC^けて- われ は 胸部の 疼痛 を覺ぇ go 乙 は 咽喉 塞 6 て、 呼吸に 苦しむ ベ 

き なれば、 急ぎ 藥 劑を飮 まば や^、 下人 を 呼ば ひ 《 て 枕頭の 呼 鈴 を 鳴らさ ひ € せし は、 憐? 3 べし、 

は 田 かふ まゝは 手 おさしのば すだに 愜は^ 6 け.. CSO 力なき 滿 身の カを萃 め、 身 を 伸ばして 呼 鈴 を 1 打 

1 鏡花緣 一四.^ ■ 



鏡-— 花 _ 緣 50 . 

8— 88— Ba si l 國 隱5 | --ー- 匪 ■■ = - l-ll—^^BBB^^HHa^^——gaglg£l als= l i-l_ 1 5Mi - =gig l --isM£l-s5,<SEgu.,l ==^l ■■=■■■■ hES£SJB _ 5l5ls gw 5aaaHigBLfeB ——B— 

たれ こた . おから よわ ひ き く!^ や ど、 V さら 

きけ る k、 誰應 ふるもの も あらす、 あま. ok 力の 弱くして、 昔 響の 腐廚 まで は 達かぬ にやさ、 更に あら 

かぎ ちから 5 ちた、 ^ いらへ はて t みづか た ど 

む 限. CS の 力 もて 打敲 きしか^、 仍ほ 返答す る もの も わら^ 6 き 果 は 焦れ 乙み て、 自ら 起た むさせる 途 

たん ふ 5J おも. S .& らへ こど わ 3- やど お ふた s- げ をん げ ちょ あや 

應、 不圖 憶; S 出 だせば、 返答の なか 6 しも 道理な. 00 夏 ひ 置き ク る 雨 人の 下男 下婢 はこの ほ^ょ. 怪し 

$ こ よ ひ. S さ、 か こど くせつ たが ひ かほ. & ろか いさか ひ げ ちょ をん を& 、ろ 

き 中 さな. た し J^、 今宵 些少の 事よ. 口説 を tt しめ、 互に 顏色變 へて 抗 論け るが、 下婢 は 女 心の を 

ゆ ふげ はし ど やたい げ 4 &ん た^ろき ひど かた 4J ゅもゐ 

をろ;^ゃ.1^^6けん、 晚餐の 箸 を も 取らで、 わが 家お 立ち 出で たるに、 下男の 驚愕 tt 一方ならず、 入水な 

あは あど 》> た ゆ さきの ほさ こな づ かひ を どめ ひどり どり のこ かこ 

* せむ;!: £ はさ、 慌てふためきて 跡 を 慕; 3 行きし さ、 過 刻 小間使の 少女が、 おのれ 一入 ® 殘 された る を IS 

をみ だ I のがた あ 、 かれら ,め かたどき てば を たいび や 5 にん み 

ち ゥゝ、 涙ぐみて 物語. りき、 嗚呼 彼等が 眼に は、 われ は 一 分 時 も 手 離しが たき 大病人 ett 見え^る か 

S ま はか あや ふ いのお 5 つ は L おくる ゐ かひぬ し わ を あさ かれら 

今 を も 料. がた き危き 命の 器 S は 知ら^る か 畜類 さへ 飼養 主 は 忘れす さどい ふなる k、 錢間 しき は 彼等 

► L よけ ふ さ あ、 さ かれら き わ 5 れきし かへ み ほい かばり あは は か き や 5 か. S しづ 

が 所業 かな。 然 れ^、 噫、 然れ $J 彼等の みか は。 わが a 往の 歷史を 顧れば、 尙幾層 哀れ 果敢なき 境界に 沈 

いま をに か i& し か * &げ 

みし? もも あ. ける を、 今 さら 何 をか悲 み、 何 を か慨 くべき ® 

(其 二) 

とわい て 《!>«>ら5 L だ. S き いっしゅ あく.. i5L つ を. S み 

孤影 を 照らして 朦職 たる テゾプ a、 次第 k 消えな む S して 1 種の 惡臭室 內に充 ちた 6 ぬ 

さ. St ちから ひビ た、 き た i 'ひど s- つれ., i-,- ゐ : ゐ かの を どめ AJ さもが 

最後の 力 を あつめて また 1 敲せ しに、 唯 一 人なる 徒然に、 居ね ひ 6 でけ て 居た 4 ける 彼 少女 も、 琉 石に 

|& ゆめ やぶ め を きた あ 5- さま み 5 ちお &ろ あわ {♦i^' あた 

熟眠の 夢 を 破られけ ひ、 眠 を 擦. く 入來. て、 この 有樣ぉ 見て 打 驚き、 慌て ゝ藥を われに 與 へけ る; bd、 

ひヅし くつ 5 3 ぬ. をん & きた .S まも ぶんお く いのち くるしみ そこ 

やうく 必死の 苦痛 を 免 がれぬ。 rJ の 少女の 來る rj^ 今數 十分 遲れ たらむ に は、 わが 命 は 乙の 苦痛の 底 



は か: 



JJi 果敢なくな.. > たらむ もの を 

『^』 よ、 『が』 よ.^ ま はお^に われらが S ダビ め,. る! ^あるか。 W は ゲぉ下 は陬く 胸部の 疼痛 も、 咽喉の 



.S のお 



さ ちから 



をん ち い ま そのした 5 め むね 



いたみ 



逼塞 も、 過ぎ 东し 方の 偸雞 も、 未 來を憂 ふる 心の 恐懼 も、 JK も 地 も、 山 も 河 も、 みなで. さ 



かた たのしみ 



み らい 5 



こ、 ろ おそれ 



f か は 



み ら いわい 

-. ^來、 ォ 



がし ほつ 



ちから 



却沒 しまる 力 あるか 

L われ つね ばくく くらやみ せ かい 

『死』 よ、 我 は 1 吊 i4 漠々 たる 爾が 昏閽の 世界 を 

ひ 々 おみ どま い ま はや わがち からお よ こく あん 5- ん しんく をん. ち を こ SJi" 

日暮れて 路 遠く、 今 は皁我 力 及ばす。 われ a だ > 黑閽々 、陰 森々 たる 爾の 底.!:^ 止まる を もて 満足すべし- 



S- さ 5 . ひがんた つ おも ゐ 

て、 わが 理想 の. 彼岸 は 達せ まほし ど 思 ひ 居た か , 



た 、いねが は その どき い た こ、 ろ しづか いっぺん けいれき かきの^ . 

唯 願く は 其 時の 至らん まで、 . わが 心お 靜^£ して 1 片 の經歷 を書殘 さしめ.. V 



H いま は,. 



ia, fl^i じ 5 らい わがお や C ふ、 いん こ /'ろ おくそこ ひら , よ, ひ』 ヒ 

我 は 今 ど白狀 せまし われ は從 东我親 k さへ 十分 k 心の奥 底 を 開か^. ければ 乙の 世の もら ゆる 人 SS 



せいじつ こ 



ひ みつ あか 



J う ん じ や- 



つ ゆ 



もまた、 誡實は 心の 秘密 を 明して、 我 威の 情 を 表 a さむさ は、 露ばか.=>も信せ^.1^ゥしならむ" さ^ 

れいたん ひど & のち あるひ をく. S ん こ、 ろ もよ おど をみ だ をゝ われ ほ t ひ, ど 

^か、 る 冷淡なる 衆人 も われらが C からむ 後に は、 惻隱の 心 を 催 ほし、 些の 淚を躧 ぎて、 我 墓 k 1 



は をた む 



われら 



かれら 



i ゆ t 



枝の 花 を 手 向く る ものな き k しも あら^らむ。 我曹が rJ の ffi は 在らむ 限, 9 は、 彼等 tt 鬼の 如く 恕 さす、 

てき か ま を こ つゆ ふく かれら めう じ や 5 もど : * > 一 いお 

敏の; <j さく 假さす 、 われらが 雙眼 k 露 を 合み て、 彼等の 同情 を^め むさ すれ は かれは 冷々 氷の 如き 1 



瞥 もて 

力 



ま を こ つゆ こ ほ たまし ひ つか ひビど 、 f み、 もの ねいろ わ., 力- V > ) 

れらが 眼の 露 を 凍らしめ、 われらが 靈 魂の 使者なる、 雙の 耳の 物の 聲色を 分た む 間 は 力の 

力う く ク-、 fi* こ ゑ をし 《- こどば a き - ) , r ^K^^ f > set 

囂々 たる 嘲駡 の聲、 諷刺の 語 もて、 何事 を もえ 聞 乙え さらしめ なむ もし をれ われら か 股 は 酽 ち 耳 は 

L L んざ 5 こ た かれら はじ われら あはれ S- * > . : ^e^.^-^ , 、 C S 

聾 ひ、 心臓の 皸 動は絕 えなむ か、 彼等 は 始めて 我 曹を憐 み、 われらお 記 臆し、 われら か 事業 を 賞 ふべ し o」 



鏡花緣 



一玉 1 



鏡 花 緣 一 五 二 

|誦^ ■=--- ) t あへ 」乞£ を ュが この 上 あ をに. ひ ど しでか こど 

. ^く 謂へば ゥヒ て、 貌は敢 て 身 後の 名 を冀ふ もの^わら す われ は此 世に 在 ゥて何 1 つ 成就 L たる 事 もな 

く、 また 我が 爲 めに 墳墓の 前 を 立 去. <y かねて、 號泣 ばむ ほ.^ の 親しき 親戚 どても あらされば、 われ 死し 

ねへ、、 らも VI . ^らを 5 & あ、 われ わがし 2; つ 力 力 をし 力 

.^.o さて、 塒求 むる 鳥お も號か ら む。 噫 我 はた > 我 死 を 自ら 悲 まむ 哉 

^航ずのぎ!^は礙^こ船べて、 Sffi の やうに ま 一はれ ぬ。 を は^ 來の 幕 はわが 眼の 前に ii れ か、..^ て、 

、, , ゆく わ. S まか こ、 ろ く R- こど は、 

i; しも^ かしめ さ 6 しかば。 されば をの 日く の 偸 快の^ は、 心 か ゝる雲 もな く、 殊に は 母 

なる M の iii ひ、 i まだき ょゥが it るゝ まで、 温かき 膝に 戴せ たま ひ、 柔 かなる 手 k 抱きた まひ、 玉 

A L ャり か^^く い ま いくた ど.. J つき へ い くせん ひゃく 

の i き て || でた まふなん^、 患し くも き 乙 さの 數々 は、 今 乙、 に 幾多の 星霜 を經 て、 幾千 百の 

i 酽 i&g された K4r、 きま?、 る、 i は tf ?o 

(其三) 

- J ,.' > 3- & みち i ゝびど あへ たま のち こ、 いころ 

されち . ^くお」 i なゥ しわが、 生 の はい さ 短 かくて、 母 人の 敢 なくな ゥ給 ひて 後 は、 兒心 にも わが 

Jsii そのころ べつ-? ゥ ヂんな た *^ ちい しろう ま の 

お i いり (さ^: ^はま; £ からすな りけ るを劐 えぬ。 其 頃 われ は 馬丁の 源 太に 扶 けられて、 小さき 白 驢に乘 

^ ば じ や 5 ^5/\ をが た み よろこ ひビ かへ 

6 て i ぷ點を S みた.? -が、 母の C せた まひて ようは、 わが 馬上に 揚々 たる 姿 を 見て 喜ぶ 人 も、 わが 歸 

.,4 て^よ ら む^、 酽ろ;;^を腐げて^ちぉふだどもなくなゥけるにど、 での 遊戯 も樂 からすな うぬ。 

^よ. 4^ お f るに、 われ はい さ" か 6 し^ょ. -、 ならす 獻 ii" 質に て あ 6 しかば、 何時までも 母 

f 1> お i わ 5 ち i 5 れひ さら わが いっしゃう 力. S 

の を Sk か &で、 かくまで J^^&s を劐 えた. なる ベ けれち 乙の 幼 》 の 時の 悲哀 は、 更 kll 生涯 



鏡 



花 



緣 





b 


は 


は 


\P、 

c: 


なち 
乂、 


ノ、 


る 


特 1 






Z 


職? 


し 


返 ひ 




《 


け 


有 § 


It 


マ 


m)i' , し すし 


•dr し 
タ" 


ォか め 


か 


力 > 


it 




•r 

る 


ir 


樣 i わ 




め ぽ V-V 

9 の はは 


?fn は 
pu い 






ぬ 


<L 


A 


r ひ 
Ac 





を 


が 


レリ 


拔し 敷き の な 
t ,ろ "T^T い "Wi ち ^ 


し 


セ こ 

* &た 




剛? 






な 




見み 


家ミ 


i»\ こ 
も、、 


あ 


ら 


か 


毅き 





て 


; #1 や 




し 




•Wl も 


& 4 1 こ 方? 種 1 き 





で 




の 


籠 上 


jD 






時? き 




Ca ; ^'わ I 人 々 \ 




m は 
乐た 


る 


性 S 




れ 






の 




ら 


て 然せ 風 の 





し 


名 ま 質ち 


亩 も 
导っ 


r 


ち 




わ 


た 


れ 


、 む 櫂え 音? 




玉き 


譽ょ 


に 


|> ば 
b 


帰た 


vj 




れ 




し 


m ん しの 署 




U 


は 


在 g 


は 


f 
\ 


\ 
S 




は 


の 





ん / ビ A ム 
々 \ ん り ^ 






塵? 


し 


せ 


繁ぃ 


霧 






營ぃ 




c. ^ VJ 闻 




m 


埃た 


て 


IT 




教 




『 




し な N 






の 




は 








知 L 






ゲ (T\ g5 け" 

て の 顯ん 母 ど 




も 


如き 


い 




ま 


し 




ら 


て 




高? 響? 官も It 






< 






ひ 


V. 




れ 






i / } ,ん、 
\ V 【に 




に 




< 


> 

ふ 


し 






ぬ 


幾? 




YK Psf 1 ^ 一つ 

|A5 > 、链し 

ゆ ゆ 




も 


や 


曲? 


ベ 


に 


资を 




威 カズ 百 2 
情ぶ のく 








4^ど 




は 








る あ 其き の 




をろ 


さ 


k 


■fi 
も 




ぺ、 
へ 




ま 兵 g 




t*^ き O g b TP ^ 
な は 時 感か 






れ 


(0 


> 


さ 




ち? 


士さ 






力 > 


け 




b 


キ 






胸む 


がら 




PL ま は K 




し 


ん 


せ 


さ、 


o 






裏ォュ 


隊ま 




n 去 さ 迫 f 




た 











の 






伍 こ 




u- 崎け ス ヒ 
fie IP « b 




ま 


少き ± 


き。 


が 






湧 わ 


を ど 




、 し _L だ ^ 
卑ゃ. 太い れ 




ふ 


し 






母? 


ら 




さ 


整 i 




Vbr も!) t *0 金く ゲ 

ん 車譯ん IT わ て 
さ k{ 社で 、 






も 


し 




上え 


ん 




て 


へ 








傲? 
6 ふ' 


f]、 


li 


は 


m 














な 


ば 


は 


の 


h 




身み 






%\i し 赃ゃ ほ 




く、 


れ 




ひ 


妻 s 


は 




中 4 


叭ば 




らて長 } す 

Ji 力げ ブ r う iffi せ 

れ 么ん Z よ JFC つ 






ま 


か 


度 S- 


に 






顫カ 


を 

吹 ふ 








ふ 


の 




在 s 心ミ 




ひ 




vn 照 く グ、 II J f け 

V4 ml る 叫 5 




愁ひ 


さ 


づ 


ひ 


し 


をろ 










WL\ 【こ 乂> 9 






ま 


力 > 


出い 


て 


用き 




双! 


な 




>|r や 驟! ^ 丄足 
の 5 けろ 力 >' Z 




は 


ら 


で 








BBX 


ら 






悅 




他た 


玉き わ 


て 




It 

irf ゆ 


し 




は 他 A 《 




得 わ 


ら 


人^ 


ひ 


れ 


わ 




て 




わ 、 所"" X 




で 


の 


し 


は 


れ 




を 






が 飼き よ ば 

頭つ 犬お b 1 




知し 




1 ん ^ ど 


次し' 


を 




- 湛ミ 


勇 さ 






ら 


か 


敬 S は 
も 、 


m 


育 g 




へ 


ま 




腦? の 歸た \ 




ぬ 


の 


の 


< 




け 


し 




It ポらゎ 
銜っ ゾ るゥ 






れ 




决? 身み 


み 




る 


< 






の 


が、 


な 


し 




玉? 






\ 




さぺ j 1$ 




や 


な 


力、 




b 






幾 や 練 




上 g 1 さ 






す 


ら 


跡き 


し 


し 




度 S 


兵 5 




る が て 






ベ 


さ、 




力、 


力、 




な 


せ 




も ml 、 





饑花緣 】 五 四 

見えぬ 

われ ぉゝ 5 へ まへ い どき をに f くつ き か おも おも かたち ねくび やう み 

我 は 父上の 前に 出 づる時 は、 何^無く 究 屈に 且つ 恐 しく 思 はれて、 -;^ のづ から 態の 臆病ら しう 見え 

お/ '5 へ われ そのころ あ. つま みやこ い うがく あ lis へ まった こど を はう しん ど け 5ぃ く 

ける にど、 父上 は 我 を、 其 頃 東の 京 遊學 せられし 阿兄 さは、 全く 異れる 方針 を 取りて、 教育 せん もの 

こ、 ろ さ だ 

さ 心 を 定められ ける。 

あにう へ ふみを ころ か 5 どうち 5 がく じ や、 ウき 5 せぃ^:' がく けんき 5 たま まらう さ £ど ち、 うへ がま 

阿兄 は玄 雄^て、 もの 頃 高等 中學の 上級に あ 6 て、 政治 學を 研究し 玉 ふよし 客人 每に 父上 は ほ 乙. 

かた たま この £ ろ い た ねん けう. S く か 5fJ や 5 てつがく 55 び おんがく 

語. 玉; S た 4 き され < ^此 頃に 至. て は、 少年お 教育 せんに は、 高尙 なる 哲學、 優美なる 文學 なん^ 

せ L さう せいみつ かんかく ち か 5 くわが く し せつ しゅ ifN やう 2 ま 

を もて 爲む よ. .0 は, V が 思想 を 精密に し、 をが 威 覺を総 巧 せむ に は、 科學 k 如か 卜 €s ふ說を 主張し 玉 

.^.o かつ われ など きょ だ かんじゃ 5 は f f ねん ざつば く がくもん を さ し. & 

ひし折^^^るも、 且 我の 如く 怯懦に して、 感情に 馳せ 易き 少年 は、 雜駁 なる 學問を 修めし めむ と、 然る 

ふるさ ど じんじゃ 5 ち 5 がく か 5 ちゃ 5 みやの s- がくし わがた みづひ ち、 

ベから 卜さ、 わが 敌國 なる 尋常 中學の 校長 宫野理 學士が 我 田に 水 を HF きけ るよ, cs、 父上 はいよ くわれ 

お も、、 ゥカ Y 5- 力く ま を げ き かいてき か. ゥぁん 50 ほ 

をして、 重 もに 數學、 理學 なんき を學 ばし めむ さまた まひた, CV き 實 にわれ は 器械 的の 考案に 乏し か..,. け 

y がく を さ かんわ 5 げ ぶん ゐる てき ち しき ど ぼ さ 5 ぶつがく し 上く ぶつがく 

れば、 理學を 修めん 乙 そ 肝要な, けめ 實 はわれ は 分類 的の 智識に 乏し か < ^しかば、 動物 學、 植物 學な 

ま & たま ひつ わう げ われ にんげん をい かい こど こ、 ろ ど-い ぶっしつ. A-;- 

ん^ を學 ばむ も、 亦 必要な. しなら む。 實は我 は 人間の 内界の 事の みに 意 を 留めし かば、 乙の 物質 界の 

e ぶつ こ、 ろむ ひつ i う てん せい |& ま 、ゥ 50 うけおく ま fc-f 

事物に 心お 向く る も 必要な. ならむ。 され < ^夭の 性は 容易に 柱げ 得べき にあら す。 われ は同學 の^ 友 

うがくて き をう.^ & くわが, くて き ち *L き ど ほ ひんせき へ. S;V かん や も 

は、 數學 的の 腦髓 なし、 科學 的の 智讕に 乏しな^ 擯斥せられ たゥ しが、 平素の 感じ 易く して、 よしなき 

こど こゝ ろか せいしつ に さ はづ おも 

事お 心に 憑く る 性質に 似 もやら で、 然 ばか 6 慙 かし さも 念 はさ 6 き 



(其 四) 

rt-i ぶ きん W つけん てん たね ひこ る か げんじ わ いぶん f> よがく よみや を $ あい ビく 

鬧暇 だは あれば 馬 琴の 八 犬傳、 種彥 の田舍 源氏、 英文に て は-初 學に讀 易き あらびあん ない^ 等 を愛讀 し 

につく わ し. ゥ V- く まった こ、 ろ は を ひだ ふる せりせ つさん まい ひ たく 

て、 日課の 修學は 全く わが 心 基 を 離れて、 われ は 一 向に 小説 三昧に 日 を 送 ゥぬ。 

れい s- がくし かう ちゃう にが/ 乂 おも 5 &にゅ ゑ みづ 力 は * ゥ tfi をつ わけ L 

例の 理學士 校長 は 苦々 しき 71 さに 思 ひけん、 何故に 水 は 下方に 向うて 统るゝ ものなる か、 をの 理由. 

ひど かし ひ 30 わが こ、 ろ ま かい ひきいだ 

れる人 乙 を、 はじめて 賢 こき 人 W もい はめな^、、 さま^^.!^ 我心お 魔界よ ゥ曳 出さ ひ^^た. CV けれ.^、 

い つ れいせ s われ よ ズザか もつ ど たろ かし ひど 

われ ハ 何時も 冷笑して、 我 は 世の中の 最も 愚かなる もの ^こもな,.^ たけれ さる 賢 己き 人 は n ならす も 

こた fp か 5 おや、 あき くお つ. 

が 4^、 さ 答へ ける にど、 流石の 校長 も れ はて、 ロを箝 みぬ 

われ づ たい やま たい L せんばんい 5 たい いさ、 こ、 ろ かん せんくわん 

我 さて 水に 對し、 山に 對し、 はた 自然 萬 有に 對 して 些か も 心 威す る^こ なきに あらす。 潺 §1$ さして 

こ 、,. し あ ひだ くぐ さ ビ をみ た ズ% がれ 5 つ ゆ ふ ひ にしき ひた みし せん お 5 め f くわ 

小 の 間 を潜ゥ て、 漣 立り 細流に 映ろ ふ 夕陽の、 錦 を 浸したら む やうなる を 見れば、 自然の 奥 ® なる 化 

f かん たも かんたん こも もら をく*^> K% に ゆ ゑ * &が 

ェ に烕ド て、 思 は 卞«歡 の 蘀を洩 せし 乙 さも 少 から^.^ しか、 何敌 にかく 琉る、 ものなる かな^、 さる 

SV くゥ こど たづ f — 

理屈 卜み たる 事 は、 推 究ねひ £ も 思 はさ クき C 

ny どし; y ろ しゃ 5 がい かいつけ こど たビ せいしつ かんじゃ 5 る: く 55- 

税 t の 年頃の 生涯 ハ、 くだく しう 書付る ほせの 事 も あらす。 但 わが 性質の い 《 感情に^ く、 S 理 にの 

5 か t むき け うい く は 5 しん まった あ ひはんたい がくもん さら せいしん しんば 1 

み » する 傾向 わ 4 たる をの 教育の 方針 は 全く 相反 對 * た. しかば、 わが 學問 ハ更 な. o、 精神の 進步 

のい. か..^ ける:^ を」 だに 謂 は》 足..^ な ひ 

はる むか どき ち、 のケ がくじゅつ を さ が をた ま さいき や 5 ビ.? J 、や 

やうく 十六の 春お 迎 へし 時、 父 はわが 望む 學術 を^むべし^ 我を折. 玉 ひて われ を、 西 京なる 同志 社 

. 镜花緣 一 玉 五 , 



鏡 花 緣 lulllll 一 玉 六 

にど S りた ま; S ける 

さ:." き や 5 ち いま . いふ かもが は みづ ひがし やま ゆき あらし やま W を あげ ほの つ、 ゥ てん あき くれ み 

西 京の 地た る、 今 さら、 11^ まで もな けれ <^、 鴨 河の 水、 東 山の 雪、 嵐 山の 花の 曙、 逋 天の 秋の 墓、 覩る 

f 二, やう を々 さ 50 ころ し れ 5 て,.^ こく い こゝ 

さして 詩情お 慰めさる ハ なく、 處 して 詩 料なら さる ハ なきに、 われ はさながら、 夭 國に入 .c- たらん 心 

さ その ゝち ねん あ ひ:. こ あい きく し せん ぴ ちん をゐ あした ゆ ふべ し ちれい さんせい を & 

地して、 其 後 五 年が 間 は 乙の 爱 すべく 掬すべき 自然の 美に 沈醉 して、 朝 も 夕 もた > 乙の 秀靈 なる.^ 賴水 

れい せつ ひ Jsf をら だいし さう やし い いどけ をリ し せ, C 

靈は 接して、 只管 大詩想 を 養 はん 乙 € をのみ つ さめた ゥ き。 かく 謂 はば、 われ も 幼な き 折よ ゥ、 自然 を 

たの てんねん 、りた , し いん &ビ み あはれ われ さいはい 5 かた 

樂 しみ、 夭 然.^ 謠ふ 詩人の 如く あ.. たら ひやう k 見 ゆめれ せ、 不幸ゃ我ハさる幸覼を獲る7^^難か.0し 

ぶんがく. しゃ し いん し せん ビュ I デ 1 ち かく だいの よく ぃ.ゥ てんねん しんり にんしき 

さる 文學 者の い; 3 けん.^ € く、 詩人なる もの C 自然の 美 を 知覺 する 大 能力 を 有し、 天然の 眞 理を認 議 

さど さいの 5 f い いつば 5 このし やかい むか ねつる & ^> ベ し 

する にい さ敏き 才能 を 要する ハ謂 ふまで もなけれ^、 また 1 方.:^ は、 箇社界 は 向って 熱涙 を濺ぐ 可き 至 

S ビぅ じ や 5 もつ わ にんげんかい しんめんもく はつ や 5 つど われ あは し 、いん 

誡 ざ、 同情 V を 以て 我が 人間界の 眞 面目 を 發揚 せひ 乙^お 勗 めすば あらす 我、 憐れなる 詩人なら^ る 

し 、いん をな あた、 みづ 5る かもが は ほどり くわん L 、上 ひも ど しせん をが め せつ を &/\み 、もビ たこ 

詩人 ハ、 沙煖 かに 水麗 はしき 鴨 川の 涯に、 一 卷の詩 書を繙 きて、 自然の 好 風物に 接し、 折々 耳朶に 起る 

ちんせい ,>ゥ ぶつ か け 5 くわん ね, V たも をみ だ もよ げっか みゐ でら もん た、 

塵 世の 戆 物が、 喧し ましき 叫喚に 襲 はれて、 思 はす 涙 を 催 ほし、 ある c また 月下 三 井寺の 門お 敲きし 

かう ふゥ した あかつき LR> tl . つ い ざん あそ つい 、. -ん /、 ハ i,.-^ ん か 5 む い ど はや 

高風の 慕 はし さに、 曉の霜 を 踏む で彝 山に 遊び、 遂に は 粉々 たる 俗塵 を 被ら ひこ さ を 厭 ひて、 早く この 

が, ゥ/、 を だく にんげんかい だつ り む げんむ き .ゥ じゃく まく か. S- い もの の. :マ み い だ 

囂囂た る 污 濁の 人間界 を 服 離して、 無限 無究の 寂寞 界に 入ら ま はしな^、 物く る はしき 冀望を 抱きて ハ、 

f い ゑんまん L 、いん く はだお 上 

なかく に 同窓の 友 を だに 容 れ^りければ、 いかでい かで 圓滿の 詩人 さなら む rJW なん^ ハ、 企て 及ぶ 



ベく も あらさ, cs し. nfboo 一 

われ さび き や 5 かい この L5 ほし やう や き に, ち £15 ひ など ひどり こぶね み ゆだ 

我 かく 寂しき 境涯 を 好みた. しかば、 一過の 星 漸くめ ぐ. 來て 日曜日 ざ なれる 毎に、 一 人 短艇に 身 を委 

び は こじゃ 5 じ てき たのしみ き ほ どき ひど こ、 ろ おも われ ねん. S せんしん みい はゝ うし を 

ねて、 漾々 たる 琵琶湖 上に 自適の 樂を 極めし 時、 獨 心に 念 ひける ハ、 我十年^3前親愛なる母を喪ぅて 

このかた かつ 一 . 5 れし にんげんかい もど だいじ ひ し せん かみ • 

よ 6 爾來、 曾て かばが. の 嬉さを 人間界よ, o^gj めし こさ n あらさ し id、 大 慈悲なる 自然の 祌 c、 われ 

むか たのしみ あた た 3 fyw- まぶた うる ほ れい くせ 

を迎 へて か、 る 逸 樂を與 へ 玉 ふかさ、 坐 K^k 瞎の濕 ふ も、 また 阅の癖 1^6 き 

薩) 

われ 55 じゃく たのしみ ふけ た ゆ 55. ゥく わつ ばつ うさ 5 せ. & ねんら い もお ろん 

我 はか-^ る 幽寂の 遊樂 にの み 耽りければ、 他の 勇 壯活潑 なる 同窓の 靑年 等に 容れ られさ 4 し は 勿論に て、 

わ-つか むつ かた ども た-い. &ち ん 

纔に睦 ましう 語ら ひし 友 さいふ は 只 1 人ぁゥ しのみ 

その を たかの かほる ふたつ か ねんち や 5 , そのし か 5 まった こビ くわが くし ゆぎ ゃミ ねつし, C 

其 名 を J€ 野馨 亡て、 われよ. はニ歲 許.?^ 年長 はて、 其 嗜好 は 全く われ^ 異な ゥて、 科學 修行 熱心な 

われ かれ まじ KS- む を たや を かれ ま-つ Kt をし こ 

みし かば、 我な かく;^ 渠さ 乂情を 結ばむ 7- さ 容易から さる はづなれ さ、 渠は いさ 貧しき もの ゝ孤 子. ja> 

せいや 5 じん ひろ あ がく か 5 1^ ふがく くだん せ. S やう じんき こく のち か 5 ひ 

.0 し を、 さる 西洋人の 拾; 3 上げて、 る の學; に入學 せしめし は、 件の 西洋人 歸國 して 後 は、 桉費を もて 

しゅがく み f,T .S5 じん けいべつ かたむき げんいん お ズ% かれら 

修學 せる 身な. しかば、 同學の 友人に 輕蔑 せらる } 傾向 あるに ど、 をの 原因 乙 そ 同 からされ、 彼等 は 

い ひどし われ ひど を か ふか ゆ . あや 

容 れられ さる は 等き 我 《 、乙の 人 V- の 交情の、 おの づから 深うな 6 行き むは、 さばか. < ^怪し ひべき で芑 

f じつ &ど い つ < わん しょ い つく わい ば ん こし 50 うざん せいこ ? d つせ-つ を ゐ,^ ん した/' 

に は あらさら む 。われら は 休日 毎に、 一 卷の 書、 1 搪の麵 包,^ 腰に して、 東 山 西 湖ざ践 渉し、 翠嵐 滴ら 

-ち や、. OL やう もど をつ くさ を L ね ころ か, パ.. まなび じ « がくじ や 5 がくせつ しゃ-つら. S 

ひば か. る 長 核 の 下.^、 夏草 折 6 敷 さて 寢轉 ベる 渠:! :r 4- のれが 學 得し 理學. rj の 學說、 さて は將來 

錢花綠 1 玉 七 





し れ 


1 


4 


〜 
や 




Ic 


Ju た 

起 L 


力 > 


れ 


、' It 




> ^け 


ん 


も 


人 ュ、 

He ま 


6 ! f 、も 

由 f は 


; k 

<p 


れ 


V 

J 


る 


何 X 抱お 


に 


の 朝 さ 


し 




b 


o 


る 


節 t 《け 


名 s 事き 院ミ 


fi、 


< 


や ズ 1 
力》、 th 


♦ ^^ぉ 


士 




Jtt2 さ 


ど 


ブ 


所 k 


な 長? 


ら 


記 き 


に 


け 


o 


い 


細 や 

3*0 か 


ォ, 

覺 

古つ 
术か 


く 大 P 

Wi 襟ら 


古 こ 


れ に 5 


卞 


臆ォぞ 


ぶ い 


【こ 6 






《 


跡? ば m% 
t 、 ね 




に 


え 


£^ JQ 




恐^ 


プ 
る 




曰き 


折 君 存 X 
々く す 


し 深え 


ll かし 




f ち 
し 


事 


f 
\ 


く の 




-ひ f 
一 >f し 


か 切 S 


ま 生す 




く、 


霣っ 


■fi 


TT み ん も 

^> 企く 


R え 


•fib ま )y 


«.^> 




に 


ふ 涯で; 






r 


■ii^ ろ 
ufitf ん 

さ た' 


を 望ま 


し 


猫て》 〜 
卿え 


•WJ や 


V リ 


、 m 

m 護" 
ん^ 


や は 

否!: 、 




は 




力' づ で 

傾? ^ <^ 


て 


家ミ カ^ 


な レミ、' 


2x 
rh 




7c 


こ 

爭ど 


せ 


1 Y H* a>、 

け ^ 




い 


o 


や 腸 




い 


ム 1 

マ く 


9 




驪 S 


\r • ^や 

【こ ま 


^ん 


Jb 


は た 


、 し 




c 


し 


o 


i / Mr < 

は な 


て 


i'X^y 化 ひ 


少 




い ^ 


き 




卞 あ 

w さ 






歸き 


> & A い 

ふ n ■% 




レ 


ち a 


る 熱な ュ 




し 


次ミ 




途ど 


ぺ、 Vc 
へ は 


ら 




t し 


も 病 $ 




さ 


【こ 




^ プ 

か る 


に 


し 13^ 


れ 


五 


る 1 こ 


の の 5 




学き 

链が 

貫ら 






rT\ お ft ベ 

の 

お 《 ;: ^せ 

れ 石つ 


就つ 


、 や 






^ 、 


も 爲ま 




さ 




力 > 


さ ■ ^ムほ 
^さ- タ ど 


な 


k 


變 2 疾? W に 




【こ 


li* 




\ も 


む 


cA ん 


さ、 


經ふ 


動? 病 ひ 


6 襲 £ 




ふだ 
人" 


は 




Y 飞 




/X は UK 
マ CI 




る 


k は 


わ は _ 




翻 ( 

關も 






あ 5**' 




rt ふ い 


働ミ 


ま 


う か 


へ れ 




t 卞 f ギ 


妥 5 




ml m 
琉? 


ふ 


uf ち 

は X 


ひ 




け も 


t け 




ム い 


な 




な 


IP ん '2 
豕 れ 


る 


1ト 


て ひ 


、 る 




六い 
有 5 


さ 




曰 i 


b 


ま 


f 


、 し 


急 も 時? 




タ 


桌ざ 




8^ す 





ズ- 

^ は 


で 




床き よ 


ぎ t 




お 
れ 


) > 

【'に 




B る 


兄 S 


る 、 






の b 


此ぁ 以も 




は、' 
は 


似 




の {t 


の 


ff-« -rV *i、 す 


な 




中 1 も 


地ち て 






71 




觸ふ \ 


一 

5=^ ト 


'fflU 四 




離 g 


は 容? 


U \ 




1 
\ 


れ 




プ ; わ 

る し 


雄ズ 2 


夫す 五 
婦ふ 日 g 


け 


れ 


起? 易 を 


m 全? 




が 






1 は 


ち 


る 


て 


6 くた 


b < 




( 


% 




B 1 よ 


東? 


も 經た 


It 




け 懈 た 畢 




\ 






? 5^1 も 


京! J 


、 た 




醫ぃ 


る b 


ま f 




し 






に 


%\ ひ 


« あ 

る 


師 4 


幾^ て 


a 吿っ 




c 


の 




の も 




都^ に 


曰 ひ 




週う し 〜 
の 數を 


て げ 










%t) の 
景 【^ 意い 
にレ、 義 3' 


待 ま 


見え は 
物 S > 


父? 垂 K 


、 ぬ 






人え 







は 


籠 こ 


事き 十 
件な 曰 


jb 




の 


は 






U 旅 1 


わ 


め 


れ 父? 




事き 


わ 




つ を 


し 


来さ 行 力う' 


れ 




の の 


t は 




實 S 


が 




き 解き: 


IP 


た せ 


に 


の 


m 後 S 


さ Jb 




を 






て せ 


a 


b む 


向お 


み 


に 


る が 




X 


m 




、 さ、 


か 


た も 


ひ 




は は 


辆ゃ jfe ま 




棄を 


のい 




思ォミ n 


乙 


れ 差さし 


て 


ら 


、 m 院ぇ に ひ 







生き 




ひ さ、 


し 


ば 支 5: 




む 


夢 g にら 


にん 臥 ふ 




ベ 


涯, も 
にい 




わ 、 


/2 


、 なへ 


わ 


は 


よ ば 


入い し 




さ 




た た 



しこ じ ぶん けん" つ わがくに だい きくわん きこ あ、 つし うまつ しま ここぶ いま 

れば、 彼 所 を もまた 十分 見物して、 さて 我 邦 第 1 の 奇觀で JM えたる、 奥州 秘島を も …… 』0 をの 語 未だ 

を は らいきゃく . ち、 さ ため よさ われ ひどへ やの こ ちゝ まつ 

了ら^る に、 來 客ね さて、 父上 は從 者の 爲に 呼び 去られぬ 我 は獨. 室內に 遺されし に、 父上の 『秘 

しま ,. このかんたん じ たお ま わが を 5 ち 、り ふ-りく わう めいび ぶく げん. £; い わい しゅつ 

島 を も …… 』 さいひけ る 此簡單 なる 四 字 は、 忽ち 我腦 中に 風光明媚なる 1 幅の 幻影 を 映 出した 4 き 

われ かつ 2 つし ま ゑ 上 み いま もく さ 5 ,ゥぉ あ, 《 さん, ゐ ある その しんけい 

我 は甞て 島の 書お だは 精く は 見さ 4 しが、 今默 想の 中に 遊びけ る 山水 は、 或;: S は 其眞景 に. わらさる か 

を 疑 ひぬ。 

, い &ど かんじゃ ミも つど もつ よ „> んけ. & をる $J や はん ひビ しづ どき おも ゆめ 

われ, は曩 にも 謂; S つる 如く、 威 情 最 强く、 神經 S たく 銳か. CS ければ、 夜半 人靜 かなる 時、 恐 しき 夢 

ね. 七 むつく a おおる くちばし こど ゆめ うち まほろし 

;^£魘はれて蹶然^刎ね起き思はぬ乙^をロ走4し事なん.^もぁゥけれ<^、 夢の 裏にても、 はた 幻影に て 

じっさい い. a, わ み ど た 

も、 かくば か. <^實 際ら しき 影 書 を 認めた る 乙 さは 絕ぇ てあら さ. き 

ひがし やま L ん.. しゅ かせし せん?' てつば まった い を、 1*5 つ ひ む をん さ 5 もど ねむ 

東 山の 新 樹は風 死して、 檐 頭の 鐵馬 全く 嘶き を^ > め たる 夏の 日、 蒸し あっき 南 窓の 下 眠れる にも わ 

ねむ まう ビ、ゥ f( い くた び き わ f ゆめ み らい まほ K-L |^\ 

ら卞、 眠らぬ にも わらす、 瞢騰 £ して ある 折々 は、 幾度 か旣往 の 夢、 未來の 幻 をく. C かへ して、 種々 

ま 5 ざ 5 ゑが いだ た ほ れき < がん せん あら た 

なる 忘 想 を 描き出す 乙窆 多かゥ けれ^、 かくば か.. 歷々 さ 眼前に 現 はれし 乙 さは、 また 絶えて あら? 1;6 

き。 

(其 六) , 

い つし ゆ げん わい ィ, Si ネ ー;yBl ン はつげん じつ L i- ん ほん.. i よく == t たや 5 み 

乙 はこれ 一種の 幻影、 想 像 力の 發 現にして、 實に 詩人の 本色の み 'マ ァがト tt ィの 戰塲を 見た .OV し 

ち £ く けしき 50, . パラダイス n スト 5 た み を この イマ タネ I シ 3 ン 上 

も、 ダゾ テが 地獄の 景色 を寫 せし も、 ミ ル トシが 失 樂 園 を謠; 3 しも、 皆此想 像 力に 據れる わら^ 

鏡花綠 1 玉 九 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^ .^BHIHBHHHBUBH 



锐 花 緣 一六 

-,」 も やま ひ ため あまた、 び へんく わ せいしん し だい こや か かつ いた くわ びん 

る はなし、 思 ふに 疾病の 爲に 幾多 變化 をう けし 精神が、 次第に 健全に な...,^ ゆきて、 甞て 痛く 過敏な. 9 し 

-ttp f ふく イマ? ン シ a ン 上 L いん &ど からが じゅんけつ かた 5 つ ゆ 

神/ S もまた 舊に復 して、 わが 想像力 は 世の あらゆる 詩人の 如く、 いさ 高雅に 純潔なる 方 k 移.^ 行きた 

るな らん 

. ; S ど t .V9 しる せ 5 せつ こど お ほ し 、いん でんき み . い <» L 

われ 齓々 乙れ^ 等しき 事實を 記した る 小説、 殊に は 多くの 詩人の 傳記を 見た ケ しか、 われ も 今 tts る 詩 

じんら お き や 、りがい せう h-ゥ み X , > 3 

-< 等 さ 同. r き 境界に 逍遙す る 身^ はなれ A.^ しなら む 

t も まゆろ し まこ VJ まつし ま しんけい おも , '> — 

. ^くま., i£ こつけ て、 われ は 乙の 幻影の、 與籣 かの 接 島の 眞景 A1> る べし さは 思 ひも よら さ 6 し 力 さに 力 

ち 7 しさい きか せい らん ど ぶく いうせ い々 わ しん > . * その ゝ.^ 

くに わ, が 新ら たは is たる 詩才 もて、 ニ氣 W 成に 服 塗した る 1 幅の 有聲 書な ウ^ 信じたり し 力ば 後 も 

か iii の ili もて、 こ ^靖. いらぬ 影 を li き 見ば やさ 試みし が、 終 は 再び 乙の 奇絕壯 絶なる.^ 然 

かう け. S がんてい わい D , 

の好景 の、 わが 眼底 Ji!d 映す ると さて は あらさ き 

ちゝ, ゥへ ,c あくるよ ど た 3 を 3- れい まつ うら i じんた ち こ ち めい さ,^ ぶつ ^ の I 

父上 は 其の 翌夜 われお 訪 はせ 玉 ひし 折、 『例の 极 滞の 婦人 達が、 此の 地の 名產物 をく さく 調へ たし^い 

あん じ や あ も ひ) き むかき な - . k I© , き 

へば、 われ は汝を 案內者 もな すべし もい ひに き。 明日 十二時 を 期して 迎へ k 來る ベければ, 衣服 を 着か 

-* ひ つ おく われ i ろ しき をの どき ま 

へて 待つべし、』.^ いはる ゝに、 をの 日く を 徒然 はの み 送れる 我 はい さ 喜ばしくて、 切 6 に 其 時 を 待ち 

^こ £ど せいみつ ベ 5 どき かりそめ たま ちゝ 5 へ け ふ .S か 

たるに、 かねて は 可 事に も 精密に 4^ はして、 一秒の W を も 苟且に はなし 玉 はぬ 父上 か 、今日の みは 如何 

4 ぶんか I f ビき おく たま やま ひ のち せ. & きふ 

し 玉 ひけん、 はや 三十 分 間ば かゥも 定めの 時お 後れさせ 玉 ひける は、 疾病に か、. し 後 はい さ 性急 

づ さわ わん ふる お:^ いま しつ を S あ 

な. たる 私 は、 頭腦何 さなく 骚 がしく、 兩 腕む づく €震 はる、 やうに 覺 えて、 今 $: はや 室內. ^在る 



た L?t あ かもが は ひがし やま みは & ほひ ,せ、*ぅへ,> k 、 

堪 へされば、 つ ^iE 子 を 明けて、 鴨 川 東 山 を 見晴らしつ ゝ 粉れ む冢 すれさ も 仍 一 令ん に 父上の みお 待 

たれた. ^>き0 

もり tea- しづ あひ^ ちゝ うへ ふたり ふ じん へや. S き ち、 >ゥ へ 

わが 沈みつ、 あ. し 間 は、 父上 は 二人の 婦人 を 伴うて わが 室に 人 來た まひぬ 父上に 繽 きて 

^ 2 . 1 ん ち, S ごら tsrcf- こど き たく ダ^^ほぁきらか のこ ど を y しゅふ まつ- ゥ らふ じん 

^<4脚.0しは、 五!^ の K 机^る 事 S& か. > しか^、 わが はは 尙歷々 k 殘れる 隣家の 生婦极 S 失 人な 

る は se^ 辦 ふべ くも あらす。 乙の 人の 風采 容貌 は、 さして こさくし う 謂 ふべき ほ.^ k も あらす、 た >『 夫 

,レ. し 》o 乞 t ひど てきて う めいし ふじん つい い きた $ たけた 力 いろ 

-=^11 なる 文字 は、 乙の 人 は適當 したる 名 謂 にゃあらん 夫人 は縐 きて 入.? うし は 勝^て 丈 高く 色 

L5 や くわいむ, び つか くも び パづら ふさく やせ じ、 み ,、 , み- ,ド は 

白く、 夜會結 さやら むに 束ねた る 雲の 鬢は 房々 € して瘦 肉の 身に 堪 ふべ くも あら^ は カウに 見え 容顔 

? 11 » きょ - ^4; ^tf うりう さ. &し はらわた ♦iK んだん ふじん し はたち み 

1 顧に して * 止 閑ぎ なる、 なかく は 多情の 風流 才子が 縢 を 寸斷 せむ ばか. = ^の 婦人、 年齒は 1 一十に 満た 

す ゆれ <^、 ぉ妒 びて^ ゆる IT 心性の 普通なら ぬ を 表す はや。 げは 乙れ 一 箇の 尤物、 世の 俗 

お 0- さ: LJ さ フビぃ ^ .J^i ん きり や、 ゥ し 、い. C てきしんび が. C ^ ;を くお; しる 

ぎ めて ぎ 世の き 人^も た、 へつべき 容色 なれち わが. 詩人 的 審美 服 を もて 見れば、 をの 薄き 唇 さ、 

^み? fe^ のお あいしからで、 M を 見る たびく に 嘲笑の 色 を 帶ぷる は、 明白 k 渠が 心の底に 潜める 

じ や を _0 がう まん きしゃう み を . さう ゑんまん かじん み • , 、ゥ . * _ r D .^u F*> IV は." > 

邪推、 傲慢の 氣 性なん き 見え透きて、 三十 二相 圓滿の 佳人 さし 見られ 得べ くも あらす。 彼等 か 入. =. ^茅る 

しく、 わが げたる 一, の&夭 は、 いたく われ を 刺衝して、 德冽 たる 北風の 身に 浸み たらむ 心 

ず どし ける。 父上 は 『雄兒 よさ どや 待ち 遠に ど わ ゥゥ らむ …… 』 さ 語 は猶耳 に殘ゥ つる i:^、 不思議 や 今 

にん がた かきけ み > 

まで ゎゥ ける 三人の 姿 は搔 消す rll 亡く 見えすな.. ぬ。 



鐃花緣 11 ^ 

^から Mis*i の て 、『ii、 S 亡な されました o』w 謂 はれて 我 はい £ 焦躁ち、 『ハ乂 よは 如何 せられし 

k ど かん & ふ 2- けつけ たづ きた たちさ 3 こ、 ろ r- > i 

eo まだが えさせた ま はぬ か』 さ 問へば 看護婦 は受附 にて 尋ね 來ら ひさて 立 去 ゥぬ。 われ は 精神の 何 さ 

なく 1511; な. CO やうに 11 えし かば、 1^の1炉1?^^船|^-、 さて 病 立ち か へれば、 はや 父上 は 

まや. つ tods S5 じ まち! ほ 

慨の11.だの&ださ|^に、 われよ .OS? く室內 に?^ L たまうて われ を 見る よ... - 『雄 兒、 さど や 待 遠し くど わ 

AycN らん 』 

lli の i ぼが i かす、 n おの 氍 はし 知らす。 われ は Iriyh は 組 I なて 首 を 垂れ、 看護婦 ゥヒ 父よ £ に 介抱せ 

られ て、 ま i さして あ 6 しきが をが II すまで は、 i 事 を も 知 さ 6 き。 漸く わが 正氣 づきた る を 見て、 父 

M もゝ し f ^ r やく をく や め こゝろ しづ きら をく _ 

*ぉはtめて1^^ぎしたらむゃぅのlk』にて、『^兒ょ、今日は例の約束は中止にしたれば心靜かに休息せょ 

l43,I"に,l^?kMがli^i^をば腐^せんタ』て£.^^A.しかミ はュき I ^ザ 俄かに S 作た る は 遺慽な 

. 1 r ^-T 5 be まつ 5 らんう ふ まこ ど のこ .S つく そ をた い t 

AVO かの艇!^か船さて、 ii まの i にあ たれる もの なれ <^、 秘: 滞 夫婦 は實 女の やうに 愛し ひな...。 汝も家 

. fl あさ. a ふじつ こん こど まつ うら あ 

にぎ へらむ に は、 1家づからの己^1^れば、 朝 ダ眤懇 にせよ かし。 殊に はわれ も极浦 もい ひ 合 はせ る を 

はしね、 II: おの S% はは、 i ぎしき さま i ひ^れば』 。が 、ねの^.^ よ..' て 我" 始めて 我 幻影 は 見た.? - 

こどが ら わがくう さう ゆめ た:;」 ろ...' 

事實 は、 我 空想の 夢なら さるに 驚きぬ。 

(其 七) 

1乙のコ&ぁ|^は、 ゼ射 わ, が i 獻 iU. 、れ の Si を!? よすが £ もなる ベければ、 わが 1 



ち ひだ いくたび たこ お を げんし やう しる 

は ある 間、 幾度 か起ゥ ける 同 卜 やうなる 現象 Ji;iCN きて は、 さの みはく だ-/ \» しう 乙ゝ i:^ 記さん ぇラ わら 

す さ 思 ふ。 

くひつ たも れい へんくつ こゝろ へんぺき ゆ ひど/ \ 

たい 乙ゝ i!:! 特筆せ まほし^ 思 ふ は、 わ、 が 例の 偏屈なる 意思の、 S よ )(.. 一 偏 僻に なゥ 行く のみ か, 人々 の 

いふ 言の葉の、 兒の手 柏の をれ ならね^、 必らす 二 面の 意味-わるらん やう は覺 えて、 賞 へら るれば 譏ら 

& ど かん 5 のゝ こ、 ろ つ ひ ひど かう さい たも. しろ 1 ゆ 

る、、 が 如く 威 じ、 褒めら るれば 駡 しらる、 よ. 心ぐ るし く、 遂,^ は 人 さ 久 際せむ も 面白から すな 4 行き 

し 事な. ゥ。 世の 人 ま 父. が 櫂 勢よ きに 阿ね ゥ 諂ら ひ、 われ をば さま-^ に 賞 めをやし な して、 親しげ 

もの ^i. く たび £ど たへ 5 る さ, かれら 、かたはら ^ 一 * 

物 S ひかくる、 し^も » からね.^、 われ は をの 度 毎に、 ぇ堪 ぬば かゥ 五月 蠅 くて、 彼等が 側 を 離れて、 

ひど ば, r さ >づ しづ しつ 50 き 5 つ 50 き はじ づ をう ねっさ こ/ち. - • D 

獨み 妄想に 沈みつ、、 靜か i£ 時 を 移さむ 時、 始めて 頭腦の 熱の 去うたら む 心地せ.. =.。 

5KJ つかう どうけ ひ つ あにう へ あ あ うへ どき さ. & おは まさ こ いっこ 力 5 しんし * 

^なく わが 一 行 は 東京に 着きて、 阿兄に 逢 ひぬ、 阿兄 は 乙の 時 廿六歲 に 在して、 正に 是れ 一 a の 好 紳士 

-p- たか ま、 くれ A ま ひろ そ CV ナふ どきち か は のした たく は はち じの ひげ ひど あいけい 

をの 豐 なる 嫩、 紅なる a 色、 卒業の 赌近 づき たれば や、 鼻下 菩 えたる 八字髯 も、 いづれ か 人の 愛敬お 

ひ はら t ゥて C. われ にくお ほねた か .S ろ あ を ざめ あ:: i5 へ に, I- ど いうく じ 

惹 か^る はなき に、 胎乙を か はれ、 をが 實弟 4a> る 我 は、 肉 落ち 骨 高く、 色 荼 白、 兄 上が 何事に も悠々 自 

どく きしゃ 5 わが さ、 や こど ^5 や を -?> に/じ ゝろ そのお もて こど こど 

得せる 氣象 は、 我 小 か. なる 事 も動ヒ 易き 死 心.^ は 其 面の 異なる よ.. ^ も 異な-? 3i 

われ かつ ちゝ, ^へ ども ころ ど か いく ひゃく 々わこうおう もつ ど め 5 しゅ きこ たか .s,^^^^^ ^ J 

我甞て 父上^ 共に、 をの 頃 都下 幾 百の 畫ェ 中に て、 最も 妙手の 聞え 高 かろけ る 何某 書 伯 を訪 ひし 時 ^ 

わ はく しろ ひ- ナ ひ^ み ひつ. -、 ゑみ も おんみ この & ろしき y のケ い 

の 盡伯は 白き 鬓 をば 掀 りつ、、 われ を 見て 冷 かなる 笑 を らし 『ァゝ 御. a 乙 を わが 此頃切 望みた る 伶 

C ん L さま よき ふんばん こど , げ , めんじ. S ^、りせ々 し.^ く 

人の 死し, たる 形相の 好 粉本に てお 6 ける よ』 さ S はれし あ 6 しが、 實 にわれ は 面 上 生色 なき 死骸の 

镜花緣 5 

— I I い 1 U Lm$^ 藝藝 SL ゆ If*-?-? メ? 1 ^ 



錢花緣 n 一六 四 

•JJ ど し いん し 、いん ゆ ゑん し さく か ほん り や 5 みづか こゝろ ズ% 々さ 

如く あ. つるな. 00 され^ 乙れ ど 詩人の 詩人た る 所以、 思索 家が 本 頒に乙 そわれ、 さ 自ら 强 ひて 心 を 慰 

こ らい L 、いんび じゅつ か L やしんせ AT ざう ど W あつ A?^ たづね み 

めた 6 けれ^、 さて 古來の 詩人 美術家なん < ^の寫 眞宵 像を苟 集めて、 打 かへ しく 尋 見る i^、 われば か 

あや や ね 50 ろ ま れ をぐ ちから う ふ かう たん 

.0 怪しき まで.^ 痩せ 衰 へたる ハ稀 有なる に、 はて ハ慰さ ひる 力 も 失せて、 みづ から 不幸 を教 する のみ o」 

をが どしつき いく ひゃく 3- へだ あ ひみ まれ て がみ わ. ゥ ふく 5 50 あ ひだ がら ひど $ 

永の 年月 幾 百 里 を 隔て、、 相 見る とも 稀 有に、 かつ ハ 手紙の 往復す ら碟か ゥ し間栖 な. しか^、 人 k 卓 

こゝろ やさし まれつ きそく いん やう どみ ひ 30 あらそ は ひ^ にく こビ てき つく てき わ >y 

れて 性情 柔和く、 夭 禀惻懞 の 情に 富て、 人さ爭 ねば 人に 惽 まる、 事 もな く、 敵 を 作らねば 敵の 恐るべき 

こど し あに 5 へ こど さら しんせつ つく こゝろ かぎ やさし もて を たな かゝ K あに 

事 を も 知らね 阿兄 ハ、 殊更 われに ハ 親切 を 盡 して、 心の 限ゥ 柔和う 待遇し 玉 ひしに も 園ら す、 われ は 阿 

5 へ たい を こし f ん こど こ、 ろ ひら わがせ. St- や S へんくつ い し へんべき 

兄に 銜 して 少も 誡實 なる 心 > ^開く 乙£ あら^ ゥ し。 われ ハ我 性情の かく 偏屈に、 わが 意志の かく 僞 僻 

つ 5 じ やう ひど &ど こゝろ ひろ やか あ へ し つど こゝろ い 

る rj^ なく、 通常の 人の 如く 心 豁達に あ. つる も、 なほ 阿兄に ハ S さ、 か « 妬の 心 1^ しさ は 謂; S がた か 

のみをら^^に いくたび い & ど せいじゃ 5 あにう へ まった おもむ 50 ころ こど 

しな ゥ。 加 之、 われ は 幾度 も 謂へ. <= 'し 如き 性情 Ji^ て、 阿兄 さハ 全く をの 趣く 所お 異に た. しかば、 

ちに 5 へ を こど & こど ふ. 'わい たね い つ かた f くお びる 

われ は 阿兄が 爲る 事、 爲す 事、 rJ 芝く く 不快の 種 さなら^る ハ なく、 われ } ^常.^ も 無く 固く 結びし 唇 

f き どくい はう げん を y あにう へ をが た み どき あやしき もの へ こつ ねん 

の 封 を 切りて、 得意に 放言せ る 折 にても、 阿兄の 姿の 見 ゆる 時 k は、 さながら 怪異 物が わが 前に 忽然 さ 

あら &ど ふた ゝ くちびる ひら ゆ 5 き 5. し を かよわ いし あ!; i 

して 現 はれたら ひ 如く、 われ は 再び 唇 を 開くべき 勇氣を 失; S ぬ。 かくて、 わが. 薄弱き 意思 は、 兄 

うへ をに &ど けいく わい たは おも こビ こど こど t せんべん つ たま は is-bi;."' や- ゥ & 

上 が 何事に も輕 快に 在して、 わが 思 ふ 事 も、 なさん^ する 事 も、 盡く 先鞭 を 着け 玉 ひ、 かの-; -花孃 の 機 

げん ど たくみ じう ぶん はを^^-ゃぅ こ、 ろ £J うち かれら き や- ^だい 

嫌 を 取る との、 われよ ゥ はい^ 巧に て、 わ、 がい ま. た 十分に お 花孃, が 心 を 得 る 間に、 彼等 はは や 兄弟の 

&ど ふ 5 ふ &ど じっこん み いっぱん ひど いた ふく わい ねん あつ あ..^ うへ かた の は 

如く、 失婦の 如く、 S さ 昵懇なる を 見て は、 一 般の 人に 抱 さし 不快の 念 は、 苋 めて 兄. H が 肩に? H ゥけ 



る o . 

さ れ^か ゝる ij の あるべし さは、 露ば か-^ も 知らで あせる 兄 上に ハ、 げ. i!d も氣の 毒なる とまて ける よ。 

いま は 1^ ちゃう お したし さ つ ズチ に£ ど しる いまし ば てみ じか どき、 た 

われ ハ 未だ わが か 花孃に 於け る 親 K 乂は 就きて ハ、 何事 も 記さ や ゥき。 今 姑ら く 簡單に 說來ら ひ。 

(其 八) 

あや ものく る た にん い け i- ちい へんぺき せ. S じ や 5 は * & おや 5 まへ こ i^- みちん 5 おく だ 

怪しく 物 S はしき まで、 他人 を容れ さ, しわが 狭隘 偏癖なる 性情 も、 か 花 簾の 前に n 粉末 微塵 打碎か 

じ よわ 5 ゐ いち だ. S の 5S '上く こゝろ 5 へ も かの をん を こゝろ いか かた 

れて、 乙の 女王の み ハ 唯 一 の大 能力 を わが 心の 上 有ち た.? 3io され.^ われ ハ 彼女の 心 は、 如何なる 方 

かたぶ こ、 ろ ふた s- お t& へや にき かの をん を かほい ろ $ か ビ 

に 傾きな た. けむ、 てれの み 心が ゝゥ にて、 二人 同ト 室に あらむ に $:、 頻. 彼女の 顔色 を 候 ひて ハ、 

をのむ ね おしはか に &ど さう だん われ まった む がく ひた をら い けん たづ 

其 胸中 を 推量 ゥ、 何事 か 相談せ むさす る さき ハ 我 n 全く 無學の もの^ »ゥ て、 只管 その 意見 を 質ね ぬ。 

かの をん を い つ? 5 ん. S つせ 5 をべ あんき • こゝろ t をり まこ ど かの をん を 

彼女の 一 籙 一 笑、 都て わが 安危の か、 けむば か..^ に、 心安 まる 折 さて ハ あら, りき ァ 、眞篚 彼女 $: 

いつ. I ん めい. ゥん さ ぃ5 だい ま き も t よわう 

わが 一 身の 命運 を 左右すべき 大 魔力 を 有 てる女 王に て あう ける よ。 

かの をん K ゆ さ、 fj んじゃ 5 はた い か あきら い か 

わが 彼女に 擔 げたる 心情 ハ 果して 如何に あう つるか、 われみ づか らも 明かに ハ謂; 3 がた し、 をハ わが 彼 

をん あい r~f を S- 5 つく み わ ねが i みく 

の 女 を 愛する ハ、 た > 小兒の 折に 美しき もの を 見て、 得た しビ願 ひ、 甘き もの.^ 見て ハ、 食 はま ほし^ 

おも かん 5J や 5 .S つ.. J ゆ .& まゝで L かん e や 5 その あ ひだ まじ おも 

思ふ烕 情の みに ハ あらで、 一 種の 從來ハ 知らで ぁゥ ける 威 情の、 其 間に 交, たる やうに 思 はるれば なり 

かの をん を ひど た. S れいたん をに £ ど れ. S せう ふく あけつ この さう ざ. ゥ y よく ど ほ 

彼女 n 他人に i5f して ハ い^ 冷淡に、 何事に まれ 冷笑 を 合み て 評ら ふ を 好みながら、 さて 想像力 は 乏しく、 

ざんにん をく いん にやう ふか か k1> こ vj よろこば こ ど こ、 ろ うな 

殘忍*^まで;^^ ハゎらね^、 よ k: づ惻 憶の 情深から す、 をう. く C 悲しき 事 嬉しき 事に も 心 を 動かさす、 

鏡花緣 . ニハ 玉 



變 鏡花緣 :ハ六 

を y くつく ゐ< ぶんかん. L み は を さき あしら れい かの をん そのころ , もつ ど 

乙 ささら わが 折々 作れ 6 し韵 漢詩 をん^ を 見て ハ、 鼻の 先にて 應ふを 例 させ ゥ。 彼女 は當時 わか 最も 

あ、", く ず tij ものがた g よ た あざ き S- やう かたち ひど &み. i」 ぐ 

爱讀 また..^ し、 傲 氏 物語なん.^ n、 讀ひ はも 足ら 卞 S 嘲け 6 しのみ か、 をの 容貌 風采 己 をハ 普通 勝れ たれ 

お- S L 、、- てきり さう か, ザ か じん を した こ ゑ t ^ さ 

わが 小さき 詩人 的 理想に 適; 5 たる 佳人に ハ わらす かくても 尙は慕 はし さ戀 しさの、 わが 胸間 を 去ゥが 

たなき ハ、 怪し さも また 怪しき かぎ なウき 

いま で, た こん ひ あご い し つよ いってつ た . 

<フ よ. ol^ ふに、 わが 他人 を 容るゝ 能 は !^;ゥ ける ハ、 わが 意思の 强 くして 一 撒なる が爲 めに も わらお は、 

-., し よわ おくび やう こゝろ fto やうち-つ せんり, やう ため にくたい じ や 5 くわん けい 

さ, ウヒ てまた 意志の あま. に 弱くして、 臆病の 心が 胸中 を 占領せ しが 爲 にも あらす。 乙ハ 肉體 上の 閟係 

て,, is^,,a ものん 1 VJ >ん を ひ まし し さ 5 い じ しも La くさ は &ど き の ス つ 

さ 夭 真物 事に 威 じ き^に よ. て、 日增 にわが 志 想の蕃 けて、 霜に 凋める 草の葉の 如く、 氣を吞 み. 水 

を ちから t いま じょじん まへ よみが へ > ビ うじ や 5 さ. of ん ュひ: こ、 ろ たゆうべ 

を 吸 ふ 力の 足ら さゥ しなれば、 今 乙の 女神の 前に 蘇生 ゥ てよ ゥハ をの 同情 同憐を * かふ V もハ 朝 夕 

た どき じょじん ゆるが :^J<そん ひど こどば し ケ ひど こ、 ろ さから こど 

に絕 ゆる 時な か. しに、 乙の 女神の 难我獨 尊に か はして、 人の 語を乐 け、 人の 意に 逆 ふ を 事.^ も^た ま 

こゝろ くズタ たもに るし み ね たま おも さ を がら 5 んビぅ しはい たま 

はぬ 性質 は、 われに ハ少 からぬ si 何の 苦 を 餐は せ 玉 ひたらむ やう は 念 はれて、 宛然 わか 運動 を 支配し 玉 

y> あ、 -ケう わ そ あけ たまがき おんまへ ひざ まづ しん w 上い か こ、 ろ わ. つら ひど i 

ふ大御 神が 爱愴 いづれ さも 分き かねて、 其の 紅の 玉垣の 御前^ 跪きて、 神慮 如何に さ 心 を 煩 はす 人の 如 

よ. にん しん:;. 1 ふ いの かひ たう じ せいじゃ- ウ はじ こ ひ 

く、 た > く 女神の 震 怒に 觸れま fc€ 祈れ. しも、 s€ 効 なきやう なれ^、 當 時の 性情に て 一 初めて 「戀」 

L あ K ザが む り I 

なる もの を 知, ci 、めた る rJ さなれば、 かく わ 6 ける も强 ちに 無理なら ぬ 7>€ 、やい ふべき。 

は をち やう した かれ かへ あだ. のケみ か は はつ は ひ , じ ゃゥ 

われ ハ かくば か 6-;- 花 孃を慕 ひける;^、 渠ハ却 ゥ て われ をして 徒勞 なる 空 望に 渴 かしめ わ や 初 戀の情 

さかん いつ。 ひん. S つせ 5 み さい を きかい み じき ゐ L 

をして、 SK 熾なら しめ、 をの 1SM 笑ハ、 わが 身 を 呵責 ひ 器械 さも 見つ ベ か 6 し。 邪推, かハ 知ら 



こんにち さ.,. ゲぅ た、, じ たも ひみ か めがみ ひ. y か おの, さいび, 55 こ > - > レ-、 

ね^、 わが 今日の 想像お もて 當時を 想 見れば、 彼の 女神 C 私に 己が 才 V 美 さ i:^ 誇る €rj る やわ .ow ん 

し S 'ん ねつ つく こ ひ まど ^ かんじゃう もてみ A- くだん せう し 、. 'ん , こ R、 

乙の 小 詩人が 熱し 盡 したる 戀爱の 的 さなれ A ^しお 見る ょゥ も、 をの 威 情 をば 弄び て, 件の 小 詩人 をば 戀 

ひ 1.^ づ しつど -3 の- 3 かしゃ せ ち さ に もくろみ 

愛の 水.^ 嫉妬の炎 さの 呵責.^ もて、 貴め さいなまん さまでに、 錢 ましく も愴 くひべき 企 望 をな した 4 し 

か ズャた だいたん もくろみ し あ 、トウへ かの ふ じん まへ せ 5 

なら ひ。 され 丹】 われ ハ彼 にさる 大膽 なる &望ぁ 6 さも 知ら さ. CS ければ、 阿兄が 彼 婦人の 前にて ハ ふ 

しん 上く ノ\ ひた,. ヒら き げん 50 かの をん ズ% よろ て . ^な-の 1 み s,f^ - 、 、 ^l- レ 

心翼々窆して只管に機嫌を取る;:^^、 彼 * もまた S さ 喜 はしげ に 語ゥ合 ふさ まなん.^ を 見る 時" おのれ 

み うへ つゆし あはれ や あにう へ かの をん 5^ もて あ もび あげくのはて しつば う ふち ねビ し. & ► く t , f , め > 

の 身の上 も 露 知らで、 哀哉兄 上 n 彼女の 翫 弄さな 6、 終極 ハ 失望の 淵に 陷れ られ て、 口惜しき 夢 を や 

み こ、 ろ ひ を あざわら ひ ゐ . 

見た まふら ひ、 さ 心密かに 冷笑 ひ 居た 6 き。 

かれ あにう へ まへ .S さ、 か は、 いか われ あい こ ひ i-sd . 、 k . 

渠ハ 阿兄の 前にても、 些少 も 憚る さまな く 我 を 愛し けれ $J、 戀人 さして 愛せし i^n わらで、 さる 浮きた 

.. こど を こ し やみ .S つ こ こ は」 も み は 力 i 

る事ハ 少しも 知らぬ、 病 ほ-^ けたる 1 簡 の小兒 さしてな.?^。 われ n 乙れ を 見る につけても い^ 齒痒 

ちに うへ こゝろ おちる ふた a ほか あ おうへ 

きこ さに 思 ひて しか.^、 かくて ど 兄 上 ハ ぃさ、か心の落居た.<^しならむ0 され^ 1 一人の 外に ハ、 兄 上 ハ 

もちろん たれ ひど 3- 君 かれ ひざ もた うれ , こ f.- も i , . 乂, ど 

勿論 誰 1 人^て? P あらぬ 折 ハ、 装ハ わが 膝に 凭れ か }ゥ て さも 嬉しけ に 小兒 らしき ク ダラ ヌ事を 語 6 

い からだ うち ふる み ほ、 t*J こどば はしく み そぶり あに. ゥへ 

出で、 わが 身體の 4^ のづ から 打 震 はる! を 見て ハ 微笑みて、 語の 端々、 身の 素 振に, 阿兄よ ゥ はわれに 

ふか こ、 ろ . ほのめ おろ のケみ しだい ま はふ わが こ、 ろ うお P . '\ 

乙, V、 深き 意の ぁゥげ に微見 かしければ、 わが 愚かしき 望 n 次第に 勝 さ A- て、 今日 や 我心 を 打明けん 

あ *V たかね は& て こ、 ち あだ ゆめ わがみ > あはれ は:.^, I - 7 

明日 乙 そ ハさ 高峯の 花に 手の ゆかぬ 心地して、 仇なる 夢に あ 乙が る i 我 身 ど、 哀 にも 果敢な か A ^ける。 

(其 九) 

鎳花緣 1 六 七 

a lft^0 躑ー ^ ぶ? If ズ,? VT 



鋭 
花 
緣 



渠 をば 得らるべき や、 否や V の、 趴 If ま|& さの き に 酽らる i% に、 n が 1 まゥ お射め る 劃; S き 雛の 嗽 

前に あら tt る! 時 n、 さながら^ 風 1.^ 酽れ たらん;^ • せられ、 "の > が き きも、 1! の: g の in: し 一 

こ>、>^,\ レビ た 、いこ ひ はう じゅん よ ひつぶ 

き 嵐 もめの 外にな. て、 われ ハ 唯戀 情の 芳醇、. £醉 着れ ぬ 

宿酲 S まだ^め やら さるに、 わ れ n また ひ 「i^ ほき I: しき li の, Is さ はされ ぬ。 ;^!!のぉまもはゃー 

果てなん ざしけ る 折の rJ さな う き。 ゃ花孃 i 二十 年の 誕 4、 日 しかば、 われら、 はお^^き を か視 影」 に 一 

さて 貺る 約束 をした. < ^しに、 われ ハも^ ょゥ 價貴 き 物品 を貺 得む よすが £ て も あら^. <rv けて^、 s^gi 

の 奮體を もて 財 囊の底 を はたき、 才.' パルの 指環,;^ 賈ひ 求めつ、 ^^て之をば紙にっ1みて か^観.が^ゥー 

ぬ。 われ ハか 花孃に 手渡せる 折 言葉 を 添へ ぬ 『乙 ハ價 ぎな きぎが がに "あれ^、 をのお お Ife する^に、 j 

$ * , レ„^ 、 ' ? ありさま たま しひ にんげん じ やうたい に し じ 乞 2 く J j 

さまさまに 色 を は 力 ゆる 有様の、 さながら 魂魄 ある 人間の 情體 にも 似た らん かし。 rjn 詩人なん.^:^ 鉱ー 

~ \ V 、 , たも ひ おんみ ちた ひ ひく うお を たま ふ たい いろ ; 

物に n いさ 相應 しさ 思て 御身 k まゐら せぬ。 價値ハ 低し S て 打棄て 玉な。 但 乙の 色のう つろ; 5 やすき; 

ふ じん ま 4^5 こど .f,- びわ & どこ、 ろ もた ま / ; 

n 婦人た らん もの i 學 ぶべき 事に あらす、 かまへ てての 指環の 如き 心ば し 持ち 玉 ふな』 0, 一 

わ. 5: わが 貺 4 し苞 St:- 、 價値 N> を 泡 人のに ハ劣. CS たれ、 兄 上なん が 俗臭 を帶ぷ もの^ ハ較 ぶべ くも" 

> > ' > - * - > ^^>.'^s, あつま わんく わい せきじ や、 ゥ こうどう まひる &ど かい や 5 ち をん か やよ, 

あらす 早く 夜に 入れ かし、 かの 客人 達が 集れる 宴會の 席上、 紅燈 白日の 如く 輝け る 中に、 かの! 

C ころ た 力ん t& み つまべ に しろ パ さ,, ^せ,, i ^< ^ > ; 

生の 頃の 箏 さも 見つべく、 爪 紅 ほんの. さ 白き^ にか れる 燦然た る 措 環 を 見た らん k ハ、 誰.^ ハ わ:^ 

美術 心に 富みた る を 賞へ さるべき。 、M 勺 か I 具 めをやす を mi きて、 i きさ, か^び を、 2mM 



わが かろ ざいの、 ゥ さかさま せいし いっせ、 ゥ あが & VJ みく. • し か 

にも かへ がた けれ。 我輕き 財囊を 倒に して、 西 施の 一 笑 を購; 5 得ん にハ、 マ 11 ラの 富鬮を 買;: S わて たる 

きな ゆ t5 々れ きた よ • 

にも まさ 4 ウベし 求れ 夕 暮ょ、 求れ 夜よ。 

いつ ひど ひあし あゆみ はふ おそ よ ゆるく はっぴ やく やち やう た ほ ち は 5 

何時 さても 等し かるべき 日脚の 進步 ハ、 今日の み ハ S ざ遲 くして、 夜 C 徐々^ 八 百 八 街を掩 ひぬ。 地方 

もんち まつ、 ゥ らし し ひど f たび; そら うか 5 

にて ハ 門地た かき fei^ffi! のこさ なれば、 知れる 人 も 少なから ね.^、 旅路の S なれ ば^て タザ ト 同行の 1 

れん にん ち ぃ5 せう だ. S せう ん まくら!^, し や ほ まつろ A?- し 1? つ は や:;」 y ビ どき 

連 さ、 四 五 人の 知友^の み を 招待して、 .5* 宴 をば 枕 橋の 八 百 櫻 上に 張, ぬ。 われ ハ旅宿 を 出づる 時、 

かしら ち、 ねく たま べっこ ふ くし あに 5 へ きん あし ぶ たま 

頭に n わが 父の 貺. 玉 ひたる 鼈甲の 櫛 も、 兄 上がお く 4 たゥ さいふ 純金 足に 五分ば か. の ^ ビ I の珠を 

そく B つかん ざし か 5 ビら あかしち 、い み ひどへ は ちゃう をが た しばし み ど ゐ 

つけたる 束髮 簪 を さし、 いさ 高等なる 明 石 縮の 單衣 をつ けたる 4- 花孃が 姿に、 暫時 見惚れて, 居た. し 

こ ゝろづ S- や、 ゥ てみ つね は きん ゆびわ ほか ひど ゆびわ み 

が、 心附 きて をの 雨の 手 を 見や しか <^、 平素に 箝 めた 6 し 純金の 指環の 外 は ハ、 一 ッの 指環 だ も 見え 

じ むタ かの をん & はう 、ゥ ちみ かれ. け 5 せん び せう いっそ 

さ 4 しかば、 一 時ハ 勃然^して 彼女が 方 を 打 見や. し 渠 が嬌然 たる 微笑 ハ、 19. 素に か はらす さて 

おく ひどし は おも こ、 ろお ゐ ふた、 かん 

ハ われよ. 貺. た. さ, 人に 知られん こ € を羞ぢ たる や € 思 ひて、 S さ i か 心 落ち 居し が、 再び 者が 

あにう へ たく もの ひビめ ふ かしら 5 へ かざ ほJ^J おく ひど 

ふれば、 兄上ょゥ貺-^し物ハ人の目^^:-觸るべき頭の上に簪せる程なるに、 わ. が 送 ふし もの i み を、 人に 

こ、 ろ わ かれ む ね しゅろ、 ゥ ゆ のち に は ひど お SJ ろ こ、 ろ 

かくさ ひ ハ 心得が たき 渠が 胸裏 かな。 た > し 酒褸に 行きて 後に、 俄か; ^人お 驚かさん € の 意匠に もや^、 

しづ むねむ り か.. -こ ゆ さか づき いくたび むしろ ひど.,, (\ぎ よく ざん をで くづ 

靜 まらぬ 胸 を 無理;^ しづめ て 彼處に 行き しが、 杯ハ 幾度 かめぐ. て、 筵に つらなる 人々 玉 山.^ れて、 

ど を ざ L き L 上く き かくさん た :-」 ろ くるま りよし ゆく のち • し いん いし, やう こ 

隣う 座 數は燭 消え 客 散 卜た るに 驚かされ、 車 を つらねて 旅 宿 はかへ みし 後まで も、 詩人が 意匠 を 凝らし 

たく ゆびわ .S ち びじん ゆ. ひ の ほ や 

て貺, たる 措 環ハ、 一 度 も 美人の 指頭に 上らで 已 みぬ。 

錢 花緣 1.K 九 . 



m: わ 


太 ま It 


の 


力 > 


ま 


m 


b 




U 渠 ま: 
m t 


わ 


を 


れ 


息き 


し 


£it ほ 


< 


ふ 


玉? に 




m つ 
邊る i 


が 


< 






て 


しば 






ふ 着つ か 


し 一さ 爱ミ 

si く 入 ほ 情 









さ 


る 


ひ 


や 


な け 


の 


に 、 




の 


き 


る 








ら て 


指 ま- 




さ 美 も 
ん し< 


を 






n 


心ミ 


覺 g 




る 


め 、 


環 わ 


j が 


籠 こ 


も 

月? 




b 


をろ 




、 





古つ 

>K か 


iJJ だ 


へ 心ミ 


や う 


め 


b 




有 も 


て 




人? の 


て のろ 


う 見み 


た 


も 







ち 




n 




知し 間 ま 


し 


何 1 m 
爭ど b 


も せ 


る 


g め 


1 








再た 
び 5 




れ も 


て 


な し 




は 


6 










す 離 g 




を It 


く め 


%1 


入い 






し 




^1 
袋ャ 




~ 'お ^ 
人" 、* 


わ 


も つ 


、 け 


rt の 


ら 

す 


全? 




な 






が 


い れ 


k る 


、 


いこ 




ら 




1 ひ 




が る 


憑 あ 

炎い 


は な 


の 、 


わ 




わ 




ん 




入い 




ml ^ 


す 


す く 


夜よ 黑 4 


け 


>ミ 


が 




は 


を 


れ 




心さ れ 


る 


^ て 


ハ m 


も 


r» ろ 


理り 








ん 




を 


詩し 懷貪 、 

AX 中 S わ 


ibl の 


な 




性 S 




、 


い 






通 1: 御 X 


し 装!? 


< 


の 

*^ ノ 


を 




肌 g 


ひ 


は 




は 身み 




の が 


も 飾な J 






失 5 し 




身み 


出い 


せ 




さ ハ 




心せ ま t 


けう- 


は 


ひ を 






で 


で 




ひ 世よ 


わ 


一り の 6 

袋 1 ml 


^ た 


ら 


な 


け 







\ 






t の 


れ 


ん に 


れ 


b 


ひ 




け 




左 




^が 入 ど 


r\ 


k 實ど 


ま な 


し 


ぬ 






て 


IP 


のり 




ふ の 


御 X 




で 6 


の 





田お 
も 




置お 


ft 


mi 




妾 わ 目め 


身み 


出 も 容ぃ 


明 あ け 


み 




ふ 




f3、 


づ 






が R 


の 


し れ 


in る 


か 




ば 




れ 


ら 


I ひ': 




心ミ 見み 


賜 § 


、 さ、 


し に 


、 




力 > 




む 




辩は 




をろ ら 


物 あ 




去 、 


兄き- 




h 






集 力れ' 


め 




ば れ 


な 


重へ 1 


b わ 


丄上 




彼 あ' 






が 


れ 




憐 Pa ん 


れ 


三み の 


、 力 > 


が 




女え 








る 




みお' 表ォミ 

も 面 5 


ば 


重へ 恨). 


翌^ 口 も 

朝 t 惜を 


貺? 




1 ひ 




わ 


をろ 








1' こ め 






醉ょ 




が 


1^ る 






せ のら 


思? 


卷ま し 


渠ず: し 


物 あ 

^74 レジ 








本 ほ 


し 


わ 




や み 


へ 


5 さ 


が さ 


の 




て 




意い 


め 


れ 




、 の 


ば 


Z よ 


起た 、 


み 




ぎ 






し 






不 A 愛 こ 




め t 


き 嫉 すき 
出い t 


時? 










雙 f 




足 7f 情 ひ 




た mt 


を 






し 




艇? 




が k 




る て 


づ し 






ば 
力 > 

が 

間!' 

た 




も 


の 


焚 も 




ま Z 


耻? 


緋ミ- ば 
縮め 1 


る さ 


顔 は 






の 


面お 


ゆ 




し k 


力 > 


を n 


に 








目 も 


る 




^ 、 


し 


緬 A 渠 で: 


遲 g ノ 


燦ぇ 








無& 


ば 




事き よ 


な 


の は 


し 今^ 


然? 








さ 


fj、 




を し 


が 


帛 R 例る いど な 


t 






田 お 




h 




謂い € 


ら 


の の 


待 ま か 


し 






は 





It 






わ 


裏き 冷 ち ノ 


て 






す 


渠ず: 


血お 




た 覺?! 


が 


よ 笑? 







七 



(其 十) 

あけくれ かれ あ ひみ あ ひかた こ よ たのしみ た: Si こ ひ みち その どき/ <、 たのしみ くる 

われ c 旦暮に 渠ど相 見- 相 語らう をば 此 上な き快樂 さ^ける に、 迪ゥ なら はぬ 戀の 道、 其 時々 の 愉快 苦 

しみ ひ おく いま まった かれ ^ れい かれ, かた ほ ノ み- み i り t > や! 1 ゆ— 

悶に うかく S 日 を 送, けれ^、 今 n はや 全く 彼が 奴隸 £4 &ゥ はて i、 渠か: t 煩の 微笑に ハ身體 の 疾病 

どみ わ を かれ いっぺん ひそみ しょく た いく * ちん ill.- ろ * , > 

も頓に 忘れ、 liT か 一 dt の镖 蹙にハ 三日の 食お も絕 ちつべし。 みづ. から をの 意氣 地な きに 驚く はか.^ にな 

そのた ひど むか へんぺき きしつれ. & & ど ち、 5 へ あ に まつう らし ふ 5 ふ * 

ゥ ける が、 さて 其 他の 人に 向 ひて ハ、 偏 僻なる 氣質 n 例の 如くに て、 父上 も、 阿兄 も、 极浦氏 夫婦 も 

たれかれ 5 る さき かん いま かれ 、 あや こ、、 ろ ♦ ^はく,, は:; 

誰も 彼 も、 われに n こ *w くく 五月 蠅 ものに 烕 卜ら れて、 今ハ だ. 5. 渠 のみ ど、 わが 怪しき 心の 沙漠の 綠 

野^も S ふべ か, しなる 

ゆびわ こど のち 5 への こう >4 -ん びじゅつてんらん くわ. & み ビ-ゥ だ ゆ 3 

かの 措 環の 事の ぁゥ ける 後な 6 き 0. 上野 公園の 美術展 覽會を 見ば やさて、 一 同 つれ 立ちて 行きた. き 。わ 

くわい々 わて うこく しか 5 どう み どき いつ ひじ やう こ、 ろ ら-ゥ X S つ 

れハ繪 害 彫:^ なん^、 わが 嗜好に 投 せる もの を 見る 時 ハ、 何時 にても 非常に 精 祌を勞 して、 好からぬ 結 

くわ きた こど け ふ さんか 5 しつ みかへ を, L つ ぃ* 

果を來 せし 事 も ばくな. しかば 、今日 もゎづ かに 參考室 のみ を 見て 歸らむ S て 其の 室に 入ゥ ける に 

もつ ど わがめ ひ かの を, がし ふで を よ iij ぎみ ゑ 

最も 我 眼を惹 きし ハ狩野 何某が 筆に 成れる 淀 君の 書な. き 

かの ねい さいか タち. た 5 し う を こ * & ふ せい をし やく た そけん 5 へ やくせん ど 

彼侫才 滑智に 長け て、 牛を賣 6 損; S し 風情 n、 わ づか數 尺に 足らぬ 素 編の 上に 躍然 芝して われお に 問 

もゝ てんこう.. tds 5 ら も こ 50 め 5 き は そ. のがん くわ 5 をる:^ を か いつ 

は > 桃 山 御殿 興. 13 の 恨み を 塊ら さんば か. なる に、 殊さら 妙 を 極めし ハ、 其 眼光の い^ 銳 かる 中に、 一 

しゅれ いせうて. りろ 5 いろ お もの ひど こ、 ろ 5 つ. S だ ち ど 5 らみ , 

種 冷笑 嘲弄の 色 を 帯べ る さま、 ま rjs に 其 人の 精神 を寫し 出して、 些の 遺慽だ もな きに、 われ n さなが 

ま わ 5 か をし ば あ あや かんじゃ f つか 々わさ まへ た 5 し^ 

ら 魔王の 金縛ゥ は? gl ひけ ひやう に、 S しき 感情に 誓 まれて、 薔 像の 前に 立てる ま i、 われみ づ から を 失 



鏡 花緣 一 七 二 

う 茫然 ゥヒ して 居た 6 けゥ。 

ち、、. T- へ このて い み れい やま ひ おこ ざんじ たもて づ を 5 ひや かK^-た に は 

父上 ハ此體 を 見て、 『また 例の 疾病の 起ウ ける よ、 さらば 暫時 ti; 外にお. て、 頭腦. ^冷せ かし、 彼方の 庭 

ベ んち た み かしこ いこ み を は ま にん 

(長椅子 を据ゑ 置きた る を 見 たれば、 彼處に 憩; S て、 われらが 見 了る を 待て かし』 とて、 われ 一人 を 

お たちさ たま りょくいん きょ せいたい *^ めら <i> べんち み よ ひ や. L をつ ばくら め 

措きて 立 去 4 玉 ひぬ 、われ ハ綠裔 淸く靑 苔 滑 か あ) る あた. に据 ゑた る 長椅子に 身 を 寄せて、 雛 を 養 ふ 燕 子 

ど 5 ち をが たれ L や 《ら て わが かた おは 

の 飛び かふ さま i^.^ 打 眺めて ぁゥ たる k、 誰さハ 知れす 柔 かき 手の、 我 肩に か-, ^ るを覺 えた, 

ふ じん て i& んら ま りき も をに L ゆく わ. S くび ち 5 お 

乙の 婦人の 手ハ 何等の 魔力 を 有ち たゥ けん、 われ n 何 £ も 知れぬ 偸 快なる rjl ちに な. て を 仰げて 打 

み は * &や. - やう さき. み 上 $j ぎみ ほうふつ も がた もた 

見やれば、 か 花 孃が過 刻の ほ^ 見し 淀 君に * 髴 たる 容姿して、 ゎれに凭れか-^„^たるJi^ど、ゎ.<^けるo 

15- つ ひ けし a- また、 くま きさ み あんく こくり いいみ しばし も ひだ 

さ れ^この 夏の 日の 景色 ハ瞵 間に 消え去 ゥて、 身ハ 暗々 黑 裏に 入 ぬ。 入. しさ 見し も 暫時が 間にて、 

でん びく わ 5 がん せん し だい ひか 《- ま きた 3- われ いつ ち、 5 へ し よさい 5 ち も は 

1 點の 微光、 眼前に あら はれし が、 次第に 光明 を 增し來 て、 吾ハ 何時しか 父上の 書齋の 趣に 座 6 た 

$ L しゅ く つう はんもん を や もくねん ひか:? ひどし ほ あか 

われ ハ何 さも 知れぬ 一種の 苦痛 煩悶に 惱 まされて、 默然 さして あ. < ^ける J!!£、 光明 C 1 入 明るくな ゥ まさ 

ゆんで てしょく たづ さ れい れいがん み いり きた 

うて、 か花孃ハ左手に^燭を携へ、 例の 冷眼 もて われ を 見つめつ i 入來ゥ ぬ。 

お-やう しろ ぶ だ、 つ ふく み :1} りい ろ はう せき つく じ やぎ や、 つ かざり む ね さま けんお も われ 

か 花 孃は白 き 舞蹈 服 をつ けて、 綠 色の 寶石 もて 作れる 蛇 形の 装飾 を 胸部に つけたる 樣は、 一見 思 はす 我 

せん S- つ きちが ひ ば か んち てし 

を戰慄 せしめぬ。 かれは 『& 人よ、 馬鹿よ、 汝は な^ 手づ から 死な るよ』 ^stt まほし け はまた われ 

にら を らく そこ お こ、 お おは さけ しょさい らふ 

を 睨みぬ。 われ はさながら 奈落の底に 落ちたら む 心地 せられて、 覺ぇ卞 アット a. びた るに、 書齋 も、 瞻 

,f は ズ£? や. つ t き う ひど: y ベ んぉ 5 へ ゐ ねむ ゐ 

f . A 花孃 もみな 一 將に え C せて、 われ は 一人 かの 長椅子の 上に 居睡 ゥ乙 けて 居た ゥ き。 



. のお, V たつ. おそろ げん わい き や 5y げ いれ くるしみ ひど かた いま にくは^ 

乙れ よ ゥ後數 日が ほ-^ は、 の 恐し き 幻影に ょゥて 胸裏に 投 入られし 苦悶 は 一方なら す 今 は 肉 體もそ 

くつう わか ゆ こ、 ろ ば-り まほろし をか^^ まこ ど 

の 苦痛お 分た むさす るば か OJ^ なゥ 行きし か <tl、 わが 心の 1 方 はて は、 乙の 幻影の 一 半 だけ は 具實 なれ 

i, の こゝろ たいま つばら つま まこ ど かゆ を ス る ^^AVH 

かし^ 祈る 心の 絕間 なか. き 詳 かにい は V、 か 花 を 妻に せんこ さは 具實 はて、 彼女が われ を 冷遇す る 

つたく そらな ど ねが こ、 ろ せつ じつ かく £ど かれ . ど , T 

とのみ は 全然 空 事な らんと を 願 ふ 心 ど 切 き。 われ は實に 此の 如くして、 渠が 一 聾 1 笑の下.^^ わか 

せいし かけ まで こ ひ また ゆか 

生死お-も 賭む ざする 迄に 戀し くも 亦 幽し か. き 

ど 5 けいし おう よこ はま かま くら きんばう め. sfl よこ せき のこ くま けんぶつ . 

東京 市中 は S ふ もさら なゥ、 橫濱鎌 倉 ん *J 近傍の 名所 古跡 は殘る 隈なく 歷觀 せし か は, S で や これよ 

まっし ま はんぶ つ しゅったつ せんだい ゃビ ゆ ふべ まつう らふ じん しょき あた f んた いひ じ やう をゐ じゃく たび 

.0 核 島 見物 に^て 出立せ しが、 仙臺に 宿れる 夕、 ^浦夫人は暴氣に中.=^て、 身體 非常に 衰弱せ しに 旅の 

ゃビ 《- びん たび まつ.. J ま ざつ ど はんぶ つ ふるさ ど かへ こど 

5? 居に かくて わらん は. S さ 便なければ、 乙の 度 は极島 をば 簡略 見物して た》 ちに 敌 國は歸 らん さの 事に 

さだま か げん わい まこ ど L おも こ、 ろ せつ ねが は か..^ こ 

定 6 ぬ。 われ は 彼の 幻影の 眞實 や、 あらす や を 知. たし W 思 ふ 心の 切な. しかば、 願く は 二三 日 も彼處 

5 ね も ばっせ ふ おも ねが さう-"^、 へ r » 

に 逗留して、 思 ふま、 嫁涉 したし 芑思 ひしか^、 わが 願 ふま ゝに もなら ぬに、 シ ブ^, \- 同意 を 表して, 

い つか 5 ひどく ども を i た f ほが ま ふね S f うんか へう ベう あ ひだ ど A. の 

一行の 人々 k 伴 はれて、 蟹、 が 燒く鹽 釜 K つきぬ。 乙 乙よ. o« を 雇うて、 纜を 雲霞 縹緲の 問に 解けば、 其 

ふうけい げ s: わい み こど K„b ざんじ ばう せん 5 f たいくわん の ま ふ. W 

風景 さながら 幻影に 見た. < ^し 異ら 卞。 暫時 は 然 さして rJ の 宇宙の 大觀は 呑まれて あ, ける 問に、 « 

まっし まわん ど 5 つ - 

は 极島灣 頭に 着きぬ ; 

、 み * ま© ろし まほろし さき まほろ.." あだ &ど のち まぼろし 

さて はわが 見し 幻影 も、 た >S たづら なる 幻影に は、 あら うき。 前の 幻影の S 事なら すば、 後の 幻影 

S!t5 たいお じ や 5 あだ ゆめ ど かく は を ちゃう つま 

さても 亦 一 壌の 虛 夢に はめら^ら ひ。 よし、 鬼 k も 角;^ も か 花 孃ハ、 Q が 妻 さ乙プ でなる ベ けれ。 

鏡花緣 1 七三 



I 鏡花緣 一七 四 

(其 十 一 ) 

に はも tJ しらぎく. しも し ^fj はる ほこ あ. ゥた うき やう 3> いづ あき あ いちやう かれ , k , > > 

面の 白 * 霜に みて、 春 は 誇 6 し 櫻 祧杏李 孰れ か 秋に 逢 はぬ ハ なく 一 樣は枯葉さ.*^-6て, 金 S はな 

あは あは もよ じ せつ はし ひどし ほ か み わが こ、 ろ あた > ゾ〕 し >t^"v 

ぶら る 2 ど 哀れなる rJ の 哀れ 饉 ほす 時節 n 端な くも、 1 層の 悲哀 を 我心に 與へ たゥき をの 年の^の 

i JJ-tJ あにう へ i$f けっこん やくそく かた ら. S しゅん さら/、 おもてだ がふ <ip ん めい , ) . 

末つ? 5、 阿 お 『化 is ハ、 S よく 結婚の 約束 を 固め、 來春 早々 表立ちて 合 卺の鱧 を擧け ひさの 乙 も 

ちき l,.*-/- ^き フが A を. しみ い か しんや 50 もしび くろ ビき おも ゆめ おそ S, 

明らかにな ゥ ぬ。 をを^^にせし時の我悲憂ハ如何な<>しど0 さながら 深夜 燈火黑 き 時 恐る しき 夢に 魅^ 

こゝち こ ど まこ 50 X たも ゆめ はや さ ゆめ 

たらん 6 他して、 か-^ る 專實の II® に 世に あるべし さも 思 はれで、. 乙の 夢 早く 覺め よかし、 さ 夢なら ぬ 

ゆめ ま v{ くひ , 

夢に 迷 ひける も 幾日な ゥ け ひ。 

まっし ま あ を わが げん わい じっさい は 5 ふつ あ KI? つ ひ , > ^ 

われ 核 島に 遊びて、 我 幻影の 實 際に 髮髴せ しに 會 ひて ょゥ、 か 花 孃ハ遂 は n わか 細君 さな 6 なむ £ のぶ、 

つい i JS> も VJ まこ ど どき のケみ つね 、 . お: み 

影の、 また 波, の 面の 泡沫なら で、 具實 なら ひ 時 わるべし さの 期 望 n、 常に わが 胸裏に 充ち满 ちて あ 6 け 

れ^、 か 明々 白地に 乙の よしを か花孃 にう ち 明け ひ^ C 思 ひ 立ちし か *^、 か i る險 腿し き 戀の途 に 

ふ - ふ IC" つ くち £, を むかし くや かれ かんじゃ 5 

ハ 踏み もなら はぬ 悲し さに、 何時 ざても 口に ハ出 だし かねて 過ぎに し 昔の み ど 悔みつ i、 彼 C わが 烕情 

もて あそ つ ひ しつば う ふち たどし い 

を 弄び て、 遂に われお 失望の 淵に 陷れ ぬ。 一 

お われ にお 望の, に陷, ^ぬ。 され 1^ われ ハ 7- の 深淵の 裏に あ..^ ながら、 誰 やらん われ を 

お ノ X き やう;、 をく あ ひど こ、 ち あからさま あにう へ かれ かた 

ばも^ のダ夕 望の 境 8^ に 極 ひ 上げ ひ^する 人の わるらん 心地 せられて — 明白 はい は-^、 阿兄 さ 集^の 伉 

らひ ひさ を かた たま ふた ゝ わがて ぃビき たも 一/^ . 

儷 n 久しからで 仲 絶えて、 乙の 玉 再び 我 手に入る 時.^ るべ く S はれぬ。 



われ ハ かく 五里霧中に 彷德ふ 身の、 一 點の 微光 を はるけ き 彼方の 空に 認め 得た らん やうなる 想す る もの 

かれら ふたり むつ ま み こ、 ろ こ、 ろ しか しづ • ^、"^;^ 9 t rk 

-ら、 なほ 彼等 二人が いさ 睦し きさま を 見て c、 心 k 心 を 叱 6 て やう-, \靜 めた る Y もの はしな く 



U ^ さ こ き ね KI く まくら かみ ぬら .S く 上さ X を あ 力つ ftu L5 

も 1^ の 起ゥ來 て、 i まし さ、 口惜し さ i:^ 枕の 紙を濕 しけむ も 幾夜 ど。 か-^ る 夜 を 過,^ せし 曉 k ハ、 霜 

さ らく ヂヮ $ 5 ^ あさ 2 だき くわん L ゝ よて の やま わ ^ まし" X 

に » えたる 落 i: のな は 山の &に 落ち あへ ぬ早晨 に、 1 卷の詩 書 を 手に して 野 山に 分け入 6、 自然に 紫し 

て ひ is^ の. を 家 ぎ 服を拂 ひ、 日& ちて 四顧 冥 矇ゥヒ なれる k 驚かされ、 心なら す も悄々 家に 歸-. -て、 をの ま 

ゐ. ま し し 上く わん 》K ザ こ さ じ しんき さう せん 一, H J/^^ 

かの が g 室に たれ 乙め-て、 强; S て 書 卷は眼 を a らせ ば、 1 時ハ 心氣爽 然もな 6 つれ^も さて 伊の 二 



K て しつ,」 U へい ムん くひさん どう いし & VW どび ち にお せ: ゥ あ た 

だが あ 動お ^?ハ、 滿膣 k 潜める 嫉妬、 不甲 n、 噴火山 頭の 石の 如く 飛镦ゥ て、 一日の 淸遊も 無益 はな 

ぬ かくてが を^る ま i ;^、 ^身 を 果敢なみ、 乙の 世 を味氣 なむ 心ハ S よく まさ ゥ行き て、 かのに 

i に i ける の 1 皆の Iti さへ、 今ハ 眼前の 渴望さ 悲哀 さの 暗昧を 照らし 破ゥ 得す、 終日 昏々 € して 

>ク こ, こ ひ L つ 5?rv らくたん よ. S ど こ らい L 5 'ん など こ、 ろ たの > - つき 

一室に 籠 6、 かの 戀愛ゅ ゑに 失望 落膽 して、 世 を 厭 ひける 古來の 詩人の 如く、 心なら すも樂 しから^ 月 



日 を s^:, 'ぬ 







S れひ ひど や 5, ちつ, を > た,. ひ >5 . I を".. ゆば」 



われ ハ かく 憂愁の 牢獄の 裡は 繋がれた る を、 誰れ 一 人 この 中よ ゥ救ひ 出さん 卞 慈悲心 わる 人な く わか 

ち、 うへ L やうが S を 、じど L い だ ね も われ ゅづ ざい さ.^ . ふ々 づ ザう ひ 

|<.^さへ、『かれハ生亟何事をも仕出さ,>0思ひもょらす0 かれ ハ我 ょゥ 讓受 くる 財產を は、 徒らに: 

する のみに て、 i& き 1 つ ^2,1 終るなら ひ』 な^、 いさ 冷淡に われ を 顧みた まひし ほ^なれば、 其 他の 衆 

S つか 5 む どんち やく こど わ w 

が 1 向に 無頓着な ゥ ける も、 道理な ゥ け- 



鏡 花 緣 一 七 五 



鏡 花 緣 ■】 七 六 ^MIK. 匿 

上 ひど たの ;. -ら、 ひかり ちた たいや 5 あんたん くろ かげ ズゾ その ど. し 

世の 人に C いさ 樂 しく 麗 かなる、 光輝 を與 ふる 太陽 ハ、 われに のみ 暗澹たる 黑影を 投げて、 其 年 もはや 

々わつ て- 「らいきた かせ を さ f ほか あた、 げんくわん た、. fv おから ひ かげ 

十ニ月^4^^ゥぬ0 朝來北 a 収まうて 思 ひの 外に 暖かなる に、 われ ハ玄關 の ほさう に \ィ みて、 力なく 日影 

もど ど ふゆ! をが 5 つか s- . た S 'ひどつ ど も かひ. S ぬ 

を 索め て 飛び 亡ぶ 冬蠅を 眺めつ!、 呆然^して ねた..^ ける は、 われに ハ 唯一 の 伴侶なる 館 犬の ポシ Y ィ 

を ミちふ そば 5 づくな ゐ い か はは たちあが 、ゥ まや かた はし ゆ はげ 

が、 尾お 打 掉ゥて わが 傍に 蹲. 居た るが 如何にし けん、 俄かに 蹶起 ゥ つ、 厩の 方へ 走ゥ 行きて、 烈しく 

ほ た: Ji ろ ふリ かへ ち へ いづこ ど ほの こゝろ ば C や 5 ふく り ゝ み か だ 

吠えた つるに 驚かされて 振 返れば、 阿兄 ハ何處 へ か 遠乘を 試む る にゃあら む、 馬上 服に 凛々 しく A を 固 

くら s へ むち & むつ、 つ & いま こど 、つち あ はづ 

めて、 鞍の 上よ ゥ鞭を 鳴らして ポゾべ ィを撻 ち 居た 6 き。 われ ハ今か } る 事まで も 打明けん ハ、 S さ K 

わざ その どき し わざ か ,、 ね も くちびる ゑみ た、 

かしき 業 なれ.^、 われ ハ其時 ポヅぺ ィが 所業の、 S しく も如此 なしけ るよ さ、 思 はす 唇邊に 微笑 を湛へ 

じゃねん わ だ ち y. ゥへ もこ へだて & ゝろ 

fpo われ n かば かゥ邪 んめ蟠 か 1?y てぁゥ たゥ しか^、 阿兄 ハ 少しの 隔心だ も あら^ ゥ ける にや、 

かた み ゆ,? * し おんみ f( ひ かりい きふ さ y やま ひ こ よ 

わが 方 を 見 かへ. CS て、 『雄兒 よ、 御身 も 折々 ハ ポゾ ぺ ィを牽 きて、 游獵に 出で よ 。氣鬱 の 症に ハ此 上な き 

藥石 にて ど あるべき は o』 

. (其 十二) 

きうつし や、 ゥ あさ た ft?.- つ やま ひ やま ひ たんみ ら 

氣蟹 症? さても 淺 はかなる 乙 さおい ふ もの かな。 誰れかは氣鬱の病にか.,^=^たる、 さる 病 は 御身 等/^ £ 

こゝろ いやし むね ぜま ひど 5 へ し さう ど いか やま ひ かゝ 

き、 心 鄙く 量 狭き 人の 上に 乙 を あらめ。 われら 詩想に 富める もの i 如何で さる 病 i ^罹るべき。 もし をれ 

上 こど ふへい い うつく たの ■ さまみ f> 、いん どくせい 

乙の 世の 事に K. 平 を懷 だきて、 鬱々 さして 藥 しまぬ 風情の 見 ゆる は、 えれ 詩人の 特性の み。 われら k は 

ケ くぶつ はんよ- ゥ ども: r:! ら み もつ かう ふく くわいら く か 5 ふく はたく わ.::, らく 

も£ よ. Cv 俗物 凡庸の 輩が 見て、 て 幸福な 4、 快 1- な. cs€s ふ もの-,^、 ^きか 幸 願なる べき、 將 快^.^ 



鎳 



花 



綠 



さ 

て 

問 ど 

ひ 
ぬ 



ぅク 

m 
嬢 X 
mi 

み 

は 
い 
お、 

ば 

力 > 

阿き. 
兄 之 
を 
戀こ 

た 

ま 
ふ 
や 





L 何が 
て は 

得ね せ 

な ん 

ら さ 
ぬ 心ミ 

香 S をろ 
氣' 3 痛》; 
IZ め 
う し 
11 も 
れ い 
fl か 
ら ば 
ん お、 
如き h 
く ど 

1Z な 

、, t: 
渠ま: 、 
が 悅き 
面 《 ば こ 
をて さ 
見み れ 
ま て 
も 、 
t) わ 
て れ 
の は 
み 渠ず: 
* が 



手て 
It 

持 も 



b 

ft 

b 

し て 
が る 

卒に r 喂ゃ 
1^ か ^ び 
聲. 花 あ 

t 

潜き 
め 
て 



に 
も 



や 



冷ま 

i 力、、 
-4 な 
乙 る 
の 笑 象 
頃 I Z 
は 合于 
何き I み 
敌室 て 

か I 
< < 

ほ 乙 
々く k 
し 來き 
く 玉 3 
せ ひ 
ら fl 
る れ 
I 、 
ど xn 

、 さ、 
た ^1 
れ 共? 
籠 こ It 

め 鯭 
て 園 a 
の の 
み 中 ま 
在 S を も 
せ 傲 S 
し 步 J 
と せき 
閬 S ひ 
く h 
It ^ 
^ て 
辆ま 

に ひ 隔さ 
て 心て 
も な 
起き く 
さ 待 も 
れ 遇て 
な な 
ば し 



赤 力 あ' 柴 L 
き 折 言 
白 

き 押お 
し 

ま ら 
せ き 
て て 

H 直? 
輪え ち 

得ね お. 
な 花 ま 
ら 孃, 
ぬ a や 
香? i 部へ 
薰り 屋ゃ 
す の 
る 方 S 
を へ 

携 § 行 t》 
へさ き 

て け 
歸た る 
b I こ 
^1 、 
ち か 
け 花? 
る 簾? 
It はう 
會ぁ 折 君 
U し 
ぬ も 

援む 

Z 室ろ 

れ に 

を S 
見み ,1 

る け 

よ る 

I) EI や 

、 薇 ふ 

例 花 も 

の 、 



は わ 

今^ づ 
し 力、 
も It 
阿き I 枝き 
兄え 折 W 
が 卢ど 
遠え を 
郊? m 
へ 界ひ 

出い )£ 
で せ 
行 ゆ る 
き の 
し み 
Z な 

k b 
幸 ま し 
ひ は 力 > 
な ば 
れ 、 
、 兩さ 
下げ 
世せ の 
話 わ M 
に 々く 
い が 
ふ 訪ど 
鬼き U 
の <:) 

居ゐ 訪ど 
ぬ は 
W れ 
の あ 

m み 
濯 さ » 
、き' 此^ 

機 t P4 
好 f よ 
會 b 

ベ に 
し 、 
t わ 
、 れ 



m ら 

rSI ん 
家け k 
の 、 
邸? 嘻 ^ 
宅 S 、 

は ?r 
隣 ま G 
家 

は 

へ 

せ 

門え 
b 

m 

ま 

で 

は * ' 

距 きょ 

離 



町? 

W 

% 

h 
ま 
b 

ぬ 
ぺ 

は 

な 
れ 
さ、 

庭 g 

庭 g 

は 



た い 
る さ 
心ミ も 

おろ 低ミ 



ら 
さ、 
b 
し 
な 
ら 
ん 

は 



力、 
b 
し 



k 

知 L 

も 

、 め 

柔? L 
順 S « 
It^ き 
し は 

何き 見み 
事き f 
R 人 さ 
も な 
貧 ま き 
着? に 
せ < 面》 

さ、、 t 

る き! 
わ は 
が ま 
阿? C ほ 
兄 i し 

は、 ? 

か き 

な : 
ら 實げ 

卞 it 

我 力 わ- わ 

好 カ5' れ 
友ず 1^ 
II た 
て に 

ih 癖 ひ 
i が 

n み 



阿き る 
兄え ベ 

が 5 き 
後 G 

m 
をお 
見み 
m 

6 





わ 

れ 

は" 
我 ft 

知し 

ら 
卞 

か 

< 

あ 
さ 
み 

U 

ぬ 



さ 
れ 
さ、 

わ 
れ 

も 

追 i 

はが 

わ 

が 

心ミ 

のろ 

い 

t 

し 
< 



鏡花緣 一.^;^ I 

.A れ J? うせ ま み つ ゃゝ れい れいせ 5 *i ほゝ ^^^^ 

渠 ば^ば し 呆然 さして わが 鼠 を 見 詩め てね た. < ^し、 が、 良 あ 6 て 例の 冷笑 はまた 集が 頰 Ji^ のぼ, ぬ。 『何敌 

&んみ わら は たんみ あ へ こ おも たま 4 &にゅ ゑ たま おんみ 、こ、 ろ ど 

に 御身 は、 妾が 御身の 阿兄 を戀 ひまた まふ € 思 ひ 玉 ふ ど o』 『何 敌€ たづね 玉 ふ 御身が 意志 乙 を 問 はま ほ 

しけれ JO 

んみ たん を をつ ど さ だ ひど あい ね ほ たま おんみ fih ん』 

『さて は 御身 は 女 さいふ もの は、 わが 夫さ定 むる 人 をのみ 愛する もの さ 思し 玉 ふか。 御身 は 詩人に あらす 

し 、い,,, こど ま 5- しり かれ て にぎ わがお もて をが い こ、 ろ 

や。 詩人 はして でれ らの亂 を 知た ま はさる か oiN 渠 はわが 手 を 握り ゑめ、 ヒ ゥ£ 我 面 を 眺め 入..^ て 意 

f f «« ^.5,- せつを ねたみ うらみ あど き さ まさ こ ら sfi-fts く 

ゎゥげ なる 微笑 を拽 らしぬ。 た >f ^の 一 刹那に、 わが 嫉 1^ も 怨恨 も 跡^く 消え去. c> て、 正に 是れ 老衰 白 

39 こう W. ん SfJ うはん ゎぃ こゝち む ね を"」 い つし ゆ げき じ や 5 ほか , , 

薆の さめて、 紅斷の 少年に 若が へ 6 たらむ 心地して、 胸間に 躍る 一 種の 激情の 外に は、 われ はわれ を 

わ を i$f お 乞み ちぎ こどば ヒゑ わ を き はを^^ゃ,^ 

ば 忘れ はてた. 『おお 孃、 御身 はわれ さ 契. たま ひし 言葉 を 末 かけて 忘れた まふな o』 も 聞く ょゥ ぉ花孃 

にぎ て atij ど- jS しさ お, ごろ けしき われ >J も おめろ ゆる は をお-や 5 

は 握. し 手 を:^ して 飛 退ゥ、 いさ 驚け る氣 色な. ければ、 我 も俱に 驚きて、 『免され よ、 か 花孃。 われ は 

£s r さら ゆ おんみ れい やま ひ おこ -.. かへ 

今 何 を 謂 ひけ ひ、 更 k 覺 えぬ ほ^なれば o』 『御身 はまた 例の 病症の 起 6 しなる ベ けれ は、 はや 歸, て 頭 

f ひや たま こど わ を ゐ ) a 

腦を 冷し 玉 へ かし。 げ はわれ もな すべき 事の あ. ける を 忘れ 居た ゥ o』 

はを^??5 あ >J •1,+' 、 ^ かた たさ ふ Lt^v こ、 ろ fsli き 上う 

さらば ざば か. か 花 孃は後 を も 顧す して、 部屋の 方へ ど 立ち去- ^ぬ。 われ はこの 不首尾に 心緒 激れて 胸 

お 5 わ など おも おも あ K 上め さお ひど みち > つ 2^ いま お 

中 沸く が 如く、 思へば 思 ふほ^、 わ, が 嫂^ 定まれる 人に、 道ならぬ 乙 £ いひ かけし 罪の 今 さら もら 恐 

7-4 くさき かまみ おも ほ ひそか き f- おし „ 

るし く、 庭の草木に7P顏見らる-^^Jさの恐^Cしきばか6耻^^ら;3て、 密は もさ 來し枝 折 を 押 あけて 

わが 家の 庭園に ど 歸-. ^ける 



(其 十一 二) 

^3 . f_、 ^fc .ta ぺ はした も を さわ &た こ&た か をに/ y ど ねこ 

慰づ く.?, J ^わが!^ のが を P れば、 僕 僮 下婢 等の i しゥ騷 ぎて、 彼方 此 於に 驅 けま^ ふに、 何事の 起り 

けむ さ、 いもぎ の^ 仃 きて、 T だの 船に 術 事 ども たづね ける は、 南無 三、 阿兄 C 死し 玉; S ぬ。 I 

I 齢^の 蒙^に il よ 6^ て g をば S たくう ちた まひ、 をの 場 を 去らで 死せ 玉 ひぬ £。 

われ ハ 乙の しく も、 S たまし き I 執 を K はする^ 等しく 母家に かけ 入 4 て 見れば、 奥の間に 香烟篆 

i?sr て • 錯の勉 i^^ けく、 Iri の^^ をの がれて、 i まもなく、 &恨 もな く、 靜 けく 眠れる 阿兄の 

がき を i,- て、 II 慰 さして さめた る 黼 に i だの^^ はや 酽れて か、 n さへ 酽 ばで^ 玉 ふ ハ乂ょ を 見し 時 

ハ、 ぉ羅 うの?、 slisk ききし ir まも、 sai あ i、 

が ど ぎれ ぬ をの H がさながら、 旭日J^^ぁへる淡雪の&€く、 乙 さくく 消え去 6 て、 寂然 さして 橫れ 

る 羅ハ、 li の f わがな 仏ピ ずげ、 £の酽 わがき をき めぬ 。ァ、 S "乙の ii の, てハ f 

あ ri, なる もの 11 人^して パ 世の 人々 i:^ 羨まれた る 身に 在して、 をの 家ハ ますく 富み 榮ぇ、 其 身ハ老 

てます くさき、 r きせず し £ の 辭ハ、 ふまび, たる わが 船お の, さに ms れ、 ねがおの 

5 たま ひさ ふ?' せいちゃ 5 よろこび ま.^,, ^S1&r、 、 Jwu 5i 

失せ 玉; 3 しも、 また 久しからで われら 二人が 成長の 喜悅 紛れた るに、 ァ、 何事お 何の & にも 立ち ま 

卜う? f われの み ff て、 f f -pf . s の if 霞の iF や f ? 

にたる 兄. 4 の、 今 あへ なく もず 慮の 災禍の ため 此世を 去. 玉 はんも no 壯 年の 悲劇 將來に 慰む る 舞 

鏡花錄 1 七 九 

, 一 



錢花緣 1 八。 

臺 の?? v にあら さるべ けれ $J、 はや. K 詰の 慕 さも S ふべき rJ の 晩年に、 Im つの 欺^.^ お; S たる のト i 

3:1 . み- * こゝろ いか ふで こどば ねよ 

. ^を 見る わか 心の中 ハ、 爭 でか 筆 も 語 も 及- べき 

父上が 失望 落膽を 見る につけて、 我ハ同 威の 情に 迫られ ウ、 今卒 k 新たなる iisHi いで ゝ、 わが!^ ね 

>fl^^?.> J ゝ *!,っ,た 、ほほく 1 ら, た 5 ち、 ミへ げっ あ ひだ この &ろ きょ さ 5 こ、 ろ わ I 

は 接する 有樣 C 全く 面目 を 改めぬ 父上 ハ 二三 ヶ月の 間ハ、 わが 此 頃の 擧動. W 心得ぬ 顔して おはせ し 

.i ゝ ^ AJSJKS- き 上まん どみ いま てお ビき いや や しん 

力 を C 實に 道理な. き。 巨 萬の 富ハ今 わが 手 Ji£ 落ちなん さする 時な. ければ、 われに 卑しき 野心 わ. 

て 、俄 力;^ 温 L うする.!^ n あら 卞ゃ^ 、怪しまれ ける 父上が、 をうな く ハ わが 熱心なる 愛情に 答 へ 玉 は^ 

L. ) ま &ゝろ .SL ほど は 5 をづ ほ 5j へ ま £ゝ ろ し た 2 お ゝ< 'へ 

,9 ける もさる 事な. き。 され.^ 眞 心;^ C 石 佛も點 頭くべし、 程經て わが 眞心を 知. 玉 ひし 父上 n、 わが 

W つ . あいじ や 5 あめ も、 くだ たま - 

曾て 被. ける こ^なき 爱 情の 雨,^、 注ぐ ばか 6 に 下し 玉 ひぬ 

> .> Mr^^^ I - ) . どい は lS> ちゃう そのな ぶ れい げんか 5 あや せいじゃ 5 

わ カ喜悅 ハ これの み 止まらす、 か花孃 $: 其 後ね がかの 無 鱧なる 言行 も、 怪しき ばか. なる わが 性情 も、 

, • ゆ- W - われ いど かれ げん か 5 われ こ、 ろ あら 

N> ^くく U ,にれ た, けんやう に 我 を 愛しが. て、 渠が j 言 1 行 n でさく く 我に 心 ある よしを 現 はさ > 

か あに 5 へ やく をく じ やう は て. & けん を 50 め つね 

る ハ なく、 こさ k 渠か 阿兄 《 約束せ し ハ、 たや 情 i£ のみ 馳せ やすき、 定見な き 少女の 常 さして、 おのれ. 

- \ ひど い たづ み め かたち うる まよ ゆめ 

を 慕 ふ 人の 何 さなく S さし か 4 ける^、 徒ら なる 容貌 形狀の 麗しき さに 迷; S たる て、 さる はかなき 夢 

1 *^ ん K ち かたどき われ しづこ、 ろ あか かた い ち、 うへ あ をが ふた S- 

のさめ たる 今日に ハ、 片時 も 我なくて ハ靜 心なし ».^、 明ら さまに 語 ゥ 出で、 父上^ても 强ち 二人が 

* & 力 くちばし い たま こヽろ L 上め ゲ き ゥ ゥけ .f" せ 

ts^J^^ を容れ 玉 はん 心なき のみ か、 仕 誼 はよ. て nJQ が 嫁 £ もな さん 氣 色の わら はる 、に、 野 分の 風 

に 吹かる る 蒲なら ね *i、 わが 乙ゝ の 間な く打驟 がる ゝも いさ はかなし や。 



(其 十四) • 

しもがれ きビ ふた ゝ くれ を & は を つ みせ W ころも あき た ふゆ ん ,?」 

霜 括の 木々 は 再び 紅 の 花 を 着け、 綠の 衣お かさね、 秋 さ 立ち 冬 £ な. 9、 また こゝに 1 年 あま.? V 過し 

きさらぎ あた、 ひ かげ あられ はださむ ゆぶ ベけ ふ わう だ 5 きおに ち で いり くわん こ こ! R 

て 二月の、 援 かき 日影 は あ 4.,a> がら、 霰た ばし る 肌寒の 夕、 今日 乙 も黃道 吉日^ 出入の もの ゝ歡 呼の 聲、 

ち き しんし き じ よ しゅくじ 5 ち ふたり ちょ やお 上 たまつ ばき こゝ かいら 5 お ざ 3- ¥ 

知己の 紳士 貴女が 祝辭の a に われら、 二人 は 千代 八千代 玉 椿の 末 かけて、 爱に 偕老の 契 を 結びぬ 

ぉゝ 5 へ つね き 5*J ちいら く じ や 5 おもて たま まれ. このたび よろこび 

父上 は 平常に は 喜 怒 哀樂の 情 を 面 上に あら はし 玉 ふこ^い さ 稀 有な. 9 ける が、 此 度の 喜 悅の みはま 乙さ 

よのつね こんぎ ゆ ふべ もの くる たま f き やう たま おいき わ だ 

に 普通に は あらで、 婚儀の 夕なん^ は、 物 kfi ひ 玉 ひけん^ 思 はる ゝば かゥ奥 匕 玉 ひて、 老木の 枝に ま 

は を さ つぶや まろう ど お、 うへ げ い はれ 

た 花 を かせぬ >J 囁きし 客人 も あ, た. き され < ^乙 は 父上に さ. て は、 實 にさるべき 所 由の わ. ける 

ち、 f へ けっこん 50 き き せ. & しつ い つ べん ひ &ろ さ、, ひたぶ る さ 

な. 00 父上 は rJ の 結婚の 時 を 期さして、 わが 性質 はまた また 1 變 して、 日頃 は騷々 し^て 1 向に 避けに 

L やく わい て 55-5 5 ち た よ ひ み かち にんげん よ さう た 3 

さけた る 社會の 潮流の 裏 立ちて、 世の 人並に 舵 を 取るべき 人間 さなる rjs ならん さ、 豫 想し 玉 ひけれ 

どき ど し つ.. y つま くわつ ばつ もの &ど せいさい ふ じん 

ばな, 00 われ は をの 時年齒 やう やく 廿 一 て、 連れ添 ふ 細君 は活潑 にして 事物 は 精細 »る 婦人な ,0 しか 

を ざつ く 5 さ 5 ふ t いんて きしゃ 5 がい t だ. S けうせ. S . • おもた ま こど わ り 

ば、 わが 疎 難 はして S 想に 耽ける 詩人 的 生涯 も、 次第に 矯正 せらるべし さ 思 ひ 玉 ひし はげ は 道理なる け 

われ いた せ 5 れきし しる 5 . こゝろ か、 いみ こまか こど たちい * &か く 

r 、、 我は痛く乙の小歷史を詛す^^^倦みぬ。 わが 心 裏の 鏡に うつう し 微細なる 事に 立 入ら ひに は、 中々 

いつは ゎづら は. しさ た いま がん せん わ, S きな 5 はつら 

k 何時 果 ウベし €も はか 6 がた く、 をの 煩 縟に堪 へがた けれ は、 今 はた > わが 眼前に 映匕來 し 表面 

こど がら しる き や 5 おう あ ふ い くた ひみつ ども、 たきつ き 5 ち は, り 

の事實 のみ を 記すべし、 胸中に 溢れし 幾多の 秘密 は、 い^われ ざ 共 k わが 墳墓の 裡に 葬 むらな. む。 



鎵花緣 1 八 二 

がふ きん しき あ ま ホネィ ムゥン きんけん 3- よか 5 f いま 

われら は 合 卺の式 を癉 ぐる 間 さへ あらせす、 一 初 契 月に さて 近縣 旅行 を 思 ひたちぬ。 今まで はわれよ. CS 1 

どうち たか おも a はをぢ や 5 に はか よ fi- は を ザ 

頭 地 高 か. けんやう 思; 5 居た. しか 花孃 をば、 俄に 呼び捨てに する きま. わるさ、 お 花 もまた わが 名 を 

よ あわ を で くち た ほ これまで わ し いっしゅ おもしろみ 

呼びかけて、 慌て、 袖 もて ロを掩 ふな *J 、かゝ る さてろ 從前は 得 も 知ら? !;ゥ ける 一 種の 面白味 あ. て、 

いつし. XV じつ たび そらそら あめ かせ みお $ か は 

1 週日の 旅の空、 夭 氣に乙 を 雨 も わ. けれ、 風 も あ. けれ、 道路に 乙 を 山 も あ. けれ、 川 も あ. けれ、 

ふた S- む ね れいら 5 みづ f &ど たのし さ たのし さ つく こ、 ろ いへ かへ たび つかれ 

われら 兩 人が 胸裏 は 玲瓏たる 水の面の 如く、 快 樂に快 鹳を竭 して、 心なら す も 家に 歸れ ば、 旅行の 疲勞 

や を ひま か をた せ 5 だい こ & た き や ん その ひ ま しんせきち ゆう まね さん をの か 

を 休めむ、 蘭 暇 だは あらば 乙 を、 彼方の 招待 此方の 饗蔵、 其 隙間く に は 親戚 知友 を 招くな $J、 前 七日 

せいかん せ 5 な は 5 か はいばんら >ゥ せき 5 ち このみ 5 づ ケ くさつ 

の淸 閑に ひき かへ て 笑 語 放歌 杯盤 痕籍の 裏 は 此身を 埋めて、 俗 殺せら る、 ばか AMfE>4 き われ はか かる 

もこ をら は にが/、 たも ゐ いま しゃか 5 ふんく ケく おん た 

と に は 少しも 習 さ. ける のみ か、 s£ 苦々 しき 乙^に 思 ひ 居 たれば、 今 は rJ の 社交の 粉々 たる 俗塵の 爲 

«>づ さ あさま たも 

めに、 あへ なく も 埋め 去られん かさ、 ぃ^ 錢 間し ラ念 ひぬ 

5- 上く しゅ こ <s ど 5 ねが f} やく わい ざ む くわん ねん ふたつき さは 

綠 酒紅燈 も^よ. < ^わが 蹦 ふさ 乙 にあら ね <^、 れも 社會の 義務よ さ觀 念して、 二月ば か. を か、 る騷 

あ ひだ おく ほ ころ は& こ、 ろ 5 ち ひそ ほんれ、 ゥ 5 もぎぬ つ、 

がしき 間に 送ゥ ける が、 尙 をの 頃 はお 花が 心の 裏に 潜める 本領 は、 覆面 を もて 罩 まれた.? J かば、 われ 

ひたぶ る かれ くお びる 《J うさ ひち げんいつ か 5 かれ あいじ や 5 ね かれいし 

は 一 向に 渠が 唇 さ 動作 さ あら はる ゝ、 一 言 一 行に よ. て渠が 愛情の ほ^ を 推し はか. o、 渠が 意志な 

い こど は む. L ん たこ くちのはた ほ、. S み おく ;-ぃ じ や 5 f> るし 5 れ 

く 出 だした る 言葉の 端 も、 無心に 起れ る 唇邊の 微笑 も、 みな われに 送れる 愛情の 表現に を S 嬉しく、 

を e こどく かれ こゝろ 上ろ こび あた f した &、 ろ を つの 5 づ f 

おのが 一 舉手 一 投 足み 》 渠が 心が 喜 悅を與 へま はし^ 思 ふわが 下心 も、 夏野 の^げ み 埋もれた る 山の 

S かれ くみし を S "く わが まゝ こど い .6- の あらそ ひ 

井の をれ ならね.^、 渠 はもれ を も 酌 知らで や、 折々 は 我儘なる 事 をい ひ 出で、、 S ささが なき 拳 論な 



をく はじ こ /'ろ も ほ. & くげつ ^ £ 

< ^せし とも 少なから ^.o き され.^ 始めが は.^ はさば か. わが 心 はは かけ^ 4 しかせ、 尙幾月 を か經過 

りら ^n. あっか ひや、 か ふ J^n- こ、 ろ 5 お いま あた、 あ ひじ や 5 ひかげ まった き , ► 

せし i に ゥて は、 渠の われ を 遇 ふ 冷淡 さ、 1 1 人が 心の 裏 はは 未だ 温かき 愛情の 日光 全く 消え やらぬ は 

«- ん れつ く かん , ふ たり & か れいきゃく >- 

はや 凍 冽た る 苦寒 は 一 一人の 交情 を 冷却せ しめ ひさ どまた ゥ ける 

(其 十五) , 

き JS. く b,, ヒ fj や $ が い こど わ こゝろ を おん を 

わ^ ハ記 臆す、 りれ n 忘れん さす^も、 生涯 乙の 事お 忘る ゝて S あるべ からす。 わか 心は尙 ほかの 女 を 

らハ .si- ん はんしん te も こゝろ を ほじ ふ、 いん む ね その あ ひ. た, 力れ , も 力 

^し、 かの 女 を わが 年 身 さも 思 ふ 心 は、 尙 十分に わが 胸裏 はわ ゥた. y ける 其 間に、 ァ、 渠 はわれに 向ッ 

J II わ やま、 れいたん ちゝ 5 へ い 、うよ ねん わ. S こ せ. &をゐ ゆめ み 

て、 いさぎ 慢 にい S 我ぎ:^、 はた S さ 冷淡に なりはてぬ 父上が 六十 有餘 年の 榮枯 盛衰の 夢を觀 ゃぷゥ 

^ よ たび ど たま ゆ ふべ げ かれ しんじゃう れいたん こど しん 

て、 彼の 世に 旅立た せ 玉 ふ 夕の 乙€ な 4 き われ は實 に渠が 心情の s£ 冷淡なる 事お 信ト もめぬ。 ぁゝ 

よ み ら G, わ ふ <=• のお かぎ こんぱく いん つか ま わ を さいだ. &ふ か 5 どき 

乙の 夜 乙 を 未 來永刼 わが 命の わるらん 限...^、 魂: 印して 束の間 も 忘れが たかるべき 最大 不幸の 時 を .rt- 

さいち ハ ち、 うへ 5 し を さい あ ひ つま あいじ や 5 5 し を ゆ ふべ あたか にち s> ん げつりん たほケ f ^5っ さ y 

き 最愛の 父上 を 失 ひ、 最爱の 妻が 愛情 を 失 ひたる この 夕 は、 恰も 日 輸月輸 ふたつな から 大 S に 沒し去 

しゃう:^ い ちいまい ゐき しづ を は よこ ど か 

げん,^^ く、 わが 生涯 はふた、 び 瞹昧の 域に 沈み 畢ん ぬ。 われ は 乙の 夜の 事 をつ ばらに 書 SCN けたし さ 

たも しちよ i ふでした が ふ かく をみ だ を、 い うみ みづ かさ — > : k や" I , 

思 ふ、 され^、 思 緒餘. て筆隨 はす、 不覺の 涙い たづら に硯の 海に 水嵩 をます のみ なれ は ァ、 已 なん 

ほし がき Ar のゝぉ こど つい 

(0 ぃ^^,さらば乙れょ.0は走.0書に其後の事を敍でまし0 

> 1 ュぃ ャん おも 5 つ ぎ ものな ど あ t せ. S しつ 

がわれ は 向; 5 て、 かくば か. 冷お-はな ける は、 重に かれが 移ゥ氣 なる さ、 物事 k 倦き 易き 性質 さは 

, るなる ベ けれ <$J、 1 かれは われ 亡 結婚した る 後 i^、 大なる 失望 をな した AO なゥ。 渠 はわが 巖 疎なる 



鏡 花 綠 1 八 四 

L じ ん てき かんじゃ、. T- ビ み ひ &ろ ものな ど を になど かれ 5 かんが 

詩人 的 威 情に のみ 富む を 見て、 われ をば 日常の 物事に ゥ きて は、 何事 も渠が S ふま ゝ なし 得べ しさ 者 

へた 4 し .>&.<TVO 

かれ さ しき かん や も せい しつ い L ほく じゃく .5 おや 5 み わ 

げ 渠 は.^ の 智識に て は、 『威 t 易き』 性質 さ 『意志の 薄弱』 さ S ふこ S ハ 1 樣に 見た ゥ しなら ひ。 され 

かれ かん や も せ. STL つ み .S L i わ を どこ わが まゝ 

ば渠 はわ、 が烕 t 易き 性質 を 見て、 乙の 意志の 弱き 男、 われい か 我儘 を S ふさ も、 をれ にっきて われ を 

しった .S から おも f r^yf 

ば叱咜 する ほ^の 力 はおらす、 い? われ わが 思 ふま ゝ;^ rJ を. ^^>す ベ けれ ^ 思 JS?i.o しなら め^、 事情 は 

まった あんぐ わい い けっこん まへ かれ こゝろ し はい ち 上 わう へいか あが かれ こゝろ ひ みつ 

全く 案外に 出で た. き。 結婚の 前 乙 を渠 はわが 心 を 支配す る 女王陛下 ビも 崇められ けれ、 渠が 心の 秘密 

くら ひら こ、 ろ うち もくろ み あさ もくろみ て ど I こんにち 

の藏は 開かれて、 かれが 心の 裡 k 目論見し、 錢 はかなる 企 望の 手に 取る さく 知られた る 今日 ハ、 われ 

いか かれ まゝ いし かれ けっこん まへ ての 5 ち こ だま Z ど 5 

爭 でか 渠が 自由に 頤使 せらるべき 渠は 結婚の 前に は、 われ を 掌 裡の小 玉の 如くに あしら ひて 得た ゥし 

たのしみ をの、 ち つ、 い 5 おも たのしみ ひどく ち 2 > しりし 

偸 快、 はた 其 後 も繽け 得べ しさ 思 ひけん 偸 快 11 1 口に stt>、 われ をば かの が 自由 はなし、 臀 下に 敷 

たも わが ま、 こ、 ろ いま まった ごら く は かれ ち、 5 へ 

かひ g 思 ひける その 我儘なる 心 —— は 今 は 全く S だのめ さな 6 ける は、 かて、 加 へ て渠も わが. c き 父上 

い つ べん おも わがせ. や 5 こし むかし どころ かれ こゝろ 5 ち ふんく わさん 

も、 何將か は! 變 すべし^ 思 ひ はか 4 たる 我 性情 は、 毫も 晴昔 € か はる 所な く、 渠が 心の 裏に は 噴火山 

か 5 £ ども. た を この 上 や しん しゃか 5 てき きょしょく C めい 上 もで で C 、ろ そこ き 

坑の 如く 焚え 立ち居れ る此 世の 野心、 社交的の 虚飾、 一 時の 名譽 なん^ は旣に 業に わが 心の底に は 消え 

さ みさ こ は < し くわ S * かれ むか 

去. て、 わが 身 は 然る 乙 SJblc はや 枯木 死灰 S も. S ふぺ きば か. ゥ 居る k ど、 集が われに 向ッ てお 

れいたん あ をが む S- 

のづ から 冷淡に な た. <=> しも、 强 ちに 無理なら ぬ乙芑 乙 そ あれ。 

せ. S じ やう まったく こど かれ をつ ど t fl ん じつ あれ かぎ 3- かれ 

かくば か. をの 性情 全然 異な. ける 渠が、 か ゝる夫 を 持ちた る 乙 さ具實 に 憐れ ひべき 限な 6 けれ 乙は渠 



ひど::;' こゝろ i ひど/、 う: H さ きこ 

一人の 心の みは はわら 卞、 世の 人々 もまた かく 風評せ しさ ど 聞 えし 

かれ £ど はで やか は を やか あさ らいかく せつ たか わら おもしろ き.^ う * ぶ; ゆ:!: お, んギ. , 、 - し U 

げ 渠の 如く 華奢に、 嬌艷 に、 朝 まだき よ 、來容 接して 高く 笑 ひ 面白く 興じ 舞踏 音曲なん さの 集 

く P,J しば ゐ よせ ひど 50 ころ この f /\ つきひ K よ ュ.; p;*f 

會 はさら なゥ、 演劇 寄席、 あらゆる 人の ゥ< ^ふ處 を 好みて、 騒々 しう 月日 を かくらん こさお 歡ぷ 女性 か 

i たび や 5 くうさう ふけ どき もの しょげ ふ をつ ど か しづ 

わが 如く 多病に して、 S 想に のみ 耽..^、 ある 時 は 物く る ほしき 所業 ある 良人に 侍 かむ は なかく 

i かれ $J うじ や 5 あら れいたん せ 

易 かるべき こさなら ねば、 渠 がわれ に 同情 を 表 はさ さゥ しのみ か、 S さ 冷淡な ゥ しも、 責 ひべき 乙 に 

つ ひ じこ ひし か み ふたり せいじゃう や 3 み あさ 

は あらす われお 遂に はわが た》 1 時の 愛 戀の鹿 をのみ 見て、 兩 人が 性情の 山 を 見さ. < ^し、 錢は かなる 

く, e つ/ 'し ふさい せんたく のち をるべく は を しょ ゐ かんせ ふ 

を悔 める のみ、 さても 慎むべき は 夫妻の 撰擇に 乙, VO か、 れる後 は、 われ も 可成 花の 所 爲には 千涉せ 

たが ひ おもて み L ふた S- をん よ お いへ を め. L つか 1 し 

ぬ やう はな. て、 さながら 互に 面の み を 見知れる 二人の 男女が、 同 卜 家に 住める に; S さしく 召使 ふ 下 

た しもべ ら .S た おのく つ は を つ iil ム ふ 5 は たちさわ , k 

婢僕僮 等に 至る まで、 各. Q れ kffi くも あれば、 お 花 附 くも あ 6 て、 家 室の 風波 立 騒ぐ^ に はわらね^ 

てん ば 5 < ろ, も い ま S!j ふ 5 しつら S お よ きた あ S- さま t ども だ ちら ひ: 力 まゆ 

夭の 1 方. は 黑雲ひ ゥて、 今 i:- も 怒風疾 雷の 押し寄せ 來 らんす 有樣 なる を、 知れる 友人 等 は 私に 眉 を 

ひそ ち 5 こく もど き や 5 がい しづ を のケ 

鑤 めて、 かに かくさ 忠告せ しも あ 6 しかき、 われさても 固よ ゥ 乙の 境涯に 沈み 居らむ こも を 望める i^- あ 

た せん こ、 ろ こど こうな しゃ 

ら ね^、 他に 詮 すべの あらさる よ, o、 心なら す も かく わる 事 なれば、 い たづら に かれらが 厚意お 謝する 

ム あらし ひ おく はげ あ さま は 力 

のみ て、 家 室の 嵐 は 日 を 送る さ ii£ 烈しうな. <y ますら ひ有樣 なる ど 果敢な か. y ける 

(其 十六) 

ふた e- あいじ やう い か もど &ど i や わ » k fc^ -- - 

われ は 二人が 爱 情の、 如何にす さも 舊來の 如く 濃 かにな. 得む 乙 €、 かなう ベから す^ 思 ひさ だめた ゥ 

餞 花緣 】 八 玉 



I 錢花緣 i 1 八 六 

^^^ ^-m—B^II— ——— n— ——————― n —m i ll -- ll i llllll ri— —=画||疆|隱|國|ー=- 醫 -- = 1 5 國曆| = | = £---1 匿 

V L ^こ f.* だんせん せ おも どころ つかう かれ 

しょ o, わが 意志 は 少しも 柱ぐ る £rJK^ なく、 藺然 さして わが、 爲 まじ,. J 思 ふ 所 を决 行す るに ど、 渠は 

ふへい ねんた を &く いた われ SS ら &ど み 

S よ 平の 念に 堪へ かた か. けん、 折々 は 痛く 我を怨 める 如き さま も 見 ゆるば か. にな. CS ぬ。 

くわり うてん さ きんだ お St くわ さい を W のきば ふ, ゥ りん か お ビ、" を t ら ,,」aA 

火 tt 天に 舞 ひ、 金 蛇 地 を奔る 火炎の 折 は、 擔 頭の 馬 鈴 だに 微 すけき 音 を 出 ださ 3, る 風ぎ たる 空 も、 衡然 

力せ さ ひ て ちから そ &ど ほ を われ 5 ら こ 、ろ で こ き 

に 厘 吹 荒み て、 火の手に 力 を 添 ふるが 如く、 か 花 はい さ-^ か 我 を怨む る 心の 起. 來 てよ. は、 わが いふ 

こど、 - » マ ど * ふへい た ね 一 み こど し上& かんどく 

$ わか 爲す事 乙 -w,,^ く不 一 ^の 材料^なら ぬ はなく、 われ を 見る 事 さながらお のれが 所爲を 監督せ 

\ J レ T か、; f,- やか. *| じゃま い ち ち わがつ ま ,,1 ゐ こど £" s か 

る 學核の舍監なんさのゃぅk邪魔にな.<^て、 一 日 k も あれ、 良人.^ 住居 を 異にする でさ を 得ば、 如何 

. こゝろ の: >*.- け こ、 * ろ か を か ひ ちお あ - こど . はて わがつ ま ひ % 

ば 力 ふか 心の 長氣 からまし な^、 心に 適 ひし 下婢に 打明け J る 事 も あ ふて、 果 は、 あはれ 我 良人の 例の 

やま ひ か 5 じさつ のケ こ-" ろ S むね そこ うたが 

疾病の 高 じて, 自殺 はても せよ かし さ 望む 心 は、 よしや 穂に は あら はれす さも、 胸の 底に わ. ける は 疑 

われけ つ いか ひさん き f がい たちい みづ は かた ひど. 

ふ、 へ からす。 され さ 我は决 して 如何なる 悲慘 なる 境界 陷 6 た, 亡 も、 自 から 果てなん 方の 人 はは あら 

? ) レ ト .^っ:5J^ > しん.!^ > ' k > じさつ いっこ つみ しん たこ ズゅひ 

t われ は 一 種の 信仰 を もて 6fJ かば、 なか)/ \ に 自殺の 1 箇の 罪惡 なる rj^ を 信 t て、 さる 行爲 をな 

たも , このよ * &か じぶつ .* しゅ: JJ5 てき か よわ おから じ ぃ,ゥ 5 

さむさ は. C ふ はさる のみ か、 此 世の中の 事物 はみ な 受動的 て、 わが 薄弱き 力 もて 自由にし 得べき にあら 

* * ,^1 > ばんじ あ-, てん まか こ、 ろ さ だ をり ふたりた が ひ べっきょ 

ね は 如かす萬事を舉げて夭に住せん.!:^はさ、 心 を 定めた. of} 折な. しかば、 兩人互 別居して、 乙 さ 

さら 乙 の K 門の 風波 を 世に 知らし めむ は、 えうな き 事な. CS さ 思; 5 あきらめて、 別居せ むな^ i の 心 はも 

らさ. き - 

*« つ > いく 一べ lis あ ひだ われら ふ-つ ふ あ S- さま いおなん. よ わた あ ひだ あ ひど 

S 力に 幾 頁の 間 にか S つけたる 我等 夫婦の 有檨 も、 まこ さは 1 年 有餘. に 渉れる 間の rJ さ; て、 乙の 間の 



鏡 



花 



緣 



見み 出で 


わ 


わ 


It 羊て し き 


賴 

?き r' 
やな 

レ* W 


物の 


め 


'1 


曰 5 

光/, 裂お 


兩 も' 


か 行き 


れ 


力 > 


± お 燭 f 


を 


子し 


ほ 

e 田 い 

m 


人" 


へ く 


は 


若?' 


ち の 




は 


父ヤ 


了き 


t. 

Z 

き a L 


のフ 


f つ 


の 


れ て 


nrt 

ぽ、 も 


か 


1Z 光力 ひ, 


し 




上え 


解な 


は 




去 さ 




ば t 


は 




る 明 


て 


れ 


の 


す 


c- 








情ぶ 
はう 


、 の 




し 


m 1 こ 


•rB あ 
現? 


- > 

C 




る 


ん 


ほ 


IE? ね 


て 


渠 ず,: m 


身 A 


頃き, tt^ 


ば 


め 


せ 


人 § 




f 

し 


ん L 

白お' 






め 




上え 


、 い, 


ル 7 

れ 


て 


玉? の 


C 




あ、 

ぉゝ 


相 S さ 


t な 


奮 令 
る 


野の 


さ 胸む 


ぬ 




ひ 


ぬた 


f. 
Z 


-> 

C 


ら 


-rr ひ 


や 


1Z る 


は 




な 間ね 




nzfe く 、、 

暗ら 


て 


v\ 
CO 


eg の 




-4- 

1、、 


の 


か 


わ ' L 


せ 


園 ま 


が の 




X 




t/ 


は 


f し 


H んゎ 

胸 1 


h 




ぬ 


は 


ら 装き 


は 




h 

r く、 


も 


z ぶ 


ナ 

か 


9 


BB ね 

間 a 


裂 


>-< 





て 


西 ^ 飾' 3 


い 


燈 ^ 




J/? 
れ 


よ、 

か 


去 さ 


It 


百め 


ば 、 


今 こ 




ふ 


K ふ 


年 2 


は 




) 

く 





wi 


え 

め 


^瑜 




幻え 


の 、 




の 


を 






、 




ん L 

白き 


る 


も 


影 g 名 S 彼ず: 


で 


"FT も 


經へ 


决さ 


や 

さ 


は 


o 


力 > 


壁; 






の 


手 が 


も 


に 


1Z 


し 


ば 

は 






ら 


の 


ら の 


た 




が 最? > 


な 


•rf^ ふ 


る 


て 


A、 

か 


れ 




y4 


物 あ 


ん 輕 $ 


例 1 こ 


m もヒ 


< 


f. 

Z 


の 


了ち L 
解;: 





の 






の 


面ォミ き 


の 


見み 


精い 好め 


わ 


ひ 

き 


ち 


/ 

\ 


み 




.Irtr じ 
IW や 


響? 




知 さ 


た 


t み 


が 


£l ど 
さ 


な 


せ 


/と 


に 




r 






事し' 




凝 こ た 


妻つ 


て 




ぬ 


1 

{ 


は 




增ま 


い 


て よ 


が 


し 


ら 6 


君 ま 


h 


け 


人 じ^ 


し 


か 




せ 


V 

X 




PI iL' 


淀き 
もみ 


し し 


ふ 1 


b 


ん 


の 


b 




る 


い 




に 


て 例 花 g 






め 




れ 




VJ 




や- 


て 




描き P 


に 


b 


北 1 


は 




ね 




み 


人 ほ 


X れ 




似に" 


け 


て 


し 


き は 


も 


-3?: 力' 
& 








さ 


. 、 tt 


ほ 




6 色 S 




k 


3^ さ 

あむ 




1 八 






力 > 




愚 か 

物 さ の 


す 


る 


ゝ のろ 


身み 




きし 等 g 


ソ 


I 




< 


な 




美 ひ- 


ク 寶 f 


に 


m 


正 f 


し 




は 




て 




X づ 


舞ぶ 人え 


レ 石 首 


は- 


のろ 


月^ 
のつ 


< 


ま 


バ、 1 

少き 




七 あ 


ま 




踏 や の 


方 の 


白き 




都つ 


じ 


し 




年 2 


さ 


钃^ 
77 瞵 


事き 


パ 蛇? ぎ 


に 


中!: 


合 5; 


o 


も 




の 


る 




ト の 


舞'"' ^ど 




X 


缩か 


曰 K 
早^ 




伤み 

かか 


如き 


ml m 出い 
はち- の で 


今 《 


ラ 形 £ 


踏 2 


を 




さ 


eg た 

£ え 


/ 

\ 




< 


さ 


が 狀ち 


«t 開 ひら 


わ 


も 








ら 




自 S 色 g 


行 ゆ 


ら 


像? し 




< 


れ 


の 


て 


の 




ぬ 




も 

DBRI 


力 > 


R 




第つ 


;2: た 
H ど 


は 




ふ 


小す 




星? 


事し- 


死し 面ォミ 


ん 


思ち 


や る 


け 


し 


唯 5 


れ 




歷^ 




霜 ひ 


> い 


な 上て 




a 


似 t こ に 




て 


— § 


は 




史し 






物 さ 


ん 1 こ 


て 


出レ、 


71 て 


おゆ 
なむ 

手で 




人り 


な 




の 




の 




力 > 


で 


ら 、 


ひ 

一 ど 


兀 -う 






末 《 




面 を 


ひ 


は ら 





ら 


ん 室 も 


に 


ぼ 


然? 







尾 も 








さ 


れ 


© の 


持 も 


の 






易 を 






か 


< 


さ し 


て 




入 も 


て 


婦ふ 


し 




< 


n_ ^ん 




ら 


度き 


V て 


も 




PI る 


て 




ず 




ぬ 


k、 



鏡花綠 |_ 1 八 八 

ありさま に はか け しき *5> にこ ビ おも おこ 乙 わ だ あら 

る』 S いはま ほしき 有樣 な- > しが、 俄に 崔色を かへ、 何事 か 思; 3 起し けんやう に聲高 かに、 『われら は 新 

か ひ ひど 3- やどい ふゆ. よめ かれ は、 いどま こ きた 

たに 下婢 を 一 人 遷;! S 入れねば なち す ぉ冬は,したび嫁にゅくょし^^^て、 渠の 母が 解雇 を 乞 ひに たれ 

さ だ f れ 5 ほか て あて ふゆ みや 5 てうみ め. S かへ, ねが 

バ、 定ま 6 たる 給料の 外に、 をれ く 手當 もせねば なる ま to お 冬 は 明朝 未明に 歸ゥ たし^ S へば、 願 

てくばり つま *^<ん し たま せわ 

ふ は、 はやく をれ- (の 手配せられ たし —— わが 良人よ、 はやく 何 さか 爲 玉へ かし。 われ はいさ^ 

しき 身の上 なれば』 

(其 十七) . 

をに せ は み ヒ ほみ よふ くる をに &ど あらそ ひ た 

『何、 忙しき 身,. J や 忙しき 身の 夜更 くるまで 舞踏 狂 ふ は 何事 ど』 ^いはむ^^ た,? L が、 また 爭 論の 種 

ね ま みづ いまし をに,; J ど i& んち おも を 

子 を や 蒔か ひ^ 自 から 戒めて、 『よし 何事 も 爾が思 ふま ゝ はせ よかし』 さわけ も 無くい; s:^ ちければ、 か 

は& もくねん し 上さい さ 

花 は 默然. W して 書齋を 去. ぬ。 

みけん ひど あ &ど た ふく わ. S かん. つね . こど あら ゃビ い はく 

われ は 未見の 人に 遇ふ每 に、 ぇ堪 へがた き 不快 を感 する を 常 さ^ける は、 殊 さら 新たに 躉 ひ 入れた る 僕 

ひ ら いんけん ひどし ほふく わい おゆ あさ は * & へや きた ひきあ 5W か ひ 

婢 等お 引見す る は、 一 入 不快に 覺 るな, 00 あくる 朝 か 花が わが 部屋 はつれ 來ゥて 紹介せ し 下婢 は、 か 

IS る よ K ゆに 5 ち. L ほ を ぶり その やせ じゝ み たけ たか こがら, I かせ ふき 

舂€ 呼べ <^、 名に は 似つ か はしからぬ 打 萎れた る 風采 はて、 其 痩 肉に て 身の its 高き は、 木枯の 風に 吹 

.A- さ らく £5 く み こ、 お れいく め もど ひど あざ くおば た ほ、 ゑみ は*^5 はらから 

荒 まれた る 落 木 AJ 見る 心地せられ、 をの 冷々 たる 眼 元、 人 を 嘲け I リ がなる 唇 端の 微笑、 わがお 花が 同胞 

まこ ビ からだ ふたつ み &ど ふく わ. S ま 

さ S はんも 眞實 らしき ばか 4 なる に、 われ はか 花の 身 體をニ S にして 見る が 如く、 不快 は 乙、 にい ゃ增 

ゐ じみ み そのせ. S じ やう は を いに どころ かれら 

した- 00 をれ のみ. か 居 馴染て 見れば、 其 性情 さべ か 花 さ 相似た る 所 すくなから されば、 彼等 は 三 四十 日 



を あ ひだ はらから およ か 

過ぐ る 間に、 同胞 も 及ばぬ ばか 6 の 間にな. ぬ 

さ 5/- へんせん おも まう をみ. や ち き ひど /-、 し だい f S てうせ き 

搶 桑の 變遷は 思 ひ 設け ゝ るよ 4 もい^ 速 かにて、 わが 知己な. し 人々 は 次第に 少^うな. 行きて、 朝夕 

あ ひ あ ま れ あら ども さ つきあ ひど 

相逢ふはs^稀有にな.c^たるものから、 われ はっさめ で 新たなる 友 をば 避けた 6 ければ、 わが 交際 ふ 人 

/,\ くいき ひ まし せ. *S ま ゆ い ど ひど したが を じ ゃをゐ こ、 ろ 

々の區 域 は、 日增に 狭隘. y 行けば、 わが 厭 ふべき 人も隨 ツて少 うな ゥまさ o、 あらぬ 邪推の 念なん < ^を 

たこ げん さ お、 5 へ う たま のち ねん いにしへ あた ゝ 

起さん よすが も减卜 去る にど、 父上の C せ 玉 ひし 後 十 年ば か. して、 われ は 往昔に くらべて は、 ゃゝ温 

こ、 ろ へんぺき じ やう ぃ/- ばく げん 

かき 心さな. o、 偏癖の 情 も 多分 を减 卜た. き。 

ひ おく れい ? *5 ねん まほろし こゝ ろくる し だ. & ? しづ 

かくて 日 を 送る つれて、 刺の 妄念 も 幻影 も 心 を 苦しむ るで^ 次第に 少なうな. て、 われ はた》 靜かは 

ただ や しゃう が. S たく こよ < わい らく おも せじ ど ほ ゆ いま f 

穩 かなる 生涯 を 送る でさの み、 此 上^き 快 機^ 思 ひて、 いよく 世事に は 遠 さか, 行きぬ 。今まで は 夫 

ふ ^ かたき £ど は を いま せいじゃう やう や か は ゆ こ、 ろ. つ を ?<、 

婦てふ 名 乙 を あ. つれ、 仇敵の 如くな 4 しか 花 も、 今 はわが 性情の 灘く變 .0 行く に 心 着き けん、 折々 は 

ど も ひ 50ia 上 も やま こど かた むつな よ かたら ひふか 

われ^ 共に 1 間に わ 6 て、 四方 山の 事 を 語らう までに 睦. r うな. < ^ゆきて、 かく 世 の訂 情深から ぬ 

み を ど H ザ か ほさ われ これ こヽろ f さ う おも : かれ, i ゆに 

夫婦 交情 程に はな. o ぬ C され.^ 我 はさまでに 之 を もて 心 を 慰め 得べ しさ も 思 ければ 渠か餘 ゥ.^^ 何 

せう せつ ふる • ビ き 5 る さ まった みゝ かたむ ひた ふる つく しい 力 

くれ.^ なく 饒舌 を綽ふ 時には、 はや 五月 蠅 くな. y て、 全く は 耳おば 傾けで、 一 向^^^作カかけたる詩歌を 

をゐか 5 た ほ かれ かれ こどば い らへ へんた ふ 

ば 推敲す る 乙さな^ 多 かる k -、 渠は わが 渠のさ nji^ 返答 もな さす、 よし 返答 をな す さても、 あらぬ こさな 

こ つ ひ けしき も-くねん もく^ その ひ & は 

ん^ 答 ふるに ど、 遂に は氣 色ば みて、 默然 さする とも 少 からす。 かくて 其 日 j 日 は j 語 を も か はさで 果 

こど よ むつ ま ふ、, ふ ら を か/,、 おも ひ ありさ t.* 

つる 事 もゎゥ て、 世の 睦 じき 夫婦 等が、 中々 想像 も よらぬ 有樣 はて. し を 60 

錢花緣 】 八 九 



鏡花緣 一九 o 

こ、 ろ いた みだ いま たう じ っゐ くわい もの 5 や て ふで ど つか > はな, 

ァ 、わが 心緒 は 痛く 亂れ ぬ。 今 はは ゃ當 時お 追懷 する k 懒く、 瘦せ たる 手 は 筆 を 把る に 疲れぬ。 花 か 

t5 じ ,し さ、 つ つまびら か fj ん 3- てき せつめい ねが ひ , おどろ は き 5- 上く > 

當 時の 思想 をば、 詳細に 心理的:^ 說明 せん はわが 願望 はし あれ^、 わが 衰へ 果てた る氣カ は、 なかく 

て こ、 ろ ゆる われ しゃ 5 がい もつ ど き ねん もつ ど おそ こど がら うつ 

は 手 を も 心 を も 許さぬ.^、 い^、 さらば 我 n わが 生涯に 最も 紀 念すべく、. 最も 恐るべき 事實^ こそ 移ゥ 

朽 かめ。 「 

(其 十八) 

ヒし ! ころ こんく ねむ S- うお よびおこ ふた、 び 5 あき 

をの 年の暮れの 頃に やわ ゥ けん。 われ a 昏々 たる 懶 眠の 裏よ ゥ 喚起され、 再度 ハ得 ベから 卞 さ諦ら めた 

",7 なく とり ^ 、いん 广 われ きた あろ あさし もべ れい £50 を つ 5 てがみ もちきた そ 

ゥ ける ink は、 せハ 一 ^分 を將て 我に かへ. -來 'ぬ。 一 朝 從僕は 例の 如く 數 通の 郵書を 持來ゥ しか、 其ハ 

i によ ゥて からぬ おきお の 事、 輕簿 なる 輩が 年の 暮の存 周なん^ の 書信なる に、 よくも 讀 まで 傍に 

ま さいな のこ つ 5 しゃう がい おい もつ ど した い f じんた かの か はる 

ずき Ik てし が、 さて 最後に 殘れる 一 通ハ、 ァ、 乙れ わが 生涯に 於て、. 最も 親し かゥし 友人 高 野馨ょ 6 の 

て J ^ *.>ゥ13 ん をり ひがし やまさん はん て わか ケん もん や 5 や ど ほ そのこ だ.^ がく なつげ ふ 

手 g な, き。 われら は 少年の 折 東 山々 畔に手 を 別ちて ょゥ、 存問 漸く 遠く かれは 其 後 大學を 卒業して 

1^1: ^さなり、 お nISM にて 威勢よ き醫師 _ ^なゥ たるよ しハ、 われ 一:^ かに 聞き 知れ. ^き。 今かれが;^!5|6 

; . i L きん- f. '、…でまい チ乞 かう ドい を げっかんち はら まんい 5 はん 力 5 くわい ふく 

乙した るデ g こよれば、 船 は 近來丸 ,健康 をぎ したれば、 數ケ 月間 地方 を 漫遊して 健康 を 回復 せんどて、 

- ゥ . -ん さん L& おも ^ き わう こど き わ. ゥ こど 

はや;,^ ハずこ 就き iv.cvo 閑散の 身 さな. ぬる はっきて、 頻りに 思 ひ 出 でら る \ ハ旣往 の 事.? = -、 往の事 

a こど むュ ,0. くせん いっしゅ. S かんじゃう ひきおこ きみ. 

の でら るゝに CV けて、 殊 i:- わ, が 胸に 躍 然もして 1 種 言 ふべ から^る 威 情お 惹起 さしひる は 君な 

C L iV の& まんい 5 ね も ひビ つき 力み お/み ヒ 

らで i あるべき 乙た び は 其 地 わた.? V」 も 漫遊 またし。 ヒ 思へば、 1 月 はか .<=> して 必らす 御身 を訪 ふべ し 



,;: 力 は ども そのころ ゼ うねん た. ゥじ くわいら く くわ. S ふく ュん& ろ LIJ ゝ 

闢く" 共に 疇 昔の 少年 どな. て、 當 の 快欒, W 回復せ まほし な^、 S さ慇 勤? に 認めたり き。 

ヒ もわん ばう きた たの こ じん こビば ひ . こじん を し. &んぶ 5 ^£ 

朋 遠方よ 4:^ る また 樂 しからす や W 古人の 言 AjHF くまで も おらす、 故人 ハ猶 ほこれ 春風の 如し、 わが 

ゆ- 力; ゆ を ゆや、 - こほり ゆき いおじ どけさ よろこび 

胸底に 結べる 冷 かなる 永 も 雪 も、 みな 一時に 融 去るべし、 わが 悅喜 n S ふべ う も あらす。 

やがて 彼 ハ來. ぬ。 悅 《 クヒ偸 快を携 へて 彼 は來. ぬ。 ^住 ひ 里に は る をな けれ、 ^5513 の. u 乙 もな け 

れ、 われら ハ ふた、 び 疇 昔の 少年;^ 4^ ちかべ ,0 て、 一 週^ば か が ほき は、^ にく 1;? 辦さ へて^ き あ 

せいざんへ きり、 ゥ つせ ふ も こど 5 ちかた つきひ ひど 'f^ 

た 4 の靑山 碧 琉を践 gjj して、 過ぎに し 事 を 打 語ら ふ は、 げ k 歲月: 9< をして さま t に らしむ る もの 

かな。 高 野 tt 今: S ハダ 際; a 會に 持て- 1 やさる、 ばか.. o、 綺羅 美 やかなる, 士 さな <:> て、 貴婦人 達ハ 一度 こ 

の 人の 手 を 握ら まほし。 ヒ願 ひ、 紳士 等 はこの 人の 名刺 を 得 ま はし さ 望む は^なれ-^、 ァ 、われ ハ 何時も 

> t J 2 ^Hf^fH^^ - ' . . h ' D ' どし ころ い がく e やう けいけん ち ゆつ i> や 5 じゅくれん き こど, じど しんき 

カはらぬEE舍a>T^;bi^.、をぁ.<^けれo かれが 年頃な したる 替學 上の 經驗、 治 術 上の 熟練、 閬く 事每は 新奇 

, がく しき せ けん ひい fl ゆわん んふぅ ぬき ..,-,-,;| ろ ま A 

ならさる ハ なく、 をの 學 謎の 世間に 秀で、、 をの 手腕の 凡庸に 擢んで たる、 驚く の; ^なし。 われ ハ お ふ、 

感に堪 ふるのみ な 6 しが、 さて 自己 を かへ.^ 見れば、 仍是れ 下の 舊阿 蒙、 かれさ 別れし 其 折よ. c^、 何 

ら 力く しき ま さいりょく れんま ^ 1 くら ごま -' フら 

等の 學 讖 を か增 せし、 いかば か..^ の 才力 をか鍊 磨せ し、 彼に 較べて は、 さながら 玉クヒ 瓦に も わたらぬ ば 

せじ どんち やく ね も 1^ ま は ろ おも ど き 

力 6.,a> るに 世事に は 頓着せ ま 卜さ 思 ひし われながら、 尙 鼻白まれて 思 はす 太 息をつきぬ され < ^わが 

> .^1 > :^」, のお も げん. S ん ねんらい たび や 5 い つし ゆ へんぺき せいじゃう しわざ 

力く S れ木 さな. 果てつ る も、 其 重^る 原因 ハ、 年來の 多病なる さ、 一種 偏 僻の 性情^の 所業 なれば、 

かれ. たく ゑつ しゅわん あるひち れ 5 みち まった くわ、,, ふく 

彼 か 卓越せ る 手 i もてせ は、 或ハ 治療の 途 なきに しも あらさるべし よしや 全く 回復 せん 乙 さの かたく 



ImBB 花 s 緣 . 一九二 

さも、 乙の だの €ま の IIS,/ たに 惹き 起さば、 如何ば か..^ か 心の 和お 得らる ベ けん^ S ひて n、 幾度 か 

てい け、 J もん こど 5 ち あ くち おし た ゆ た ひ 

謂 出 でん さは^た A> しか^、 H 門の 事まで 打 明かさん 乙 さの、 さすがに 口惜 くて 躊躇ての みお ゥた 6 

き。 

lllji^ が もお & はぎき ね, 亡、 l:g まで かくて あり 得べき 身に しあらねば、 はや 旅立の ® 備を ききけ る 中、 

l^なくもTi.^mkt^iま^s赐に己,v起..^たれ。 もさよ..' わが 家に は 表立ちて こ を さばか As の 風波 は 

わらさ. けれ、 に は 1 日 さして 靜 かに 穩 かなる 日の なか 4 しなれ <^、 乙の 度 は 特に 激しく して われ 

は^い も Nl の m 波の 裏に 捲き 乙 まれて、 溺れ はて { ^ひさ^た,? -に、 夭尙 はわれ を 棄て^り けん、 親^ 

ご. り ; くし くご ゎヒ f たま はふよ せい むさ^^ わ . D 

野 iHH を 下して 我 を 極 ひ 玉 ひしに ど、 われ は 今日まで も 餘生を 貪る 乙,..、 を 得た るな 6 き 

(其 十九) 

紺 ec^ 獻っ細 i9n か li を ■ ひて 紙^ を ひし こさの あ.. ける が、 二^ば か てま-.. ik るタ、 !塲が 諍 

111 だが iili ^りて、 かま やらん If しき 聲+り 立て、、 口 S 惡な くもい ひの ゝし 6 ぬ。 れき、 

t る わ!^ ハ、 可 事 さも 事の 由ハ iE 知らね^、 さに かくは かゝる 不敬なる 婢 n 逐ひ出 3 ん乙を 然るべ けれ 

fe! も K- ふし ざ まズゅ れい き しつ に は 5 ちく こ、 ろつ ゆ * ' J ^ > 

さ 思; 3 居し に、 不思蔽 にもお^ ハ 例の 氣質 にも 似卞、 放逐せ ひ心ハ 露ば か..^ も わらさる のみ 力 間 も わ 

ら せで. R 春が. lii: を 獲て、 床 はっける よ 4- は * 人手に かけん 乙 < ^あ- わ. なし さて、 朝に タ にみ づ 力ら 



まくらべ ,y ひ かたへ , て ふ み おこたり や" く 2: 3 

枕邊 にっき 添て、 傍の ものに (;: 手 も觸れ させで、 看護に 怠慢 あら^ 6 き われ ハた > 折々, に 見舞 ふの み 

fj だいお も ゆ み は を ixjli ゆ ゑ しき. S を か、 し たかの がく 

な. しか <$J 次第に 重 6 行く やうに 見えし かば、 か花が甸故か切-.^に辭みけるに關はらで、 强 ひて 高野學 

し しんさつ こ がくし しんさつ しょさい い きた 上 、、、、ぶんし ふした 

士に 診察 を. W ひぬ。 學士は 診察し 畢 6 て わが 書齋は 入. 來. しに、 われ は讀 みかけし みる^ん 文集お 下 

お たかの <ん かひ やま ひ い か しゃ 5 ち S しゃう かる 

措きて、 『高 野 君、 下婢が 病 は如甸 なる 症に や。 はかくし からぬ は 重症なる や o』 『されば、 e から 

やま ひ ち てだて た いし しゅじゅつ - くち >d し いれ 

ぬ 病症な れ^、 治すべき 方法の なきに あらす され.^ も、 他の 醫師 の手德 はかれ 乙れ 啄を容 むは、 みづ 

こ、 ろよ たも . ほか きみ こど i» - てがけ. S し まつ 、.J ん 

から 快く 思 はね^、 外ならぬ君の事1^|>れば、 打明けて いはんに、 乙れ まで 手掛 たる 醫師 は.' 全く 誤診せ 

おは かれ .& ちめい こよ ひ S おや た ほつ か いのち . ねが は 

る もの さ 燮ゅ0 されば 渠が 1 命 は、 今宵 1 夜も覺 束な から ひ さても かくても なき 生命なら ば ^く は 

かれ ちんん」 ろ ほつ め. S L ん しゅ じゅつ こゝろ たまへ かれ L んざ 5 こ $.-5 のち $J うみ やく ち ちう に ふ 

渠 にわが 近頃 發 明した る 新手 術 を 試 ましめ 玉 かし 彼が 心臓の鼓動 せすな. CV ける 後 i:r 動脈に 血 を 注入 

けつ かれ み きをつ かれ くるし こど これまで ひ ど しほん 

する まで. > ずれば、 决 して 彼が 身を慯 け、 彼き 苦 ましむ る ほきの 事 は あらす。 われ tt 從來 人類 は試驗 せし 

こビ ! ijs ぶつ にくたい いく: 一.i ほ; ij こ こ、 ろ ら$ たま うれ 

世 1- 乙 をな けれ、 動物の 肉 體には 幾度 さなく 施した る rJ さなれば、 さばか..^ 心 を 勞し玉 ふな。 憂 ふるほ^ 

. まげ われ まか ビぅ みゃく ち,., に ふ はつわき * で ど 

の 7- さは あるべく も あらねば、 柱て 我に 住せた まへ た- 5- し 動 瞬に 注入すべき 血液 は わか 腕よ. < ^取る 

かたて しばし よ 5 た ねが きみ しばし い し つも a は 上し ゆ 

ベければ、 片手 は 暫時 用 堪へ 卜。 願 ふ は 君 も 暫時 醫師 にな 4 たる 心算 て、 わか 助手 を: W たまへ t 

.S しゃ た の たや を せいこう かれら 5 ら ねが 「,;;! ん 

の あた. の 醫師を 依賴 まん は容爲 けれ *T 成功せ むまで は 彼等.^ 泄さむ N ^もの 願 はしからねば o』 『II 身 

こど つま *r ち あ 

は 乙の 事 を わが 妻に 打 明かした ま; S しか o』 

たかの がくし て かれ ほつ さお あ たま ふ じん おもしろ t:^ か;; 《1 た ふ , - 、 

高 野 舉士は 手 を ふ. て 『渠 にお、 决 して 打明け 玉 ふな。 か、 る 乙 € は 婦人に は 面白から ぬ 威 覺を與 る は 力 

鏡. 花緣 】 さ 二 



錄花緣 一九 四 

をん か ト $ぉ あ おも 上、. n い ど 、の たい ふたり は 力 

6 にて、 何の 甲斐 もな きもの なれば、 打明けん ija 思 ひも よらす。 ゅ備 だに 調 は》、 唯 われら 二人の 外 

こどく- しつ をい ひど しりケ し SIL ゆつ ほビ. J 

は、 盡く 室內の 人お 退けて、 手術お 施すべし』 

かれ その しゅじゅつ は、 り はふ つばら か かた を こ き W ん ひ は i ' » > . 

かくて 彼《其 手術の 方法 を 詳細に われに 語 4、 少しも 危險 ならぬ よしを 言 張る にお われ も 終に は辭み 

かれ こどば f! たが 

か^て、 彼が 語に 從 ひける。 

t r 3* ん c ,o しょさい ま ゐ - たかの かひ ふ ちょち 5 ベ やい く 

おいさ、 の ひぬ。 Si 事 を 趣して われ は 書齋に 待ち 居た るに、 高 野 は 下婢 か 臥した る 女中 部屋へ 幾 

ti-" * &ユ」 さかな .J よさい かへ きた おんみ をん *fj> さいくん あ ひだ ダ ゆ!^ £ ど たも 

度と なく It きつ 炭ゥゥ して あ.. ^しが、 最後に 書齋に 歸.. . ^來ゥ て、 『御身 はかの 女が 細君、 t の 問に 何事 力 面 

S *」 も し しか.," かれ やま ひ じっせん で ど 

白から す 思 ふよし ある を 知. たま ふか o』 『されば、 聢 さは 知らね <^、 渠が 疾病 はか、 れる數 日 前、 何事 

か せし 乙 さあ.^ た 6 しが、 を は頓に 解た ゥし ならむ。 さる rj^ を 尋ねて 何. はかま 玉 ふ o』 『われ? -の 

さい £ ? かん た かれ 卜-もて S お まも くわい ふく のケみ た あ を ざ たもて » く つ、 ゥ やく 

最後の 五ふハ 時間、 絕ぇ 卞渠が 面お 熟視る k、 かれは 回復の 望 を 絶てる、 靑 蒼め たる 面に、 苦痛 さ: 弱さ 

の爲 めに 巡られて、 言 出で かねた る、 わる 事を拽 したげ なる さまの 見ら る、 のみ か。 片時 も 休ま 卞 細君 

む がん <ゎ う .& つし ゆお を い ろ お を:; i など りゃう:; i ん あ ひだ ひも ひ みつ さう a*, 

の 方ん 向く る 眼光の、 1 稀-恐るべき 色お 帶 ぶる は、 何事 か兩 人の 間に 潜める 秘密 あるに 相違な し 乙の 

Is^ まひ だんまつま いた こ、 ち たしか び や しゃ 5 , 

病 は 段 末 魔に 至る まで、 氣性 精確なる 病症 なれば ◦』 . 

われ は 何事の あるべし ざ. も 知ら ^ゥ ければ、 『も はさ も あるべき 事な 6 かし。 渠 はわが 心 はこ そ 入ら^、 

わが 妻 はは 一 1 なく 思 はれた る 下婢な しかば o』 

たかの もく I- ん いらへ くび .5 &だ ふた、 た あが び や-? L つ ゆ 

かくい ひたる に、 高 野 は默然 さして 返答 もなくて、 首お 垂れて わ ゥたゥ しが、 再び 立ち上 6 て 病室に 行 



、 このたび い つも もこ てま ビ かへ き き たま しゅじゅつ はじ 

きし か、 今度 は 例よ 4 は 少しく 手間 艰ウ て歸. 來っ、 『い^ 來 給へ、 手術 を 始めむ o』 

(其 二十) 、 

た 力の がく. し f> たが かの. L つ い み 》.< つ を いあんたん し かげ み ゎ^1 , 

わ れは高 野學士 に從; 5、 彼 室に 入ゥて 見る に、 室內 暗澹 ざして 死の 影の 充 ちたら む やうに 覺 えぬ わか 

い きた み は を あ を ざめ かほ ひビ. L ほ あほ じろ たかの かた み くち を 

入. 來るを 見る よ. 花の 蒼白た る顏は j 入 蒼白うな. まさ. つ、 高 野の 方 を 見 かへ. て、 口惜しげ は 

*^ に たかの て これ さへ ぎ 5 ふじんか ほ きつ み みゃく ちかい 

何やらん S はんさせ しが、 高 野 は 手 を ふ. て 之 を遮ゥ 、 c せ ゆく 婦人の 顔 を 屹さ視 て さて 膨を診 ひぬ。 

あはれ かひ かほ に-くお ほね ひい をで このよ , ひや、 あせ ひた ひ たま ちから 

可憐なる 下婢の 顏は、 肉 落ち 骨 秀で、、 は此 世の もの j5£ あらす。 冷 かなる 汗 は 額に 玉ぎ 6 て、 力なき 

I なぶた お ほ ま ズ% こ お ほ ふん たかの び や. 4" しや まくらべ , は を ねんな ろ 

I 隨は 大き やかなる 眼を掩 ひぬ。 1 二分して 高 野 a 病 者の 枕邊 はっき も; S たるお 花に むか; 3、s さ 叮孿に 

^ しばし あ ひだ たおさ のケ は を ふか f> さい い か たおさ け はき 、 

蒈將の 間 ゝを 立去ゥ たまへ ^望みぬ。 お 花 は 深き 仔細の あ. てに や、 如何 しても 立 去..?. -氣 色な く 

こどば 5 け ひ ひた をら い うれい i な >^ か • ひ おもて 5 ち をに こ, ゝろ 

わが 語 はても なかく 承 引かす、 只管かの幽靈の如く恐^cしき下婢の面を打ながめて、 何やらん 心に う 

f かの か ひ おから めじ s- あが ズ% みだ ま * &こ は を をが い, つ ゝ 

な づく樣 な- しが、 彼 下婢が 力なき 訾は き. ざ て、 涙 を ふくめる 眼 もてお 花 を 眺めし 1 xl^ 親 

かんせん は をみ つか いまい か このし つ たさ 、ろ さ だ "力 か .は, : U. 

寒戰ぉ 花の 身を欐 みて、 今 は 如何にしても 此室を 立ち去る ま. ij€ 心 を决 めけ む やう k、 樘手^ 坐して 歙 

か ,な ゥぬ。 

I かひ めじ S- んたゝ あが あは かひ みまも に & いつべ つ おも、 ち il^l 

一 下婢が 皆 は 再び 昂 るこ^ あら^, りき 。哀れなる 下婢 を 熟視れ るお 花 を 一 瞥 せる に、 ァ、 をの 面色の 如佣 

をる". 一 はい/—、 わし ま £ど がんく わ 5 ひや、 あ ysjs- いろ お きつ む を くちびる ^^u^ ^^p- ) 

に銳 か,? よ。 炯々 たる 鷲の 眼の 如き 眼光 は 冷 かなる 輕 侮の 色を帶 び、 緊さ 結べる 唇は殘 1^ おなる 呪咀の 

ぎ や 5 さ 5 どビ う ゆ ひどく つ 5 こ よ たのしみ かん む & たら さま みめ ほ 1 お,^ 

形相 を 留めて、 C せ 行く 人の 苦痛 をば、 此上 あき 快樂 よ^ 感じたら む 酷薄し き 形相 は、 見る目 凄 卜く 覺 

镜花緣 一 九 玉 

n 1^ ^il-i 矚 



鏡 花 緣 一九 六 

I ■ A ひ さ S こ き 》i! ふき、 どき あや いってん び せ 5 たち ま さんたん たもて の ほ 

えけ るが、 かの ずぎ が 最後の 呼吸の 吹 切れし 時、 怪し や 一 點の 微笑 は、 忽も この 慘擔 たる 面に 上 ゥぬ。 

. »f ご り ^{ ,J ^ ひみつ はズゅ げ およ .L かれ、 つね- こ、 ろ 

知らす、 人が 間が 如^なる 秘密の ぁゥ ける や 芑 にかく はか 花 は、 下婢の 死 は 渠が手 素 心 はか ゝれゥ 

ザ;、 J ^^^6 ま" J こ にも こ、 ろ や を かんしゃ くわ 5 てん ひ みつ 

しお ^ すに il? 卦 AJ^ せし やうに 思 はれて、 心 を 安ん t た ゥ まならん 威 謝す 皇天、 われ ももの 秘密の 

f のこ 

^せられしま、に殘れる^.^さを0 . 

たかの f し こどぎ しづ つま むか この しつ た さ 

高野& 5 は慘 ましげ に 『はや 終 切れぬ』 ^靜 か.^ S ひしが、 また 妻に 向 ひて、 此室を 立ち去らん 乙 S を 

もど つま も a や 、,- を た たも たさ、 ま ふた S- かひた 

求めぬ。 妻 は最 早辭 むに も 足らす 笆ゃ思 ひけん、 さら はとて 立ち去. < ^しが、 間もなく 二人の 下婢 立ち か 

い き i めいれ. & をい みつ ほう きた おも い まも こ へ 

は .rs て 入, 求ぬ。 乙 もまた 妻が 命令 をば 內密 奉 卜て 來 6 しならん ざ 思 ひし かば、 今少し 經 たらん に は、 

上び U ん も >^>んびど へや た い めい かよら た 

呼 鈴 をば 鳴らす ベければ、 をれ まで は 何人も の 部屋に 立ち入る ま 卜さ 嚴 かに 命 卜ゥ、 彼等 を も 立ち 

去らし めけ. 00 / 

こくし き しく.;;、,.. t ス, め 5 じ.? -ク ぶんじ を は こくしゅ けつ わき ^5 みゃく つぎ. & のち t づ 

ios 野國^ が 起死回生の 妙 jiiT ゎづ かに 廿分 時ば か 6 にて 畢. ぬ、 國手は 血液,^ 動脈 ド注 入れし 後、 靜 

ri きふき き か AS 、.^5】ろ D!J さ いのち ひや、 し 力い 5V、 

かに 呼吸器に て 呼吸 を 通 はせ しに、 驚くべし、 一度 去ゥ k し 生命 は、 かの 冷 かにな 6 た-? J 死骸の 上に 

き で S さ か を つ.:;, しん ざ 5 こ :iJ5 きた まぶた ゎづ S ち ふる こん 

かへ. <..^み ぬ ,吸 は 微かに 通 ひ はじめぬ。 次で 心臓 は 鼓動し 來 6 ぬ 。睫 纔 かに 微動 ひぬ。 かくて 魂 

3 く 5 る に. くた-;, .2' へ きた がく. J こ きふき はづ い き 

^はふた ゝ びお 春が 肉 體は回 ゥ來ゥ ぬ われ は 學士の S, ふま、 呼吸器 を 外せし か^、 呼吸 は をの ま、 

通 ひて、 切 6^ 唇 を 動かしけ 

かつさん おど へや どひら ね £ど は ふな は, ため たちの け ねん ふた ゝ 

蔓然さ 昔して 室の 卢 は 開きぬ。 わが 思 ひし 如く、 か 花 は 二人の 侍婢が 立 退が されし に膙 念して、 再び 乙 



きた 

、は來<^しな.<r^o 

び や 2 'しゃ おはい めかつ ひ い きた は かほ にら やせ かほ うお じ 

病 者の 大 なる は豁 S 開ら きぬ 入. 來 .rYJ か 花が 顏を 睨みて あ, CS た. しが、 痩さら ば ひたる 顔 を 打 動 

さ sfj き か:;;? ひど こ、 ろ 5 こわね おんみ だい あくふ てい ふ じん ぉクビ IJJ くがい 

かし、 葬式の 鐘よ. も 人の 心 を 打ゥ らん 聲色 はて、 『御身 は大惡 不貞の 婦人 かな、 ::•• おのが 良人 を 毒害 

その くやく まお くま ど だ おんみ た わが ど * の ひみつ も お 

せん^て ::: 其 毒 藥は今 も 奥の間の In, 棚 :… 御身の 爲 めに 我 調へ た. し ::: 秘密の 漏れむ さの 恐 



L つど ふか ひど くちびる 5 & 

しさに、 われ を も…… さても 嫉妬の 深き 人よ …… 唇 はな ほ 震き ぬ。 され^語は!:!:^明らすなろ-ぬ。 語 は 

ど ぎ からだ 5な いま おから ひか s- を ゆ S ひ かげ いま まった にしゃ ま は お 

途切れぬ。 身體は 動かすな. ぬ。 今まで は 力なき 光線 を 投げし 夕陽の 影 も、 今 は 全く 西 山の端に 落ちて、 

へや ち 4J やく まく あんたん どき ね が ほ 

室の 中 tt たい 寂寞 さ 暗澹 さの み 特を得 顔な-^ き 



i きた 50 もしび かげ てみ は い ろ あ を かみ $ おみ だ S- や 5 がんち 

侍婢が 持ち 來れ る燈 火の 影に て 照らし 見れば、 ;-花 は色靑 ^め、 髮は か.^ くしう 打 亂れ、 兩眼 血ば 



かこ のが > い た ゆた ふ せい 5 ち ふる も わ 

しゥ て、 宛然 野獸 なん の四圍 を圍 まれ、 逃れ出 でんよ しなくて、 躊躇; 5 たら ひ 風情に て打戰 へつ、 坐 

ゐ たかの がくし し にん かほ 5 お まも しあんよ ねん われ われい か 

o 居た. 00 高 野學士 はたい 死人の 顏を打 守 6 て、 沈思に 餘念 なか 6 き 我、 ァ 、我 は 如何に あ, CS けん、 

みづ こど は し 

自 から S ふ 言の 葉 を 知ら さ. き 



かの をん ズザ ひみつ ど :: - - : 

われ は 彼女の 秘密お 問 ふこ さ をな さ >6 き た >何 事 を もい はで 彼^ 別居した. <yo 彼の 事 を 知 6 し は、 



たかの がくし たかの がくし た しゃ、 ゥが 3 ひみつ まも ^< • » カオ f:. 

われさ 高野擧 士クヒ のみ なれ.^、 高 野 學士も わが 爲め 生涯 秘密, ど 守る 乙^ を 約し けれ は 彼 は 夫に 棄て 

鏡花緣 一 九 七 . 



I 鏡花緣 一力 八 

られ たる、 ? fe^ なる^ ださして、 世人の 同 威 を 得て、 去年 肺病 はか ゝ- = ^て 敢果 》 くな 4 ける まで は、 誰 

ふた、 き かう あで、 くわん こく ひど 

れひ fvg お; さまに の、 しるもの は あらで、 折々 はわれに 再び 舊 交お 煖 めよ かしな^ 勸告 する 人 さへ 

t け.. 

* せ * * * * * * * * * * 

:> 、 )3 It 言 ねん &ど おく さ 々わんら いたび や 5 わ 5 じやく み 

■ おの Mtti れる乙 さもな く、 われ は 十 數年を 1 日の 如くに 送ゥ 去, ぬ。 i 多病^ 弱なる 乙の 身の、 

, -0 : ^ 7 3>ん じう どき ま 

おは 耐 らしき あ^を さへ is たれば、 かく 臨終の 時 を 待り ばか 6 な. oo 

7 ,, . おも せい むさ た ほ いま よ ゆん .r、5 

を 船せ しょ 6 はや 十日, はなり ぬ。 思; S しょ 6 は 生 を 貪 ぼる 乙 さの 多 か 6 ける よ 今 は rJ の 世に 何の 用 

きこ し 卜み ハっ j5> んち まねぎ お 5 ぁゝ わがし fi- わん きお か i 

も わら 卞。 おれ 死の 祌! 何時 はても 汝が 招待に 應 すべし。 埃 我 終焉の 期 は 近づきぬ。 H 




® 薄 慕 山 田 山 花 袋 

(上) 

ちにち さ S: ち 5 か ま « いっひき 5 さぎ で あ ちか こ ろ. i& ふ 5 ん や 3 おち 5* 

一 日 山中お 驅け廻 6 たれ ij、 一 疋の兔 に すら 出逢 はさ, し は、 近頃に 無き 不運 《 いふべ し 山 は 落葉に 

b- みづ たおば ど. a ひどな びみ いだ けもの かくれば & C- やう ふ ビ ゆき あいだ ふゆ いちねん ゃメ 5 

瘦せ、 水 a 落 菜に 留 6 て、 一 度 見出せし 獸の隱 壌 無く、 獵夫 は取ゥ て は、 雪 ふらぬ 間の 冬 を、 一年中の 

かう じ せつ. S きの ふけ ふ ぷ& やう こどし また X はる むか 

好 時節 さも 言 ふべき ものなる に、 昨日 も 今日 も、 かくまでの 不獵 のつ まらな さ。 今年 も 亦、 好き 春は迎 

こど おも W や 5 ち 5 つか かた の こ ど3< し £ ひき い こふくろ み 53 て たづ さ 

へられぬ 事 かさ 思 ひながら、 獵 銃お 疲れたる 肩に 載せ、 小鳥 四 五疋を 入れた る 小 袋 を、 右の 手に 携 へて、 

がんせきけ は やまみ お ぬ くだ ふ ど はま ばら ♦i. ぎ こづ も に びき さる み ど , 

岩石 險 しき 山路 を、 縫 ふやう k して 下. しが、 不圖葉 疎なる 杉の 梢に、 ニ疋の 猿お 認めぬ。 S つもなら 

み のが ど ほ ベ わ もの ふ や、 ゥ み . ふた あしみ あし. & はかげ あど じさ 

ば、 見逃して 通る 可き ほ^の 獲物 なれ *J、 不獵 なる 身の、 せめて は 乙れ を だは さ、 ニ^^三步岩陰に後退 

ち 5 ぶん .S つ K つ iJ5 せい は を く "ん さは 

.0 して、 充分に ねら ひ をす まし CNO 1 發の銃 聲は葉 も 無き 空 林を騷 がしぬ 

たしか て/ J たへ い そ ゆみ お さる かげ を. S ぶお も み ま は 

確に 手 答 はわ 6 け. o^、 急ぎて 行きて 見る に、 落ちた る 猿の 影 も 無し。 怪 かしく 思 ひて、 わた A 'を 見廻 

わ もの はや はるか わ だ *ゥ つ たま む を をぎ みき あた かさ しっぱい 

せば、 獲物 は 早く も遙 なる 枝 移ゥ て、 玉 は S しく をの 杉の 幹に 當ゥ たるな ゥ き。 重ねく の 失敗に、 

こゝろ みづ たし、 づ ゆ 5 から ね .3.ら こ ゑき こぶ y こやま こ ゆ した 

むしゃく しゃする 心を自 から 押靜 め、 夕 鴉の 聘 かへ る聲 を聽 きながら、 瘤に 似た る 小山 を 越れば、 下 

f たに ちの こ .》 みち 5 へ おお ゆ 5 ひ かげ 

はさして 狭から ぬ 谷 あ ,0 'て、 S まだ 徵ゥ 殘れる a 葉の 上に、 落ち ひさす る 夕日の 影 は、 ぼっかな く 

も 照ゥ添 ひぬ 

薄, 暮山 * . 】 九九.. 



^^^^ 薄暮 山 -^^^ 二。 o ■ 

み を けい け ふ また こど さら さ ib もの を £ おも あや はつゆき おか 

見驯れ たる 景な, がら、 今日 tt 叉跌, 更に、 琳 しく 物凄く 思, はれた る こ を 怪し けれ 0, 初雪の 近づき たれば か、 

こ soy わ ほかた どび さ た ど M- あや を こね きこ i め 3 つ さへ 

小鳥 も 大方 は 飛 去. て、 只き つ、 きど かいへ る 鳥の、 怪しげ 鳴く 聲 のみ、 をゥく に 聞 えぬ 加 之、 

やいば & ど か. せ やま いた, いき きた 上 5fJ や わがね もて ふきつく さむ み、 て 

刃の 如き 風 は、 むか;:Sの山の頂ょ.<^か^CL來6て、 用捨な く 我 面に 吹 付る をの 寒さ、 耳 も 手 も、 ほ もく 

..i つね をが め 上 やま いっかく いおに ち つかれ や を れい 

きるゝばかぅ^^思はれっ。 されば、 常 はは 眺望 好き この 山の 1 角に、 一 日の 疲勞を 休む る を 例 さすれ き、 

け ふ こゝ くだ こ- ゥばぃ やまみち . にちや 5 いったい しろ た: i が は おど か きこ 

今日は そこくに 此處を 下. o、 勾配 はげしき 山路 を、 一 一町 ほ^た^れば、 一 帶 白き 谷川の 音、 微か ksg 

え はしめ ぬ 

くだ おどた か たにが は きし さ かづ きつ s- ク がんせき が いたばし わた いお めん 

いよく 下れば、 いよく 音 高き 谷川の 岸に 近き て、 屹立 せる SPIT るに 架した る 板 橋 を 渡 A\ やがて 一面 

へい ん どころ い こ、 か. しばくさ せん £ ど せう たにが は い つし りう ff つら 

平坦なる 處に 出で ぬ。 此 ^ に は、 枯れた る 芝草、 氈の 如く 生ト て、 谷川の 一 支流ち よ く S 中央 を 莨 

さくら かへ で を 5」 ff やま ふ どころ あた かせ さむ 

き^^J^Cくに、 櫻、 楓 等の 紅蕖 したる も あ まして 山 懷 は當れ ば、 風 も あま, ok 寒から す。 

われ を々 たびら ど いっしゅ か は かん C や 5 4. こど を われ むかし おも か を 

我 n 乙 、を 過る 度每、 い CN も 1 種異ゥ たる 感情に 擊 たれぬ 事 は 無 か ゥき。 我 n 乙、 に 昔 を懷 ひて、 悲し 

を さけ わがみ ふ こ 5 ^ いま おも わがみ ばつろ を 

く 情なき 我 身の 不幸に 泣き、 今 を 憶 ひて は、 ゥ まらな く あおきな き 我 身の 未路に 泣かん さす ま 乙で J に 

かん. • しゃ 5 わがみ を や わがみ か,, t> し たも 々ち 

rJ の 感情 はせ、 我 身お 惱ます もの はわら ft; るべ く、 我身を悲まするものもぁら^!^るべし。 思 ふに ロ痴の 

わざ むかし やま みづ み * &ゅ くわい S- 上 5 はる $らゝ か あ. J た あき しづ ゆ 5 ベ ゎらびどり^^^け^:^ 

業な れ^、 昔 はこの 山 も、 rJ の 水 も、 皆 偸 快の 料 € な <> て、 春の 麗 なる 朝、 秋の 靜 かなる 夕、 蕨 K 葺狩 

たの あ を くら ビ ころ 

は^、 かもしろ く 1- しく、 遊び暮し ゝ 所な 6 し を。 

3 た ある こど おも ひいだ われ どき む ねん こ、 ろ く かへ わ はく おど i われ f- つば 5 さかい 

叉 も 或 事 も 思 出して、 我 は をの 時の 無 さ を 心に 繰返しぬ 我が 肉 は 躍る ばか ゥな. き 我 を 失望の 境 



しづ ひど か 5 ふく 5, ま わがみ ひき われ こ、 ろ を こ を 

に 沈まし めた る 人の 幸福 を、 今の 我 身 irnF くらべて、 我 は 心の底 は 泣きぬ。 

一 . k はばら われ たも ひかへ ほ、 さま は、 さ S お, V また ま われ ふ が ひ J^- s£ こ 

さ れ^さ, 暫くして 我 は 思 返しぬ。 母樣 f 母 檨は遲 し^て 待ち 玉 ふらむ 我の やうなる 腑甲斐無き 男 を 

おから ソだ は、 さま あた、 か ゆうめし よ 5 ゐ ま i わが こ、 ろ L ごま 

も, 力に して 下さる 母樣 は、 緩き 夕飯の 準備^ ゝ のへて、 待ちて ゐて 下さる なるべし。 我心 を 知. <s 玉 は 

,、 タ t 、ゥ. ほひ > - I 、ひ ひ マ や 5 /^しんば い あいだ ビを むら をに がし む をめ ,y しう せん くだ 

ね は * 房 持た^ を、 日頃 非常に 御 心配な されて、 乙の 間 も 隣 衬 の 某 の 娘 を.. 御 周旋な し 下されし が、 

この おん を つま も $ ひビ マ >s よ 

好ま さる 女 を 妻 k 持ちた ウ^て、 何に かなるべき、 をれ よ. は、 S ゥ まで も蜀身 にて、 乙の 世 を 過 さむ 

こ ゝろゃ を f ふき こがらし かせ ふる ^f. 4 

を、 かへ. て 心安から め t.J、 折から 吹お るす 木 枯の風 i£ 震えながら-、 落 菜の みだる ゝホ を、 

さた^. 行きぬ 、 

もみち ゆ 5 ひ かげ L だい やまぎ は L ❖ くも 

fc 葉 k さした る 夕日の 影、 次第::: d うすれ ゆきて、 山際う すくら く なれる は、 時雨 se 士.^ へる 雲の か、 れ 

かへ w- み .£5 ん ざん た 5- き はやみ 

る i£ やわら ひ 顧れば、 遠山の 頂 早見え すなう k き 

風 は 寒し 日 は 暮れ ひさす。 谷川の 音 S よく 高く? CV まさ. <=s て、 T まき,^ さる^の lslr、 耐し 

ま やう われ みち .& る 

さ を 增す料 もな. け ゥ。 我 は S よく 路を急 ぎ CVO 

) ひ、 W き る 力 -た ビ ころ もみち にしき そめつ く どころ :, おん き まし & £ ど んりゥ どころ 

谷川の す さま 卜き 響して 琉れ 落つ-る 處、 紅葉の 綿の r ^どく 染ぉ ¥ たる 冗 ^の^の,^ く:!!. 一 あする 

を 過ぎて、 今し も 禿げた る. H は 上. か、 らむ S する 將、 K. 簡我耳 k ひ, > きたる 物の 音 あ ゥ。 樹の風 嗚 

おど しばび VJ き き こ ゑ LA たま. S. み 

る 昔 k も あら, K 柴 人の 木 を 伐る 聲 も あらす、 —— 鹿 か、 i ^が。 

微か はき 乙 ゆるな. —— 路の程 TPS かるべ LO 我 は 足 を S 、めて ft くべき か、 I るべき か s、 暫しは rf 

趣暮山 二 0】 



二 o 二 

I 簿暮山 sfiasim as l i j m ^ I 

0f^o され あし lyl? おら K は、 夭の さ づけ I ら f は ひ £ かるべ Lo 行か 

、、フ .•、 あや こ 5" かた はし ゆ 

むく さ、 し t たる i を i して、 をの ま、 怪し. 5 のって 1 さ r 行く たび I 

T て g ふ f つれば、 f f f -。 f f てち 町 I 行けば、 .ijjt€ 

も きれぬ。 If If f 、 Iff . iif 1 0is. 

f し 下た の ijf ものなる あ g。 ^fif^^n i I 

g うきわれ I にぎる ハ、 ff^^0f iliin. 何 ぼ; f いいつ 

づれ禁 の もの gif かるべし 。ぉまみ% きで 出ぎ て、 .Ffii をのき を 1 

-^4/ ,-」 C いつば つ じ5 せい こ、,. ろ , 

0^t ffm. i の 銃? f s。 1 ! 

Mfft わが K ちた る ii は、 る i きに i して、 す さ i かき。 我 は まて 

mlmfhfk r7if きに、 f のま ゝ f 進め ゥ。 織 犬 I しげに 叉 SS 

めぬ 。をの に. R ぼえ あるが,^ さし え.., たみ I われ ままつ しゅ ふく わい こ、 ろ をに 

i は r て、 f i もた f なむば? に は g る is きき 見?。 き 時、 我 は 亦 一種の" 1 し 2 んの底 

は f ぬ。 : の iT4 は、 is なる ききぎ し f、 ぎビ霸 5S£ か 4、1 の: 人 T" 

i も、 み 5- 

の 中に 進入- =-CNO , Islll— HI 



a: ま は ひど を たビ 《-ゃ$ けん われ われ みおび ふ せい 

見廻せ.^— 人ら しきもの も 無し。 只, V の獵大 の、 L き. ok 我に ま CN は. AN、 我 を 導か ひ^する 風情 あるの 

あやし いぬ みおび £J じっけん ゆ そこ &ゃ 5 じ 5 &ゃ$ ぶく ろ お 

み。 怪 みなから も、 犬の 導く k まかせて、 二十 間 ほ^も 行けば、 其 處に獵 銃、 獵 袋 な.^ の 落ち 徵 た 

る あ 60 不思議? 

み . かたはら かれくさ ひどつ わ を a われ さむけ &ゃ 5 けん しゅ 

なほよ く 見れ は, 傍に 祜草 k かくれた る 一 箇の 忘れ 井 あ. yo 我 はグッ さして 寒慄 おちぬ 乙の 獵 犬の 生 

じん あ. やま おお ゐ むざん し ど 

人 は、 て 乙、 じ陷<.>、 無 殘» る 死を遂 け 4^ る k は あらさる か。 

(下) 

ゆき あ fj ザい わ 、 いど こ おつ ど 50 も だち こど われ は 

! Itr 揚 けし 死骸 は、 我が 從 妹の 失に て、 わかむ かしの 友達な. き。 あま. の 事に、 我 は ほさく おきれ 果 

3 い 力 かんがへ むね かたはら み S- や 5 けん しそくお まゝ fi がい 

てぬ。 如何にせ む^の 者 も、 で」みには朐^^ぅかば^.^;.0き0 傍 を 見れば、 獵犬は 四 足 を 折. たる 儘、 死骸 

かたはら よ 3- を ひどこね たか ほ 

の 傍に 寄 添; S て、 かなしげ; 1 聲 高く g! えぬ。 

たか 丄 さ ► たま かんじゃ 5 だ. お わがむ ね た を ひき わがむ ね 

お 高檨は 嘸々 かなしみ 玉ぶべし ふやうな る 感情 は、 第 1 ひらく^ 我 胸 を 襲来ぬ。 我 胸 はま M€ 

き おく いっしゅ かんじゃ 5 もつ つ、 むかし ども われ L つば 5 さかる 

k 悲しき やうなる- 氣の 毒なる やうなる、 一種の 感情 を 以て 包まれた. 0§0 rJ の 昔の 友 は 我 を 失望の 境 

おどし ひど おも か を * &ん こゝち おつ ど 5 し を ぃ50 こ 

は陷 S れたる 人なる を 思へば、 悲し さも 何 さなく うすらぐ やうなる 心地 はすれ き、 夫 を 失 ひたる 從 妹の 

心 は、 果して S か はかなし かるべき。 

^5 せんじ し つ われ かしら あ ふ どこ、 ろつ ゆうひ お ほかた やまかげ も 3- t だい くら 

茫然自失して、 我 は 首 を 上げし が、 不圖 心付けば、 夕日 は 大方 山陰に かくれ はて、、 森 TP 次第; 5^ うす ii 

3 か われ みづ こ、 ろ 30 

くな ぬ。 如何, はせ ひさ、 我は自 から 心 k. 問 ひぬ。 , 

藩 暮 山 二 olil 。 



I 暮 w 二 g 

^< ■ <l k も ひつ こし いんろ 5 いおて ふビ り. S だ ふるい ビ みづ くち 一、、 

^ に、 おばぬ まで も氍 をで」 1§ 付きて、 腰の 印籠よ. H 貼 m 出し、 古 井の 水に て 口 合ます れ^、 落 

は む を くち ひら せんかた この 5 へ い つ こく はや 

ちて よ 6 久しく やな, けむ さ, ^ぼし。 齒 お結び たるま、、 口 を すら 11 かぬ は 詮方な く, 此上は フ激も 早 

く、 まるに:^ か 卜 ざ;;^ ピ 1 めて、 ぎれ たる.^ 力 骹を其 ま、 4- のれの 背 is; ひ、 泣 叫 ぷ大を 曳 さて、 歸 

途 k 就きぬ。 , 

が は 『1^ てぬ 01 はます く i くな. て、 m榭のがの葉散る^-^sのなf~しo 路の 淋しき 物凄 さ, 中々 

あずに は i しがた し。 まし て^か に は、 & したる 屍 を 背 ひた 6 さ^も ふ 毎に、 我 は 我 身の 戰慄 する を 

ふ おおば おど ども を たま , , 

いぼえぬ。 おのれの 蹈む 落葉の 昔 は、 乙の 友の 4J き 魂に はおら さる 力 

フ I is- e ん ijp むじ やう かん いま、 で ども ねた か 5 らゃ わが こ、 ろ 

かくて n は、 1 す、 がらつ くく も、 人生の 無常 を 威 卜ぬ。 今迄 乙の 友 を 節み、 且つ 羨 みし 我心の はした 

さど 

なさ を も 悟 A- ぬ 

"田 1 へば、 ゎが^^^1|のぉ1も、 まこ さに たは S ぎき Ti^lr-, け. 我 ざこの 友 は、 垣 一 重の S 同士に 

て、 &ッ; 1- の? liK^^ よ. -の S おな. -し。 をれ にかの 縱 &-。 乙の i? 人 は、 W しき 間に も、 喧嘩 一 ジ せし 

P 3LC やま/ひさん L ぶふ あそ こど むしろ し はる オタ か おにち k 

點& く、 ぃゥ も がちて、 おの^の!^ 坦 なる 芝生に 遊び、 ま、 事の 筵 を 敷きて、 寒の 長き 一 al い 

t& &. n まへ & てい..! わたし かみさん むしん を つきひ - > ^ - * 

かく 暮 しける が、 をの 頃よ ゥ、 お前 は 御 亭主、 《tt か 女房 £ 、無心に 過^せし 月 曰い つか 積.^ て 

c«.< さ s> ビも に f レクさ S い どこ しお さ. S はる ) 

我 は 十九 歲、 友 は 二十 歲、 從妹は 十七 歲の奢 £ はな 6 にき 

わ I はかの i が を i がヽ i く L 距 ひて、 « 巧 を 1? んに たし さ、 ^^もお e1 は^る^ さて は i か. =0 が、 



わがい へ でんち & ざいさん を 3> や 5 ふ ひき かへ ども い へ むかし ざいさんか >5へ> こ: き.", i: 

我宗の 田地 も 無く、 財產も 無き 獵 人なる. は 引替て、 友の 家 は 昔よ.^ の 家。 をの 上、 從妹は 居常 我よ 

むし か ども した み われ こゝろ こ、 ろ は、 、つち 一-^ にや 5a 

i. 寧 K? 彼の 友 を 慕へ る樣 子の 見 ゆる は、 我 は 心 も 心なら す。 母に 打明けて、 かもて むき tsAV 女房に 

もら い くた び こゝろ さ だ は、 ひど り やし K-b こど か み い ひいだ 、 む を 

貰 は ひクヒ 幾度 も 心 を决 めた れ^、 « 一人 すら 養 ふ は 事 AJ 缺 きたる 身の、 をれ € も 言 出しが たく、 s しく 

つきひ をら S い どこ ど. <* いへ こ 5 せん よめ もら こど さだま 

月日 を 過す 中 k、 從妹は 友の 家よ, り、 公然たる 嫁に 貰 はる、 事 定.. > ぬ。 

どき われみ よ ほ か, 5> し £ に ちし & ど-い ひど ま 5 お 

をれ をき、 し 時 は、 我 は 身 TP 世 も あられぬ 程 悲しく ぁぢき なく %V の H 五日 は 仕事 kTP 出です 一 室の 中 

H ひ 50 かま めん 5^ く おも しか けっこん に さんに お へ .S どこ 

k 閉込ゥ て、 人に 顏 見ら る V も 面目 #レき やう; 思 ひた, CS き。 然るに をの 結婚の 二三 日 前、 從妹 はいかに 

はれ かまつ き わが はゝ ビ ども おつ ビ も 、りへ よろこ ! EKPfJS- a 

も晴々 しき 鲲色 I て 我 母 を訪; s、 かの 友 を 夫 k 持ちた る を、 乙の 上な く 葚ぶ とさき 話 振に 我 はいよ- 

* & さけ こゝろ も こ ひ こ、 ろ ひ ほつ ひ so かた, » ^^^^) ^^.^^ I 

清な く、 心.!:^fs^る戀しrcを^vのま、>$J^秘めて、 决、 して A に tt 語ら さ 4 しか、 をの 結 嬸の夕 化 の 



きゃしゃ をが た ミか J- われ む ねん こつ をゐ てつ L はミ』 » ■ » :レ , ) 

華蓊姿 をび を か;^ 窺^て、 我な から 無念 骨髓化 撒し、 S つも 死んだ 方 かさ で, S つ-めし 事 もお-^ き。 



til. _ ? こ ひ むり たも ひき いへ むら 5 つ 50.^ 

され^ 母、 i 人の 母の 爲 め;^、 思 切られぬ 戀を無 a に 思 切 A,^、 をれ よ 4 家 を 衬は づれに 移して, 友^も 

つきあ ぃ50こ まるまげ がた み むかし こ ひ て ふくまげ むねつ /• ゆめみ こ ビ 化 1., はや . 

交際 はす、 從 妹の 丸 鬍姿も 見卞、 昔の 戀 しき 蝶、 髢 をのみ 胸に 包み 夢に 見て 今年まで は 最早 二 年 か 

たかさん かいにん い つ、 き きの ふ は、 き ひがう し おつ ど ど , - > ffe-*;?^ か を" 

. 高檨 も懷姙 して 五月 ヒ、 昨日 母よ々 聽 きたる i^、 か、 る 非 II の を 夫 k 遂げ ちれて は ^fi*i^ 

し 50 も た sat ひ ざんねん おも - • るに . ) ゐん^ > た f 

乙の 死した る わが 友の 魂 も、 ゆ- れ ほ^か 殘 念に 思 ひたる なるべし されき 乙れ も 何 かの 因緣 かさ 思 ひな 

t せま し が. 9 かた あげ ふゆ やま さお ぬ f ころも S 

がら、 背; bift ひたる 骸を 葛. a ft す,^ 上け むさ すれば、 冬, の はしめ の. H の 案き よ。 濡れた る 友の 衣 は, 氷 

いた 

ろ はて 、板の! ^^し。 

薄暮 山 1102 

-:. ぼ lu 翻 議龌 雞 -攀 fr-%*l*!* 赚, 峰 



さどお か を s- ぃり>$ ひ かね いん/、 くも を お ほ.,:. J ら 

て、 いっか 里 近くな As ぬぐ」 か ぼし。 折し もき 乙 ゆる 入相の鐘 は、 殷々^ 雲 も 無 き大. si:^ ひ V き 

むじ ゃミ せかいつ ど 

わた-^ ぬ 無常 を g 界に傳 ふる はは わらす や C 



m^^i^&K^^fs. やがてぎ るき g ばか 

わ! f- むら も こ ぼしょく をで いちめん た ほ のぼ f け: m^M, k お た ^つ , つ;:; 

-.^の我:3s.:^..=^o 糢糊 たる 暮色 旣 ii£ 1 面 蔽 ひか、 6 て、 も NiK? く 昇る 夕 炊の 烟も、 大方 は 沒し謹 さ 

れぬ。 

、ゥぉ たつ ど かへ ね A1 か B-M い くわ ふ こ た ゆ ふめ 丄 あぶ ゝ はふ 

をの 中には、 わが 夫の 歸. 遲 しさ、 門に 出で、 まつ 寡婦 も あらむ。 わが 子の 爲 めに 夕飯 を 暖めて、 今日 

S- や 5 & もの たのし ま ぉゝ は、 ) 

の獵の 獲物 を樂 みに 待つ 父母 も あら ひ (完) 



§ 贿 明治 文庫 第 十 編 終 



m 捌 賣 大 



i 神 仝 仝 名 仝 京 仝 仝 仝 全 仝 仝 大仝仝 仝 仝 仝 仝 東 

!戶屋 都 教 京 

熊;^^薪川田東中平岡梅柳吉盛上石信巖東水東 
谷 野 '凝 中桉 井島]^ 原 岡 田 川 野 

久東文 1 殆律 2 新 新 t 、喜 = 文 屋文 々 德魇京 
榮四 っ^^書峯聞聞题兵平 本 商 次 

堂 15 舍肋衞 房 雄 舖舗七 衞助館 店 店 堂堂 堂!^ 堂 

千 東 鴻仝檳 甲 沼 仝 潰 岡 津四仝 松 長 鹿 熊 仝 仝 神 
葉金棄 it 府津 ^崎 市 本 野 島' 本 戶 

仝 多 县里丸 柳 蘭 林 谷 愛 河 伊高 水 西吉長 船吉舟 

田 島見屋 ま § 藤 美 澤田崎 蹈井 
支 屋爲亭 flE 契 =蠢 友 g 善: 琴 喜 幸 S 山 2 新 
本 一太 書 閬, 凝 太 書 太 兵 次 支闺 

店 店 15 部 店 堂 社 舗 15 舍門郎 店 堂 衞 1 堂 店舗 
弘仝盛 石 仝 仙 鯧白平 徳字前 釵小上 仝 大水 危佐 

V す" 

前 岡卷 臺島河 木宮橋 田諸詉 津戶原 倉 
野 慎 佐 山 佐 木 上 奧清宮 内 換皆廣 宮太澤 川朝吉 
崎 藤 ロ勘衬 I 衬 川 山 川 《 田 一又 野 田 

九 益 圧 = 光庸 港 乎 文 文 B ニー:: 利德 
兵 兵 之 養 文 I 書 三 三 星 弟 t 又— 跟兵兵 

衞堂衛 勳店助 郎店堂 iPi^ 堂堂 堂堂 店 it 蔵衞衞 



仝髙仝 長す ぶ 高 富 小金 武蘊滔 增檨仝 秋 来 全 出靑 
田 岡 漓岡山 松澤生 井田 田 手 田澤 形 森 
高 室 目 覺櫻學 淸宇雪 安 品 鈴 東大 成 素 牧八鎌 

まさ』 靠 g ま 

書 二十 治 厘 源 三 蕩香書 四 檢兵晨 太需商 
店郞郞 平作 堂堂 平堂郎 八 店 郞堂衞 平 郎店店 

仝 仝 仝 札 函佐仝 县大久 仝 博 德和山 廣姬岡 松 水 
留歌 
幌銪竄 崎 分 米 多 島山 口 島 路山江 原 

萱小野 聚^ 河 韙 虎山 i§ 森 積 阪平宮 松 朝 武川商 
r に ili 前 内 3? 與 川竹蹈 —お 井井 川衬 肉岡衬 

左 自ラ文 文 汲 2 號正ニ き 5= な' 2 榮彌" J 二 

^^uM 古書 蜜ョ儀 fSl 支' 荀文臣 善 rr/l 六 
太堂錢 堂堂 堂 店 店 郞平店 店 吉助吉 助 社 15 助平 



上い 

赚 



明治 廿. K 年 八月 三十日 內務省 許可 

明治 廿七年 五月 十 一 日印 刷 S 行 



明治 

文庫 

定慣. 



1 册 (二百; 農) 

六 册 前金 

十二 册 前金 

廿四册 翁 金 



金 給玉錢 

八 捨五錢 

壹圆. K 拾錢 

參 圓拾錢 



都 

税 

六 

錢 



編輯 兼 ^ k 

日本 樯區本 町 111 丁目 八 雷 地 

印刷者 杉 原 辨次郞 

京 橋區元 数寄屋 町 四 丁目 雷 地 

印刷所 杉 原活 所 

京 橋 區元數 寄 屋町四 丁目 1^ 番地 

東京 日本 橋 E 本 町 三 丁目 



發兒元 博 文 






脊皮洋 » 上製 正價金 五拾錢 郵税 拾六錢 

楠 公の 精忠 大義、 兒童走 卒も亦 Ni れを 3 にせさる も 

のな し、 され.^ 當 時の 情^ を詳 知す る もの は 世 なか 

くに 多から^ る、 是れ何 どや、 世 に 好 書 ゆ 一ければ 

t. 楠廷尉 秘鑑百 三十 卷、 頗る 楠家殉 H の 事蹟 を 

詳記す、 £35 て 元 弘建武 の &を稀 ふに 足る、 然る k 從 

* 寫 本のみ にして a 訛饒甚 たしき を慽 み、 兹に數 本 

を 集めて 校訂 禰正、 以て 印刷に 附す、 IK 下 始めて 此 

書の 完本お 得た.. ^ さ いふべ し 




脊皮 洋装 上製 正價金 五拾錢 郵税 拾六錢 

江 £5<學 社 會の奇 傑風來 山人^ 貲燒溪 の 傑 荖を集 ひ 

小說 わ. -院 ffl あ 6 嘲 世 罵 俗の 快 文 わう、 滑稽 諷剌奇 

矯激 勵 の 犛觀實 に 他に をの 匹 を 見す 



和 美本 正價 金拾錢 郵税 四錢 . 

本書 は 漣 山人が 得意の 妙 筆を揮 ふて 物した る 滑稽 談 

にして 幻燈に 映 照す る 種々 離 多の 物 i:- 就き 面白 可 笑 

く 巧 k 其 物語 を述 たる 者な ぅ敌は 一 度 之を繙 かば 一 

i 1 !笑 ©讀 絶倒 殆ん ^頤の 外つ る、 を S へ? るべ し 



巖 谷, 

漣 S 人 



著 



ニ窬 

<p 本 

壹册 

K 數 

千 三 

百賈 



« 皮 洋装 上製 正 價金五 拾 錢郵稅 拾六錢 

支那 歴史の 軍記 中, 尤も 波 覼もリ 光彩め リて、 璀燦陸 :1 の奇觀 もる は 

吳越漠 楚の雨 軍談に 如く はな; > ろべ し 1 は 勾 踐.; 大差 V 互に 相復警 し、 

伍子 胥の忠 憤、 范蠡の 奇策 * S5 て 其 偉觀ん ^ して 益々^ ならしめ、 1 は 

高視項羽ざ鹿.^中原_」爭ひて、 范|?韓信蕭何張ー§15諸顯後之,^>帷幅 

に參龜 し、 25て其活劇.^^て愈々活きしむ、 彼の 三 腿、 M 下の 史 v^i 嘘み 

れる もの、 及ぴ讀 まざる もの 共に 先づ本 sixa- 1 讀ぜ ざるべ らす 




II U' III 

I" 

o 

は 



高 撟太華 山人 著 富 岡 永 洗 密書 



子供の てがら 

一 一 -- -il 醒 Itil 眉 _- 属 一-一 5 1- Igsgus af— Ball H — isi l ul .' 

全 一 冊 和装 密書 入 正價 金拾錢 郵税 四錢 

?>れは昔ばなしの鬼のて,^>らの類にはもらで今時の感、^なる小供のて 

がらな リ、 小 供の てがら- ^ は 何ぐ、 無邪氣 なる 三吉の 失策ば なしな リ、 

失策.^*てがら>」は、 ye- 、p しき やう なれ ど も、 三 吉は實 に 失策 したる 

なり、 5 の 失策 V5i 分に て 取 返した る處, い 即ちて, からにして * 種々 の 

可憐 無邪氣 なる 面白き 話 も, J れ ぞ 起れ リ 



武田 仰天 子荖 小 林 永 興 密書 

I 二 代 .忠 孝 

全ー册 和装 密書 入 正價金 拾ニ錢 郵税 四錢 

忠孝の 道に 厚き 我國 に は古來 1 門 にして i 孝子, 並べ 出 だし、 家少 

な :,, らす隨 つて それく 人口に 艙^し たれ, り 澤橘兵 太夫 母子の 忠 

孝に 至りて は 只歷史 に存 する のみ 世子 多く は 知らざる vsg きて 仰天 子 

の 筆.?^ 執られし 前 ist 橘 母子の 忠孝 美談 行文な だら でレ して 巧み なれ 

ぱ 御- 4fti^. い 御 is りても 尊く して 面白き 册 子な リ 



日 I 蓮 . 記 



瞿 

騸ー U 

!!■ 圆國騸 1 國國 國國國 騸國國 酈 國國 Bill 國國國 譖§國 成 

&| 還 正價 1^ 拾錢 郵稅四錢 

日遨 上人 は宗敎 開祖 中の 一 大 豪傑な 4 從來 世に 行 は 

る 、日瀵 記の 院本 脚本の 大に 上人の 眞相を 失へ る を 

5 て I 居士 J 十 郎:: れ 歌舞伎 座 



rJ の 新作 あ ■ 

に演 せん さす 其 立案の 斬新 豪宕 なる 其詞. の, 通 快 雄, 

壯 なる 脚本 さは 云へ 實に 牝條 時代 を 寫出せ る 一 編の 

史論に して 之お 讀めは 慷慨 悲 frlfy b^cir 

憤に 堪 へさる の 威 わ As 盖し kc^ の 

1 大雄 作.. 此 編ず 

! lilffsf If ! . 



幸 田 露 俘 君 著 寺崎廣 業密衋 

I 郵稅四 錢_ 



一日 M ± 入 正價 拾ェ錢 



歌舞伎 座 新 狂言 舰脚太 

癩地4 居士 新作 (3 

武內桂 舟 氏密盡 f 震、 

靥國 國國國 國固國 國圖國 嗣國園 國國驪 騸 國豳騸 ■ 國驪 



1 4 





ぼ 



文 



HI 



每 

龍 

切 

入 

洋 

判 

本 



正 

债 



玉 



一ね 

金 

六 

册 

齡 



i 



® 第壹編 目次 

巖\ ぼ 漣 山 入 著 武內桂 母密讜 

钍占節 秋の 蝶 けなげ さ 

黑衣魔 白面 鬼 棺上月 

山 時鳥 ioj 自慢 花の 旅 

編 目次 小 林、 水囊讅 

川上 M 山 著 雪 折 竹 衬 #; 弦. 擻著 ii の 神 

廣津 柳お 者 弗 魔 1 嗟峨の 崖^^き り鈴チ 

石梳き Isfe 櫻 江 免 水 陰 者 驚 く 鷗 

® 第 * 編 目次 

江 見 水陰卷 武内 桂^^: t 



容 

骨 武者 

信 IK 翁 

& 郞 

一 夜の 宿 



畫 



E 



疳擗 太守 

齲 紘 

故 家 水 

薔 帥の 妻 



はかれ 霜 

雲^ 過 眠 

參第 四 編 目^ 小 体. 水 t¥i 

|^^|» 外 緣巖谷 健 看 媒介 人 

多 田 漁 山 著 新 學 ± 川上 屑 山 者 風流 社 一! ほ^ 

田 山 花? み 者 隅お 川の 秋 嵯哦の 者 底の,^ + 

渡^ 乙 羽 著 都 土 產 

® 第五 編 目次 

山 田 美妙 齋者 三 島 焦お: Isi . 

み. くす はれ 曙の 春 月 花り 見 立 

紅墻記 朝 a の 墓 雪折れ 竹 

大 龍王 田 舍德者 古 切手 

くされ 緣 ゐ なか 嬢 母り なさけ 



鴉の 道行 uui 山 記 行 

都 門雜興 

®iK 六 編 目次 武內桂 舟密菌 

櫻痴 居士 忠義,;^ 安 士當世 二人 女婿 

® 第 七 編 目次 

中 衬花瘦 著 三 島 蕪 .li 密裹 ^ 

俄 長者 & 蝴蝶 合歡花 

俠 魂 片時 雨 破 鏡 

® 第 八 編 目次 富 岡 永 洗 密鼯 

山 妙 > ^村 上 繫光廳 谷 健 著 若 水 

嵯 戦り li. 者 & -ij 大帝 田 3^^1943 曰 月 

骨 反 者 滑 稷 二 入. iR 松 華 庵 著 夜行 a 車 

眠お ま 人. 者 江戸 舞 1 酋 原 麼卷靑 春 夢 

® 第 九 騙 目^ 

渡邯 SJ^ 著 寺崎廣 案^, i 

浮 田 一 a 捨 扇 邪 正 一 如 

戀の <rA 京 星 娘 こぼれ 梅 

神. S 七不 3§1 新^り 細.?^ 玉 川. 倒 慈.^ , 

故郷の 錦繪 吉 野初纖 花^ 衣 

® 第 十 編 目次 富 陶永洗 1? 鏺 

璎 痴 1^ 士著 M 稱钟士 漣 山 入 著 評 判 I 人 娘 

嵯峨の 屋著母 V ひ 松 華 庵著统 獵 

松 :5 十八 公譯 鏡花綠 田 山 花 袋著簿 暮 山 

® 第 十 一 編 目次 

Mi 壕麗水 著 寺 崎! #8 誨 I L 

月 雪花 物語 S 想文賣 餓 鬼 

心 字 池 寶 刀 書 師 



o 



^■1 



u k0 讓麵 鼸 ま瞩 t-KASa J 



明治 文庫 第 十一 編 目次 



雪月花 物 M 



懸想- 



かま 鬼- 



...^ 字:^ 



: 刀. 



-三ニ 



.五〇 



一 五 



一八 



麼 



偕樂 園の 梅. 



啼 美人- 



新 佐 世姬. 



H ハ 〇 



1 六 五 



七 二 



1 八 六 



以 上 



次 



* 丄ぷ £ すば H 门 V" 



一明 治 文庫 第 十 一 編 

, ^( K> S SSS — SI 

一 . 

⑩霣 月 お 語 麗 水生 

雪の 卷 (上) 

SJMio ばく わらん ち ? ゆき ふ おろ つくば おろ かんぶ 5 こ ほ ばな か つめ 

道路 一 白 鞋を沒 せむ さする 雪 は、 吹き 下す 筑波 下しの 寒風に 凍って、 花 か、 香な くして 冷たき もの ゝ 

おもて そ かっき ふたつ fj ろか?: &ヒ せいや せきばく みだ たま くづ ふ i みちゆ 

面に 照 ゥ添ふ 十四日の 月、 雨ながら 銀の 如き 静夜の 寂寞 を擾 して、 さながら 玉の 膺を踏 ひが 如き 路 行く 

ひ 50 げた を SJ た 

人の下駄の音も絕ぉたft^o 

どき げんろく い つどせ L ばす つき か よ ほんじ や 5 まつ さかて 5 き ら か 5 づけの すけ ていたく この ころ 

時 ハ $ つ、 元 祿の十 あま. 9 五 年 師走 月 十四日の 夜、 本 所 松 坂 町の 吉良 上野 介の 邸宅に て は、 此頃八 百 

がい つち/ \ なが わた あ か 5 ろ し tJ5 くんた くみの かみ あだうち ふ S ぶん おやろ ろく ばな ほね. S 

八 街の 辻々 に 流れ 渡 ftN たる 赤 穂の 浪士が t 君 工匠 頭が 仇 打 せん^す る 風聞に 驚き、 祿に 離れて 骨 秀でた 

やせら 、り a ん tJ5 き 上 さ あす. r^5^ 5 へす ぎけ ゆか こ 上 ひ さ つき ゆき Si は せ 5 

る瘦 浪人が 暴舉を 避けて、 翌日よ. 9 宗家の 上 杉 家に 行む どて、 此宵は 冴へ たる 十四日の 月 を 雪の 庭に 賞 

かん 1^ ぎ な &り えん もやう ち ゆ S ばいたん か しん f よ ね えん ば 

飯して、 賑やかに 名 殘の宴 を 催さむ にど、 知友 俳人 さて は 家臣の 重なる もの を 喚 ひ 招きて 燕 を 張 fts たう、 

た がれ ふ,、 き う つきやま つね みさ s- みづな、 S ろ こ あか さ、 なみ ふ け S 

黄昏^ ろの 吹雪に 埋-, P れ.? ^る假 山の もヒ に、 常に は 碧の 水湛 へられ 鱗の 紅き もの 小々 波 を 吹け る、 淸ら 

i- ん すい ゆきて あ くろ す みぎわ 5 すら ひ 5 へ う つきかげ 

.J^ る, M 水 は、 雪に 照,?: !ロ ひて 黑ラ 澄みた. 9、 汀の ほビ. CN よ, 9 薄 水く まき ゥて、 その上に 映ゥる 月影 を, さ 

雪月花 物語 雪の 卷 (上) . 1, 




雪月花 物語 雪の 卷 (上) 一一 

うすきぬ つ、 ほ 5 しゅ み こ 5 ふ、 ゥ けい う せらち ばな きょくく なが 

ながら 薄紗に 包まれた る寶 珠^ 見す る 好 風景 を 受けて、 障子 を さ ツビ あけ 放せば, 曲々^ して 流れた る 

わん 5 へ お ぎんしよ く かけす , 

椽の上に落ゥる銀燭の影滑べ,.=^た.=^、 

&の きら 上し ひ VI 5-,5>5 びん しも しげ まゆ あ ひだ てんしょ ひじに すち あさ き 

殿の 吉良 義英 は、 兩鬢の わた ftN に 霜 や、 滋 くして、 眉の 間に 篆書した る 火の 字に 似た る 筋淺く 刻^ ま 

まなこ くろめ ちい にな くせ おやち み ひど いちわる じゃけん 

れ、 眼 は 黑眼少 さくして 濁, 9 たるな. 1 癖 あるぎ き 老爺 ど 見へ て、 他に は 意地 惡く、 つれな く、 邪見、 

けん; i 一ん おの し 3 'ぴ どけ らい めん く しゅ あお f したし さ て 

慳 貪なる. とも わるべき なれ ど. p、 己が 知人 家臣の 面々 は、 主 so し 仰ぎ 朋 し 親み て、 差す 跳 子、 ビらす 

さかやき あ ひだ ぺん わきこ ぼ けう あそよ ふ し 

る KM の 間に は、 一片の 和 氣飜れ か、 るら しく、 興 わる 遊びに 夜の 更 くる も 知らで あ, ON ける、 

よし ひで さか づき ふく ほんべ こ かんじゃ い、 ク か に は ど いし お こ 

義英に 乙 やかに 盃を啣 み を がら、 侍ら しめたる 小 冠者に 吩 付けて、 彼の 庭の 飛び石の 上に 置かせて 小 

ぶり ゆき わ だ つ .syc^a* S, め ちき こ かんじゃ い 、こた ^ ^ にわ 

降の 雪 を 枝に 積もらせ たる 室 喚の 梅の 鉢 を もて 來さ すれば、 小 冠者 ハ唯々 ヒ答 へて、 二の 字が たなる 庭 

げ た ぁビ のこ さ、 き ない よし ひでみ づ た これ どこます かだい こ 

下駄の 痕を 印して 捧げ もて 來て 參ら すれば、 義英自 から 起ちて 之 を 床の間に 据へ、 さそくの 歌題に 之れ 

よ り やろ し ビ よ さけ ふた、 あた、 か けう ま まど うへ すぎけ 

を 詠まむ^ 料紙なん ^取ら 寄せ ゥ、 酒 も 再び 温うな, CN て 興 は 復た圓 かに^うぬ、 上 杉 家よ ftN のつ け 

JS ど こばやしへ. 9 ろ 5 わく ばんだ 'ら めんく せき ばし よ い だ なが げ. &e しんめ 5 ぞん 

人なる 小 林 平 八郎、 和久半 太夫 等の 面々 も、 ^Jの席の端に召ひ出されて、 永らくの 警固 神妙に 存 卞るビ 

やさ こどば so も よし ひで みづ たいはい こ あた て らし ばんべ ち& めい つ 

の、 優しき 言葉 ヒ 共に、 義 英は自 から 大盃 一 個づ i を 與へ姚 子 ど. CN て 侍る 侍兒に 命じて、 濺げ なみく 

こ がね いろ な Si だか も いた は 5. や 5 にんら いた めいてい その ざ た 

ビ、 黃金の色の凸ぅなるまで盛った.9ゃど慰勞る^^、 わ.^ がた が ftv て 兩人等 は 痛く 酩酊して 其 座に 堪へ. 

すな にけ る。 

か どこ ま かけ: ij けい よ んほ 5 な なり えん てつ よし ひで おく い まね 

斯くて床の間なる掛時計の四ッ半を報tたる^J^C、 乙の 名残の 燕 は 撒せられ、 義英は奥に入ft^、 招か 



it まわ こ >■ も、 し ざ さが げんかん ゆ み なに かな なが" ^^►^ 

れたる^々は^^がし >返,9ける、 小 林 も その 座 を 返らて 玄關に 見き 行れば、 何に 悲しき にや 流る、 淚の 

ゥ ろ、. 5 をく ひ ^Iw ひげ つら あ いひき ぉビ あら... -ふ るの し、 ちからこぶ ゆ ひな .^ド 、 

§1 きな む 臘燭の ほの くらき 光 を 髭面に 浴びて、 鼾の 音 は 嵐^く 猪の やうに 肉 瘤た ちた る 腕 を 曲げて 枕 

•-fc ら ま ろ わ く よりだ ふえ ふ かく カ^^な さげお 

とし、 反さ まに 餅れ て睡 むは 和久宇 太夫、 さて は醉 ひし^れ たる か不覺 候ビ、 平 八 刀の 下緒 を はた ヒさ 

わく た、 み オフ ノ なを まなこ みば こ SiJ の て 5 だい さけ £ > ;!" 

ばけば、 和久は疊を蹴て坐直.9ft;まに眼を瞬.c^、 是れハ 小 林 殿に て 候 か、 頂戴の 酒 は 五臓六腑 をき り、 

かめぐ こ、 ちょ さ ま SiJ ろ へいばち たいせら きら : ^のちす 、f い ザ > 

やき 6N ゝど馳 け 廻. CN て、 心地の 快 美に つ ひどろ 6. ヒ睡 みた, cs、 卒八ハ 大笑して、 吉良殿 翌日 は锏 宗家に 

が, CN 給 ふ^の 風說を 閡きゥ けて、 今宵なら では ち 入る 時 はな かるべし な.^、 もしも 左 あらむ 時には 不 

^< £ たま .A みし も さけ よ さむ よ あた、 か ふ .w_* f£ た ん はん か: /"ろ 

1^ をず ら^ぶな、 上下と もに 酒 を 雪の 夜寒に rJ ヒ 寄せて、 温き 衾のう ちなる 置炬 達の 炭 團の灰 を 搔き下 

V じん こよ ひ ゆ だん な この わ く こ 上 ひ おんげん? -ん どの- 5 け^まば 

すな^ 不用心なる 今宵なる に。 油 斷».^J や はか 爲 すべき、 此和久 乙 を 今宵 御 玄關の 宿 置 を 承って 

や ら f に お よ く しきだい I>-J ろ わらん ち ふ ► だ ^ C * つ,, セ. \ ^u.i ^ ,J. 

候な, ov、 瘦 浪人の 押し寄せ 來る ども、 敷臺 な- 9 ヒ泥 鞋 には蹈 ませ じ、 大の字5a>ft^に突き立ちて 大兵 

小^ I の ^ ひなく 斬 6 に 斬うて、 年代記の 外に 見し 事 もな き 紅き 雪 を 御覽に 入れむ, 《 殿 は 早う 部屋に も 

^,cs て i おわるべし、 わ、 醉覺の t の 欲し や、 小 林、 小 林、 貴殿ち よど 行きが けに、 敷石の かなたなる、 

が" のぎまぬ^ 满 Mm を して、 投げて やれ、 醉 はぬ 印に は、 見ン事 それ を 受けて 23- せむ、 フズ 、 

、 、 、o 

雪の 卷 (中) 

A:^ なが^> かへ きた ひばち ひ つけぎ 5 つ あんさん ほ ► ふビん ひ や, ぐ.』 > 

平 八郞は 己が 長屋に 歸り來 -、 火桶の 火 を 火 奴に 移して、 行 燈に點 し 蒲團を 布き て 夜具 ひき かつ 

雪月花 物語 雪の 卷 (中) 一 一 1 



袴 も' 起 i に 



雪月花 物語 雪の 卷 (中) 四 



わ く げんき こど ん^ ん さけの たま ゑ こ、 ろ さ わく げんかん 

ぎ、 さて TP 和久 の元氣 よき 事、 凡人の 酒飲みた る やうに 魂まで 醉; 5 はせ で、 心 は 醒めた る 和久に 支關の 

の& まか ま こよ ひ あし の きう をく で き お だ や ふん ぶんしき 

宿直 を 任し たれば、 先 づ-, \. 今宵 は 足 を 伸ばして 休息す ると 出 求るべし、 され ど 穩£ ならぬ 風聞 頻. 

きこ も まん ひど や せつ せ 5 お を きこ ビ いよ しづ 

聞 ゆれば、 若し 万に 一 つ 乙の 夜 雪に 乘 じて 襲ひ來 たる 事 わる まじ ヒも云 はれす、 好し さらば ど靜 かに 

きっか がた けいこぎ すば だ にく こ おび むす こ くら ば 

きて、 龜甲 形に さした る 稽着を 素肌に つけ、 肉く; 5 込ま ひまでに した 帶し かど 結びく、 &て、 小 倉の 

すそみ ちか 5:31 その 上 こ ねむ もの、 ふ こ、 ろ さ かせ ふ おど ,fe んたん » き 

を裳短に穿ちたるを其ま、7-ろ,„=^亡橫にな6^て、 眠れ さも 武夫の 心の 訝へ は、 風 吹き 落す 檐 端の 雪 さら 

S さ 

ftN ど 音す るに も 覺 ひるべし。 

よ い ん, ふ わた つきあ やき 5 こ f ばら こ た 

やがて 夜 C 陰々^ して 閬け渡 6N、 月 を 浴び 雪に 埋もれて、 凍へ たらむ 獏の腹 を 肥やす に 足ら? t; る ほ.^ 

か、 ひど ゆめ てんち せきばく ばんら. S きう よ わ まなこ ひら つき ひ,、 ( な わた 

の 家々 の 人の 夢、 天地 寂宾^ して 萬籟 休す る 1^ 半、 平八郞 ふ^ 眼 を 開けば、 月に 響きて 鼕々 ビ鳴. 9 度る 

じんだいこ おど 5 - た かひな さ まさ やまが S-5 y_ tfs 

陣 大鼓の 音、 ソ を敲ゥ もの は 誰も、 腕の 冴へ rJ そ 正しく 山 鹿 流の 皲 法。 

まくら つ かたて -ゃ ぐ SJS- しばし いき しづ み、 をば だ いま よ いまし 

平 八 郎枕を 突きの け、 隻手 を 夜具の 襟に かけて、 少時 は 息 を 沈めて 耳 を 歌つ るに、 今まで 夜 を警 むる 

げきた-^ おど まばら ほか た ? やしき もん せん げんかん かせ ふ おこ ふ ぶき くる *ピ ど こへ 

撃 拆の音 疎なる の 外、 絕 へて 昔な き 邸の 門前、 玄關の わた, 9 に、 風 吹き 起. て 吹雪の 狂 ふ 如き 聲 さつ ヒ 

きこ お ほなみ ち 5, ばげ き &ど ものお ど す さ お 3- やいば すろ & かんぷ 5 ん あ **S1!J 

聞へ ける が、 やがて 大浪の 一 時に 岩に 激 する 如き 物音の 暴 まじく 折し も Is- よ- CN も 尖き 塞 風 一 陣、 雨 ti; の 

すきま まくら もど あめ あけ ど <w しひ な ふなく たち おど 

隙間よ ftN 枕畔 なる 有 明の 燈火を « ぎて、 吹き送る 太刀の 一昔 

すいさん あか ほ や iti ら 5 にんめ 

さて 乙 を 推參、 赤 穂の 瘦 浪人 奴。 

か かけ ふすまけ ? あが L たへ まつこ 5 ばち まき ま ひざ まづ 50 もしび よ たち 

新く 叫びながら、 平八郞l^衾蹴.c^て跳.9上ft^て、 額眞 向に 鉢卷 して、 先づ 跪きつ ゝ燈 ひき 寄せて 太刀 



め くぎ あらた お しづ く や かた ゆ ひしゃく { ち みづゥ tt けいこぎ つ、 をで 

の 目釘 を撿 め、 そ を 佩びて 靜 かに 厨の 方に 行き、 构柄 ビッて 一 喫 「ts 水 吞み 乾し、 稽衣 古の 筒袖 Nl き. げ 

そう かひな き W ふ こぶし て く ふたう ちみ ち あま; 5J お あ ぉ&い 

て、 雙の 腕に 霧 噴き かけ、 拳 6 ためて 丁々々 ビ兩打 三 打して、 や をら 雨戶を 推し 開けて 跳. 9 出で ひどす 

あた かつく S へミ ^ おどた か ながや $ ち ばむ 

るに、 雨戶に 中って 憂々 ど 音す るハ 雹に 似て をよ, 9 音 高し、 さて は 長屋の 中なる 士か馳 せ 向 はむ ビ する 

いだ てき やねよ や 《5 ゐ 

を 出さ じど、 敵 は 家 根に 攀ヒて 矢 を 兵 ど 射 かくるな ftv け 6VO 

あばて ぉ& い や あた いぬじに ゃぜ, i-sti ん あなどり その や-つい ど 5- き 

周章ふため.きて跳,o^出でなば、 矢に 中ゥ てわたら 犬 死せ む、 瘠 浪人 ど 侮慢た, 9 しに 其 用意の 周到た る 

i^f へ. S ばちら 5 しづ み、 あま $J つ きどく や あま $J あた つらぬ k あた 

乙 を 殊勝 なれ ど、 平 八 郎は靜 かに 耳 を 雨 tEU^ 貼け てよ く聽 けば 飛び 來る矢 ハ雨戶 に 中って 貫かす 中る 

その? _*、 ちお つ やや まさ こ やの ね お! fj し や ; 

ど 其 儘から,?^ ど 地に 落る さま、 矢は矢なれ^正しく之れは矢根なき恐嚇矢な6^, 

あきた た つく か、 f> ゆみや むらす *、 め お^ , k すぎぶ し 155- .t* , 

秋の 田に 立ち 盡 せる 案山子の 弓矢 は、 村 雀 を嚇す なれ^も 杉箸よ ftv..^ 脆き 矢 を もて 嚇 さむ ヒ する 乙 

や 5 し へいばち わら しづ あま^ ひ ましろ さ つき ゆ < ^ななこ くら , 

を 笑止 なれ ど、 13- 八 笑 ひながら 靜 かに 雨 es を 引けば、 眞 白に 冴へ たる 月に 雪 眼 も 眩 まむ ばかりな るに、 

たち ま へ 5 おど どくや まさ みけん のぞ いなづま はや きら K り iy こ^し ぁボ た^ ^> 

忽ち 兵^ 音して 飛び 來る矢 は、 正しく 眉間 を 望む て電 よら 逸く 閃めく を 退き さまに 攀を揚 て 敵き 落し 

かひな ひ^^《 かた かしら いだ み かなた や At- わた ち おどす さ ら ろか たやう じ ひど 力けば し あ, 

腕 を 額に か^して 外の 方に 頭 を 出し、 見れ t 彼方に 矢聲 太刀 音 凄まじく、 廓 下の 障子に 人の 影 走り 合 ひ 

みだ あ べに ふ &ビ せ., T じ かみ ら 5 にんめ しょいん 

亂れ合 ひ、 さ ツビ 紅 吹き かけし 如き もの 障子の 紙に か、 う. piftN、 さて は 娘 人 奴、 中の 間 わたう 書院の ほ 

さ そく けつ ビの しんしょ みだ S へ い はちし 上. &ん くち た ふさ、 むら,, やい W 

ど ftv を 泥足に 蹴て、 殿の 寢 所に 亂れ 入らむ どす るに てお るか、 ^Jの平A書院ロに立ち塞がft^ 叢かる?^ 

ごて ^ Q ビ くやま <> み ち > てき わ 力げ 

の梶 どな ftN て、 ー步 た. 9 ども 返く もの か はヒ、 飛び 來る 矢の 間 を 潜. CN て 身 を 縮め、 敵に 吾が 影 を 見られ 

ゆき ふ に はった たかえん 5 へ S あが す if 上ち 5 ベ やばし い ^ 

じど 雪 を 踏み ゥゝ庭 傅 ひに、 高椽の 上に 跳. 5 上る や、 直く さま 女中 部屋に 走 ft> 入, 9 て、 架け ありた る 女 

雪月花 物語 雪の 卷 (中) 玉 



雪月花 物語 雪の 卷 (下) lulllllllllill 六 

ほ、 つた ば. 51 ふ S 'そで ビ かしら かぶ こ、 つわん ど お ましろ なかにば を、 

房 達の 花を鏠 ひたる 振袖 衣 を 取る ビそ のま. 人、 頭よ ftNJS き 被 6S て、 高椽 飛び 下. ゥ、 眞 白なる 中庭 を斜 

おくでん ばし さん 

めに 奥 殿 さして 走る や 1 散に。 

雪の 卷 (下) 

どき よしを なかにば や S ぎ す こし さ ふら ひ やり た かこ 5 ち 

乙の 時 大石良 雄 は、 中庭の 乙な たに 床几 を据 へさして 腰う ちかけ 士 四 五 人 槍 を 立て ゝ園 ひだる 裡に 

たぶ に > f,^ で ば ゆめて サ、 す、 に おき おんな わらべ さ す、 め 

大鼓 を 左手に 据を 右手に、 進め や 進め、 北ぐ る もの は 追 ふて 斬るな かれ、 女 童 n 避けて 進め や、 見^す 

かたき た、 ひ ビ^ よば かじゃ きん び さし した まなこ し f にら い ん う S ん/、 を A ば う くま て 

仇 は 只 一 個 ケヒ呼 は fts^ から、 火事頭巾の庇の下ょ..^眼は四方を睨ひで威風凛々たる相貌、 隈なく 照. 

• * つき た ち や s> さき ゆき よ さ ひ こうつ た、 か ひど の 31- うる a むす こ かせ 

たる 十四日の 月に 白み^る 大刀 鎗尖、 雪 は 夜寒に 凍て、 戰ふ 人の 喉霑 さむ ヒ 掬-^ にも、 粉 どなって 風に、 

飛ば ひまで、 

なかに ゆ^ ま む しゃ わらん じ ふ ばんけ 5 しも 5 へ もみち ちし &ビみ ちぁビ しる 

中庭の a は 未だ 武者 鞋 に 踏みた くられす、 板 橋の 霜の 上に 紅葉 散, 9 布く 如く 見 ゆる 血の 痕も 印され 

マ, でゥ ばく A」 の あ ひだ いま か 5 えん ビ お 

す、 天地 一白の 其 間に、 今し も、 かなたの 高椽を 飛び 下. CN て、 走し. CS 行く もの あ. o、 

みえ : ぬひ ふ^をで . かしら か 5 む からだ ゆき ど ゆ すがた はよ ほ 5 たち お に 

見れば a 繡 ある 振 釉衣を 頭よ. 9 被, 9、 鉢 を か 3 "め 雪 を 飛ばして 行く 姿 こ 3、 女房 達の 追 はれて 遁 ぐる 

, V ま \ ろ ひるが はな 5 ちかけ を w かせさつ ふき か もす を 

もの なれ や 眞白 なる もの、 うちに ひらく- (-,/\.飜 へ る 花の 被 衣、 折しも風颯ヒ吹き來<^て彼の裳 

そのした つききら- くわが た かね たち お^いし こ み ども 

の ひる か へ る 其 下よ. cv、 きら. ON ど 月に 閃めき たる は 鍬 形し ろ 金の 太刀の 乙 ぢ, ON 、大石 之れ を 見る ど 共に、 

お 5 さげ ふたり みたり ひ てう &ゃ S- そろ ば ゆ かれ い かう えん 5 へ 

それ ッ追; 5 すがって 打て やど 叫べ は、 二人 三人 は 飛鳥の 如く 槍 を 揃へ て 走せ 行けば、 彼 は 今 ま 高 椽の上 

かたみし ふりむ ぶれい め すいさん さげ かぶ きぬ ?- ろて つか か、 そで 

に隻脚 f:: けて 顧き^ まに、 無禮 もの 奴、 推參 なり >J 叫びつ ゝ 被,?^ る 衣 を 隻手に 攫 ひて 揭げ ながら、 釉 



の鹳 よ. cfe さ^めつ けたる 鬭が! を^むまで、 前に^ ひたる 一 個が 突き出す 槍の穂先に 投げ ク くれ 

らら 、で ^5 けいこ ぎ みち かば かま びん へん かみ , , ふ^ 

ば、 はれ 13 たる もの は藹 だけた る處 女なら で、 稽古 衣、 短 祷 、 鬢邊 の髮ー ッ だに 散らげ さる 大 

兵 一 個。 

iilT i は 小 $ 八 iT ど、 や 夜 M にお あ かすの i" ぞ す i、 af^^ 

:! S : , a し, マく お また ち つき きら いなづま したへ まっかう 

il、 お に附び に^ を ひね-^ て * く 二 尺 三寸の 大 太刀 は、 月に E めきて 電 の,^ ど、 額眞 向に 

I. て、 れば、 T 戶は ひきから むだる き あ を、 てネ おげ て、 ぎお は、 銳く、 胸板 望 ひて 突き 來る を、 片 

腐りけば S は键を i る、 を. ^に 舰ゥて 却き てば 右手 左手よ 6. 突き出す 槍 は 胸を距 ると 一 对ゎま ft^ の 一 

pp^h^. }^ 八爾 夕が むで §ま ひヒ する を颯 どひき て 再び^る を 飛びす がうて 斬 ft- こみく 勇鬪す 

こ しす? すべ 5 すら ひさ さけび のこ み づけ" w- 

れば、 fl4 だの もの は i へ/ \- ど て、 一 個 C 泉水の 汀の 雪に 滑, 9 しが、 薄氷 裂 ひ? を殘 して 水烟を 

^たしぬ 平 八が &i つ^てき i ひながら、 まぬ ものに、 5, ^ゝ らば ど鍾を 返へ して 高 緣に飛 

ひ# り さして I- かむ ダ』 する を、 後 よら 堀 部 金 丸 追 ひすが つて、 手 槍の さきに 貫かむ どす る を、 身 を 

^めて &」 けながら、 S% ^みに ^ケ てま、 i つ ほ^に、 ¥士は1 の 如く 押し ii- する ヒも大 堤に 拒 がれた る や 

うに 一 f i みね 得 f if f ^ifi. i の s 三 s の m ち 刀 もて、 f 

^,9 溅, 4 口 ふ、 I れ和 ち、 が にロ& ちて i りたる lil^ は^して 酽び 散, - たるまでに^" 戰 しける が、 果 

て はむ ir おの" i さき i がゥヒ ちた るう ちに なく、 i ど 1 ど を もて 1 られ たる 骸 橫 は,.^ ぬ。 

雪月花 物語 雪の 卷 (下) モ 



雪月花 物語 雪の 卷 (下) A 



せんがく e ろ、 ゥザ 5 どこし な あね あたり こ か, つ ふこ ナウ/' t tt 、: 

泉 岳 寺の 老松 長 へに 青き 邊に、 古 香 を 吹く 苔に 包まれた る 四十 七經の iia は、 の ひ.^」 の rlti^^g 

された- N、 同じく 義の爲 に 死した る 彼の お の IS は、 な 那^の i の "ぁ の鰣 にぎ もる、 る 敷、 る だ あ 

らば 問 はむ ど ど 思 ふ . 

月の 卷 (上) 

?朋れ か、 うたる i 舻の ほど. C に! =1 ちた る f もな き 二 おん f は、 m うま I たる 一 り g がぎ の て、 3 

れさへ凉.^c^きたる如き秋のぞ かなた./ 一 さむら のた て、 を を^して^. 41 したる 艇^の^ は 

奈 良の 寶 藏院、 乙の 明き 月の なかに 木魚 敲き てね 41 まう す M はなき か は .0 に、 射"^ へ 1 にぎへ てか^か . 

^!;る靜夜の凄味を擾して、 f くど il 夭ら I, る もの あ, け. cs、 きの ii^ のよ, cv,(4^ へつ ■ れつす るかし 

世 C 亂れ にみ だれて、 殿^船,はをち乙ちにさょみ1,0^たる^、 きら ifi さて は:^ の^ 鵬 さへ、 II、 か 

、ら ぬきうちなる 夢 は、 l^ifi の i 豪、; 5 がめ て、 f に P れ ぬる ひム の" 4 ろ、 m はんれ の T きの^ 



- けさみ くぴづ かひ どつ ふ め いろか J- わさ .1 ゥん じ; e ちり ち ? A f 

に、 今朝 見れば 首 « 1 個殖 へた ftv ど 眼の 色變 へて 噂す る もの あれば、 鎭 守の 森の ほど AN なる 地藏 堂に、 

おどつ ひたび * ど ひ *り き ' » や?^ で ばち てがたち. L ほやえん めルっ 

1 昨日 旅人ら しきもの 一 個 斬られた るか、 八 出の 葉の 散らげ ねる やうな 掌 形の 血汐は 破れ 掾の 一 面に 粘 

こ むら い ろな なまぐ きの ふ き あめ あや あは ひか S- ばな も 

きて 濃紫の 色 滑 めら かに 腥 さか fts し を、 昨日^ を がれ 時の 雨のう ちに、 怪しく ^la! き 光 を 放ちて 燃へ たる 

み あさ ばん こわ 5 わさ ふ だんつ よ たそがれ 

を 見た, CN どの 話しす る あ. CN、 朝よ ら晚 まで 畏 らしき 噂 はか, ON、 されば 平常 强が, CN の 男^も、 黄昏なら さ 

あま 5j 50 もしび こ、 ろ からだ まり や ぐ おくび や S 'もの な ば 

るに はや 雨戶を さして、 燈 もど ほさ 卞に, 心 も 身体 も毬の やうに 夜具 ひき かつぎての 臆病者 SO 成, 果っ 

► い るお お., i わらん ベら たけやぶ たけ き ゆみ かわべ お かれ あし を や 

れば、 犬 追 ひ 鬼 つ する 童 部 等 は、 竹 藪の 竹を截 fts て 弓つ-く. CN 、河 邊に生 もる 枯荤 折. ON て箭ヒ なして、 

われ はちまんた ら 5 かわゆ はち おさ て、 もろ ほ £ かみ や みづ てんぐ 

我 rJ を 八幡 太 郞候ど 可愛き か.^ き, c> に鉢ま きして 跳る いさまし さ、 爹々 に 貫 ふたる 反故 紙に、 山水 天狗 

かな か さ 、りん iis もん もが た W ざ ほ さぬ く 

さべ るく に 書き 慣れ^る にじ 6A 曰 さに、 かたち を かしき 笹銅 筒の 紋を 書きて 竹竿の 先き に 結 ひつけ、 九 

ら 5 ばんぐ わんよ しつ 5J ちい かたば こうげん むつぎ ち& いぬね こ たいへい. SA* こ くち ま ね 

郞判官義經^小さき肩を張..^ての廣言、 襁褓のう ちなる 稚兒 さへ 犬よ 猫よ ヒ大 平の 今の 兒の ロ眞似 はせ 

ものな よ こど ばん か な ゆみ まば もた たいこ は ど あ 

で、 物の 名呼ぷ かた 言の 一 番には 刀よ 弓よ ど 廻らぬ 舌おう/^. かして、 でんく 太 皲鳩ぱ つぼに 厭 ひたる 

からだ きぬ ゆめ ねむ 5.- 5 ば ふ どころ あた、 わんね こ 4 た ゆ 

身体 を、 やわらかなる 衣に くるめられ、 す や), (^ビ 夢な き睡を 乳母 タ懷に 温められつ、 寢子 歌に 搖らる 

あじ L , 

、味 を 知ら^. CS ける。 

ふ だん ふるま さけ ぞうふ くさ くろ かね かた こぶし だ て けんか 5 

されば、 平常の もらく に 振舞 ひて、 酒 n5 臓腑 を 腐らせつ、 鐵ょぅ も 堅き Hi よ 30 掌 を 伊達に 喧 嚷を賣 れる 

ぶらい 5 ん; G ま たま くら ひち は づ のさけ しん かわ 

無賴 もの は、 運は寐て待て^手枕したる肱をc^き張ft^て、 か 4^ 唾の み ゥゝ飮 みたき 酒 を 辛抱して、 革づ 

ち 5 "いわし やまがたな さけ しろ な い だ ち、 くさかりい なかり ャま ^ あち ビ き な た ど かく ビ 

か 赤鰯の 山刀に 一 斗の 酒の 代 を 投げ出し、 爺が 草刘稻 刈の 鎌 を 磨. きたる 荒砥 もて 來て、 菜 刀 磨ぐ 格に 硏 

雪月花 物語 雪の 卷 (上) 九 

^3 . 

: — り" リ 二"" ^ k^0 SS 賺 



雪月花 物語 月の 卷 (上) 一 C 

ひ 力 ' • ► われ せう」 1 さけの けんか たて たけ や sy g んゎ ふ ども、 i^? ら ^ 

ぎ 光らす もの も おれば、 我に 一 升の 酒飮 ますれば 喧嘩の 楣に 竹槍 一 本 吾が.; 入 股に くら はせ て、 , じる 蒙 

しほ f かつく たいけん if わかもの ばら どきえ よ > ろ ひ ない 

血 を 二 升に して 買て 吳れむ ビ大言 吐け る 壯丁原 も、 時 rJ を 得た, 9 かしこ けれど、 夜逃げに あらで ぎ Is! れ 

ばた. TL ぶ まへ お ほて ふ, おの 5 お ほ 

に 負 偵お る 家の 前に さへ 大手 を 振, CN て、 己が t 、失する もの 多 う。 

力 よ ,やまざくら さ 上 - なら せ C, せう く ま まつで あば r > 

ffi く騷々 しき 世の さま なれば、 山 櫻^ くど 1 咏 まれた る 乙、 奈 良の 淸淨區 も、 今 は 全く 荒れ果て、.、 

, いろ いら か こけ さ ひ,、 5 すら ゆ & 5 かね ね *^ くす s> こ? きこ 

しながらの 色 は K けたる 甍の 苔に 寂び た ftN、 日々 に 薄き 行ける 業の 鐘の音 讀經 の聲も * て は 聞へ 卞な ftv 

,ル きみ 化ん かう 5 もん せん ば,、 ひ sow All おし をら よ ばん a やけう 

て 核貌 香なん^ 寶れる 門前の 媼が 一 人兒 も、 敎 へられね さすら )(- ど 暗誦み したる 盤 若經を 忘れて、 

しん 3r5 よ きの ふ なき ば 5- しか >s ち しらゆき もくぎょ くや 

神童- W 呼ばれし 昨日の 名 さへ 消へ ぐなる を 婆に 叱らる、 ほきな fts け. CN、 されば 富士の 白雪に 木魚の 屑 

' さら 5 ち だい こ さかな ど て 5 ふか こ ひどな 

少し W 力. み 入れて さ、 やかなる 皿の 中なる お し 大根 を 肴 どて、 芦 張 深く たて 籠め たる 1 室の 

ば、 はや ど 5 つ ちゃわん ふち す? - むし ね けさ はづ ひ Ct もす $J く才 5 

うちに 盤 若 揚を濺 ぎた る 茶碗の 緣に鈴 蟲の音 を させて、 装裟を 外して ゆった. ON ど 終日 讀& のう さ晴 し、 

^;5^>こ/1,- ひ^ > こ&ゎ > おくさ ち &く わ たな そこ うへ & くらく 

徼醉の 心地よ きに.^ 人 を 憚 かる 小聲 にて、 十万億土の わなた に 地獄な く、 吾が 掌 の 上なる ものに 極樂 

> 、 . こ,, ろな く - いまた は か さけ 5 き や S ほうわ そで 

わ. 9 なと、 洒落る はまお 心憎き ど, われ ど、 今 は 誰れ 憚ら 卞酒 のみて は 打ち 興ヒ、 法衣の 釉を からげ 

ゝー^ てた, ち なぎな^^ ふ ま f やま こ おちむ しゃ よろ ひ は ある ちか 

て 襲 も すれ は 太刀 蓮 刀な き 振り 廻 はし、 遠く あなたの 山 を 越べ て 落 武者の 鍰を剝 き、 或は また 近き ほ 

X おゆし ぶじ や ちからこぶ i あら ほろ し 

ビらの 家を嚇 して 無事に 瘦せ たる 力瘤 を 肥す 荒法師 もお. CV け., >0 

ゝ いほ-, ほ,, め.^ - ほうぞう. &ん おしや, 5 いち ST う をう じゅつ たつじん たちば ら 5 

力、 る 忌 はしき 世 は 夢^ 過ぎ たれ <^、 寳藏院 の 和尙は 一 流き わめし 槍術の 達人 ヒて、 長刀 佩 ひ 4^ る浪 

に i , >ぉ^ メ: y / お;: V- こ S > ろく けんし めん ほん ^-5 た、 み ど の 

人 さもの 多く 出入して 敎を乞 ふ もの 多 か. CN け. 9、 されば 六 間 四面の 本堂 は疊を Rftv 返 けられて、 乙 、を 



けいこ.. i a な: たんば けいこ やり その かす ぼん かべ な-ゆ , . にん ij^ ほ^け > p へ ^し 

稽古, 場!?.^ し、 穗 長短 穂の 稽古 槍 は其數 二三 十本. かなたの 壁の ほ ビゥに 流れた.. - 金色の 佛の も悔 

あらり ^かま もす 七た か から ぁ^"す0ぁら きせい や &ゎ すろ . な. r ゆ ゆ は - に 

^ら ザ、 荒 布の 袴の 裳 高う 蹇げ赤 脚 現 はに、 氣勢 かくる 矢聲銳 く、 . ^うぐ ど 蹴 ッては 鳴らす 床板の 朽 

>^ お むか 5チ ね し、 むら くさ お かなく 53 けづら k あばた *、 ^.f^s^ 

ちた る あた,? どメ キ^ 踏み 折ッ て、 向 脛の 肉 を 腐れ 折れた る鐵 釘に 削れながら も、 周章し く膏 藥の設 

ぎ せ- ゥぶ きを いさ ものす 

議 もせで、 勝負 を 競 ふ あ. ON さま 勇ましく もまた 物凄 ftl し C 

^ 2.^,0* ぶ す AI あお ひか どもし び けいこ ば う? C 力なば ケ 

彼の竹藪を滑べ.„^出で、靑ぅ光れる燈火乙ム、、 乙の 藉 古場のう ちな, ON け ,0^、 打ち 見れば, 古鏽 つきた 

ぶ フク】 5 ひ VJts かこ あらほうし ふた らう にん ひげ を 50 こ ひど s- ほっし ひ y り, f ら 9 寸: ヌ化 

る 佛燈に 火を點 して、 をを圍 みたる 荒坊師 二人、 浪人め きたる 髭 男 一 人 わ.. >、 法師の 一 人 は 荒 布 を墨染 

ころも ど ほ そ あ はな し せ $ えり むなげ * 丄:^ I 、 

したる 衣 をつ けて、 、扉 わさ ど 明け 放した る 紙 障に よ ftN か、 6/ 襟く つ げて 胸毛 おら はに 紺たん だら 

ぬの べん f i ら く、 お ほほ,.,. し おにろ ひど ひ われ くま かわ お ほ あぐら , * * 

の 布 を, P て 便々 たる 腹の わた を括ッ たる 大法 師、 席 は 他に 敷かせて 我 は 熊の 皮に 大胡 坐し 爐 のうへ 

A、 なべ 5 ち にく か あた、 さは かほ 5- ども お ほほう し * に . ^や セ£ わ:^ ► L. / ふ& 

に褂. たる 鍋の 中に 旨き 肉の 香、 温 ひる 酒の 薰^ 共に 乙 ほれけ る、 大法 師は 先づ呵 くど 高 笑 ひして 顧 

し や-う つき か*ナ まつ わ >^.^ み " 

きさまに、 紙 障の ほど. 9 に 月影う つす 松 か 枝の やさしき 枝 を 見て、 まづ-^..•^Jのゃさしき枝ぷ.o^見て 一 

1 ぎ まむ ど 煎へ たる 村 醪 を髑體 か 呼 ひそうな 大 茶碗に 濺 がせ、 碗のう ちに 浮びた る 泡 を 吹きつ ゝゃ 

を 5 まさけ み わ も さたつ き ふち か , 

、がて 反ら^ まに わ ほ 6NCN け、 さても 旨き 酒なる よ、 あ- ら 見よ、 吾 か 把て る 盃 の 緣を椋 めて やさしく 

まつ フ|^ i ふ?. * マチ いげ こ を もお い 1 1 は" つ 

も 松にから まる 蔦の *s 二 ひら 三 ひらの 影、 よしか 此の 影 を 外ら さ卞に 把て 居る ほ^に、 今 1 杯濺 ぎて 

1< ひどし *d5 ま L や 5 し し f や の! V つきかげ k み, - わ"? は -、、 - か^^^ 

吳り やれ、 さても 一 入 旨き とよ、 わら 笑止、 紙 障の 破れよ 6 观き 乙み たる 月影 か、 見よ 我 か禾ル けたる 顱 

をす 滑? て、 ?§gil」^<dQtif 1し5とょビたびはぎ|<ほだ$默の§|^ぎ緲-5、 

雪月花 物語 月の 卷 (上) 1 1 

I— - - ^ ゅ蹿 —II il^ ば啰? は?"^ 



雪月花 物語 月の 卷 (上) 一二 

^ 9 ぼい てんせ 5 にら ふ V た だい ま、.? しゃ 5 ひ.^ 

酌めな みなみ ど つかけ さまに 三 四 杯,^ ほ,. > つけて、 やがて. 天井 睨 ひて 吹き出す 大^ 笑、 乙な たに 扣へ 

, , も > ^パ 《- あ むす ひどり ろ 5a ん t ゆん さ-!' らます ち、 ゥ& 

たる は斷れ たる 髮 を 麻 もて 結びた る 一 個の浪.<、rJめかみのゎた.c^に蓴栾のゃぅなる^,j£筋蠢めかしゥ.、 

ば -^r ' i . わ たま あぜ ひらて ミ た、 たな そこ お VIS" ひ 

醉に 蒸されて 秋な からたら くヒ 湧く 玉の汗 を 平手打ちに; 5 たヒ敲 きて * をの 掌 をち て 願 あた .5 の 

-^、 、 、 5 なろ さ、 み を こ かくせん ゆ 5 せん ぜ い きばや C しばらく たま 

荒 髭 さら, CN ど 撫で、 隻手 を 後に 支へ て 身 を 反らし、 是れは 覺禪坊 先生の 氣逸, ものよ、 今 ま 少時 ま、 ち, 

へ 鍋のう ちなる 鹿 は 熟する もの を * 我 か 冴へ たる 槍 を ゑ ぐられ たる 肉 を 寛く ヒ賞翫 して、 酒飲み |g ふ 

V お ほほ, し め わら らう しか Jt- き き 

i のよ 力るべき に 大 法師 はし, 9 眼に かけて 笑 ひながら、 よい はさ 三郞、 たか > 鹿の 一 疋半疋 を 獲た. 

、 5^ っ^ や な £ な にく 5 ま われ 

どて 跛 ひき るか 病める ものなら ば 何に^るべき、 げ う- しく 鼻う めかす. 肉 は 旨 かるべき も 我 は 

e て , , ^ a て お ほち やわん ゐな *i 5 

欲し 力ら ヒ それ 遣る は 見ん ヒ 乾せ ビ 手に し 4^ る大 茶碗 を さしつ くれ バ、 居直, CN て そを受 くる ヒ、 す 

力た へ あほ ほらし へいし く ち こ ,:;^ ね はな た £AJ こ く * ゥ 8- せんせ. & さす 

カさ卞 傍の 靑 法師 は 瓶 子 ど, て 酌み やれば、 散. CN か、 る 黄金の 花 を 掌 にうけつ 一 ロ飮 むで、 先生が 酒 

さ 力な ^つ- え ► かげ ほ vnL わ さけ さかな にく ま われ ん もく せん. Tt し 

の 肴 は 松 か 枝 さて は 影法師、 吾が 酒の 肴 は rJ の肉ヒ や、 先づ 我よ. OS 賞^せ むに 默善汝 も 筋 ゥけ卞 や、 

お 、 > 、わら , まつすぎ くら やまち か * 、りび まだ おちむ しゃき た は ど しりく pi よ 

大法 師は あさ 笑 ひつ、 松 杉昏き 山路の 篝火を 股に して、 落 武者 來れ剝 ぎ 取って 臀 うち 吳 れん ど 永々 し 夜 

を 待ちくたびれて、 落葉のう ちに 埋めた る 灰く さき 酒に 舌う ち 鳴らした る 昔の 味 を 忘れぬ 汝、 g れの托 

> ' こめ か せ^,- なか そ か さけ & びん を こ さ、 め Ayj ^-^ き 

鉢に 喉から して、 米 買 ふ錢の 半ば を 剔 ひて 買 ひたる 酒の、 土瓶の 底に ちょ くど 私語く 音を樂 しう 聽 

ゝ 、、 の-, もく せん、 51- たやに さけ あ ic- S しゅち >づ おもむき ふ さ, f お JA さす 

きて ち ひゥ飮 みする y 善が 鶴錢 くさき 酒の 味 もて、 我がる の 酒 中の 趣 を 解きて 見よ、 酒 は同ヒ 酒な 

r » はくき よく, ん はなびら むす しらつゆ を どば かげ な A*.t- ろ さ う^ま まな . しらっ^^ つ 9^ 

から、 白玉 蓮の ffi に 結ぶ 白露 ど、 卒都婆の 薩に 生白く 咬け るダ li のおに, 宿る 白 ヒ、 ■"E,^^ なが 



て な やり すいき ほどば い しゅ ど 5 たいへ 5 

ら、 ム、 Ni に はけ じめ わるもの ヒゃ ろか、 されば 手 慣れたる 槍 ひ/^ きて 醉氣は 迸し. CS 出づる 十指 頭 大兵の 

てき L たばら つらぬ かわ たいこ さ おど こ、 ち つらぬ ち け お"』 こス 

敵の 下腹 貫かば、 さながら 皮た るむ だる 大鼓 を 裂く 音す る 心地よ さ、 貫きし ま ゝ地を 蹴 $ て 跳ら 越 ゆる 

あ-さ ざけ う V* ある せいや むしろ ゆく むかし 2.- さ さけ は たちぬ 

陣頭 朝酒の 醉乙 53 曰かる ベ けれ、 或は また 靜 夜の 席に 端. 9 なく も 昔し のばる ゝ憂を 酒に 掃ら ひ、 大刀 拔 

はな f<s だら さ ちし ほば な £J ひ おも さけ 5 ま さ づき 

き 放して 斑 に^ける 血汐の 鏽に醉 ふき かくる、 想へば 乙の 酒 も 旨 かるべき に、 をれ はさて、 盃 を 乙せ。 

お まほ.^ し たいげん 5 かた < ふたり くちつ ぐ を 3- にば ふろい け みづ おど 5 か つき す 

大 法師が 大 言に 打 たれて 傍の 二人 は 口 を 襟み ぬ、 折しも庭の古池のゎ^.9に水昔せ,o^、 浮べる 月 を 吸 

はむ ヒて、 魚の 跳ねけ ひ、 鳴き 居た る 蟲の音 はかなた よ, 9 消へ て 來ぬ。 

, 50 ほ > を た、 おど みた 5- み、 そば だ き ふた、 おど ばし す 

やかて かなたの 扉 を ほ^く ど敲く 音す、 三人 は 耳を欹 て、 聽 くに、 苒び 扉た、 く 音す、 筋 捨て? t; まに 

お 5 こた よ らう: i ん か を どこ はし い ビ かた かいまみ L も 

應ビ謦 へて、 三郞 SO 呼びな せる 浪人め きたる 彼の 男 は、 走. 9 出で、 扉のう ちょ, GN 外の 方を竊 見れば、 霜 

い ぶか ま つし ろ あ もど,、 ゆ さ ゆ • こび せう むん ち さ も や 5 はかま き なが 

かどば か, 9 訝る 眞 白なる 月 を 浴びて、 髻 優に 結 ふたる 一 個の 美少年、 千鳥 模樣の 袴 やさしく 着て、 長 

t で き け 5 はな ちそ だ ゆか から かう こ 

やかなる 釉は 桔梗の 花 を.^ け ぼの 地 nS 染め出して 床しき 签 だきの 香た き 籠め たるら し、、 ふ Nl やかなる 

f ゑ 《- あ ひだ なか う も おも ひ まなざし ばくぎ よく 5 るし ら ろば S まなこ 

1 一重 願 を領の 間に 半ば 埋. P れ させて 物 思げ なる 眼光 ハ 白玉に 漆したら む ラウく しさ、 三郞 走せ 房うて 眼 

か つ お ほば うし たち あゆ ゅ^^ ばんめん so ほそ そ ど あら たち ひ * かしら ち *、 

つぶらに 欺く ど告 ぐれば、 大 法師 tt や をら 起て 步み 豊かに、 半面 を 扉の 外に 現 はせ しが 忽ち 頭 を 縮めて 

き > ひく わら まろき かしら ひ な 

嘻々 ど 低う 笑 5, ながら、 圓 顱 をつ るり ど 1 ^撫でして、 

いづく ち& き かい 七 うら 5 まよなか おどの 

「何 寺の 稚兒 ケ奇 ッ怪 候、 Nl の眞 夜中に 訪ふ こ ^v」 

上 こ かんた や かくせん £ ば 5 げんざん き つまい 

「乙れ ハ rJ の わた 6S に 世 をし のぶ 小 冠者、 覺 顧の 御坊 nS 見參 せむ^て 來 つる^ 吿げ 參ら せて よ,」 

雪月花 物語 月の 卷 (上) 1 111 

: に リ い I J - : 1 1 ^ 讓 ゆ 



雪月花 物語 月 の 卷 (下) ■ I 

月の 卷 (下) 

かくせん それがし はんめん つき ^e- れん ゆ しょ、 ゥ &;、 ゥ 5 はら し、 わ、. n がんこら 

覺禪は 某 でお じ やる ど 半面に 月 を 浴びて、 戀慕 の繡 越を撙 たむ ど 睨みつ むる 獅子 王の 眼光す る t< き 

み あ ながしめ 5 ほ? ん み びし 上う. 3 ん あい くちび g なさけ こ お かく ん 

を 見 上ぐ る流盼 にやさし く 受けて、 微笑す る 美少年の 愛らしき 唇 よら 情は飜 ぼれ 落つ るら し、、 覺禪 

& f おんな f- たまい さよ ふけ か >•」 た、 ゆるた ま 

の 御坊と な、 御名 を 慕 ひ 参らせて 小】 佼闊の 門を敲 きたる と 免し 給 へ や、 . 

ひげ ほうし な した あや かくせん て の f い せう ねん 

なに 乙の K 法師の 名 を 慕 ひて^な、、 い^た まへ と 怪しみながら も 覺禪手 を 伸べ て 招 じ 入 るれば、 少年 

こ て, つ ばな ねぶ ど はがへ か ちき け 5 ぬ こ をで 

はさながら 胡蝶の 花 を^り て 飛 ふその 趨の輕 ろげ なるやう に、 あけぼの 地に 桔梗 縫 ひたる 小釉 ひら C 

き ぉビ か 5 らん ちか あゆ おく ひズ, ま い かく ゆん が ft* こも び せ^^ねん あた わ 

ど聽 くに 音な きまでに、 高欄のほど-:^近く步みた,.^、 奥の I 室に 入れて 覺禪蒲 筵 を 美少年に 與へ、 吾が 

な こ な か 1^ く たてひざ ひざがしら &ゃ 5 たな £ 、ろ かさ おどが ひ うへ 

名を戀 ふて 何に しにね じ やつ. 語らて 吳 やれ ビ立 膝した る 膝頭に 兩の 掌 を 重ねて、 願 を 5 の 上 

の こどば みち . へんど,.' ま が ほ ゆ S な こ まろ けんどう tf かげ どもし ひ み:!」 りば 

に 載せながら 言葉 短 かく 返答 待ち 顔、 ^ろ,9どし^^る眼に丸絹燈の火影ちらく、 をの 燈の火 は魏抹 ひ 

ほ さん す,、 まゆす ゆに こう れんげ いろ ほ. つ かす 

たる暮山のかげ凉しかる眉を滑べ-=^て豐£:にして紅連華の色ほゃ,c^)(.- どしたら むらしき 頰を掠 む る 

かほ す こ そむ よなか すいさん ゆる そう ら ばちなん わがみ あだ さ なら 

に、 顏を 少しく 背けて、 眞 夜中の 推き おん 免し 候へ、 八幡、 吾 身 は讎を 避けて 乙ゝ奈 良の かた ほど. CS に 

よ し^ こくわん じ や ! つか & ろに 5 こん f> ば;, おきなけ う ゆ みやげばなし い け 5 まち 

世に あるか 無き かに 忍ぶ 小 冠者、 近頃 入懇 なる 柴^の 翁 京に きての 土產 話しに、 今 ま 京の 町に ビ きめ 

けんかく みちゆ や さ 50 も ri- い せい ちまた ちり ばら かた f あた こど 

きたる 劎客 あ, 9 て、 道行く にも 從者七 八 人 を 伴 ひて 威勢す さま じく 街の 塵 を 掃ふビ 語. CN ぬ、 思 ひ 當る事 

つけ, つ e ふか,、 さ かげ しゃつ み ふぐ たいてん わ あだ たんば 

わ ftN て、 一 日 京に 行き、 厚 笠の 藤 よら 奴 を 見た, 9 しに、 不倶戴天の 吾が 仇な う、 痰 吐きつ けて ド> 候 はん 

ぞん き やつ けん よ ながえ やり よ をろ き なみだ の かれ ば あが 

存 せし、 が、 彼奴 は劎を 好く し、 あまつ さへ 長柄の 槍 を 善く ゥ か; S 候ヒ 聞き、 淚を吞 みて 彼が 張ら 昂. 9 た 



bt かた A せ き ゆ 5 しろ かげ み おく み 5 しな かへ かくせん ひげ きん 

る 鷲の やうなる 肩に 風 を 截. CN て 行く 後 影 を 見送. CN 見失 ひて 還. CV でし 候; S しが、 覺禪は 髯を掀 してに 

よ みな い わか なんじ かくせん にう ii う けん まな あだ 5 こヽろ 

bsi 皆まで 言 は卞ヒ もハゃ 解れ, 9、 汝、 が rJ の 覺禪の 入道に 劎を學 びて 5 の讎を 打た む SO の窟 でね 

や さし びし や S ねん きつ か- せん しげつら あ a み けばい』 xlf S ゆ 

じ やろうが な。 さん 候、 ど 今まで 可憐 か 6V し 美少年 は * 屹ど 覺禪が 髭面 を 仰ぎ見^る 光景 春の 海の 

いろうら、 まなこ な あかり い き 力め - 

色麗 か. る 眼のう ちに、 何に やら 燈 火に 射られて 閃ら めく もの は 露 か。 

い 軍の ^ も照覽 あれ、 乙の 入道が 片臂の 肉 瘤 を 削って な. 9 ども、 汝が 腕に 添へ て吳 れん、 の 覺禪が 腕 

すち 5? なんじ ひち あたく こよ ひ しん/,、 す ば,.. S や _ ま v.. 

の 筋を拔 きて なう とも、 淡、 が 臂に與 へて 吳れ むす、 今宵よ ft>、 心神 澄み^る 靜 夜のう ちに 學-^ で を 善 力 

A うし た せきけ た びし やう ひん かたた > » » , ^^A^u / 

るべ けれ、 孝子 起て、 ど席を蹴,o^て起ちぁが6^^^;まに美少年の肩を敲きて 來 よど パか, 9 に 道場へ ど 

あんない ま を こ みば あや ろら もパ せん しつ - て 5 し ゆ.^】 に の ' 

案內 して、 眼 を 瞬 ftN て 怪しめる 三郞、 默善を 叱し 铫 子なん^ 彼方へ ど 返 かしめ ける 

かくせん て な けいこ や s- ひつ さ かた K だ , お, 50 \ ^,*!f^t、, 

覺, 手 慣れたる ® 古 槍 を 提げて 片祖 ぬぎし、 を を リク/ \ どシ ゴ きたる 一昔 すさまじく 穗先 はさ 

、 、 &どみ ゆ ゥ しゃ ま <J ろ & さかげ こわ け *w • A ぽ 

、らの 如く 見へ て 勇者 も 胸 かなん、 猪の逆毛ょ,9も剛5?るべき毛の生ひたる胸を丁々ビふ^^、ひ敲きて 

こお 5】 どもし びち や &ぇ する Sij きた に わ $ だち びし よ 5 ねん か き けうぬ な^ た 1 乂 そ^ら 

雀躍,c^しゥ- 燈火 散らげ むまでに 矢聲銳 く、 來れヒ 仁王 立、 美少年 ハ 彼の 桔梗 鏠 ひたる 長き 袂を背 

にぎび、 袴 を i. 斐) (^しく 端し 折れば,、 冬の大根ょ,.^も白きゃさしき脛ぁらはに、 授けられ 4^ んる蛤 万に 

あ きだち しづくした、 まへ がみ まつこ 5 お あ も^も. ゥ つ.! £i3 ) - 

乙き 上げ. Pi る 木太刀 を、 举 滴る 前髮の わた. 眞 向に 押し 當て、 、 御坊に 物申さん 劎 をな つて 相し 

た、?" どき しつれい &ほ 5 ふぐ たいてん わ あだみ 5 こ ^-^6 か tej<> ^^^u . , ノ 

鬪ふ 時には、 失禮 ながら 御坊 を 不倶戴天の 吾が 仇ビ 見て 打ち込まむ 御坊 は 我 を 憎く き 敵の 一 塊 肉 どし 

て、 一 ト 貫きに ヒ思 召し 候へ かし、 覺禪 かや (.^ 高 か 笑 ひして、 微妙く も 言ひゥ るよ 好し 打て 

雪月花 物 話 月の 卷 (下) , 1 玉 



雪月花 物語 月の 卷 (下) 一 六 

ひたへ た、 もん さけ い なづま ど メ し 上 5!J ん 

之れ を、 ど 額の わた. を敲 きていへば、 御免 候へ ど 叫; 5 まに、 電の やうに 飛び 、& たる 美少年、 ま 

き おど?^ 力 くだ かくせん かしら き かくせん -o^s- ぃ1 づき ごじき を,、 

を 截る昔 高く、 碎け よどば か. CV に 覺禪が 頭 を 斬, cnCN くる を、 覺禪 さう^ 槍の 石 突 もて 板 敷つ きて、 Is 

ビ, きびす しり k い だ f びし 上 $ ねん かた かすな が く 

飛 ぴに踵 も 2: へて 却 どきつ、 つき 出す 槍 は 美少年の 肩 を 掠めて 流れた ぬか ッた. 9 ど 繰らむ ビ する を、 

? 6 しょ り <J ひだり かひな の や s- & つか せつな ふ あ きだちへ 5 A ど t t 

美少年 tt 左の 腕 を 伸べ て 槍の柄 ひづヒ 攫む 一 刹那、 揮.? M げたる 木太刀 は 兵 1 曰して、 わ はやぎ も ^ れ 

かくせん こん き い ひ よ を ^かま もすそ フ ふ * 

んどrJ^Cを、 覺騾 金剛力 を 出 だして 曳 けば、 よろめき^がら 端し 折. CN たる 袴の 裳 を 我れ から 踏みて、 だ 

ひ 15 k ^ - ► v^^^ あだ う ね かくせん そ う かひな ちから こ なんばん てつ よろ ひ くど つ い 

膝つ き 木太刀 は 板 敷 を 穴 H に 打ゥた ft>、 得た ft> ヒ覺禪 双の 腕の 力 を 籠め て 南 蠻鐡の 錯も碎 けよ ど 突き出 

ォろ $J や w た ほ したはら あ たちさ ど しさ や s- た A こくわん 

だす 銳き檢 さき を、 倒れながら も 下よ $ 拂ひ 上ぐ る 大刀の 冴へ、 飛び 返, CN つ、 槍 を 立て ゝ、 . 起さよ 小 冠 

ひや いき ひ たび 

者 息 いれて 今 ま 一 ヒ度、 

かゆへ み& ろう もく せん ふたり あき が ほ かくせん さ ゆ こ 5?, しょ 5 ねん あ 2 

傍に 見 居た る 三郞、 默 善の 二人が 呆れ顔なる を かし さよ、 覺禪は 白 湯 もて 來 さして、 美少年に も與 へ、 

ff. S の 5 だ あみ SS? しが、 ま V 起き て Efev 、 .^0fBr. 

ねん .;1. た はかま もす を たか はおち び i あ TC & -,, す 

年 は づ くど 起ちて、 乙た び は 袴の 裳 を 高ぐ 芑 端し 折 ftN、 散らけ たる 鬢を かき 上げた る 其の 檨 子の 

.Tlri ^ > ^u. > まぶ 卞 あかさ いろ かすみ に ほ 5 くらばな 

美く しさ 類よ & かけて 雨の 瞼の ほど ftv まで 紅く 潮した る 色の ほんの 6V ビ して、 霞のう ちに 句 ふ 櫻 花の 

ゝ ♦,- ^ » た * やが ► き, だ, ち せいがん わみ せ.ゥ^:?ん £ ゆ 5 S た ^ 

かり 床 L っピ 起ち 上. さまに、 木太刀 ヒ. て靑 眼に かまへ た. 9、 ホ、 笑して 少年 n 御坊、 痛く 醉 

たま おん ま こ よ ひ t ま やめ 

ひ 給 ふたる らし、、 御つ かれの 候 は > 復た來 ひ 宵の 乙 ど、 なし 給う 乙 もよ けれ、 わ ま 槍 さきの 御き び 

^ « C * ^て > りが かくせん にが わら ひ すいがん なし 4J 

しう 候 ま、 御手 やわらかに 願 はしう? M ヽ 覺禪は 苦笑し つ、、 さん 候、 醉 眼いた くちら つきて、 汝が 



からだ あ < ^し ゆ , ^ ノん ろめ はな み わい かたき 5 しっし さか ひ ざれ &、) い 

身体 は 嵐に 吹かる ゝ 一輪の 梅の 花の やうに 見 ゆる 哩、 敵う つか 打た る、 かの 必死の 境に 戯言 は 入らぬ も 

、おの 5 み ァっ かた わ からだ こくわん 4.- やめ 

のよ 己れ 打ちて 見よ、 鐡ょ,.^も堅かるべき吾が身体、 小 冠者 奴 

せう;; ん かた 1i わみ 、?ー めん たけな \ こ 5 げん ぐる ねん あき しもよ ど す うらみ , タへぞ } 

少年 片頰 笑して, 御免、 猛々 しき 廣 言き、 苦し、 十 年 わ まらの 秋の 霜夜に 研ぎ澄まし たる 恨怨 の;^、 

き f み 5 り さ やす 1 はら いた C きけ かくせん!^. ゥ ち 、り ビ マ+ 

斬って 見せう す 瓜 を くよ $ 易 々ヒ、 ヒ跳 ftN^ まに 拂ッ たる を、 板 敷 蹴ッて 覺禪坊 は宙に 飛ぶ ど 見へ し 

たい 力つ こへ 3J も いだ や S さき み ら りん さ たび もろて フ ざき 

が 大喝の 聲 共に く. ON 出す 槍先 を、 身 を 反 まにして 少年 を を 避けて、 こ 度 は 諸手 づきに 突き出す 木 

^wp) 、 ひ, らて. ばら みやお ち め, くい-た かめ & どみ ち-' 

太刀の きゥ さき、 卒手 うちに ハタ ど拂 ひて 鳩尾の わたら 見が けて 繰, 9 出せば、 龜の 如く 身 を 縮めながら、 

Trv す Q は Jf- しゅれん ば. やわ ざ かげろ S 5 きく さ a な てんま^ ち 

槍 を 潜 ftN て脛拂 はん どす る 手練の 早業、 さながら 蜻 蛤の 浮 萍の 花に 點ヒて は復た 飛,^ やうに、 また 散- 

なば な 》^ ぎ こがな て ふ ふ いこ に 

たる 菜の 花に 紛れながら 黄金の 蝶の 吹かれて はま.? i 息 ふさ まに も 似 かよ ひた ftNO 

力く せん つか しほみ ゃリ こ < わん じ や なれ けんな 5 ャ つ お あす 

覺禪 はしき ろに 疲れて、 よき 潮 見て 槍 を ひき、 さても 小 冠者ながら 汝の劍 の 達し 居る 乙ヒ よ、 明日 

よ ひ こ.. どき せ, つぶ なんじ あだ らち なん C たち き せ ん いくたび じ ぎ 

の 宵に また 來ょ, をの 時の 勝負に て汝の 讎は瑶 もな く汝が 太刀に 斬らる、 ものよ 少年 は 幾度 か辭 儀し 

なのか のち 上 ひ こ い かくせん み おく 5 しろ かげ なが あ つき Ait; ふ こ みち 

て 七日の 後の 宵に また 來んヒ て 扉 を 出で ぬ、 覺禪 見送 ftN て 後 影を眺 むれば、 明かき 月の ^をぎ みて 小路 

の 草の 露 分けつ、、 何に やら 唄 ひつ、 姿 は 失せた, CNO 

上 力く ぜ A よ -.^ かく さけ の .^f^srQ . ^ひな さす ま 

その 宵に なれば 覺蟬 はさきの 夜の 不覺 にこ ftN て、 酒も飮 ます、 用意な して、 腕 を 摩, 9 て 待ちたら しが 

« かね ね ど ひ *> こ 5 いた ふ. おも びし よ 5 ねん やく ふ どな を K-z- お 5d 

寢 よどの 鐘の音 も疾 くに 響きて 更は 痛く 闌 けた $ ど 思 ふに、 美少年 は 約を屨 ま^る か康敲 く 昔 だに わら 

力く せん お ほ あくび た ね や い s》 お しろ & ^う ま 

す 覺 禪は大 欠伸して ウぷ やきつ、" やおら 起ら て、 閨の板 UI, を 推さむ どす る 後よ, CN 、御坊 は を rJ に 在, 

雪月花 物語 月の 卷 (下) 】 七 



雪月花 物語 月の 卷 (下) 一 ノ 

MmMmmmmmBmmmMMMMHK, こん まさ か こ かんじゃ かくせん み -', * 

します や、 さき i ^よら 乙、 に 待ち詫びて 候ビ、 やさしき 聲は 正しく 彼の 小 冠者、 覺禪ふ き 見れ は 

J レ -し ま し えん しも 5 つ 5 つ かれ かほ たま 

獻|^辦く|^?-たる?^截のぅへに,膨かけて、 眞 白に 布 かれた る椽の 霜に、 映,? る 美く しき 彼の 顔、 玉 

を!^ どなし を S どなした る やうな $、 先刻よう を 乙に 居らし >j な、 我 はも を 知ら^る ま、 に、 睡 

を^へ て MI:CHm のな が- \- し f の^の^ L】 へぬ、 な^て 名のら 卞 して 居た まひし や、 ぃ^-來ょ、 ヒ 

や s- さ S せ 5 ま なか つた ー . 

槍 どうて 道場の 眞 中に 突き 起ちた ftNO 

>| ^ V Mfe こ すいき SJ お, VJ に. ら あほ や 53 ばる かせ 

fo たびて そ は ど tftN たる i,i のきに は、 睡氣, いつしか 飛む で 恐ろしく 睨めば、 S を がら 青柳の 春風に 

i ける やうなる たお ヒ § びて、 がルか^1;したるぁ,0^さま、 雪に すねた る 白梅 ヒゃ見 ゆるら む、 やさしき 矢 

*>6^_ & ら? ふた V S たじき ふ なら す さ > よ た、 力 ひ Z , 

S ビ 鋭き 5< ^のぶつ かる や、 再び^う く^ 板 敷蹈み 鳴す 凄まじ ささき の 宵に まさうて 鬪は * けしけ 

ま C ろぶ みだ や s- ほ いで かくせん お ほ あせ 

れど、 負け色 六 分 ハ亂る \ 槍の 穂に 出で、、 覺禪大 汗に なう ぬ 

|\1^はが^をぎて\ 歡 i の M れ in むに、 &宵も 之れ にて 罷, 9 歸 うたく 候、 翌日 は 京に 登,^ て讎の 

m& を i ビ躬 (死め ての 後、 今 一 度 ゅッく ウ^ 御坊の 敎を 受け、 それ よら 再 ひ 京に 行かむ ど..^ を 思 ふなれ、 

なのか のち しづ よ ひ く すいさん へ 5 せん ゆ 

されば七日ゎま^^たちての後、 靜 かなる 宵 を 卜して 推參 せむ に、 ヒ 瓢然ヒ して 行きた ft. ける。 

こ A んじゃ 2- しろ か ヂ £ い きふ 々り どり てんか てき われ f , C か, ^しゃ ま 5^ ^ 

小 冠者が 後 影に 太 息吹き かけて、 槍 を 採て は 天下に 敵な き 我 どのみ 思 ひしに 小 冠者め に 負 を 取た る 

铲: さよ、 う かぜ か だ H^tiw まて 1 ひた 6 ヒ もでの 一お の ば、 む i きの i?- にち きヾ 

ゝ せて、 音 もな く 貫き くれむ ど大言 吐きた る 愚か さよ、 手に もてる 槍 を投け もやら す、 小 冠者が 後に 攝 



こうらん ク-ぉ みおく せ 5 ねん さぎ 3- サ« 'た 5 

きて、 高欄よ ftN ひら, OS ど 飛び 下, cv、 見送 くれは、 少年 は、 ゃ狹 霧のう ちに 姿 埋もれぬ、 

きっか 5 はな た、 つゆ しらたま こ ゆ ひや ふ わた よ . ^せ 

拮梗の 花 ひど むら、 港へ たる 露の 白玉 を 飜さヒ どや、 冷やかに 吹き 渡. CN^S^ る 風に なよなよ どして、 

ほ, e すぎ こチゎ しんげつ 50 す ビ かま ほ 七 か、 かくせん.? 3 A て 

かなたの 二 本 杉の 梢に か、 る 新月 は、 硏き澄まし^:^る利鎌のゃぅに細く憑ゥける。 覺騵槍 を 肩に して、 

た. い さまよ ひ , .5-4 せん こ かんじゃ お 5ij は く め 5 fr-^ 

只 を rJ ら あた -AN を彷惶 しか. 猛然 ヒ して、 小 冠者め は 跳る に 逸 やく、 潜ぐ るに 妙な, CN、 肩の. Q た に 流 

わ, . ゆ く 5- かれ むないた つく かれ お ^Js- 50 き か .cj/ つお ち 

れ たる 吾 か 槍 を 新く して rJ を、 潜,? る渠の 胸板 を 貫き 吳れ むか、 渠が跳 6S たる 時には 新く してぎ 

つ, ら f <: - 』 、 ふる きだち いな. I fa かせ き ほく^-ん きこ わ み. A ヂ 

たう を 賞き 吳れ むか、 さる にても 揮 ふ 木太刀の 電 の,^ ヒ、 風 を 截る木 劎の聽 くに 聲ぁ, て 見る に 影な き 

ば やわ ざ やり わ いくたび き はら かつ A くせん や V y, 

早業よ、 槍の柄 幾度 か 斬, 9 拂 はれむ、 新く 突きて 乙3 よるる ベ けれ、 • ヒ覺禪 はぎ を ひねうて、 ずが 默 

ほ 5 し 18- いて おも や &ぇ はつ ひく て ゆく ど ほし にら ふん ザ き ゥ 

法師 を 相手に 思 は卞矢 聲を發 して、 低う 照うた る 北 斗の 星 を眺 むて «擊 せし が、 やがて 疲 かれたら けむ、 

力つ 力う ふるいけ みぎわ や り た い し ばら こ. し みづ 5 か ん あき -Hi* つめ 

秸極さけるぁ^^.«>の古池の汀に槍を立て ,,、 石 を 掃 ひつ 腰う ちかけ、 水に 浮べる 二三 輪の 秋のお、 冷た 

かせ. t ば さ、 なみ た、 よ む ゐ む しん なが お ■ 

き 風に 皺み たる 小々 波に 漂へ る を、 無意 無心に 眺め 居, 9 しに , 

^9 みか つき ほんす; き ばな ち 5 てん か、 おいけ ま なか か! t $ さ 

折し も 三日の 月 は 二 本 杉の かし rj を 離れて、 中天に 懸,? 5^$ しが、 落ちて 池の 眞 中に か を せら、 小 

お, i, め、 . ^ ; |ぷ > かいけ ふ, た、 いけお も 5 きぐ さ かげ 5 つ ほし いくこ 

魚 は 沈みた る 钩ど訝 か けむ 影 吹く もの あらす、 凄 昧を湛 へたる 池の 面なる 萍 藻の 薩に 映れる 星の 幾圆 



, V -V. ft^.^^ , にけ 5 み い かくせん た t かげな が みづ おも 5 ttL 

ケ さな.^ら鏽華^^^^:^る古鏡とも見るべきに、 今 ま 覺禪が 立てた る 槍の 影 長く 水の面に 映つ る や 端な 

力 *^ ら ど こ 力ま すいせ 5 つき ほ さき や $J む ね, む %5 ,^く-^ん W ちま ま,, a めん 

くも 彼の 新た は 研ぎた る 小 鎌の やうなる 水上の 月 は、 穂先 は 宿うた, c>、 無念無想の 覺禪 は、 忽ち 滿面 

ね f: ばし しづか こ ゆる 

に 乙 やかに 笑み、 少時 は靜ま ftv 返へ ftN て小搖 ぎせ す 

雪月花 物語 月の 卷 (下) I ^ 



雪月花 物語 月の 卷 (下. > 二 ◦ In 

t うもん じ ^.nv わ や £y さ あ 5j しんげつ のま、 つく い みつまた やり おもしろ 

. 十文字の 槍 はわ, 9 ながら、 吾が 搶の 先に 宿 ft- たる、 新月 を 其 儘に、 造 ftN 出で たる 三叉の 檍こを 面白け 

づま ムる た ち く € お つら ビぅ ふせ 5 s-.^ ,つ 上う 

れ、 電の やうに 揮 ふ 太刀 も、 もぎから み碎き 折って、 賞ぬ き 通さむ、 拒ぐ ヒ撃 っ^の 雨 用る をお 力し け 

しんげつ をう 

れ、 さても 新月 槍 乙 をお もし ふけれ、 おかし けれ、 

frry も c- つく しんげつ を 5 へい かべ たか k み そのした <^ ) 

搶ェに 命じて 作らし めた る 新月 槍 一 柄、 かなたの壁のほヒ,0^に立て懸けて 身 は 其 下に 熊の 皮 1- ひて 

お ± あ ぐら ,5 タょ、 5 し あや こ かんじゃ やく こ よ ひ こ こ つき く ifi V \ お" / 

大胡 坐せ る大. 法師、 怪しき 小 冠者^ 約せ し は 今宵な ft -、 來ょ、 來ょ、 突き まく ftv て吳ゎ ひもの を 届へ 

ば 怪し かる ^ の, 少 1^、 まに 乘, ON て^る もの か、 重曰もなく何時しか紙障のほに」ケ-に我を喚ぷ^.-5不思 

儀 なれ、 吾が 幾き 眼の 光 もてよ もや 今宵 は遁 さじ、 ビ 豊かに 人 待ちて 午 夜の 鐘 を算へ つくす どき、 風 一 

ヒ!; き I る や、 紙 障の かなたに 衣の 觸 る、 音せ をれ なる は 小 冠者 か、 さん 候さ謦 して 靜か にさ 

し f .り fj* « ん ん いだ あた 5- み ま まなこ , 寸&み V しろ^ 力 i 

ら -CV ヒ紙障 を 明けて、 先 づ!. 面 を 出した 6N、 四邊を 見廻 はす 服の やさしき うちに 凄 *c 白眼の 反へ る 

たび 閃めく を、 つど 起ちて 覺禪は 少年が 右の 手を碎 けよ どば か fts 緊 しく 攫み て ひさ 入 るれば、 攫 ま.^ な 

ざ たま さき よ ひ こわ f1 はま L Z t, ほ 、 >- D 

がら も、 戯れ事な し 給 ひそ、 先つ 宵に くらべて 畏 らしき 御坊に な, 9 給 ひしょ ビ輕 くホ、 、と 笑; S た, 

ビき つ こ こ かんじゃ こよ ひて なみ ち、 あだ やす 2- < h ^ ^ > . ^u^^ 

時 を 移すな、 ぃ^^來ょ小冠者、 今宵の手並にて父の讎は易ぅ討たれむ ど 板敷碎 だけむ はか. 9 に 石 突 

お *i 、ぅレ り や、 うは だぬ む" かた f かひな はく ^2^,5 ^^^.0 I 

C\ きたる 大 法師、 わ^ど 兩 ft ぎ たれば、 胸、 肩、 雙の 腕の 肉 はめき くど * 動せ む わ, 9 さま 名工の 



i-s しんき ざ こんが-つ s- きし そ. -• ほ 5 ふうさ S ひどみ 3 い だ ぬ .り き あ たり はら 

精祌 刻み Nl みたる 金剛 力士の 相貌 風釆、 瞳よ. CV 射出した る勇氣 は四邊 を拂ゥ た. CVO 

びし やう ねん こ よ ひ きぬ たも ど ほうし あほ にら た ち f- んげっ そ 5 a まぐ a ば たち ゃ&ゎ 

美少年 も 今宵 rJ をビ、 衣の 袂ま き,^ げて、 法師 を 仰き 睨む て 太刀 か^す、 新月 槍、 蛤 の 太刀、 矢聲 

,r しろ のこ ど こ かんじゃ げ ひら かくせん, しんげつ たち ひい さすが こ かんじゃ かひな 

を 後に 殘 して 飛びく る 小 冠者の 影 閃めく を、 覺禪 新月に 太刀 をから むで 曳ど; 5 けば、 流石の 小 冠者 も 腕 

しりょく いだ やぶく お お をの いきお ひ か f> んげ つたち ま § きだち ち、, r 

の しびれむ までに 死力 を 出して、 破ら 吳れむ ど 押しに 押す 其 勢 を 借, て、 新月 忽ち 躍って 木太刀 ハ宙 

ど 5 ま たんか ふく こ あ. S こ かんじゃ くちびろ むらさき ほのお &ど 

に飛びた.=^、 今まで 丹花 を啣 める やうなる 可愛き 小 冠者の 唇 は、 乙つ 時 さながら 紫の 炎 を 吐かむ が 如く 

した あら .s^^eきけっ こお SJy ろ り まなこ けつみゃく ばし しろめ 

に 舌 を 現 はして、 板 敷 蹴て 雀躍す る や、 瑠璃の やうなる やさしき 眼 は、 血脈 もつれ 走うた る 白眼 をむ き 

いだ あ こへ 5 け. しり ぞ こ ば. し s- L せう そ ど に いだ おの き かい や S くら つ いだ 

出し、 亞ヒ 一 聲 叫び #1; まに、 却き て 小 走に、 紙 障の 外へ 遁げ出す を、 己れ 奇っ怪、 rJ の 槍 へど 突き出 

さ たし を びら ま なか あた かくせん たか ら、 ゥ もくねん お >」ら 

す 穂先き は、 糙 かに 背の 眞 中に 中,? 5:^ う、 覺禮高 やかに、 三郞、 默善、 追; S すがって ひつ 捕へ よ。 

ら 5 かせ. ら ど ど ゆ あや こ かんた や いま こ.. T. らん うへ >J お きつ こ/'?^ i ふるいけ みぎわ 

三郞、 風の 如く 飛び 行けば、 怪しき 小 冠者 は 今し も 高欄の 上よ, 9 飛 ひ 下 fts て、 秸 極^け る 古池の 汀に 

ゆ おの かいぶつ えんぴ のば かれ たも ど つか おど き ぬし みづ おど あど のこ 

行きけ る を、 己れ 怪物 ro^l- ん なれ ど、 猿臂 を 伸して 彼の 袖 を 攫めば 音 もな く、 斷れて 主 は 水 音 を 後に 殘 

や ュ* ば かく つき かけ ひか り した S- きく さ {J ば 

して、 かなたの山の端に隱れむヒしたる月影のぉぼ^<:なる光の下に、 浮萍の あはた、 しく 齦め るの みな 

&ば 5 に かた そで わての こ せらし ら 5 つか そで み 

御坊、 ど 遁が して 候が、 片釉は 吾が 手に 殘,? ?^ぅ、 笑止 や 三郞の 攫み たる は釉ヒ 見し が rJ はいか ns、 

きつ ほ 5 はな し 

桔梗の 花兩三 枝な う。 

ら 5 そのき つかう はな わ しんげつ をう ; a さき か さげ あた、 こ もくねん あきくさ びげ つ 

三郞、 其 桔梗の 花 を、 吾が 新月 槍の穂先に 懸けよ、 酒 温めても て 來ょ默 善、 秋草の 花に 埋 もる、 眉 月 

雪月花 物語 月の 卷 (下) 二 1 



雪月花 物 話 月の 卷 (上) . 三 一 

すが ご .P うび I なが さけ どき こ 2- か けつ 3 

の 姿 を 熊 皮の 上に 眺めて、 酒の まむ、 時に ヒ ての 好下物 ど 

花の 卷 (上) 

£艇 のおに 西の !:ェ を € め ゥ 、立ち 盡 せる 一個の 蘭 だけた る 女 わ. 9、 眉 も 抹か卞 唇に 75>紅« さ、 卞、 犟 

なす、 iis^ も 結ば 卞 して、 夕べの 冷たき 風に 亂 だせる ま、 優 さしき 雨の 肩のお. り, に垂 した 6VO 

概を I はした る^ さへ、 I? しの #は やう に 褪め 果て \ 袂のゎたらにゅかft^の色のまだ僅かに失 

, ? 1 , J みビ A も ひ たれ CN か あい く if びる も ひビ e-&sd きこ 

せ やらぬ 飾 糸 さへ、 亂れ^vめたる吾が思を誰^^吿げむビゃ、 よ,? 可愛き 唇を洩 る、 獨言も 聞 へ^れ 

t-^fe て, P しん 5 つく 5* ちぐさ は づぇ かせ わた ばんく. 9 つ r ゆ, V , > ゝ * 

ど、 装 は^る 天眞の 美し さのうち に、 猶ほ千草の葉末に風渡,o^て万顆の露珠乙ほる、ゃぅに 裳 ども & 

ぞで ちょ ^ かき そ ど かいまみ こ かた をで つめ や & Z かへ. d> 

は卞釉 < ^もい はす ir^ 、れは 落ちて、 籬の 外よ ら竊 見る 人 あら バ, 之れ も 片釉に 冷たき もの を 宿 —一て 還ら 來 

ひ。 

ijyj ん. S ビし sit ち 5 つ をの ビ し わかみ まこ ど ば ち .VI > * ^ . 

乙の女は年「『十ばか.,<^ならむ美くしければ其年齒も弱ふ見らるべく 實は 二十 を蹤 たら ひか 傾き 力 

ちく. -tS しら からだ も ましろ あた、 か おどが ひ .ws- 5 ち /に > メ * - ^ 

、.CN たる 竹椽の 柱に 吾が 身 鉢 を 靠 たせ、 眞白 にして 温かるべき 願 を 襟の 中に さし 入れて 物居ひ:s^に打 

しま h S^J へ, b ビ をみ なへ し つゆ &ど をみ なへ し せんさい ^ 

ち^!^れたるさま、 古. 9 たる 喩品 なれさ 女郎花の 露お もたげなる 如し、 をの 女郎花 は 前栽の わたらに 荒れ 

すさみて、 うちに 色 も 蒼白き 洁梗の 花 兩三枝 を 交へ たるが、 ひヒき C 乙の 荒れた る 家に 哀を どり 添へ て、 



お まめ - ちい むね もた やれし, S うし あ L きみ s- や 5 て フ 

乙の乙女か少さき胸も悶へ ぬめ.o^、 折し も rJ なた る 破 障子 をし >J やかに 明け、 閾のは ど ftN に 兩手を 突 

じ さ ら 4f 'ち 上 

きて 辭儀 する は、 この 家の 老女な ftv、 

1^ 、ま^, 1: のぁ丄 V きぬ f あき ぬらべ かせ あた お 

街姬 さまに は 後しても 物案ヒ けに この ひや/,. -衣を 通す 秋の 夕の 風に 中, CN て、 な.^ て 5 の やうに 御 



たも 



おんいた つき け 5 



わらば おんまく 



一 椽の 端し に 立ち 給 ふや、 御 母君の 御 病氣も 今日はお こた ftN たも ふ <W て、 さき ほ.^ まで 妾 は 御 枕元に 源氏 一 

f 1 . , ま,, ひ. ゐ ,. > さむら ひ ケん だ,. S ふ ► おん かた しょや 5 こよ ひお を かへ こ 一 

を讀 み參ら せて 居たら しが、 侍の 軍 太夫 は、 御城の 方に 所用 あ. 5 て 今宵ば 遲 くなら では 還. CN 來ひ ij なら 一 



わらば い つく たき,、 さ 50 もし ども おんへ や うか" まひ おんかげ み 

す、 妾 は 今 ま 水汲み 薪 を 割きて、 灯 を 點し候 はん ヒ御 部屋 を观 ひ參ら せし に、 御影 だに 見へ? る、 と、 ま 

どん おんば、 y み おんいた つき おんち、 ぎみ & せ 5 そこ あ く 

たしても SCI 存 t にき、 御 母君の 御病氣 さて は 御 父君の 御 消息なければ どて、 もの やうに 明けても 暮れて 

なん むだ こど, ば、 ざみ おんいた つき こ ひ まし 

ふと も、 何の 3 れは盡 餅の 事に て院、 母君の 御 病氣は 之れ よ. 9 日に 增しぉ 乙 



くよ 



もの あん たま 

ど 物案じし 給 



たま けう おんかん ばせ あか たま 

た. 9 給 ハんと は 今日の 御顏 の 紅うな 6S 給:: S 



きの ふ 



おんば わらば み たま こど さき ほさ & 

日まで C 御齒を 妾に 見せ 給 ひし 事 もな きに、 先程 は 御 

き It ,^5 ら ゾ え け 5 たま わか おんち ゝ 5? み 4L- ちそ こ おんこ あんた ま む 5- 

機 綠麗ら 力に 打ち 笑み 興 t 給 ふ にても 解るべき とに こそ、 御 父君の 消息 rJ そ 御子 して 案 ヒ給ふ は 無理 



50 おんいく さ & しつば いくさ おんかみ かみ せ 5 らん 

ならされ^、 劍を 採. ON て 御 軍に へど 御 出馬され たれば、 師の御 神 も 上に 照覽 まし 



て、 冥 護 ,0 ら せら 



ひつせ い さ おんき こく たま 上ろ おも おも 

れむ と 必定なる ベけ れバ、 やがて 勇ましく 御歸國 わらせ 給ぶべし、 萬づの と につけて、 思; S 思 ひて 3 の 



思 ひの 屈く もの なれば ノ ^<^れ 



げんじ た 5 つ にょうば ろ ひかる きみ 

源氏のう ちの 誰れ や. らビか S ふ 美く しからぬ 女房 も、 光の 君に S どし 

t たま お ほむ かし こ ひ ひどみ な こ ひび ども わらば いま いろ か 

ビ思 はれ 給 ふらむ、 太古よ, の戀 する 人 も 皆 3 の 意中 人ヒ添 はむ となるべき に、 妾 も 今 は 色 も 香 もな き 

ばづ むかし たの あ ぬす き ひど み、 わ 

もの ヒなら たれ、 耻 かし がら 乙れ でも 昔は樂 しき 春に 逢 ふたもの ど、 何やら 竊み閡 ける 人の 耳に は 解 



雪月花 物語 花の 卷 (上) 



ニー ニー 



雪月花 物語 花の 卷 (上) 二 gj 

. こどの は おも しづ お どめ たし ^ 》 IIK^/mmnamM^tmMKK§m§mmt 

力ら さる 言葉ながら、 思ひに沈み^-る乙女には惜かに解6,た,9しヒ^へて、 鶴に if れ Sg, だる か 可 1』 膨 ひの 

あたら 頗の あたらに、 さつど 紅 筆 もて 1 拭した る やうに g うな, てま の ほど まで 静し r -、 

う ば かろくち い なに い J. > 

またしても 乳 媼が輕 口、 返ね く 何 どい ふ ど、 返ね く HI う あちらに!: きて" ゆに ひ 火 を^して よ、 ぃ艮 一ね 

く 早う 30、. やさしき 手に 袂を もて 兩度 三度 打つ まねす れバ、 :S つみた る I ノがこ > きろ を,!; ばせ む. J 姬 むる がば 母 も 

は. -ぁ: S ぬけて、 ォ , 恐 やく ヒて ひきり、 i はした る f i は 1& へ す、 n るの み i へ る!!:; 仏お 及 

おどめ さすが く む/ . . . 

乙女 も 流石に B み ど. たるら む 無言》」 な. ぬ、 

乙女"少時竹椽のほヒ,c^に低徊しっ、ゎ,coがi「子ひきぁけてi:に人,c^ぬ、 づ辦の 前に 衍て、 

の 病を訪 ひ宰ら せ、 その 元氣ょ きを^て うれしがう、. 1 がぎ みさし お 置け る. 氏の!! を^ 6,:!, げてど grp 

どに 之 を?!/ 柴折 S れ たる 條ょ ft41iw て、 ^謝なる 親の I ビ なし i ら せむ, はいへば、 "&^:^ig 

を掉- 給; 3 て、 否 i 御 r ST うき きにさ, r てき fir ii よく. & きの gflm にに 日つ i して、 わ 吾が 

み やみ おこた ち、 ぎみ- フ 、が ゆへ かま A 

身の 病の 癒ら む; と、 父君の 恙 あらせす 還, ク麥 はむ と を 祈^して i る ヒ,, ;そ、 ゲ^1^^酽の|でた,0き、 In 

薩も 御身が 眞 心よ <*げ ぎら する £1 を け 1 ふて か、 In が の^も g 铲 よ,, やうく に If らし ど^へ、 

ffaf<t i をぎ れ&き 1に:?? で、 t が まし ipp し & 

5 へ か-つむ たま かち &きぁ がいじん たま- e め っ, I ^ 

の上に被.^給ひ勝鬨揚げて^陣し給ふ^|^にてぁ,-き、 勞カれて在さむほ^に鰣^は|ゃぅ^83に^-^^せ 

よどい ふ。 



、り r もつ. t,--;, お; s ち、;? み わ きみ な さいそく ► み. や こ— . Ir^r 

i はし どや かに^ をゥ かへ て、. 勿体なき 仰せ かな、 父君 吾が 君の 御 催促 ュ よって 京都に むかって 山 名 

^の U さに ぎせ^ ハ り^ひし よ, 9 早 や 三歲 にあ ま, C> たれち よ,?^ の 風聞 を聽 けバ, 皆な 愕 かれぬ る、 と 

vs- 、ヽ こら. おゆ い た ぐんだ い ふ ひど S- のこ この い { » 

T i の 子等 も 忍び. (-て 落ち行きつ、 今 ま は 只^ 軍 太夫 一人の み殘 したる 此 いぶせき 家のう ちに 



やまな 



さメ く たま なん おんこ、 ろ ほ を しめ こ、 ろ おこな ひ k お^ ま;^.、 ) k 

,林し う 暮らし 給 ふ Nl そ 何ぼう 御 心細う 思 召し 候 はむ、 心ば か, OS の 行ん た -ON とて、 思 ひに 任せさる 節の み 



じつ よ や おこた たま ち、 ぎみ & ぶ 5 ん たか いさ £ がいちん ひ * 

日 も&. う 癒 .0> 給 ひて、 父君が 御 武運 高う 勇ましく 御 凱陣の 日に は ヒ もん 



多 かえ 

やま は よろこ むか たてまつ ひめ 3 

た る 山の端に 歡ひ迎 へ 奉らむ に ビ姬は いふ。 



のかな 



Aj ん&く なら ひ おや こ おも おや おこな ひ , こお やお^、 I ) 

戰國の 習と て、 親 は 子 を 思 は^るに わらね *J 親の 行 もな, 9 がた く、 子 は 親 を 思 はさる にわら ね ど 子の 



めら 

力 



. 塗らで 



おこな ひ こど おや こ ねん しもよ ど ど かたな さ-け > 

行 もな. CS がた く、 事 わる どきに は、 親 も 子 も 十 年の 霜夜に 研ぎに 研ぎた る 刀 を提て 

A あさま かな ヒき の 5 ひめ ひめ をち はたち す は ひ, ど、 ュ は * 

は 還 へらさる 淺間 しき 悲しき 時な れバ、 ^-れ喃ラ姬、 姬、 御身 も 二十 を 過ぐ ると 早 や 1 ゥ 世 か 世に て 



W つ i むこ feA-A. わら は は、 よ A^-y 

わるならば, 、立派なる 婿が. ね を 御身に 得させて, 妾を母ぎみビ呼ばふものニ人ヒなft^、 ま^ 早 蕨の やう 



ふ tr-s- 



さわらび 



か あ ひて あ わらば ば,、 まば. L た 5 & よ やが で <^ 、ぶ、 、4f\ 

» る 可愛き 手 を 揚げて 妾 を 老母 さま ど 廻らぬ 舌を搖 かして 喚 ふ もの も頓 て出來 つらむ に 居 へ は 幸な き 



わがみ 



おん J;*' さち わし ま た!' ぞん の ひめ -, 、 L \ > ) 

いらで、 御身の 幸な き Hi ハ妾 にも 增 して、 只 $ じらしう こも 存卞れ 喃ぅ姬 あの 3 わ あの 

ず 坂 六^.^」 の、 京都の 軍に 勇ましく 馬首 を 向けて 行きに しま、 に 消息 もな き は、 眠らば 戟を 枕に、 覺 めな 



ひね もす 



53 こ 7- も 5? ぐ I-, つう 1^? -J 力 ひ k ふみ- ノ ( \ け、 、 ,、■」 ゝ S u ひ ) ■ 

ば戟を 手に、 腥き 風雨のう ちに 終日の 戰にゥ かれて 消息 かく 隙 もなか るら. むヒ 思へ は )(.- 妾も、.^ 

さど おんみ こ、 ろ f » うへ , ゝ fj* 

のうちに て 嘸 ど 御身の &を思 ひや うて ; S やか 上に い t らしうて よ 喊 ぅ姬。 



』 



雪月花 物語 花の 卷 (上) 



i 



雪月花 物語 花の 卷 (上) Im 二 六 lull 

ひ め" i.! づ か.. > かしら た かみ かなす や た、 た か き ち 

姬は 含羞げ に 頭を垂 るれ は、 髮は さら, CN さ 肩 を 滑べ, て 破れた る疊 のうへ に 望る、 を、 ^上げ もせ 卞、 

こえ ゎづか , > ひ あ, <^ てん てん なみだ ゆす あば おんこ、 ろ のた ま こ .H る 

聲は 僮に うるみ たれき、 悲哀 を ニ點三 點の淚 に讓, 哀れに 御 心細き 宣ふ もの かな、 また 來む * は 

ち. % はべろ k ち、 ぎみ & がい じん S ば ひ むしろ この & ろ あちけ も,, がた す むいし こど 

近き あ^. 9 に 侍 もの を、 やかて 父君 御 凱陣の 祝宴の 席に、 此 頃の 味氣 なき 物語 を、 過ぎに し 昔の事 ヒ i . 

ぐ さ け f お ほ ばべ さすが かざ かろ 5 い げ 

ら草 にせむ も い ヒ- (-興 多き とに て 待る どい ひさして、 流石に 香 坂 六郞の ij は 言 はでお る N? 實に 5, じ 

らし けれ。 

ひめた わへ やい ぐんだ いふ せ 5 か かへ き 5 ば く 5-^ く .fi ^-1 

姬は 起ちて 吾が 部屋に 入, CS ぬ、 軍 太 失 は 城下 よら 歸§來 たれ ゥヒて 乳媼は 厨よ. 奥へ ど 行き、 ■ の賠 

ば つれ 人. - おどぎ ばな し 

に 侍べ ftN て 徒然のお 伽話 をな す , 

あ へや どもし び こ てら ほか なにもの あきよ さ SS 

荒れ^る 部屋のう ちに は 灯火 一 個 照せ るの み、 外に は 何物 もな くして 陰々 たる 秋の 夜の 淋しき ハ 一 ビ 

す& * ね: かね ね のち せんさい ち ぐ さ む し ね たか きこ この どき ひめ 

きわ 凄う 寢ょどの鐘の音ぉヒづれ^^:;^る後は、 前栽の 千草に すたく 蟲の音 のみ 高う 聞へ ぬ、 此 時まで 姬 

. ^のお も 、 かしこま どもし び ほかげ 50 こま かたむ どこ i5 く 

は 物 思 ひげに 危坐り 居し が、 やがて 灯火 ひきよせて 火影 を 床の間の 方に 向 くれば、 床に は 一 の 軸お にわ 

たいか 1 びん ふた ゎゼ あきぐさ ばな さ ば しら 5 ばな お^し よろ ひそで ひ, r か、 ひめ た rz^ しづ 

らす只 花瓶の 中の 兩枝三 枝の 秋草の 花 挿され、 柱に は 卯の花 威の 鏜釉 一 片懸 6S た. C/ 姬は 起ち て!! 

よろ ひの をで ど きた が たも ど おか i の い だ.? ろ i 

かに をの 鎧 釉を把 ftv 來, CN、 長 やかな 袂を 折, 9 返へ して をの 上に 載せ、 やがて もれ を 抱きて、 性 ある も 1 

&ビ , ^ >f の ふしく たしき こ さい こど ; 5, め ,? ^す ちきら 

の、 如く それに 物い ふ、 物い ふ 節々 ハ糙 かに 聞へ れヒ、 一切の 事 は Nl の 姬の檨 子に よ. 9 て 明々 f なら 

む。 

彼方^ 此方の 親 卜 はこ かろに Is るし、 n 尸 は 1 一一 ロム まで もな に Sb つめたる ヒ まこ 子 1、 i はの 1^1 



A-H やなな れ うけ へい まじ みやこ みだ た、 か どき こ、 しな 3 くに せ 5 め £,.505 ぐんへ S さいそく おの ■ 

川 山 名の 兩家兵 を 交へ て 京都のう ちに 亂れ戰 ひた, 5 し 時 • 爱信 濃の 國の 小名 等 も 軍兵の 催促 を 受けて 谷 

くみ. や こ ばせ. it か ろ 5 しづこ ち、 たい へい つ ひき あす かしな たち よ ひ 

々京へ 馳向 ひたらし が、 六 郞も靜 子の 父ヒ 共に 一隊の 兵卒 を 率 ひて 翌日 は 啓 行せ ひどす る 宵、 ひも かに 

しづこ ひめ へ や ぉビ てビ な おし か ろくろ 5 かつ さい 5 ひ 

靜子姬 が 部屋に 訪づれ て 手 を 把 ft> て 名 殘を惜 みしが 斯くて わるべき わらされば、 六郞は 曾て 十六 歳の * 

じん ■ つ う はなお &し 上ろ ひ かた で た こ かたみ あた も 5 せん い 

陣の き 着けた, 9 し 卯の花 威の 錯の片 釉を絕 ちて、 之れ を 遺物 どし 與 へつ ゝ 猛然ビ して 行きに ける。 

ハ くさ た 上 s- t つ <!0 みやこ ひな わ たび &ど むね わ 、 こ ひび 

戰の便 は 誰が 傳 ふるに や、 お.?, (- 都よ, 9 鄙に 度 たれ. も、 をの 度每 に心ヒ V ろかれ ぬる ハ 吾が 意中 

y_ せ ちそく み 50 せ 5 

人の 消息、 三歲 にわ まれ^も なき どかな しき 

花の 卷 (下) 

すうき しょ い ば •、 きがば i た たが ひ かぶ かた しきだい せんせ 5 かへ りみ 

數騎 わ. CN、 蕭々 ヒ して 今 ま 箒 川の ほヒ -CN に 馬 を 立て ゝ 互に 甲 を 傾む け 式 代す るは戰 場よ, の歸ど 見お 

こ む しゃ のこ た き しゃ み こま かしら ぁビ た なほ むち あ はし さ 

^Av. やがて 一 個の 武者 を殘 して 他の 騎者は 皆な 駒の 首 を 後へ ビ 立て直しつ 一 ヒ鞭 揚げて 走, 9 去. 9 ぬ。 

お 3- さみだれ ころ あめ ryfct 上ろ ひ お! Jj しけ ぬ なよこ かぶ ど ふ おがば やて 5 

折し も 五月雨の 頃に て、 雨 は 細々 ど 錯の威 毛 を霑 らし、 尙ほ橫 さまに 兜のう ち を 吹きぬ、 小 河 は 野 潮 

みぎわ こ わた はんけ 5 わたしもり の |J , ^ -1^ ゝ S まあ ゆ, 

汀を踰 へて、 度ら むに も 板 橋な く、 まして 渡 守 もな し、 殘されたる武者はかなた乙.^&たに馬を步ませて 

せ あさ み ゐ しっく i の みつむ ばらお び した づ 

瀨の淺 きビ rJK- を 見や. 9 居し が、 やおら 叱々 ど 馬 を 乘り入 るれば、 水 は 馬の 腹帶を 浸す までな. 静かに 

わた きし お- h あが ま たてがみ ふる ひいな、 き 

涉 して 岸に 躍 6V 上 6V つ、 馬 は 鬣 を 振 ふて 一 30 澌す、 

いづこ せんせ 5 かへ きた もの、 ふ よろ ひ お: Jj しげ ふ い ど みだ , く^す V な > お, : . ^ ^ 

何處 の戰塲 よら 還. y 來れる 武夫 か、 镫の威 毛 は 古, 9 に ふ. 9 て 糸 は亂れ ぬ、 草摺 は 半ば は 落ち 半 はは 欠 

ち ほ む かなぐ みや り はな さ をで たち きづ や きづ あど て 

け、 血汐は 蒸して 金具に は 綠の華 を かせ、 1 袖し 乙ろ のおた, „y に は 太 刀疵 矢 疵の痕 あ. 9、 手に せる 馬の 

雪月花 物語 花の 卷 (下) 二 七 



月 花 物語 花の 卷 (下) 二八 

た づな むらさき i のこ くら あ ふみ ^-K-L ば いく てん はくばい か つ t ビ み L たち 

手綱に も 紫に なう しもの ゝ 痕を殘 し、 鞍 镫の漆 は剝げ て、 幾點 白梅 花の 粘き たる 如くに 見へ し は 下地の 

白く 露 はれし な 6>o 

このむ しゃ 50 ゝせ なが いくさ 5 ゎづゅ わ ふるさ ど ひ か め 

此 武者 乙 そ、 十 年 あま, CN の 永き 戦に 倦みて、 僅かに 床 かしき 吾が 故鄕 へど 引き返へ したるな 6/ 名字 

は 誰. V、 香 坂の 六郎 

ろら なつ か.. LX- こ ひめいへ おど 50 JS.J せ おも あか ばな し かれ かた をつ か しづこ 

六郞 は懷 かしき 彼の 靜子婭 の 家 を 訪づれ て、 十年ぁまら思ひ明したる話を渠に語<^、 懷 しが, 9 し靜子 

ひめ ど、 せ おも くら つ はなし き こま はや き 

姬の十 年 わ ま.. > 思ひ暮 したる 切なき 話 を も 聞き.? ^しど、 さて は 駒 を 早めて 來. fi,^ しな. 

ゆ ひめ かほ み たの かな おな こ くび つら む いさ ふるさ ど い 

床しき 姬の顏 を 見る は樂 しけ れ^ま 4^ 悲し、 昔し は 同じく 駒の 首を聯 ねて 武者ぶ .9 勇ましく 故 鄕を出 

しづこ ち、 おな せんせ 5 つゆ き われ ひど いき かへ ひめ ひめ ば、 ぎみ 

でた, 9 し靜 子の 父 は、 空しく 戰 * の 露 ど 消へ て、 我た >獨,9 生て 還れる なれば、 姬も姬 の 母君 も、 さケ 

わ よろ ひ をで すか かなし f われ • なん めん ij く <s み ら 5 た づな ひか しばし こま 

や 吾が 鎧の 袖に 鎚 ゥて悲 まむ、 思へ は 我 は 何の 面目お て 見へ ひや ヒ、 六郎は 手綱 を扣 へて 少時 は 駒の 

あゆ ^!' おも か ふた ゝ こま ば や ひめいへ はし 

步みを 停めた しが、 やう )(- に 思 ひ 返へ し、 再; 3 駒 を 早めて 姬の家 さして 走らす るに、 乙の あた ftN の 

け しき むかし こどな ひ^ゃ まば みちゆ み . なほ さら かぶ ろ 5a>J5 ぬきん ひめ い へ めじ 

景色は昔に異ft^て人家も疎らに道行くものも見へす、 尙更 一 株の 老松 挺で たる ビ rJK-rJ そ、 姬の 家の 目 

ろし いづこ 5 つ かげ を くさ ひつめ a つ 

標な, OS しに、 それさへ 何處へ 移されけ む 影 もな くな, OS て 名な しの 草の み 蹄を沒 せむ ばか- C> な 6V、 

やま い だい まな あ ふろな ど し 50、 せ さいげつ > まなこ 

I 山 を 出で、 七 代の 孫に 逢 ひし 故事 はい^ 知らす、 十 年 あま, CV の 歳月た ちた るば かりなる に, 眼に 映つ 

み かわ ば ら Ar- ま sib ひ こ fi* ま から . おも い へ 

る もの 皆な 變. CN 果てた るに、 六郞惶 或ながら も、 おち Nl ちに 駒 を 廻 はし 辛うじて、 をれ かヒ思 はる \家 

か $J た づな ひ 

の 門に 手綱 を扣 きぬ . 



むま おた うちい てか& かた ど ざ お ひら こぶし あ た、 

馬より 下ら 立ちて 內に 入らん ど すれば 門 は 固く 關 されて 推せ.^ も 開かす、 拳 を 揚げて はた >,/\- ビ敲き 

f こた ひど こえ ふ し ぎ ど 1* そ すき 5 ち S か まさ す も ひど 

たれき も 應ど罾 へす る 人の 聲だ になし、 不思儀が,0>っ、扉の隙ょぅ內を視ふに正しく住ふ人のぉら^1;る 

てい ど *、 む. な なで わ ま か! *J へ つな お はし かなた のろ ふ い へ おど こど、 比お 

称な う、 轟 K: く 朐を撫 つ.^ 馬 を 門 邊に繫 き 置き、 走6^て彼方なる_晨夫の家を訪ゥれて事問へば、 機 織, ON 

a や ろ fi 'ちょ さ な い い そがば SJ お ら 5 おもて う f 

居たら し rJ の 家の 老女 は、 梭を投げ岀,.1,して忙しく飛び下ft^c^、しけ,^六郞の面を打ち守<^た.c^しが、 

かた いだき > 

ゃがて語..^出すを聽けば 

しゅくん むま くつ ゎビ い くさ したが ゆ ろう SJj う ひ^ s- あ す うちじに かくな き たま 上 ひ め いだ 

生 君の 馬の 轡 採,^ て 軍に 從ひ 行きし 郞黨の 一 倔ハ、 翌日 は 打 死 ビ覺悟 を 决め給 ひし 宵に 召し出されて、 

い くさ S ち 上ろ こど か お ほ さゝ さかな そ f さけ の ふるさ ど か あ ひ 

軍の 中に て萬づ につけ 事軟 ける、 と 多 かるに、 少 やかなる 肴に 添へ て ー陶の 酒を飮 ましめ、 故鄕 なる 可愛 

つま かたみ しょく こ.. n にしき ふくろ つ、 こ がね づく あいくち ふ y 50 い わ な のち これ われ 

の 妻への 遺物 どて、 蜀 江の 錦の 袋に 包まれた る黃金 作らの 匕首 一 口 を 取. 9 出で、 吾が C き 後 n 之 を 我 ど 

しづこ ひめ ひど わら 4:5 いく よむ こ ど いへ なおち をん な 

見よ、 靜子姫 を 人に 嗤 はれさる やうに 敎 育して 好き 婿が ね を 配らせ、 家の 名の 落さる やう、 女ながら も 

これ ますら お われ な. t さ わがつ ま こ どづて い き . あさ f_* だき けっし し よにん ひさ 

是ょ りハ 大丈夫^な,.^ 七 我 を 慰めて よさ 吾妻に 傳 言せ よど 言 ひ聽 かせ、 黎明に 决 死の 士ー 一十 餘人を 率 ひ、 

ひそか ばい ふく てき じん f 一の い ら. T-^l う くさ づ W- ど すが :J」 うねん げっ $J う t つ S ま 

潜に 枚を啣 むで 敵陣に 忍 ひ 入らむ ヒ. する に" 郞黨は 草摺に シカ^ 取, ON 鎚 6S 、同年 同月 同日に 生れ 卞ヒ Tp, 

さ, f> ねん やうげ つ $J うじつ し いく ュ. * かみ ちか こどば きみ むら やへば す われ ひど い 

同年 同月 同日に 死せ ひ^は 軍の 神 かけて 誓 ひて し 言葉な. 9、 君 を 叢が る 刃のう ちに 捨て、、 我獨. 5iH き 

かへ し まさ ちた 上く われ f s» ゆ た せ 5 一く ふろ さど つか ひ た 

て 還らむ、 とな かくに 死に 勝る の 耻辱ぁ ftN、 我 も 共に 將て 行き 給へ、 消息 もて 故鄕 への 使ハ 誰れ にても 

雪月花 物 語 花 の 卷 (下) 二 九 



a 花 物語 花の 卷 (下) 三 

P も ク C t ちぬ も .xrvr- ふつ き けっしん かたて さ、 まい : ► ばせ i: 

1がくべき^|ゎ.9-^|ーロひ?1,ま、 大刀 ひき 拔 きて 髻 弗 50 截. OS り、 决心を 隻手に 棒げ て參ら すれば、 馬上の 

iifer のひ& しょ. 9gsi の やうなる 眼 を 怒らして、 不覺 もの 奴ヒ 叫びながら、 鐡鞭 一 つ 郞黨の 肩 口に 吳れ て、 

かせ AJS ば ゆ - 

風の如く馳せ行きた^^。 

9 r . '、ふ M . ^ま i 5 X, ばく せ AT, (- ゆ ゆうよ き よろ ひ £' へ $ す てら 

^しも は 1 方の 山の^に^ ちな む >J して、 微白 は惜々 どして 行く 一 一十 有 餘騎の 鎧の 上 を 薄う 照す、 

レろ す、 ひ, y 一 き .f^ ろ う ら み おく なんだ i ろ みやこ 

死路 をた^, CS 進む 人の 影 や. r くに 消へ 行く まで、 郎黨は 怨めしげ に 見送 6V しが、 やがて 淚を 揮って 京 

お たつ や ばし ばし ふろ さど せ 5 そく もた 力へ I 

を 落ち、 三日三夜 ひ. 走 ftv に 走, OS て 故鄉に 乙3 消息 を 齎らして 歸る 

*^、 ぎみ せ 5t く C* おこた や ti* ひ ど あら ^ ^ ひ 5V ら か にしき ふくろ 

母君 はこの 消息 を 得た まひて、 癒 fts し 病は頓 みに 革 ま ftz 夫が 秘藏 し. s:^ まへ る 彼の 錦の 袋のう ちの も 

さ ち ど お 

のに 刺されて その 跡 を 追 ひぬ。 

姬は 父君 ど 母君 ど を 1 時に 失 ひて、 夢のう ちの 夢見る やうに、 うつら ど 日 を 送, 9 居し, $ 果て は 物 

ぐろ i お J た 3 なし なのた まい なづ むこ のこ た 5 はなお 5」 し よろ ひ かた,^ tt^t^ 

狂: 13 う ^ て, ひて、 何ビ やらん 名乘. 9 給 ふ 云 ひ 名け の 婿が ねが 殘し給 へ る 卯の花 威の 錯の片 袖 を 柱 

i かう た さめ, i\- なな ひめ ち、 ば、 あど した ゆ- 3 

にかけ て、 をの 下に 香を燒 きて 潜然ビ 泣きに 泣きつ、 やがて 姬も 父母の 後 を 慕 ひて 逝き 給 ひ き0 

^のぞ も i ゥ おも!: まし か II をお めす、 liM ぎ-しく 酽 せる 門を敲 ひて、 昔しながら の 庭の 櫻 花の み、 散 

,CN て ハ 咬け ると 愛に 五 度。 . 



しづ め ちの がたり き 2- お! ij ろ 

: f IP , , 



六郞は Nl の 賤の女が 物語 を聽 きて、 さて は どば かう 打ち 愕 かれ、 甲 手の 上に はら. 9 ヒ^、 る淚を まぎ; 



ゆか ひ V す i S いかへ き 

らして、 せめて ハ 床しき 人の 住みに し 跡 を 訪づれ て、 今 ま歸, ON 來 つる ど 1 言な ftN ヒ吊 ひて、 兎に角に も 

しづ め あんない まや かき あ ひだ 5 ち ちく S ん お 

すべし ヒて、 をの 賤の女に 案內 させ、 先づ 破れた る 垣の 間よ 6MS: に 入 ftN 、竹椽 の ほヒ. 9 なる 暴 を 推せば、 



やね いくねん ふ fi- う をら み S かのこ くお かた 1 

屋の 幾年 は 風雨に なぐられて s も 見 ゆべ く、 床は殘 6N なく 朽ち 落ちて、 傾きた る 柱の ほ! >J.O. に、 焚れ 

なわ な ふ い ろ さ すち おか、 した ひど むら 5 はな ざ 

たる繩ょ.c^も猶ほ古,c^て色褪めたる 一 條の 緖懸. cs、 の 下に 一 叢の 卯の花 疾け. cs、. 



. , I こ のこ かた, y で ちお く 

噫、 六 郞が情 を 籠め て 遺した る 片袖は 地に 落ちて 朽ちた るな, cZ 

む £ん ぬ かづ か さかろ くら 5 上ろ ひ 5 へ ばな かせ おど つゆ しらたま か ひど たま い ら 5 

無言に 頓首 ける 香 坂 六 郞が錯 の 上に、 花 は 風な きに はら. >\ -ビ 落す 露の 白玉、 彼の 人の 魂 は 今 ま六郎 

そで た、 さ、 や 

が 釉を扣 ひて 私語 かむ。 




雪月花 物語 花の 卷 (下) , 三 1 



I 懸想文 寶 第一 三 一一 

〇 題 趔艾寶 . . 

第 一 

irs- いみ も も ひだ げ す え ほうし こ むら え S 、ろ さ か C あ, b むす きぬ くわん 

麈紙を 揉みに 揉みた る やうな 稜も なき 下士 鳥帽 予.、 濃紫の 纏 色褪めた るを片 やの 字に 願に 結 ひ 衣 一 貫 

i ,frs どし す ちり おち まころ び U さつ す すなほ こ w ま SJ あや チ を も やう そ 

模檨, i 年に 磨れ 麈に 落て 綻も » は^る を 寒 ひげに 着け、 裳のお た, 9 砂埃に 暈ら れて 怪しき 锯模樣 を 染め 

c ば.? -f* うが わらぐつ あらし やま やま ていく わい さヅ ビ,、 おもて あば 

出て たる 袴 を 穿ち、 藁靴 はきて、 夕まぐれ 嵐 山の 山路 を 低徊し つ、、 風颯ど 吹く/^ どに 足 を 停め 表 を 仰 

む しん む じ. やげ せう ば あら み 、かたむ S こ I 

きて 無心に 無 邪氣に 一 t^齒を現はして耳傾くる男ゎらけft^o 

て. r せ 5 す, TL ゆ みち ,ci だ ま C ていく gs- くれ み こ 5 こん を ふ あ ふち あほ ばか 

長 松十數 株、 路 もせに 枝 を 交へ、 亭々 どして 夕暮 ながら 翠は 黄昏に 染めぬ きて 古, 9 し 褐も靑 む 許, CN な 

まつ ね ち の ばら こけむ む そ S りん た、 5 へ こしう ふ ど ころ ビ いだ ふる くわん 

る その 松の 根の 麈を拂 ひ 苔 蒸しに 蒸して 蒼 鱗を疊 みたる 上に 腰 打ち かけ 懷ょ, 9 取. 出す は 古びた る 一 卷 

ひも かす う すん き , 

な. G/ さら ヒ繙ビ きて 微かに 打ち 誦する を閬 けば 

しら なに ひど ど つゆ こた き 

白たまか何^vビ人の問ひしどき露ビ答へ て消ぇなましものを 

かち すん おもむ あたま も^5 かた づき. S ま みね V ひか み,^ ほ ti こ おど こ _ 

斯く 打ち 誦して 徐ろに 頭を擡 ぐれ バ片 われ 月 今し も峯 のおな たに かゝ, 9 て 光, CN 水の 如く 撗 さまに 男の 

ばんめん すべ ひろ まき^>の うへ すみ si まつ ゑが いだ I 

半面 を 滑 ft/ く- 9 披 げし 卷 物の 上に 墨 繪の松 を 書き出しぬ 

まつ え う &、 かた づき あなた こなた かせ、、 r ど 5 わた ぉビ こ£- れげ _ おもて あ、 

サ ハ. (ど 松 か 枝 動きて 片 われ 月の 彼方 ft 方に い? I; ようは 風 梢 頭 を 渡るな, 9、 男 嬉し 氣に面 を 上げて 

み、 ばた やうす まつこえ おこ め す ま こど かな は^ゃ たか た ,に ま お, いづ. ^ 

耳を欹 つる 樣子、 松聲の 起る や 初 は 須磨琴 を かすかに 奏づる やうに、 ^く 高ま. 9 て 谷間に 落つ る 泉の や 

ば なみ かん S05 せきかん 41 どち くだ ほビ ばし みき こけ こうりん 50 5 & 

ラに 果て は浪、 岸頭の 百尺靉 nS 騰れて 飛び散ら 碎け进 るゃラ に、 幹なる 苔の 甲 鱗 もめき くど 飛び 動 ひ 



ろうり やうく も ろ をぶ き &ど かせよ さつ あど つき まつ らん つ くしけ しろ, お ぐ. し ど V ま 

て老龍 雲に 嘯 たらむ が 如し、 やがて 風 過き ftN 去て 痕 なく、 月 は 松の 亂髮 を櫛づ るか、 銀の 小 櫛 は 停る 

せ 5 どう だい し 

棺 頭の 第 一 枝。 

よなかい み たえ もの 53 も L せん おんせい よ まこ ど f 

さても 世の中に 微妙 じく 妙なる は 物の 音な. CN け, CN、 若し 自然の 一音 聲なか ftN しなら ば、 乙の 世 n 誠に 面 

しろ つき ひ &ん ばんせ 5 てら 5 つく ほど、 き寸な かた しらくも C- づ .e' :H つ あ A つき 

白から ぬ ものなる べし、 月 は 無言に 萬 象 を 照して 美しけれ^ 杜宇 鳴きつ る 方 も 白雲に 埋もれ 行く 夏の 曉 

む らん つき ひどこ、 ろお く い ま しろ その ひか 《- い い 5 た £ な まし さ かすみ さ A 

は、 無言の 月 も 人の 心の奥 を 射て 眞 白なる 其 光 さへ 言 ふに 言 はれぬ 歌 あるべし、 花は星ビt^き霞ど盛ft^ 

ゆき お む aU ん かせ ば を く びる う & み なか すがた ,タ の AJ 

雪 ど 落ちて 無言 なれき 風 をよ) (^ど 花の 唇を搖 かす やうに 見 ゆる 中には、 姿見えね^ 優 さしき 長 願け き 

ぐ ひす ^、ば ゆ ゆた > み Z くちい . おも^き しば かき つ、 くさやな か ほ をく も 

黄 烏の 音に, 花 も 語らむ やうに 見られて 口に 言 はれぬ 趣お, ON、 柴垣に 包まれし 草の 屋の 中に 細々^ 洩る 

つ? J ビ . しらき 5 ちす ひど なん ゆか ひ 50 を 5- こ ひ ま 

、瓜 琴の 調べ を 聞か バ ^Jの中に住む人の何ほぅ床しき人ならむヒ坐^Cに戀しさは益すなるべし、 まし 

おすた こめ からだき かお s> かせ わら ひこ 一べ きこ こえ あるじ さ だ よ ま 

て 小 簾 垂れ 籠て S 焚の 香 厨に ゆらぎ、 ホ 、 、ど 笑 聲の聞 ゆる は をの 聲の 主人 こそ 定めて 世に も 稀れ なる 

ほよ^ 5 , お, め ' ► ば, こえ をの ひ ど またい や たへ 5 つ こ& をの ひど 

美しき 女房なる べし ど覺 ゆめれ, 總て むくつ けなる もの、 聲は其 人 も 亦 卑しく、 妙に 美く しき 聲は其 人 

たへ *• 5 つ あ めくら をな & み め かたち 5 つく をの こねなん ゆか なつか れ 

も 妙へ に 美く しきものな りかし 或る 瞽者の 「女兒 の 眉目 容貌の 美しき は 其聲何 どなく 床しく 懷 しく 嬉し 

ビ ころ し い まこ ど さ ま *Jso さ なに ひど てつがく ひどり 

き處 わるに て 知られぬ」 どなん 云; S ける, 詢に 左な <=> 詢に 左な. ビ 何やら 獨. 9 ぎめ の哲學 t みたる を獨 

&VW まき お まつば て はら み、 すま ふかしぎ おど こ 

言して 卷に 落つ る 四 ッ五ッ 七 ッ八ッ の 秘葉を 手 もて 掃 ひながら、 耳 を 澄す は 不可思議なる 男な ftvo 

よ なほ 4 のさ みや. こ かた どもし び ほ し &ど おど こ やが ちり ? * ら た あが まきもの おさ うち ぷ ど ころ い 

夜 は 尙淺く 都の 方は燈 火星の 如し、 男 は 頓て麈 うち 掃 ひて 立ち上, CN さまに 卷物 まき 納めて 內 懷 に 入 

しづ ま やまく だ ゆ 

れ靜 かに 復た山 を 下. 5 行け. CVO 

懸想文 賣 第一 §11 



广 


草? 


上え 






出い 


龃ず 




げ 


り 


9 


mi 


て 




ほ 


履 


朴ん 


AH う 




て 


<L き 


渡 ど 


Y し 


し 


JT 


れゝ 


の 

y ノ 






の 




條? 




きょ 


月げ 
ハ つ 


7 


A 


れ 

^ レ 


へ 


月 

パっ 




t> ど 




ま 


もす 


橋? 


今? 

ふん 


稳' f 


1 








1 こ 


の 


\ 

1 


さ 


7 

レ 


め 


過す 


の 


な 


の 


pa 


な 

小 


ljn?> 




の 

,ノ 


Tfhj l 




へ 


力 
ハ 一 




さ 




く 

ヽ 


欄 えら 
训ん 

干ケ 
-1 ん 


五 




ず〕 


噔 


せ 


X- 

<L 


打 5 






大, 


て, 


打 5 


7r 

'あ 


此こ 




れ 

1 レ 


/ ノ 


游ゎ 
やた 


ち 


た 

r。j か 


HIR が 


路ち 


愛ぐ b ひ 


ち 


に 
V、 


リ 


慮、 






け 

り 


n 

V 


叩た 

1* 、 


; 


ィ 


も 


七, 
*> , 


左? 


眺? - 


も 


5b げ 


な 


荅ま 

> ^ほ 




て 


さ 


け 


{ 

1 


逸お 


小き 


他 リナ 


に 


め 
V ノ 


1 第 


む 


h 

ソ 




水 そ 

ZJ 、つ 


餘ょ 
卧 




け、、 




t- 
o 


路ち 


レソ 


折お 






、 




棚 s 


吾き 
曰 ど 


今' 户 
ふん 


に 


P ぶ * 


し 


も 


は 


れみ 


何な 
1 ド J に 


か 二 


つ 








な 




午 こ' 


め 


"1 ま 


狭 さ 




都? 


や 




け 

V ノ 


馨 f 


て 




く 




もや 


る 


は 


霧ズ 


ジ 




ら 
り 


b 


at 


篛こ 


\3 


障み 


、 


の 




ま 
生 し 


の 


み 7f? ゑ 


も, 


し 


力 \ 
7r こ 

as 


こ 


め 

ヮ 


) 


や 




怨 力) 


聽き 

?レ (1* 


の 
レノ 


中 さ 

ち 


ぎ 


力 > 




陣ょ 

に 




{ 


れ 

M レ 




の 


き 


み 

W ト 


に 


7 い 




レ 


の 


V 


ば 


ュま 




居ゐ 


し 


み 


な 


お 十 ざ 


眠ね 


/1、 き 

/J、 ゥ 

各ち' 


1 

レ 






り 


は 




7{す 

M し 


る 


立た 




が 


や 








A 

V 


A 

y 


で 

、 


に 


は 




お、 


ら 


力 ゝ 


ぎ 




行い 

つ J 




o 


て 


お 


激? 


何き 




れ 




な 
'あ 


め 


― 


ち 


打 4 






V 


寸 

> 




U 
\ 


し 


細? 


h 
ジ 




まさ 
7 え 


け 


ち 


漣ミ 




1 さ 


し 


る 


の 




樣ゃ 






渡 ど 


し 


る 


誦す 

nrl? ん 






<^ あ 


yiSS (ん 


は 




b 




小 f 




月 S' 

ノ"^ 'ノ 


や ゝ 





し 

レ 






山ぎ 

M4 ん 


月ミ 

ハ き 


まみ 
ク III 


て 

レ 


風 S 


路 ち' 


はた 


の 








, 






も 


が 




圆ん 

干き' 
r ん 


に 




打う 


水み. 

リ > つ 

に 


9 




小さ 




く 


\ 


水き 


め 

レノ 


便^ 

1^ よ 


ク 


リ 






夜よ 

扁 ^ 


て 




笑な 

-/V ら 


が 


に 


居お 


に 

^^ろ 


ン 




レ 


碎 

'7 た 






F ふ 


は 




ふ 


し 


私き 

つお 、 


も 
リ 




ク 


ゾ, 


け 






く 

、 


流 力ち 




の 


ノ 


語め 


力 > 


の 


香お 

曰 y 




V 


し 


今 さ 




る 


れ 




す 


く 

、 




で 




ク 


て 

し 


月? 
ノ? g 


は あ 










の 


む 


力 > 


フ fc ミ 

ノ 、つ 

\r 




ぬ 


四 

f 暴 


か 

ノ、 ぬ 


は 


秋? 




で 


れ 




か 


り 


水き 


リ 





ッ 


の 

ノ 


フ 


の 




在 あ 


て 




し 

レ 


さ 


が 


落お 




打う 




、 


W き 




h 

If 


は 《 






み 

cr 


月 2 

ノ さ 


つ 


ね 




ち 

リ 


も 


ok 


め 




け 

V ノ 


碎も 




IT 




に 

っム ' 


ム 






過す 




で 


に 




る 


< 




藤? 


な 


uu か 
片た 


せき 




さ 


ら 




て 




が 


る 






f) 


纽め 


わ 






て 


眠ね 


見み 


《 










け 


ゆ 


< 


れつ 


り 




嚴に 


む 


m 


風せ 




や 








< 


力 > 


月; 


兩 t 




め 


げ 


b 


し 




が、 


片ん 




る 


ま 




のか 


腕 i 




し 


に 


て 


め 




て 


の 




rjh わ 
石 か 






影げ 


を 




さ 


聞! 


市し 


や 




を 


mi 




者 さ 




れ 


は * 


組 { 




大 S 


え 


廛ミ 


力 > 






月 ま 




お、 




に 


小 e 


みお 




門え 




の, 


に 




を 


千ち 




ど 


手 を 


耳 や 




頤 ず- 




のく 


我 わ 


甕 t 


細 t き 




步§ 


k、 




見み 


を 


を 


波 ま 


を ひ 




ま 


が 


きか 


々く 




み 


の 




れ 


拍 5 


澄? 


に 


又 1 



懸 想文寶 第 



三 四 



なほつ、 うた、 5- ち 50 お はんめん あら しらがあたま もんばん 

尙績 けさ まに ほビ、 - 打ち 敲 くに 內ょ, nNlIk を 推して 半面 を 見 はした る は白髮 頭の 門番な. 9 け, 9 、「五 

だ い. ふ 3 た よ あ を ばか せっかくい か f ゆめ み おもしろ むざんた 、け し もう 

太夫 又しても 夜遊び か、 馬鹿らしい、 折角 死ん た * を 夢に 見て 面白 か ftv し を 無錢ど 叩き消されて 舞 4^ 

わい これ よ あ をび あくび ばん ぶんば ^て か ♦ へいか 5 

哩、 もラ是 から は 夜 遊 はやめに せい」 ピ欠を 半分 齒の 土手に 嚙 みつぶ してい ふ, $ つ もなから 閉口な. OS 

ひヒひ ひらて ひく わら 5 ち い おの へや かへ ども しび ほ K ろび 

ど 御の あたう をし 4^、 かに 1^ 手う ちして 低く 笑 ひ、 ゥ?2:に入.<^て己が部屋に歸れば、 ® 火 もな く瑩火 

ろ ばい しろ 

三ッ 四ッ、 爐の灰 も 白みぬ。 

このお どこ- ち、 このい へ つか . あ ろじ け 5 てうさん ども ざ 5 しき おい み あさば や f たいぎ 

^男の 父も此 家に 仕へ 主人の 卿が 朝參の 伴す る雜 式な A> ける * 老の 身に て は 朝早くよ, 9 伴す る は 大儀 

せんばん つかへ いた のち このお ビこ ち、 な 5 だいふ を せん ク かさ; IJ 

千 萬な. ON ど 仕を致せし 後 は、 此男そ をつ ぎ 父の 名 さへ 受けて 五太 夫 どい ひける、 祖先 ど $ ふ は 司 人の は 

S たよ も C か ふ. £J 350 か ある 5,- き か も しゃてき しげ ビ 5 ゆみ も 

しくれ にて、 歌 も 脉 み、 文字 も 書き、 笛 も ふき、 糸も奏 なで、、 或 時 は 加 茂の 射的に て 重 籐の弓 を 持 

しら や お きんてきの ぶんぶ ひど か よう や お どろ きた ぞ 5 しき さが た いふ 

ち、白矢負ふて金的退がさぬ文武の人な.=^けるが、家道漸く衰べ來,o^て難式ヒまでな,o^下ft^ける、 五太 夫 

ち、 だいふ S く を せんき せ 5 う ゆみ ど え 

の 父 はむ くつけ なきものな うしが、 五太 丧は端 ftv なく 祖先の 氣象を 受けし にや 弓 取り 馬 あほる、 と は 得せ 

もめ ね いだ この たのし がくもん 5 たよ なら、 

^!;れ,^^、 物の 音 を 痛く 好み/てれ を 乙よ なき 樂 み^なし ける、 學問 せる とな けれ は 歌 は 1 咏みも 習 はされ ど 

このお >1 こ こ-ろ たし うた しん どけ てんち かん ばんせ う こ、 ろ 、ゥ おもしろ. 

も, 此 男の 心に は糙 かに 歌の 神 SO い へる を 解る にや、 S み じき 天地 間の 萬 象 は 心に 映 つらて 面白お かし 

ねビ くえ さよ ふ あらし や J« あらし 50 あ 5- あけ つき わた VJ げっ ばし" たも ど た 5- やみ め 5 せ 5 ぼうし ひさし 

く會 得し 得 > るゝ か、 小夜 更けて 嵐 山の 嵐 を 訪ひ有 明の 月 を 度る 渡 月の 橋の 袂に \ィ て 明星 帽子の 庇に 

あろ ひ さがお くひ ど ある たて かなつ つまこ ど ね ぬすき こか いぬ ほ わ 

まば ゆく、 1^ は嵯 蛾の 奥に 獨. y 步 きして 誰か 手に 奏ら るゝ爪 琴の 音 を竊み 聞きて は 護 花の 犬に 吠られ 

うつらの き ^.s む ね つゆ f ふ くだ もお どこ ふ 

鶉 野の うづら を 聞きて は あたら 凉 しき 蟲の音 を露ヒ 共に 蹈み碎 きけ ると さ へ ある 都 男な. ON 家 は 古る く 

懸想文 寶 第二 1 二 五 



I 懸想文 寶 第二 

ひ ぞう い せ ものがたり しゃほん くわん つま も つま > BBBBIBm^^lllBIIIBUB 

« 藏 せる 伊勢 物語の 寫本 一 卷、 妻はなけれ^若しぉらばをの妻ょ.^もカ可きからむまでに、 船な き 離 はお 

を 日 募の 友 どな L て 打ち 誦し、 漫^c步きする時は$c^もmふ體ろにか;5^れてハi,きけるllに、 お i の もの 

. このお どこ ふるま ひ あや おもしろ € い お X t -ff: . 

さも 此 男の 振舞 を 怪しが. 9 面白がうて 五太 夫ヒは 呼ば 卞, 伊 |^^|曰ぉ% ヒ なんよ ゆ ひぬ。 

P せ しお ビ ^ もの 53 このた の. なぐさ ざう しき み あ こ、 5. ^ 

伊勢の 昔 男は斯 くな む 物の 音 を 好み 樂 しみ 慰,?、 雜 式の に 在 6, ながら こ 心ろ のみ は g にやさし ければ、 

主人の 卿 は 痛た く 五太 夫が さかし くお かしげなる を I 乂 で!! ひて g はれけ るが、 きの:^ る の M ヒ ハ へる は 

5- ん 1 ころ く げ 5 ち わ. まつ Icl こ おす > i 

貧乏なる この頃の 公卿の 中に も 別けて 貧しく、 f 籠め た. cO 小 簾 も 糸 どくに がちて や 破れ f のか ルに g る や I 

うに、 竹 一 筋々々 に 散らげ るを纔 かに^, の • もて ii み g りたる までにい.^ せく _ がれ て、 歡 ^も 耐 に 

朽ち 風に 陋ら され 無宿の 名無し i; も き 宿見ゥ け 離に 酽へ るづ までにす さび、 ¥ 0amf0^i 

の わた. 9 は 童の 犬小屋 立てた る 跡の 竹 柱 傾き、 雨 あが. 9 のぎ, を コネ て^れる 鶴し. の^も^き 

て 捨てられ たる、 ぎぎ m から 4- せ i うてぎ s&i ピ ら ssi びた きて、 i はお も g 

S かたむ 5 ち, V どいた あは 

れ垣も 傾き 內外 痛く 暴れ 果てぬ . . 

父なる 五太 夫 は 萬づ にり け不性 者な, CO が rj の が ."H^ は 〔乂、 に, やらす ま; I わうて r£ 々もい の I- ぎに!! を lg 

すも斯 くまで 荒れ果て しなれば もの 14 あら ヒ どつ f きり 、ああ gig; に, 取う お あ!? g ふて あ.. け る^^お 

じん こ 之 

人の 聲 して 

& だ ゆ 5 し たく ビ b ^ P 

「五太 夫 仕度せ よ、 疾 くく, 我れ 出て 5: かんに 」0 



ゆびさき ! J 一ろ J' ら おど す.?.、 さま, fe * ノ し むす £ま くり ひ. ナ 、ふ う- V- や J し 

指先の泥さ へ掃ひ落さで直樣烏帽子の紐を結び直し栗ュ ガ髭を^ら,c^ど•で牛*屋にwせffけば5.は 

いま はん £ めみ f> そく わら 5 へ お i を- あき か クり ,5^*, t 

今 何の 夢見 るら む 四 足 を 藁の 上に 折 ftN て 哀れに 鳴け る 秋 蚊 三 ッ四ッ を角に宿して喚べヒもIJき^,o^け 

る 

ぬか わよ ひ ま かひば どの こ てう のた ま す 

失念れft^我れ宵の間に飼料なくな6^にきと殿に請ひたft^しに調せょ,ヒも宣は^6^しを;sたど忘れた6^ 

やさ ど 淡き 夢の 中に も飢 もらむ ど 立ち 惑 ふに、 やがて 牛 も眼覺 た, けむ 2| き^を だ に艇 かして ク \ 

か お 一 ばら しづ くび もた £ だ ゆ 5 かほ み うら ひど し JH 

サキ蚊 を 追 ひ 拂ひゥ 、静かに 首 を 擡げて 五大 夫の 顏を 見る も 怨めしげ な 獨, 9 キメか は 知らされ e^flp 

きわ にんげん きんかん こ 5 ベ いた *、 ひど くつ S しもばしらお み ら ひ £ ►si 

の靈ど極めt人間さへも金冠を頭に戴きたる人もぁ.c^靴も穿か卞に霜柱立てる路をゎるく4,pぁ.5ーぉれ 

ノし ななな か ノ W たく か しゃく おも もつ や を どこ くもま の if わ A 

乙の 牛 も 生 中に 公卿の 宅に 畜 はれて よ Mia きもの 持た となき 痩せ 男 を 車に 載せて, 八 葉の 輪も輕 ろく 

、 ゑ り かば かた ちなら ほね いた き らく かひば ろく あた つら ,y びら 

けに 頸の 皮 肩の あた, OV の 力 骨 さま 痛まぬ は氣樂 ながら 飼料 さへ 錄に m (へられ さる は 辛き となるべし 背の 

わら ぺ ふ . お ちてき さ き さ つの さき つ SS が ひく ん お i づき やま ざ £ *5^u^ >^2i 

童 か 吹きす さむ 撗 笛に 狭霧 裂けて 角の 尖に 突か パ穿 たむ までに 低き 一 圑の^ の ダ¥ ある は^, 

花 一 枝 差し出て たる 籬の あたう ぎ、々 たる 夕陽に 背 を S らして ぎぎぎ ュ 1 るの %i き m の 1i な. き^か §1 

い.. *^ め ね ぐら 5 へな あ £ だ ゆうしつ こえ おも f ia 

にス AN て覺て はさ もしき 寢 藁の 上に 啼 くべき にと 哀 はれが. て 五太 夫 叱ヒ聲 かくれば の そ,, ^どぎ,^ に^ 

あが もう こえな 

き 上, OV て牟ヒ 一 聲晴 きぬ。 

^ » < ^つかせ ふわ こ ヤー f いろ/、 ね しんじ ォま 5 れ &だ f I な &ぇち ばれ お 

蟲のー 看 松赝、 笛、 琴、 攀 など 種.^ の 音に 心 耳 を 澄して 嬉しがる 五太 夫 rJ の 牛の 啼き 聲哀 にな. て徽 

^ パ ろ ま き ゆ むち ひや 5 しど かつく つの 5 た、 

を 取, nN 車の ほど う に曳き 行きながら 鞭 もて 拍子 取. CN ゥ、 募々 ビ角を 打ち 敲 きつ。 

. 懸想文 賣 第 一 11 , 三 七 ■ 



懸想文 賫 第 in 三 八 

しきだい まへ くろま す やが たい しゅじん け ふ かんむりた- y かぶ こんち した *、.^ ^-^ 

式臺の 前に 車を据 ゆれば、 頓て 立ち 出て たる は, 王 人の 卿な り 冠 正しう は 戴う たれ, i- 紺地の 直 は 色 ど 

さば こし の、 め を はる あけ の しろ たに * > , Z ほ 

くに 褪め 果て、 腰のゎた<^は東紅染めし春の曙のゃぅにほんの,o^ヒ白ぅな,9たるなど只ぉかしけれ 尙 

さら をで ぐち .C3 ば ^ち *5*^J ろ お ほ. ちゃ ま あらし ビ しふ たよ あら きば 

更釉 口の あた, 9 に 縫れ し 綴 糸 さへ 元は 白から しなら むに 大内 山の 嵐 は 年 古る 便 -ON を 見 はして か黃 みて 

くろ き みだ .^!? ぐつ ビ ころく ぼ お したぬ り しろち あら い さま こぞ はろ お ほに 1^ け 

黑 みて、 斷れ て、 亂れ う、 鬆 靴の 處々 漆 地剝け 落ちて 下 塗の 白地 見 はれ 出て たる 檨は 去年の 春大 庭に 蹴 

i ^1 つ らっか をの のこ や f み なか くつ かく かま た , どころ いろ P. 

鞠した る 時 飛び 糊き し 落花の 其 ま、 に殘. 9 し樣に 見られた. CV 半ば 履を隱 せし 袴 は紳の 垂れし 處 だけ 色 褪 

た ハ ろ さめ い L ころも す を ふ を を きざ あし しきだい あ い 

め やらす、 他の 色褪 たる は 言 はで も 知 るら む、 衣の 裳を蹈 みたく む を 恐れて 刻み足に 敷 臺を步 み 出で、 

くろま の 

車に 乘 ftN ぬ。 - 

ち 3 た すな ち つじ ぃ5? お こ&も ち くろま きし 5 ら、 か かせ ころも ぬひめ あが たてまつ せんしゅ 

衢に ® を揚け 辻に 犬 追 ふ 小兒を 散らして 車 を輾ら すれば 日麗 さに 風な ぎて 衣の 縫目に 奠め 奉る 千 手の 

かんせ おん a さっさば かせ ふ たま こ 5 ひ 上 《- おつ むち かけ かる はなづら 5 し ちゆみ お ろ 

觀世音 菩薩 も 婆の 風に 吹かれ 給 はむ 好 日 利、 お ftN く 落る 鞭の 影 は輕く 鼻端 をな ぶって 牛の 步も 驚か 

か! ま つく じ つ きの ふ あど 5 あら や 5 くさ ばな .& ろ あき さすが みやこ 

す、 角 を 廻れば 築土續 きて rJ 、に は 昨 宵の 雨の 痕も 失せで 洗 はれし 樣 なる 草の 花の 色 秋ながら 流石 都な 

かぶき もん い 

車 はやが て、 ど ある 冠木の 門に 入, 9 ぬ。 

もん $ ち つく C かげ くろま かたよ 5 し ひビ さび げ ね ちから み £ だぬ 5 ひ VJ をば いし 

門の 中、 築 土の 蔭に 車 片寄せ て 牛の み獨ら 淋し 氣に睡 ひけに 力なげ に 見 へ た. 9 五太 夬は獨 ら 傍の 石に 

こしう あしのば み ゆる め ねぶ もく ぐ 5 &ビ よこた た あが 

腰 打ち かけ 足延 して ツタ子 ン^ して 身搖ぎ もせで 眼 を 冥 ft- て、 木偶の如く橫は.o^しか クど 立ち上, CN て 

ふた あしみ あし . 

雨步 三步。 



たへ つま, u ど ね い ま た ちた くちす さ おんな こも そ のこ-お まっかせ >J り こ ゑ おし ね こ そうかん 

妙なる 爪 琴の 音、 今し も絕 えて 歌吟 口む 女の 聲、 其聲の $ み じき は、 風、 鳥の 聲、 蟲の 音、 琴箏管 

紘、 わら ゆる 音 は 物 か は、 

t だ f ま: t< ね づ 5" みぶ る - 

五太 夫 は 今 骨の 髓よ. ONaw する 身顫; S 1 ッ。. 




第 三 

L お S- ビ を ど み、 をば だ S だ ?? よろこ い ろ 5& わ-し み よ. , かき 

柴折 の 外に 立ちて 耳 を 欹ゥる 五太 夫頗の わたらに 喜 ひの 色 を 動かして 我れ 知らす 身 を 寄 すれば 垣の 

ね ば たまば ぎ えだ すつ ゆ お £ し お 5- ビ おの ひら 

根に 生 へ し 玉 萩の 枝 を摺, 9 て 露 はら )(.- ヒ 落しつ、 柴折 In, は 自れビ 開きぬ。 . 

よろめき ゎづか な SJJ- かしら ち、 ふ《^び やぶ おす 5 ち ほ 5 ふつ み おんなお も かげ もの 

蹌踉ゥ 、纔 に蹈み 止ま 頭 を 縮めし ま、 回顧けば 破れた る 小 簾の 中に 彷彿 どして 見 ゆる 女の 俤、 物の 

まん ひら すん こ ゑ や ほか きょ うら 、 たへ ほ を. w\ わた こ ゑ き き 

本ら しき を披 きつ、 誦する 聲はな ほ 止ます 朗らかに 淸く、 麗 かに 妙に、 細々 ど 渡る 聲の聽 くに 消えな ひ 

ばす いど きょた へ をの こ£| い か ミ つく いか き ► れい ひビ 

ばか ムなる は 連の 絲 のつ > ける やうに、 淸く 妙なる 其聲 の、 如何ば から 美しく 如何 はから 綺麗なる 人の 

のさ c づ ら, つく きこ た" 50 5, 5 ぐ ひす しゅんらん てん • ゆく S- こ 5 じ こ、 ろ わ 

喉よ る 出る が、 やがて また 朗々 ビ聞 ゆる は 谷の 出る つ 鶯の春 蘭に 囀す る やうに 端な くも 好事の 心 湧き 

か たがた 

返へ- 9 て堪へ 難し。 

かせ おす もん .T5 が ゎづ ち^ み ゆ おんな しば をの こ ゑ しば や ぃを 

風 そよ ぎ 小 簾 は紋を 描きて 僅^に 簸 -9 ぬ 3 れ おらぬ かに 見る 女の 俤も 皺み て 其 聲も暫 し.: M みた ftN 急 

し &S^SJ かたかげ み ひ を な かひ まみ 

ぎ柴折 III, の 片影に 身 を 潜めて 尙ほ も竊み 見る に、 

懸想文 賣 第 三 111 九 



ブ、、 




プ广 

ケ 




る 


々 

ク 




ふだ 
太 

十-い 

大ふ 


街び 


の 


U 

9 




伤な 
1 口 J ほ 


{ 


b 


ま 

ゾ B ゆ 


7 
七 


る 


ムぃ 
やま 




、、ク 

ノ 


一お L 
久 


yj 




さら 
S ど 


あ 


ん { 


\ 


六 


のか 

; ん 
顔ば 


ゆん 

夭 




は 


ズ 


命い 


唯、 • 




し 


A く 
力 ゝ 


U ち 




to 


レリ < 


み 




ひ 


V 


K 


-In- 5 


力 


士ふ 


ィ 
し 


ィ 
し 


la 


生ち 
夭つ 


レジ, 


きま 
阜ど' 


の 


vj 


す' 
、ひ 


>> 

K 


^ し 
H ろ 


脚ね 


t 

b 


9 


9 


ャ 




レ 


し 


^1 


# 曆 




もな た 


JL 


\ 


(T\ 
vJ 


a; 


よ 




ど 




チゝ 


さ 


さ 

疋だ 


み 




^だ 
太 


ffl あ 
現ら 




ち 


9 


れ 


づ 


、、ク 

ノ 


9 


越 こ 




•fy ゝ 


じ 






土 ゆ 
入 5 


は 


/C 


9 




レ 

c 


み 

ヌ 






レリ 


Jf し 


<k 


i え 


,ク せた 
き 




の 


め ' 
耳 し 


L 

9 


ィ 


し 




2. 


*x5c す 




7. 
th 


穴 や 
4 [^ら 








て 


は 


/己 


招 あ 
現ら 


自 い 

》E 、き 


ヒ 


b 




VJ 


jT し 


閣き 
1 耳 J 


桥さ 
リ 《き 


目 み 
兄 


し 


h 


る 


ク 

る 


/ 、 


ど 


7 ふ 


"^ヽ 
カゝ 


し 


/*? 

15* か 


4:n し 
ヌ U 


さ 


レノ 


ん 


ぁヽ 
n ゝ 


る 


illlL ん 






れ 


屍 


な 


vJ 





おひ 


b 


ザ 
し 


まか 
食 


^« 
<=* 


ら 




玉 I' 


) 
( 


向 g 

m 意 


m い 


ら 


さ 




口ろ 


/1、 お 
/j、 


ォ 
あ' 


头ろ 




4 し 




ヌ :l5 


yJ く 


c 


し 






さ 


儘す 


含う 


し 、 


SI か 
脱せ 


C 


o 




如き 


\ 


士 さ 






HBO 
服 


is "も 
摸 


TI ゝ 


vJ 


き, * 


さ 








曰 は 
牛 や 


さ 


C 




卞ぁ 


o 


vJ 


去 室 や 




甲ち 


义哆 
条ぅ 


わ 






/ 
\ 




甘 を 

の 


上へ 


ホ乂ん 




讳っ 
懷ま 


(,m 




レソ 






あ 




曰ば 
早 や 


A し- 
人ん 


ふ 

懐き 


V 

X 


t<F ち 




は 


、)* な 


さ 


Y K 

LA 


4 き 


目み 
兄 


ォ 


力 




/ 

\ 


Vj 

*^ ふ 

虽 


9 


も 




+ぉ 

A ほ 


れ 


雙ぅ 


b 




や 




9 




目み 
見 


の 




ブ广 




• ^わ 
里? 


)> 

K 




( 


お > 
甘う 




し 


置 ま 




7c 


小し 


中 も 




1 
\ 




ひ は 


ち 


ォ 日び 


\ 


き 


こ 


Cl 


? i し 




さ 


衞 
、ぺ 






W く 
見つ 






ケ 




岁ば 

条 5 


n 《 

U ち 




z よ 




ば 


4 ど 
Tit 


ら 


Z 




u 
9 


寸、、 


小お 




レノ 


IH し 


z よ 


ス 






ま 

黛? 
み 


CA 




さ 




ィ 
し 


m, 


儘す 


CA 


审ゅ 
まき 


7 

し 








り A 


?) 
t) 


あ 


ィ 
し 




"^ゆ 
專き 


CA 


yJ 


入 


\^ 
C 




襟ャ 


し 




ふき 
女き 


し 


Tt い 
八 


9 


ぼ 
は 






わ 


被ば 
mat 


9 


n < 
U ち 


7- 


フ r 
z よ 


7 い 




vJ 




ら 


カゝ 


ィ 




& き 


る 






は 


よ 


O 


k に 




紹か 


ら 


ブ r 


ゆち 


9 




~C た 
土 ま 




招 あ 
枕ら 


—\ 


屮ぃ 


Hi* ふ 




^fe わ 
おら 




な 


iS 


むま 
り 


ま ぶ 
房 さ 


ど 




S み 
兒 


ば 


; k 

c> 


バ 
つ 


/ 
\ 


見ろ 






9 


や 


な 


7 

し 








义 


ら 




風せ 




[Id. 




を 




め 


ィ 
し 










あ 


ど 




ノ、 ど 


yJ 




の 


に 


み 


れ 


>7B あ 
た 




目み 
兄 


,1、 お 
小 


ャ 




貌ゎ 




ブ广 
z よ 


の 




微, 
聲 1 


傲" ~ 


m つ 
III ぶ 


C 


71 ゝ 




'ノ 


ます 
簾 


1 

し 


れ 




し 


s 




り 




ら 


ra お 
忠も 






ら 


K> 


し 


や 


ヒ 


ら 


C 


^ い 

ちろ 






ゆ 


K 


ば 


ク 






J 香 


ブ广 


蝶? 


五 わ 
口 


Col 


田 
お、 も 






み 


し 


ク 


ブ产 

な * 




HKC す 
リエね 


71、 


わ 


が 


カゝ 


魄づ 
种ぃ 




錄こ 




ト 
レ 


が 


て 


ミ乞ま 

7^ で 


腧ぉ 










妾お 

3K ら 


手て 


I レ 


し 


め 

V ノ 






し 


身み 


フ 


の 

肉'? 




h 




に 


のこ 


に 


て 




n 




よ 




搖? 


ク 






に 


せ そ 


琴 も 


抑き 


し 


古ぶ 




比! 


眼 1 


ぎ 


ジ 


色 《 




b 


m 


小お 


柱ち 


へ 


て 


ら 


b 




ベ 


さ、 


も 


ど 


衣 あ 




見み 


ひが 




に 


け 


小お 


む、 






て 


し 


せ 


ふ 


襟り 




ゆ 


て 


を 




b 


簾す 




れ 




さ 




す 


< 


のみ 




る 


色 S 


捲 ま 


る 





h 


さ 


さ、 




ど 


無む 





だ 


間 g 






褪き 


き 


ヒ 

mi 




ほ 


て 






や 


邪 ざ 

氣け 




み 








れ 


は 




る 




さ 




さ 




1Z 


b 




五 こ 


る 






も 


k 





懸想文 賣 第 三 



四 〇 



うら ひ 力お あか ゑり かす あ 人 I ? 0, ^ す 十 《し あら 

麗ら かなる 日影、 紅き 襟 を 掠めて ほんの. C5j をの 頤の あ^々 に 映, るが、 今し も 小 簾の 端に 現 はれ 

9? こぶし にき こ、 かたつ の み がお あや i:.; く て 5 

ぬ、 雨の 拳 を 握 ftN つめて、 愛な, ヒ 片唾飮 みく 見つめた るに、 我 折れ 乙れ は、 生惜ゃ 蝶め ヒラく ど 

おす をヒ どい 

小 簾の 外に 飛び出で ぬ 

かる い おんな こも ミ つく. & ^ f 51 ろ & is- *y だ % う くろま 

『あな 蝶々」 ど 輕く言 ひし 女の 聲の 美し さ、 うつ ど. 5 どなる 五太 夫の 後よ. CN 「五太 夫、 五太 夫、 車の 

や 5,0 こ だ 5- L ぬ C ん汁ふ こ ゑ 

用意せ よ」 是れ 正しく 主人 卿の 聲な, c>o . 

& ゆ 5 た ほ いま S- ようひ み ぬ おすば しゃ Si せつな よ か < ャ-ま § 

五太 夫の 魂 は 今 をの 兩の 瞳よ ftN 脫 けて やさしき 小 簾の 端に 宿. CN ぬ、 rJ の 一 剎那、 喚 ひ 返されて 魂ハ宿 

まよ くちおし しの 5 お ふ さぎ あし もビ おど あし あし ふ! む み まあ 

に 迷; S けむ、 ロ惜 きを 忍びて 魚 蹈む鷺 の 足元お かしく 音 を竊 みて 二足 三 足 回顧き^ まに 見れば、 捲き 上 

; Z お., お, んな てば 一 おど たく だ び じん すがた さ ぎり なか ほな はちす た *、 すみ 

げし 小 簾 は 女の手 を 離れ サ ッ ヒー 昔して 垂れ 下れう 美人の 姿 は 狭霧の. 中の 蓮 花、 只 ぼん や .ONi 透けて 見 

******* 

******* 

いのち い 50 ころ なさけ あろ じ よ ばん わか ビみ にぎ くちお 

Z 、 ど 命 ど 云 ふ 所 を 情し ら卞の 主人に 喚 はれて、 一 番 若き 富く きを 握 6V しゃう に 口惜しく いま/ \- し 

つみ 5 し しり あた むち St さ お $J ろ 

く 罪 もな き 牛の 臀に 八ッ當 の 鞭、 牛 は嘸ケ 驚きつ らん。 

この だび せうたい おが たてまつ 50 の あるじ ゆ うか 5- をの & 5 ち .© たま ひど 

此度は 正体 拜み 奉らむ もの を ど 殿の 主人の 行く を^ ふに 其 後 は をの 家に はぶつ ッ ftv ど 行き 給 は 卞獨, ON 

こ/ろ も だ 5 ゎゐ おも 4? まきた たもが れピき みづく どきまぬ す も ば こも 

心に 悶えて 打ち 託び 居た るか 思; 3 やう/. \- に逼, CN 來, OA し黃昏 時に 水 汲む 時の 間を竊 み、 ある は 文箱 持て 

懸想文 賣 第三 RM 



憩 想文寶 第 三 四 一一 

ふっか みち まば かぶき も A* ナ フく. 二 fciH M BBB-IBBISB^BB^IHHIBIBIBls 

文 遣 gf 迁-、 冠木門の 蔭に や、、 つみ 築 土の ちて ゆかし. ダ まん i 臭き 

す も 一 寸 一 寸に時 を 移し ?の歸 る さに は!: ぎ も i の; r にて ま i&l- に m?&l.fe?£ か 

しけれ 

五太 夫が 翻 人 は、 只影もなきゃさしき聲なら聲ひ外には^|かしど驟ふものはなき》,91なるこの|^=1が5;- 

が獨->キメの理窟にて凡を世の中に聲はど妙なるものはぁらヒ敲ゎるがゅきにば^4??"%く|5きてきはし1 

更 美しき もの ハ 美しき 聲を なし 美しき 聲は 美しき ものよ 6;^ る どこみ のみお 田 I ひキ ハ メて はかの % 肥の;^ よ 

$ 和歌 打ち 誦した る 女子の 聲美 くし か, CO かば もの i のい かに g ぎに をの こかろ までぎ 力 何に g しからむ ヒま| ひ 

つめし 一 念 は 中々 に拂 ふに 由な く 鉄面皮 こ 5if する もの、 1% な,, どの- ざ れ すいつし か 凝 g の P 

士輩 i 候の 桜 i、i し 寒 むしの ぎき 儀に 1 さきて I き m を に Ibit^ れつるな 衔, 5 な么。 

れを 棧 にして 近づか ひビの i^r む增 して!: は 一 がの 縦 一 ッ もぎ b して わ 我がお かし.^ i を かなえ 

かつせ う たの さすが ひ つら 4 タ どこ ノ まさ - n 

て ど 合掌して 赖まひハ 流石に » 面さげ し 男の すべきわ^ ならす、 ^更ら 1 じき 艇の? S だ を む どのみ^ 

ひ焦るゝも及はぬ事どは知,c^ながら^lにまられてバ4ろの職は^まらすl^ょ,?gくj^ょら1^くし.,.fきな.4,か, 

く C "fj ら わ rHy や 5、 •、 

頸にから みつけて 白魚 植.^ たる やうな 指の 先き に 痛た からぬ やうに I がぎ のおた う を ツ子ら れて、 わ 

ま^こ ほそ よだれ なん こ.? y か. C 

いたし こど 眼 を 細く し诞 す、 れば 何の 是れ n 夢で わった か。 夜な く 斯る I めの み ぬ。 

ねかしき 五太 夫の 振舞いつ しか 生 人の" きのみ あに" 入. て S きまき の g^: られ たるお" か 可 I- ゆき-も にも 批 れぼレ 



X ^ 二 i も r 、> ;ん おも しろ £• ま ち^が たく tf! の、 つ や しき お ばら 

番の 爺よ. 9 も鮮 を: g る、 意見 を 面白から ぬ 馬の は.^ むけ 50 して、 難 有 受納し つ、 此邸を 追ひ拂 はれけ る 

,H ど f S う わ あろ じ いかり しづ しば なか なぎなた ざ 5t リ ュみ . - > , 

^;^夫"さまぐ打ち詫ぷれ^ S かなと 主の 怒靜 まら 卞吝き 仲人の 長刀 草履 を わたら 踏 きらせし のみに て 

ゎか卞 五が あ 今 はヒ 我を折って 三條 小路の 裏長屋に 賃 居して 世に 在る やなし やまでに ひもみ 暮せ ft.o 

ひ r^i の i-i さ ハ^な し 1 なし &な しど ャキく せがむ ものなければ 湯 腹 も 一時 ビシ タ、 力に 呑み 

> J まチ ま、 を こ まなこ つぶ ク つ {3 上く ゆん ば じ やう せき つら したつ 5- みた、 う え、 - 

肥 を, て をの 儘 其處に 乙ろ. 9, ど 眼 を 冥れ バ 何時しか 食前 方丈の 席に 連な, 9 舌鼓 叩き 打ち 笑みて や を 

て - <-£ 、ぬ \-ぅ まへ やぶ むな ばら な さす を ば 53- こえな。 y 

ら Si を さむ どす る を 犬の 遠, 吹に ハ 力なく 破れ、 空しき 腹 を 撫で 摩, うん.^ ん薷麥 き, 9 の 賣聲懷 力し く 

: ぁナ な だ、 一 ib に びん^ f せよ たい は おど こや もめ 

夜.^^ すと さへ おれ.^ 何に はさて 只 何ビな くお かしき は 貧乏 世帶を 張れる 男 鱗な う。 

Mi き こめば ばか ま ビ さ かま sil した ほ を けむり き て;. ゥ い . 

衣 いつしか 脫げ て米ヒ 化け 祷; P ヒ くに 飛び去. ftv て 竈の 下の 細き 烟ビは •!£ えぬ 調度 衣服 次第く に 

いま やぶ を こ わらぐつ かたちく づ え as し あせ きぬ あ- ら ゝ 

なくな,c^て今c破れ衣 一 貫、 底な しの 藁鞔、 形 崩れし 烏帽子の み、 穢 れ汗ヒ みたる 錯を洗 C んには を 

> 4 > ざ r ど こ お ! tKPA た ちち あめ ふ S や くさめ あ 力. 

が 慰 ん まで 膝 を 抱きて 閉ぢ 籠め 居る ょゥ 詮方な く、 まきK:む內^5雨降*.=^出で、 ハ 一夜 を if- に 明すな., さ 

ねかしき Nl ヒも わるなる べし。 

お C- く? し くれ ち A から かせち また さけ くつ ね かんてん さ つき >JJ^ ゆ r ひ 5-^,^ _ に,^ ; S 

追々 年の 暮に 近き たう、 空ッ風 衞に號 びて 履の 音 も « 天に 冴 ゆる 月に 答へ 行き交 ふ 人々 の 人相 も ft 

しばす をら &だ e- ゥ ひ, たのく ひ^ 4. う をく か ^づ ユ^, ね, r、 > - . ば ノ 

る 師走の S にな, 9 ぬ 五太 夫 は 日々 に S み來る 人の 消息な 書きて 馑 かの 代 を 得 やう). に 日 を i.>p^.9 し 

こ へきな や ひま ぬす ひ ぞ5 5 せ ものがたり ふ どころ / - , *^_ほょ£..,ぁ,^ ^^^^ 4^ 

か、 故 癖尙ほ 止ます 隙を竊 みて は秘藏 せる 伊勢 物語 を 懷 にしても. こら わたう を 彷徨 ひ 步き嵐 山の 松 S 

み、 す さが こむろ いけがき そ ど こ 50 ふえ ね き ひ 20 これ, たの. 丄 i ' - . 

に 耳を澄まし 嵯峨、 小 室の 生垣の 外に 琴、 笛、 の 1 昔な.^」 聞き 獨 6 之を樂 みに 夜更けて 歸る 

懸 想 文 賣 第 111 四 三 



第 四 

ある 上 さがの ゆ れい &ど ね J b さ. -, よ ' > > 

或 夜 ふ ど嵯蛾 野に 行き 例の,^ くわて % なく 音 を 尋ね 明かして 彷徨 ひしが 今 13 ぎ!^ にして けむ 一 ダビ 

に 聞へ す、 囁きつ、 立ち 還らむ どす るに かたへの 柴垣の: なる. の I 曰す、 おいみ ヒ さ^まで 酽 きし 

まさた へ 

ど 乙 ろ r< 勝うて 妙な, ONO • 

乙の 宵 は月朧 ろに に ほふて 更 もい ど闌 たう, の g しさ は を I ふて 靈ふ p^ml の i ようさび r 利め、 

穴 t 過き つて ゴク呈 曰す る 風の あど を 目送れば f 八 i の あなたに あ Is つて の 鋭 をな し . 

斯くまでに,sしき里のそ乙らぁた.c^を更闌くるまで彷徨ひぁ,c^きたる五太夫gf^けさ へ あ. やなし や、 

まして 提灯の 星 も 通 はす 犬 も 吹 へ ^る靜 閑區、 心 耳に ぎみ^る の 1 曰 を の あなた に^て^ 戰 の!^ し |S 

さ よあらし , つち た V ひど た つく をのた ましい こま 

をぬ すみ 小夜 嵐の 中に 只獨ぅ 立ち 盡 したる 五大 夫、 其 魄魂は lg.CN つらん。 

主人の 殿に 追 はれた る 後 は 疎放の 伊勢の 昔し!^ どれ^へ たる f に は の p^4<.. に の^ なき をぎ C ち I- む 

き 時には 破れ 衣 一 枚の 11? ぜね はなら す され^お も いつしか SI れ、 i の I 曰 を, きう^. き r する こ 故 1 

に 返へ AN、 うかく ど 耳の 保養に 幾日 か を經る 程に 復も 眉に 火の つきたら む やう,. -mlB^ しく 。そ e およ 

きぬまき . 

衣よ 薪よ。 

カ斯 くして!, 曰し, i なる i き .0, はこ ,鎖のお i ベ きられた 口 r ましく f さ 時き の 

みに n 苦しき 辛き 思 を 好きな もの、 一昔に がち 消さん ど てをきろ!; V gl^ き g の 一 f 曰に 総 .41 れ 1^.41 れぬ五 





の 


亦^ 


を 


て 


聲 £ 


さ: 


し 




ど る 


太 


さ 


み 


仰? 




は 


の 


晦も 


き 


月? 


吹 ふ 今 ^ C 


夫 


れ 


1 乙 


山え 


さ 




げ 


曰 り 


爪? 




く し 


9 こ 


ば' 


て 


の 


出 S 


b 


ふ 


の 




る 


松き も 


'お 


好す 


^ め 


1^ さ 


し 


の 






の 


使よ 


風さ 此き 


の 


き 


条ん 




て 


書!: 


\ 




音" 


は 


9 琴き 


糧? 


な 


も 


な 


せ レぉ 

驚 ど' 
',ろ 


を 


し 


曰か 


に 


流? 


中 4 の 


は 


嵯 S 


出' 




力 > 


披? 


< 


ば 


搖ゆ 


石が 


に 音ね 


物 あ 


娥が 


て 


ぬ 


る 


き 


, r - 、ひ 

肉? 


力 > 


ら 


に 


V を 


の 


、 


さ、、 


る 




見み 


を 


b 


< 


at 

雅が - 


姿? 聽 S 


音ね 


ml 


b 


に 


ま 


る 


啖 1 


に 


は 


* はき 


1 こ 


山ぶ 


> 、 

け 


ジ、 


で 


に 


は 


成 音 


尙: ま 


の 


見み て 


て 


小— き 
室, ろ' 




タ 


の 


好す 


む 


け 


更 i 


11 * 


へ 床?, 


若 も 


Q 


ど 


銀 X 


き 


骨 g 


る 


床? 


靜 5 ョ 


. す し 


し 


c> 




木き 


ど 


に 


ど 


、 


し 


區く 


さ 


れ 


fl 




れ 


な 






鬼? 


< 


に 


を 


b 




て 


6 


ら 


1^ か 


ビ 


幾 V 


心 二 


堪た 


得 


の そ 




眉み 
間/: 


淡?) 


ね 


ま 




夜よ 


ま , 


へ 


た 






霧' 


さ、 


ん 


ふ 


力、 


で 


や 


ら 


步 1 




に 


煮な し 


靜さ 


ビ 


恐き 
ろ 


獨 g 


冴 さ * 


ら 


む 


もき 




逼富 


た 


け 


ひ 


b 


へ - 


. す 


に 


氣 3 






る 


& 

宵き 


し 


し 


往ゅ 


む 


は 

尺に 


浮; 




し 




め 




獨 g 


ば * 




ば 




此き 


の 


に 




も 


力 > 


の 


厨? 


さ、 




fl 


底き 




猛 I? 


の 


h 


b や 


' 音ね 




れ 




義ぎ 


の 


や 


る 


曰 ひ 


還た 


な 


絕た 


入い 


ば 




を 


些 5- 


ら 


に. 


ど 

夜よ 


b 


b * 


へ 


b 


足 を 




如い 


力 > 


のち 


是こ 


て 




, て 


て 


も 




何" 


に 


謳 も 


れ 


おこ' 


耳 t 


月? 


後? 


珍え 


向お 




に 


黎く 


直き 


は 




を 


な * 


も 




は 




逃 力つ 


黑。 


聽? 


力 > 


門き 


澄? 


< 


• 暫 1 き 


を 


す 




れ 


< 


て 


な 




し 


Igr か 


' し 


甞な 


フ 






な 




は 




け 


な 


は 


む 






ヒ.. 





陶き 




み 


る 


さ * 


去 さ 


る 


( 




トじ 3 だ 






ヒ 


が 


夜よ 




X 


\ 




|< 

古 5 


b 


rrz— • ず 

陶 5 




て 


年^ 




も 


b 






ビ.. 


レ 
傾た 


時き 


や 


き 


や 


も 


薄! • 




し 


思? 


逃 P 
のれ 








ら 




さ 






ふ 




に 




洩も 


す 


X 


す 




4 か 


間 ま 


し 


辭し • 


は 




る 


な 


打? 




頭お 


に 


酒き 


儀き' 


た 


に 


ml 


や 


< 


ち, 




に 一 


新き 


の 


に 


b 


逼! 


灯" 


が 


嬉ぇ 


被 S 




鉢? 


代き 


目 


の 


b 


の 


て 


し 


ぎ 




卷 J 


は 


も 


U 


錢? 


m 


影 力ぶ 


さ 


が 


て 




す 


眼め 


延 g 


乞 こ 


b 


優 や 


ん 


b 


臥 ふ 




る 


も 


玉 着' 


し 


ふ 


て 


さ 


さ、、 


け 



懸想文 寶 第 四 



四 五 



. 懸想文 賫 第 四 g ハ 

mmBT*^. \ 1> ^5 I きわ ひ >.r 、ろ し ざい き めしう いま じゃく こほり c?^ 

しゐしが令SIだ晦t^!のl^sどなれば 一 ト際胸轟かれて死罪と極ま<^し囚人が今ど三尺の永ひゃ-^)頸に 

ぎち や, y む^ 賴& おる 時の 酸に 心 も 身 を も. Q らぬ 心地して 斯るヒ き 乙 そ 凡人 は 死ぬ もの なれ、 氣を 大き 

く!: つべ し Mm から i まして を i さ t ゃヒ、 わ 恐し きもの、 來ぬ 間に 家 を脫け 出て いつも 聽き 慕れ し « 

J ,-、 ろ し お づ よこ やが み、 をば だ _ ゆか- ^ ^5 ^ , ,> 

^の あた ftN に き 足 も Sll 然^, ® び、 頓てそ 乙ら あたらに 耳を歇 つれば 床しき 音 も 今日の みは 聞へ さ ft- 

ける、 i;きs^のひl^も§らがむまでkー■劇しく衣の破錠ょ,5吹き入,c^て斬らる、許,o^なるもs^ながら足 

の VS ねむ ; i.- けんし おど こ をん な さけ , ィ f ,^ . 、 V S 

のびく ど 5^ して 眠る N? 一 もなら す 世間 知らす の 男女^も か 酒 のみてげ う./. \. しく 笑 ひさ V めき うめ 

き i してれ かしき 船 を S ひの、 しる を 開く につけ 結 ぼれ し 心 愈 やか 上に 面 まつて 球の 如く ほの,^ ど 春 

I- ち r 羽む" i のの^ i やかえ 右" f i むず 1? の 一 tri^J のう 截& に、 ill ー1 一一 1 の i の聲 さへ i ましく 愛 

震の!; i あ i あ、 漏に i ね i たる の 鬚 五六 七 八 ど S に i え r あめ しげに 眺めり 

タ 6- 一 Ji> 、ヽ ' >- tr ち て フ こ?' わ からだ こ ぶ ち 力 0^ 

、lr»<t おの 1| を 引き 明^ 鐡の やうに 凍お たる 吾 か 身 鉢 を S 布の やうに * つきて 頜もヒ ャリヒ する 

! S まこお みやれ /\»、 がづ く、 i& の i を 斬.. ぎけ て 一 年生き延びた-^ビ獨全ーーー!1して橫にな<>し後は畏 

ゥめ マチ ば お VJ ば つゆめ こ ま" 

^cしき夢を見c^らむ齒ぎし.9のーl^曰す、 * 夢なる に 是れは 又。 

ぺil^かft^のま:l^,をi^にしたれ^ぉれ^ても年の始ょり餅も食へられす屠蘇も祝ハれす三百六十五日ブ 

ツ^し の 觀^、 4- れ さへ I- るに も 親な けれ t& つも^られ て ぎ かれたら む 五太 夫 今" 絕体絕 命、 伊勢 もの 

11んをぃ<| ちに かけて^ i せむ はお if も お i』, な がな lli,.- の ^5 をり けて 男 一疋 大 I を濶 步に步 



み わざ わ せいおん よ. もどで け をう ふみ 5 り み 

みたし、 され^も 身に つけし 業 どて あらす、 さらば、 吾 か聲- 音の 好き を 資本に 懇 想文寶 して 見ん も 

の を 

さ が か こど ね あろ じ をの ゆか ひど かほみ け をう ふみ 55- すがた 

e 蛾の あた 5 の 床しの 琴の 音の 主人るな つかし、 其 床しき 人の 顏を 見ん にも S 想文賣 のさ もしき 姿に 

な おもた . らち こど かんが また むな ひ おく こ、 がして い かくな あるよ 

て は 成る まじ 思ひ絕 たむ かな^ 锊 なき 事を考 へて 又も 空しく 日 を 送る に 愛 餓死 底の 覺 悟なくて は ど 或 夜 

S, けつ をのよ くじつ L たく つら しの きぬ くわん ば も で よろ づ て 

意 を 决し其 翌日 は 支度せ む^、 辛き を 忍びて 衣 一 賞 き剝ぎ 5 れを 資本に 萬の 調度 ^きを ど、 のへ 、- 

ひ;: もす いへ つきよ よい & ゆし ば Si ま いへ た い ばんく わ つ 

さ.^ 終日 家に 蟄居して 夜に 入れ バ やう /\ に 烏帽子つ け祷 はき、 ゥヒ家 を 立ち ffi でた, 9 しが 繁華の に 

おく こ & い もの こえ ふみ、 ゥ き わ おもゆ こ おど こ をん な 

ハ 臆して 聲も 出です、 同輩の 者 < ^もが 聲 おかしげに 文責る を 聞く につけ、 我れ も^ 思へ^ 往き來 ふ 男女 

まなこ まさ いぶか わが かほ わがす がた わら こ、 ち た ふみ ふ どこ-ろ ► い ► , 

の 眼 は 正しく 訝しげ に 吾 顔 吾 姿のお かしけ なる を 笑 ふやうな 心地して 堪 へやら す 文を懷 にか ひ スれゥ 

さん さび ちまた かたに ゆ 5 なが ひヒ み さ だ ら 5 く たかよ われ, 

ゝ 1 散に 淋しき 街の 方に 逃げ 行き、 おち 乙ち を 打ち 眺めて 人な きを 見定め 朗々 ヒ 高く 呼ぶ に 我な から 3 

t つせ う ま く か 〈つ e あし お^たか き ひど 、か:: 

の 節の つたなき に 失笑し CV ゝ復 たも 繰 6. 返す に 辻の なた よ. 9 足音 高く 來か、 る 人の わるに お k て 頭 

さ ミたくち^^さ まね を 5 をぶ 

を 俯げ つ、 歌 口吟む 眞 似して i 仝ら 嘯きぬ 

ふし な われ おもしろ すな あ かせ ふ めん .ひ L だい あつ ゆ ひや ちし 

やう 節に 慣れて 我ながら 面白く 砂揚 くる 風に 吹かせて は 面皮 次第に 厚くな. ON 行き、 拍子 づきけ る 

S わか によ ぽろ むすめ ら iV のこ. S をのす がた 5 れ, - おもしろ、 か ^、丫 

程に 若き 女房 娘 子等 は 其聲其 姿のお かしく お^けた る を 嬉しがら 面白がうて 買 ひける 程に 五太 夫 得窟か 

,0V ける - 

わす さが ゆか こどね いか め をの ゆか- お £ あるじ かほ み 

さても 忘れられぬ ハ嵯峨 の 床しき 琴の 音な. ON 如 伺に して 一 nn な. も 其 床しき 音の 主人が 麼 を 見ん ど 

懸想文 寶 第 四 四 七 



懸想文 賣 第 四 lullll 

六尺 ゆたかの 髭 男 心を碎 きつく ぐヒ 或夜考 へしが 何に やら 獨 fts 二 コ くど^み す. c>it し If ひの たけを 

短き 憑 想 文. に 書きし るし 紅 さして 印 をつ け、 他し の 人に まぎれ じど をき らし、 さて!! 懇 ens:!:/§ た nslw 

、 > ふし くちさ た を がれち か さ が . 

で、浮^-るゝ節もロの先き黃昏近きに嵯蛾のほど-c^にっきぬo 

5 まさら こ、 K 'ばづ . よ こえ つね たか . ^い 、へ > > 

<r& に心耻 かしく を rj ら わた. ON を 喚; 5 あるく 聲も 常よ &は 高から 卞 やがて 例の 家の!^ くなる ま、 に 

こ、 ^ ん ぉ& あゆみお を いさ はげ こ、 きわ ふしお もしろ け を 5 ふみ よた し >,h 

> も 例 ヒ なう 躍うて 步遲 きを 勇み 勵 まして 愛どヒ 一 ト際節 面白く 「憑 想 文」 ヒ 呼び立てた るに 柴 pus 齢 

「; . ^ゆう こえ こ こえ. づま み、 ゐ ど,、 

よ. CN r 暫し 待ち ゃ文賣 ftvj どや さしき 聲す、 此の 聲 電 の やうに 耳 を 射てう ゥヒ ftv ヒ 停まれ t やさしげ 

L feQ^ あ ばんめん あら かほし ろ さす こ をん な ふみ Jt ま 5 らょ 

に柴折 it; 開けて 半面 を現ハ したる は 顔 白く 臼の やうに 肥へ たる 女な, r 文 ニッ賜 はれ や、 ーッは i 妾..、 一 

おん あろ t さま ぶん てのひら 5 へせに さ だ 5 ォ ごま 

ッは 御主人 檨の 分な ゥ、 ニッ」 ビ 掌の 上に 錢 のせて 差し出す に 五太 夫に rJ やかに 「1^.9 ぬ、 い^ 之 

レ- ^> ^-^ ^ / あるじ によ 5 ぼ 5 わす たま そのべ に 5^ よ sfff f c- んぃ 

れを」 ビ^の 文 を 取 $ 出し 乙れ は 主人の 女房 さま、 忘れ 給 ふな 其 紅 さした るが 女 1^ さまの 分な 念 入 

L . ^着 こ そなた ぶん ま ちが is- ま うた こど 

れて覺 おたまへ, 是れは 其方の 分^. CN、 よしかよ しか 間違 ひ 給 ふな、 さらば 謳; 5 祝 ほき 申さん ビて 

A ほ > いど ゆめ こ ひ すみえ を ふ わす ぐ さ 

靑 柳の 糸な つかしみ 夢う っゝ戀 わびての み 住の 江の きしに 生て ふ 忘れ 草 も ゆかしく 

H 「ぺ 、 あさか, ぬま あさ ばる かせ たよ し ま < ;, 

侍, ON 淺 香の 沼の 淺から ぬ rJ 、ろの ほど を 春風の 便, G> に CV けて 知らせ 磨ら せた さ 

„ i こ,^ ビ あ 力た 5 か *、 ども. L び 5 つ ひど かげし 上 5t きぬ ふる こわ 

ヒ歌 ひつ、 柴折 戸よ, 9 彼方 を覼 へば 燈 火に 映る 人の 影 障子に さら, ど 衣の 觸る聲 

やがて 柴折 Irs 閉じられぬ 五太 夫し ばし t^t ^てお を f くるに! _ら ひさ > めく i も i」 へす、 06.^^^ 

へ や うち f: の わら をん な こ& 

き 部屋の 中に て 忍; 5 笑 ひする 女の 聲す 





懸想文 寶 第 四 



四 九 




ちく : つき しのきた t お St} ち ひビま が ほ をん なをで ばんめん かパ, た、 づ V 

明る 夜 月 を 踏みて 忍び 來れ パ柴折 rns どくに 開けて 人待ち顔なる 女 袖 もて 半面 を藏 しつ ゝ 佇め § S を 

を もり ひて K ざ あ. しお ど ぬす いへ いざな い €i めち. 

ど 五太 夫 寄. CS 添 へ は 物 を も 言 ハ す 手 をし ゥ か ,9 ど搔 ftN て跫音 を竊み つ 、家に 誘 ひスれ ぬ 夢路 をた 

^る" i ぎして 肥 火の に 5? ど竊め 背きて 座す る 女の 顔 差し 覼 けば 南無 三、 是れ は、 昨 宵の はした 女な, 9 

. あるじ :1a. ク" & づ、 .5 , や, J てらまい こ 上 ひ いい どま 

ける 「主人の 女豫は 如何に」 「後生 參らに 連珠 ゥ まぐ. 5 て 今 H は 都へ ど寺參 ftv. 今宵 はむ かねの 家に 拍 

W ま たま こ し おり 1- けやぶ a S だ- ) 

-c^ls^むくっ^cぎ、 給へ」 「わな 是れ c」 柴折 蹴破て 五太 夫 逃け 出しけ る。 (完) 




みきれ f は 烈しく、 ぎ 1 ひぎ i むて ど fr きの if 壓に ぎる" f の あきへ まきに、 

ほ" 案? さげなる 一 f の 男、 f あるぎ せびって f ひで? しか f まし は i ッ ザ 



;たぁ ザ 3«5 3 ,ご : - 

肩 縫の 磨 やかに、 ム、 れ さへ 八ッロ Kg? ま ii? 議に 8. すきれ、 t?i れ 

て鷄の 脚の 言に 鱗の 生へ し rri のみ m きケ、 if してぎ fewg^ 還 r し。 

は£負まは芝の新纖町5し毆へたぁ磁?丸,き?^^ん?戰铲 るにそれはま? 

力ら た 力 V ひ-も ゐ. ヶ、 二 ^/ 

11 屈 I5IS うちつけ むまでに のぎ 、^? き さめて ^こ 

地に § 五 尺に 足らぬ f なき, i 参 きられぬ。 S 一 f iMs^p^f 

還 ま、 烈日 窓も なき 1 i のき f は itfe らる 、かきぐ 0fm^f^$Km<0 

の やうに 臥ぬ li の先歲 へ, き foy, に 低す、 舊! f に F ,虮 く、 

rr/r く "節 ある やうな \ きく きに は t き i のず く あは, け、 f はき びき 

白 ひ 炊 煙. の f くて 曰 はずれ やが の f しおの g さへ 纖ぅし あれげ に、 t に |曰どな し。 

さわても 何? 命の 惜しき もの £ ふる さもしき 层 にず?. i ハ尺 のき f なす ませす、 

いで 我が身に? し 資本? ども 膨」、 甲 r ぎら ひ?,、 il^silr 



おし. う ちから もどで くろま ひ す こ これ 力れば せみ 力ら そ 上 

ませ 己が 禀 けたる 力 を 資本に 車 挽く、 と 少しい くヒ なけれ き是 もよ し、 たか 枯葉に つきし 蟬 売の やうに 微 

かさ あよた •、 た ほ あて ひど なさけ あすし いきつな. 》 

風に だに 周章し くひよ ろ- ど 倒れむ ばか. 5、 當 にもなら ぬ 人の 情に 翌日 も 知れ^る 三寸の 息 を續き 

ひ あわ ひ お こ _a た 53- はな み か は あさ はか うつ Z な くさ 

陰 濕に生 ゆる »れ 稀 子の 瓜の やうに 花も實 も^く 枯れ 果て ゝ やがて 淺き 墓のう ちに 埋もれ • 名な し 草の 

み こ のち む そんせ がき たな 5 へ くもつ あら を あろ ひ またし おく わ 、 なか? こど なんだ 

翠 肥やせし 後まで も 無緣 施餓鬼の 棚の 上に 供物 を 爭ひ、 或は 又 死に後れ たる 我が 仲間 かやつ どの 事で 涙 

い せ t^- あつたつ く を 50 ば わかくさ も か _ , あ ひだ もろ しも 

の 出で なむ 錢を 集め 七 建て 吳れし 一 本の 卒塔婆 さへ、 若草の 萌 へて は 枯る、 二三 年の 間 はは 脆く も 霜に 

< .A せた、 あめ さら やさ 5 た よめな - t ちょ しづ ぞ 5g ふ 

朽ち 風に 敲 かれ 雨に 隠され、 っク ばな つばな と 優しき 歌うた ふて 嫁菜つ む兒 女の 賤乙 、ろな き 草履に 蹈 

み折られてさても敢果なきものなft^o . - 

やつれ このお ビこ み, おや だい if つ, 、 - C ほ I ^ 

窭に やつれた る此 男の さま を 見れば 親の代よ. 9 は 貧しき ものに はわら さるべし をの 顔色の 佝ビ なく 

i^m ひ み この.^0どこ+*じ いや まち な ゐ こじきら この 

1 種 言れ ぬ愁 わる を 見ても 此男 * めよ, 9 賤 しきものに は あらさるべし、 乙の 町に 並み居る 乞食兒 等の 此 

上 たの しみ あた きち 5 すだれ も せんかう に ほひ か せに びん もら - ま!:^ ほ 6 じ いへ か, 

世に rJ よなき 樂は まくれ 當, ON に 忌中 簾を洩 る、 線香の 句 を 嗔 さつけ て錢 一 饍を賀 ふか 又は 法事の 家の-門 

ふ "て すりこぎ お 30 き はし あら な i れぅ y もら わ ひさ り ざけ 力 ばら 

に 味噌す る擂 木の 昔 を 聞きつ けて 箸に 暴され たる 名 も 知れぬ 料理 を 貰 ひ 得て 久し,^, 9 に 醪酒沽 ひ、 腹 を 

^ まか あく くら のみ まなこ わ 5 らい き くば ばんじ たの ユ だめ 

身の ビ なして 飽 まで 食 ひお る は、 蛋 ど.. > 眼して 往來 のれ どし ものに 氣を 配ら 万事 龉 みなき 世の をら 組 

みどして暮すなればか、るさもしき身の上もさまで心に關せ^-0る如く笑ひさ、めき、 罵るな ゥ、 さて は 

ざ つ 5 あめ や &どふ , f いま なんだ f わ - , * , このね どこ ま Z tj! .i^ 

皐月なら ぬ K 雨 は 家每に 降, ON も、 ぐヒ思 ひしが 今 は その 淚も 乾きたら むか、 され.^ 此男は 正しく 斯る白 

もの あきらか 

徒に" あら る ij 明な $o . , 



を 


/ し 




ijj- つ 


ぺ 




理 q 


を 


れゝ 




も 


の 


A 

'リ 


坂 ま 






く 




か 


が 




由 ゆ 


嚙/ 


/fP3 す 


け 

り 


7r 


/E£i う 
丁て 






みは 


*f ノ 


嚼な 


翠チ 

あ、 < 


に 

V、 




兒こ 


な 


へ 


ま 


れ 

ぺ レ 


く 


さ 

い 


や 


れ 

n レ 


< 

レ 


cr 

1^ だ 




ど 


1 ぎ 


の 


力、 


り 


れ 

#^ レ 


^き 


枯か 


把 失 
i し つ 


も 


が、 

H 




入い 


れ 

^ レ 


制, せ 


cr 


啼な 


ら 


れ 

n レ 


て 


1^ ゥみ 


れ 

n レ 


て 


し 

レ 


て 

し 


の 


b 


レ 


w ち 


ir 


\ 


く 


す 


て 




V 


死, ミ 

グ しなこ 


背せ 


さ 


が 

H 


m お 
ノソ さ 

何? 


つ 

ノ 




レ 


れ 

^ レ 


A 


mi や 


犬!^ 

ノゝぬ 


'ト if: し 
旧 


け 

• 暴 


ir 

7 


に 


ノ に 







b 


て 


ば 


i し 


す 





に 


力 > 


れ 


る 


つ 


ど 

し 


< 


のん 






き や 

* お、 よ 


小ミ 


J 







さ 


る 






く 


な 




な 


寢ね 




ふ ( 
,、 \ 


5? も 

Ju 




男き 




へ 




县こ 


是こ 


膨 

〃义ら 


ら 

り 


ヒ 


す 




の 


尻, It 


は 


折お 


み 

ひ 




蔑き 


家 や 

另ゝ 


れ 


れ 


を' 


》 






力 > 


れ 


七 刀き 


跑ふ 


し 




づ 


根ね 

專ミ 


さ 


は 


抓 か 


る 


れ 


も 


し 


小 こ 


れ 

n レ 


A 

"卢 


も 


/し 




ら 

り 


へ 


ノ こ 




も 


果ば 


な 


て f 


兒《' 


草き' 


停ち 


朽く 


る 

眼 1 




れ 

ぺ レ 


の 


得& 

い J 


し 




mi 


て 


< 


食 セし 


ま 


履"^ 


ま 






力 

/ し 


^rti こ 


せ 

し 


坊? 

ッゾ ろ 


き 

眼き 


零 

橋 さ 

n 问 ゥ 


し 




で 


に 


ソ 


m は 

ぺ、 


い 




る 


に 


で、 


士や 
一一し 


魂え h 




溝ず 


て 


て 


翻 ラ 
闻 しん 






u 蚩ゎ 
» ら 

は 


h 

■1 ノ 






邊? 
ん 


娘ば 

*yB く 


入 


/ 




板ヒ 
1 た 




し 


发っ 




&こ 


る 


け 

■ ノ 


:> 、ふ 


ふこ 


力 > 




晨 *HJ 


を 


の 


溝 や' 






れ 

n レ 


れ 

1 レ 


力、 


れ 

^ レ 





# ど 

ノ 1 あ 




な 


壮 


呆ず 


蹈ふ 


し 

レ 


板 ヒ 
?スた 


に 

V、 




は 




な 


ゆ 


て 


ば 


やら 


レ 


し 


ど 


鳴 5 










影 か 

淡? 


し 


わ 

/^れ 




す 


の 


力 > 


に 


見み 


h 
リ 


尾ば 

んし 


フゎ 

章た 


キひ 

A (か 




に 


お、 


も 


つ' 


場ぐ 


や 


に 


to む 




し 


を 


り 




おゝ 


く 

、 


に 


X 




痴ち 






!^、 え 


び 


て 




し 






な 


や 


せ^ 

メ、 の 




に 


な 


に 




の 


る 


行 ゆ 


く 


て 




し 


せ 


曰 ひ 






ら 


枯か 






力 > 


き 


杯 F 


踏 ふ 


ぼ 

顧な 
願 き 




け 

' ノ 


レ, 


を 


ベ 


是こ 


す 


れ 


四 


兒こ 


ど 




に 


み 




れ 


ら 

ソ 




し 


れ 




す 


のい 


も 


追お 




含チ 




や 






ば 






は 


も 


け 


隆 1 


の あ 
間 1 


ひ 


隨な 


容 


番き 
曰 ど 








V 


つ 

ノ 


欺か 


好よ 
ス J 


せ 




にみ 


力 > 


cr 


な 


れ 


に 




魂ぷ' 


し- 
レ 5 




く 

、 


力 > 


め 


る 


魂え 


よだ 


け 


や 

、 


力、 


て 


'hi 




れ 

n レ 


後 k 

1^ ろ 


何 ど' 
1 リ 


て 


る 


て 


身 t 


魄 f 


b 


む 


み 


ら 

瞼 5 
のた 






/ レ 


姿?' 
文が 


虚こ 


て 


ベ 




钵だ 


を 


這 は 


ど 




走 は 






れ 

M レ 


、お 


で、 




し 


を 


糜へ 


ひ 


し 


る 








男 ど 
ノ 7 こ 


ま? &け 


松ミ 


ね 




離 g 


ら 


出い 




赤^ 

ヅ J 、か 


わ 


來く 






れ 
4 し 


rA 


力 > 




疋? 

ち 


れ 


し 


て 


る 


B こ 

ノ U 


4 し 


る 


後 t 




は 
1 もお 


破 や 


ち 

cr 


し 


は 
榖ミ 


む 


て 




を 


て 




小 5 

兒も 


にろ 




男チ 
ハ、 こ 


れ 


し 


け 


嚙 g 


X 


や 


そ 


抑き 


の 


に 


返 か 




し, 


力、 


れ 


を 


む 


b 




を 


へ 


; お 
曰 ど 


指 


叱 3 


へ 




斯で 


裳 1 






絕た 


で 


は 




踏 ふ 


て 


K 


を 






る 


の そ 


枚?、 




ち 


銷さ 




( 


み 






さ 




耳 t 




境' ( 


地ち 


の 


し 


水き 


び 


ぉクげ 


に 






r ろ 


し 


手て 


を 




界 t 


を 


乾: 




を 


果は 


を 




< 


し 


て 


て 


眞ま 


澄 富 






曳ひ 


き 


け 


飮の 


て 


梁 1 


さ、 


b 


む 


又 ま 




似ォュ 


す 




甘? 


ひ 




れ 


ま 


し 


下 力 5> 


る 


龜か 
afe め 


m 


た 


ん 


し 


に 




すん 







心ミ 


す 


無む 


に 


老き 


の 


卢ど 




ベ 


て 






る 


る 


し 


地ち 


吞ぉ 
曰 ど 


柄 わ 


垂た 


の 



1 1. 

は 


> > 

に 


れ 




7 

し 




が ii は 

m し 


ィ 
し 




妙え 
夭く 


雷ろ 
處 


に 1 1 


. し 


に 


チ 


乂吞 

*s ひ 


ィ 
L 


mi 


力 ゆ 
タ 5 


ィ 
し 




t. 






讽 ほ' 
m 


レリ 


は 


隨 す 

隅^ 


ノ J 、す 
少こ 


ナノ 

r さ 


-ひ 

y 




卷れ 


まさ 
ま 


し 




、、ク 

ノ 


C. 


ir 

(1 し 


m ち 
孔、 


If 'おな 

I'm 


V 


し 


1 到し 


レア 


Kil ば 


お い 

ろ 




9 


し 


■ ^ゝ 




( 


H あ 
允ら 


の 

レソ 


■ ^ゝ 


L 

9 


CPs 


)> ま 

K 


; t 

(0 


1 

し 


は 


ブ r 
な 




八 
ソ 




、、ク 

ノ 


\ 


は 


がお 


ォ 


TU 


ま 


放な 


71 




p ひ 


/、 
y 


o 


c 


7i 
t) 


no 


C 


し 




化 


L 

9 


Xr\ 
%^ 


し 


L 

9 




陰げ 


V4 




JL 




、、ク 

ノ 


ね 

PR む 


力 




9 


中 い 


I 


TC 


に 

Q U 乙 

H つ 


"x 








b 


Ir 




ス 


な 


TIM 


vn 


し 


ね 


な 


<^ 
ノ 


nt か' 

ノ IV' 


ひ 

龄ね 




が 




、、ク 

ノ 


五 わ 


廿を 

の 






セ 


1 

し 


■m や 

T 水 5 


力' 
ル 


V、 




口 も 

p す 




9 


CA 


1^ や 


1) ゝ 


, 八 
い 


ォ 


か 


5? 


ィ 
し 


7 

し 


レリ 










あ 


ノ 


4: 匕 ゆ 

おび 


5a こ 


Si? 
C 


ひ 


/ 
\ 


は 




ィ 

し 


ス、 

C 




b 






S ど' 


ひ 


G ヽ 
レリ 


レソ 


レ 


% 






A し 






■rp げ 
七 


'レ 


M さ 




レ 
ど 


や 


ぼ つ 
瓜め 


M か 

お 只 ほ 




し 


tL ち 


«7 


c 


P あ 


さ 


C 


k 

9 


L 

9 








/ノ 




ひ 

naS- 

め 


さ 




だ 


■ — い 

口 




も 


/ 
\ 


vj 


迴ば 






H- 


つ 

ヲぉ 


ソ 




n く 
U ち 




LA 




レリ 


ひ 


や 






た 


B ぼめ 
H は 


ブ r 

Z よ 


/ 
\ 


レソ 




か 
n た 


ノ 


m 




脫ぬ 








ノ 






> 

く 






效 5 
秒つ 


§ ち 




ィ 
し 


ク 


け 


當な 


vj 




o 


の 


薪せ 
妆っ 




ぷ 


し 


し 


z よ 




な 


四 




警 


nrrt 




に 


し 


かせ 
仕う 




耳 し 


vJ 




p 


維ろ 


1 


ク 


る 


さ 


レリ 




も 




し 


》 ち 


ば 


か 


ィ 
し 







Z. 




後き 




含 ひ 
ちん 




吞ぉ 


さ 


ザ 
し 






ャ 


cfci チ 




77〉 


熟寻 


の 


あこ 


み 




1 ど 

z よ 


7c 


11 


ィ 
し 


b 


"5( "か 
口 J 


9 




N 


1 f\ 
\f* 


しく 


紅 力 あ' 


h 


/a. 




s 


L 

9 


t 
b 




k 
9 


ゆわ 


し 


の 


1) 
ft 


f す さ 


た 




れ 


すま 




チ 
9 


と 


74 * 


ャ 


c. 


(,0) 


1 叭 


な 


ば 


さ 


る 


糜 5 


f ぶ 
は 


し 




ス、 


■J 
t> 


U- 


7V-* 


れゝ 




き 
まわ 




"^あ 




杏 れ 




t) 




) 
( 


4^ ビ- 

土 w 




し 




石た 


き 


vJ 


れ 


X 


の 




扱ろ 


雜む 




\ 


P 月 ま 
問 




ぽ 

力 ゝ 




ど 


に お 力 J 
!iT 勺 ゆ 




蔬れ 


t 八 


や 


る 


1? ひ 
は 


え' 




y» 


K 


c 




i^、 


ひ 


n < 
u ち 


12 あ 

/c. し 


ほ r 
7G し 






77 ま 
乂^ 


か 




し 


拔ぉ 


9 

144 い 
ill 


k し 






ャ 






2^、 


に 




囬 2 


し 




ィ 
し 


b 


下し 
i た 


ィ 
し 




み 


ffi か 


よ 


な 




し 

色 i 

Jft き 
7, ば 
みは 






屮で 


ィ 
し 


や 


レ 




々ち 
乂、 


り 


ィ 
し 


(7\ 
レン 


1 八 

V/* 





に 


へ 




し 


jtz け 

BE 




お 


liR あ 

FFil め 


yj 


If ひ-- 
ひ あ 


、7 ^な 


ネこ 
卞 


P3 こ 
7L 


て 




9 




IT 


傲 


"^あ 
爾' 




o 


豁か 
顔 ほ 


ゃ囚た 
< 皿、 


/ 
\ 


* さし 

$x ほ' 




, 目 ゆ 


\ 


L 


求た 




て 


ふ 


E3 & 


fl'JUt 






fin か 


去 あ 


9 




な 


筋? 
眼め 




る 






■u 




ネ まろ 
喊ゥ 




レ 5 

ふば 


t^j; 、 


ナ 


H あ ひ 
リ氽ざ 


"tfe は' 

}y 
4w 


く 


め 


继ぃ 

魔く 




ち 


IT 


ソ 


^お 




Bft め 




リ《 


ひ 


"felt 


滓? 




圃ぞ 

1^ ん 






を 


け 

り 


曰 ^ 




に 


現ち 


ni 

づ 


ド 


t 

r-i ユ 


の 


の 


上え 


の 






氣き 




せ 




眺 力な- 


さ 


に, 


せ 


ひ 


眞 2 


乾 力 わ > 


に ま 






づ 


も 


ぬ 




め 


を 


口 4 

移 ^ 


な 


も 


中? 


さ 


臉 ふ- 


の 






力 > 


に 


や 




淋 


瞼 ま 


が 


の 


に 




の た 






房 ど' 


ひ 


ゆ 

口 ひ 






し 


に 


し 


ら 


た 


母 S 


h 

女、 


わ 


*^ ほ 




!) 


て 





に 




さ 


す 


に 


m 


ベ 






is 




ス 
漸 4 


お、 


け 


打 5 




笑 2 




し 


手て 


さ 


の 


b 


ふ 








ち 




を 





ぬ 


を 


す 


這 は 


h 




m 




く 、 


心; - 




掃 1 




頰? 


け 




伸の 


る 


入い 


る 


主 あ 
円 ほ 


Mi 




に 


をろ 


の 







の 


甘 力ぶ 




ベ 


IB ほ 

ビ' 



鬼 第 一 I 五 四 

お: b あな 《 'すげ かしら は >-f^(べAX^,sv^^^.^,,toま Vj > i : , > 

らん 大穴 一 ッ、 薄 毛 ぼ ー ッさ 頭に 生へ、 のッ ペリ どし 4^ る 癩病 ^ 車 を 手つ から i きて i き 1 次 m にす CN 

た あゆ きた その いぬ ふん なめ ふた ヽ こ '►',-> cl-a -さ 

くど 立ちて 步み 来れる、 其 わ どよ. 9 は 犬の 糞 を も 離む t か 11 重に なって 腰 Di,9 たる llgir に ぼん ぼ 乙 

二 一.^ 線 を 結 ひつけ 左の 拳 を 腰に 廻 はし 右の 手に 杖つ きて 足に は 冷 飯 $f まど ヒ を!^:^ づ、 I- きながら 

二 步三步 行く かど 見れ t 水飮ひ ti の if ^ して K をのし ぉを搬 ひて^ どぼく ど 1 がく iiog よ, 44 酽 

^' ^ かみ , み、 か ね5?' ビ まなこし ろ 、 ひか ま、 >M く 

よ, CS の 還. ならむ 髮は ほうく ピ 耳を隱 くし 領に 入. 9 眼 白く 光って 乙け たる 齢 を ^ ら かす は ^ がふなら 

む 曲 木の,^ れて底 破れた る 味 ii の 中に 針 いくつか だれた る を l^f^ にぎ 4fpS かおよ らも f&f 殺 ?きを 

"? J パ / > v^^ . ーサ 1- 4 み X こ ^も にん なほ t の たにし め いだ み 

抱へ つ 灰に 吹かれ 炭に 塗れた る小兒 五六 人、 尙其ゎ どよう は 田螺の やうな 眼 をむ き i し、 み 見 へ^る にお 

の 根 見 ゆるまでに 口 を 開きて 橫 さまに S を 眺め 凄き 笑を片 頰に愧 らして 何に や. & らん して ^を わ 

だに 打ち 揮 ,0, 來る桉 摩、 尙 其^よ. 9^-^ る は 大凡 ±ov 人、 i きを 1 が やうに Ic にく、. C つけたる、 « 

に 負 ふて 片肌 脫け かけた る、 步 まるべき 兒は左 >j 右に;; を; 5 きて、 またる を. :^なめ も ォがが さかし くの gm,c43;5 

つ、 手に 一 ゥの折詰ど$くらかの錢を握,o^た,.^、先なる 一 倔 は 我よ. 51^ に ハ^く § いの g| を i< ひどめ て、 や 

い 鼻 市、 之 を 見なせい ヒ折を 鼻の さきに 押しり くれば、 や あ 是れは ^?<曆^ひ!|.£, しますな。 «れ る 

開け t 油 手 なれば 煙は錢 よ- ci つ をち やらく, 01," さすれば il^t やの、 どかお k 力まお でも わ. - 

ました か、 あった ヒ もあった ども 後れて 來る もの^も は 之 を 見て く 口々 に 羨 やましが, c> ける ま 乙ビに M 

れな. 、 



i き れい おど こ くち たも ビ な い i ひど めぐみ 

後よ, 9 來か、 らし は 例の 男な. 八ッロ ある 块の うちに 何に やら かい 入れた る は 情け.,;^ る 人の 惠な るら 

きざ あし ろ ち まが おの こ なき &ゎ きこ めさ ね < ;, お .;:.<-..,, な, 

む、 刻み足して 路次を 曲れば 吾が 兒の 啼聲も 聞へ 卞 まだ 眼覺 めすに 眠 入. 居る か、 さて は啼 て、 啼て、 

な あ いき こへ たえ お いちは や あゆみ ば こ あや a く お, V- こおんな くち, 

啼き 明して 精氣 つかれて, 聲も 立て 得すな. 居る かど 逸早く 步を 運べ は 生憎- さきの 男 女な. 5U 口々 

おの こ S め 5 ばな だは *、 か せまろ じた みな、 め こし? く あ ひだ ^-5 にん 

に已が 功名 話して、 誰れ憚ら卞狹き路次に立ちはだか<^た.ft^、 身を斜 にして 腰 低う、 間 を 通れば 一人の 

なんな をの S しろ かげ ゆび は あら あほび や、 n たん あほたん み ォん ふ 

女、 其 後 影 を 指さして 齒ぐ きを 見 はし、 は、 は、 は、 ァノ 靑瓢覃 め、 靑痰 眉間に 吹き かけられし どきの を 

, k こき, み 、" k さぶ. S た ふ はづ さま み あほび や 5 たん 

かし さ、 小氣 * が 好,, -っ た、 おれ/ \ 溝板 踏み外した 檨を見 ろ、 靑瓢覃 め。 

第二 

こ いしま じ だいち, - < げ た ゆび まむし irV . f こ おけ か、 こ ♦、 め か ^ 

小石 交らの 大地 を 喰び つきさうな 下駄、 指に 蝮 を rJ しら へ て忙 がし 相に 小 桶 抱 へ て 粉米 を 買 ふて i 仃く 

に 上 S ほ め や . かな 5 ち やま りん ばか S- やみ ふ だけ ひどい き ばい ビ はしゃみ 

女房、 目の 敗れた る筑の 中に 一 山 八 厘の 量 炭、 吹き 竹の 一 息に 灰 どな ゥて 飛ぶ 炭よ, も タフ ヒな きを 

も, 、そこ % ^ ひろ きた こ $J も びぎ さら もん やきい わし ゆび さき 5 か 

盛,? P;! るが 底よ. 洩れて 地に 落つ, る を 拾 ひながら 來る兒 童- 三 尾 一 皿 四十 五 文の 炙 鰯 を 指の 先ュ 打ち返 

す こ お ほ わ S しぶ 5 ちば も お 50 こ しか ゎづ & もん あた ひ ね 

へ して 少し にても 大きもう をる を 撰. CN 採うて は 扇 持てる 男に 叱られながら も 懂か五 文の 價を 直きら 

くち す つけもの. や- てん ? L しっぽ たくあん あ; i ひ ろん f>a ^ろ わか つ 

ひため nS 口 を 酸く し、 漬物 屋の 店頭に 牛の 尻尾 ほ^の 澤 庵の 價を 論じ、 鹽 ども 泥 ビも分 ら IT/ る ものに 漬 

ば 6 ん つけな なま AO ま こ SO さら あや に ほひ もビ , くらし こ 

けたる 一 把 三 厘の 漬菜、 生 づき は 旨から 卞ど 故 に 怪し 臭わる を 求 ひるな^、 さビハ さもしき 暮 する 此 

ひど.. (,- らち あば だて あ & かなす ぎ よ みせ あさ さけき だ S もく や だいこんば し きりだし 

の 人々 も 博な きものに 哀れ »る 伊達、 或は 金 杉の 夜店 を 漁. て 鮭の 切, 9 出し、 羊 屑、 大根 葉、 牛の 碎滑、 

こ ひ もの を くチ あな い くこ 5 に もど か < こ t ひ せん あが み ば こ ゆ ビ 

ふすまの 粉、 乾魚の 折れ 屑、 孔の わる 幾 個の 錢に 求め 歸, CN、 今宵の 膳に 上る を 見れば 蕃麥粉 を 湯に 解き 



しま つまみ す、, もり ハ も < す だいこんば きざ こ ざう す. さけ き だ あぶ- やきざかな あ,^ 5 す 

a 1 摘 入れた る 吸物、 ^屑に 大根 葉 を 刻. み 込みた る雜 炊、 鮭の 切り出し^, 9 たる 燒魚、 或は 又 粉米の 淡 

なくら の さ 16 いのちつ だんさが ばら ル 

^、 をれ をシャ プリ、 雜め、 食 ひ、 飮み、 わる かなき かに 淋しき 命を績 ぐな. 9、 一 段 下って は 腹 も 一 時 

? K r ,<f づ の これ こよ ひ いのち まさむね まい からだ かしば もち のこ 

ど g の 用らぬ 水 をした、 かに 飲みて 是を 今宵の 命 ど わきら め、 正宗の 薦ー 枚に 身 鉢 を 柏餅に して 殘 むの 

さす かざび よ 51 * め お 5」 ろ V もしび まっくら いへ やね <v や • べん ほ;^. けつ * つ 、め ひかり i C 

酒の 香 淋しき 夜半の 夢 を 驚かし、 燈火 なき 眞黑の 家の 屋根に 食つ く樣な 一片の 半月 冷たき 光 は 五臓 六 

なし わ ts! おも ひ き ► ^sr , > 

腑に 浸み 渡. 9 さもしき 思の 消へ >^ なる さても 哀れなる もの かな。 

.p,5 ぐれ W ぎ しょや の き ふき のち たち ま さび あづま しへん , "てで 

乙のダ暮の賑ハしさはまだ初夜なら^^;るに野分の吹きし後のゃぅに忽ちに寂しく、 吾妻の 橋邊 釉ケ 

S ら せ 5 ぎ ちへ す 5 ちば f しづ- -カ か ザ * た, い ひ T. に"^ 

浦の わたらに ハ 床几の 上に 捨てられし 團 扇の 面に ちら-,. \» ど举 落ちな む 月の 影 も ロハう すくら き充 もて 

つ、 まち ながめ す £ 

包みた る この 町の 眺望 $ ど悽し 

た、 み ^-^ 5 へ こもし & なら だん ひ^ f ひで お 50 が ひ {, ゆ まなこ * ば だぬ ,セ た あ! だ い I、 みは 

疊 なく 床の 上に 薦布 きて 居並 ふ、 一 團の 人、 乙け し頰、 秀でし 願、 凹みし 眼 袒 ぎし 虞 は 肋骨 出で 墙 

おち AS どひ せ つ 5«, ほ を ひじ て くび ふビ すうこ なんに 上み ないち や 5 

尾陷 ちて 让皮 は脊 骨に ひた ど 粘き ならむ やうに、 腕 細く 肱ヒ 手首の み 太 やかなる、 數 個の 男女 皆 一 樣な 

あまけ もようつ き やね も こ、 めんようおば な £ ちち あや かこ ,^ バら • ;^, . み J て、 , 

i 雨 氣摸樣 の 月 は 屋根 よら 洩れて 個々 の 面容 鬼の 如し、 中に 怪しき もの を圍 みて 打ち 食 ふ樣を 見れ は 

よし *i ん ゆ つ. A くら ひ ゅぴ ねぶ われが £■ ば. あ 5- さ ft* お を こ 

箸ももたす五本の指化攫みては食ひ食ひてはもの指を舐ft^っ>-我勝ちに奪ふ有樣恐^cし畏はしo 

みいら くろ や おど こみつ くち ひだ しろ した いだな め , た i ほう ^1 

木乃伊の やうに 黑く瘦 せた る 男 飲 唇の 間よ,? き 舌 を 出して 舐す, 9 ながらい ふ C rJ の 飯 は 大層 コ フく出 

き &• &ね やっこ しば ^ ,»s み しさ あぶら . せなか せんじ ゆかん おん おおろ » 

來て 居る で 泥 鎳たヒ 奴 は 吝ぃ爹 ど 見へ るせ、 久しぶ, 9 で膏 がの つた、 脊の千手觀昔さまも驚くだ^0ぅ 

ひ y-cv もらつ ふ どころ ハ くれて ばらつ にん をく ちくせ s こわ め だ 3 いた , 

1 個 貰て 懷 へしつ から 人れ、 も 1 ゥシ メて吳 うど 出す 手 を拂て 人足の 畜生め、 畏ぃ眼 玉 をムキ 出して 

* I II . 



^1っこ やぶれ ム V> ま f かほ た み f ば 《- い や ほ" J かたさき つ ば かいがら ほね 

鑑褸の 破 淀から 鈍間の 折が 顔 を 出した を 見つけて、 剛 つく 張め ど 厭 どい ふ 程 肩先 を 突き 飛され、 貝殼 骨 

こま & めい L み むらさきいろ あざみ て めい ふたつ くち 

を駒留 石に ぷゥゝ けて、 見ろ 乙れ を、 紫 色 の 疵痕を 見 K:、 手前 は^うして 二 個し めた どい ひなから 口 

ばい なげ て つまお ど ばぎ ふいで あやか さか ち ► 

1 杯に 投 こみし 5 の 手 もて、 ば. CV. ^ど 爪 一昔 さする は 脛に 吹き出し 怪しの 疥 瘡を搔 くに やわら ひ、 散ら 

かみ しゅろ け たれ した がん おんな ど もら お 

げし 髮は 棕梠の 毛の やうに、 垂し 下よ. 9 1 眼 をき らっかせ たる 女。 疾く よら 一 ッ貰 ふたが、 ^う を や 御 

なさけ せ ,*> が き くだ こし たんれん かんろ こば こへ この &ろ をう 

情、 背の 餓鬼 nS 下され ど 十 年越しの 鍛練に 甘露の, 翻れる 聲を もて、 やすく ニッ しめたの よ、 此 頃の 葬 

れい た つくりば な ね だ ぎ しき り つば あたま まろ まぐ さほ 5 や, さいふ こや われら 

禮は旗 を 立てた. 9 造花 を 練. 出した. 9 儀式ば か, 立派に しても 頭の 圓い 生臭坊主の 財布 を 肥して 我缠は 

す こ うろみ おも こじき なり みっか や おも たいへいらく も かし ゆめ け ふ 

少しも 沾はネ 10 思へば 乞兒に 成. CN たてに は 三日して は 止められぬ ヒ思 ふたが 大半 樂の昔 は 夢よ、 今日 

を 5 しき & 5 き あど た *、 もの か おど 

の 葬式 n 剛氣 なう ち さ、 後は只物を嚙むの音ばか,n^o 

ま さほ か へす も、 ば もの き ゆげ ぬお ひたへ ほう きば あや しる .マ が Z 

眞靑 なる 面の 額に 杏の やうな 臞れ物 一 ッ 、 眉毛 脫け 落ちて 額よ, 9 類に かけて 黄み たる 怪しき 汁の 流れ 

おど こ ひざ た、 1 やが h こも い このあいだ まいこ おど こ 《 きぶ,、 

たる 男、 はたと 膝 を敲き fi 聲 して。 をう 云へ t 此間 あすこ. に;: S よ K:.o ど 舞 込んだ 男、 をれ-,. -ぉ時 婆 

S うま こ あ をび や き や ふ を 、りぎ おく ぱぜ よろ 

々の/^ ねた あすこの 家へ 舞; S 込む た 靑瓢簞 め、 今日の 葬式に 後れ 馳 に;:: S よ <-く ビ踉 めきな から やって 

お なさ にん をく ろしろ ばんてん そで おん をくて のこ ふ!^ つ を あた のこ もの ふく 

きて、 御 情けに 一 ツビ 人足の 後よ. 5 半纏の 釉を れパ 人足 手に 殘るニ 個の 折 を 與へ残 6 物に は 福が おる 

て わた あや あほ. び や 5 たん なん おも ふ し ぎ かほ 5 Si ん をく み ^^L. 

ょビ 手渡した するど 怪しい わの 靑瓢簟 め、 何ヒ思 CV だか 不思 儀の 顔つきして 受けながら 人足 を 見 上る ど 

その を w から な は 5 しろ わ しづか あほたん み けん ふ 

其 ま、 折 を 空に 擲げ つけて 逃け る 後よ. 9 鷲 攫み に靑痰 眉間に 吹き かれられた 

き 、い ざ かいぶつ なか お を s ばくちび る も だいこくば まい にら 、& どつ いだ, ポょ S ぼ 

聽 入る 一 座の 怪物。 中に も 恐 しき は 上唇 ど K^6N ビ 溶けて 大黑齒 二 枚 睨む が 如く 突き出し たる 女房 

餓鬼 第二 五 七 



ゎ*^ か $ くち ほど ばん/ \ からくれない さかな わた くら せ?, ふう 》4 ひどみ.? 

の 笑 ひ 顔な う、 をの 口の 邊, 9 に、 斑々 たる 韓 紅 わる は、 魚の 鷹 を 食 ひしな らん、 腥風 吹きて 人^ 凄く 

わら 

笑 ひぬ。 

あ , あほ ち&ね ま ぬす あさ か お:^ ぶ .,tr,ip りら くせう る ゼ てん V* し タ 

嗚呼 哀れ。 稚兒の 眠れる 間 を 竊み食 漁らん する 彼の 男、 己れ 無鱧爨 畜生め ビ 韋陀天 走らに? a ひか けら 

V- ころ ほ, W く つか .5^ s- さ や tj ばた あら ばろ ての こ えん sf, の M 

れす くひ 所 を 細 首 攫めば 衣頜 裂けて 瘦 さらば S し膚現 はれ、 艦 S のみ 手に 殘る をう ちつけ て 猿臂 他す や 

ひ W つ ft" おりが き ぉビ vj .a" ほ わ はな さき や, TVJ f ぬる 

頜 かみ 攫み、 己れ 餓鬼め ど 男の 面 を 我が 鼻の 先にす, 9 つくれば、 兩 手に を^く しながら、 せ 許せ ど 

み、 ひ』 一 ふ あほた な み :: ^/し ち あま む.^ ちじょく & くい/ レ r$ 5? ゝ 

S ふ も 耳に 入れす、 かつ ビ 吹き かけし 靑斑ー ッ、 眉間に 散. ぬ、 哀れ 昔し なれ は耻 辱の 極印、 今 は 拭 ふ 

てぬ e ひ 《^ ■ ' > S *t か い > ち ひげ つら おて こ • ひき おちぶれな かひな や ち A ら こぶ 

に 手 巾 持た で 乾く:^ 任す 意地の なさ、 髭面 さげし 男 一. K も 落魄 果て vn さらば $ し 腕に 宿る 力瘤な 

し 

* * 本 ホ * ネ * 

* • ひ * 氺 氺 , ♦ * 

^6 こ >^ わ つ うらまめ 5 こ あ あんま ふえ ね たか ぶつ せん も,、 ぎよ i( きへ 

1 更 一 一更 ビ閱け 渡.. i;;! 占 豆 寶る聲 もど ま,, 按摩の 笛の 音 高うな るに つれて 佛 前の 木魚の 音,々》 て 

まぷ^ W ハ ^^っべ つやけ ふ を 5 しき つか ねんお つ をな & わ し. ふね. J しらき ハ fr 

は 又 周章し く 昔す る は 昨夜の 通夜 今日の 葬式に 疲れて 念佛 いふ 女 a の 我れ 知ら 卞舟 漕ぐな, 9 白木の 位^ 

> はもし^ . かガ ら^ いくほん せんこ 5 なか しろ iHS けむ つやぐ t の 

豆の やうな 燈 火に うつ, 9、 土器のう ちに さし. る 幾 本の 線香 は 半ば 白き 灰 どな, 9 て烟眞 直に 立ち S ^りて 

一 ■ きぬ. SaJ しだ さき みだ- いん/ \ & や か.; J す £ .「 な ,?5 V- ど 5 ち 

さな 力ら 絹糸.^ 糾 きしゃう に 先 は亂れ ぬ、 陰々 たる 午 夜の 鐘 S つもよ. CN は 凄くて 呻る 樣に音 づる 、中に 

^ '^- > fr ^ - ^-^rr fc.^- ,カ\ . L ゆりや おな な あわ ゆめ お:^ ろ あばて せんこ. ゥ を で 5 しん 

雨 を 呼む て啼く 五位 鷺の聲 さ へ 疲れたる 守 夜 . の 女兒の 淡き 夢 を 驚かし 周章て 線香 を 添 へ 澄 心 を かきた 



き み わる た y ひビ 上 さま た 5. さ 5 さび ほどけ ♦J/tjs や 5 き こだ へ r すき て 

て、 氣 ^ の惡 きに 二人 三人の 人 を 喚び 覺 して。 大層 淋しうな $ ました 佛樣は 陽 氣な事 か 御 好きな れはチ 

よ JH し てつび,.' <fj ひ.?; ひど こ、 ろえ が ほ 5 か.; J こ L, , wc> 

ト 1 話で もな され ませ. オヤ 鐡 瓶の, 湯が 冷却ました ど獨 ft ^心得顔に や 七く 打ち 働き 勝手 知れお る臺 

船さ へ1?艱して^^ふるひに消炭盛*9っ上草履を隻足にひっかけしま V かけ 來,? ^を 吹き 茶 を 苦く 煎じ 

i Jr .5, > ちバ こズ はなし な はら まなこ うち 50 さ-あいさへ 上, つ 5 か 

て。 サァ ^i^t 直しに 苦い の を 喫って 恐くな $ 談話 をな され ませ ヒ 泣き 腫した 眼の 中に 一 時愛嬌を浮.^な 

zi ' つ A まなこ こす かしら も だ おど こおんな ち .5-、づ",:, か: し 41 

は 一 M のき さ を かけむ ためなる べし、 疲れたる 眼 を 摩. 9 て 頭を瘙 げたる 男女、 やかて 茶媒の 菓子 を 食み 

^fe ?だ ,? つじん こ ばな し し だい あはれ を この や ► ほや T, » , 、 、 U 、 > 

ながら i& ぽす 老人 一 個、 話 は 次第に 哀を添 へ て。 さても 此 家の 御孃さ まも 飛む た 乙 どで 宛で 夢の や 

- > h ^ こト き ま も せ. S すけ した い- んカ 力 ^^ぃ あ 力 

うで ります、 御ザ哀 もうに 戀に氣 も I も 揉みつ きて、 わの 淸 助め を 慕 ひかな しみ、 因果 は 可愛の 赤 

s 么 4^ 喊は ilsi 腐の ふ體ろ あて. ^一ろう。 s£ き は &i さき f ずか こ兒 なから もぎへ: f 

, > > ち-ぶ やて だ v> ふぎ せ 5:i 

る^ は 三 Si 五 S -、 ^の やうな、 ィャナ 一一 親父の 手に、 やら じど 抱きし むる を もぎ 取られて., 不義の 小兒 

は §n がお^ら 卞ど矿 1 や ¥1 に 與艇の ムぎゲ が ぼに おつる を あの 淸 助に 投け與 へたる は#氣 一 遍の父 

-- ? -H な か あい わ こ かほみ たも ど かみ こ、 ひ 、 

して はさる とな-がら、 ぃどしきは御花さま1^,«^、 可愛 $ き 吾が a の 顔 見お しビ袂 を嚼で ffl しがら し 

が、 i にさ もしき パ かにな- CN すまして 小夜の 眼覺 めに 枕 を 抱きしめて ォ、 坊や、 乳の みや、 笑みて 見や 

ど、 あられ もな きす を, S 走,. -、 又もよ、 どなき て 眼 を 天^ どい ふに して、 ォ、 二重 願の 美しい のビ 眼の 

f ひ すす さり ご C, え く^ あい ち、 まなこ げんえい き, > , 

凉 しさ は淸助 殿に よう 5: て 居る rJ ど、 笑 渦の 愛らしい と、 乳の ましよ ど 眼に うつる 幻影に 蒙 をつ 力ら し 

猶を へらして、 默は ふら )(- ど 病の 床に つき 狂 ひ て 1 年 わ ま ftN 折々 影の 如く 見 ゆる S どし 兒に 凄く 

餓 鬼 第二 玉 九 



え こ やつ がれ たいぶ はなし さび なに もくぎょた、 a ぎ ぶつ 

笑みて * 是れ はした 拙老 どした とが 大分 話は琳 しうな つた、 何 はさて 木魚 叩 ひて 賑やかに, 念 

ぶつま 5 f ち ば を こ いぬ なき こ ゑ こ あば かれ あは 

佛 申さう 。折し も 乳 を 離れし 小犬の 啼聲、 是れも 哀れ 彼 も 哀れ、 

第 三 

ひる あっさ Li し き あき いろ た こ 上ろ さ ぎり しろ を ひダ! へ かす ii^ うへ ち 

. 晝の 暑に; 5 きかへ て、 西 よら * る 秋の色 は 立て籠む る 夜の 狭霧に 白み 初め、 單衣 飛白の 上に 散 かゝ 

つき しづく きみ わろ つめ まろ S かげ なか -wu て わた くろべ い うち た かほ 

る 月の 举 さへ 氣 * 惡き までに 冷たく、 3 の圓 なる 影 も 半 は 凄みて 照, CN 渡れ, CNO 黑 塀の 中よ, H::! ちた る蓊 

きリ やう 5- よ 5t5 あわ あき さきだ よ ば もく; V- よ おど ど あめ もら こ かげ ひと ひ soy" よん lis- た ゝづ 

梧の 一葉 兩葉, 哀れ 秋に 先ち て 夜半の 木魚の 昔に 飛へ^、 ま^-雨を波さ>るをの木蔭に人ー個悄然ビ佇 

い ぬ ほ けい や ひ so しか いき ころ かげ ぬす む &ん , ^しろ もの、 

む: ふまな $o 犬に 吠 へ ら れひ警 夜の 人に 叱 I れむヒ 息 を屛し 影を竊 みて 無言なる n 後 くらき、. とわる 者が 

家の 樣 子に 耳 を 澄す ど 見 へ た, 9。 

あや- ひど ふ どころ あか & な こ ゑ あば ゆす な こ かげ あゆ い お なみだ かた 

乙の 怪しの 人の 懷ょ, 9. 稚兒の 啼く聲 せ, ON.- 慌て 、搖, 9C か $ 撫でて 木蔭 を步み 出で 落ちな ひ淚を tt 

て 5 > --ん あ ふ いき まっしろ きた てぬぐい ほ 5 かぶ S- かけ も かこ く ほ 

手に 受けつ、 天 仰、 さて 吹き かくる 息も眞 白な. CN、 穢 ならしき 手拭 もて 頗 冠した る もの 藤よ ftN 眼の 窩み 

ひ *i なほ さら てぬぐい や か. t け も. S ^ろ わ. ふ ど:? ろ 

たるが凄く光ft^、 尙更 をの 手拭の 破れよ. 5rJ 、かし rJ に髮の 毛の 洩れ 出で ぬ、 襤褸に まビ ひて 吾が 懷 

い あか & よかせ ふ か あい ゆめ や たち ま e 'え かん ちい のて ひら ち.;, むね 

にかい 入れた る稚兒 は 夜風に 吹かれて 可愛の 夢の 破れし ならむ 忽ち 餓を感 したる か少 さき 掌に て 父が 胸 

なま ないだ また ゆび あげ す わた つき あほ み な K わか した 

の わた ftN を 撫で 廻 はして 啼き 出し 又も 指を擧 けて 燈み 渡る 月 を 仰き 見ながら 何やら 解らぬ 舌 を 動かして 

あば, • & く ほ f あら た な いだ おど こ な いだ て 

哀れげ に 笑 渦 を 類に 現 はし 又もべ ソ かいて 啼き 出さむ どす る を、 男、 啼き 出されて はた まら t さ 手 もて 

やか & くち おさ ゆび おど あた、 く if びる なめ やば した ' また 

赤兒の 口 を 抑 ゆれば をの 指 をち う x.- ど 昔 させつ、 温かき 唇に ^ づり 柔らかき 舌にから みて、 やかて 又 



な い だ あや おど こ、 ら S ちば や か いだ ぉほi5^ かた ばし ゆ さすが みやこ お ほち e 

啼き 出しぬ、 怪しの 男堪 へきれ 卞逸 早に 馳け 出して 大路の 方に 走. 行きぬ、 流石に 都の 大路 どて 四 六 時 

ち 5 ひ >J ゆきた . さ ひどめ あやし ぶこつ こうた ,、J かく あか £ 

中. < の 往き来の 絕 ゆる どなければ 左まで 人目に 怪 まる 、となし ど 武骨なる 寢 ン子兒 歌に 鬼 角して 稚兒 

な • aov ゆな しづ ばる かせ い き むなげ ふ こ、 ろ はじ おち ゆく まぎ 

の ー啼を 留め、 搖. CN 撫でつ、 靜 かに 春風の 息す や.. (-ど 胸毛 を 吹く に 心 始めて 落つ くや、 端 fts,::^ くも 紛れ 

し愁憂 一 時に 湧き出た ft>o , 

かな ひどみ うへ もろ ひど いのち われ こ&き み たん ふ しゃふ e: き tvi 'よ ば ; ST- 

哀しき は 人の 身の上、 脆き は 人の 命な. o、 我 をた > 乞食 ヒ 見て 啖吹き かけし 車夫の 力 造 夜半に 響き 

もくぎょ ね おも あば び. や 5 き きこ ばな む C や 5 かせ ち た J* ひつで. つ 

しわの 木魚の 音 ど を 思; S 合すれ は 病氣ど 聞へ しわのお 花 さまが 無常の 風に 散り 給; 5 しこ ど 必定なら、 ァ 

われ もど み うへ ばお S 'ばか ま Ivs 'れい さき 上ろ せわ み .< さ 

、我、 元の 身の上な, 9 せば 羽織袴 S かめし う 葬禮の 前にた ちて 万づの 世話すべき 身で おらながら、 腐れ 

. わ こんば く 50 ろ わか らだ おも だ たびば ね ゆる こ を ひな まつ り ゆ 、ウベ おしま 

た, 9 我が 魂魄、 溶け 我が身 体、 思;: S 出す 每齒の 根も搖 かむ ばか. な. ON、 去年の 三月 雛祭の 夕、 嗜さ 

さけ ; ijv^ もつ われ の な at め ふろみ づくき ち >j おも みだ こ、 ろ あだ なさけ み た 》• 

る 酒の 毒物 我を吞 みて、 艷 かしき 一封 水 壁の 跡に 思 ひ 戴れ 心ち ぎれ、 仇し 情に 身を爛 らして うつら C 

てんま われみ ち、 ば、 お を やみ 5 ゆ?. &ん のこ たま 

(> さッて も、 さッて も、 天魔 我 を 見くび ッてか 父 も 母 も 恐 Kv^ き 病に 失せて、 遺言 さへ 殘し玉 は卞、 

いま ゆき しげ ひどば なお、 わ いへ い ま^ ^し なつ も なか あるよ あか 

今まで 行き 來繁 か, 9し 人 も 鼻 を掩 ふて 吾、 が 家に は 入ら さ. CN ける に、 やがて 又もの 年の 夏の 最中、 或 夜 紅 

かせ ふ わ み かいね. J ほか はい そら >J _ さ^ きょ 4J 5 つ •、 あさ 

き 風 吹; 5 て 我が身 ど蓄 猫の みの 外 は 灰 どなって 空に 飛びけ る、 二度三度の 凶事 打ち 續き たるに、 淺 まし 

ひど こ、 ろ あき そら たの ついた うけいば く 5 寸 くちびるた、 た しら も?; 5J も 

や 人の 心ハ 秋の 空の 賴 みなき もの、 追從輕 薄の 薄 ペラの 唇 叩き、 ぉ爲め かし ヒは知 さらし 者 共 あるか 

ないかの 物 を 掠めて 輕き 尻に 得手の 帆 を かけ、 得た, OV 畏 乙 しど 逃げ失せ たる 乙 を, 是れは 固よ 6 我が 愚 

ち せん <i た S ま おんがん いせや おやじ ばな わけ -- 

痴 なれば 詮方な けれ.^ 今まで 温 威に 乙 やかな.. > し.^ の 伊勢屋の 伯父、 お 花 さま ど譯 わると を 知られた 》9 

餓鬼 第三 六 1 



六 二 



戟 鬼 第 m 



しが、 いつも 店頭より 追 ひ 還へ して。 留守 じ や 留守 ヒゃ、 淸 助に は 用 はな $ ど ど の す "mill 

) つ P C 乂 ゆりく ち あいさつ たも $J 5 しろ の ん もる わら ひこ & 

の 丁稚..:: 僧 か 尖 口して けん も はろ、 の挨 す.^ くど 立ち 炅る 後よ, 9 廉暖 を洩る 笑聲、 むら く ど 

, ふ w,^. の 'a^ かげ こ ぞ., J ふた リ み た 3. れいせ 5 まなこ あら ゆび つら でく i な 

して 回顧ば 暖廉の 蔭よう 小僧 1 1 人 三人 冷笑の 眼 を 見 はして 指さし ける 面の 憎さ、 ぃヒ しきお^ さまに は 

^r. > > み, れ,^ の、 し さすが くちお あ ひ みよ いしこ ひビり わ .05 

逢 ひた けれで も 未練な, 9 ど 詈られ むは 流石に 口惜し、 逢た から ヒ、 親戚は彼處一人な,c^、 せめて 我がお 

w^, 、 . づ た いきながら お た 3 か われけ むし & ど きら まなし &V1 

母のう ち 一 方な, 9 ど 生存へ 居られ 玉 ひしなら む,. S は、 W くまで 我 を 毛蟲の 如く 縑ひ蟯 蛇の 如く 乙 わが ft- 

お: i i お を たま む ねん ぼぎ し り わ. L おか < み, どき 

鬼の 如く 恐 K: しがら 玉 ふま ヒど 無念の 切齒 して 我れ 知らす 立ち 還 へらむ ヒ端, ON なく も 見 上け し、 時.、 WSJ. 

M^^ A かい らんかん しょん ほう た あほき. 7- ば & われ み b らひサ こ 

しきふ 花 さま 二階の 欄干に 悄然 ヒ 立ちて、 あの 蒼 梧の 葉 越しに 我 を 見て、 わ^どら しき 笑 少しば か. し 

>^^J 、 ^ ^ , こ、 ろ た i*? あか せん ふせ いめ む おも ひ < ;. よ こ 

たる 後 はさめ <\ -ど釉 nS 顏を 力く し、 心の 丈 を 明 さむに も 詮なき 風情 眼に て 胸の 思 を a はさむ はも 是れ 

I ^ ひどめ C せ, たゝ^^んゃリ た み、 もど めくら の い. や しゃふ かつ ょ!^りき 

のみ は 人 眼 を耻ぢ て只恍 然^ 立てる 耳元に、 富 奴め 返け ビ賤 しき 車夫にまで だしぬけに 一 喝 されて 蹌 跟 

. ひど この さま み * わざ あう や <ゥ ;ど 5- み あ こわお 5- ろ ばな 

な 力ら も ぃ,ヒ しき 人に 此狀を 見られ t ど故ビ 鷹揚に 踏み 停ま ,0- て 見 上ぐ るに、 ァレ 3, 二 聲驚 くれ 花 さま 

) > > ^ い ,ー, まさ るす い を e がら サ fr こ み む だ- 5 せっかん 

の つ 力みて、 うちに ひき 入れし は 正しく 留守 ヒ云 ひし 伯父. 、玻璃 障子 を 越して 見 ゆる 無道の 析檻、 

5^ 力た こぶ <•> ち 5 ビば なで かへ - 

奴ヒ @ むる 拳宙を 飛む までなる を やう/ \ に撫, 9 なだめて す ,^).,\. 還る とわ. しが、 さッて も、 さッて 

鲁 お 2;^ ぷれ ひど なさけ おく し わつ み こ ビも つみ あ i f めい ふ こぎ? 

も 落魄て 乙 3 人の 情の 奥 は 知ら るれ、 我れ に 罪 はおれ, ヒ rJ の 小 兒にハ 罪 はなき に、 哀れ » 命の 符を握 

-^^ , 乂 も ゝぁ たし か ば、 ふ どこ 6 ち、 しゃぶ ねこ こくれ, ijSJ ふ ど まい さつ かっぷし 

て 生れ 一.^ りし r」 の称兒 は、 温き 母の 懐に 乳延ら で、 猫の 子を吳 るが 如く 吹けば 飛ぶ 十 枚の 紙幣 を 鰹節の 

カ^ 一 I こ なれ こ し かって い f A わ な あた 

代ら どなし、 吾が 子で なし 汝が兒 な 6V、 のめる も 死ぬ も 勝手にせ ょヒ言 はむ 許. OS に 我れ に 役け 與 へられ 



ひつで うわ おこ こと S なさけし ひ jyj わざ つめ ビ » ひば か わみ か あ ひ 

たる、 必定 我れ よ, CN 起ら し 事 ど は 言へ、 情 知った る 人の 業 か、 爪 を燈し 干葉 を 咬みて 吾が 身 を だに 可愛 

けんさん おやじ あら か ちて だいじ ばな いま む i.. 、や S かもち じ 》5t ビ く 

がら さる 貪食 爹、 暴き 風に も當 らせヒ ど 大事が, 9 しお 花 さま を 今 ど 無常の 風に 散らした る は 自業自得 ど 

言 ふべ けれ、 ぃどしきは,ぉ花さまな.^^、 狹き心 ふら/ \ど な. y 玉 ひて 斯く までに 零落した る 我 を 思ひ稚 

& こが は のち な,、 たま わが ぐ ち 

兒に 焦れ 果てた る 後 はも ろ くも 失な ft> 玉 ひたる、 我れ 渐 くまでに 愚痴なら さ, o> せば。 さっても さつ 

われ あきば わ こ ちき なかま い かせ た 上 やみ どこき し 

て. P 我ながら 呆れ果てた う、 我が さもしき 乞 2^ の 中間に 入らし >JS ふと を 風の 便らに 病の. 床に 聽き 知. り 

はな い か なさ かな あき たな ば わな き St , 

て.:^ 花 さま、 如何ば か, 9 か 情けなく 悲しく 呆れ 玉 ひしなら ひ、 果て は 吾が 名 さへ 聞く を 嫌 やかる までに 

さげ いやし たま またい ま このた よ G- き たま いき ど き われ しだ こ こが 

蔑す み 賤み玉 ひし か、 をれ ども 亦 忌 はしき 此風昔 を 聞き 玉 はで 息 :s きどらむ もの 時まで 我 を 慕 ひ a に 焦 

たま か , せひ しや りん ばたら こんき あゆ い き 

れ給 ひし か、 斯く なり^て たる rJ も 是非な けれ、 車輪に なって 一 働きせ むに-. P 魂氣 つかれて 步 むに 呼吸 

.H げ さ s き つ 上 た、 やまい ど t かひく す y でき ろへ K ちちから かぎ くるま ひ 

劇しく 勸悸强 き は 唯なら ぬ 病 わ. CS ど は疾く よら 知れ.^ 買藥 さへ 出來 fl, る 上 は 一 日 力 限, りに 車 挽きたら S 

なし しゃり か L なほ さら このち な いだ なに £ ど で き 

て 何の それ は 沙利を 咬む て 死なむ までな ftN、 尙更 $ヒ しき 此稚兒 を か い 抱; 5 では 何事 をせ むに も出來 な、 

し ばな し よ ほどけ かみ ひ. クー かしら しょ 5 りん ti ビけ . ^み さち わ;^ み 卞 *1 

る は 知れた る談な §、 ^ に は 佛も神 も わ. 9 て 人の 頭に 照臨 まします ど いふ、 佛も神 も 幸な き 我 を: Isf 玉 

だん によ こ ひ かみ ほ y> け み ゆる た 3 ふ ゆ 5 しな いへ や ,か な. さ 力 W お 

ひし か、 男女の 戀は神 も 佛も見 許し 給 ふべき に、 父母 を 喪 ひ 家屋 を 焚かれ、 欺くな 情けなき 境界に 追 ひ 

匕 ,, へ せめ やみ お を がんせ このち £ つかな み ひろ て丄 P A_ > 

込まれて 飢には 責られ 病に は 襲 はれ 頑是なき rJ の 此稚兒 までに 辛ら き 悲しき i を 見せて 廣き 天地に 身の 

を ビ ころ いぬ こ や む ざ 5 さ いへ めし ひ み ほどけ k ift ほダけ み, - 

置き所 は 犬小屋よ.^ も 無造作の 家、 盲た. 9 しか 神、 聾たら しか 佛、 さッて もさ ッて も、 神に も佛 K も 見 

はな われ おど た このく る よ ながら おろ く: せ, '^i 

放された る 我、 わる かなし かに 1 昔 も 立て 卞に此 苦しき 世に 生存へ むと 愚かな ク、 ァ、 悔 ひても 是 なき 



画 鉞 鬼 第三 六 四 

とながら思ひ返せばEI惜しき限.Cな,C^、 まる^^"の^に|夭らはれまビ敏ぶ^|^に1^..をきけられ、 お i よ, 

も尙 下った る もの を 食 ひ、 やがて 餓死せ む 時 を^つ とな さけな し、 ぁの^^^<までに^|すまれ|円ほ^ん£^きっけ 

られ たる、 面憎けれ^ ュ 、是れ も 我が 罪な .0、 ぃ^.^らば我も男の,端しくれど0 

斯く 意を决 したら け ひ、 今まで どぼく ど 足音 立て 卞步 みた. 9し^ 腐、 まれし s たく ッ ぎ を, 

み 鳴らし、 %斯燈煌めく大道を^<跨に步きて新橋を^ちぎき|^街ばしをぉ,に4るれば,か|^なるに^き 

^せで 右に 折 るれば 芝 山內、 が. sk び 1 つ V.S んの ii く、 ^^いつしか i へて こ 古; it^ の财 ii た. た 

るにも心を釐かす悠^.どこ、を^ち過ぎ、 やが て^^の に ず%、 S へ る 5i の^ 6sfe て^び〃, ジ ぬ。 

この 寺 こも 此 SR のい どし が, co 女子の 葬られし, if な气 の^いつ しか^へ てこ 敬 を 船 る^の ぅシ 

ど 鳴て 万事;^ する 眞ぞ纩 "頃、 いくつかの ら" きの ひ % を. きびて. i しげに がちつ I きした る、 M 

白き 名な しの 草の 露の 宿に 幽かに 喷き 出づる 蟋蟀の 音、 ぎ r の^も ^^ii かむ ^け!? なむ、 わ 

てもなく^c^rJらぁた.oを步き行く,£に映っる 一 「おの !!だり解 b しく、 ず si^i え ir て i ろき t も 财に酽 

むで 痕 なく、 造花に % て あ: に铲き f 布く 1|も1 れ oi_l れケ どし の の^す..^ ピ ぎい g き m に^ぎ け 

f> らば w て 5 ちんか さ «•£ • 

バ、 白張の提提風なきにさは-^どiiくを、 なつかし ヒ思 ふ^に も、 ^:>きMの辦かどi被^ビ>^cきぬ。 

第 四 

こ tJ い ^s- - , き.: 1、,? やさつ つき ほし しゃう や ビ もし め くつ た、 まっくろ/、 ちまた 2 -b ス す- r 

窟を决 する 一 * 州に 惡鬼 心に 宿て 月 も 星 も 照 夜の 燈火も 眼に 映らで、 只 真黑々 の 街に 立てる^: i、 一 



hn. こ つ A な こ ひ こど わす ぁビ む さん 11 し t りん ふ.' かば 

我な く a なく、 辛ら き 悲しき 戀 しきい どし き 事 も 忘れ、 後 を も 顧 かで 一 散 走り、 やがて 耳 翰に 觸る、 1^ 

おど しんがん t ちま ひら くわい ど 5 も y あた <ie ん.! -ん け をよ わ し &,* ひす か たかへ ね 

の 1 昔に 心眼 倏ち開 くれば、 快刀 頸に 當, 9 し-と ビく 満身の 毛 戦き、 我れ 知ら 卞踵を 回へ して 立ち 還れば 床 

だ 5 へね む な こ あくま ち、 て ばな こ たやり 5 へ てん し ビ;/ ち まくら 

板の 上に 眠る に 慣れし 兒ハ惡 魔の 父の 手 を 離れて 小 砂利の 上に 天 を 衾に 地 を 枕に たわいなく スャ くど 

r- ぶ * 5 す あか をの ひ が a あい む t やげ み お を こ な: i ゆ ゑ あさ 3 こ、 ろ こ 

眠ら 居る、 薄明り に其寢 顔の 愛らしく 無邪氣 なる を 見つめて は、 恐ろし 畏ハし 何故かく 淺間 しき 心 を 起 

f いな じゃけん つのにば お むね ど、 ろ あたり すかみ ぬすみ ひビ こ、 ろくば 

しし かビ思 ふや 否や 邪慳の 角 俄 に 折れ、 胸 轟かして 四邊を 諦し視 て、 竊み見る.<ゎ.9ゃど心を配6^ 

こ ^ ほ 5 わが ほ 5 つく あら ひげ むざん ゆめ ね WW やぶ こ ほんがん ち、, かば な ざ . 

兒を 抱き わげ て頰 に吾頰 すら 付れば 荒 髭 さら ひど 無殘 夢な き 眠 を 破られて 兒は 半眼に 父 か顏を 眺めつ、 

また ねむ ね が ほ たど つきお を、. S ビろ お ほした,、 あめ せ かい 

うどく と 復も眠 ftN ぬ、 ュ 、 いぢら しき rJ の寢顏 • 假へ わの 月 血 を濺て 溶け 落ち * 星 爛れて 雨 ふる 世界 

ふくめつ どき こんりんざい ばな はな われ みさ はて こ、 ろ だ なんお a、> 

覆滅の 時に なっても、 金輪際 離れ ヒ離 さじ、 我な から、 見下け 果たる 心 を 出した う、 いどし ゃ汝が 母、 

it かひ よみ の なれく ぴ ク ちいろ つめ くちびる なれ ほ,^ あて い ちぶさ 

細き 腕 を 幽界より 伸べ て、 汝が 頸にから みっかせ、 土色せ る 冷たき 唇 を汝の 頗に當 て、 出で^る 乳房 を 

なれ くち ふく たま ち 5 う かけ なれ み め.^ & こど たどへ だいち さ 

汝の 口に 合 ませ、 魂 は 宙宇を 翔らて 汝か身 を 冥 護す るに やわらむ、 $ビ しの 事よ、 假令 大地が 裂く る ど 

なれ はなばな ばな はな はな よ いか みた • k お,^ 

も 汝どは 離れ ヒ 離れる もの か、 離れ ヒ、 離れ ヒ、 離れさる は, 善 けれ.^ も、 如何にして 身 を 立てむ か 魂 

きう わ からだ 5 へ さむさ くろ 5 へ こ はばり した なさけ さい & 

氣 失せた る 吾 か 身 鉢飢に 寒に せがまれて 苦しまされし 上に この わらば、 果て は 梁の 下に 情なき 最期 を 

ひビ わら たも ど いこいし しづ なし うおば やみよ 50 あみ に々: 5 きよ 

人に 笑 はれ、 袂 にかい 入る 小石 ns 沈みて 名 も 知れる 魚に 食 まれ、 冥 夜の 打 網に か、 うて 嫌 かる、 を 浮世 

な &«- はか む ん. お ひつ t や 5 ビき なさけ しの ねん 5 ん, て..^ ま, こ, 

の 名殘ビ して、 果敢なき無緣の鬼にをらむハ必定な.=^、 一時の 情 を 忍びて 五十 年の 運 を 天に 任せ 子な 

かこ C あ C, ひ 5J て ひろ. 5> ば な かざぐ ろ ま たいこ か ほうめ で 

きを 唧ゥ 慈愛の 人の 手に 拾 はるれば、 乳母に 撫でられ、 風車 でんく 太詖に アヤされ て、 果報 愛た きこ 

餓鬼 第 四 六 五 



. I り ip^ "ssi. , ^ ^11 I: 

鬼 第 四 ^ 六. K 

ヒ ある" 俠 める 話に て、 皆無の 事なら す、 万 一 に ^とわら, ハ, が^は "如!: に歉獻 1^ た .0 どて、 ^ 

この こ ゆく すへ かけ たのし b ひの, ク 51 

しみ は 此兒の 行末 を隆 にっきて そが 樂みを 我が 命 どなし 嬉しき 乙ヒも あるべきな 6,、 わの ぎ!^ の 僻|- 

n 別物 どして この 世の中に 鬼 はなき もの、 一 まの 1 にき,. 4 口が 1 こに, i こ をず めて ーボま 41 になし、 ^さ 

へ 食 はす 鑑褸 さへ 纒 はす- 瘠せさら は ひし 身砵を 抱き合 ひて & ぬる rJ そ あ 阿お の 齢 ftN どぎ ふべ けれ、 いで、 

S で-いで、 心 を 鬼に して M の のた 爲め、 麟^ を ~ 艮ひ截 おを^む でも I か &T:< を I ^くむ ,0 かな は 

る は意氣 地な き 男 なれき、 冥 護に 盡き たる 我、 W ども!! なし、 いで 、いで。 ^1 は 1^vfn% むで 

我が兒を石なき路のほど.c^に靜に^し、 K のおに!: きり g ずて を^せ、 ぉ概 さま、 きど ゃ彰 の鬆 よ, c.^ 

を 情なき 男 あ 恨 ls、 f んぁ に¥ あして |の& ビ itf かけ、 mfff.i 

ぎた. cO も 無 耶氣に 眠る 此兒 のい どし さに、 心 臆して 職 g うちに、 • しなく も tIg. の淤^ に^ 酽 めら れ、 

揚枝 咬へ し 酒臭き 御坊 さま. の i れ なる 穩を 膨られ て、 Mii てお:^. をい られ、 歉 

手に 件ひ 飯く へ、 i も r、 に 1 やら 21 さめられ、 figns せ き聽 かされ ¥ くお 田 ま; sllc て 

ふらく ど, k で? しが、 りくく カ# ふれ は 1? るき ャん iii、 ま & みの ひお 明な き 1、 矿^ 

ば や こ、 よ なか のぞみ よく た まっしく. ら うた ) 

早此 世の中に 望 もな く 欲 もな く、 只驀然にかけ渡.c^てノメって死なむもれまでな.c^、ほまけもiまヒgにも 

願 はじ、 只 幸な き 此兒の 行末 をぎ らせ 1 へ、 ぃ^1;、らばど|=1ち1.^、き§を|1へして^.さまに1 

顧き つ、 胸に 溢る、 思 ひを殘 し 1! げぃ I さむ どす る t がよ. 4 ^鍬に g., て igl ッ、 i ひし さ を 薊 に まらし 



t-Jt みち 、ゥ しな ゆ また きびす か ばき こ、 ろ ぬみ. で. き , 

て來る もの わ. 5、 逃路を失;sて,磘ど行きっ•まft^、 又も踵を回へ せば張,9切ゥ4^る、むの弓紘ふっ.*^ど乾れ 

て、" ねし けに &を ぎき *p げ、 1 ど:^ らぬ素 振して 悠然、 £ 歩みながら 來る 人の 側 を 通れば、 其人釉 を觸ら 

れ ては戰 らヒヒ S ひけむ、 11 步三步 返け ながら 鼻を掩 ふて 生垣の 蔭 を 通, 9 つゝ 手に せる 提灯 を 高く 揚げ、 

1^; t ごら p, さ まよ みか 5 すき み わる やつ ば々 >.t ^ゆ い > T tjl >. 

g ろ 對.. をぎ しながら。 ェ、. 穢 い、 rJ の眞 夜中に 薄 氣味惡 $ 奴 ヒゃ。 ビ 鼻の 先にて 言 ひなから 打ち 過き 4^ 

あ 6, に i された る, がす |?、 船よ, 9SI くお ぎに^ ける お 11 の も ぼろし きを 眺めて 情けなし ヒ思 ひつ ゝ 回顧 

けばき の^は S に • 十!^ の あなたに Il,-V4i ふら (-、 一 ト P 账鄗ぅ 一 m なき 鼻歌 ち吟 する さま 酒席 

の默^ ビ えた 力、 f 仃き 1 ひさ まに I 一 n はれ^, 9 し i 一一 n 葉 今し も 胸に 殘, 9 て 無念の 齒 がみ をな し、 是も 我の 

I きぎ f なれば、 0fi S 影 i4f く 取|』塞ぅな- ど i あし so 4/ 眼 なれば i かに 

^ 9 ffj しゃ ち 5!?-,. こ ^ かた もす y ばしょ てうちん ひか ひか Ay > やお f V 

は s^l^ け舉 けれき、 洒 P れ たる 中形の 浴衣、 裳を端折ft^、 提灯の 光に キラく ど 光る は 何 か柔ら きもの 

: fe^ 上 こび,, - ^ ぐあい をのから だ こづくり tt^f ふ 1^ 

ゝ ならむ を ひき かけた る 男、 橫鬢の S ルけ. る 工合、 其 身 幹の 短 少なる は 八 造に 瓜 ニッな ft- もれく 

、つ b ^ みず-ぐ-つん し, I らくせい お G- わ ふ まぎ ぬい ど ば よ. ば 1 お. ►、 > 一 

1! ぎケゃ 我が家の 店藏 普請 落成の 折、 醉 お紛れに 脫て 取らせし はわの 羽織に 着う 似て 居る は われ/.^ 

ぁのilふてt仃くli^^を、 抛が きゐ M の^し 1 どて、 いつも 我に 追從輕 薄の 舌 を 動かし 手に 彼の 露 額 を 

,ク さ-. - づきぶ £ ら 5 5 えみ を. つ. くづ ち ち てきせん きん こ がね 

ゥ> け m して、 ^^け 取ら すれば 宙に 受けて おかしき 笑に 相 を 崩し、 散.《^ます散.9ます 1 滴千金、 黄金 

の 1 が, ftN て慰ヒ おかしき 1 して 受 ながら 眼^ らど耳 紅くなる 時 は 妙な 手つき をして 濁聲ふ i 立て 歌 

餓. 鬼 第 西 , -K 七 



講鬼第 四 六 八 

SO く& まさ 、ゥた fe^ ぞ 5 わ あ ほら み われ ば あど あし 

うた ふて 得意がる は 正しく あの 歌な ftv、 己れ 八藏、 我が 阿呆なる を 見くび ッて我 を だら し、 果て は 後脚 

すな け にいだ ハ^ね- J し 上ぎ や 5 てんだ fi> かれ み ゆ たま ふ ぎ わい. ん 

. に 砂 を 蹴 かけて 逃げ出し、 犬 猫に も 劣た る 所業しながら、 天道 も 彼 を見赦 るし 玉 ひし か 不義の 榮運 いま 

お ろ さけ 5 た くら つら、: i く むさ 5 すき み わる やつよ い ゆろ 

だ衰 へす、 » のみ 歌 ふて おかしく 慕す と 面憎 けれ、 穢ぃ 薄氣. »惡 ぃ奴ビ 好く も 言 C れ しもの かな、 襤樓 

まと なれ &ど こ、 ろ しらみ わ つらにく やつ せいすけ ゆく がん if- ん 5 わす 

rJ そ 纏 ふたれ、 汝の如く心に虱はまだ生か^.1;るど、 面憎き 奴, めど 淸助 端. 9 なく も 眼前のと を 打ち 忘れ、 

ち てん しづく ふ £ ころ こ か a i ばら f-Mil あゆ さ •、 5 し つに をら ム 

散る 二三 點の 举、 懷 なる 兒の顏 にか、 る を 慌て、 狒 ひつ、 復も步みを停めて後ス^^>まに唾を签に吹き 

も だ ゆ せいすけ こゝち あは 

かけて、 苦 惱る淸 助の 心地 憐れな う。 

なん あくいん &ん てんか は おや おや, , われ * ひ 5 け . こ こ^ 乙 力,^ い 

何たる 惡因綠 ど、 天下晴れての 親なら 卞ビ も親ビ ならし 我, 日蔭 ものな から も子ビ な, 9 し此 a 情 a 

せ けん おや あつ わにし せ けん こ ふ^ $ こよ ば こ ゝ &f , こ,^ みあ 

は 世間の 親 よら 厚 かるべく、 緣は 世間の 子 よら 深 かるべき に 親ビ して 兒を 育くむ とも^し 得で 之 を 道 

す こ またな r や ば&く お ほふし あばせ もの わんき す われさ、 あくま み、 か こ/ろ 

に 捨て、 兒は又 親に 育まれ^る 大 薄命 者、 綠 切れ 捨てよ ど 我に 私語 やく 惡 魔に 耳を貸して さもしき 心に 

ば せひ な 5- かみな のば け ふ ぎんざ ち ぞ 5 をん えんにち をの こ やが. < 

なり 果てしと 是非 もな し、 ァノ 隣の 雷 婆が、 今日は 銀座の 地藏 尊の 緣日 なれ バ其 a を 一夜 借して 吳れ 

か ちん もうけ 《 'へ かんせ S あば よな よ せん きま ね か >5> が や が, き 

よ、 貸ft^賃は儲の上の勘定なれ.SI^れげに好く啼かば 一 夜ニ錢が極ら價な.=^、 いつも 貸り る 長屋の 餓鬼 

け ふ かき みな か ひ ど3^ お tmv かしら う たいせつ 3» ろき 〜も 5 へ ねか 

は、 今日に 限らて 皆 貸, CN きられて 一 人 も 居ら 卞、 臀も つめら す 頭 も 打た 卞 大切に 鑑縐 着せて 蔵の 上に 寢 

お かざ もの か あたへ ばん ふ どころ S • , た , もん わ は 

せ 置きて 飾 fts 物 どす る なれば 貸し 與ょ、 . ^うせ 一 晚 懷 に 入れて 抱き か、 へ て も 1 文に もなら ぬ譯な 6V 

か まへ いくらか せに わし また をのお かげ 寸こ もら か わけ ため 

貸せば お前 も 幾何の 錢 にもな ftN、 妾 も 亦 其御蘼 にて 少しば か- 9 は 儲る 譯、 きつち の爲 にもなる となれ は 

か こど おに ,* しゃ い やら わば じ がす ど-つ かげ ばし たも ビ ぬか 

貸せ ど、 せか まれし 事 も わ, CN し、 鬼 ども 蛇 ヒも言 ひ樣 なきと ながら 我れ 始めて S 斯燈の 蔭、 橋の 袂に叩 



!づ こ tJ きおんな ども か た 《- たり こ 5j もら おの こ か .f- * か-ひど i. ひぶ ぉボ — > 

額く乞食女が伴ふニ人三人.の小兒等ハ己か兒ならで借.9ものなるとを知ft^ 借る 人 も 貸す 人 も 鬼の やう 

こ、 ir> あきば か もく せん あい こ、 ろお く ,ゥ こ お あ ひ".! あは 

な 心なる に 呆れ果てた ftN、 斯く つまで も 目前の 愛に 心後れて、 おめく ど餓 へつ 凍へ つ 居る 間に は哀 

こ のこ たビ C, ち こも 5 へそ な そ ねむ なさけ もど 5-55 ば ひつ C や 5 おも 

れ此兒 さへ 堅. き 大地の 薦の 上に 僞ら啼 き僞ら 眠らして 情 を 求む る 料 どな, 9 果てん と、 必定なる べし、 思 ひ 

き す す 2- ん てんま か よ おに なん k な-さけ ひど ひろ 

a つて 捨 ウベし、 捨て、 運 を 天に 任すべし、 - 世に は 鬼な し 何ビ. ^なるべし もし 情 ある 人に 拾 はれす >J 

か あいこ C すく どころ きた ビゃ いぬ はな がまん いま ま. 

"で 可愛の 孤 兒を救 ふ 所 も.^, 9 ヒ 聞く、 假へ 一夜 を 犬の 鼻に せ、 くらる、 ども 我慢すべし、 されき 今ハ眞 

t な i どき お 5 らい このまち ふ びん かねもち いへ た なら まちなか す, -た, ► み 

夜半 時、 往來絕へし此町にては不便なft^、 金 持ら しき 家の 建て 並む. たる & 中に 捨て やれ バ 誰れ かか 見つ 

すく あば ひん なさけ あい や、 ゥゃ ば じひ おんあい こ、 ろい ま た,、 まめ &ど け t み 

けて 救 ふべ しヒ、 哀れ 貧 すれ ハ情も 愛 も 漸くに なくな, 9 果て、 窓悲 恩愛の 心 今 は 只 豆の 如く 翟 粟の 子の 

な ど ^ま まさ & & 50 ちい よ ひか み , せ, ひ • ' ) 

如く濱の眞砂の如く少さくなって世の光明たん<\-ビ見へすな^^-乙を是非なけれ0 

A こ、 ろけ つ あゆ いだ いぬ お かくどう つけ いくたび よ ば よねら す. < 

新く 心を决 して 步み 出し ゥ、 犬に 追 はれ 角燈に 躡られ ながら も 幾度 か 好き §撑 ひて 捨てむ 捨て 

€ ど ,、ま さす か あくじ な せいすけ こゝ ろお く ためら ま 505 ほ A'! ろ わた まんてん ほし 力ぶ 

む ど 立ち 停る も、 流石に 惡 事に 慣れぬ 淸助、 心 臆して 蹰躇ふ 間にい ゥ しか 東方 白み 渡う 満天の 星の 數 一 

し き ゆ あけ みや s-c や 5 か 5- や ころ み LA ばに しけ、 r ば 卜し y ほ A- 

トニ タ三四 次第 に 消へ 行きて 曉の 明 星 のみ W ける 頃 どな, 9 ける、 見れ t $ つし 力 新橋 京 橋 日本 は 

5 ち わ iO こ、 こくち や, つ なか ii^J ば しょ かっかう ひどお ► - ^^^^ ヤ^ — タき した こ/一 も,' 

し A4I^ 路の 中に 渡りて 愛石 町の 中程、 塲所も 恰好 1 人 も 起きす、 ぃ^1;\ら ばビ、 只 在る 家の 軒下に 小兒 

おろ -I き き や S らん そら けつ さんばし ろ な こへ われ お きた ► を, ほ げ; L, . •> W 

をぎ して、 早 ゃ氣も 狂亂、 空 を 蹴て 一散に 走る 後よ, 9 啼ら聲 我 を 追 ひて 來るを 耳を掩 ふて 走る と 七 八 

て 5 ものかげ ひ を い み、 を ばた かき &へ きこ I 

町。 物隆に 潜み 入うて 耳を欹 つるに 啼聲 聞へ 卞な, 9 ぬ 

観^ を S て, せ^る? I- 二 I、 ぎき ッ 腹に 轟きて 行きぬ、 首 を 物の 蔭よ, 9 見 はして 見送れば 何 處の內 儀 j 

餓鬼 第 四 六 九 



鬼 第 四 七 

つめ あさかせ び e ふ ねみだれがみ ゆる さ ぎんかん ひか s- さき り f ば ゆ たち ま 

にや わら ひ、 冷たき 朝風に 愛 を 吹かせて 寢亂髮 に 緩く 揷 したる 銀 善の 光、 狭霧 を鏠 ふて 馳せ 行きつ 忽ち 

み さて きう やう じ しゃりん おど ど、 こ わが こ き づ せいすけ こ、 ろもビ のき 

見え 卞 ならぬ、 扨は急の用事ならひ車輸の音の停らぬは吾兒を氣付か^1;.9しならひ、 淸助心 元な く 軒の 

した こぐらき あしお ビ ぬす あゆ ゆ つ iJ か $i いちば や ば ゆ ぉ& こお ろ み か,、 て. &し 

下の まだ 小 昏に跫 音竊 みて 步み 行く に 辻の 角よ, 9 逸 早に 馳せ 行く 男、 驚きて 身 を 鞠め ながら 聪視 すれば、 

なん ゆ 5 びんき やく ふ つき つじお み また あなた く ぉビこ かほ あほ f ころ 《«> たか 

何の 是れは 郵便 脚 夫、 次の比を折れて見ぉ卞な,.^ぬ、 やがて 又 彼方よ. 9 來る 男は顏 靑み頰 乙け、 裳 を 高 

か、 す!^だし つゆ かば だいち ふ ? t くち ふく あゆ < かっけ い 

く揭 けて 徒 跣に 露 乾か^る 大地 を蹈 み、 楊枝 を 口に 合み て、 ^ぼく ど 步み來 る は脚氣 まだ 癒お やらぬ 

ひど あさお 31 これし かほ 5 す しばらく ほ S かぶ s- おど こ たり てんびん かた むね 

人の 朝 起なら む、 之 も 知らぬ顔して 打ち 過き ぬ、 暫 して 頰 冠した る 男 二人、 天 稗 肩に して 胸の.^ た, 9 に 

げんこ おさ らち こ^ たか ばな あゆ く 2- ほが し あさう ほか い 

攀 固を藏 めつ、 博な き 事 を 高々^ 話しな から 步み來 る は 魚河岸に 朝 魚 買 はむ ヒ なるべし、 訝 ふかしげ に 

せいすけ 5 しろ がた み おく これ また ゆ す 

淸 助の 後 姿 を 見送,^ つ 是も亦 行き 過き ぬ 

だん あら あさひ よ まった あ はな き め や 54:1 や 5 5 ら な 5. た つくせい すけ こ、 ろ 

1 團の 鵜の 背に 朝日 さして、 夜 は 全く 明け 離れぬ、 消え ゆく 明星 を 怨めしげ に 眺めて 立ち 盡淸 助の 心 

あば しひ どし 

哀れ、 知る 人 ど 知る。 

第 五 

わが こ た なさけ て ひろ おに かばら いかめ のきなみ S らか にら みせぐ らばつ けん 5J5 

いどし の 吾兒は 誰か 情 わる 手に 拾 はれし ならむ。 鬼 S 嚴 しう 軒並の 甍を睨 ひて 店藏八 間ぶ ッ 通しの 

いへ まへ す お ひろ たま なん か ひ ひつじ や 5 か s. r ひ^ ひろ てらば ゆったり 

わの 家の 前に 捨て置きて 抬ひ 給へ ど念ヒ たる 甲斐お, 9 て 必定 彼の 家の人に 拾 はれたら む S -、 帳場に 寬々 

す わ y つか 5 ぶち めがねう へこ ほ をめ e あい. S ろ frj- まゆげ なが た み、 ぶ さ 

ど 安 坐..^ て、 鼈甲 綠の 眼鏡の 上 を 越して 細き 眠に 慈愛の 色を湛 へ、 眉毛 長く 低れ、 耳 房ふッ くりどして 

くも 3- ひた ひ せいかい なみお だ や ふく お ほ だんな て ひろ まこ^ ひろ わが こ 

曇な き 額に 靑 海の 波 穩 かに、 福々 したる ァノ大 檀那の 手に 拾 はしれ か、 もし 實に拾 はれたら むに は 吾 a 



のた 爲 めに は, あ? るべ けれ、 rkff€^a. き f しき ひきぎて は i き やうな 

れきァ レは& "^ぎら しく も^え 卞、 艇 i す S き 蒙 を ら はさす して、 われ をゎァ して 乙れ を ふして ど 算盤 



5 ら 力 一 



のー4&して1に1きて1玳1ぃ^^く、2¥まの.1ビ臟に^く^^らせて0^^,の敏は1何ぼも草書、 

> 4. 5 すく *c あん! JJ ん 卜げ てなら ひ さ、 や あ でっち こ ,^5 ざれく ち 

51 やき^ん は!^ ¥i を^ is にして Is る 哩ビ、 S り も 薄暗き 行燈の 蔭に 手 習し ゥ 囁き 合 ふ 丁稚 小僧の 惡ロ 

に、, g めしながら i けさ まに み, V/nk ど 自!^ る 番頭に 相違 わる まじ、 外に 息子ら しき 人の 影 も 見へ 

ぬはゎのぉ概,鲈は^|^|:たぬだ^^^へたら、 yi な ひ.^ にひ趴 はれし は大 幸福な. -、 拾 ふて 吳れ たか 知 

' : . i, まつお もちやの か 

t 松 翫弄物 買 ふて 



お ほ だんな かば 一 



, わら つ 、 ちろ ベ .S 5 ば さが 

て 口 がれた か 知らむ、 さて は柔 かきものに 包まれて、 ,忠 兵衛 乳母 探せ 

f VMS. i きの IP が妒 SLr た、 ひ 日 の 力 ,尋 が^け 給 ひし、 とならむ ビ、 撫でら 

^ - 1 . . ま A も か むかし い いまた,、 

れ 腐られ 厭^ ふられて lili て^き^ ヒ なりたか 知らむ、 されき 復た思 ひ 返へ せば 昔 は 言 はで 今 n 只 さ 

もしき のぞ、 虻!! に i け わる ひ. I な, - どて、 I: にやら i し il の 這 ひ 回 ft. 居る 穢き 襤褸に 包まれて 标 



らむ、 實 

に 上う 上ろ こ 



に It れ g に |g みたる 骱; ら卞の IS? を 1 ふ 5 ビし がるん やわる、 稷羅 S まれし 玉の 如き sf 

れ tli はれ ひと われさ 一 i きれながら g へ ik に lin されず I- ゆき 我が 戀 人の 情 を 忘れて^." 捨てた る. -そ 

ぉ大 ¥t れ、 ffkf 8 のこ 小 m にぎ けられて 躯 きね まの i お を まぎ かけられ、 竹箒の 先 

さに I 犬き 退けられ o.:H 、穢 $ 氣味惡 



i 、!! "になって は る もの かビ 隣家の 門口に 押し やられ、 無 東西 



> a. ひビ なさけ おどろ こ a、 

のちきながら も!^ ま" だら れ てず i がられし 我れ の. ft て 知らぬ 人の 情なき に, 畏が 



餓 



鬼 第五 



七 1 



に 送られ、 s 管 犬? の I に まれ を f し、 rf ひ あ すられ f i れ、 ! k 

しなら む i しぎれ ねき sir へ る あのき 5 の シ 力 ミ!, I の r れ& よら i し 

. 居 わる 11 の、 情 知るべき 事 はなし、 悔 ゆる./ 及き t ながら f ながら {ロちきし く 口ち 15 し、 0a0 

I 兒 はこき! r f 呎 f すの ijfe はれた る £.1 へ f は、 0sffmi0Kf 

れ ながら 小 I の 上に 穿捨 草鞋 を:? して はかなく? しか、 ^0 ii0f0t^ 

はれ?" せ は あき れ膽 f まかれて、 夢 f f れ S か r む、 

せいめ だての き、 きしゃくし やとき き P のだズ rF, らし、 オビへ ブ S てず 

ひ 出ん す を、 漸き丄 1 ものに スカ えて、 m^i の ひ r 間の ¥に、 ^^^m^ff0i 

無心ながら も氣 兼苦勞 をな し ^5 るべき か、 go f& れ。 

ひど 淸 1 る 1^ ぬ pi を i して s?if ぼく.,、 i? し 力 可 i の 摩 &r 、ま? の 

はは^れ^:へらきか:蔭けほらみ?^ o.^f し?、 ゎ五ぎ-?ぉれをすは^のき芊 

y 然も 白 曰に 顔. ^暴して I の §1 ノらむ I き? しく。 fffkf. 

ほ 上 i ら 5: 手 きさ 一き &き t ちて 請き の^ y ぎれ む を? し? て、 



餓 



七 



さら さすが わがつ みお を わが こ *^.はれ は き M ひど われ お two たか よ われ S ば 

更にな し、 流石..5我罪恐^^しく吾兒哀に、 走せ 來る人 も 我 を 追 ふ もの、 如く、 高く 呼ばう もの は 我 を 噂 

&ど こ、 ろ 4? 、 い し ち こほり なが い ま きつ こ、 ろ さた 

さする もの、 如く 心 は 縮まって 拳 石の やうに 血 は 凍て 流れぬ やうな ftN、 今 は 屹ど心 を 定めて やう に 

K んぎ上 5 て 5 みぎ お ひる われ おな ながや たち ^5 す いし 5 へ そ びら さら L ら みひ^つ ゐ なら あらめ ばし 

人形 町 を 右に 折れて、 晝は我 ビ同ヒ 長 星の 立 ン坊か 捨て石の 上に 背 を 隠して affl て 居並べる 荒 布 橋 を も 

5 すに ^^んばし ほど; 7 い づ ばし たも ど たてい し まよいこ し かた たづ かた きざ 

打ち 過き 日本 橋の 邊に 出れば 橋の 袂に建 石 一 ッ、 迷兒の 標石なら む 「知らす る 方、 尋 ぬる 方」 ど 刻まれ 

み 5 なか まい かみ は おれくぎから か しる もじな、 め 

見る ども »く 打ち やれば、 何 nS やら 書きつ けし 一 枚の 紙 貼られたら 折 釘 流に 書き記され る 文字 は斜 

が す f ひか 5y すべ まなこち. S はなたか くち 5 けく ち ちい まゆ ほ を こ かみ 

斯燈の 光 を 滑らしぬ、 「眼 小さく、 鼻高く、 ロは受 口にて 少 さく、 眉 細く して 濃く、 髮 かふき. 9」 さ 

い っビ きまな こ す AiJ ひか i わが こ に にん さ 5 ひつ. * しゃ、 りひろ たれ か けいじ 

てはヒ 一 時 眼 を 凄く 光らせて、 あら、 能く も 吾兒に 似た る 人相 かな、 必定 拾 ひし 誰 やらが 斯 くは揭 示し 

をのお や もど ため おも ひき せいすけ さすが みれん き なつか なほよ み い • ふく ち. y み おは ぺん 

て 其 親 を. 索め む爲 か、 斷念ゥ たる 淸助も 流石 未練の 絕れ やらで、 懐し^ 尙 能く 見れば、 「衣服 縮の 大辨 

は. St ま わが こ せきへ 5 おもて み な, ん こ たづ かた 

慶 縞」、 さて は我兒 にて は あらさう け ft- ヒ石標 の 面 を 見れ は 何の 是れ は、 尋 ぬる 方な ft^o 




ふ どん かさ うへ あぐら ゆだ たばこ ばい ふきた、 お^ .!> づか ち. しろ みづ たまし gss- g かた, き 

蒲 團ニッ 重ねた る 上に 胡坐寬 かに 煙草く ゆらして、 灰吹敲くー看も靜な,.=^、 後よう 水玉 絞の 浴衣 着た る 

いろじろ をん な ぎ ふ うちば わ おつ ど あ かた ほ &み わが ひざ うへ ちな かばお マ. . 

クッ き, CN ど 色白の 女、 岐阜 團 扇に 我が 夫 を 扇きながら 片頰の 笑 を 吾 膝の 上なる 稚兒の 顔に 落しぬ、 やか 

おど こ こば の ひた あば も り て じゃく ど、 ゥふ し わな &ひ ふつ,, (- ほ、 どばし & ゆん ^び さき 之ん お」 ふう 

て 男 は 氷に 浸せし 泡盛 を 手酌に して、 S 腑に 浸み 渡る ゃ醉は 沸々 ヒ して 迸る 五本の 指先、 椽に落 づる簷 



if の!: にお かこ i けさ まに な, 9ii1 手 をう 後に つ. き、 Is ノ さし 伸べ て、 月よ 月よ パ 好い 月よ、 燈 火の 用意 は 入らぬ ど、 

^を 肴に 齡も を 1 むけよ、 をれ か を M によ 乙せ ど 抱き 上 ぐれば、 稚兒は にこやかに 笑 ふ 父の 顔 を 見 

おげ て、 観らぬ ii^ に、 . ^ぉ赠 & くり、 十三 七 ツビ、 あ^けなく 若楓の 指に 月 を 指して 是れも 笑 ひぬ。 

t-J r う- » it さ、 すナ わが こ わが こ 5 れ この や あるじ ひろ ビ. お なで 

i が g に g^ss たる 紀脉、 ャ、 吾兒 よ、 吾兒 よ、 嬉し ゃ此 家の 主人に 拾 はれて、 ァ レアの 通,^ 撫られ 

* ら、 b ^ f まゆ ひい まなこす,、 によ 5g5 ばな をの ま、 こ Z ふ 

i られず i がられ SS る rJ を 果報 "力の なれ、 ャ、 眉 秀で 眼凉 しき わの 女房、 ぉ花さ1H其儘なft^、 是 れも不 

' .t > t 、 is し .りり*4; ひ £ おも こ^^ょ ぉ5^ つき なが みた W わら をのえ 

S# 銜も不 思静、 酽 かに 黄泉の 人 € 思 ひしに さて はま だ 婆 婆に 在せ しが、 月 を 眺めて 三人して 笑 ふ 其 笑 

鼴の > おれ も ぅきく しき、 ^IT めだらぬ m ぎだて すな、 懷& しの 花 吾 兒の顏 を 見た し 見た しく 垣の 間に 頭 差 

る A の い なにもの くだ ばか ほ をく びつ か ちう つる — 

入れば、 已れビ 言 ひさ ま 何物 か碎 くる 計,.^ に 細首擢 みて 宙に 吊す 

さヂ こえ ゆめ やぶ な 5- ねむ ゐ む ざ 5 わる おど こ け ^.^^t せいす k -む - ) • - : 

わな ど 呼 ふ 聲に夢 破る れバ、 隣に 眠, 9 居る 寢 相の 惡き 男、 . 毛む くじ やらの 泥足 を淸 助の 胸の わたらに 

、 5 i な あらし あや に ほひ ほ 5 5 あ、 ゆめ ゆめ _ この ゆめな つた 

f み^ばして、 * の 嵐に 怪しき おかしな 匂 類 を 打らぬ、 噫 夢な fto か 夢な. しか 、此夢 全く 正夢に して 

J > ,ゥ C -、 .-s ろ し i な ゐ み この ゆめ ぬめ わが こ た て 

|?^ハ|^-^,^き^に拾はれしか、 死せ るお « の 居る を 見れば さて は此夢 さか 夢に て 吾兒は 誰か 手に も 

^はれ 卞、 まて 喊て經 へだ, 9 しか、 ^sl お.? 9 吾 兒の成 行に 氣を摄 みき. 9 磨し 切. て、 只う ゥヒ. 

む fe; & くも 物の F& いなりて 霸の f に爵 おち 地、 emfff 1 1 わ まの ひ 日 1 の や 家 ぎ らふに 

fj t へま こ 5 き ちん や よ ク *^ しの あ す かて け i * めさげ 

i なく、 ^ に紛, れて げ 13 し、 今は此 木賃宿に 一 夜の 露 を 凌ぎ、 明日の 糧は いまだし も, 今日の 朝餐に 

やきば ん ひどつ くら あ、 の; か は みづの ► > 

燒麵包 一 片食 ひしの み、 噫喉渑 きぬ 水を飮 まむ か C 



る は^のみ どお きひし に mss に M の i す、 i ふ ものり 昔 を 忍び、 語る もの は 聲を竊 む、 何事が おか 

せ. S すけみ * すま 

しきに や ヒ淸助 耳 を 澄し ぬ 

第 六 

の を^ ひて n ッ 酽ぎぁ|し たる IT 帳の な # ば み f ば i みたる が、 ならで. nWf 一一 重 怪しく 色 

||たる5!のず^-っぎ|^られ、 f 舻^ かし rj を!: みに 蠍 Ifi もて^られ たる は 蚊の 入らむ と を 防ぐな 

え iii れに il を鎚 して. ままち の I をき ひて おのお、 くの!. に 5- ち I したる 二十 六 七 個の 怪物、 五 尺 ゆ 

酽づ かた 枚 や^、 贮 1 の ffil ひビ して « めし くひ % ぬらの 鹂をカ 慰へ、 あ.^ W すな、 脊が觸 る は、 何處で 

k - , 9 & fc-^^ む こぶし のば あし k 

かつお ふた、 I 力し は mis もすべき もの ど、 ^を 彼方へ 向けよ なさ 拳 を 伸し 足踏み 穴く. -て、 わら 

f ai なり ふ らち ね i くさく てんく わ ふ きな ほビ W 

れも なき gm&ir 嫁て す や/ が らも- fst ら訴 ふる 博 もな さ寢 言の 種々、 天花 降- * る佛 

のせき >、 力き ri る、 ひき 参ん も、 I はぎ けられし きふ 鉄の 1 く ふはくに、 心 は 石山に 

お 生 ゆる mii の き く、 き, 41 みたる こ 曰 il- の ひ ム^に はは £ 鍵に も 鑑 ら^る、 しそ _ "及" れ なれ、 乙の 哀れなる 人 

が 1 しからぬ I 一ながら 崎 かなら むヒ するどて ろ を、 の M 鉦よ, 9 數 知れぬ K きも、 得た ft^ かしこし ど、 

^にか つれたる ¥き<&% て禁, c4 ふ! i. しさ、 が M に, たる ほ 反ぐ 故 1 の tmilr "誰れ やらの 手に 書れ し 

t が" の ¥ 酽 ぎが i ませし そ のま、 を" 貼. - つけたる がぎ ぼ ま ぼ, へ. -て 薄暗き 火影 は、 蚊帳 

のて よりき もくろ しげに & ちて、 ちに &ら たる IS や この 惡氣を 吸 ひつ 呼き り、 靑 白き 額の 上に 

餓鬼 第五 七 五 



^鬼 第五 nmsal 七. K 

きざ し もち わかき ほ もじ ひ つき お ほ がく fj や や^ 3 さへ づ リ 

刻まれた る 「死」 の 文字 は、 若木に 彫られし 文字の やうに、 日に 月に 大きくな. 9 て、 學 者が » しう 囀る 罪 

み い はやおけ やん かけ ざ わん いも かゆす、 やがら わ いのち ほか かわゆ ひど 

惡ど^-言ふものも、 早 橘 を膳ビ して 欠 茶碗に 字 粥 る 輩に は、 我が 命よ, 9 外に 可愛き ものな く、 人 を 

あざむ もの ぬす これ わ よわたり わ ざ こ、 ろ ば むぎろ くこめ し く けっく き らく S れ 

欺 さ 物を盜 みて 之 を 我が 世 渡の 生業 ど 心得へ、 果て は 麥六米 四の モッ ろう 食 ふ を 結句 氣樂ど 嬉しがり- 

こんば く わ からだ ばな 50 き む;: J ちら びん . け す な だ しびれ てのひら U ぎ 

魂魄 ス ガレた る 我が身 體を 離る、 時、 胸に ヒ ヤリ^ 散げ る 鬉の毛 を 摩 ftN つけて 淚. おる く 麻 痹し掌 を 握 

く によ-つゆう まつ、 I" みづ かみ ひた こ ゎがく^^55る ぬ く かわ わが 

fts 吳るゝ いどし き 女房 もな く、 末期の水 を 紙に 浸して 焦げる やうなる 吾 唇 を 濡らし 吳る、 可愛 ゆき 吾 

こ をビば あか そ、 わお も、 レ みづ ビも るの よ なが ゆ くビ ヒも だち 

兒も なく、 卒塔婆に 闊伽濺 きかけ て、 吾が 思の 7) の 水 ど 共に 黄泉に 流れ 行けよ ヒ かき 口 說く 朋友 もな く、 

た *、ぃ ぬ おく あさ ばか 5 ち ねむ も いつ な な (- くさ なみだ こ ほ あさ け うかい 

只犬に送られて淺き墓の中に眠,o^、茵へ出づる無名草のみ淚を飜しくる、ばかft^なる^Jの淺ましき境界o 

6: いすけ s- れし g め ね ざ, r わ ぉビこ か みだ さむ ひち まくら ばづ き よく あ. <ぴ かしら もた 

淸助、 嬉か りし 夢 を 寢相惡 るき 男に 攪き亂 され 淋しげ に 肱 枕 を 外して 氣 力なき 欠伸し » がら 頭 を瘙ぐ 

お いまい っビき e" あい わが こ はな えが ほみ あさが ば た また、 えん ばし 

れは、 惜し や 今 一 時 可愛の 吾兒、 いどし きね 花の たわいなき 笑顔 を 見て、 舞 花の 絶へ 間敲 きて 緣の 端に 

こし 5 か かた おも 5 ま たの ゆめ のこ ようしゃ あら を くら のみ か なんきんむし 

腰 打ち掛け うれしく 語ら ひど 思 ひた, 9 し 旨き 樂 しき 夢の まだ 殘る を、 用捨な く 爭ひ食 ふ s、 蚊、 南京 蟲 

as- つよ かゆいた か お あが みづの ひよ ろめ ふ いだ さな 

の 刺の 銳さ、 痒し 痛し ビ パリく >J 爪き むし ッて 起き 上 ft/ 水飮 まむ >J 蹌踉 きつ、 踏み出せば、 宛 がら 

t ,a みだ あや おど こ かづ あゆ みや.. ばら こ あし よ から 

飾 をつ けし やうに 寢亂れ たる 怪しき 男の 數々、 步む nS 路な きを やう X- にして 腹 を 越へ 足 を 除け、 辛う 

か や もす を か、 げ かって かた ばい おどた ねん あゆ たび あや おど いたじき $ -じ やう 

して 蚊帳の 裳 を搴て 勝手の 方に 這 ひ 出で、 音な 立て ど ど 念じつ、、 步む 度に 怪しき 音す る 板 敷 を、 泥蹯 

ふ はらんべ i め...! もど やみ ど かく ひしゃく さぐ て おけ さ £, あ. やにく みづ た • 、そこ 

蹈ひ童 部の 足元お かしく、 冥^がら 鬼 角して 柄杓 か $ 探 手桶に 差し 入 るれば、 生憎 や、 水 は 只 底の 

あ しづ ひし. やく ま ばい ばい iHS あほ はらな 

かたに 在- V、 靜 かに 柄杓 を 回 はして 三 杯 四 杯 五六 杯、 しf^ゝかに簸,c^c^けて腹撫でさす,-、 



わね; こかへ f ふし ぎ われ さ. めさ おど こ 3^そ,=- ろ かたら こばね , 

我が 寢 所に 返ら む^する 折し も、 不思議ゃ我ょ,=^先きに眼覺ひる男ゎ,o^て、 し^も 細, -ど 打ち 語 ふ聲音 

しづ 上;! き いろ にわか かた きこ にん ま t>J ひ み 

の、 沈みた る、 澱みた る、 黄色なる、 嗄れた るが 迭 みか はらに 聞 ゆる は 五六 人の 團欒ど 見.^ た.. 

しゃ 5 ち ど きす、 Lf 5 かみ どころ t やぶ ほ; J お ひど さし 

障子 は閉 なられ たれ.^ 黃 はみ 煤 sftN て 性 も 失せた る 紙 は處. ^破れ、 骨 もこ 、かしこ 折れ たれば、 人名 

ゆびつ ば へや 2- ち のこ み へや てんじゃ 5 ぎ わ れい ほ&ば S- かけあん: その ほ がけ 

指に 唾つ け 卞ヒも 室の 中 は 殘ら卞 見べ た 6/ rJの室の天井際にも例の反故貼の褂行燈ゎft^て、 其 光 影の 

5 すくら あぶらつ も 5 こ しつない かた おど こ かほ さたみ かた ビ きまよ 

い^ > 薄暗き は油盡 きたるなら む、 蒙.^ たる 此の 室內、 語る 男の 顔 は 定かに 見,^ 難 かけれ^、 時 は眞夜 

なか ば し 上 き ちん. ゃ& を/、 かた こわね 5 しづ やみつ,、 な お 七 さ 5 だん 

半、 塲所 はさ もしき 木賃宿、 細, -ど 語る 聲 音の 打ち沈みて、 停て は續く は、 何に やら 恐 る しき 相談なら 

む。 

くさ き にんげん ねむ お がば みづ つき かげ くだ し > * せ: か卞 • スが t£ 

草 も 木 も 人間 も 眠 ftN 了う、 小川の 水 も 月の 影を碎 か?!; るまでに 死せ るか 如き N> の 世界に、 上野の 鐘ハ 

、,J や か i^J つお さな いん & 5 わた ば、 ゥチ 5 な わな 5 しみつ &き このむ たり 

午 夜の 風に 傲 は, 9 て 宛 がら 引導 を 渡す 老 * の 呻る やうに ひ 5. き 渡る 満時、 あやしき は此六 個なら ビ、 

こば めみ はみ、 た へや すみ ら てん^し £ビ ひか 《- たばこ ふ 

淸助畏 か ftN ながら も 眼 を 瞬り 耳 を ひき 立 つれば、 室の 隅の 闇き どこ K: に 一, 點 星の 如き 火光 は 煙草 吹く に 

お 50 ふき がらた、 しばら まだ たばこ ふ み たな. 七 こ のた 

や、 やがて は, だ. ど 一昔す る は 吹殼敲 きたる ならむ、 暫くして 復も 煙草 を 吹く SO 見へ て、 掌に 殘る 吹殼 

ひまろ す をの ほ かげ かほ 5 つ み ひや クろ ひか かほ , さ , ' 

の 火を轉 はしながら 吸 ひつく る 其 火影の 顔に 映る を 見れ バ 日に 燒 けて 黑 光.. y ある 顔、 繮に 貫され し鍵錢 

ち .f かみ ひたへ た さが を の あ ひだ かたなき や 5 ちき f ビ ひだり ? * ゆた な. - めめ 

の やうに ぶら. CN- (- ヒ螺れ たる 髮の 額に 垂れ 下, 9 たる 其 間よ ら刀瘢 か、 打疵 な、 左の 眉を斷 ちて 斜に目 

り きわ < ;-こ にん お £ こ くら ども. -び てら かす そ 力 ほ おそ . A 

目の 際に か、 れ 6/ 殘り五 人の 男、 暗き なから も燈 火に 照らされ たれば 微か ュ 其の 顏容 恐ろしき が 見ら 

つちいろ くちびろ あつ ば ふ いけ らんく い つい あ <^ ば^ば.; >;^5 々バ ゝ まゆ ふ.;;^ D 

れた ftv、 土色な せる 唇 厚く 齒は 古池の 亂抗の やうに 突き出で たる、 或は 鼻 tt 頗ょり 低く 眉 は 梟の やう 



載 鬼 第 六 lull 七 八 

さかし; 》 た また たな £, だんく ぼ そこ まなこ ひかりす る: ii あな のん ビ つた むな け 

に 倒に 立ちた る、 又は 額 骨 棚の やうに 出で は ft> て 一 段 窪みた る 底に 眼の 光銳 く、 頤 ひげ 喉 を ふて 胸毛 

つらな やぶ かた ほろ あ ひだ がん にら &ど あら い はだ おろち ほりもの 

に 連. CN、 破れたる肩のゎた.c^の鑑縷の間ょ,c^、 一 眼 睨む が 如く 現 はれ 出で たる は、 膚に 大蛇の 文身せ る 

おのく け S 5" だ ひざ いだい おどが ひ うへ の あろ かた ひち ま かたあし お よこ ふ 

ならむ、 各 毛む くじ やらの 脛 を 出し 膝 を 抱て 願 を その上に 載せ、 或は 片肱 曲け 隻脚を 折うて 橫 nS 臥した 

かべ よ あしのば あな Q や 5 て さゝ ふま かば づ ばらば い みな ひ.. とくせ 

る、 壁に 倚 ftN か、 ftv て 足 伸せる、 頤の あたう を兩 手に 支へ て、 踏れ たる 蛙の やうに 葡匐 せる、 皆 一 癖 わ 

つらた まし ひ せいすけ おも ち "J- あが 

るべき 面魂に、 淸助 思ハ卞 縮み 上. ^ぬ。 

たばこ ひ どぃ き ふつ ふ ひビ 5- おど こだみ こね 5 ま さけ $ わす し ま しもう さ き さま まい 

煙草 一 息に 弗ヒ吹 ひて、 一 人の 男濁聲 にい ふ。 ァ 、旨い 酒の * も 忘れて ft 舞 ふたが、 下總、 貴樣 ハ每. 

ばん ぶん 5 ま に ほひ お ね& どな 、つれ ね くる ねむ f き & その つら 

晚氛 S 美い 薰を させ 居って、 睡 言まで 何が 嬉しい £:、 寢 苦しうて 眠られぬ 折、 をれ を聽 いて 居る 其 辛 さ 

す こ さつ もら なべ めし く もら ねんち ,5 へや ね おき は 5 ばいか い なお >J こ 

を 少し は 察して 貰いた し、 一 ッ 鍋の 飯 を吳れ た, 9 實 ふた, 5 して 年中 乙 の 室に 寢起 する 朋輩 甲斐 も 無い 男 

わい 5 ま い かぅし^-ー^-!^き おも お ビ 、 ひ じす あば だ 5- 、りら み づ ぐち あ 

だ哩 旨く 言 ふな 甲 州 大哥、 思へ バ 一 昨日 夜の 十 一 時 過ぎ、 周章し く 裏の 水 汲 口 をコヂ 明けて、 ォ 

こば わる いぬ い たづら いた いた ^T^^ く つぶや いきき ひしゃく 

、恐い 惡$ 犬に 惡戯 されて 痛し 痛し。 向 脛 をした、 かに 食 ひっかれ たど 咳きながら 息を絕 らして 柄杓 

ばいみ つ その やうす そつ しゃ 5iJ こ のぞい & しな あ 《• がた 

に 三 四盃水 をた てつけた 其樣 子のお かしければ、 竊ヒ 障子 越しに 窺て 居る ども 知らす、 何やら 有難い も 

ふ どころ ど いだ ほし あ 5! み& なに ばう ばい よしみ め >^くゎけ ほし 

のらし きを 懷ょ fiv 取. 出して、 星 明, c> に カスし 視て 居た あれ ハ何 か、 朋輩の 好諠に 愛で、 お 福 分が 欲し 

わい た かう. し 5 あにき お ほ くら サみ ばう 5 づ くま w お こ、 こ 

ぃ哩、 ュ 誰れ が、 甲 州大哥 が、 己れ も 欲し や、 そんな 冥い 隅の 方に 蹲踞て 居ら 卞 ども 此 所へ 來ぃ、 

こ にち いちじつ もど い y-io こも お あ, や f さ こけが あにき あや 

此の 二三 日ハ 終日 外へ も 出で 卞閉 籠って 居る ハ怪 しど 思 ふたが、 何 所 か 怪我で もした のか 大哥。 怪しい 

あや こど おもしろ 

怪しい、 事に よったら 面白い ど。 



>^tnw, こた あが かたすみ め ひか ゐ ぉビこ かひな つか ひか かたて おが て *^ ふ 

^1^個の男立ち起.9ゥ、 片隅に 眼の み 光らせ 居 4^ る 男の 腕 を 攫み て曳む どす る を 片手 拜 みに 掌 を 打ち 揮 

fts て 痛たい./., *0 靜 かに、 靜 かに 

せ a お y.- あぶらつ どもし びにば あかる ぶ 一 ほ ケ&, ^ , > み, -I 

チヤ ラ C ヒ錢の 一昔す、 油盡 きた ftN けむ 燈火 俄かに 明くるな. 9 て 貼れる 反故の 文字 も 鮮ゃカ ュ 見 ゆる 

おも ま 10 くら ゆき あや むたり ひ^ やみ しづ , おば * 2:^ こえ, T た は f し 督 ^」^!v レ 

>J 思 ふに 又も 暗くな. 9 行きて 怪しき 六 個の 人 も 冥に 埋もれ 了ん ぬ、 細き 聲 して 打ち 語る 話 も 杜絶れ 

くち • つ ひ い おせろ さけ もく こどば ) 

ぐ fo ャ。 乙れ か、 五 個の 口 を衝て 出づる 驚きの 叫び、 やがて 默 して 言葉 もな し。 

せひす f かしら ち V あし つまだ 》JS る お を めす み を ひど おに _ 

淸^、 頭 を 縮め 足を歧 て、 おどげ を 振って 恐ろしが, ON、 もしも 竊み見 居る 人 わる をァノ 鬼の やうなる 

お £ こ み わしつ A つ A にく くら ほね ねぶ は き,. ば, > 

男に つけられ ひに は、 鷲 攫み に 攫 まれて 肉 をゃ啖 はれむ、 骨 を や 舐られむ * 早 やくく ヒ氣は 逸 やう 

ちし こ まく あゆ こ、 ろした が しば ば むら g や 5 て いき ころ い たち 1 . ^ゝ 

て も、 足は枯 * の やうに なって 步 まひに も意從 はす、 暫し 柱に 雨 手 を かけて 產を B* し 居る に 忽ち 呵々 

b>3 IV it^ き し.?, n やみ ばな し で き はづ せっかく もら この かね L たおび , . V 

ど Ik ふ 孰して、 チヨ ッ燈 火が 消えて 仕舞た、 冥で も 話の 出 來ぬ箬 なし、 折角 寶 ふた 此金を 裸に くるんで 

ま』、 めて、 « 観 iki^ かし $11^ る翌の 晚を樂 しみに 眠ろ ふか、 S や t.K 帳 も 》 きこの 室の 中、 翌を思 

ね 5 ま A め か のみ しらみ く ざんねん ► おも しろ はなし か は せな, *5 、 5^ 

寐の旨 S 夢 を * む^^;く蚊、 蚤 E に 食 はして やる も殘 念な ,0^ 面白き 話を迭 みか は. ON に 話し合 ひて 睡 

►C り \ 一き ま." し もしろ た ぉ& しらがあたま ねんらい ざんげば なし げ , 

S うなった 41^ な ftv に 談話す ると、 面白から む、 誰れ も 同じ 白 髮頭、 四十 年 求の 懺悔 話 も 興 わらむ 大哥 

の 観 ^挑 はー戯 き 1^ しわるべし、 §な してき かせよ、 ii かば それよ-! ノか is て銘々 の 手柄 談も湧 

い かた き 

き出づ べし。 語れ。 聽 かむ。 

^ぃま し、 Ik しい まがお i-T^ に II しきれぬ II わるが、 "化 はさて。 だ 殺し ほき 畏き話 は ある まじ、 二 

餓鬼 第 六 、七 九 



娥鬼第 六 八 〇 

よ .-3 ん せん おかし われ ^"っき ざ か あかざ やむ ぞ だんびら ひらめ まつな みき こ したやみ だ ,、ど て ATH り 

十餘年 前の 昔に は 我 も血氣 盛. 9 の 十七 八、 朱鞘 無 反の 剛刀 閃かして、 松 並木の 木の 下 冥に、 旅人が 提灯 

けつ たまぎ こ lof し たち かせさつ お £ つみ せっせ 5 こビ ひどき きみ こ 

蹴て、 魂消る 聲を 知る べに 太刀 風 概ど音 させて 罪な 殺生したら し 事 わ, 9 しが、 人 を 斬る 氣 * のよ さは 肥 

ふビ おど こ き かき おさな ころばつ 、つ 5- いな 5- しゃせん 5 た、 た^,こ さ その 

へ 太, 9 たる 男 を 斬る に 限るな 力、 幼き 頃 * 午祭稻 荷の 社 前に 打ち 敲 きたる ァノ 太鼓 を 裂く やうに て、 其 

氣^ の 好 さは 得 も 言 はれ 卞。 . 

なまぐさば なし. やみ ほどば し せいすけ み、 こ またお を まなこ すみ、 た ひく 

腥き話 冥 を 迸って 淸 助の 耳に ぷッ かる や、 是れは又恐^cしど、 眼 を 据えて 耳を軟 つれ バ、 ハ 、 、ど 低 

わら こ い われ またば こね き あど あみ ば { もて あにき こ ぶん す こ わらん ち ち しま ふ 

く 笑; S て 一 個ハ言 ふ。 我 も 亦 箱 根の 關 跡に 網 を 張. し蛛手 大哥の 子分 どて、 少し は 草鞋に, m 汷を蹈 みし 

こど くび ぎ みり ベ 5 たん なん f ひどき- た 4; S 

事 も わ, GV て、 首ち よん 斫るは うら 成瓢簞 もぎる よ, 9 何 ビも思 は^ 6 し、 人 を 斬る に は 丈 卞んぐ ど 筋 

t< ねかた を どこ かぎ さ かひな て& たへ おの ふ かざ まつ き 《- くぴさ なま あた ちけ む 

骨 硬き 男に 限る は、 冴へ たる 腕に 手 答して、 斧 振, 511 して 松の 切株 割く ゃラ に、 生温 4^ かき 血 烟ぱッ ど 

ば な あなむ ぜ. S きみよ かぎ , 

鼻の 穴に 咽び 入る 、氣 * 好き 限, 9 なれ ヒ $ ふ。 

むしろ お 5.- こ おど こ £" どく & はな 2- & こばね や か 

席 ITT ら ど 音した る tt 1 個の 男に ヒ. 9 出で たるなら む、 得意の 鼻 を 蜜め すかに や 、暮音 も 稍丄咼 く、 

き きひ ビ ころび ひん ころ きみよ ふ .A^-V^a 

さも をう 卞、 さ ftN^ がら 聽け、 聽け、 人 を 殺す は 美人 を 殺す よら 氣味 好き はな かるべし、 揮う か^す 刀 

した あめあられ お なんだ をで 5 < ^ ばな ち しづく こ ほ びん ち たまぎ 

の 下よう、 雨霰 ヒ落 つる 涙 を釉に 受けて かき ロ說 きつ、 か? I; しの 花 は 散, 9举 飜る ゝ鬢は 散らげ て^ 切る 

こ. そら ひ,、 なまぐさ かせ ふ ぁビ t しづ きみ 上 .jt やう 4J やう 

聲の S に 響き、 やがて 腥き風 吹 ひたる 跡の 凄い ほどに 靜 かなる は、 氣 * 好き i の 項 上なる べし。 

さすが こ あら s も ひし こビ ねつみ 16 きば S- はし き、 な 

流石 是れに は • 荒膽拉 かれけ む、 答 ふるもの なし、 鼠 一 匹 梁 を 走って 嘻々 ど 鳴く のみ 

あま お をろ せいすけ ためいき ふ か ひど ばな まぎ い ク あきた くさめ の &ろ 

餘らの 恐し さに 淸助 溜息 ふつ ど 吹けば、 蚊 一 ッ 鼻に 紛れ 入 ftN て衝き 上げ 來る嚷 を やう やくに 飮み殺 



r* すき し かつ めみ たま をら わ へや a らば きた , あばた" , 

し、 竊み聽 きたる と を 知ら n 如何に 辛ら き 目 見 るら む ど、 魂 を S になして 我が 室に 锢匐 ひ來. ft- 周章し 

> ^ もす,, C つ A あ どこ ね ひ ひビ f け- きまく らち 5 お SJ ビな , ぉビこ ."5 む 

く I- &の 《お を « み 上げて 飛び込めば、 した、 かに 眠れる 人の 頰を 蹴つ け 木 枕宙に 躍って 隣れ る 男の 胸に 

ぎち ぬ、 ^ぎと 跳ね, きたる 荒 くれ 男 己れ in さま 臂を 伸へ て淸 助が 襟 を 攫み ぬ- 飛び 來る鐡 の 拳は鬢 

ら こ,, J め あや ,51 さ-;' もんが た どな お 50 こ >」 お むち 5 おの - まパら た) 力 

に 《s て 眼 も くら- (^ど 怪しき 五彩の 紋形 チラつ きぬ、 隣れ る 男 も 飛び起きながら 夢中に 已れど 枕 投け返 

せいすけ あた あよ ぉビこ ほ 5 ばらつ か ► や. dl , .V へ A, . > 

へせば、 淸 助に ハ 中ら で 荒 くれ 男の 頰を拂 て 蚊帳に 觸れて ふ ヮらヒ 滑り落ちけ. 9C 

JL* む さ, pis せ けしり よく いた つか て ばな にいだ : > かや-つい, k み: ^ 

, 南無 三 寶ど淸 助 死力 を 出して 攫 まれし 手 をモギ 放し、 逃け 出さむ ど すれば 蚊帳に 包まれて, 身ハ網 

6- ち s を つ て ふつ き もが い 5 へ からた あられ ふ く ら^け;^ いた 

の裡の 魚の 如し、 やかて 釣 手 弗,?. J 截れ て、 苦爭 けば 愈 やが 上に 身鉢搖 かす、 雹 ど 降 ftN 來る亂 拳の 痛み 

たまし ひわ からだ ぬ で 5 ろし ろ すな あな うち 

も、 やうく にう すらぎ て, 魂 我が 鉢 を脫け 出づる やうに、 われ、 あれ、 漆よ. CV も黑く 凄き 穴の 中に、 

^ こ、 ち つめ かせ ほ 5 ふ きみ わる おも まなこ さき こん ど 5 め 5 

ふらく ビ墮ゥ る 心地の する ハ 、お 、冷たき 風が 頗を吹 ひて、 氣 * 惡 い、 ァレ ど 思 ふ 眼の 先に 一 點の燈 明 

みひら あら おど 二 にん かこ ゐ 

か ッ ビ& けば、 はゃ硬くれ男七八人に圍まれ居たft^けft.c 

^る 1 ^ま & こゥ け? けつ わざ ゆる わぶ き 1^ おど 

^し^へ、 疎忽 なれば、 決して 决 して 故意 どならぬ となれば 容赦した まへ ど 詫る を 聽か卞 見れ バ 一 

ぎ^ i ひ;^ むだ ま Mil、 久し 振 の^し S 夢 を 蹴破られて は 堪忍なら ぬ ど、 ひらめの 樣に 平たくな つて 蟋 

t も、 たびち たび やた ま さ なん-5^- したた" わび * , -f! んち 、t, っズ ゝ % V ゝ ^ 

蟀の やうに 百度 千度 頭 を 低く る も、 汝の 舌が 爛れる まて 詫い ふても それハ汝の勝手な..:^ 郝さヒ 赦 

a- る こぶし さき よな こす ひや わら よ ひ 力ぶ 50 え ひ さ 

さヒ、 赦す もの か。 拳の 先に 鼻 を 摩って フ、 ンさ 冷やかに 笑 ひながら、 宵に ひッ かけた 兜の 醉も 醒めて 

しまつ- S ら わ た-' かんにん わ. & 5 しろ S おど こ ひど 

仕舞た、 卒 おやまり に 詫びた ft^ ヒて、 無價 では 堪忍が ならぬ 哩。 後よう シャシ ャら 出で たる 男 いふ、 人 

娥鬼第 六, ス 1 



さ 2 あ f さけ か か おれ わび. S きさまい か て あば 

騷 かせな 阿呆らしい、 酒 買 ふか 買 は V 已が詫 言 ふて やらむ、 貴樣が 如何に 掌 を 合した ビて、 それ そ rJ 

いろ お ふ どい さけ か か わ わびい く 

に、 色 をつ け卞ば 押しの 太 $ ^云ぶ ものな ftv、 酒 買 ふか、 買 は^ 我れ K 言 ふて 吳れ む。 

ち わ がん せん さいなん のが よし さけ か かしら ふ いか らん けん もど わ み 

地よ $ 湧きた る 眼前の 炎 難 免る、 に 由な し、 酒 買 n 卞ヒ頭 を 棹ら ば 如何なら む、 亂 拳の 下に 我が身 は 

^ ^< ひつじ や 5 さけ か ひね もす こ ゑ かぎ そでな せん せん こ せん の 

麋肉 となる は 必定、 酒 買 tt むに は 終日 聲限, 9 に釉 乞; S したる ニ錢 三錢、 なんの 是れは 詮なき HJ な. 5、 飮 

S し けっき お こ さ * ひろく か ばか めい 5 かけ しよ も 5 の > し 

む と 牛の やうなる 血氣の 惡漢、 S 酒なん き 買 ひたらむ に は 吐き 返へ して、 銘打った る 酒 を 所望 ど、 罵ら 

- ひ あ せったいせ つめん ビ ころ 4^-ぃすけぃ けつ あす さけ か か 

れむと 火よ. CS も 明けし、 乙 ゝ 絕體絕 命の 所な りヒ、 淸助意 を决し よし さらば、 翌日 酒 買 はむ、 買 はく 

ばい ぜん みづ よ 上 ひ つみ なが くだ なまい きか も 5- はな 

盃 洗の 水に さら $ビ 今宵の 罪 を 泣して 下さる か。 生 意 氣な賀 ふなら よし ど 襟つ き 放せば、 ひよ K> ^ど 

よこ た はしら か SJ ひたへ ミ 

橫 さまに 倒れ か、 て 柱の 角に 額 打つ,. て、 ,0 いたし 乙。 - 

, くつ めが" かほ あほ ひど い こ > ろ よろ つよ かち しゃかい お y こ 

理屈 どい ふ もの ハ 眼鏡 かけた る 顏の靑 S 人. の 言 ふ もの ヒ 心得へ、 萬づ强 S もの 勝なる 乙 の 社會の 男の 

まへ りくつ かが ぷ くろ - かぶ ねこ あと ちから き お しりお や 

前に は、 狸 屈 n 乾 袋 を 被, 9 し 猫の やうに 跡.: Li さ,? J て、 力お る もの、 氣負 へる ものの み 尻尾 を燒 かる、 

5 し つの ふつ お 2- こ 5 さい f- たは ぬ くち あたり つ い tsS むらさ ま 

牛の や.^ に 角 を 揮て 橫 行し、 ちョ rJ 才な 舌 吐け、 拔 かむ ヒロの 邊 をした、 かに 捻め られ て、 痛 や 紫 

あ 50 かたみ お い だ きま お を こ S なかま すん を こつめ いだ わ こぶし いた 

の 痕を紀 念に 逐ひ 出さる、 に 極った る 恐ろしき 此 社會、 一寸の 琼忽に 眼 をムキ 出して、 我が 拳の 痛まむ 

5 た、 は よく さけ か よわき み fvfi.. げん { ちお ちお くちお 

まで 打ち 敲 きて、 果て は 慾に からん て 酒 買へ ど 弱 を 見 クビッ ての 雜言、 口惜し、 口惜し、 口惜しけれ^ 

こ :!? い ^ る きら おさな お W ち みちび 上 ろん & ほん 

是れも 命な, CN、 命ビ諦 むれば それまでながら、 幼き 折に 字つ きに 導かれて 讀 みた, 9 し 論語と かいへ る 本 

なか くちくせ をら おゆ じんぎ れいち こ 5. しゃく わす よろ もの れ i, あか 

の 中に て 口癖の やうに 空覺 へたる 仁義 鱧智、 やかましき 講釋は 忘れ たれ^も 万づの 物の 靈ど 崇められし 



わ. こど あし もの f いま /l- も あた きょき たいく わ & こ せかい もの ど 

人間、 我から 好む で惡 きとす る 者な しど 思 ひしに 今にして 思ひ當 れば虛 僞の大 塊が 此の世界な 6/ 物 取 

き.. ざん ま ち よ あ がた いき ほどけ おが こ、 ろ 5 れ かた じけ て あ a ひど いく 

らせ、 金銀 を 撒き散らせば、 世に も 有難き 活 佛ビ拜 かまる、 も、 心よ. 9 嬉し 忝な しど 掌 を 合する 人 は 幾 

SH く か *i し かく ひざ くづ • さ やう. L か こ ば た,、 きか かっか &く せ 5. しゃ くちさき 

W ど、 5» 四角に 膝 も 崩さす、 左檨然 らば ビ 言葉 正しく、 * 下 どか 閣下 どか 僕 どか 拙者 どか、 口先ば か ftN 

れ-^ ぎ S- つば も かわ づ はらわた せんたく -た こ /« ろば いだ 4J,ゃ5る^^ うら 

の 欝義は 立派な れ^、 若しも 蛙が 藤 を 洗濯す る やうに、 他の 心 を 吐き出さして 淨狭璃 に 映せるならば、 

こどば あやうろ した さう しょく さ つろ ぎ み したへ じゃけん つのつ い ひど いくばく なほ さらわが なかま 

言葉の 文麗 はしき 舌 は、 霜 色 寒む き 劍>J 見へ、 額に は 邪慳の 角 突き出で さる 人 は 幾何 ど、 尙更我 社會の 

ひど 5 ん さいばし ふ はつ まっくろ- 1- たに. W こ だ らく じんぎ れい な:: i もの わがみ よく きう 

人 は 運の 棧遣 を蹈み 外して 眞黑々 の 谷底に 墮 落した る もの なれば、 仁義 も襪も 何物 か 吾 身の 慾より 急^ 

い ま か こ、 ろ な なさけ ひん われ C S 

さは あるべ からす、 今 まて 斯くヒ は心づ か? l/fto が、 さ ッても 何に よ. 9 情なき は 貧、 我 を 愚に し、 我 を 

あくま ひん よ few ひど おも や またお a す いわあな わ A また- P お W 

惡 魔に する は 貧。 世に 鬼ら しき 人 は i& きもの >」 思; 5 しに、 rJ の 家 も 亦 鬼 住む 窟 にて、 我 も 亦 1 個の 鬼ヒ 

せんかた まゝ 

な. CV たる 乙 そ 詮方な けれ ュ 、儘よ 

5 た、 ふし,. - いた しづか つよ むね も , み 、だ , せ, ん ん )? でフ 

打ち 叩かれし 節々 の 痛み、 靜 なる ま、 にやう- (\. 強くな うて 胸のう ちに 糾れ 紛れる 千 の 居 C さても 

せいすけ わ み ちから あくま ぼ 

淸助 吾が 身の 力なき を 、ノ 力なむ て、 惡魔 どな, ON 果てけ る 

第 七 

5 みあし おも ちい c や 5- - いくたび つま づ よろ た ひ 

飢 へたる 身の 脚 は 重く、 むか/^ よ, nN も少 さな 砂礫に さへ、 幾度 か 躓きて 蹲踉 めきな から その 度 どに 

あた s- しわたい た はなしば た、 め くち まゆ いっしょ あつ いた k > 5 

ズンど 乙 めかみ の邊に 浸み 渡る 痛み、 鼻に 皺を疊 まして 眼 口 眉 を 一 處に 集め ゥ、 1^ や、 痛 や。 

<? ひだり お あや くこ、 みな ふ しん あど めん ひ 化, や, ^^M^l 

辻 を 左に 折 るれ t 生 惜玆は 道普請し たる 後^て I 面に 布き つめたる * 礫 は 邪慳に 尻切れ 草履の 間よ. 5 



餽鬼第 七 , 八 四 

^ rv その, て た あしつ まだ ぁビ か あし もヒ な あ 力 

嘴み 付きて 其 it み堪へ 難し、 足 S てゝ 後へ ひき 返へ さむ どす る 脚 底に チヤ ラリど 何に やら 有-. y 難た さう 

おど 

な * してけ, 9。 

t ひやみ みか や すかみ やみ をぬ き まろ ちい しろ もの こ いし ま C ひか われし 

宵 冥ながら 身を屆 めて 諦し視 るに、 あら、 冥 を 染め 拔て 圓き少 さき 白き 物 小石に 交 ,0- て 光れ ft- 我 知 

iJ や s- ども わしづかみ ばな さき す こた せん ばく! うか > 5 れ . 、 k 

ら卞 砂礫 ど 共に 鷲 攫に して、 鼻の 先に 摩う つれく ば、 ャ、 是は 五錢の 白銅貨な う ほろ く 嬉しが ft^ て 

e. し -H ら す i ふ Jyin たも ど きれい ぬく ぶりつ ききれ • > た^^こゝろ A う か f , , 

石 を * ひ 砂 を 吹き飛し、 抉 もて 淸 潔に 拭 ふて、 薄葉 鐡の片 では わるまい かど 掌 の 上に 打ち返へ して、 

み まさ きくし や ばくめ 5 か ひぬ S> す こ >*S から をで &ひ あな せに 

ためつ すかしつ、 視れば 正しく 十六の 菊 章打ゥ たる 白銅貨、 終日 聲暖 して 釉 乞した, OV さて、 孔 わる 錢の 

こ ここ までなん かみ さづか かたて しっか にぎ さき に おはまた ふ あし 

十 個 二十 個、 是れハ 叉 何の 神よ, CN の授 ftN もの かビ、 隻手に 緊乎 ど握ッ て、 曩 にも 似 やらす、 濶步 にニ步 

みあし , , 

三步。 

fy さき ふ また おど また まな 乙 いだ だいち すか み せ-^ まみ 

草履の 先に 觸れて 亦もチ ャ ラリど 音す、 しめた, 9 復か €眼 をむ き 出して 大地 を 諦し視 るに 泥に 塗れし 

i かめ C 5 れ おど み、 のこ た ぶら きま f 

馬鞋 の^、 眼に 入る もの だに なし、 さて は 嬉しき 音の 耳に 殘 -9 て、 それに 誑かされ しに 極った fts ど 思 ひ 

^5 ばら み. れん こ、 ろ て^いだ さぐ かたて せに 

ながら、 クスリ ど 輕く笑 ひた 6S しが、 未練の 心 は 手 を 騙ら 出して を rJ ら わた を かい 探らむ ビ 隻手に 錢 

ぎ こ t-os- か まば おど なほ さ つか ばく 5 ろか たも ビ おさ 

を搔. 9 しま ゝ小 砂礫 を攬き 廻せば 音 もな し、 $らだちて尙もゎた,c^を採らひビ握みし白銅貨を袂に藏む 

いも しりば いお わ いつ そか ね. つみ く やぶ , こぶ ,し い あた" K 

れば、 字の 尻尾 を 入れ 置きて 忘れし を 何時しか 外よ 6, 鼠に 食 ひ 破られけ ひ、 拳 も 出つべき 穴 わ .-y て 錢は 

i お あばて あたり なさ"、 S L ひろ あぐ,, こ r - ' I ^K.^ . * こ,, - 

洩れ 落ゥ、 周章て 四邊を 撫で 採 ftN、 音 を 知る べに 拾 ひ 上 ぐれば、 こはそも是れはニ錢の銅貨な,0^ 是れ 

はく か せん や 5 か ば お いまく なほ あだり み— まば - » X- ^ ^ 

ハ しまった、 白銅貨が ニ錢の 銅貨に 化け 居ッ かた、 忌, - しど 尙四 邊を視 回せば、 先き に投け 捨てたり し 



s> タ ぐつ かげ しろ ひかり まなこ 一 Q 50 ひろ あ こ ばく 5> つか *J つ?, 1 一 

馬鞋の 蔭より 白き 光 眼 を 射る、 飛 ひか ゝッて 拾 ひ 上 ぐれば、 是れ こそ、 さきの 白銅貨な ゥ。 十步 なら: 

あ ひだ ち 二 ど せん せんた せん じつ $j なわのれん か 55J く,、 しや 5 ゆ 5 だる こ. し、 つ か まぐろ に 一 

さる 間に 鳥渡 七錢、 三錢 足せば 十錢な ftN、 一 日 三度 繩 暖簾の 門 を 潜って、 醬油 樽に 腰 打ち掛けつ 鮪の 煮 一 

t^J せ St る *^ わ..: .5J5i ろく ほん ばち めしく たくさん さけ か ゆ す いうべ , 

つけ、 鰌 汁、 鰯の ヌタに 鰺 酒 一 本、 腹 ふくる、 まて 飯 食 ふても 澤 山な 6N、 酒 買へ ^強請られし 昨 宵に ひ; 

か ほう ふく かみ かしら ゃ&っ み わ. S どきの が た、 ぞん き やつら & まか 

きか へ て、 3 るく 果報の 福の 神が 頭に 宿た ど 見 へ る哩、 一 時遁 れに敲 かれ 損ながら 彼奴 等 を 胡麻 化し 一 

ここ 5 のが かや か < さ だ い まらろ のど て いだ した われ まお i 

て 虎口 を脫れ しから は 彼の 宿に は歸 らし、 定めし 今頃 ハ 喉よ 6 手 を 33 して 舌な めづ, 9 ゥ、 我 を 待ち 居る 一 

あ ま, r もの V- A げ かほ めな 《 お $J びろく /V あしの 5 ま ゆめ 一 

阿果 者の 馬鹿 氣た顏 か 眼の 前に チラツキ 居る ど、 アツ ハ、、 、 $Jれ 醪 酒で も 食 ふて 足 伸び どく 旨い 夢 一 

むす あゆいだ • 一 

て も 結ぶ i すべし ど步み 出す に、 . j 

どく さき &ど ふ さ •、 しろ ひか g 乙 こ こ くさ ざ. i'w- f> た ち 

チ ャ ラ く ビ音 すると 前の 如し、 ビ ックリ 踏み 停まれ は 白き 光の 四 個 五 個 六 個、 腐れ 草履の 下に 散 一 

t ど かしら え s- なかち. y : くち ビが ifi に、 ぎ けんこ した ひ ばた た、 

布 かれた ft>、 飛びし さう つ 頭 を 襟の 中に 縮まして 口吻 尖ち し、 錢 握.^ たる 拳に 額の あたり. を! S ど敲 いて 一 

まなこ みま L ばた •、 まも - j 

眼 を睜, 暫し ハ 唯 守. GN に まもる . 一 

じゃり 50 も あつ ばく & 5 こ ぎんか こ たなこ ゝろ も こお やり ほ 5 た、 をのお ど み、 たむ い 

砂礫 ど 共に かき 集 むれば 白銅 五 個 銀貨 一 個、 掌 に 盛って 雀躍し ゥ、 頰を敲 ひて 其 音に 耳 傾けて、 何! 

つきい こ、 ろ このお ど こつ じき なば ねん あ ひだ か お ほ せに も お ぼ 、 / こよ ひ い 11 

時 聽ても 快よ き は此营 な ftv、 乞食 ヒ成 う 果し よ. CN 二 年の 間、 斯く 多くの 餞持ゥ たる 覺 へ.^ し、 今宵 はお.! 

か きちにち か か らくね き ほや 5 ぶん りゃう な むか ひ 力 T 2-^^ 

何なる 吉日 ど、 二日 三日 ハ樂寢 して 氣 保養す るに ハ 十分の 料な 力、 あや、 何に やら 向 ふに 光る もの か a; 

へる やうな 

こ やみち し 5 め ばな や みづ おもお ほし かげ > > 

わな。 是れ は。 冥に 散り 布く 梅の 花 か、 遺, 5 水の面に 落つ る 星の 影 か C 

餓鬼 第 七 八 玉 



mil ff 鬼 第 七 八 六 

fN おる せに わくち ほ 5 

I り 上って、 攫み lull: し錢を 我、 が 口に 額ば. 9 つ、 を rJ にも、 rJ 、にも、 あし rJ にも、 をれ 又 3rJ にど、 

i) ゃリ 尸 & ろい ゥか あ a く う ぎんく わ こ ま SS ん i へ-わ ^..t, 

砂礫 ビも云 はす、 泥 ヒも言 はす 攫み 上 くれば、 白銅 銀貨 混き 交せて ニ圓 お. ま ft- ゎゥ ける、 ャ ヒー 聲我 知ら 

き, e,^JH いだ c く iJ さに こ こ ゆめ s.' ち ゆめみ こ、 ろ ゆめ L 

す^ 破 すれば、 噴き す 幾 個の 錢、 ふためき て、 是れは 、 是れ は。 夢の 中に 夢見る 心地して、 夢 か 知ら 

ii あやにく りゃうて せに にぎ よし - こ ゆし 力." 

むど頰 つめら にも、 生惜兩 手に 錢をシ ッカヒ 握, 9 たれば つめる に 由な し、 拳の わた ftN を シタ、 力に^ み 

た め か あや に ほひ こ り たば むれ たれ 、 ? 

ゥ くに、 |g ければ 夢に はわら じ、 嘷げ 怪しき 臭せ^れ は 狐狸の 戯 にも わらじ、 さて C 誰 やらが 遺し ゝ 

のこ ひビ いっ^き やくば-一. ひ あきら われ ねん くわ ほう 5 れ あたり, み , われ • 

もの か、 遺し、. 人 は 一時の 厄. 拂ど諦 むべき も、 我には十年の杲報な..^嬉しゃど四邊を視れぱ1 我よ. 9 五 

ナ んさ な あや, X ろ もの かよ せぶ ろく まみ こまげ た かた さ、 お 3- を こぬ 

六 先き に 何に やら 怪しき 黑き物 乙 を わらけ る、 馳け 寄れば、 溝泥に 塗れし 駒下駄 隻 あし、 « 折 の底拔 

i に ほひ いぬ した なめら え おど. V さ いふ ぉビ L 

けたる が 旨き 香 も 犬の 舌に 趣ら れけ ひ、 さて rJ そ醉 えし^れ おる 男が、 財布の 緖の 解けた る を も 知らで 

こ 5t ち さ 5!- ぉビゅ ひ 

小歌うた ふて 千 烏 あし、 あなたへ チヤ ラリ、 乙な たへ チヤ ラリど 遺し 行きた る ものなら む ど 低く、 ヒ 、 

わら も か;! お をろ か ふよ レば た 、や f 

、ど 笑; 5 ながら も、 持ちつ け^る 金 なれば うら 恐し く、 ^やせむ 斯 くやせ む ヒ猶豫 しつ 暫し VT む 折し も 

ひ あしお ど ふりむき ばし a _ 

人の 楚 昔す 回顧つ、 ひた 走. *y に 走し る。 

ぎんく わ い ?^こ くわへ S ^„-び さ うち ふ 一 ころ おさ な^ fi あん え の ふ. • し 

銀 貸 ニッを 取- 出て 、殘る 貨幣 は帶; 5 き 裂き、 おしく るみて 內 懷に藏 め、 何も 思案 は醉 ふての 後 ^ 

US' ばい かたがせき いつ からだ ^ ,> く V い なば の れん こ よ ひ S- や て わ たる 

し 振に て 一 杯 やら ひビ; 肩に 風を截 ft- ゥ、 何時も 身 を 鞠め て 潜, 9 入る 繩 暖簾、 今宵 は 雨 手に 力き 分けて 檸 

でつ せん こし 5 V な さげ? J ゐ £- ばくちび ろな め こぶし め 乙す i; い 

に^ 然ど腰 打ち かくれば、 隣に 酒飲み 居た る もの^も、 上 唇 舐づ, 9 つ、 拳 もて 眼 を 摩 ゥ てチ 淸 

すナ なり み さ せん あなた うつ AJSS- あか ほこり あぜ まみ あや かほり あた ばらつ 

助が 風姿 を 見つめし が やがて、 避けて 膳 を 彼方に 移せし も 道理、 に 埃に 汗に 塗れて 怪しき 臭 四 邊を拂 



i み ム し. ろ i 、き しろ きん 5:5 らんぶ お を ひど v^<ft ひち は: 

て、 髮は 古, 9 だる 棕骶 箒の 如く 白き 牙の きら )(- ど 洋燈に ひかる 恐ろし さも、 獨. 9 得意に 肱つ き 張. h -、 

き い 5 こ. 一- ふ ,- くさ, 1- らんだて み、 い す もば. ち も さかな あら さ; nt 

婢.^ が 黄色な 聲を 振,? 1^ て、 種々 の 献立い ふ も 耳に 入れす、 いくつかの 砂 鉢に 盛れる 肴 を 願の 先き に 指 

? も こ こ- こ さけ .C や £.- し は こ、, 

圖 して、 もれ も 持て 來ょ、 之 ももて 來ょ、 そして 酒 は 上酒 もて 來ょ 

さ A づき ふち す * 、むし ね かんろ /、 ひたへ た、 f の ど 5 せん こ、 ろ& お ほ ,^^-^5 

杯 の 緣に 鈴蟲の 一昔 を させて、 甘露々々 ど 額 を 叩き 飽ま で飮 む、 陶然- ヒ して 心 漸くに 大きくな. 9 眼中 

ト J A,,, み f0 ほん み &ビた ほ てんせ 5 .5:5 ひふ たかや 5 じ しゃ 5 き ぎんく わな S だ., くち 

に なく、 見る/ \.陶 四 五本 を 見事 倒し、 天井に 醉 吹き かけて 高 楊枝、 床几に 銀貨 投け 出せ は ロぁン 

•r レな あまう おれ だれ f K S つ おちぶ い おれ おも まば >- す 

ぐらとゎきる\婢:^3^、 阿 木め 己 を 誰ヒ思 ふ、 ハ "憚うながら 何時まで 落魄れ て 居る 己ヒ居 ふか ビ眼 を据 

こら ゥ,^ ゥ A い ゆ 5.J ろ寸 がた ゆび したば し ゆいが, よ - かゆ 

へて^ みなから 剩錢風 ひて、 のさ,?/^ ど 出て 行く 後 姿 を 指して 舌 吐かれし も 知らで 唯我獨 奪、 夜風に 

J ク,, つ ふ この かね つか みち ま あす あさ やなぎ ばら き もの ま いか げ た、 か 

ホ テリ 返へ る 面 を 拭かせながら、 さて 此 金の 遣 ひ, 道 はビ、 先 づ翌の 朝 柳 原で 着物 一枚 買 ふて、 下駄 買 ふ 

A ク ふ ろ ねん こ あか なが き ► れい お X こ ► せ h ばい に .{ 

て、 g を m て、 髭 剃って、 風呂に 二 年越しの 垢 を 流して、 綺麗 さつば, 9^ 男に なって、 商 買 は 何に かよ 

しかな、 1%ガ ら卞の il^ は ど、 れ i も 少しお 遲す ぎる、 竿 屋は早 やし、 しる粉屋はむだな^^、 食物 商 買 

でない もので、 時候 歡 卞の& 資本で 出来る もの は、 ォ、 をれ、 滑屋、 屑の 御拂は 御座 ませむ か 屑 エイ、 

; (re M 二つ.? - ろ ォ <=, き >< A?> 5 ら しょか こつ ど, つ ほりだ もの せ じ ま 一 

iSs どく fes ヒ^り た、 4 頃の 景氣で 不用の もの は寶. 9 拂ふ、 書 書 骨 薰の堀 出し物、 世辭で 丸めて 

二?^ 三 にず ひ i スけて 百倍の 儲け口、 小 百 雨の 金 は 瞬く うちに 出來 る、 金、 が殖 へても 奢て はなるまい ど、 

* ま膨を てチ ョ イビ ill に Jli- を Is す、 ? li あの 雨で 一 足 飛に 相 塲は騰 る、 一 夜の 中に 大富 限ヒ なる、 

さァ S おれから が liS いて、 先 づ根岸 わた, OV へ 瀟洒 どした 家 を搆 へて 愛妾 を 住 はせ る、 ォ、 根 岸 はやめる ど 

餓鬼 第 七 八 七 



よ ,T を ぶんがくしゃ す あやせ くろいた ベい み こし まつ おぎ やう まつ をの ま、 

世をス 子た 恐 k: しい 文學 者の 巢だ から やめる ビ して、 綾瀬 わたう に黑板 場、 見越の 松 は 御行の 松 を其鐵 

u を の $ へ らん ざん さくら f つ ざ しき ひら ぎ おん まいこ もんじ き しゃ よ の 41^ みやこお さり しんし しゅくち よ 

根コギ にして 其 上に 嵐 山の 櫻 を 移し、 座敷 開きに は祗 園の 舞子 を 臨時 a 車で 呼び 上せて 都 踊、 紳士 淑女 

せ 5 だい か は ばな び 5 あ つい おれ しんし *5 なかま い この ひげ にミ 

を 招待して 河で は 烟花を 打ち 揚げる、 終に 己 も 紳商 ヒか いふ もの、 仲間 入う する、 をう なれば 此髭も 入 

よ 5 でんれ きか ばしゃ か な. ゑん ゆ 5 くわい C ゆせんく わい はな お 

用お、 電話機 も 架け 中ば なるまい、 馬車 も 買 はすば 成るまい、 やれ 園 遊會、 をれ 慈善 會ビぉ 花 か 居れば 

ふ じん こビ おし こヒ め まば い を か 5 きょ 5 ろ さ ち 5 せん 

夫人 どい はる 、事お が 惜$ 事した、 をう なれば 眼の 廻る ほ^ 忙しくて 浮世が ほヒく 蒼蠅 くなる、 中 » 

じ べつ を-, T- こ. L ら のふ みやこ け ふ み やま ほど、 53 す しゃれ おも しろい こど どき 

寺ゎた.<^へ別莊を出來へて、 昨日 都、 今日 ハ 深山の 杜鵾ど 洒落て ス マす、 ィャ 面白い 事に なった ど、 時 

tsj うけい かヽ をの 上く じつ しんぷん し さく じっき け 5 ふいて 5 をの ミへ やなぎば し L ら 5i や $J う らち 

々東京に 歸れば 其 翌日の 新聞に は、 氏 は 昨日 歸 京せ 6iJ 吹聽. されて 其 上に 柳 橋の 白拍子に 何した どか 博 

こど かた こ >J でき くわ. sfj や L やて う いせん ぎんか 5 

もない 事 を 書き立てられ、 ぅッか 6 した 事 も 出 * な S やうになる、 やれ 會 社の 社長に 推 選す るビか 銀行 

どう,、 5- い これ ぎ む せ 5 だく な 

の 頭取 はなれ どか セガ みつけられ、 厭やくな がら 是も 義務。. かいふ. P の なれば 承諾して やらす ば 成る 

ます.^ か C ぷ こ f* その も で こ、 あ 

まじ、 益々 金が 殖 へる、 困ッ: もの だの、 、つ、 二:, 其 資本 ハ玆に 在る。 . 

5 ち ふ どころ やうて い さぐ あ こ、 あ も 5ぞ う でつ まる い きか、 ゥ せん たか わら Sb 

內 懷 に 雨 手 を 入 るれ て $ か 探 fts ゥ、 ャ 有る、 ある、 兹に 在る 忘 想 を湼ち 丸めて、 意氣 昂然、 高 笑 

やま ひこ おはまた あゆ きた 5 への やました みち ほし お $J ろ かく まっくろ 

を 山彥に 答へ させ、 大 跨に 步み來 る 上野の 山 下道、 星 も 驚き つらむ、 藏 れて眞 冥。 

第 八 

ゥ ばぶ たへ もち はんぶ やぐ こ 、ち ー , * 

搗き たての 羽二重 餅の やうに、 ふゥ く, nN ビ した 鍋 布の 夜具に くるまる ば 心地よ けれ.^、 ^1;ら<, ^と 垢 

きびす もち へいこう さんもん fv なへ お、 い わた かたまり 

きれした る 踵の わた ftN がから み 餅で は 閉口. (》、 を で にも 乙 ゝ にも 三文 備の大 さの 綿の 固 塊 乙 K->-\-rJ 



ころ & せんべいぶ どん かし K もち て で あしで からだ ゆみな リ 5. た きま くら あ ひだ 

^c<^さ轉かる居る煎餅蒲團を柏餅どなし、 ろれ 手が 出る 足が 露る ヒ 身体 を 弓形に して、 痛き 木 枕の 間よ 

こほり さむ かせ かた お ほげ さ ふこ せっかく 53 ゆめ こ ほつ し ま 

氷のゃぅな塞風肩のぁ^^,=>ょ,?|<袈装き<^にひゅぅど吹き込むで折角旨か6し夢も凍て仕舞ぃし、 

こ ぞ ふゆ くる や せんか やぐ かぶ $】 ぶろ く え ひ さ のみ 

昨年の 冬ハ 苦し か <=> しが、 一 夜 ニ錢の 貸し 夜具 被 6N て、 、濁酒の 醉の 醒め やらぬ を;: S つくる みし を、 蚤に 

パ , , からだ & ま あ づき もち もちこ か . ばいえ ひ さ さ 

食 はれて 身体 は 胡麻 もち 小豆 餅、 ぼ ft> く かき 餅 是れも 辛ら けれど、 一 杯の 醉 いまだ 醒めぬ うちに、 砂 

f 51 ゆめみ い こ じ ざい もち . けんぷ や ぐ なに れ 

糖 もちの 旨き 夢見て 寢 ぬる rJ も 是れど 自在 餅、 ゎァ rJ の ふッく ftv どした 絹布の 夜具で は 何やら 嬉しい や 

こわ s すき み わる こ、 ち な まくら もど き 

うな、 畏 いやうな、 簿氣 味惡ぃ 心地が するど、 何に やら 枕元に 來4^ やうな . 

ひさ の さけ 5 れ い た まん ほう こ、 ろな ほ た 

久しく飮ま^TZ6^し酒、 を 嬉し まきれ にァホ ftN ゥ けて 痛く 滿飽 した, CN ける を、 さもしき 心は尙 わき 足ら 

みちばた や たいみ せ すな あんい だ. くもち か く かこ だいじ かた 

で、 道 傍の 夜臺 店に 砂饀 入った る大 S 餅 を 三 ッ四ッ 買 ふて、 半月形に 食ひ缺 きたる 一個 を 大事そう に隻 

て も い まさび やました みち こ した よこた たいち まくら . たいてん ひど; 3 だい も 5 

手に 持ちて、 今し も 淋しき 山 下道の か 4^ へなる 木の下に 橫 は 6N 大地 を枕ヒ なし 大天を 衾 どなして、 大忘 

ぞ5 ちい むね 5 ち わが か, rNvt^ ば 1. えけ をよ ゆめ 5 ち だいじ ざい け 5 かい 

想 を少 さき 胸の 裡に 書きながら、 やがて 鞠々 ヒ 鼻毛 戰 がして 夢の 中に も大 自在の 境界、 rJ 、ら わたりの 

ゃ& なし. &ぬ ひげ くち i f なめ まば 

喪家 犬.^ も、 おかしが, ON けむ、 髭むくっけきロのぁた.c^頤のぁ^^ft^頰のゎ.5:^,9をぺ " リ>(.-ど跑づ.o^回 

く だいふくもち ばな さき せっかく おもしろ ゆめ やぶ せいすけ 

tt し 食; 5 かけし 大福餅 を 鼻の 先にせ、 くる、 折角 面白くな. 9 さうな 夢 を 破られた る淸 助、 < ^ん き. 9 した 

まなこ ほそ あ 5 ばくちび る お あが ろれつ まば した なに わけ わか こ 5 た 

る醉眼を細ぅ開けて上恳なめ卞,o^っ起き上.c^、 呂律 も 回らぬ 舌に 何に やら 譯の 解らぬ 小歌 を rJK-, がしな 

> お ほて i- つ ろ 5 く あゆ く 

から 大手 を 揮て 踉々 ヒ步み 来る。 

いぬ おは」 ろ を ま にいだ ちか た、 せいすけ まば S- わ たか ほ せいすけば や 

犬^も 驚きけ む、 尾 を卷 きつ 遁げ出して 近づかす、 只淸 助の 身 邊を遠 輪に かけて 高う 吠へ ぬ、 淸助鼻 

餓鬼 第 八 入 九 



鬼 第 八 九 〇 

ち \ら ひく わら いぬ ほ,、 へ に あ: みづ て. 「し らち くちさみ せん あ 、 おもしろ 

を 擁して 低く 笑 ひつ、 犬 メの遠 吠 も 二 上, 9 水 調子、 博な き 口 三 * 線して、 嗚呼 面白し? 

b あしお ビ お いくたび こ、 ろ ひ ,こ、 ろ かく DO ら われ つ く お ぼ きも ち、 さき 

吾が 跫音に はれて 幾度 か 心 を 冷やし * 心なき 角 燈も我 を 躡け來 る やうに 覺 へて 膽を 縮ました る曩に 

は のさけ ねん ち *、 ち *、 きり 上く ふくら ねむ がんち f われ 

も 似 やらす、 した、 かに 飲みた. し 酒 は 一 ー年ゎまft^縮みに縮みたる氣カを膨張まして睡けなる眼中に我 

ひど てんち おも も SAJS- し だい お ほき いよく かね も S か あま 

なく 他な く 天地な レ、 思 ひ ク V けた, 9 し 妄想 次第に 大く なって、 さても さても、 愈々 金が 儲る ケ、 餘, 

ふ こ is つ す こ そん こ^ かんが きん f 5 ち 5 づ ゐ からだ ひわ 

殖 へても 困た もの おやて、 少し は 損 をす る 事を考 へす ばなる まいて、 金銀の 中に 埋ま ッて 居て ハ 身が 冷 

せし き L や 5 しん あま はなし ほっかい けいり や $ けいり やう おもしろ じゅん をく S. や 5 せん 

て © 氣の 衝心、 をれ は餘ぅ アツ ケ なき 話な ,0.、 ォ、 もれ 北海の 鯨獵、 鯨獵乙 5 面白 けれ 迅速の 獵船を こ 

くつき や 5 り や 5 しゅ つの あつ ふ 5 せつげ きろ 5 うち わつ こ まば がいこく みつれ i 'せん. お ばらつ われ ひズ- 

しらへ て、 屈強なる 獵手を 募. => 集めて、 風雪 激浪の 中 を 割て 漕き 回 6S、 外國の密獵船を追ひ拂て我獨.o^ 

て あた し ま』 らっこい くしゃく、 t らいく ど >,fN これ せ かい なんにん ゆび を を どこ こどし お 力 

手當ゥ 次第に 屠, ON. (-臘 虎 幾 百 鯨 幾 頭、 さても 是ょら 世界に 何人 ど 指 屈ら るゝ 男になる て、 今年 は 己 は 

さい あかつき たい つま もら はな びじんせ わ 

二十 五、 三十 歲の曉 に は 大した もの だの、 妻 を 貰は卞 ばなる まいて、 花の やうな 美人 を 世話す る ものが 

わらば かたさ ま つま わ み つま 5ft , みやこ び ^^ょ、 

あ-る、 やれ 妾が 方檨の 妻に な. 9 たや、 S やく 吾 か 身の 夫ヒ ゃフ、 わら 噓ゎ たしか 亡、 都の 美女が やい 

おも ひ ふ Kf- こ-ろ たも ビ 5 ろ さ われ かしら ふつ しゃもち い 上/ 1- おもしろ こど 

の/ \»ビ 思 を 文章にから み、 心 を袂に rJ めて 蒼蠅 けれ は 我 は 頭 を掉て 承知し まいど、 愈々 面白 $事 にな 

き わい か S うん つ,、 ある どし あき ほつ か. S めいぶつ き W まよ へ i-ss 

つて 求た 哩、 しかし 幸運ば か. 9 續 くと はな S ヒ して 或 年の 秋お たりに 北海 名物の 黄 霧に 迷 ふて 漂流す る 

ま かつ あんなん なが なみ さ てんぶ 5 あほ い だ だん たいげ つ たいば い うか 

ビ しゃう かな、 さて は 鎵韆か 安 南 かへ 流される、 波 裂けて 天 風 織. 9 出す 一 團の大 月を大 1^ に 浮べて、 い 

よ ij き お ま & くし そ, f,,v5 き さ e- ほこ 上 こた から 5 たたか ぎん こどで き , > 

つ どや 寄席に て 聞き * へ たおの 三國 志の 曹操氣 取 ft> て 、塑 を橫 へ て 唐歌 高く うち 吟卞る 事 は 出來な い か, 

た、 さケ あそ ち :::, や 5 ちゃく ^Jころ なんよう む にん >J5 5 み さん & しん じゅ くが 

舷 1 を ^^びて&のみ遊び明かせば、 の 漂着した る處は 南洋の 無人島、 海に は a 瑚眞珠 が ある、 隆には 



ふしぎ ビ s. けもの S 上 /-,> か:? ふ こま 

不思議の 鳥獸 がわる、 愈々 金が 殖 へて ffl ゥ たもの だの 

したおび しか おさ かいつ、 み ビほ 5 だい も 5 ぞう でつ い だ もビひ せいすけ また S や しゅ 

梅の わた ftN に 緊ど藏 めた る 一 塊の 包 rJ も、, 乙の 途方 もな き大 妄想 を湼ち 出せる 基 なれ、 淸助復 も 雨 手 を 

ち ふ どころ い にぎ あろ くや や , へ あが た いじん おれ お ほくち あ 

內 懷 にかい 入れて、 3 を S.CN ゥ、 おる ど、 有る ど、 屑屋より 歷上ゥ て大盡 となる かな 己が、 大口 開 ひ 

て I* 々ヒ笑 ふ。 

のん 5J かわ みづほ すかみ かたへ ゐ& かばす な 

喉; 5 り )(- ど 乾 ひて 水 欲し ゃビ 謙し 見れば、 傍に 井戶の わる やうな. 9、 蛙 一 1 ッ三ッ をの ほど 6N に 鳴きぬ、 

やみ つりべ. S さぐ みくつ ゐ& かわ うち て のば ゆび ゆび さき ふ つるべ 

冥 4 &が ら、 釣瓶 か $ 採 るに なし、 身 を 屈して 井 II; 側の 中に 手 を さし 伸す に 微かに 指の 先に 觸る、 は釣骶 

ざ ほ いよ くて のば かばお」 ひきど こ みづぉ 50 あし もどう さかしま おち 

竿なら む、 愈々 手 を さし 伸す に 蛙 一疋 飛び込み けむ、 水 一昔し ぬ、 脚 元 浮きて あ-はや 倒に 陷 tQ らむヒ す を 

ゎチ つろ ベい あいきつ の ^5, たゝ わす t ざめ 

僅かに 乙た へて 釣瓶 ど 上け、 息 を も 續か卞 シタ、 かに 飲みて 頰 打ち 敲 きつ、 忘れて しまうた 醉ひ醒 の 

みづ あち かんろ - 

水の 昧 は 甘露の やうな、 

えい さ あす f ね たの ゆめみ くちい. « い 

S さ さらば 醉の 醒めぬ うちに 翌日 を 思 ひ 寐に樂 しき 夢を見る ビ しまし ょビ、 口に 一 n へ 醉ひは 今 ま 

$ あし もど あ ひ. やくまん! y. や 5 う . かひ かほ い まいち み おか やみ み ありが な おど き 

圓 かにして 脚元危 やうく、 百万 雨を產 みなす 金の 顏を今 一 度 見て 置う か、 冥に 見へ ねば 有難き 昔で も 聞 

てう か、 

ち ふ どころ さぐ ふ^0 したばら そ びら な-ま ふる はだ 

內 懷 を か $ 採る、 觸る ものな し、 下腹よ, CN 背 を 撫で 廻 はす、 觸る もの^し、 袒 くつ げて 3 乙ら あ 

さぐ ふろ え ひ:^ わ さ きもた ちま ち!' あが かみ た ほそ まなこ 

た- 9 を か 2, 探る、 觸る、 ものな し、 醉 俄かに 醒めぬ、 膽倏ち 縮み 上う ぬ、 髮ハ竪 ち^ん ど- 9 ヒ 細き 眼に 

すいき ど つぶ おび ビ ばな 3^ ろ ふる さ みぎ たも ど もの あわ つか なん こ 

睡氣 飛む て圓ら にな. CV ぬ、 帶 解き放ち て S 衣 振 ふに、 扨て rJK.V 右の 抉に 物 あ. ov、 周章て、 攫め は 何の 是 

餓 . ^第 八 九 一 



餓 鬼 第 八 九 二 

く か ばんげ つな W だいふくもち 

れは 食ひ缺 きし 半月形の 大福餅。 . 

わ ひざめ みぞの つるべ どきみ づど い かば SV f いの だいじ だいじ かね 

さて は醉 解の 水 飲まむ ど 釣瓶 ヒ, 9 し 時、 水に 飛び 入う し は蛙ヒ 思; S き や、 命よ.? K 事の 大事の 金な. ON 

しか、 

さん ば S つ s- ベ. SSJ ゐ Jii 5 ち まば せん わざ 

ー散に馳せ屍,《^っ、 釣瓶 取 ゥて井 の 中 を かき 回す も、 詮^&き業な,0^0 

おか んし やく tv5 か C こ ?: ば かた- V- み 5 チ ひど み かば チ ば われ み かね 

昔し は 吝嗇の 僧, Qfts て、 金 を 小 庭の 片 偶に 埋めて、 他人 を 見なば 蛙ヒ 化けよ、 我 を 見なば 金 どなれよ 

た i& ど はなし いま せいすけ ふビ ころ かね かわす ど 5 ぼろえ り ば さ 

ど藝言 S ひし 話 はお かし か, 00、 今は淸 助か 懷の金 は 蛙 どなって 飛び 失せて、 襤 衣の 領に揷 みし 一 本の 

こ や 5C く か だいふくもち た, いも 5 ぞう みづ あわ 

小 楊枝 ど、 .食 ひ缺 きし 大福餅 を かたみ ヒ なして 大忘 想.^ うお かたの 水の 泡、 

あば い ふ S$J5< だいじん たち ま ^ ろ くわん こじき お^こ 

、哀れ 威風 堂々 たる 大盡 も、 倏ち禮 衣 一 貫の 乞 兒男。 

せいすけ た *> な 

淸助 只お るく ど 泣き ほどぶ . 

第 九 

つ はる ぁク ひかり あやきぬ かゎほ5^がさ そなた つ く 5> ざ か 

何時 ケ やの 春、 ほや .9 く ビ 暑から ぬ 日光 を 綾 額の 蝙蝠傘に よけて、 汝もぉ飾容盛6^で,のc^.s^げな、 

、.. ま ひたへ きわ こち わ み そのころ ていしゅ おれ は そなた 5 うげ しゃ 5 わら 

今 で を 額際に ニッ 三の 小皺 rJ を 見 ゆれ、 其 頃 は 亭. W ながら 已も修 れ< ^する やうな 汝の 薄化粧、 笑 ふて 

ば 、 しょ あさく さ かんせ おんま A- で ば かわ 5 ひま こ さす たま お SJ こ をん な 

なるまい ど、 老母 さま ど 一 所に 淺 草の 觀世 一昔 詣のビ き、 早 やう 可愛 ゆき 一羽 孫 を 授け 給へ、 男女.^ ちらに 

ゐ ぞん - も, i>v う なろ をん な こ ほし ちん だい ひ だいじ &め& な ばよ 

て も 異存 C 毛頭な きとながら、 成う となら 女の 兒 にして 欲う 存じます、 大悲大 慈の 御 冥 護 もて 早う く 

よめ こ さや たま て 5/\ まげ て い かざし ぺんど 5 さ も s- , や 5 ち ゑん 

乙 の 嫁に 兒を 授け 給へ、 蝶々 鬅 を 手つ がら 結 ふて や, 5 簪 をか^ させ、 行 厨 提げて しながら 幼稚園へ ど、 



むか いんきょ えみた、 ほそ め ま & も われ まへ ば ,、か S-K^, きみ よ 5 た 

向 ひの 隱居 さまの 笑湛 へて、 細い 眼 をして 孫 持たぬ 妾の 前 を も 憚ら 卞嬉 しそうに、 やれ 君が代 を 歌 ふて 

み". , >^^, ^.b > み . か <: ま &てひ わか おど e まん^な うらや 

見せよ、 霞 か 雲 か を 歌 ふ V- 見よ ど、 $ゥ も 歸途, 9 に 孫の手 を 引いて 我が 門 を 一昔 づれ ての 自慢話し、 羡ま 

, せ ひ ど 3 ^さず ft^ がん せん ぬ かづ じゅく たま こど 

しうて 何う も 斯う もな, 9 ませぬ、 何卒 孫 女 を 一 人 授け 給へ ど 龕 前に 叩 額き て 珠數を もみ 給; 5 たる 事 わ, ON 

. わ.^ をな たば づ かし た * 、チ たま まへ がた き ねん なに a ん やり & しか 

しか, やかて 我と 汝の耻 く 佇む を ふ ftv むき 給 ひて、 お前 方 も 祈念せ ぬか 何 を 呆然して 居る かヒ 叱られて、 

f ビき ほん J5J5 まへ みづ ちゃ、 いこ ちゃ ぶく い あたまば まゆ 

愈々 耻 かしう 思 ひたらし、 をれ その 時、 本堂前の水茶屋に憇ひて茶ー 服飮み居た,c^し時、 頭 秀げて 眉 さ 

ゆき ひんかた らんじん じつ ど < つ 

へ 雪の やうな 品 高き 老人 十德 着けた るが, 

みぎて ^ ひだり て む ばか おど こ こ て み^ «- ふさ ろつ くし あた 

右の 手に 杖 をつ き、 左の 手に は六ッ 許. CN なる 男の 兒の手 を; 5 きて 來る、 翠 のかぶ き, OS 房々 ヒ 美く、 新 

, (? きざ あし ふ なら ば ど む まめつ ひば み S れし て ふり ばら 

らしき 靴 を 刻み足に 踏み 鳴しながら、 鳩の 群れつ 上 0^ きむ を 見て 嬉が, ON て、 ひかれし 手 を 振. CN 拂 ひつ、 

- ,» - , かふ もら サ I ぺ:^ さや ばらつ む しやぶ り こ ばし サ—、 ぺ, -5 ふ あわた、 た ばど 

今 祖父 をセビ つて 買て 貰 ひし 洋劍 の賴を 掃て、 武者 振し ゥゝ小 走. に、 洋劍 打ち 振 ftv、 周章し く 起つ 鳩 

を まば 6 あは ばかへ. K -,、 たも ど rrs めか しろ 

を 追 ひ 回し 居た るが、 やがて rJ れも 厭き 果て、、 走せ 歸.《> つ 祖父が 釉 にぶらさが う、 豆 買 ふて、 ァノ白 

こば ど ふせいあい みば * み ひばび よねん み たま 

き 小 鳩に やらむ どせ かむ 風情の 愛らしき を 熟視て、 老母 さま、 あれ 見よ ど 指さして 餘念 なく 見つめ 給 ふ、 

ちん- あ らう じん かたへ まめう みせ つ ひ さら え サ— ベルち な まんめん 

祖父ら しき 彼の 老人 ハ やがて 傍の 豆 買る 店に 就て 一 皿 を 得さ すれば 洋劍 地に 投げいだ し、 満面に rJ やか 

-^^ た,、 k もみ ii. ば て 5 ま まさが い くば は ど あら を つ ひば み てう た、 上ろ こ お 

に 笑を湛 へて、 楓 葉の 手に 受けて 撒けば、 舞 ひ 下る 幾 羽の 鳩の 爭ひ 際む を 見て、 手打ち 敲 きて 喜び 居る、 

つ: ゆば, ど: さ、 あい かち & まだ まめか ひ で すが ひど さら 

喙 みつくして 鳩 あなたに 飛ぴ 去れ は、 愛らしき 彼の 稚兒は 復も豆 買て ど 釉に鎚 ftv ていふ、 一 皿 どら すれ 

まゆ ま ちら おのれ ば ど ども どまば ほ 5 わ 5 わ よろこ か ばい ばい 

又も 播き 散し ゥ、 自も鳩 ど 共に 飛び回, CN て、 頗も ゆみ 破れむ ばか に 打ち 笑みつ 喜ぶ、 新く 四盃五 S 

餓 鬼 第 九 九 111 



HI * — 載-鬼 第 九 九 四 

.J ^ ち ば ど よろこ ち .y よろこ ち よろこ まめ 5 をうな よ ん よつ 上ろ こび 

一 六 七 ど播き 散らして、 鳩の 喜び、 a 父の 喜び、 稚兒の 喜び、 豆 S る媼の 喜び、 餘念 なき 四の 喜悅 のさ 

われ なが まきたばこ や し ば、 だ-、 いま 

まのお かしき を 我もう ゥど, CN ど 眺めて、 卷 煙草の パイプに 爐 けっく を 知ら! 1;,ON しが、 老母 さま は、 只今 

かんおん fs,J.I むすめ さづ たま いの おこ ど ち, U いさか あい 

觀音 さまに 孫 女 を 授け 給 ひて よど しが、 惜しぃ事をなし.?ilft^、 ァレ あの 稚兒の 勇ましく 可愛げ なる 

われ お^こ ま & ほ. し す こ い こ $-5 も つ おど こさ チ た; 1* き ねん く ほ 

一とよ、 我 も 男の 孫が 欲うな つた、 少し 憇 ふて 待ち や、 ちょ さ 房て 男 授け 給へ S 祈念して 來る 程に^ * い 

t. & く ゆ こど すて まつ ねさ つ こ がつ こ 5 ひん 

5 く ヒ珠數 つまぐって 行かれし 事 も. つ^げな、 捨松 は寢覺 めた か、 連れて 來 ょヒ、 四十 恰好の 品よ 

おど こ あぐら ゆたか たばこ ふ fj や 5 じ & つま かた 

き 男、 胡 坐 « に 煙草 吹; S て、 障子 越しに 妻に 語る。 

つま わら ち&だ いきた ていしゅ ほ S み やま C, ば ざ くら さ こ むかし ぃろ^. さ 

妻は笑;5ながら稚2^を抱きc^出て來れft^、 亭主が櫞れる程ぁ6^て、 深山の 姥櫻、 何 所 やら 昔の 色香 返 

そ,、 ふせいち & わた ゐ なほ や み かげ こ 

め やらぬ 楚々、 9^ る 風情、 稚子を 渡して 直 居 ftN ながら、 ひ&ぅに瘦せさらば$て見る蔭もなぃ兒でゎ,o^し 

この &ろ ほ f ■ にく ふたへ あ & あい かたつ お e, 

が、 此頃 は、 乙 れ 乙 の 通り 頰も 肉つ きて 二重 頤の 愛らし さ、 ォホ、 ゝ、、 何に やら 語て 居, 9 まする、 生 

ふたおや かほ L ち& こき ほら あんばい す •、 まなこ や 5 す まゆ ぐ あ ひ わろ 

、みの 兩 親の 顔 も 知らぬ ふびんの 稚兒 ながら、 rJ の 肥へ て來た 頰の鹽 梅、 凉 しき 眼の 樣子、 眉の 工合、 笑 

かほ ばう い-" くよ にまい ば 5 にこ いぬ ばな 

ふた 顏 はなくな つ.?;! 坊に 愈, - 善う 似て 參. 5 ました、 坊 にょう 似た 兒、 ひさ けれ. $J 犬の 鼻に せゝ くられむ 

さすが ひろ あ この &ろ か わ ゆ さか した なら ふうふ 

は 流石に ふびん ど 拾 ひ 上げし が、 此頃は可愛き盛..^。 舌 を 鳴らして 夫婦 は あやしに わ やす 

か! iLj ぐち ひど かげ かす せに こ こえ あば きこ . 

門口に 人影 あ ftN、 微かに 錢乞 ふ聲の 哀れに 聞 ゆ。 

つま た あが ひ ばち ひきだし せ li ビぃ だか^い むさ こじきお どこ や あが 

妻 は 起ち 上う ゥ 火鉢の 抽子 あけて 餞 一 つ 取ら 出し 門に 出づれ は、 あら 穢く ろ しき 乞食 男、 病み 上 ftv の 

ちから なみだ かち. L すが まなこ すた ひか f がんしょく あほ しづ せに な あた 

力なげ に、 涙お K: く 格子に 鎚 ftN ゥ、 眼の み 凄く 光らせ 頰は rJ けに 乙 けて 顔色 蒼く 沈み. f:IftN、 錢 投げ 與 



あど む おく い こじきお どこ さ や 5 す き み わろ げ じょ £, ひつ くち 

へつ、 後 を も 向かで 奥に 入れば 乞食 男バ まだ 去ら さる 樣子、 氣味惡 ければ 下女に 吩 付けて、 ロき^^なく 

の しか あゆ 

返け ど 叱る、 彼 は ど ぼぐ ピ步み 去る。 、 

£5 ひ あか かビ ぐち 5 ほうた 5 らんばつ かげ ほ 5. し ちつ ゆ 

夕日 紅う さして 門口に 映 ゥる蓬 頭 亂髮の 影法師、 一 寸^ も 動る が^,^ ける 

第 拾 

はぎ ぼんせ いけ ふ お ほ ち つき ふ S だ せいふう かわ ぞ ひやな ぎ 5 らば のこ ゆ,".' ひ ばら 

まだ 娠 はしかるべき 萬 世 橋の 大路ながら、 月より 吹き出す 淸風 r 河 添 柳の 裏 葉に 殘る夕 照を拂 つて、 

け さ 丈 じ い ど、 あばせ siw ち しろ か 3 ひか す& しろ す" た そがれ ころ さ だ 

今朝 始めて シッケ の 糸 取った る 袷の 襟よ, 9 散 ftN か 、る 銀の 光 凄う 白みて 凉し かるべ き 黄昏の 頃よ, 5、 定 

あき そらな こ." ろ 5 すつ せきゆう しょく こぶし た くも ゆ ふ こ 

め. き は 秋の S ど 何に やらの 心、 舂 ける 夕陽 を 蝕して むら- (- ど攀の やうに 立ちた る 雲、 夕 やけ 小 やけ 

5ど ち& てんき 5 らなひ あだ い つ くもつか あ もも てんう ろし あめ ちまた 

ビ歌ひはゃす稚兒の天氣占も签さな^^て、 何時しか をの 雲 攫み 合 ひ 揉み合び て 一 天 漆の やうに、 雨 は 街 

こいし た、 い だ り や, T み $ ちほ が はぎば こつ あば 5 す ちく t*J ん ゆ だんこ やう 

の 小石 を敲き 出して 凉味 一 しほ 團 扇に 描かれし 萩の 葉に 凝って は 哀れ 打ち捨てられ、 竹緣 の油團 之.^ 用 

さけの ひどび やっこせ、 ゥふ ば し 5 ま し s-fv ゆ SJ5 ふ これ i f> よま..' 

なしに、 酒飮む 人々 は 奴豆腐 は齒に 浸み て 旨から 卞^ 却け つ、 湯豆腐 之 は 旨 かるべし ヒ 所望し ける、 

よ い あめ ふ ,かせ ふ ふ にぎ お ほち ひど ゆき、 ど だ やきまん £5 う -' 

夜に 入うて 雨 降らし きら 風 さ へ 吹きに 吹く、 S つも 賑 はしき 大路 も 人の 往來 杜絕 へ 4^ るに 燒 饅頭 賣れ 

けん や たいみ せ みちばた あ 5 すくら ほ かげ あめ こ む t すいしゃ 5 なが まろ がら サ ビ 5 かす て 

る 一 軒の 屋臺 店の み 路傍に 在 6、 薄暗き 火影、 雨 凝って 無數の 水晶 流れ 轉バる 狭璃を 透して 微かに 照ら 

こ らう じん この や たいみ せ にば あめ ふ の れんた、 しゃ 5 じお ろ 

す 1 個の 老人。 此屋臺 店. 乙 そ 俄かの 雨に 降, nN スク めら れて 暖簾 疊 む.. \i も. } &らす 障子 卸す もなら す、 

け さ かく あし ど! せにば こか みれん こ、 ろ まゆ ひそ ながしめ か あや そら なが i ますこ t 

まいて 今朝よ, 5 客足 停ら 卞錢 函輕 るければ、 未練の 心 は 眉 顰めて 流^に 怪しき s を 眺め、 今少し 待て、 

ま ば ば せ 5, ふ 、うめ いげつ おもむきお もしろ す,、 す ひ よりげ た W ば しんで い かほり ゆか 

待た ば霽 るべ し、 霽 るれば 淸風 明月の 趣 面白く、 す rJ し は 凉し過 きれき も 日和下駄の 齒に新 泥の 香 床 

餓鬼 第 九 九 玉 



娥鬼第 九 • 九 六 

ちり しづ ; B うかせ こ、 ち だ そ 5. ろ あろ ひど お ほ い ま どき いま どき > りめ 

しく, 塵 も 沈んで 夕 吹の 心地よ きに つれ 出されて、 漫步 きする 人の 多 かるべき に、 今 一 時、 今一 時 ど 雨 

だま , かせ ひざ か、 ばれ ま さつく ふ 55 ばげ. i ; V5 ろく まな かしら 

に 誑され 風に スカ されつ 膝 を 抱へ て霽 を俟 つに、 颯々 どやう やく 風雨 劇しく、 果て は藏 六を學 びて 頭 を 

ち *、 て ふ どころ よふ ふ;? こ 

縮め、 手を懷 にし、 夜更 くるま、 にやが て 舟 漕ぐ。 

り れん あ ひた ふ い あめ 上 こつら な めさ まやみ い あめ おどつ よ ちまた ひど 》5-し 

暖簾の 間よ. ON 吹き 入る 雨に 橫面 を擲 くられて、 ふ ど 眼を覺 す、 冥 を 射る 雨の 音强 うして、 街に 人の 楚 

ぷさ よ いた ふゆ こぶし まなこ こす あくび ば 、ヽ なま:^- 

一昔な き $:「 夜 も 痛く 更け 行き つらむ、 ぬか ッた ftN ヒ攀 もて 眼 を 摩らつ 欠 を齒 のな き^てに 生喻 みに す、 

5 すび "やきが 3 5 へ きつむ い ろ こげ まんじう いくこ しゃ 5 ば. S くちさみ 

溥火 どろく 燒 金の 上に ふつく うど 狐黃 色に 焦した る 饅頭 幾 個、 商 買 ものな から、 口 淋しうて ならぬ か 

ひど s;!, - / み, みしぎ かぞぉ かづ た 

ら 一個せ しめて や. CN たい もの t やど 見れば、 不思儀 ゃ算へ 置きた る數に 二つ 足ら さ, ける さてはど^<: 

ふ.^ つ おど や 5 や み、 ど 5 ゆ のきば わた ばる さめ しづ きこへ 

ftv/\-^ 風雨の 一昔 も. ぎく 耳よ, 9 遠くな ftv 行きて、 軒端 を 度る 春雨の 靜 かに やがて 5 れも聽 くに、 聲 なく 

う <f 'たま * , , あめし ひろ s> が ば 5- ちゃ. S な 

わの 家の 玉め かそ ほ ぬれた るに、 さて は 雨 か ヒ知ゥ し晝の 長閑 さ、 お、 あの